【どっちがいい?】Web面接と対面面接か選ぶ時のメールの返信例 | 例文,デメリットも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 短時間で対策できる「面接回答集100選」/
内定者の面接回答を見てみる
(面接回答集100選)

面接回答集100選とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料配布!

就活生の皆さん、こんにちは!

「就活の教科書」編集部の芥川です。

この記事では、Web面接か対面面接が選べる時の返信について詳しく解説していきます。

就活生の皆さんは、「どちらを選んだ方がいいのか」「返信時の例文が知りたい」など思っているのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 芥川

就活生ちゃん

私は、Web面接か対面面接かを選択するメールを送らないといけないのですが、テンプレートなどはありますか?

就活生くん

僕は、Web面接がいいなと思っているのですが、どう返信するか考えています。

どんな返信が失礼でないか教えて下さい。

なるほど…確かに、企業へのメールの返信の仕方は悩みますよね。

ですが、メールの返信もポイントや注意点に気を付ければ、心配ありません!

ちなみに、「志望企業の面接で落ちたくない!」という方は、内定者の面接の質問と回答例が無料で見れる「面接質問集100選(公式LINEで無料配布)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 芥川

この記事では、Web面接面接か対面面接かを選択する際のメールの返信の手順、また、メールの返信の仕方について詳しく解説します。

そして、メール返信時の注意点や、Web面接と対面面接それぞれのメリット・デメリットについても解説していきます。

さらに、Web面接と対面面接についてよくある質問についても詳しく答えていきます。

「面接の質問で評価される回答がわからない…」という方は、面接回答集100選(公式LINEで無料見放題)で内定者の回答を参考にし、面接・ESを突破できる回答を作るのが一番おすすめです。

ちなみに面接回答集100選(公式LINEで無料見放題)以外にも、プロが内定獲得まで面接対策してくれる「キャリアチケット」、 難関企業内定者のES見放題の「選考通過ES」、選考通過ESが71,733枚見放題の「unistyleもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】面接・ES対策に役立つおすすめツール(無料)
\ 180,000人以上が利用中! /
面接回答集100選 内定者の面接回答を見てみる
(面接質問集100選)

*就活の教科書公式LINEから限定無料配布!

どのサービスを使えば良いかわからない…」という方は面接回答集100選(公式LINEで無料見放題)内定者の回答を参考にするのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

面接の質問に上手く答えるには?

「面接対策は何から始めれば…?」「面接の質問にきちんと答えられるか少し不安」という方は、面接の質問集100選で面接対策を行うのがおすすめです。

面接質問解答集100選は、面接でよく聞かれる頻出質問と内定者の回答をまとめたもので、面接質問回答集をマスターすると、面接での通過率が格段に上がります。

面接の対策では、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、「面接対策はどこからやれば…」という方は、面接の質問集100選と答え方を見て、面接対策に活かしてくださいね。

【正解は?】Web面接or対面面接を選べる時はどちらを選ぶべきか

就活生くん

僕は、Web面接と対面面接とで迷っています…

どちらを選んだ方が良いなど、あるのでしょうか?

確かに、Web面接と対面面接とで、どちらが選考に有利なのか気になりますよね。

では、以下にどちらを選んだ方が良いか、また選ぶ上での注意点を解説していきます。

「就活の教科書」編集部 芥川

結論:どちらを選んでも問題ない

Web面接と対面面接で、基本的にどちらを選んでも問題はありません

なぜなら、面接形式を選択できるようにしている意図は、企業側から就活生への純粋な配慮であるからです。

ただし、面接を行う側からすれば、対面を選んだ方が熱意を感じることはあるかも知れません。

理由:面接形式が選べるのは、就活生への純粋な配慮だから

企業側が就活生に、Web面接か対面面接かの選択権を与えることは、純粋な配慮であると考えられます。

その理由は、「新型コロナウイルスへの感染拡大が怖い」「面接会場までの交通費が高い」「対面の方が熱意が伝わりそう」など、各学生の要望に、出来るだけ応えられるようにするためだと考えられます。

注意点:Web面接・対面面接にはそれぞれメリット・デメリットがある

Web面接と対面面接を選択する上で注意が必要なのは、どちらもメリットとデメリットがあることです。

詳しくは後で解説するので、ここでは簡単に紹介します。

Web面接

【メリット】

  • 交通費/移動時間がかからない
  • 面接のスケジュール調整がしやすい
  • 面接中にカンペを見ることが出来る

【デメリット】

  • お互いの雰囲気が伝わりづらい
  • オフィスや社員の様子が分からない
対面面接

【メリット】

  • Web面接より熱意を伝えることが出来る
  • 職場/相手社員の雰囲気をじかに感じることが出来る
  • 自分自身の雰囲気や表情が伝わりやすい

【デメリット】

  • 交通費や移動時間がかかる
  • 緊張しやすい

「面接の対策の仕方がわからない…」という就活生の方は、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)も参考にするのが一番おすすめです。

内定者の回答を見るには、就活サイトなどを参考にする就活生が多いですが、他にも面接回答集100選(公式LINEで無料配布)を参考にする就活生も多くいます。

面接の対策をするなら、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「面接回答集100選」なら面接で失敗しない回答法がわかる
  • 面接頻出質問と回答が無料で見れる
  • 面接で失敗しない回答の仕方がわかる
  • 結果、面接で落ちにくくなる

【例文あり】Web面接or対面面接が選べる企業へのメールの返信例

就活生くん

僕は、それぞれの面接を希望する場合の返信の仕方が分かりません…。

それぞれの例文を知りたいです!

確かに、どう返信したらいいのか戸惑いますよね。

では、以下で希望面接を伝えるメールの例文を紹介します。

「就活の教科書」編集部 芥川

Web面接を希望する場合の例文

【件名】Re:(変更せずにそのままで)

〇〇株式会社

新卒採用担当 〇〇 〇〇(できればフルネーム)様

お世話になっております。〇〇 〇〇(フルネーム)です。

この度はご連絡ありがとうございます。

面接の機会をいただけることとなり大変嬉しく思います。

つきましては

①〇月〇日 〇〇:〇〇~

にて、どうぞよろしくお願い致します。

日時の都合上、対面の場合は〇月〇日以降でしか都合がつかず、

是非、早期に面接の機会を頂戴できればと考え、

面接形式については 「Web面接」 を希望いたします。

どうぞよろしくお願い致します。

=====================================

〇〇 〇〇(自分の名前/フルネーム)

〇〇大学〇〇学部

satou.shuukatsu@xxx.jp(メールアドレス)

090-xxxx-xxxx(電話番号)

=====================================

この例文では、最初に面接の連絡をしていただいたことへの感謝を伝えています。

また、Web面接を選択する上で、その理由に一言言及しており、日時も段落を変えて読みやすく書かれています。

「就活の教科書」編集部 芥川

対面の面接を希望する場合の例文

【件名】Re:(変更せずにそのままで)

〇〇株式会社

新卒採用担当 〇〇 〇〇(できればフルネーム)様

お世話になっております。〇〇 〇〇です。

この度はご連絡ありがとうございます。

面接の機会をいただけることとなり大変嬉しく思います。

つきましては

①〇月〇日 〇〇:〇〇~

にて、どうぞよろしくお願い致します。

面接形式については、差し支えなければ 「対面面接」 を希望致します。

御社の雰囲気も感じたいため、ぜひお伺いさせて頂ければと考えております。

どうぞよろしくお願い致します。

=====================================

〇〇 〇〇(自分の名前/フルネーム)

〇〇大学〇〇学部

satou.shuukatsu@xxx.jp(メールアドレス)

090-xxxx-xxxx(電話番号)

=====================================

この例文でも、先ほど同様最初に面接の日程の連絡をしていただいたことへの感謝を伝えています

また、対面面接を希望する理由も付け加えることで、対面面接ならではの熱意をメールでも伝えられています。

「就活の教科書」編集部 芥川

面接の質問に上手く答えるには?

「面接対策は何から始めれば…?」「面接の質問にきちんと答えられるか少し不安」という方は、面接の質問集100選で面接対策を行うのがおすすめです。

面接質問解答集100選は、面接でよく聞かれる頻出質問と内定者の回答をまとめたもので、面接質問回答集をマスターすると、面接での通過率が格段に上がります。

面接の対策では、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、「面接対策はどこからやれば…」という方は、面接の質問集100選と答え方を見て、面接対策に活かしてくださいね。

Web面接or対面面接が選べる際に「Web面接」を選ぶメリット/デメリット3選

就活生ちゃん

私は「Web面接」を希望したいと思っているのですが、メリットやデメリットが分かりません…

そうですよね。

それでは以下で、Web面接のメリット・デメリットを紹介します!

「就活の教科書」編集部 芥川

Web面接のメリット
  • メリット①:交通費/移動時間がかからない
  • メリット②:面接のスケジュール調整がしやすい
  • メリット③:面接中にカンペを見ることが出来る
Web面接のデメリット
  • デメリット①:お互いの雰囲気が伝わりづらい
  • デメリット②:オフィスや社員の様子がわからない

メリット①:交通費/移動時間がかからない

Web面接のメリット1つ目は、交通費や移動時間がかからないことです。

これは特に、面接会場から遠い地域に住む人がメリットになりますが、

移動時間を削れることで面接対策をその分ギリギリまで出来る点で、メリットであると言えます。

メリット②:面接のスケジュール調整がしやすい

Web面接のメリット2つ目は、面接スケジュール調整がしやすいことです。

移動時間がないことで、面接のために確保しておく時間が短くなり面接やそれ以外のスケジュールも入れやすくなる点で、メリットです。

メリット③:面接中にカンペを見ることが出来る

Web面接のメリット3つ目は、面接中にカンペを見ることが出来ることです。

対面面接では絶対にできませんが、Web面接では画面に映る部分に限界があるため、カンペを見ながら面接に取り組むことが出来ます。

以下の記事で、Web面接のカンペについて詳しく解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 芥川

次に、Web面接のデメリットを紹介します。

「就活の教科書」編集部 芥川

デメリット①:お互いの雰囲気が伝わりづらい

Web面接のデメリット1つ目は、お互いの雰囲気が伝わりづらいことです。

面接を受ける側の雰囲気や熱意が、対面より伝わりづらいく、また企業の採用担当者の人の中には、これまで対面面接が当たり前だったこともあり、対面を重視する人も一定数はいると考えられる点で、Web面接のデメリットと言えます。

デメリット②:オフィスや社員の様子がわからない

Web面接のデメリット2つ目は、オフィスや社員の様子が分からないということです。

職場の雰囲気を知りたい場合、実際に企業を訪れなければわからない部分があると考えられ、また面接官以外の社員の様子も分からなくなってしまう点でデメリットと言えます。

以下の記事で、Web面接のシミュレーションについて詳しく解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 芥川

                                                   

Web面接に役立つ記事一覧

「Web面接だからこそ知っておいた方が良いことってあるの?」という疑問を持っている就活生は、まず、 Web面接のマナー について勉強しましょう。

以下の記事では、Web面接だからこそ気を付けてもらいたいポイントを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「面接の対策の仕方がわからない…」という就活生の方は、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)も参考にするのが一番おすすめです。

内定者の回答を見るには、就活サイトなどを参考にする就活生が多いですが、他にも面接回答集100選(公式LINEで無料配布)を参考にする就活生も多くいます。

面接の対策をするなら、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「面接回答集100選」なら面接で失敗しない回答法がわかる
  • 面接頻出質問と回答が無料で見れる
  • 面接で失敗しない回答の仕方がわかる
  • 結果、面接で落ちにくくなる

Web面接or対面面接が選べる際に「対面面接」を選ぶメリット/デメリット3選

就活生くん

僕は対面面接を希望したいのですが、対面面接のメリットデメリットを知りたいです…

それでは対面面接のメリット・デメリットを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 芥川

対面面接のメリット
  • メリット①:Web面接より熱意を伝えることが出来る
  • メリット②:職場/相手社員の雰囲気を直に感じることが出来る
  • メリット③:自分自身の雰囲気や表情が伝わりやすい
対面面接のデメリット
  • デメリット①:交通費や移動時間がかかる
  • デメリット②:緊張しやすい

それでは先に、対面面接のメリットを解説していきます。

「就活の教科書」編集部 芥川

メリット①:Web面接より熱意を伝えることが出来る

対面面接のメリット1つ目は、Web面接より熱意を伝えることが出来ることです。

面接官と直接顔を合わせて話すことで、言葉だけでなく姿勢や目線からも熱意を伝えることが出来るという点でメリットだと言えます。

メリット②:職場/相手社員の雰囲気を直に感じることが出来る

対面面接のメリット2つ目は、職場/相手社員の雰囲気を直に感じることが出来ることです。

面接を受ける企業を直接訪れることで、Web面接では感じられない職場やそこで働く社員の雰囲気を感じることが出来ます。

また、家から通う場合の通勤時間等も知っておくことで、採用になった時に自分が働く姿を想像することが出来ます

以上の点でメリットであると考えられます。

メリット③:自分自身の雰囲気や表情が伝わりやすい

対面面接のメリット3つ目は、自分自身の雰囲気や表情が伝わりやすいことです。

Web面接だと部屋の暗さや、カメラの性能によって自分の雰囲気や表情が伝わりにくくなってしまう可能性があります。

一方で対面面接の場合は、他の面接者と同様の条件の中でできるので、そういった心配はありません。

次に対面面接のデメリットを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 芥川

デメリット①:交通費や移動時間がかかる

対面面接のデメリット1つ目は、交通費や移動時間がかかることです。

特に遠方の面接者にはデメリットであると言えます。

加えて移動において公共交通機関を利用する際、遅延等が発生してしまうリスクもあるので、デメリットであると考えられます。

デメリット②:緊張しやすい

対面面接のデメリット2つ目は、緊張しやすいことです。

Web面接のようにカンペを見ることはできませんし、いざその場に行くと独特の雰囲気を感じ緊張してしまうことが考えられます。

以下の記事で、(対面)面接時の注意点について詳しく解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 芥川

面接の質問に上手く答えるには?

「面接対策は何から始めれば…?」「面接の質問にきちんと答えられるか少し不安」という方は、面接の質問集100選で面接対策を行うのがおすすめです。

面接質問解答集100選は、面接でよく聞かれる頻出質問と内定者の回答をまとめたもので、面接質問回答集をマスターすると、面接での通過率が格段に上がります。

面接の対策では、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、「面接対策はどこからやれば…」という方は、面接の質問集100選と答え方を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活で企業からのメールに返信する時の注意点

就活生ちゃん

選考において、企業の採用担当者とメールをする機会が多いのですが、

メールを返信するときの注意点はありますか?

企業を相手にする、慣れないメールの文章の作り方って難しいですよね。

それでは企業へ返信する際の注意点を紹介します。

「就活の教科書」編集部 芥川

注意点①:24時間以内に返信する

注意点の1つ目は、24時間以内に返信することです。

返信のスピードは、【=その企業に対する熱意】と認識されます。

最低でも24時間以内には返信をして、企業に対する誠実な姿勢が伝わるようにしましょう。

注意点②:返信メールの件名は「Re」を付けたままにする

注意点の2つ目は、返信メールの件名は「Re」を付けたままにすることです。

「Re」をつけたまま返信することで、何の用件への返信か、ひと目で分かるからです。

件名を変えてしまうと、何についての連絡がきたか採用担当者が分からなくなってしまいます。

多くの求職者を相手にしている採用担当者の手間を多くしないためにも、「Re」は付けたままで返信をしましょう。

件名の「Re」に加えて、氏名や用件が書かれていると誰からどのような用件でどの返信かがわかりやすいです。

「就活の教科書」編集部 芥川

注意点③:誤字脱字に気を付ける

注意点の3つ目は、誤字脱字に気を付けることです。

誤字脱字があると、よく確認せずに送信しているというネガティブな印象を与えてしまう可能性があります。

せっかく丁寧な文章を考えて送っていても誤字脱字があると、良くは見えないでしょう。

なので、企業にメールの返信をする際は誤字脱字をしていないかよく確認したり、一度自分に向けて送信したりすることをおすすめします。

企業にメールの返信を送る際は、誤字脱字をしないように気を付けましょう!

また、確認ために自分自身にメールを送ってみるのもおすすめです!

「就活の教科書」編集部 芥川

注意点④:メールの最後に署名を必ずつける

注意点の4つ目は、メールの最後に署名を必ずつけることです。

これは就活以外でも社会の一般的なマナーとしてになります。

署名は、送信者の名前や電話番号などの情報を載せ、「自分が何者であるか」を伝えるために用います。

一般的なマナーはどんな時でも忘れないようにしましょう。

注意点⑤:会社名や担当社員の役職は、正式名称を使う

注意点の5つ目は、会社名や担当社員の役職は、正式名称を使うことです。

略称などを使ってしまうと、正しく伝わらなかったり、企業側に不快な思いをさせてしまったりする可能性があります。

したがって会社名や担当社員の役職は、正式名称を使うようにしましょう。

以下の記事で、企業とのメールについて詳しく解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 芥川

「面接の対策の仕方がわからない…」という就活生の方は、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)も参考にするのが一番おすすめです。

内定者の回答を見るには、就活サイトなどを参考にする就活生が多いですが、他にも面接回答集100選(公式LINEで無料配布)を参考にする就活生も多くいます。

面接の対策をするなら、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「面接回答集100選」なら面接で失敗しない回答法がわかる
  • 面接頻出質問と回答が無料で見れる
  • 面接で失敗しない回答の仕方がわかる
  • 結果、面接で落ちにくくなる

Web面接or対面面接についてよくある質問

就活生くん

Web面接と対面面接について、その他注意しておくべきことはありますか?

それではよくある質問を紹介するので、気になることがあれば参考にしてみて下さい!

「就活の教科書」編集部 芥川

よくある質問
  • 質問①:Web面接を受ける環境が家にないとき、どうすれば良いの?
  • 質問②:Web面接におすすめのカメラはある?

質問①:Web面接を受ける環境が家にないとき、どうすれば良いの?

就活生ちゃん

Web面接を受けたいと思っているのですが、家にWi-Fi環境がなくWeb面接を受けられません。

どうしたらいいでしょうか…

家にWeb面接を受けられる環境がない人もいますよね。

そういった人は、大学や個人で借りれるレンタルオフィスなどを利用するのがおすすめです!

以下の記事で、詳しく解説しているのでぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 芥川

質問②:Web面接におすすめのカメラはある?

就活生くん

Web面接を受けるにあたって、おすすめのカメラはありますか?

PC内蔵のカメラは画素数が低く、画質が悪いので、Web面接ようにカメラを買いたい人は多いですよね。

Web面接用のおすすめカメラについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみて下さい。

「就活の教科書」編集部 芥川

 

面接の質問に上手く答えるには?

「面接対策は何から始めれば…?」「面接の質問にきちんと答えられるか少し不安」という方は、面接の質問集100選で面接対策を行うのがおすすめです。

面接質問解答集100選は、面接でよく聞かれる頻出質問と内定者の回答をまとめたもので、面接質問回答集をマスターすると、面接での通過率が格段に上がります。

面接の対策では、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、「面接対策はどこからやれば…」という方は、面接の質問集100選と答え方を見て、面接対策に活かしてくださいね。

まとめ:志望度が高い企業なら、対面面接で熱意をガンガン伝えていこう!

Web面接と対面面接について、詳しく理解できたでしょうか?

自分に合った面接方法で、内定をとれるように頑張りましょう!

最後に、この記事をまとめておきます。

「就活の教科書」編集部 芥川

この記事のまとめ

◆【正解は?】Web面接or対面面接を選べる時はどちらを選ぶべきか

  • 結論:どちらを選んでも問題ない
  • 理由:面接形式が選べるのは、就活生への純粋な配慮だから
  • 注意点:Web面接・対面面接にはそれぞれメリット・デメリットがある

◆【例文あり】Web面接or対面面接が選べる企業へのメールの返信例

  • Web面接を希望する場合の例文
  • 対面の面接を希望する場合の例文

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • 方法:就活力診断で自分の実力を把握する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆Web面接or対面面接が選べる際に「Web面接」を選ぶメリット/デメリット3選

  • メリット①:交通費/移動時間がかからない
  • メリット②:面接のスケジュール調整がしやすい
  • メリット③:面接中にカンペを見ることが出来る
  • デメリット①:お互いの雰囲気が伝わりづらい
  • デメリット②:オフィスや社員の様子がわからない

◆Web面接or対面面接が選べる際に「対面面接」を選ぶメリット/デメリット3選

  • メリット①:Web面接より熱意を伝えることが出来る
  • メリット②:職場/相手社員の雰囲気を直に感じることが出来る
  • メリット③:自分自身の雰囲気や表情が伝わりやすい
  • デメリット①:交通費や移動時間がかかる
  • デメリット②:緊張しやすい

◆就活で企業からのメールに返信する時の注意点

  • 注意点①:24時間以内に返信する
  • 注意点②:返信メールの件名は「Re」を付けたままにする
  • 注意点③:誤字脱字に気を付ける
  • 注意点④:メールの最後に署名を必ずつける
  • 注意点⑤:会社名や担当社員の役職は、正式名称を使う

◆Web面接or対面面接についてよくある質問

  • 質問①:Web面接を受ける環境が家にないとき、どうすれば良いの?
  • 質問②:Web面接におすすめのカメラはある?

◆まとめ:志望度が高い企業なら、対面面接で熱意をガンガン伝えていこう!