【内定者が教える】「挫折経験」面接/ESでの答え方5ステップ | 挫折がない人の対処法も

就活挫折経験のアイキャッチ画像

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 企業が「挫折経験」を聞く理由は就活生の思考を知るため
  • 就活で使える「挫折経験」の例文3つ
  • 就活での「挫折経験」の答え方5ステップ
  • 「挫折経験」がない就活生の対処法4つ
  • 「挫折経験」を伝える時の注意点3つ
  • 「面接質問の回答を上手く伝えられない…」という方は面接質問集(公式LINE)を使うのがおすすめ

 

こんにちは!「就活の教科書」編集部の松村です。
この記事では、面接で頻繁に質問される「挫折経験」の例文や答え方についてまとめました。

「就活の教科書」編集部 松村

就活生ちゃん

挫折経験を人に話すのは、恥ずかしいです。
なんで面接で挫折経験なんて質問されるんですか?

就活生くん

挫折経験でどんなことを話したらいいのかわからないので、実際に使われていた例文を見てみたいです。

就活の面接やESで「あなたの挫折経験を教えてください。」と聞かれるとどう答えればいいか、迷ってしまう就活生は多いと思います。しかし、企業側の質問の意図や、どのような内容を答えれば良いのかを知っていれば、困ることなくスムーズに答えられます。

「就活の教科書」編集部 松村

 

そんなあなたのために、この記事では、面接で頻出質問の「挫折経験」の例文と答え方について解説していきます。

合わせて、挫折経験を質問される理由や、企業が学生に挫折経験を聞く理由や答える時に盛り込むべき内容挫折経験がない場合の対処法挫折経験を伝える時の注意点についても紹介していきます。

この記事を読めば「挫折経験の例文や伝え方がわからない…」「挫折経験が全くない!どうしよう…」といった悩みを解決できます。

これから挫折経験を準備したい方面接で挫折経験を上手く答えられなかった方は、この記事が参考になるはずです。

ぜひ最後まで読んでください。

先に伝えておくと「面接・ESの質問で評価される回答がわからない…」という方は「面接回答100選(公式LINEで配布)」で内定者の回答を参考にするのが一番おすすめです。

面接回答集を使うと、内定者の回答が丸わかりになるので、面接・ESで落ちにくくなります。

「内定者の回答をまねて就活を有利に進めたい!」という方は、公式LINEからGETしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 面接回答100選(公式LINEで配布)を使ってみる

 

目次

 

就活で「挫折経験」を聞かれる理由3つ

就活生くん

なぜ企業は、初対面の人に話すのを躊躇するような挫折経験を質問するんですか?
企業が面接で挫折した経験を聞いてくるのは、以下の3つの理由があるからです。

「就活の教科書」編集部 松村

挫折経験を聞く理由3つ
  • 理由①:困難に対してどのように乗り越えたかを知るため
  • 理由②:仕事で挫折しても乗り越えられそうかを判断するため
  • 理由③:目標に対して熱中/努力した経験を知るため
  • 理由④:失敗体験を受け入れ改善できるか
それでは、企業が就活生に挫折経験を聞く理由3つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 松村

 

理由①:困難に対してどのように乗り越えたかを知るため

企業が就活生に挫折経験を聞く理由1つ目は「困難に対してどのように乗り越えたのかを知るため」です。

挫折をどのように乗り越えたのかを確認することで、就活生の思考や人間性がわかるからです。

就活生くん

部活の怪我で挫折した時に、

①:「治るのを自然と待ちました」

②:「リハビリをしながら、鍛えられる部分はしっかりと鍛えておきました」

 

②の発言の方が「自分なりに考えて挫折を乗り越えようとしている」と伝えられます。

そのため、挫折経験をした時には、自分の考えや体験・感情を論理的に説明することが需要です。

就活生のエピソードを聞くことで、挫折経験の時の思考がわかりやすくなります。

「就活の教科書」編集部 松村

 

理由②:仕事で挫折しても乗り越えられそうかを判断するため

企業が就活生に挫折経験を聞く理由2つ目は「仕事で挫折しても乗り越えられそうかを判断するため」です。

仕事では、今まで経験したこと以上に挫折が多くなるからです。

社会では、失敗・挫折しても立ち直れるだけのメンタルが必要となります。

だからこそ、就活で挫折経験を聞き、企業に適正かどうかを判断しています。

挫折を乗り越えられそうかを示すためにも、何をどのようにして乗り越えたのかを具体的に伝えることが重要です。

「就活の教科書」編集部 松村

 

理由③:熱中/努力した経験を知るため

企業が就活生に挫折経験を聞く理由3つ目は「熱中 / 努力した経験を知るため」です。

「挫折」と聞くと、失敗や上手くいかなかったことというイメージが強いかもしれません。

しかし、面接で重視されるのは、小さなミスや偶然起きた失敗などではありません。

面接官は挫折経験を聞くことによって、目標をしっかりと持ち、長期的に努力できる学生か否かを見極めたいのです。

社会人になると学生時代とは違い、誰かに与えられた目標や試験やテストの及第点を取ればいいということではありません。

クライアントや社内、自分自身の課題を見つけ、改善するための目標を設定し、指示を受ける前に自らその目標に向かって努力できなければならないのです。

そのため、挫折経験を聞く理由は、就活生の熱中度や努力度を確認していることも挙げられます。

熱中や努力は「仕事にも真剣に取り組めるのか」という評価にもつながってきます。

ちなみに、原因が異なれば挫折経験は複数あってもいいです。
挫折経験が複数ある場合は、優先順位をつけておいてください。
そして、自分にとって重要度が高い経験から話すようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

理由④:失敗体験を受け入れ改善できるか

企業が就活生に挫折経験を聞く理由4つ目は「失敗体験を受け入れ改善できるか」を見極めるためです。

社会人になると上手くいくことばかりでなく、大きな失敗をしてしまったり、自分の力不足に直面することなどが多々あります。

そういった時に、ネガティブになって仕事がおろそかになってしまったり、失敗から学ぶことができず何度も同じ失敗を繰り返す社員は、どんな企業であっても、積極的に採用したいとは思えないはずです。

そのため、面接やESで挫折経験を聞き、厳しく辛い経験をしっかりと受け止めて、学びに変えることができるかを見極めているのです。

このように、質問の意図を考えるだけで、企業がどんな学生を採用したいかが見えてきます。面接本番でも、質問の意図を考えながら回答するように心がけましょう!

「就活の教科書」編集部 松村

 

挫折経験が見当たらない人は必見!挫折経験の見つけ方

「突然、挫折経験といわれても、そんな経験見当たらない…」と悩んでいる就活生は少なくないと思います。

そこでここからは、面接やESで使える挫折経験の見つけ方を3つ紹介します。

嘘の挫折経験は面接で深堀されるとすぐにばれてしまうので、これから紹介する方法で、自分自身の経験から探し出すようにしましょう!

挫折経験の見つけ方
  • 主体的に努力したことを考える
  • 実現できなかったことを考える
  • 努力したことや悔しかったことがなければ、就職活動で作る!!

 

見つけ方①:主体的に努力をしたことを考える

まず1つ目の方法は「主体的に努力したことを考える」という方法です。

挫折とは、主体的に努力をした上で、上手くいかなかったり、失敗をしてしまったりすることです。

そのため、まずは自ら積極的に努力した経験を考え、書き出してみましょう。

書き出した経験の中に、失敗をしてしまったものがあれば、それを挫折経験にすればいいですが、そういった経験がない人の方が多いと思います。

そういった場合は、大きな失敗でなく良いので、「自分が思い描いていた結果」と「実際の結果」を比較してみましょう。

改善点を考えることがポイント!
  • 「もう少し○○すればよかった」
  • 「○○の方を選択していればもう少しスムーズに進んだ」など

上手くいったことでも改善点を考えてみるとヒントになります!

その改善点を挙げることができれば、「当時の自分はなぜ最善の選択・行動ができなかったのか」を分析するのです。そうすれば、大きな挫折経験ではないものの、自分自身を客観的に観察し、失敗を次に繋げる力を持っている学生という印象を与えることができます。

「挫折経験」と聞くと、ドラマや映画のような壮大なエピソードを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、エピソードのスケールは面接において全く重要ではないのです。

 

見つけ方②:実現できなかったことを考える

2つ目の方法は「実現できなかったことを考える」という方法です。

これまでの人生の中で、自分は「こうしたい!」と思っていたものの、何らかの理由で実現できなかった経験を書き出してみましょう。そして、その経験ごとに実現できなかった理由を書き出してみましょう。

例えばこんな人がいた場合にはどうでしょうか。

就活生ちゃん

漫画に興味があり美術系の専門学校に進学したいと考えていたものの、両親に反対され四年制大学に進学しました

この経験だけだと、主体性がなく意志が弱い学生だと思われてしまうかもしれません。

しかし続きとして下のような回答が続いたらどうでしょうか。

就活生ちゃん

両親に反対され一度は諦めかけましたが、自分の人生は自分で決めると思い直し、大学入学後も漫画を描くことをやめず、サークル活動や出版社への持ち込みなどを積極的に行い、小さな賞だったものの、学生の間に受賞することができました!

このように「失敗や後悔から学びを得てから、主体的な努力ができるようになった」というエピソードでも、企業が求めるポイントさえ押さえられるのです。

 

見つけ方③:努力したことや悔しかったことがなければ、就職活動で作る!

最後に紹介する方法は、これまでの人生を振り返っても、努力したことや悔しかったことが一切見つからなかったという人のための最後の手段です。

それは「努力したことや悔しかったことがなければ、就職活動で作る」という方法です。

正直、企業は挫折を経験したことのない学生には、以下のような印象を抱く可能性が高いです。

挫折経験がない学生はこう思われる!?
  • 積極的に挑戦ができない
  • 失敗から学ぶ力がない
  • 主体性が欠ける

人事からこのように思われてしまうかも⋯⋯

そのため、「挫折経験はありません!」で終わってしまうのではなく、挫折経験がないのであれば、今から作ればいいのです。そして、挫折経験を作るために最適なのが、就職活動なのです。

就職活動は大学3年生になれば、誰もが経験することではありますが、非日常的なことであり自分の殻を破るきっかけになります。

そのため、積極的にインターンや選考に参加し、たくさんの失敗を経験することで、学びを得ましょう。そして、その得た学びを行動に反映させ、小さなものでもいいので結果を出せるように努力しましょう。

このあと紹介する例文の中に、就職活動を題材にしたものがあるので、ぜひ参考にしてみてください!!

「就活の教科書」編集部 松村

 

【例文付きで解説】人事に伝わる!挫折経験の答え方

面接で挫折経験を答える時に重要なのは、「内容」と「順番」です。

以下のような順番で作成していくと作りやすいのでおすすめです。

作成のステップ
  1. 挫折経験の大枠
  2. 挫折経験の詳細
  3. 挫折経験の原因
  4. 原因を克服するための努力
  5. 経験から得た学び
  6. 学びを今後どう活かしていくか

ここからは下の例文をもとに挫折経験を答える時の内容と順番について詳しく解説します。

挫折経験

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

①挫折経験の大枠

まず1つ目には「挫折経験の大枠」を伝えます。

例文

私の挫折経験は、今も続けている居酒屋のアルバイトでの経験です。

はじめにエピソードの大枠を伝えることにより、聞き手は話を聞きやすくなります。そのため、この部分は簡潔にわかりやすいことを重視しましょう。

 

②挫折経験の詳細

2つ目は「挫折経験の詳細」です。

例文

始めた当初は、メニューも覚えられない上に、オーダーも聞き漏れが多く、店長に怒られてばかりでした。また、料理を運ぶのが遅くなってしまったり、オーダーミスをしてしまい、お客様から叱責されることも多々ありました。このようなことが毎日起き、「このバイトは自分には向いていない。辞めたい。」と思うようになりました。

自分がどういった場面で、どんな壁にぶつかったのかを分かりやすく答えるように心掛けましょう。

また、この部分では、アルバイトやサークルなどの特有の言葉使用したくなると思います。

しかし、自分にとっては当たり前でも、外部の人にとっては意味がわらない場合もあるので、補足の説明を怠らないようにしましょう

 

③挫折経験の原因

次は「挫折の原因」について伝えましょう。

例文

そんな時に、悩んでいる私を見かねた先輩から「もっと周りとコミュニケーションをとって、助けてもらえば時間も気持ちも余裕出来るよ」とアドバイスをしていただきました。それまでの私は「店長やお客様に怒られたくない。」という思いから、店長はもちろんアルバイト仲間とも全くコミュニケーションがとれていませんでした。そのため、何でも自分でしようとしてしまい、空回りしていたのです。

原因について考える時は、「苦手だから」「仕方がなかった」というようなことではなく、改善策が見えるまで深堀りしていくようにしましょう。

あまりにも浅いことを言ってしまうと、思考力が劣っていると思われてしまうかもしれないので要注意です。

 

④挫折経験の原因を克服するための努力

4つ目は「挫折経験の原因を克服するための努力」についてです。

例文

このアドバイスをいただいてからは、「顔を合わせたバイト仲間とは必ず会話をする」という目標を立て、行動するようになりました。はじめは挨拶をするだけで精一杯でしたが、徐々に雑談や相談ができるようになっていきました。

その結果、周りに助けを求められるようになりミスが減ったのはもちろん、ホール全体がスムーズに回るようになり、お客様とのコミュニケーションをとる余裕まで生まれました。また、接客が丁寧ということが口コミで広まり、常連になってくださるお客様も増えました。

この部分では、小さなことでもいいので、日々コツコツ積み重ねている努力について伝えましょう。

一度だけの努力だと勢いはあるものの、継続力や忍耐力が欠けているという印象になりかねません。

また、その努力の結果、変化したことがあればしっかりと伝えましょう。

 

⑤挫折経験から得た学び

5つ目は「挫折経験から得た学び」です。

例文

私はこの経験から、信頼関係を築くためにはコミュニケーションが重要だということと仲間を信用して助けを求めることの重要性を学びました。

上手くいかなかった頃の自分とそれに気づき改善のための努力をした後の自分を比較し、何を学んだかを伝えましょう。

ここでは、あまり良いことを言おうとするのではなく、自分にとって本当に学びになったことを簡潔に伝えましょう。

また数が多すぎると、結局何が学びなのかがわからなくなってしまうので、多くても2つくらいに絞るといいでしょう。

 

⑥学びの今後の活かし方

そして最後は「学びの今後の活かし方」です。

例文

御社の営業はチームで行うと聞いています。入社後は、迷惑をかけてしまう場面が多いかと思いますが、積極的に質問をしたり、日常的にコミュニケーションをとることを心掛け、少しでも早くチームの一員になれるよう努力したいと思います。

ここでは得た学びを今後どのように活かしていきたいかを伝えればいいのですが、可能であれば志望する企業の特徴や求める人物像に近しい内容にしましょう。

そうすれば、志望度の高さも同時にアピールできます。

何もない状態で考え始めるとなかなか思いつきませんが、ここまで紹介した手順で考えると頭の中を整理しながら考えるのでオススメです!

「就活の教科書」編集部 松村

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

挫折経験の例文集

挫折経験の答え方や挫折経験で何がアピールできるのかを説明する前に、まずはみなさんが準備しようとしている挫折経験がどんなものなのかを知りたいですよね?

そこで、「就活の教科書」編集部の内定者たちにお願いして、この記事のために内定者の挫折経験を用意してもらいました!

面接で使用したばかりの挫折経験なので、熱々のうちに参考にしてみてください。

内定者はどんな挫折経験をしてきたのでしょうね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

挫折経験の例①:高校受験

私の挫折は高校受験に失敗したことです。

失敗というのは、不合格になったという意味ではなく、少しでも受験を早く終わらせたいために併願ではなく専願という選択をしてしまったことです。

この経験から、特に人生の重要な局面においては、しっかりとした選択をしないとその程度の人生にしかならないことを学びました。

そのため、高校受験以降は重要な局面において、自分の納得できる選択を意識してきました。

その結果、大学受験の際は、偏差値40だった私が高校で選択したコースで唯一、関関同立の合格を果たしました。

「就活の教科書」編集部 渡辺

高校受験のエピソードなら、面接官もイメージしやすいですね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

挫折経験の例②:プログラミングの独学

私は大学に入り、独学でプログラミングを学び始めました。

しかし、一人では学習に躓くことが多く、モチベーションを維持できずに一度は学習を完全に辞めてしまいました。

私は一人で行動を継続することの限界を知りました。

そこで、私は完全に一人で学ぶことを辞め、周囲の力を借りることにしました。

友人と一緒に勉強をしたり、IT企業でのアルバイトで実践的な環境に身を置いたりすることでプログラミングの学習を継続できたのです。

このことから、私は自分の特性を把握し、自分の特性に応じて環境を変えていくことの重要性を知ることができました。

自らを知り自ら環境を変えるという主体性を、挑むことを重視しておられる貴社で活かせると考えております。

「就活の教科書」編集部 マサ

自分の挫折経験を入社後にどうやって活かせるかまで話せていますね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

挫折経験の例③:学園祭の実行委員長

私の挫折は、高校で学園祭実行委員長をした時に嫌なトップダウンのリーダーをしてしまい、学園祭の学生満足度を下げてしまったことです。

どうしても学園祭を今までで一番成功させたい、革新的な学園祭にしたいと思って誰よりも遅く残って作業したり計画を練って行動したりしました。

でも仲間を信頼していなかったから、自分一人で何もかもを取り仕切ろうとして、仲間になんの意思決定もさせずに終始トップダウンのリーダーで執り行いました。

最終的に企画は無事に終了したものの学園祭の後のアンケートの学生満足度が前年度比3%減で学生が楽しめていない学園祭になって、「もっと自分にもアイディアあったのに」などの意見もあり学園祭は、自分としては、大失敗でした。

どんなにいいアイディアがあって企画を立てても、仲間を信頼して協力していなかったら企画は失敗なんだと感じて、嫌なトップダウンのリーダーであった自分を深く反省しました。

そして、チームで動くときは、チームメイトの気持ちを考えて信頼して仕事を任せるのが重要だとわかりました。

その後は、大学時代のアルバイトでチームワークのある集団で働いた時の達成感を知って、チームを大切にする企業で働きたいと思うようになりました。

今でも自分がリーダーじゃない立場でチームを観察してリーダー像を研究しています。

「就活の教科書」編集部 ユイ

他の人がしてない挫折経験は、聞き手の興味を引くことができますよ。

「就活の教科書」編集部 松村

 

挫折経験の例④:アルバイト

私の挫折経験は、今も続けている居酒屋のアルバイトでの経験です。

始めた当初は、メニューも覚えられない上に、オーダーも聞き漏れが多く、店長に怒られてばかりでした。また、料理を運ぶのが遅くなってしまったり、オーダーミスをしてしまい、お客様から叱責されることも多々ありました。このようなことが毎日起き、「このバイトは自分には向いていない。辞めたい。」と思うようになりました。

そんな時に、悩んでいる私を見かねた先輩から「もっと周りとコミュニケーションをとって、助けてもらえば時間も気持ちも余裕出来るよ」とアドバイスをしていただきました。それまでの私は「店長やお客様に怒られたくない。」という思いから、店長はもちろんアルバイト仲間とも全くコミュニケーションがとれていませんでした。そのため、何でも自分でしようとしてしまい、空回りしていたのです。

このアドバイスをいただいてからは、「顔を合わせたバイト仲間とは必ず会話をする」という目標を立て、行動するようになりました。はじめは挨拶をするだけで精一杯でしたが、徐々に雑談や相談ができるようになっていきました。

その結果、周りに助けを求められるようになりミスが減ったのはもちろん、ホール全体がスムーズに回るようになり、お客様とのコミュニケーションをとる余裕まで生まれました。また、接客が丁寧ということが口コミで広まり、常連になってくださるお客様も増えました。

私はこの経験から、信頼関係を築くためにはコミュニケーションが重要だということと仲間を信用して助けを求めることの重要性を学びました。

御社の営業はチームで行うと聞いています。入社後は、迷惑をかけてしまう場面が多いかと思いますが、積極的に質問をしたり、日常的にコミュニケーションをとることを心掛け、少しでも早くチームの一員になれるよう努力したいと思います。

「就活の教科書」編集部 マサ

 

アルバイトをしたことがある人であれば、誰しも経験をしたことがあるようなことではないかと思います。ありきたりなようにも思えますが、しっかりと自分自身を見つめ、改善を行い努力した過程が見えるので、面接官に好印象を与えることができるでしょう。

また、バイトリーダーや後輩の育成を担当していた経験などがあれば、アピール材料になるので積極的に伝えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

挫折経験の例⑤:部活動

私の挫折経験は、高校時代に所属していたバドミントン部での経験です。

私は、中学の頃からバトミントンをしており、市内でもベスト4に入る実力がありました。しかし、高校のバトミントン部に入ると、中学の頃に1度も勝てなかった優勝常連校の同級生もバドミントン部に入部していました。

高校2年生になると、その同級生とダブルスを組むことになりました。私はダブルスをしたことがなった上に、相方となった同級生とのレベルの差が大きく、試合に出るたびに足を引っ張っていました。

しかし、当時の私はプライドが高く、相方にアドバイスをもらうことに大きな抵抗を感じていました。その結果、勝てない状況が続き、「ダブルスを解散したい。」と顧問の先生に伝えました。すると、顧問の先生から「一度プライドを捨てて、アドバイスをもらってみてはどう?」と言われました。

数日間は、その言葉を全く受け入れられませんでした。しかし、時間が経つにつれて、「自分がプライドを捨てて、アドバイスを聞ける関係になれば、自分の上手くなるし、ダブルス自体も強くなれるのではないか」と考え始めました。

その日から少しずつではあるものの、毎日練習後に相方にアドバイスを聞くようになりました。すると、私個人のスキルが向上したのはもちろん、ダブルスとしても強くなることができ、高校3年生の最後の試合である県大会ではベスト8に入ることができました。

私はこの経験から、高すぎるプライドは成長を邪魔してしまうということと教えを乞うことの重要性を学びました。

御社では、様々な業種のクライアント様に対して営業を行っていると聞いています。入社後は、自分の知識だけに頼るのではなく、クライアント様から様々なことを教えていただき、吸収していきたいと思います。また、その知識を使ってクライアント様のお役に立てるようなサービスを提供したいと考えています。

「就活の教科書」編集部 マサ

部活やサークルなどで自分より優秀な人がおり、嫉妬していた経験がある人もいるのではないでしょうか。

社会人になっても、プライドの高さゆえに、柔軟に行動できず成長が妨げられてしまっている人は多くいます。

そのため柔軟性を持ち、人から学びを得ることの重要性を知っている学生は貴重です。

今振り返ると少し恥ずかしい経験のように思うかもしれませんが、とても魅力的なエピソードなので、未熟だったころの自分も積極的に伝えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

挫折経験の例⑥:就職活動

少し前の私は努力した経験や何かにつまずいた経験が全くありませんでした。

私は幼少期の○○の経験からどんなことにも臆病で、新しいことに挑戦したり、できるかわからないことに取り組むということを避けてきました。その結果、何をするに自分ができる範囲で「できそうだな」と思うことばかりに取り組んでいました。

しかし、大学の就職活動対策セミナーに参加したときに、「たくさん失敗をする中で多くの学びを得た人が成長できる」という言葉を聞き、自分の中には全くなかった考え方に感銘を受け、考え方や生き方を変えていこう決意しました。

それからは、自分の学歴だと難しい企業の選考に応募してみたり、倍率の高いインターンにESを提出したりするなど、これまでの自分だったら考えられないほど積極的に行動するようになりました。

はじめのうちはESや一次面接で落ちてしまうことも多々ありましたが、諦めずに改善を重ね挑戦し続けました。すると、最近では最終面接に呼んでいただけることが増え、数社から内定をいただくこともできました。

このように、つい最近まで挑戦することを恐れてきましたが、就職活動を通して挑戦することや努力することの楽しさを知りました。

御社は年齢や経歴に関わらず、社内起業や留学制度など社員が挑戦しやすい環境が整っていると聞いています。入社後は基本業務を徹底することはもちろんですが、様々な制度を活用して、これまでに挑戦したことがないようなことに積極的にチャレンジしていきたいと思います。

「就活の教科書」編集部 マサ

まずは「私はこれまで挫折経験をしたことがありませんでした」と正直に述べましょう。

変に隠そうと不信感につながるので、正直に伝え潔く正々堂々とした印象を与えましょう。

しかし、ただそれだけを述べると説得力に欠けるので、挫折経験がないまま人生を送ってきた原因を述べましょう。

また、努力をした結果は必ず伝えましょう。

他のエピソードであれば「学生時代に部活動で得た学びが、今の就職活動で生きています」というような言い方もできますが、就職活動は直近のエピソードとなるので、その経験の中で結果を出せていないと、ただの自己満足のような印象になってしまいます。

「面接で上手く回答できなくて落ちた…」なんてことになりたくない方は「面接回答100選(公式LINEで配布)」とunistyle同時利用して内定者の回答をまねるのが一番おすすめです。

同時に使うと、面接での頻出質問難関企業内定者の回答が無料で見れるので、本番で評価される回答ができますよ。

「志望企業の質問内容を知って対策したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 面接回答100選を受けとって頻出質問を確認する

>> unistyleで内定者の回答を見る

 

次は、就活の教科書の内定者メンバーどんな挫折経験を話していたのか、聞いてみました。

「就活の教科書」編集部 松村

 

他の内定者はどんな挫折経験を話したのでしょうか

「就活の教科書」編集部 松村

もりぴー君と橋口君はどんな経験を話しましたか?

僕は、「高校時代の部活」について話しました。
僕は公立高校のサッカー部でした。
私立の高校と何度も対戦したにもかかわらず、負けと引き分けばかりで勝つことができなかった、という経験です。

「就活の教科書」編集部 松村

僕は、「ゼミ活動で取り組んだ最初のグループワーク」について話しました。
具体的には、チームメンバーの知識量・成績・アウトプットの質など、全てにおいて劣等感を感じたという経験です。

「就活の教科書」編集部 橋口

「就活の教科書」編集部 松村

みんなそれぞれが大変な経験をしてきていますね。

ちなみに、僕は「高校の部活でスポーツを引退せざるを得ないケガをしたこと」「単身の留学で半年間も友達ができなかったこと」を挫折経験として話しました。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

就活での挫折経験の答え方

就活生ちゃん

自分の挫折経験を人にわかりやすく伝えるなんて難しい・・・。

そんなあなたのために、就活中3つの挫折経験を引っ提げて面接を受けまくっていた「就活の教科書」編集部の松村が、挫折経験を上手く伝えるための答え方を紹介します。

どんな風に話したらいいかわからないって方は、参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

挫折経験を上手く話すコツは、挫折経験を「挫折をきっかけとした成長のストーリ―」にすることです。

成長ストーリーとして答えたほうが面接官の心に響きます。

上手く答えるには、5つのステップを踏んでいきます。

  1. どういう挫折経験だったか
  2. 挫折の原因は何だったか
  3. 挫折を乗り越えるために何をしたか
  4. 結果どうなったか
  5. 挫折から何を学んだか
今から説明する5つのステップを全てつなげると上手く挫折経験を上手く話せるようになっています。
みなさんも一緒に考えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ステップ①:どういう挫折だったか

ステップ①では、まずどういう挫折だったかを説明します。

5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、だれの、どうやって)を用いて簡素に説明します。

聞き手に理解してもらわなければ良いエピソードでも意味がありません。

専門性の高い内容の場合は、話を抽象化したりわかりやすい単語に置き換えたりと工夫して話すようにしてください。

 

また挫折経験は、なるべく他の人にはない経験が好ましいです。

挫折度合いが深刻なほど聞き手の胸を打ち、すぐ諦めない継続力やメンタルの強さを強調できます。

ただし、ウソは厳禁ですよ。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ステップ②:挫折の原因は何だったか

ステップ②では、挫折の原因は何だったかを話します。

挫折の原因を分析した結果、自分の行動で現状が変わるという結論にたどり着くと、自分の自責性を猛アピールできます。

「挫折経験に対して自分には何もできない」と思っていたのなら、ステップ③には進めません。
挫折経験として面接で話すのは難しいです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ステップ③:挫折を乗り越えるために何をしたか

ステップ③では、挫折を乗り越えるために何をしたかを話します。

問題やストレスへの対応力の見せどころです。

何をしたか、だけでなく、なぜその選択にしたのかまで話せると説得力が格段に増します。

 

ステップ④:結果どうなったか

ステップ④では、結果どうなったかを話します。

良い結果になったのなら、上手くPDCAを回せたことになり改善能力をアピールできます。

 

気を付けてほしいのは「ステップ②・③・④の間に、誰が聞いても理解できる因果関係がある」ことです。

論理が飛躍しているストーリーは、たとえ真実だとしても信じてもらえないこともあります。

ステップ②・③・④の間に因果関係がなければ、再び同じ状況になった時、自分の力で解決することができません。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ステップ⑤:挫折から何を学んだか

ステップ⑤では、挫折から何を学んだかを話します。

5つのステップで1番大切なのがステップ⑤です。

ステップ⑤は話の〆になり、聞き手の印象に残る部分だからです。

「自分の挫折経験を入社後にどう活かすか」という、自分なりの考えを伝えましょう。

「挫折経験」と似た面接質問に「困難を乗り越えた経験」を問われることがあります。

違いや答え方が分からない人は、面接質問「困難を乗り越えた経験」の例文や答え方が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

マジで挫折経験がない人の対処法4つ

就活生くん

挫折経験を探していますが、全く見つかりません…
挫折経験がない場合はどうすれば良いのでしょうか?
「挫折経験がない」という就活生は多いです。
そこで、挫折経験がない人の対処法を4つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 松村

挫折経験がない人の対処法4つ
  • 対処法①:挫折ではなく熱中した経験を見つける
  • 対処法②:困難を克服した経験を見つける
  • 対処法③:今から新しいことに挑戦してみる
  • 対処法④:挫折しない理由を裏付けるエピソードを伝える
それでは、挫折経験がない人の対処法4つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 松村

 

対処法①:挫折ではなく熱中した経験を見つける

挫折経験がない人の対処法1つ目は「挫折ではなく熱中した経験を見つける」ことです。

なぜなら、企業が挫折経験を聞く意図に、熱中した経験を聞きたいという思いがあるからです。

熱中した中で、自分で考えて行動した結果、成功したこと・失敗したことがあると思います。

何かを始めたころに感じた壁を具体的に伝えることをおすすめします。

熱中したことを伝えるにはコツがいります。
そこで、熱中経験を伝える前に以下の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

対処法②:困難を克服した経験を見つける

挫折経験がない人の対処法2つ目は「困難を克服した経験を見つける」ことです。

困難を克服する前に、挫折や失敗を感じる場合が多いからです。

例えば、苦手な数学を得意科目にする前に、点数が取れなくて挫折を感じますよね。

そのため、挫折経験がない就活生は、挫折経験を見つけるのではなく、困難を克服したことを探してみましょう。

困難なことを乗り越えた方法を伝えるには、以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

対処法③:今から新しいことに挑戦してみる

挫折経験がない人の対処法3つ目は「今から新しいことに挑戦する」ことです。

あたらしいことに挑戦することで、挫折を味わえる機会が増えます。

特に、現在大学1年生・2年生の方は、長期インターンシップに参加してみると、大学では体験できないことを経験でき、就活でアピール材料としても使えます。

挫折経験がない方は、ぜひ新しいことにチャレンジしてみてください。

就活まで時間がない方は、小さなチャレンジでも十分です。

また、長期インターンシップについてもっと詳しく知りたい就活生は、以下の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

対処法④:挫折しない理由をエピソードを交えて伝える

挫折経験がない人の対処法4つ目は「挫折しない理由をエピソードを交えて伝える」ことです。

挫折しない性格の人は、挫折しない理由と挫折しない性格を裏付けるエピソードがあれば大丈夫です。

ただし、自分が挫折するほどの挑戦をしなかったことに対して「今後どのようにしていきたいか」を伝える必要があります。

そうすることで、より具体的にかつ、現実的に伝えられます。

そのため、挫折経験がない就活生は、挫折経験がない理由の体験談と、「今後どうするか」を必ず伝えましょう。

「挫折経験」に似たような質問の対策は、以下の記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

就活で挫折経験がない時に使えるネタ集

就活生くん

挫折経験の見つけ方はわかりましたが、どのような経験が挫折経験と言えるのかがわかりません…
良いネタはないでしょうか?
確かに、何を挫折経験と言えるのかは難しいですよね。
そこで、挫折経験がない時に使えるネタを紹介します。

「就活の教科書」編集部 松村

挫折経験がない時に使えるネタ集
  • 部活でなかなかレギュラーになれなかったこと
  • アルバイトリーダーで上手く全体をまとめられなかったこと
  • アルバイトで後輩指導が上手くできなかったこと
  • TOEICの点数が全く伸びなかったこと
  • 大学受験で苦手科目の成績が全く伸びなかったこと
  • 人見知りがなかなか治らなかったこと
  • 留学した時に英語で全く話せなかったこと
  • 大学の授業の小テストで最下位になったこと

など

 

挫折経験を伝える上で重要なことは、挫折経験自体はあまり関係ないということです。

企業は、就活生が挫折した時に、どのように考えて、どのように行動し、その結果どうなって、何を学び、どう活かしたいかを重視しています。

そのため、挫折経験のエピソードの強さにこだわらず、どのように具体的に伝えるのかを考えることに時間を使った方が良いです。

そもそも人によって、挫折を感じるポイントは全く異なるので、自分の考えや行動を具体的に伝えるように意識してみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

就活で挫折経験を伝える時の注意点

就活生くん

就活の面接やESで挫折経験を伝える時に何か注意することはありますか?
はい、就活で挫折経験を伝える時は以下の3つに注意しましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

就活で挫折経験を伝える時の注意点3つ
  • 注意点①:「挫折経験なし」と言わない
  • 注意点②:何をどのように学んだのかを伝えない
  • 注意点③:どのように活かすのかを伝えない
それでは、就活で挫折経験を伝える時の注意点3つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 松村

 

注意点①:「挫折経験なし」と言わない

就活で挫折経験を伝える時の注意点1つ目は「挫折経験なしと言わない」ことです。

「挫折経験はありません」と言ってしまうと「何も努力してこなかったのかな」と思われてしまいます。

そのため、熱中したこと困難だったこと失敗したことなどを伝えるようにしてみてください。

先程も説明しましたが、挫折経験がどうしてもない就活生は、挫折経験がない理由のエピソードと、今後どのようにしていきたいかを具体的に伝えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

注意点②:何をどのように学んだのかを伝えない

就活で挫折経験を伝える時の注意点2つ目は「何をどのように学んだのかを伝えない」ことです。

企業が挫折経験を聞く意図として、就活生の思考を知りたいという思いがあります。

就活生くん

私の挫折経験は〇〇です。
大学時代に、△△を経験し、~~。
この経験から、◇◇を学びました。

 

このように伝えることで、挫折経験の具体性が増し、面接官もイメージしやすくなります。

挫折経験を伝える時には、何をどのように学んだのかを具体的に伝えましょう。

学んだことを伝えることは、挫折経験だけでなく、ガクチカや自己PRにも使えます。

「就活の教科書」編集部 松村

 

注意点③:どのように活かすのかを伝えない

就活で挫折経験を伝える時の注意点3つ目は「どのように活かすのかを伝えない」ことです。

企業側は、就活生の挫折経験を聞いて、自社でやっていけるかを判断しています。

そのため「入社してからは、〇〇をしたいと考えております」というように、どのように活かすのかを伝えることが重要です。

挫折経験だけでなく、面接で伝える時には「結論⇒理由⇒具体例⇒結果⇒活かし方」という構成で伝えると良いです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

注意点④:古い経験はNG!新しい経験を選ぶ

就活で挫折経験を伝える時の注意点4つ目は、「古い経験はできるだけ使わない」ということです。

古いエピソードだったとしても高校生までが限界です。

小学生や中学生の頃の経験を話してしまうと、「高校生や大学生の頃は、特に努力していなかったのか?」と面接官に思われてしまう可能性があり、どんなにいいエピソードだったとしても、印象が悪くなってしまいます。

この注意点は、学生時代に頑張ったことや自分の長所について話す時のエピソードにおいても注意すべきポイントなので、頭の片隅置いておくようにしましょう。

 

注意点⑤:「無理やりやらされた」経験は印象が悪い

就活で挫折経験を伝える時の注意点5つ目は、「無理やりやらされた」経験は印象が悪いです。

挫折経験を伝える時に重要なのが「自主性」です。

面接官は自主的に目標をもって努力し、上手くいかなかったり失敗してしまった経験を聞きたいのです。

そのため、「学校の先生や両親に無理やりやらされて、努力したものの失敗しました。」というエピソードは印象が悪くなってしまいます。そのため、エピソードを探す時は自主性があるものを探すようにしましょう。

しかし、「はじめはやらされていたけど、徐々に自分事ととらえることができ、さらに高い目標を持つようになった」というようなエピソードであれば問題ありません。エピソードについて考える時は、面接官にどのように映るかを考えるようにしましょう。

面接官も人ですので、印象がよく写るようにしていきましょう!

「就活の教科書」編集部 松村

 

注意点⑥:自分の弱みや失敗を開き直らない

就活で挫折経験を伝える時の注意点6つ目は、「自分の弱みや失敗を開き直らない」です。

挫折経験を話すにあたって、自分自身の弱みや失敗を受け入れ、改善を加えようとする姿勢は最も重要と言っても過言ではありません。

そのため、「この失敗はメンバーの○○のせいです」「この性格は生まれつきなので変えられません」というように開き直ったり、他人の責任にしてしまう言動は印象が悪くなってしまいます。

自分の悪い部分を探さなければいけないというわけではありませんが、「もっと良い結果を出すためにはどのように行動すべきだったか」や「あの失敗を引き起こさないために、自分には何ができたか」というように、挫折経験を自分事ととらえ、考えるように心掛けましょう。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

挫折経験上手く語れるとアピールできる人間性5つ

挫折経験は5つのステップで答えると上手く伝えられることがわかりましたね。
では、挫折経験は面接でどのような効果があるのでしょうか?

挫折経験を用いて伝えると、自己PRで話す時よりも人事にアピールできる人間性があります。

「就活の教科書」編集部 松村

 

挫折経験だからこそ強調できるアピールポイント(人間性)を5つ紹介します。

  • アピールポイント①:問題やストレスへの対応力
  • アピールポイント②:PDCAを回す改善能力
  • アピールポイント③:簡単に諦めない継続力
  • アピールポイント④:自責性
  • アピールポイント⑤:メンタルの強さ

 

アピールポイント①:問題やストレスへの対応力

挫折経験でアピールできる人間性の1つ目は、問題やストレスへの対応力です。

なぜ、問題やストレスへの対応力が挫折経験でアピールできるかというと、対応の仕方は人によって違うのでその人が会社に適正があるかどうかが見えてくるからです。

人間には挫折したとき、逆境に燃えるという人もいれば、冷静で論理的に原因に向き合う人、人に手伝ってもらうのが得意な人、環境に順応するのが得意な人など、様々な種類の人がいます。

その就活生がどのような対応をするかで、その会社に対する適性が審査されます。

挫折というストレスフルな状況だからこそ、その人の本性が見えるものです。

挫折経験を証拠にすると伝えたい自分の人間性に信憑性がグッと増します。

「就活の教科書」編集部 松村

 

アピールポイント②:PDCAを回す改善能力

挫折経験でアピールできる人間性の2つ目は、PDCAを回す改善能力です。

なぜ、PDCAを回す改善能力が挫折経験でアピールできるかというと、失敗から改善までのストーリーが理解しやすくて人事にも伝わりやすいからです。

PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字をとったもので、効率よく業務改善をする方法の1つです。

挫折経験のとして話す「挑戦→挫折→分析→対策」の一連の流れがPDCAにそのまま当てはまるので、誰が聞いてもとても理解しやすいストーリーになっています。

 

企業はより実践的な能力を持つ就活生を採用したいと考えているので、PDCAを回せる改善能力を備えている人は入社してからの再現性も高い人材として企業から良い評価が得られるでしょう。

学生以前からPDCAを意識的に回せる人は、入社後も効率よく業務改善しながら仕事をしてくれると期待できます。

僕は就活を始めるまで「PDCA」の文字の意味がわかりませんでした(笑)
社会人が当たり前に使う言葉を理解しておくと、大人と話すときも物怖じしなくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 松村

 

アピールポイント③:すぐに諦めない継続力

挫折経験でアピールできる人間性の3つ目は、すぐに諦めない継続力です。

なぜ、すぐに諦めない継続力が挫折経験でアピールできるかというと、ほとんどの人が挫折によってすぐに継続して努力することを辞めてしまうからです。

日々コツコツと努力を積むことは、簡単に思えて実は非常に難しいです。

挫折はただでさえ難しい努力の継続をいとも簡単に断ち切ります。

そのため、挫折を乗り越えてコツコツと積み重ねてきた努力は高く評価されます。

継続できた理由を付して話せると、とてもロジカルで良いエピソードになるはずです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

アピールポイント④:自責性

挫折経験でアピールできる人間性の4つ目は、自責性です。

自責性とは、自分に降りかかった困難を、他人や環境のせいにせず、何事も自分の問題として考える性質のことです。

なぜ、自責性が挫折経験でアピールできるかというと、自責性がなければ挫折は乗り越えられないからです。

そして、この自責性は自分で育むものであり、人に言われてすぐに身に付く性質ではありません。

 

優秀な社会人はすべからく自責性を持っているので、企業も自責性のある就活生を獲得したがっています。

挫折を乗り越えることは、挫折した原因は自分にあると自覚するところから始まります。

自責性がある人は、自分の考え方を変えたり自分が行動したりすることで、挫折を乗り越えられます。

挫折経験を他人や環境のせいにしている人は、カッコ悪いですよね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

アピールポイント⑤:メンタルの強さ(忍耐力)

挫折経験でアピールできる人間性の5つ目は、メンタルの強さ(忍耐力)です。

なぜ、メンタルの強さが挫折経験でアピールできるかというと、メンタルの強さは挫折経験でしか証明できないからです。

メンタルの強さというのは、逆境にどれだけ耐えられるかで測られます。

挫折とはまさに逆境です。

より困難な挫折を乗り越えた人ほど、強いメンタルの持ち主だということができます。

社会人は日々逆境との闘いなので、メンタルの強さは入社してからすぐに必要になります。

「就活の教科書」編集部 松村

 

面接を突破するために、自分の強みを明らかにしよう

就活生くん

面接で自己PRにいつもうまく答えられなくて困っています・・・

そもそも、自分の強みってどうやって見つけるのかな。

面接で話せる自分の強みを簡単に見つけたいなら、「自己分析の診断ツールを利用する」という方法もありますよ。

自己分析の診断ツールは、いくつかの質問に答えるだけで、あなたの性格や強みが分かるツールです。

かかる時間も10分ほどで、手軽に客観的な自己分析ができます。もちろん無料です。

就活アドバイザー 京香

メモ

代表的な自己分析ツールには、以下のようなものがあります(同時利用がおすすめ)

自己分析ツールで自己分析すると、あなたの診断結果に魅力を感じた企業から直接スカウトが届きます。

自己分析を進めつつ、企業からのオファーも来るなんて一石二鳥ですよ。

おすすめの自己分析ツールの評判や使い方は、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ16選 | 簡単な適性診断サイト,アプリ (全て無料)という記事で解説しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

スカウトサイトの「OfferBox」を使うと、自分に興味のある企業から直接スカウトが届き、面接を受けられます。

7,600社以上の中から自分が活躍できる企業選びもでき、面接に慣れることができますね。

240,000人が使う人気No.1サイトで面接の場数を踏んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBoxで面接の場数を踏んでみる

 

また、面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:就活では挫折経験でギャップを作れ!

いかがだったでしょうか?

この記事では、就活の面接で質問される挫折経験の例文集と答え方に加えて、挫折経験が聞かれる理由と挫折経験だからこそ刺さる人間性をまとめました。

  1. どういう挫折経験だったか
  2. 挫折の原因は何だったか
  3. 挫折を乗り越えるために何をしたか
  4. 結果どうなったか
  5. 挫折から何を学んだか
  • アピールポイント①:問題やストレスへの対応力
  • アピールポイント②:PDCAを回す改善能力
  • アピールポイント③:簡単に諦めない継続力
  • アピールポイント④:自責性
  • アピールポイント⑤:メンタルの強さ

挫折経験は、挫折がなさそうな人ほど、話したときに良いギャップとしてプラスの印象を与えます。
挫折経験で面接官のハートをつかみましょう!

「就活の教科書」では就活に関する有益な記事を載せています。ぜひ他の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 松村