>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【コピペあり?】エントリーシートを上手にパクる方法3つ | 注意点も

この記事を読めばわかること
  • エントリーシートを所々コピペするのはOK,ただし注意点あり
  • エントリーシートをコピペしてパクるには文章の内容を変えずに型や表現を変える
  • エントリーシートを上手く書く方法

 

みなさんこんにちは。「就活の教科書」編集部のもときです。
この記事ではエントリーシートのコピペについて解説します。
この記事を読んでいる就活生のみなさんは、「エントリーシートってコピペしてもいいの?」「エントリーシートを上手くパクる方法は?」などの疑問をお持ちではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 もとき

就活生くん

自分で一から文章考えるの大変だし文章書くのが苦手だから、文章書くのが上手な先輩のエントリーシートをコピペしたいんだよなぁ・・・

就活生ちゃん

私もエントリーシート書くの苦手だし、エントリーシートを書くのが上手な先輩のをパクりたいんだけど、ばれるのかなぁ・・・

エントリーシートって書くのも大変だし、コピペしたくなりますよね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

そこでこの記事では、エントリーシートはコピペしてもいいのかについて解説します。

加えて、エントリーシートを上手にパクる方法3つ、エントリーシートを上手く書く方法について解説します。

この記事を読めば、エントリーシートで悩む時間が短くなり、上手くエントリーシートをコピペできるようになりますよ。

「エントリーシートってコピペしてもいいの?」「エントリーシートってどうやってパクるの?」などの疑問を持っている就活生はぜひこの記事を最後まで読んでみてくださいね。

 

 

エントリーシートはコピペしても大丈夫?

就活生くん

エントリーシートってコピペしてもいいのでしょうか?
自分でエントリーシート考えるのめんどくさいんですよね・・・

エントリーシートの完全なコピペはやめた方がいいですが、参考にしたりパクったりするのはOKです!

「就活の教科書」編集部 もとき

 

エントリーシートをところどころパクるのはOK

エントリーシートは、「ところどころパクるのはOK」です。

エントリーシートをところどころパクることによって効率よくエントリーシートが書けます。

就活生ちゃん

でもエントリーシートをパクっちゃったら面接官にバレて落とされそうな気がします・・・

大丈夫ですよ。
完全にパクるのは良くないですが、ところどころ表現を変えれば問題ないです!
面接官は一度に多くのエントリーシートを見るため、ところどころ変えればパクリだとばれにくいですよ。

「就活の教科書」編集部 もとき

通過しているエントリーシートは評価されているのでところどころパクれば評価されるエントリーシートが作れます。

いろんな先輩のエントリーシートをパクってエントリーシートを書くことに慣れましょう。

文章を書くのが上手い先輩のエントリーシートをパクることで上手く書くコツがつかめてきますよ。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

エントリーシートの完全なコピペはしない方が良い⇒バレたら即落ちの可能性も

ただし、「エントリーシートの完全なコピペはしない方がいい」です。

完全なコピペをして仮にエントリーシートに通ったとしても、面接で深掘りされた時に答えられなくなります。

エントリーシートの完全なコピペはやめましょう。

僕の友達にもエントリーシートをコピペしてエントリーシートを通過した人がいましたが、面接で答えられなくて撃沈していました。
なので、完全なコピペはやめた方がいいです。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

エントリーシートを上手にコピペしてパクる方法3つ

就活生くん

エントリーシートの完全なコピペはダメなんですね!
じゃあどうやったらエントリーシートをパクったらいいんだろう・・・

エントリーシートを上手にパクる方法は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 もとき

先輩のエントリーシートを上手にパクる方法3つ
  • 方法①:文章の内容はそのままで型や表現を変える
  • 方法②:文章の順番を入れ替える
  • 方法③:複数のエントリーシートを合体させる

エントリーシートを上手にパクる方法3つについてそれぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

方法①:文章の内容はそのままで型や表現を変える

エントリーシートを上手にパクる方法の1つ目は、「文章の内容はそのままで型や表現を変える」ことです。

「学生時代に頑張ったこと」であれば、工夫点はパクって実際の内容は自分が体験した内容に変更し表現を変えます。

実際に表現を変えてパクってみます。

「就活の教科書」編集部 もとき

パクる対象のガクチカ例文

私が最も頑張ったことは、居酒屋でのアルバイトでリーダーとして活動し、従業員の遅刻や欠席をゼロにしたことです。
私の店は従業員が常に遅刻や欠席などを繰り返している店で、リーダーとして状況を変えたいと思いました。
その原因を探るために他店に来店した際、私の店には従業員にとって働きやすい環境がなかったことに気付きました。
そこで私はアルバイト仲間に声をかけ、店を従業員にとって働きやすくするにはどうすべきかを話し合いました。
その結果、まず従業員同士のコミュニケーションが重要だという結論に至り、
あいさつを徹底し働きやすい環境を整えるために、週一回の振り返りミーティングを必ず行うなどしました。
その結果、従業員の遅刻・欠席を改善することができました。
この経験から、リーダーシップをとって自ら周りに働きかけ、課題を解決することの重要性を学びました。
この経験を貴社で活かしたいと思います。

以上のガクチカの例文をところどころ変更してパクります。
ところどころ変更してパクった例文が以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 もとき

パクった後の例文

私が最も頑張ったことは、焼肉屋でのアルバイトでリーダーとして活動し、従業員の遅刻や欠席を完全になくしたことです。
私の働いていた店では従業員の遅刻・欠席が日常茶飯事になっており、この状況を変えるために2つのことを行いました。
1つ目は私の働く店と他店との違いを把握するために他店に実際に来店したことです。
私の店の従業員が遅刻・欠席する原因は従業員にとって働きやすい環境がないことだと気づきました。
2つ目はアルバイト仲間に声をかけ、店を従業員にとって働きやすくする解決策を話し合ったことです。
話し合いの結果、従業員同士のコミュニケーションが重要だという結論に至り、あいさつを徹底し働きやすい環境を整えるために、週一回の振り返りミーティングを必ず行うなどしました。
以上2つのことを行った結果、従業員の遅刻・欠席を完全になくすことに成功しました。
この経験から、リーダーシップをとって自ら周りに働きかけ、課題を解決することの重要性を学びました。
この経験を貴社で活かしたいと思います。

もともとの例文から変えたところを黒字にしました。
工夫点をパクって表現を変えれば簡単にエントリーシートをパクることができますよ。

「就活の教科書」編集部 もとき

文章の内容をパクって型や表現を変えることによって、比較的時間をかけずにかつオリジナルなエントリーシートが作れます。

エントリーシートを考えるのが苦手だという就活生は文章の内容をパクって型や表現を変えることを意識してみてください。

エントリーシートの内容は変えずに型や表現を変える。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

方法②:文章の順番を入れ替える

エントリーシートを上手にパクる方法の2つ目は、「文章の順番を入れ替える」ことです。

就活生くん

エントリーシートをところどころパクってもいいって言われたけど、やっぱりバレるのが怖いなぁ・・・

それなら文章の順番も変えてパクってみてください。
実際に文章の順番を変えてパクってみます。

「就活の教科書」編集部 もとき

もともとの例文

私は、留学に取り組むに際し、留学で語学力とグローバル思考を身につけたいと考え、1年間カナダのトロントに行きました。

現地では、語学力を向上させるために、1人で現地のサッカーチームに参加したり、お店に行ったときは、自分から話しかけたりする等、たくさんのコミュニケーションをとる工夫をしました。

たくさんの交流を重ねる中で、文化の壁を感じることもありましたが、逆に様々な価値観に触れることができ、自分の価値観の幅も広げることが出来ました。

1年間のカナダ留学に行き、留学前後でTOEICの点数を600点から890点まで向上させることができました。

また、たくさんの異文化交流の中で、グローバル思考を身に着けたため、文化や言語の壁にあまり弊害なく、グローバルにコミュニケーションをとることが出来るようになりました。

海外での業務が多い御社にとって、この留学で身に着けた語学力とグローバル思考で幅広いグローバル展開の第一線として貢献したいと考えます。

以上がもともとの例文です。
以上の例文をところどころ順番を入れ替えてパクった例文が以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 もとき

順番を入れ替えた後の例文

私は、留学に取り組むに際し、留学で語学力とグローバル思考を身につけたいと考え、1年間カナダのトロントに行きました。

現地では、語学力を向上させるために、お店に行ったときは自分から話しかけたり1人で現地のサッカーチームに参加したり等、たくさんのコミュニケーションをとる工夫をしました。

文化の壁を感じることもありましたがたくさんの交流を重ねる中で逆に様々な価値観に触れることができ、自分の価値観の幅も広げることが出来ました。

たくさんの異文化交流の中で、グローバル思考を身に着けたため、文化や言語の壁にあまり弊害なく、グローバルにコミュニケーションをとることが出来るようになりました。

1年間のカナダ留学に行った結果、留学前後でTOEICの点数を600点から890点まで向上させることができました。

海外での業務が多い御社にとって、この留学で身に着けた語学力とグローバル思考で幅広いグローバル展開の第一線として貢献したいと考えます。

黒字の部分が順番を変えた部分です。

「就活の教科書」編集部 もとき

文章の順番を変えるだけでパクリだとわかりづらくなります。

なるべく手間暇をかけずに文章をパクりたいという就活生は文章の順番を変えることを意識してみてください。

文章の順番を変えると意味がわからなくなることもあるので、順番を変える文章はしっかり考えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

方法③:複数のエントリーシートを合体させる

エントリーシートを上手にパクる方法の3つ目は、「複数のエントリーシートを合体させる」ことです。

就活生ちゃん

今エントリーシートのガクチカで先輩のエントリーシートに書いてある工夫点をパクろうとしています。
けど、イマイチインパクトがないんだけどどうしよう・・・

そういう時は他の先輩のエントリーシートからもパクってみてください。

「就活の教科書」編集部 もとき

「この工夫点を真似しても深掘られたら答えられないな・・・」と思った時は自分が聞かれても答えられそうな他のエントリーシートも参考にしてみましょう。

複数のエントリーシートを合体させることによって面接官からコピペがバレる確率も下がります。

いろんなエントリーシートを合体させて、自分の経験に似せるようにしよう。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

エントリーシートをコピペなしで上手く書く方法

エントリーシートをコピペしたいと思っている就活生の皆さんは、そもそもエントリーシートの書き方がわからないのではないのでしょうか?

「就活の教科書」編集部 もとき

就活生くん

そうなんですよね。
そもそもエントリーシートの書き方がわかりません。

実はエントリーシートって型があって、書くことはほぼ決まっているんですよ!
例えば「学生時代に頑張ったこと」であれば、書くべき内容は以下の8つです。

「就活の教科書」編集部 もとき

ガクチカに書くべき内容8つ
  • ①:学生時代に何をしたのか
  • ②:なぜその活動を始めようとしたのか
  • ③:その活動をする上でどんな目標を立てたのか
  • ④:その活動の中でどんな困難を経験したのか
  • ⑤:立ちはだかる困難を解決するためにどのように行動したのか
  • ⑥:行動の結果はどうなったのか、目標は達成したのか
  • ⑦:その経験から何を学んだのか
  • ⑧:その経験を入社後どう活かしたいのか

就活生くん

なるほど!
この内容に沿って「学生時代に頑張ったこと」を書けばいいんですね!
志望動機や自己PRの型も知りたいです!

エントリーシートの書き方についてさらに詳しく書かれた記事を以下に貼っておくので、参考にしてみてください。
志望動機や自己PRの書き方についても載っていますよ。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシートを書いてみた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このエントリーシートで本当に選考通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事にエントリーシートを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

まとめ:上手にコピペして最高のエントリーシートを作ろう

本記事「【コピペあり?】エントリーシートを上手にパクる方法3つ | 注意点も」はいかがだったでしょうか?

この記事では、エントリーシートはコピペしてもいいのかについて解説しました。

加えて、エントリーシートを上手にパクる方法3つ、エントリーシートを上手く書く方法について解説しました。

この記事のまとめは以下の通りです。

この記事のまとめ

◆ エントリーシートはコピペしても大丈夫?

  • ところどころパクるのはOK
  • エントリーシートの完全なコピペはしない方がいい⇒バレたら即落ちの可能性も

◆ エントリーシートを上手にコピペしてパクる方法3つ

  • 方法①:文章の内容はそのままで型や表現を変える
  • 方法②:文章の順番を入れ替える
  • 方法③:複数のエントリーシートを合体させる

◆ エントリーシート「ガクチカ」を上手く書くべき内容

  • ①:学生時代に何をしたのか
  • ②:なぜその活動を始めようとしたのか
  • ③:その活動をする上でどんな目標を立てたのか
  • ④:その活動の中でどんな困難を経験したのか
  • ⑤:立ちはだかる困難を解決するためにどのように行動したのか
  • ⑥:行動の結果はどうなったのか、目標は達成したのか
  • ⑦:その経験から何を学んだのか
  • ⑧:その経験を入社後どう活かしたいのか

先輩のエントリーシートを完全にコピペするのはアウトですが、ところどころパクるのはOKです。
要点をしっかり押さえてエントリーシートを書き、ぜひエントリーシートを通過させてみてくださいね。
「就活の教科書」には他にも役に立つ記事がたくさんあるのでチェックしてみてください。

「就活の教科書」編集部 もとき