【対策しないと落ちる?】リクルーター面談で使える逆質問 | よくある質問リストも

【対策しないと落ちる?】リクルーター面談で使える逆質問 | よくある質問リストも

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • リクルーター面談は学生とのマッチングを図る質問がされる
  • リクルーター面談では自分の長所をアピールして逆質問する
  • リクルーター面談でしてはいけないNG逆質問
  • リクルーター面談の質問リスト一覧
  • リクルーター面談で好印象を与える質問の答え方がある
  • 「面接質問の回答を上手く伝えられない…」という就活生は、面接質問集(公式LINE)を使うのがおすすめ

 

こんにちは、「就活の教科書」編集部のセグです。

この記事では、リクルーター面談の魅力的な逆質問について紹介します。

就活生の皆さんはリクルーター面談について知っていますか。

またリクルーター面談で上手くできなかった経験はありませんか。

「就活の教科書」編集部 セグ

就活生ちゃん

私はリクルーター面談について最近知りました。

リクルーター面談と面接って何が違うのだろう。

就活生くん

僕は先日リクルーター面談をしました。

リクルーター面談で好印象を与えたいと意気込んでいましたが、リクルーター面談の質問に上手く答えることが出来ませんでした。

リクルーター面談って何を評価されているかわからないですよね。

しかしリクルーター面談を取り入れている企業は多く、対策が必要です。

リクルーター面談で好印象を与えると、内定にぐっと近づくことができます。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

そこでこの記事では、リクルーター面談の魅力的な逆質問について詳しく解説します。

加えてリクルーター面談でしてはいけないNG逆質問やリクルーター面談で聞かれる質問リストについても解説します。

この記事を読めば、リクルーター面談の質問を把握し、質問に上手に答えることができます。

リクルーター面談で好印象を与えたい就活生はぜひ最後まで読んでくださいね。

先に伝えておくと「志望企業の面接質問にどのように答えたら良いかわからない…」という方は「面接回答100選(公式LINEで配布)」で内定者の回答を参考にするのが一番おすすめです。

面接回答集を使うと、面接官に評価される回答方法が丸わかりになるので、面接・ESの突破率も上がります。

「内定者の回答を参考にして就活を有利に進めたい!」という方は、公式LINEからGETしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 「面接回答100選(公式LINEで配布)」を使ってみる

 

【どんな質問がされる?】リクルーター面談とは?

就活生ちゃん

リクルーター面談についてよく分かっていません。

面接とリクルーター面談って何が違うんだろう…

選考に関係したりするんですか?

結論から伝えると、リクルーター面談は選考に直結します。

面接との対策も違うので、リクルーター面談の対策も把握しておく必要があります。

それではリクルーター面談について詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

リクルーター面談とは「優秀な人材の早期確保や選考前の絞り込み」を目的としている

リクルーター面談とは「優秀な人材の早期確保や選考前の絞り込み」を目的とした面談です。

リクルーター面談と面接の違いは企業の人事部ではなく、企業から指名を受けた現役社員が面談することです。

また面談場所も面接のような企業の部屋ではなく、カフェやホテルのロビーなど比較的ラフな場所で行われます。

ただリクルータ面談は企業の選考評価に関わっているので、気を引き締めて面談しましょう。

リクルーター面談の担当は若い社員で大学のOB・OGが多く、面談では雑談が多い印象です。

しかしこれはコミュニケーションの取り方を評価しています。

リクルーター面談での評価がそのまま志望する企業に伝わるので、しっかりアピールしましょう!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

リクルーター面談の評価基準は「企業で活躍する優秀な人材であるか」

リクルーター面談の評価基準は「企業で活躍する優秀な人材であるか」です。

企業は選考前のリクルーター面談の段階で早期に優秀な人材を確保したいからです。

そのため面接同様「志望度が高いか」「企業選びの軸とずれていないか」など評価基準に満たす質問がされます。

リクルーター面談までに企業理解や志望動機を入念に準備しておきましょう。

リクルーター面談は調べてもわからない企業情報を聞く機会でもあるので、企業分析に活用しましょう!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

リクルーター面談では「学生とのマッチング」を図る質問がされる

リクルーター面談では企業と学生のマッチングを図る質問が多いです。

企業は多くの学生の中から自社に合った学生を選ぶ必要があり、企業と学生のミスマッチを防ぎたいからです。

例えばキャリアプランが志望する企業では培えないキャリアの場合、その時点でミスマッチが起きてしまいます。

そのため、「どんな人材を求めているか」「どういうキャリアを培えるのか」を把握しておきましょう。

リクルーター・リクルーター面談についても詳しく知りたい人は、リクルーター面談について服装やメールについても分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね

「就活の教科書」編集部 セグ

 

リクルーター面談では、企業に自分からアピールできる逆質問が非常に大事です。

いまからリクルーター面談で企業に好印象を与える逆質問を紹介するので参考にしてみて下さい!

「就活の教科書」編集部 セグ

 


リクルーター面談で好印象を与える3つの逆質問

就活生くん

リクルーター面談では、どんな質問をしたら良い印象を持たれますか。
リクルーター面談で好印象を与える逆質問は次の3つです。

「就活の教科書」編集部 セグ

リクルーター面談で好印象を与える3つの逆質問
  • 好印象の逆質問①:自分の長所をアピールした質問
  • 好印象の逆質問②:リクルーター自身に関する質問
  • 好印象の逆質問③:活躍している社員に関する質問
それでは、リクルーター面談で好印象を与える逆質問についてそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

好印象の逆質問①:自分の長所をアピールした質問

リクルーター面談で好印象を与える逆質問1つ目は「自分の長所をアピールした質問」です。

単に質問するだけでなく、自分の長所を含めて質問することで、リクルーターに自己PRできるからです。

自分の長所をアピールする逆質問例は以下の通りです。

自分の長所をアピールする逆質問例
  • 「英語力に自信があるのですが、御社のどのような事業で活かせますか」
  • 「私は誰とでも仲良くなれる性格が強みなのですが、御社のどういった仕事で活かすことができますか」
  • 「私の営業経験はお役に立てると思いますが、足りない経験やスキルがあれば教えてください」
逆質問は面談の最後に聞かれることが多いので、アピールしそこなった部分を強調して質問してみましょう。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

好印象の逆質問②:リクルーター自身に関する質問

リクルーター面談で好印象を与える逆質問2つ目は「リクルーター自身に関する質問」です。

リクルーターは実際に現場で働く社員なので、仕事内容や仕事経験の話は会話が進みやすく、面談の印象が良くなるからです。

「リクルーター自身に関する逆質問例」は以下の通りです。

リクルーター自身に関する逆質問例
  • 「〇〇さんが御社に入った際に、最初に挫折した経験を教えてください」
  • 「〇〇さんが優秀だと感じるのはどんな部下ですか」
  • 「私は傾聴力が営業で最も大事なスキルであると思うのですが、〇〇さんが思う営業で最も大事なスキルは何だと思いますか」
自分の考えを示したうえで、リクルーターに質問するとより好印象を与えることができます。

リクルーターに関する仕事内容を把握し、逆質問の準備をしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

好印象の逆質問③:活躍している社員に関する質問

リクルーター面談で好印象を与える逆質問3つ目は「活躍している社員に関する質問」です。

活躍している社員の質問は、企業に入るだけではなく企業で活躍したいという熱意を示すことが出来るからです。

活躍している社員についての逆質問例は以下の通りです。

活躍している社員に関する逆質問例
  • 「成果を出している社員の共通点はなんですか」
  • 「御社で活躍した社員はどんな仕事を任せてもらえますか」
  • 「御社ではどんな経歴を持つ方が管理職になっていますか」
リクルーター面談では、熱意とともに活躍する姿をイメージさせると好印象につながります。

より具体的なことを質問すると良いですね!

「就活の教科書」編集部 セグ

「面接で上手く回答できなくて落ちた…」なんてことになりたくない方は「面接回答100選(公式LINEで配布)」とunistyle同時利用して内定者の回答をまねるのが一番おすすめです。

同時に使うと、面接での頻出質問難関企業内定者の回答が無料で見れるので、本番で評価される回答ができますよ。

「志望企業の質問内容を知って対策したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 面接回答100選を受けとって頻出質問を確認する

>> unistyleで内定者の回答を見る

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策がわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>>就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

 

リクルーター面談でしてはいけないNG逆質問

就活生ちゃん

逆質問は自己PRや熱意を伝えることが良い印象を与えることにつながるのですね。

逆にリクルーター面談でしてはいけない質問ってあるのかな・・・

リクルーター面談の逆質問で悪い印象を与えてしまい、残念な結果を招く場合があります。

以下のNG逆質問を把握して対策しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 セグ

リクルーター面談でしてはいけないNG逆質問
  • NG逆質問①:調べて分かる質問
  • NG逆質問②:不安を感じさせる質問
  • NG逆質問③:仕事に興味を感じられない質問

 

NG逆質問①:調べて分かる質問

リクルーター面談でしてはいけないNG逆質問1つ目は「調べて分かる質問」です。

ホームページや求人情報でわかる質問は企業理解が不足していると評価されるからです。

調べてわかるNG逆質問例は以下の通りです。

調べてわかる逆質問例
  • 「御社はどのような商品を扱っていますか」
  • 「主要な取引先はどのような企業がありますか」
  • 「御社の強みは何ですか」
上記のような質問内容は、リクルーター面談前にあらかじめ調べておく必要があります。

調べてわかる逆質問はリクルーター面談で就活生によくあるので、注意しておきましょう。

「就活の教科書」編集部セグ

 

NG逆質問②:不安を感じさせる質問

リクルーター面談でしてはいけないNG逆質問2つ目は「不安を感じさせる質問」です。

リクルーター面談中に自信がなさそうな発言や姿勢をすると、リクルーターも不安を感じてしまうからです。

不安を感じさせるNG逆質問例は以下の通りです。

不安を感じさせる逆質問例
  • 「ノルマが達成できなければどうなりますか」
  • 「入社してから覚えれば大丈夫でしょうか」
  • 「仕事で失敗したらどうなりますか」
リクルーター面談では不安ではなく、前向きな姿勢を見せて、熱意を込めた質問にしましょう。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

NG逆質問③:仕事に興味を感じられない質問

リクルーター面談でしてはいけないNG逆質問3つ目は「仕事に興味を感じられない質問」です。

リクルーター面談で待遇や給与の事ばかりを聞いてしまうと、仕事に興味がないという印象を与えてしまうからです。

仕事に興味を感じられないNG逆質問例は以下の通りです。

仕事に興味を感じられない逆質問例
  • 残業はどれくらいありますか。
  • 平均年収はどのくらいありますか。
  • 休日は何日ありますか。
福利厚生や給与については、調べてわかることも多いので、なるべく控えましょう。

どうしても聞きたい場合は、最小限に控えて、調べてもわからなかったことをさりげなく伝えて質問しましょう。

「就活の教科書」編集部 セグ

リクルーター面談では、落ちる可能性もあります。

リクルーター面談で落ちたくない人は、リクルーター面談の落ちるかどうかや質問回答例が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

「逆質問って絶対にしないとダメなの?」と感じている学生は、以下の記事に詳しく解説しています。

合わせて読んでみてくださいね。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

リクルーター面談で聞かれる質問リスト

就活生ちゃん

リクルーター面談では企業とのマッチングを図る質問がされるのですね。

実際どんな質問がくるのかな・・・

具体的に教えてください!

確かにリクルーター面談でどんな質問が来るのかイメージしづらいですよね。

それではリクルーター面談で聞かれる質問リストを紹介します。

リクルーター面談前に質問を把握して、回答する準備をしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 セグ

リクルーター面談で聞かれる質問リスト

質問①:自己PRをしてください。
質問②:あなたが学生時代頑張ったことを教えてください。
質問③:あなたが自社を志望する理由を教えてください。
質問④:あなたが企業を選ぶ軸は何ですか。
質問⑤:あなたの10年後のキャリアプランについて教えてください。
質問⑥:自社のどんな仕事に興味がありますか。
質問⑦:他社・他業界はどこに関心がありますか。

 

例えば質問⑥「自社のどんな仕事に興味がありますか」という質問をされたとします。

上記の質問には、まず「自社がどんな仕事をしているのか」を把握していることを伝えましょう。

仕事理解度を示したうえで、興味のある仕事を示すと、企業理解度が高いと評価されます。

他の質問も同様に準備しておく必要がありますね。

では次にリクルータ面談で好印象を与える質問回答のコツについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

リクルーター面談で好印象を与える質問回答のコツ3つ

就活生くん

リクルーター面談の質問内容や逆質問について非常に参考になりました。

質問の答え方に工夫する点はありますか。

リクルーター面談では質問内容だけでなく、質問に対しての回答も評価に影響されます。

リクルーター面談で好印象を与える質問回答のコツがあるので紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 セグ

リクルーター面談で好印象を与える質問回答のコツ
  • コツ①:企業理解を前提で回答する
  • コツ②:質問意図を考えた回答をする
  • コツ③:行動を含めた回答をする

 

コツ①:企業理解を前提で回答する

リクルーター面談で好印象を与える質問回答のコツ1つ目は「企業理解を前提で回答する」です。

リクルーター面談の段階で企業理解度が高い状態で話すと、企業志望度が高いと示すことができるからです。

例えば「企業選びの軸は何ですか」という質問では、回答が志望する企業または業界から外れていると、企業理解できていないと評価を受けます。

リクルーター面談の前までに、本やネットでわかる企業情報は頭に入れておきましょう。

質問同様に回答も準備しておくと良いですね!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

コツ②:質問意図を考えた回答をする

リクルーター面談で好印象を与える質問回答のコツ2つ目は「質問意図を考えた回答をする」です。

リクルーター面談では質問1つごとに質問の意図があり、その回答によって評価しているからです。

例えば「自分の課題は何ですか」という質問は、「自分を客観視できているか・足りない経験やスキルを補う意欲があるか」といった点をリクルーターは見ています。

1つ1つの質問に対して、企業が何を求めているかを考えて、質問回答を用意しときましょう。

リクルーター面談では用意していない質問も聞かれるので、その場合も質問意図を考えて回答しましょう。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

コツ③:行動を含めた回答をする

リクルーター面談で好印象を与える質問回答のコツ3つ目は「行動を含めた回答をする」です。

考えや願望を示すだけでは、熱意や志望度は伝わりづらいからです。

例えば経理職を志望する場合、「入社後勉強して頑張りたい」より「経理職に就くために、日商簿記2級を目指し、勉強しています」の方が熱意が伝わりやすいです。

リクルーター面談では目標に向かって行動していることで、入社後も努力できることをアピールし、志望度の高さを示しましょう。

リクルーター面談で「採用した後の活躍する姿」をイメージさせると好印象になりますよ。

企業のキャリアプランまで話せる準備をしておく必要がありますね。

また、リクルーター面談後にお礼メールを送ると、他の就活生と差別化できます。

リクルーター面談のお礼メールの例文や書き方については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

ちなみに、リクルーターと電話する時のマナーや会話例を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

【無料でできる!】面接対策をしてくれるおすすめサービス

就活生ちゃん

面接対策をしたいけど、対策してくれる友達や先生がいないし、上手く答えられるかわからない…

たくさん面接対策ができるサービスとかってないのかな…

面接練習や対策ができる友達がいない就活生や、恥ずかしくて友達とできない就活生は多いですよね。

だからと言って面接対策をしないのは、面接で落ちる可能性が高まるだけです。

そこで、無料で質の高い面接対策が受けられるおすすめのサービスを特別に紹介するので、併用して使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

DiG UP CAREER

DiG UP CAREERのおすすめポイント
  • 面接練習を行ってくれ、フィードバックもしてくれる
  • 1人ひとりに真剣に向き合ってくれるため、手厚い支援が受けられる
  • 利用者満足度90%、友人紹介率60%
  • 就活サポート人数6,500人以上

>> DiG UP CAREERを見てみる

スタキャリ

スタキャリのおすすめポイント
  • 面接対策、ES添削、就活相談など就活のプロが選考対策を手伝ってくれる
  • 就活生に親身に寄り添ってくれる
  • LINEで簡単に登録できる
  • あなたに合った優良企業も紹介してくれる

>> スタキャリを見てみる

上記のサービスを使えば「面接で失敗したらどうしよう…」「面接で上手く答えられるかな…」なんて悩みがなくなります。

面接練習はたくさんの人にしてもらった方が良いので、「第一志望の企業から内定をもらいたい!」という方は、上記のサービスを併用しましょう。

就活アドバイザー 京香

 

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:リクルーター面談の質問内容をあらかじめ把握し、対策しておこう!

この記事の「【対策しないと落ちる?】リクルーター面談で使える逆質問 | よくある質問リストも」はいかがだったでしょうか。

この記事では、リクルーター面談で好印象を与える逆質問について解説しました。

加えてリクルーター面談でしてはいけないNG逆質問リクルーター面談で聞かれる質問リストについても解説しました。

この記事のまとめは以下の通りになっています。

この記事のまとめ

◆【何を質問される?】リクルーター面談とは

  • リクルーター面談とは「優秀な人材の早期確保や選考前の絞り込み」を目的としている
  • リクルーター面談の評価基準は「企業で活躍する優秀な人材であるか」
  • リクルーター面談では「学生とのマッチング」を図る質問がされる

リクルーター面談で好印象を与える3つの逆質問

  • 好印象の逆質問①:自分の長所をアピールした質問
  • 好印象の逆質問②:リクルーター自身に関する質問
  • 好印象の逆質問③:活躍している社員に関する質問

リクルーター面談でしてはいけないNG逆質問

  • NG逆質問①:調べて分かる質問
  • NG逆質問②:不安を感じさせる質問
  • NG逆質問③:仕事に興味を感じられない質問

リクルーター面談で聞かれる質問リスト

リクルーター面談で好印象を与える質問回答のコツ3つ

  • コツ①:企業理解を前提で回答する
  • コツ②:質問意図を考えた回答をする
  • コツ③:行動を含めた回答をする

リクルーター面談の質問では「何を聞かれるのか・何を聞いたらいいのかわからない」人が多くいます。

正直何を聞くのも自由です。

しかしリクルーターに好印象を与える質問にするには、準備が非常に重要になってきます。

リクルーター面談で聞かれる質問内容を知りたい・好印象を与える逆質問を知りたい就活生はぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」では、就活に役立つ記事を他にもたくさん掲載しています。

よかったら他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 セグ