>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文多数】「自己PR400字」作成手順3ステップ | 仕上げるコツ,書けないときの対処法も

この記事を読めばわかること
  • 400字以内で書いた自己PRの例文3選
  • 自己PR400字をまとめるコツは「適切な文字数を計算する」
  • 自己PR400字を早く書くための手順はたったの3ステップ
  • 自己PR400字が書けないときは、内定者の自己PRを参考にする

 

こんにちは、「就活の教科書」編集部の小渕です。

この記事では、自己PRを400字でまとめる方法について解説していきます。

就活生の皆さんは、ESに書く自己PRの内容はもう考えましたか?

「就活の教科書」編集部 小渕

”就活生くん”

[say name="就活生ちゃん" img="https://reashu.com/wp-content/uploads/2020/03/shukatsuchan_yorokobi.png"]

もうすぐ第一志望のESの締切なので、ちょうど自己PRを練っているところです。

文字数制限のある自己PRって、まとめ方が難しいですよね。

自己PRの文字数に指定があるときは、制限文字数内でどれだけ濃い内容が書けるかがポイントです。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

そこでこの記事では、400字の自己PRを上手くまとめる3つのコツについて解説していきます。

合わせて、400字の自己PR例文3選、400字の自己PRを早く書くための手順3ステップ、400字の自己PRが書けないときの対処法3選についても解説します。

この記事を読めば、濃い内容の自己PRを、400字で効率良くきれいにまとめられるようになりますよ。

400字の自己PRの書き方で困っている方や、書類選考の通過率をアップしたいという方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

自己PRの平均的な文字数は400字の場合が多い

就活生くん

400字の自己PRは、文字数としては長いのでしょうか、短いのでしょうか?

自己PRの文字数は、指定がなければ300~400字程度が目安です。

そのため、自己PRの文字数としては、400字は平均的なのです

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生ちゃん

平均的な文字数ということは、400字の自己PRが上手くまとめられれば、多くの企業のESで活用することができそうですね。

その通りです。

400文字の自己PRは、ES作成の基本となります。

まだ自己PRを作成できていないという方は、400文字を目安に書いて準備しておくとES作成がスムーズに進むようになりますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

400字に仕上げた自己PRの例文3選

就活生くん

400文字の自己PRの完成形がどんな感じになるのか知りたいです。

それでは、まず400字以内で書いた自己PRの例文を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 小渕

400字以内で書いた自己PRの例文3選
  • 例文①:強みが「行動力」の例文
  • 例文②:強みが「計画性」の例文
  • 例文③:強みが「責任感」の例文

以下で紹介する例文を読んでみて、400字以内の自己PRはどの程度のボリュームになるのか、イメージを掴んでくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

例文①:強みが「行動力」の例文

400字以内で書いた自己PRの例文の1つ目は、強みが「行動力」の場合です。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

私の強みは、何事にも積極的に行動して課題を達成できる力があることです。

大学生で新しく始めたカフェのアルバイトでこの強みを培いました。

私が働いているカフェでは、土日のお昼は忙しい時間が続きスタッフの人数も必要最低限で働いているため、複数の作業を同時にこなす必要があります。

ある日アルバイトの先輩に私の課題を相談したところ、「一度に複数の作業を同時にこなすには、優先順位を考えて行動することが大事だよ。」と先輩にアドバイスを受けました。

そこで私は、ベテランの方に優先順位の付け方を聞き真似することと、疑問点は業務後に必ず先輩に聞く。

以上の2点を徹底した結果、忙しい時間帯でも難なく行動できるようになりました。

この経験から、考えても分からないことは放置せずに詳しい人に聞いて課題の解決に役立てることの重要性を学びました。

貴社では、アルバイトで培った行動力を営業活動にも活かして売上の向上に貢献します。

(397字)

カフェのアルバイトでの課題や、どうやって解決したかをエピソードとして詳しく書けています。

エピソードの部分が具体的に書いてあると、説得力のある自己PRになりますね。

強みを「行動力」でアピールしたい就活生は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

例文②:強みが「計画性」の例文

400字以内で書いた自己PRの例文の2つ目は、強みが「計画性」の場合です。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

私の強みは、目標に向けて綿密なスケジュールを立てやるべきことを明確化できることです。

その強みが発揮できたのは、大学のバレーボール部でマネージャーをしていた時でした。

部活動は、全国大会出場を目標に週に5日間欠かさず練習を行っていましたが、なかなか試合に勝つことができずにいました。

そこで私は、各部員の課題を挙げ、それぞれ大まかにグループ分けをし試合までの練習スケジュールの作成や、他校との練習試合のセッティングを行いました。

選手達の努力の結果、全日本大学バレーボール選手権に出場でき、全国ベスト8を勝ち取ることができました。

この経験から、目標を達成するために適切なプランを立てて行動すれば結果に繋がることの大切さを実感しました。

御社の仕事も私の計画力を発揮し、限られた時間内で結果を出せるよう取り組み貢献していきます。

(358字)

 

「選手たちの努力の結果」という部分が、自分を過大評価していない感じで好印象だなと思いました。

主観的に自己PRするのではなく、あくまでも客観的な視点でアピールすることが大切ですね。

自己PRを「計画性」でアピールしたい就活生は、以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

例文③:強みが「責任感」の例文

400字以内で書いた自己PRの例文の3つ目は、強みが「責任感」の場合です。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

私は、自分で決めて始めた事柄を責任を持ち最後までやり遂げられます。

私は大学時代、社会人になったときに役立てたいと思い中小企業診断士の取得を目指しました。

資格を取得した経験がなかったため不安が大きかったですが、書籍やネットを使い対策を始めました。

一般的な合格時間の目安が1000時間ということで、2年間で合格するという目標を立て、毎日の勉強時間を2時間に設定しました。

学校やアルバイトとの両立は想像よりも遥かに難しく心が折れそうな期間もありましたが、自分で決めた目標を必ず達成したかったので1日も休まずに続けました。

その結果、周りのサポートや努力の甲斐もあり無事に合格することができました。

合格はもちろん、毎日2時間の勉強を続けて目標をやり遂げられたことに対する喜びが大きかったです。

御社に入社たら、仕事において目標を立て、責任を持って業務が達成できるように日々努力を続けていきます。

(391字)

 

勉強時間の部分ですが、数字を使って具体的に書いているので、どのくらい努力したのかがとてもわかりやすいです。

「責任感」で自己PRをしたい就活生は、以下の記事を参考にするのがおすすめですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

400字の自己PRを上手くまとめる3つのコツ

就活生ちゃん

例文を読んでみて、400字以内の自己PRの完成形がなんとなくイメージできました。

例文みたいに400字の自己PRを上手くまとめるコツを教えて欲しいです。

400字の自己PRを上手くまとめるコツは3つあります。

「就活の教科書」編集部 小渕

400字の自己PRを上手くまとめる3つのコツ
  • コツ①:適切な文字数を計算する
  • コツ②:不要な部分は思い切って削る
  • コツ③:簡潔な言い回しを使う

それでは、400字の自己PRを上手くまとめるコツを、それぞれ詳しく説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

コツ①:適切な文字数を計算する

400字の自己PRを上手くまとめるコツの1つ目は「適切な文字数を計算する」です。

400字の指定の仕方によって、適切な文字数が違います。

企業の指定に合わせて、適切な文字数を計算してから自己PRを書くようにしてください。

  • 400字以内…320~400字(指定文字数の8割以上)
  • 400字前後…360~440字(指定文字数の±1割程度)

400字以内だからといって、200字とか極端に文字数が少なすぎる自己PRはダメですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

コツ②:不要な部分は思い切って削る

400字の自己PRを上手くまとめるコツの2つ目は「不要な部分は思い切って削る」です。

400字の自己PRでは、余計な情報を入れていると、すぐに文字数制限をオーバーしてしまいます。

限られた文字数の中で濃い内容を書くために、不要な部分を見極めて文字を削りましょう。

就活生ちゃん

400字のうちのほとんどをエピソードが占めていたら、バランスの悪い自己PRになってしまいますね、気をつけます。

エピソード部分は意識をしないと、ダラダラと長くなりがちなので気をつけてください。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

コツ③:簡潔な言い回しを使う

400字の自己PRを上手くまとめるコツの3つ目は「簡潔な言い回しを使う」です。

1つの文章をなるべく短くまとめ簡潔な言い回しを使い、文字数を節約しましょう。

たった400字でも、濃い内容かつわかりやすい自己PRが書けます。

簡潔な言い回しの例
  • ×:~することができる ⇒ 〇:~できる
  • ×:~というような考えに至りました ⇒ 〇:~と考えました
  • ×:私の強みは~なので、〇〇で貴社に貢献したいです ⇒ 〇:私の強みは~です。〇〇で貴社に貢献したいです

就活生くん

簡潔な言い回しを使うと、文字数が節約できるだけでなく、内容がスッと頭に入ってきますね。

400字の自己PRを作成するときは、同じ意味ならより短い言葉を優先して使うようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

【誰でも簡単に】400字の自己PR作成手順3ステップ

就活生ちゃん

400字の自己PRを上手くまとめるコツはわかりました。

ちょっとしたコツを押さえるだけで、400字でも濃い内容の自己PRが書けるんですね。

就活生くん

コツを頭に入れつつ、実際に400字の自己PRを書いてみたいです。

どうやって作ればいいか手順を教えて欲しいです。

400字の自己PRを早く、効率良く書くためには、次の3ステップで作成するといいですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

400字の自己PR作成手順3ステップ
  • ステップ①:構成を作る
  • ステップ②:文字数を気にせず書く
  • ステップ③:文字数を調整する

それでは、400字の自己PR作成手順3ステップについて、詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

ステップ①:構成を作る

400字の自己PR作成手順のステップ1つ目は、「構成を作る」です。

400字の自己PRの基本的な構成は、以下の構成にしましょう。

自分の強み ⇒ 強みの裏付けエピソード ⇒ 会社でどう活かすか

まずは企業にアピールしたい自分の強みを1つ選び、それを裏付けるエピソード、その強みを会社でどう活かすかについて書き出してみてください。

構成は文章ではなく、箇条書きで構いません。

先に構成を決めておくことで、自己PRで絶対に伝えたい内容を確実に盛り込めます。

就活生くん

僕はいきなり、文章で自己PRを考えていました。

確かに構成があると、スムーズに400字自己PRを書けそうな気がします。

構成を先に決めておくと、話が脱線しづらい上に早く書けるので、いいことだらけですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

ステップ②:文字数を気にせず書く

400字の自己PR作成手順のステップ2つ目は、「文字数を気にせず書く」です。

ステップ①で作成した構成を元に、自己PRの文章を書いていきます。

この段階では文字数を一切気にせず、思いつくままに自己PRを書いてみてください。

構成の流れはそのままに、必要な情報を肉付けしていくイメージで自己PRを文章の形にしていきます。

後から文字数をカウントしやすいように、手書きではなくパソコンを使うのがおすすめです。

就活生ちゃん

400字の自己PRにまとめようと思ったら、中々筆が進まなくて困っていました。

文字数の調整は後でも大丈夫なんですね。

400字という文字数にとらわれると、文章にまとめるのが大変です。

まずは文字数を気にせず形にして最後に調整をした方が、自己PRを書きやすいと思います。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

ステップ③:文字数を調整する

400字の自己PR作成手順のステップ3は、「文字数を調整する」です。

ステップ②で作成した自己PRの文章の文字数をカウントし、400字程度になるように調整をしていきます。

文字数のカウントはWordなどの文書作成ソフトか、「文字数カウント」でネット検索をするとヒットする、文字数カウントツールを使うといいです。

「400字以内」の場合は320~400字、「400字前後」の場合は360~440字に収まるよう、自己PRを修正していきましょう。

「構成を作る ⇒ 文字数を気にせず書く ⇒ 文字数を調整する」という手順で進めれば、効率良く早く400字の自己PRを作れます。

400字の自己PRが上手く作れずに困っている方は、ぜひ試してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

400字の自己PRだけでなく、他の文字数の自己PRの場合にも使える手順ですね。

早速試してみます!

 

400字の自己PRが書けないときの対処法3選

就活生くん

もしどうしても400字の自己PRが書けないときは、どうしたらいいんだろう・・・

文字数制限に関係なく、そもそも自己PRがまったく書けないという場合は、次の3つの対処法を試してみてください。

「就活の教科書」編集部 小渕

自己PRが書けないときの対処法3選
  • 対処法①:内定者の自己PRを参考にする
  • 対処法②:自己分析をやり直してみる
  • 対処法③:他己分析をしてみる

それでは、自己PRが書けないときの対処法について、それぞれ詳しく説明していきます。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

対処法①:内定者の自己PRを参考にする

自己PRが書けないときの対処法の1つ目は「内定者の自己PRを参考にする」です。

どうしても一から自分で自己PRが書けないときは、内定者の自己PRを参考にして、自分の強みやエピソードに置き換えてみると簡単です。

内定者の自己PRの例は、無料のエントリーシート閲覧サービスを活用するとたくさん見つかります。

自分が志望する業界の内定者の自己PRや、自分と似た経験をしている人の自己PRを探して参考にしましょう。

無料のエントリーシート閲覧サービスについては、「【内定者が選んだ】エントリーシート(ES)が見れる無料サイト10選」の記事で詳しく紹介しています。

「内定者がどんなESを提出していたのか気になる!」という就活生は、読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

対処法②:自己分析をやり直してみる

自己PRが書けないときの対処法の2つ目は「自己分析をやり直してみる」です。

自己分析が足りない場合、自己PRを書こうと思っても中々スムーズに進みません。

「十分に自己分析をしたのに自己PRが書けない」という人は、自己分析のやり方が間違っているのかもしれませんよ。

そのままにしていると、後々の就活においても困ってしまうので、早いうちに自己分析をやり直しておきましょう。

自己分析のやり方に自信のない就活生は、以下の記事で自己分析が苦手なでもコツを抑えれば簡単にできるようになる方法を内定者が解説しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

対処法③:他己分析をしてみる

自己PRが書けないときの対処法の3つ目は「他己分析をしてみる」です。

他己分析とは、自分以外の人に自分の性格や印象などについて客観的に分析してもらうことです。

自分が他人からどう見られているかや、自分では気づかなかった一面について知れるので、自己分析では見つけられなかったアピールポイントを発見できます。

他己分析の詳しいやり方については、「【内定者が語る】”他己分析”はどうやってやるの?おすすめ分析ツール,質問集も」の記事で解説しています。

他己分析を試したことがない方は、ぜひ読んで他己分析を実践してみてください。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

自己PRの通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

 

まとめ:400字の自己PRを上手に書いて書類選考を突破しよう

この記事の「【例文多数】「自己PR400字」作成手順3ステップ | 仕上げるコツ,書けないときの対処法も」はいかがだったでしょうか?

この記事では、400字の自己PRを上手くまとめる3つのコツについて解説しました。

合わせて、400字の自己PR例文3選400字の自己PRを早く書くための手順3ステップ400字の自己PRが書けないときの対処法3選についても解説します。

 

この記事のまとめは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 小渕

まとめ:400字自己PRがきれいにまとまる!3つのコツと作成手順3ステップ

◆自己PRの文字数として400字は平均的である

 

◆400字に仕上げた自己PRの例文3選

  • 例文①:強みが「行動力」の場合の例文
  • 例文②:強みが「計画性」の場合の例文
  • 例文③:強みが「責任感」の場合の例文

 

◆400字の自己PRを上手くまとめる3つのコツ

  • コツ①:適切な文字数を計算する

⇒ 適切な文字数:400字以内…320~400字(指定文字数の8割以上)/400字前後…360~440字(指定文字数の±1割程度)

  • コツ②:不要な部分は思い切って削る
  • コツ③:簡潔な言い回しを使う

 

◆早く書ける!400字の自己PR作成手順3ステップ

  • ステップ①:構成を作る
  • ステップ②:文字数を気にせず書く
  • ステップ③:文字数を調整する

⇒ 自己PRの構成:自分の強み ⇒ 強みの裏付けエピソード ⇒ 会社でどう活かすか

 

◆400字の自己PRが書けないときの対処法3選

  • 対処法①:内定者の自己PRを参考にする
  • 対処法②:自己分析をやり直してみる
  • 対処法③:他己分析をしてみる

 

◆400字の自己PRはES作成の基本。コツや手順を理解して書類選考を突破しよう

 

400字の自己PRは、ESを書くときの基本となるものです。

書くときのコツや手順について理解し、濃い内容の自己PRを書いて書類選考を突破しましょう!

「就活の教科書」では、自己PRの例文もたくさん紹介しています。

誠実さ、負けず嫌い、集中力が高いなど、強み別に例文とポイントを解説しているので、ぜひ読んで参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕