【最新版】旅行業界の就職偏差値ランキング50社 | 年収,評価される資格も

【最新版】旅行業界の就職偏差値ランキング50社 | 年収,評価される資格も

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事を読んでわかること

こんにちは!「就活の教科書」編集部のユリエです。

この記事では、旅行業界の就職偏差値ランキングを紹介します。

就活生の皆さんは、「旅行業界の就職難易度ってどのくらいなの?」と悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生くん

最近、旅行業界の選考を受けようかなと考え始めました。

旅行業界って全体的に就職は難しいのですか?

就活生ちゃん

私は旅行業界の日本旅行社を第一志望にしています。

日本旅行社は旅行業界の就職偏差値ランキングでどのランクに位置しているのでしょうか。

旅行業界の中でも就職難易度は企業によって差があります。

旅行業界の就職偏差値ランキングを参考にすれば、企業ごとの難易度も見えてきますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

旅行業界は就活生に人気で、毎年志望する学生が多い業界のひとつ。

仕事で海外や日本各地に行けることに非常に魅力を感じる学生が多く、学生にとって憧れの業界ですが、現在旅行業界は新型コロナウイルスの影響を大きく受けてしまっています。

そこでこの記事では、旅行業界の就職偏差値ランキングについて紹介します。

合わせて、旅行業界を志望する学生が知っておくべきこと、旅行業界の主要3社の簡単な解説も紹介します。

この記事を読めば、旅行業界の企業ごとの就職難易度を理解して、効率よく就活をすすめることができますよ。

「旅行業界でどの企業の選考を受けよう…」と悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでください。

先に伝えておくと「学歴フィルターを気にせず、優良企業に就職したい!」という方は、キャリアチケットスカウトを使うのが一番おすすめです。

キャリアチケットスカウトを使うと、学歴フィルターに引っかかる学歴でも、プロフィール次第で隠れ優良企業からスカウトが来るので、簡単に穴場のホワイト企業を探せます。

また「就職偏差値が高い人気企業に就職したい!」という方は、就活力診断(公式LINE)を使って、今あなたがすべき対策を把握しましょう。

さらに「自分に合う優良企業を紹介してほしい」なら、あなたに合う隠れ優良企業をプロから教えてもらえる「DiG UP CAREERレバテックルーキー(ITエンジニア就活特化)がおすすめですよ。

「就職偏差値が高い企業に就職して、高年収になりたい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ 学歴不要のおすすめ就活サービス /

\ 今すぐ内定獲得できる就活サービス /

*参考:就活サイトおすすめ40選

「どのサービスを使えば良いかわからない…」という方は、キャリアチケットスカウトで優良企業からスカウトをもらう使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

 

そもそも就職偏差値とは

就活生くん

先輩が、就職偏差値を参考に、選考を受ける企業を決めていると言っていました。

そもそも就職偏差値ってなんですか。

就職偏差値とは2ch就職版でユーザー達が企業の難易度・人気度を議論し数値化したものです。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生くん

就職偏差値は、公式に企業が出しているものなのでしょうか。

企業が正式に作成したわけではなく、一般人の主観によって作成されているランキングです。

年度によっても順位は大きく変わるので、あくまでも参考程度にしましょう。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

他の業界の就職偏差値ランキングについて知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。

 

また「旅行業界の就職偏差値ランキング」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒ 【お先真っ暗!?】旅行業界の就職偏差値ランキング50社 | JTB,HIS,近畿日本ツーリスト,日本旅行,読売旅行【就活:転職】

 


旅行業界の就職偏差値ランキング(最新)

就活生くん

旅行業界の選考を受けようと考えていて、企業選びに迷っています。

就職難易度を参考に決めたいのですが、どうすれば就職難易度がわかりますか。

旅行業界の就職難易度は、就職偏差値ランキングとある程度同じです。

旅行会社研究所の売上高ランキングの情報を参考に作成した、旅行業界の就職偏差値ランキングを紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

旅行業界の就職偏差値ランキング(最新)
  • 難易度SS(旧帝大レベル以上)
  • 難易度S(地方国公立大学レベル)
  • 難易度A(関関同立、MARCHレベル)
  • 難易度B(産近甲龍、日東駒専レベル)
  • 難易度C(産近甲龍、日東駒専レベル)
  • 難易度D(産近甲龍、日東駒専レベル以下)
  • 難易度E(産近甲龍、日東駒専レベル以下)
旅行業界の就職偏差値ランキングをランク別に紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

「自分に合う職業は何だろう…」「自分は今の仕事で良いのかな…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめです。

LINE適職診断を使うと、あなたの適職を16タイプで診断してくれ、あなたの強みを活かせる仕事がわかります。

すでに75,000人以上の就活生や転職者が利用しているため、ぜひあなたも診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> LINE適職診断に参加してみる

 

難易度SS(旧帝大レベル以上)

旅行業界の就職偏差値ランキングの難易度SSを紹介します。

【旅行業界 難易度SS】

  • JTB
  • リクルートライフスタイル
  • 近畿日本ツーリスト
  • HIS
難易度SSのJTBや近畿日本ツーリスト、HISは文系の人気就職先ランキングでも上位にランクインしていますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

難易度S(地方国公立大学レベル)

旅行業界の就職偏差値ランキングの難易度Sを紹介します。

【旅行業界 難易度S】

  • 日本旅行
  • 阪急交通社
  • ジャルパック
  • ANAセールス
難易度Sでは、JALパックやANAセールスなどエアラインの旅行会社がランクインしていますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

難易度A(関関同立、MARCHレベル)

旅行業界の就職偏差値ランキングの難易度Aを紹介します。

【旅行業界 難易度A】

  • 東武トップツアーズ
  • エアトリ
  • 名鉄観光サービス
  • ジェイアール東海ツアーズ
  • 農協観光
難易度Aでは、鉄道会社のグループ企業が多くランクインしています。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

難易度B(産近甲龍、日東駒専レベル)

旅行業界の就職偏差値ランキングの難易度Bを紹介します。

【旅行業界 難易度B】

  • ビッグホリデー
  • 日新航空サービス
  • びゅうトラベルサービス
  • 読売旅行
  • エムオーツーリスト
  • 旅工房
  • T-LIFE
  • 日通旅行
難易度Bになると、企業名が浸透していない会社がランクインし始めます。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

難易度C(産近甲龍、日東駒専レベル)

旅行業界の就職偏差値ランキングの難易度Cを紹介します。

【旅行業界 難易度C】

  • 日立トラベルビューロー
  • エヌオーイー
  • 西鉄旅行
  • 郵船トラベル
  • IACEトラベル
  • 沖縄ツーリスト
  • WILLER
  • 京王観光
  • イオンコンパス
  • トヨタツーリスト
  • 南海国際旅行
  • メルコトラベル
  • 京成トラベルサービス
  • 小田急トラベル
BやCに多い鉄道会社のグループ企業は、親企業の安定性の高さから就活生から人気です。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

難易度D(産近甲龍、日東駒専レベル以下)

旅行業界の就職偏差値ランキングの難易度Dを紹介します。

【旅行業界 難易度D】

  • フジ・トラベル・サービス
  • 日産クリエイティブサービス
  • 三越伊勢丹ニッコウトラベル
  • 北海道旅客鉄道
  • 名鉄観光バス
  • ヤマハトラベルサービス
  • ケイライントラベル
  • 西武トラベル
  • エスティーエートラベル
難易度Dでは三越伊勢丹やヤマハなど、有名な親会社のグループ企業がランクインしています。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

難易度E(産近甲龍、日東駒専レベル以下)

旅行業界の就職偏差値ランキングの難易度Eを紹介します。

【旅行業界 難易度E】

  • テック航空サービス
  • 菱和ダイヤモンド航空サービス
  • 富士急トラベル
  • トラベル日本
  • 九州旅客鉄道
  • JAL JTAセールス

就職偏差値(難易度)が低いことと会社の評価は関係ありません。

「難しい企業ではないから選考を受けない」と決めつけるのではなく、1企業ずつ調べてから選考に参加するかどうか決めましょう。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

旅行業界の自己PRやガクチカでは旅行の経験を話せば評価につながりやすいです。

旅行経験を魅力的に伝えたい方は、下記の記事を読んでみてください。

 

【穴場が見つかる!】あなたに合う隠れ優良/ホワイト企業を探す方法

【穴場が見つかる!】あなたに合う隠れ優良/ホワイト企業を探す方法

「自分に合う企業はどこだろう…」「ホワイト企業に就職したいな!」という就活生は多いですが、意外とホワイト企業は見つかりにくいですよね。

そこで、あなたに合うホワイト企業をすぐに見つけられるおすすめサービスを紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

【結論】あなたに合う優良/ホワイト企業を見つけられるおすすめサービス

自分に合うホワイト優良企業を見つけて、有利に就活を進めるならキャリアチケットスカウト(career ticket)を使うのがおすすめです。

キャリアチケットを使うと、プロフィールを入力するだけで、あなたのキャリアに対する価値観にマッチした優良企業からスカウトが来ます。

スカウトアプリを利用している企業も、アプリ運営会社の承認を受けているため、ブラック企業は多くないと予測できます。

アプリから無料で簡単に優良企業を見つけられ多くの就活生が利用しているので、自分に合うホワイト企業を探したい方はぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

キャリアチケットスカウトのおすすめポイント
  • 「あなたの価値観に合った優良/ホワイト企業」からスカウトが来る
  • 優良企業から短期選考やインターンシップへの優先招待などがある
  • あなたのキャリア価値観を考えた、かなり詳しい自己分析診断ができる
  • アプリで利用できるため、かなり使いやすい

キャリアチケットスカウトや、逆求人スカウトについては、こちらの記事で詳しく解説していますよ。

就活アドバイザー 京香

 


旅行業界を目指す就活生が知っておくべきこと5選

就活生ちゃん

私は旅行業界を第一志望にしています。

旅行業界を志望するうえで知っておいた方が良い知識はありますか。

旅行業界を目指す就活生が知っておくべきことを5つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

旅行業界を目指す就活生が知っておくべきこと5選
  • 内容①:業務
  • 内容②:平均年収
  • 内容③:必要な資格
  • 内容④:売り上げ
  • 内容⑤:動向

これを読めば、旅行業界に関する知識を詳しくかつ手短に押さえられます。

旅行業界を目指す就活生が知っておくべきことを1つずつ説明しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

内容①:業務

旅行業界を目指す就活生が知っておくべきことの1つ目は業務です。

旅行業界では、旅行の企画や営業など幅広い仕事があります。

旅行業界での業務内容を詳しく紹介しますね。

【旅行業界 業務内容】

  • ツアープランナー:お客様個々の旅行プラン、旅行パックの企画を行う仕事。
  • ツアーコンダクター:お客様の旅行に引率し、旅行のスケジュール管理や観光名所の案内などを行う仕事。
  • ツアーオペレーター:海外旅行での宿泊先や交通手段を手配する仕事。
  • カウンターセールス:旅行会社でのカウンターの窓口でお客様の対応や営業を行う仕事。
  • アウトセールス:企業や学校に出向き、修学旅行や社員旅行などの営業を行う仕事。

旅行業界の仕事内容は幅広く、業務によって内容が大きく違います。

自分は旅行業界でどんな仕事に携わりたいのかを明確にしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

面接や履歴書などでは希望職種が聞かれることが多いので、下記の記事を見て、しっかり言えるようにしておきましょう。

 

内容②:平均年収

旅行業界を目指す就活生が知っておくべきことの2つ目は平均年収です。

旅行業界で選考を受ける企業を選ぶ際に、平均年収も重要な企業選びの軸の1つです。

旅行業界の平均年収は一般的に450万円前後になります。

旅行業界の平均年収ランキングを紹介しますね。

【旅行業界 平均年収ランキング】

  • 1位 阪急阪神HD 896万円
  • 2位 ANAホールディングス 789万円
  • 3位 KNT-CTホールディングス(近畿日本ツーリスト) 646万円
  • 4位 一休 573万円
  • 5位 ニッコウトラベル 560万円
  • 6位 ユーラシア旅行社 557万円
  • 7位 農協観光 454万円
  • 8位 エイチ・アイ・エス 426万円

※1位から3位は、旅行会社のみならずグループ企業全てを含んだ平均年収になります。

旅行業界の平均年収は、会社の規模が大きくなるほど高くなると言われています。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

旅行業界のほかにも、平均年収が高い企業について知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。

 

内容③:必要な資格

旅行業界を目指す就活生が知っておくべきことの3つ目は必要な資格です。

旅行業界の業務で必要となる代表的な資格を4つ紹介しますね。

【旅行業界で必要な資格】

  • 旅程管理主任者資格:旅行会社が企画するツアーや団体旅行に同行する添乗員に取得が義務づけられている資格
  • 旅行業務取扱管理者資格:国内・海外旅行者との取引に関する知識を正しく扱い、旅行の取引の管理・監督する責任者に義務付けられる国家資格
  • 旅行地理検定試験:観光地や地理に関する知識を問われる検定試験
  • 通訳案内士:報酬をもらって外国人に付き添い、外国語で観光案内をするための国家資格

就活生くん

これらの資格を取ったら、国内旅行だけでなく海外旅行に関する仕事も扱うことができるのでしょうか。

旅程管理主任者資格、旅行業務取扱管理者資格、通訳案内士については、国内・総合(国内+国外)の二種類の資格があります。

海外旅行の仕事に携わりたいのであれば、総合の資格を取得する必要があります。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生ちゃん

学生の間で受けられる試験の中で評価されやすい試験はありますか。

旅行業界では海外旅行を取り扱う業者がほとんどなので、TOEICなどの外国語の試験で良い成績を収めていると評価されやすいですよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

資格は持っている事でも評価されますが、資格を取得する過程で頑張った経験もアピールすることができます。

自己PRやガクチカで資格を取得した経験を上手く伝えたい方は、下記の記事を読んでみてください。

 

内容④:売り上げ

旅行業界を目指す就活生が知っておくべきことの4つ目は売り上げです。

働くうえで売り上げが高い企業であるほど、社員の給料も高くなる傾向がありますよね。

したがって、どの企業の選考を受けるかを選ぶうえで売上高も加味しておくべきです。

旅行業界の売り上げランキングを紹介しますね。

【旅行業界 売り上げランキング】

  • 1位 JTB 1兆5771億円
  • 2位 リクルート 約9300億円
  • 3位 近畿日本ツーリスト 4592億円
  • 4位 HIS 4530億円
  • 5位 日本旅行 4249億円
旅行業界の大手企業であるJTB、近畿日本ツーリスト、HISが売上高ランキングにランクインしていますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

内容⑤:動向

旅行業界を目指す就活生が知っておくべきことの5つ目は「動向」です。

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により同年3月以降の訪日外国人数は急減し、前年同月比は90%以上の減少が続いています

訪日需要の回復に時間を要することから、今後も旅行業界は苦しい状況下におかれるでしょう。

コロナウイルスの感染拡大以前はインバウンド需要が期待されていたので、コロナウイルスの感染が収まれば再度インバウンド需要が見込める可能性はありますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

旅行業界の主要3社を簡単に解説

就活生ちゃん

私は旅行業界の中でも大手に行きたいと考えています。

ですが、大手旅行会社のそれぞれの違いをあまり理解していません。

旅行業界で大手に就職したいのであれば、それぞれの企業の違いを明確に理解しておかなければなりません。

旅行業界の主要3社の簡単な解説をしますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

旅行業界の主要3社を簡単に解説
  • 企業①:JTBグループ
  • 企業②:エイチ・アイ・エス(H.I.S)
  • 企業③:近畿日本ツーリスト

旅行業界の主要3社について、1つずつ説明していきます。

これを読めば、旅行業界の大手3社のそれぞれの特徴を理解することができますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

企業①:JTBグループ

旅行業界の主要3社の1つ目はJTBグループです。

JTBグループは国内最大の旅行代理店です。

JTBグループは特に国内旅行の取り扱いが多く、旅行業界の売り上げランキングでも1位にランクインしています。

社風は年功序列など古い考え方が残る部分もありますが、ワークライフバランスの整った働き方のできる企業です。

JTBグループは公民連携の活動を行っているのも大きな特徴の1つですね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

企業②:エイチ・アイ・エス(H.I.S)

旅行業界の主要3社の2つ目はエイチ・アイ・エス(H.I.S)です。

エイチ・アイ・エスは海外旅行に強みをもつ大手旅行代理店です。

また、ハウステンボスの運営をしていたりと旅行事業のみならず観光事業にも力を入れています

エイチ・アイ・エスの社員は笑顔で温厚な人が多いなど、人当たりの良さが大きな特徴と言えます。

エイチ・アイ・エスの営業職はお客様と直接お話する機会が多いので、選考の中では温厚さなども見られていますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

企業③:近畿日本ツーリスト

旅行業界の主要3社の3つ目は近畿日本ツーリストです。

近畿日本ツーリストは、近鉄グループの傘下の企業であるため、親会社の安定性の高さが人気の理由の1つにあります。

近畿日本ツーリストには落ち着いて仕事に取り組む社員が多く、仕事に対して冷静さを求められる社風が特徴的です。

団体旅行の取り扱いが多いのも、近畿日本ツーリストは特徴の1つですね。

JTBではアポなし営業があるのに対し、近畿日本ツーリストにはアポなしの営業はないのも大きな違いの1つですね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

旅行業界を取り巻く状況

型コロナウイルスの影響もあり、旅行業界は大きな打撃を受けている最中です。

自由に旅行ができない現在、旅行業界は苦しい状況を強いられていますが、Airbnb Japan 株式会社は、ワーケーションの需要増に伴う新しい旅行の提案を始めています。

新しい旅行の形も含めて新しい情報も常にアンテナを張っておく必要があります。

 

店舗削減

OTA(Online Travel Agent)の台頭により、人々の旅行の形は変わりつつあります。

例えば、今まで旅行代理店で旅行の手配をしてもらっていた旅行者が、自分たちでインターネットを通じて旅行の手配をするになってきています。

Booking.comや楽天トラベルなどがその代表例です。

このように旅行者のニーズが変化してきたことを受けて、日本経済新聞によるとJTBは店舗を2割削減することを発表しています。

 

今後の採用計画

JTBやHISなどの大手旅行会社は、2022年の採用について見送る方針をすでに発表しています。

他の旅行会社については、採用を行う会社と見送る会社随時発表されていますので、企業ホームページや就活サイトで常に新しい情報を確認するようにしましょう。

2023年以降の採用についてはまだ発表されていませんが、今後の新型コロナウイルスや社会状況によって変わってくるでしょう。

定期的に情報収集するくせをつけて置いた方が良いかもしれません。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

旅行業界について知ろう

旅行業界はその名の通り「旅行」に携わる業界であり、旅行者に対して交通機関や宿泊施設の手配や、ツアーを企画・販売を行います。

旅行会社には大手の企業から個人企業まで様々な会社が存在します。

旅行業界に就職したいなら、まず業界全体について知ることが大切です。 ここでは、旅行業界について詳しく解説してきます。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

「旅行業」と「旅行業者代理業」がある

一般的に旅行会社と呼んでいますが、実際には旅行業法によって「旅行業」と「旅行業者代理業」の2種類に分けられています。

それぞれ取り扱う業務が異なるため、「旅行会社」と「旅行代理店」の違いについてきちんと理解しておきましょう。

種別 旅行業 旅行業者代理業
業務 (第1種) 海外・国内のツアー企画 契約している旅行業者の商品販売
業務 (第2種) 国内のツアー企画 契約している旅行業者の商品販売
業務 (第3種) 条件付きで国内ツアー企画可 契約している旅行業者の商品販売
企画 ×
販売
添乗 ×

表のように「旅行業」の会社はツアーの企画・販売・添乗まで業務が幅広い一方で、「旅行業者代理業」の会社は商品の販売のみが主な業務です。

ツアーの企画や添乗がしたい人は、「旅行業」の会社へ就職する必要があります。

 

旅行業界の職種と仕事内容

次は旅行業界の職種について紹介していきます。 旅行業界の職種とその仕事内容について紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

旅行業界の主な仕事は大きく5つあります。それぞれがどのような業務を行っているのか、具体的に説明していきます。

旅行業界の職種
  • 商品開発・企画
  • ツアーオペレーター
  • カウンターセールス
  • 法人営業
  • 添乗員

 

商品開発・企画

商品開発・企画では、これから売り出す旅行プランの企画を行います。

マーケティング調査やトレンドを分析し、旅行者にとって魅力のある旅行プランを企画できる点が魅力です。

旅行が好きなだけではなく、トレンドに敏感で旅行者のニーズを掴むのが上手いことも商品開発・企画では求められるスキルになるでしょう。

 

ツアーオペレーター

旅行プランに関する全ての手配を行うのがツアーオペレーターです。

例えば、航空券、宿泊施設、観光施設、現地の移動手段、ガイド、食事など旅行プランに含まれている全てが対象です。

様々な人と連携を取りながら手配を進めていく必要があるため、コミュニケーション能力と正確性が必要な職種です。

 

カウンターセールス

カウンターセールスは、旅行会社の支店の店頭で、個人のお客様に対して旅行の相談・対応を行います。

お客さまの希望をヒアリングしながら、要望とマッチする旅行プランを提案・販売、そして手配まで行います。

直接お客さまと関わる業務になるので、コミュニケーションスキルはもちろん、お客さまが旅行に何を求めているのか会話の中から引き出せることが必要です。

 

添乗員

旅行会社が開催するツアーに旅行者と一緒に同行し、ツアー中の案内やスケジュール管理、ツアーが安全にスムーズに進むようにサポートするのが添乗員です。

ツアー中に起こったトラブルの対応なども添乗員が行うため、旅行者を不安にさせないようにケアしながら臨機応変に対応できる力が必要です。

 

法人営業

あまりイメージにないかもしれませんが、実は法人営業も旅行業界には欠かせない職種です。

企業や学校などに対して、視察旅行や社員旅行、修学旅行のような団体向けの旅行プランの提案を行います。

旅行予定の有無の情報収集から、旅行プランの企画提案・受注、手配までを一括して担当します。

法人営業は、企業や学校などのクライアントとの関係づくりと同時に、それぞれの団体旅行にあった旅行プランを提案できる企画力も必要とされます。

 

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

旅行業界人気ランキング

旅行業界は就活で人気の業界のひとつです。

マイナビの「2022年卒版就職企業人気ランキング」からホテル・旅行業界の人気企業ランキングを見ていきましょう。

新型コロナウイルスの影響で2022年度の採用を見送る旅行会社もあり、2021年度のランキングは旅行業界は5社ランクインしていたのに対し、2022年は2社のみがランクインしています。

これまでは、大手の旅行会社がランクインしていたため、コロナ禍の影響が落ち着けば人気も戻ってくるのではないかと予想されます。

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

旅行業界へ内定獲得のための4つのポイント

旅行業界へ内定を獲得するための4つのポイントを紹介していきます。

やるべきことをしっかりと押さえて、内定獲得に向けて1歩近づきましょう。

 

業界・企業研究を行う

業界・企業研究は時間をかけて行っておきましょう。

企業側は、なぜ同業他社ではなくその会社を選んだのかを深掘りして聞いてきます。

業界・企業分析ができていると、他の企業と比較しながらその会社を選んだ理由を的確に話すことができ、また自分がなぜ合っているのかも説明すやすくなります。

旅行業界全体の知識はもちろん、志望している企業がどのような企業理念を持っているかなど十分に時間をかけて業界・企業分析は行いましょう。

 

自己分析を行う

就活を成功させるためには、きちんと自己分析を行うことが必要です。

エントリーシートや面接では、自分自身のことについて深掘りして聞かれます。

そのとき、きちんと自己分析できていないと表面的な答えになってしまい、選考を通過できない可能性も出てくるからです。

自己分析で重要なのは、過去の経験から自分の強みや弱みや自分の判断軸を明確にしていくことです。

きちんと自分のことを分析できれば、自分に向いている仕事も見つけやすくなります。

自己分析はいろんな方法があるので、自分のやりやすい方法を見つけて進めていきましょう。

自己分析とは別に、家族や友人に自分のことを聞いてみることもおすすめします。

自分では気がつかないことを発見でき、それがさらに深い自己分析に繋がるためより効果的と言えます。

 

志望動機を考える

旅行業界へ内定を獲得するためには志望動機を考えることも重要です。

志望動機で面接官に好印象を与えるためには「なぜその企業でなければいけないのか」を明確に伝えられる必要があリます。

業界の最前線で働く担当者にも響く志望動機を考えるためには、旅行業界だけでなく競合他社などの企業研究は必須であることは言うまでもありません。

どうしてその企業であれば、競合他社よりも自分の強みを活かせるのかを意識して志望動機を考えてみましょう。

 

就活の流れを把握する

就活の流れを把握しておくことも大切です。 大学3年生の夏頃からインターンシップが始まり、3月頃から会社説明会そして6月から選考開始になります。 下記の表にスケジュールをまとめていますので、流れを把握しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

旅行業界 就職偏差値

インターンシップ、会社説明会、選考と進んでいきます。

いつ、何を準備しておくべきかがわかっていれば、本番までにしっかり対策が可能です。

特に自己分析や業界・企業研究は3年生のうちに早めにはじめて、何回も分析・研究し直すことで、選考のまでに仕上げていくと良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

旅行業界への就活時に持っているとアピールできる資格

旅行会社に就職する前に必ず取得しなくてはいけない資格はありません。

しかし、旅行業界が第一志望で内定を獲得したい場合、持っているとアピールに繋がる資格はあります。

特に旅行系の資格は大学在学中に取得しておくと、旅行業界への志望度が高いことをアピールできる材料になるでしょう。 ここでは、学生のうちに取得できる資格を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活時に持っているとアピールできる資格
  • 総合旅行業務取扱管理者
  • 国内旅行業務取扱管理者
  • 旅程管理主任者
  • 全国通訳案内士

 

総合旅行業務取扱管理者

総合旅行業務取扱管理者は、旅行業で海外及び国内の旅行販売を行う上で必要な国家資格です。

「旅行業務取扱管理者」は、旅行業界で唯一の国家資格であり、各営業所に1名以上この資格所有者を配置することが法律で義務づけられています。

難易度の高い試験ですが、旅行業界へ就職を目指すなら学生のうちに取得しておきたい資格です。

また、旅行会社に入社した場合は取得しなければいけないため、早めに資格取得しておいて損はありません。

 

国内旅行業務取扱管理者

国内旅行業務取扱管理者は、国内の旅行販売のみが行える国家資格です。

総合旅行業務取扱管理者との違いは、取り扱える旅行が国内のみという点だけで、他は変わりません。

国内旅行業務取扱管理者の方が合格率が高いため、まずはこの資格から取得を目指す方が多いのも特徴です。

 

旅程管理主任者

旅程管理主任者は、ツアーコンダクターとして仕事をする際に必要な資格です。

旅程管理主任者も「総合」と「国内」があり、総合は海外も含む添乗、国内は国内のみの添乗が可能です。

資格取得には研修を受ける必要がありますが、学生は夏休みや春休みなどの長期休みを利用して取得している人がほとんどです。

ツアーコンダクターを目指したい方は挑戦してみても良いかもしれません。

 

全国通訳案内士

全国通訳案内士はJNTO(日本政府観光局)が実施する国家資格です。

日本の歴史や地理、文化に関する試験と英語をはじめとする10カ国語から選択した言語

の試験を受験し、合格すると外国人向けのツアーに通訳案内士として業務が行えるようになります。

かなり難易度の高い試験になるため、持っておくと大きなアピールポイントになるでしょう。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

旅行業界に向いている人

旅行業界に向いている人はどのような人でしょうか。

見ていきましょう。

 

人とコミュニケーションを取るのが好き

人とコミュニケーションを取るのが好きな方は、旅行業界に向いています。

なぜなら旅行業界の仕事は、旅行者を始め多くの人と接する機会が多く、コミュニケーション能力が求められるからです。

旅行者は老若男女様々。どんな世代の方ともスムーズにコミュニケーションが取れることが大事です。

 

どんな場面でも臨機応変に対応できる

添乗中、どんなハプニングが起きるか全く予想できません。

旅行者のトラブルを解決するのサポートを行うのは添乗員の役目です。

どんな場面でもパニックにならず、臨機応変に対応できる力が旅行業界には求められます。

 

旅行が好き

旅行が好きという気持ちを持っている人も、旅行業界に向いていると言えるでしょう。

旅行業界で働く人は、旅行を通してお客さまに楽しんでもらいたいというホスピタリティに溢れています。

仕事内容が好き、という気持ちは仕事をする上で大事なポイントです。

 

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

旅行業界で働くメリット・デメリット

就活を始める前に、旅行業界で働くメリットとデメリットについても知っておきましょう。

就職してからこんなはずじゃなかったとミスマッチを起こさないように、働くイメージを持ちましょう。

メリット
  • いろんな場所に旅行に行ける
  • 同僚にも旅行好きが多い
  • 長期休みを取りやすい
デメリット
  • 景気に左右されやすい
  • 休みの曜日が不安定
  • 体力的にハード

また、OB・OG訪問して実際の話を聞いてみることもおすすめします。

 

旅行業界で働くメリット

旅行業界で働くメリットとしては、やはり添乗業務でいろんな場所へ旅行に行くことができることが上げられます。

添乗業務は体力的にはハードと言われていますが、それでも自分では行かない場所へ旅行に行けることに魅力を感じる人は多いです。

また、旅行好きな人が多いため、繁忙期以外なら旅行のための長期休みを取ることにも寛容なようです。

仕事でもプライベートでも旅行に関われるので、旅行が好きな人にはおすすめです。

 

旅行業界で働くデメリット

旅行業界で働くデメリットとしては、まさに今コロナウイルス影響を受けているように情勢や景気に左右されやすく、年収が低めだということです。

また、基本的に土日が休みの仕事ではないため、デメリットも理解した上で、就職活動は行うようにしましょう。

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

キャリアチケットスカウト」は5つの質問に答えるだけであなたのキャリアに対する考えがわかり、あなたらしく働ける優良企業に出会えるスカウトサイトです。

多くの就活生が利用しているキャリアチケットスカウトを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> キャリアチケットスカウトを見てみる

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:旅行業界の就職偏差値を参考にして、就職活動を効率よくすすめましょう。

この記事はいかがだったでしょうか。

この記事では旅行業界の就職偏差値ランキング(最新)を紹介しました。

また、旅行業界を目指す就活生が知っておくべきこと、旅行業界の主要3社も紹介しました。

最後にこの記事の特に大切な部分をまとめておきます。

 

まとめ

◆そもそも就職偏差値とは

◆旅行業界の就職偏差値ランキング(最新)

◆旅行業界を目指す就活生が知っておくべきこと5選

  • 内容①:業務
  • 内容②:平均年収
  • 内容③:必要な資格
  • 内容④:売り上げ
  • 内容⑤:動向

◆旅行業界の主要3社を簡単に解説

  • 企業①:JTBグループ
  • 企業②:エイチ・アイ・エス(H.I.S)
  • 企業③:近畿日本ツーリスト

◆まとめ:旅行業界の就職偏差値を参考にして、就職活動を効率よくすすめましょう。

旅行業界の就職偏差値ランキングを知ることで、どの企業の選考を受けるかを明確に決めることができます。

この記事を参考にして、戦略的に就職活動を進めて旅行業界からの内定をゲットしましょう。

他にも就活の教科書には役立つ記事がたくさんあります。

ぜひ読んでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ