>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【嫌い!】苦手な自己PRを克服する方法 | 面接,ESで苦手に感じる理由も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 自己PRが苦手な人はたくさんいるから大丈夫
  • 自己PRが苦手な理由4つ
  • 自己PRを克服するには、企業が自己PRを聞いてくる意図を理解しておく
  • 自己PRを克服するには、自分の強みを一言で伝えられるようにしておく
  • 苦手な自己PRを洗練する方法3つ

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の木村ヒロシです。

この記事では「自己PRが苦手・嫌い」な人について書いていきます。

あなたは、「自己PRを書いたり、話したりすることが苦手だなあ・・・」と思ったことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

私は、自己PRをエントリーシートで文章で伝えることが苦手です。

苦手な自己PRを上手く伝えるために克服する方法があれば教えていただきたいです。

就活生くん

僕はこれから就活を始めるのですが、自分に自信がないため、自己PRを伝えるのが嫌いです。

もしこのまま面接で嫌いな自己PRを伝える機会が来てしまうと、就活を乗り越えられる気がしません。

どうしたらいいですかね・・・

就活で自分のことをアピールするための自己PRって難しいですよね。

さらにすごいエピソードや優れた能力を持っていないと自己PRを伝えることが嫌いになってしまいます。

そんな人でも、大丈夫です!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

そこでこの記事では「苦手な自己PRを克服する方法3つ」を解説します。

合わせて、「自己PRが苦手な理由」や「苦手な自己PRを洗練する方法」も解説しています。

この記事を読めば、「もっと早く自己PRの苦手意識をなくしておけばよかった・・・」なんて後悔を避けられます。

自己PRを上手く伝えて、無事に就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

自己PRが苦手な人はたくさんいるから大丈夫

就活生くん

就活で必ずと言ってもいいほど聞かれる自己PRを苦手な人は、やっぱり就活で成功させることは難しいのでしょうか。

そもそも自己PRを苦手・嫌いと思っている人ってあまりいないですよね・・・

そんなことありませんよ。

結論から言うと、自己PRが苦手な人はたくさんいるから大丈夫です。

最初は自己PRを伝えることが苦手だったけど、苦手な理由を研究したり、自己PRを洗練することによって、自己PRの苦手意識を克服することができますよ。

さらに、そもそも自分の強みや武器を見つけられておらず、自己PRが作れない人も、すぐに自己PRは作ることができますので大丈夫です。

「就活の教科書」編集部 木村

就活生くん

自己PRが苦手な人は多いのですね!

そんな自己PRの苦手を克服するためにも、まずは何から考えて、行動をしていけば良いでしょうか?

多くの就活生が自己PRに苦手意識を持ちながらも、努力して克服しているので、あなたも一緒に頑張っていきましょう。

それでは早速、自己PRに少しでも自信を持てるように、苦手な自己PRを克服する方法を解説します。

「就活の教科書」編集部 木村

 

苦手な自己PRを克服する方法3つ

ここでは、自己PRの苦手を克服し、就活を成功させるためにも、苦手な自己PRを克服する方法を解説していきます。

苦手な自己PRを克服する方法は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

自己PRを克服する方法
  • 方法①:企業が自己PRを聞いてくる意図を理解しておく
  • 方法②:自分の強みを一言で伝えられるようにしておく
  • 方法③:自己PRを何度も添削してもらい、自己PRを洗練する

苦手な自己PRを得意になって、就活での武器を作るためにも、1つずつ確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法①:企業が自己PRを聞いてくる意図を理解しておく

苦手な自己PRを克服する方法1つ目は、企業が自己PRを聞いてくる意図を理解しておくということです。

面接官が自己PRを聞いてくる意図を理解しておけば、求められていることを的確に答えることができるからです。

例えば、自己PRでは、就活生の能力だけでなく、人柄や組織の中での役割も求められています。

そのため、企業が求めている強みや武器をあらかじめ把握していると、より自己PRでアピールすることができるのです。

自己PRに限らず、就活の面接やエントリーシートでは、なぜこの問いを聞かれているのかということを考えた上で、自分の想いを伝えるように意識しましょう。

質問意図を意識するだけで、苦手な自己PRであっても、面接官が欲しい回答を端的に伝えることができるのです。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法②:自分の強みを一言で伝えられるようにしておく

苦手な自己PRを克服する方法2つ目は、自分の強みを一言で伝えられるようにしておくということです。

自分の強みを一言で要約することができると、自己PRが伝えやすくなるからです。

例えば、自己PRで「協調性」という言葉で強みを伝えるならば、文字数や時間に合わせて、エピソードの内容や具体性を変えられます。

そして、自分の強みに説得力を持たせるために、過去に残した成果や結果を話すようにしましょう。

自分の強みを一言で言えることは、就活以外でも、働く時やチームで何かを行うときにも、とても便利ですよ。

あなたの強みのアピールをどのようにアピールしたら良いか分からない人は、自己PRで強みをアピールするときのポイントが分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法③:自己PRを何度も添削してもらい、自己PRを洗練する

苦手な自己PRを克服する方法3つ目は、自己PRを何度も添削してもらい、自己PRを洗練するということです。

たくさんの人に見てもらい、アドバイスを受けると、主観的な自己PRから、就活で通用する客観的な自己PRに変わっていくからです。

自分で何時間も考えた自己PRよりも、多くの人の意見を取り入れながら、加筆修正をした自己PRの方が、客観的で良い自己PRができます。

とにかく、あなたが作った苦手な自己PRを、多くの人に見てもらいながら、洗練していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

就活生くん

自己PRを洗練すると言っても、どのように洗練すれば良いのでしょうか?

それでは最後に、苦手な自己PRを洗練する方法を解説します。

「就活の教科書」編集部 木村

ちなみに自己PRで人事の評価をあげたい方は、「自己分析」が必須になります。

自己分析で最もおすすめな自己分析診断は、統計データをもとにした分析結果を参考に自己分析できます。

たとえば「キミスカ適性検査」で、41項目の分析結果から自分の強みを見つけて、魅力的な自己PRを作ってみましょう。

人事さん

キミスカ適性検査で診断してみる

 

苦手な自己PRを洗練する方法3つ

最後に、あなたの苦手な自己PRを洗練して、自信を持って自己PRを伝えられるようになるために、苦手な自己PRを洗練する方法を解説していきます。

苦手な自己PRを洗練する方法は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

自己PRを洗練する方法
  • 方法①:自己PRを添削してもらえるwebサービスを利用する
  • 方法②:社会人や先輩などのOBに自己PRを添削してもらう
  • 方法③:企業の求めている人材を理解した上で、自己PRを作り直す

苦手な自己PRを自信のある自己PRに変えられるよう、1つずつ確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法①:自己PRを添削してもらえるwebサービスを利用する

苦手な自己PRを洗練する方法1つ目は、自己PRを添削してもらえるwebサービスを利用するということです。

手軽に苦手な自己PRを添削してもらうことができるため、苦手な自己PRを添削してもらうにはおすすめです。

また、自己PRの添削はもちろん、ガクチカや志望動機の添削サービスも無料で受けることができるため、就活全般的にアドバイスをもらいたい人は、ぜひ利用してみてください。

自己PRを添削してもらえるwebサービスを具体的に知りたい人は、無料添削サービスのおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法②:社会人や先輩などのOBに自己PRを添削してもらう

苦手な自己PRを洗練する方法2つ目は、社会人や先輩などのOBに自己PRを添削してもらうということです。

社会人や先輩などのOBの方々も、自己PRを伝えて、就活をしてきているので、体験談や経験をもとにアドバイスをもらうことができるのです。

自分と性格や強みが似ている先輩や社会人の方を訪問すると、より具体的な自己PRのアドバイスをもらうことができます。

直接、信頼した人から苦手な自己PRを添削してほしいと考えている人は、OB訪問の時に、自己PRの添削をお願いしてみましょう。

苦手な自己PRを添削してもらうために、OB訪問をしたいと考えている人は、OB訪問のやり方とOB訪問をするためのマッチングアプリ/サイトのおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法③:企業の求めている人材を理解した上で、自己PRを作り直す

苦手な自己PRを洗練する方法3つ目は、企業の求めている人材を理解した上で、自己PRを作り直すということです。

企業が求めている人材に必要なあなたの強みや武器を伝えられると、企業にとって魅力的な自己PRだと感じるからです。

例えば、チームで働くことを大切にしている会社に対して、「一人でやりきる力」などの強みを伝えたとしても、企業にとっては魅力的ではありませんよね。

なので、もしあなたの自己PRが企業の求めている人材の条件とマッチしていない場合は、自己PRを作り直してみましょう。

企業の求めている人材を理解した上で、自己PRを作り直すには、企業研究が必要です。

企業研究のやり方を知りたい人は、企業研究の詳しいやり方が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生くん

苦手な自己PRを洗練して、少しでも自己PRに自信を持ちたいと思いました。

ですが、そもそもなぜ、自己PRを苦手だと感じてしまうのでしょうか?

自己PRが得意になれる努力をしていきましょう。

最後に、なぜあなたが自己PRに苦手意識を持っているかを理解するために、自己PRが苦手な理由を考えていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

自己PRが苦手な理由4つ

ここでは、あなたが自己PRに苦手意識を持っている理由を明確にし、正しい対策ができるように、自己PRが苦手な理由を解説していきます。

自己PRが苦手な理由は4つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

自己PRが苦手な理由
  • 理由①;そそもそも自己PRできる強みに気が付いていない
  • 理由②;自己PRで求められているものを勘違いしている
  • 理由③;自己PRの書き方が分からない
  • 理由④:自分の強みに自信を持てていない

それでは、1つずつ確認して、あなたが自己PRに苦手意識を持っている理由を明確にしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由①;そもそも自己PRできる強みに気が付いていない

自己PRが苦手な理由1つ目は、そもそも自己PRできる強みに気が付いていないということです。

自分なんてPRできる要素がないと考えていたら、苦手意識を持ってしまいます。

しかし、人間は誰にでも強みがありますので、強みがないと感じている人は、あなた自身の強みを見つけられていないだけなのです。

例えば、人と話すことが好きと言うだけでも「社交性・コミュニケーション力・愛嬌・気さく」などの強みが考えられます。

このようにあなたにも必ず強みはあるにもかかわらず、見つけられていなければ、自己PRを苦手と感じてしまうでしょう。

自己PRできることがないと感じている人は、まずはあなたの強みと、強みに関するエピソードを見つけてみましょう。

自己PRがないと悩んでいる人は、あなたの強みを見つけるための強み一覧や自己PRのエピソードの見つけ方が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由②;自己PRで求められているものを勘違いしている

自己PRが苦手な理由2つ目は、自己PRで求められているものを勘違いしているということです。

自己PRで求められているものを勘違いしていると、他の就活生よりも優れていることを話そうと無駄なプレッシャーや圧力を感じてしまうからです。

自己PRで求められているものは、人柄を伝えることと、自分を客観的に分析できているかということです。

しかし、これらの自己PRで求められているものを勘違いしていると、他の就活生と比較をしてしまい苦手意識を持ってしまうのです。

自己PRとは、単に自分の強みや頑張ったことを伝えるガクチカでもなければ、単に自己紹介をするものでもありません。

自己紹介とガクチカと自己PRの違いが分からない人は、違いが明確に分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由③;自己PRの書き方が分からない

自己PRが苦手な理由3つ目は、自己PRの書き方が分からないということです。

そもそも強みが理解できていても、自己PRの書き方が分からないと、前に進むことができませんよね。

そこで、自己PRのテンプレートを紹介します。

①結論:私の強みはーです。

②具体的エピソード:その強みをーで活かしました。

③課題:そこではーの課題がありました。

④考えと行動:-と考え、-のように行動しました。

⑤結果:その結果、-することができました。

⑥入社後の活躍:入社後はこの強みをーに活かしたいです。

このような形に合わせて、あなたの強みとエピソードを伝えると、自己PRが完成しますので、苦手を克服できます。

もっと詳しく自己PRの書き方を知りたい人は、自己PRの書き方が詳しく解説されていますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由④:自分の強みに自信を持てていない

自己PRが苦手な理由4つ目は、自分の強みに自信を持てていないということです。

自分自身や自分の強みに自信持てていなければ、自己PRを伝えることが苦手や嫌いになってしまいます。

しかし、初めての就活や自己分析をして、自分に自信を持って自己PRができる人の方が少数です。

ほとんどの就活生は、自分の自信のなさと上手く向き合いながらも、苦手な自己PRに取り組んでいるのです。

逆に言うと、根拠のない自信を持っていると、多くの就活生と差をつけることができるのです。

就活に対する自信がなくて困っている就活生は、就活で自信がない時の対処法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

ここまでの記事を読んで、まだ自己PRに関する悩みがある人は、自己PRが簡単にできる方法や自分の強みを簡単に見つけられる方法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

自己PRを逆求人サイトに登録すると、企業から選考オファーが来る

就活生くん

自己PRが完成したので、どんどん選考を受けていきたいです。

でも正直、企業探しは面倒なんだよなー・・・。

せっかく自己PRが完成したなら、逆求人サイトの利用をオススメします。

自己PRやプロフィールを一度記入しておくだけで、企業から選考オファーが来るので、企業を探しの手間が省けて効率的ですよ。

就活アドバイザー

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

自己PRを登録すれば選考オファーを受け取ることが出来るので、まずOfferBoxから使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

自己PRを記入して自分に合った企業とマッチングしたい就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

 

自己PRの通過率をさらに上げる2つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRに使える強みを見つけたい時は、診断ツールを活用してみよう

就活生くん

自己分析をしているけど、自己PRに使える長所や強みが上手く見つけられないです・・・。

簡単に自分の長所や強みを見つけられる方法があれば教えてください。

自己PRに使えるあなたの長所や強みを見つけるなら、自己分析の診断ツールがおすすめですよ。

診断ツールの中でも一番おすすめは「OfferBoxの適性検査AnalyzeU+」です。

適性診断AnalyzeU+(アナライズユープラス)は、251の設問に答えるだけで、あなたの自己PRできる長所や強みを6タイプ25項目で診断してくれます。

就活生の144,000人が利用しており、人気No.1の診断ツールなので活用してみてください。

就活アドバイザー

>>適性検査AnalyzeU+で長所や強みを調べてみる

 

その他の自己PRに使える長所診断ツールは、こちらの記事でまとめているので、あなたに合う長所診断ツールを試してみてくださいね。

 

まとめ:苦手な自己PRを克服するために、自己PRを洗練していこう!

「【嫌い】苦手な自己PRを克服する方法 | 面接や文章で自己PRが苦手な理由も」の記事はいかがでしたか。

この記事では「苦手な自己PRを克服する方法3つ」を解説しました。

合わせて、「自己PRが苦手な理由」や「苦手な自己PRを洗練する方法」も解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

◆自己PRが苦手な人はたくさんいるから大丈夫

◆苦手な自己PRを克服する方法3つ

  • 方法①:企業が自己PRを聞いてくる意図を理解しておく
  • 方法②:自分の強みを一言で伝えられるようにしておく
  • 方法③:自己PRを何度も添削してもらい、自己PRを洗練する

◆苦手な自己PRを洗練する方法3つ

  • 方法①:自己PRを添削してもらえるwebサービスを利用する
  • 方法②:社会人や先輩などのOBに自己PRを添削してもらう
  • 方法③:企業の求めている人材を理解した上で、自己PRを作り直す

◆自己PRが苦手な理由4つ

  • 理由①;そもそも自己PRできる強みに気が付いていない
  • 理由②;自己PRで求められているものを勘違いしている
  • 理由③;自己PRの書き方が分からない
  • 理由④:自分の強みに自信を持てていない

◆まとめ:苦手な自己PRを克服するために、自己PRを洗練していこう!

最初は誰もが苦手だと感じる自己PRは洗練していくことで苦手を克服していくことができると分かりました。

いろいろな手段を利用して、少しずつ苦手な自己PRに自信を持てるように努力していきましょう。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村