【例文あり】文系からSEになる際の志望動機の書き方 | ポイント、注意点も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事で分かること
  • 新卒で文系出身のSEは多い
  • 【新卒文系向け】SE志望動機の例文
  • SEの志望動機を書く時のポイント
  • SEの志望動機を書く時の注意点
  • 「IT業界の優良企業に就職したい!」という方はレバテックルーキーを使うのが一番おすすめ

こんにちは!「就活の教科書」編集部の実来です。

この記事では、SEの志望動機の例文やポイントについて解説します。

皆さんは、「新卒の文系でSEになりたいけど大丈夫かな」「文系出身でSEに就職したいけど志望動機の書き方が分からない」といった疑問はありませんか?

「就活の教科書」編集部 実来

就活生くん

僕は、文系ですがSE志望です。

しかし、SEの志望動機の書き方がよく分かりません。

就活生ちゃん

私も文系でSEに就職を考えています。

SEの志望動機を書く際にポイントなどがあれば教えて欲しいです。

確かに、文系出身でなぜSEを志望しているのか答えるのは難しいですよね。

「就活の教科書」編集部 実来

そこで、この記事では「文系からSEになる際の志望動機」について解説します。

併せて、SEの志望動機の例文、SEの志望動機を書く時のポイント、SEの志望動機を伝える時の注意点について解説します。

「SEの志望動機の書き方が分からない」「SEの志望動機を伝える時はどのようなことを注意すればいいのか分からない」といった疑問をもった就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでください!

「IT業界に就職したいけど、ブラック企業は避けたい…」という方はレバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

「レバテックルーキー」を使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良IT企業を紹介してもらえるので、学歴に自信が無くてもホワイトIT企業に出会えます。

また、IT企業の選考に特化したES添削・面接対策をしてもらえるため、選考でかなり有利になりますよ。

就活アドバイザー 京香

>> 「レバテックルーキー」を見てみる

 

 

【志望動機の前に】新卒で文系出身のSEは多い

就活生くん

僕は文系ですが、SEを志望しています。

授業などでもシステムエンジニアリングを学んだことがないのですが、大丈夫なのでしょうか?

普通エンジニアって理系の人がなるイメージで、文系の人でも就職できるのか不安ですよね。

そこで、志望動機を説明する前に新卒で文系出身のSEは多いことについて解説します。

「就活の教科書」編集部 実来

日本のIT人材は少子高齢化などにより、不足しています。

理系のSEだけではなく、文系のSEも必要です。

特にSEにも文章を書く能力や、コミュニケーション能力が必要です。

そのため、文章力やコミュニケーション能力が高い傾向がある文系のSEの需要は高いです。

さらに、ITの知識が無くても十分な研修が行われている会社が多く、文系の人でも「知識不足でついていけないかも」という不安は持つ必要がない場合が多いです。

かつてのSEは理系の仕事というイメージが大きいですが、現在は文系出身のSEもたくさん活躍しています。

文系だから、SEは無理かもと思っている就活生も一度SEに就職する選択肢を考えてもいいかもしれません!

「就活の教科書」編集部 実来

文系出身のSE(システムエンジニア)の割合

文系出身のSE(システムエンジニア)の割合は、全体の30%と言われています。

ですが、新卒の文系エンジニアの人は、後悔することも多いと言います。

システムエンジニアになる前に、自分が続けられそうかしっかり確認しておきましょう。

SE(システムエンジニア)の業務内容

SEの仕事は、ソフトウェア開発の現場で行うことが多いです。

開発プロジェクトや開発チームの管理、システムなどの設計書を作成します。

そして、「要件定義」「基本設計」「詳細設計」「テスト」「保守・運用」の5つの業務が主になります。

 

SE(システムエンジニア)の労働条件(平均年収・平均残業時間)

SE(システムエンジニア)の労働条件を紹介していきます。

システムエンジニアの平均年収は、「568万9,000円」です。

日本の社会人の平均年収は、「436万円」なので、かなり高いと思われます。

そして、システムエンジニアの平均残業時間は「月16時間」です。

日本の社会人の平均残業時間は、「月24.9時間」なので、残業時間は少ないと思われます。

SE(システムエンジニア)は、労働条件を見る限りすごくいい職業ですよね!

「就活の教科書」編集部 実来

 

【新卒者向け】文系からSE(システムエンジニア)になる際の志望動機の例文

就活生ちゃん

文系出身のSEが多いことを知って安心しました。

SEの志望動機を作ろうと思っているのですが、書き方が分かりません。

もし、例文などがあれば教えて欲しいです。

分かりました!今から、SEの志望動機の例文について解説します。

「就活の教科書」編集部 実来

文系からSE(システムエンジニア)になる際の志望動機の例文
  • 【SE志望動機】例文①
  • 【SE志望動機】例文②
  • 【SE志望動機】例文③

 

【SE志望動機】例文①

例文①

私がSEを志望する理由は日本のIT化に貢献したいからです。

私は、アメリカに半年間留学していました。

そこで、アメリカの空港での入国検査の自動化や電子マネーの普及率などにより、アメリカのITの普及率の高さを実感しました。

それと同時に、日本がいかにITの後進国であるのかも実感しました。

私は、留学で培った多様な人とのコミュニケーション能力を活かし、日本のITの発展に貢献したいと考えています。

この例文では、過去のエピソードが交えて書かれています。

そのため、自分にしか書けない志望動機になっており、説得力が増します。

「就活の教科書」編集部 実来

 

【SE志望動機】例文②

例文②

私がSEを志望する理由は、自分で作ったIT技術により、社会貢献したいと考えたからです。

私は、大学時代ボランティアサークルで活動していました。

ボランティア活動では、子供食堂といって子供たちに食事を提供する場を作っていました。

その経験により、自分が作ったもので社会貢献ができることにやりがいを感じるようになりました。

貴社のIT技術は様々なところで社会を支え、社会に貢献しています。

貴社のITシステムをSEとして作成することで、自分の手で作ったもので社会貢献したいと考えています。

この文章も自分の経験やエピソードが書かれています。

また文章を書く際のコツであるPREP法も用いられているので、ぜひ参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 実来

 

【SE志望動機】例文③

例文③

私がSEを志望する理由は、貴社のIT技術の発展に関わりたいと思ったからです。

私は、幼いころから貴社の○○の製品やサービスに多く触れ成長してきました。

また、貴社の製品から大きな恩恵を受けることを実感してきました。

幼いころから身近にある貴社の製品に開発に関わり、貴社の発展に寄与したいと考えています。

この志望動機は会社のことと絡めて書いた志望動機となっています。

志望動機を書く際は、自己分析をして自分のエピソードを洗い出すのと同時に、企業分析をして企業のことも十分に調べる必要があります。

また、IT系の他の職種の志望動機については以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある職種を選んで、読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 実来

 

【NG編】新卒文系からSE(システムエンジニア)になる際の志望動機

就活生ちゃん

文系からSEになる際の志望動機の例文を使ってみようと思います!

ですが、どんな志望動機は評価が悪いんでしょう?

確かに、どんな文章が評価悪いか気になりますよね!

なので、文系からSE(システムエンジニア)になる際の志望動機のNG例文を紹介します。

「就活の教科書」編集部 実来

NG例文

私がSEを志望する理由は、ITに興味があるからです。

私は昔からIT企業に勤めたいと考えていました。

そこで、IT企業の大手である貴社でSEとして働きたいと考えています。

この文章では、自分のエピソードと絡めて書けていないので説得力が低い文章です。

また、なぜIT企業の中でもSEなのか明確に書かれていないので、SEの志望動機としてはNGです。

「就活の教科書」編集部 実来

 

就活アドバイザー 京香

IT業界の優良企業やホワイト企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良IT企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいます。

就活生なら無料で利用できるので、「学歴に自信ないけど、内定がもらいやすいIT業界の優良企業に就職したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

>> レバテックルーキーを見てみる

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

新卒の文系学生がSE(システムエンジニア)の志望動機を書く時のポイント

就活生くん

文系学生のSEの志望動機の例文について知ることができました。

実際に今から志望動機を書こうと思いますが、志望動機を書く時のポイントがあれば教えて欲しいです。

分かりました。

今から、新卒の文系学生がSEの志望動機を書く時の5つのポイントを説明します。

「就活の教科書」編集部 実来

新卒の文系学生がSEの志望動機を書く時のポイント
  • ポイント①:PREP法を使う
  • ポイント②:IT業界なのかを明確にする
  • ポイント③:なぜSEになりたいのか伝える
  • ポイント④:過去のエピソードを交える
  • ポイント⑤:入社後何をしたいのかを伝える

 

ポイント①:PREP法を使う

新卒の文系学生がSEの志望動機を書く時のポイントの1つ目は、文章構成はPREP法を使うことです。

PREP法とは、Point【要点】・Reason【理由】・Example【具体例】・Point【要点】で構成される分かりやすく説明を行うテクニックの1つです。

PREP法を使うと「聞き手にストレスをかけない」「不要なやりとりが減る」「考えを整理する習慣がつく」などのメリットがあります。

さらに、理由と具体例が含まれるので、話に説得力が生まれます。

PREP法は文章を書く際の基本的な方法です。

どんな文章を書く時でも応用できるので、参考してみてください。

「就活の教科書」編集部 実来

 

ポイント②:なぜIT業界なのかを明確にする

新卒の文系学生がSEの志望動機を書く時のポイントの2つ目は、なぜIT業界なのかを明確にすることです。

世間一般にはIT業界に向いているのや、興味があるのは理系の学生であると考えられています。

そのため、SEになりたい就活生は理系の人以上に、なぜ文系であるのにIT業界に興味があるのか明確にする必要があります。

SEのことだけではなくIT業界について詳しく調べて、なぜIT業界がいいのか明確にしましょう。

IT業界についてあまり聞き馴染みのない企業が多いので知らない就活生も多いと思いますが、たくさんの企業があります。

どんな企業があるのか調べ、それぞれの企業の特徴についても調べるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 実来

 

ポイント③:なぜSEになりたいのかを伝える

新卒の文系学生がSEの志望動機を書く時のポイントの3つ目は、なぜSEになりたいのか伝えることです。

先程も述べたように、SEは基本的に理系の人が向いていると考えられやすいです。

なので、文系でSEを志望する人は理系の人以上に強い説得力のある志望動機が必要です。

また、IT業界でも多くの職種があり、その中でもなぜSEになりたいのかをきちんと伝えられるようにする必要があります。

そのため、SEの仕事についても調べて何をする仕事であるのか理解するようにしておきましょう。

IT業界の中でもSE以外にもSlerや営業など多くの職種があるのでその違いを明らかにし、なぜSEなのか伝えられるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 実来

 

ポイント④:過去のエピソードを交える

新卒の文系学生がSEの志望動機を書く時のポイント4つ目は、過去のエピソードを交えることです。

「自分の過去のエピソードを伝える」ことは志望動機に説得力を持たせる非常に重要な部分です。

ただ「これがやりたい!」といっても、何の説得力もありません。

自分の過去の経験を踏まえて「なぜその目標にこだわるのか」「なぜその企業に入社したいのか」「なぜ文系であるのにSEを志望するのか」を語りましょう。

業界問わずどんな企業でも、志望動機を聞かれる際には、「自分の過去の経験と絡めて伝えているか」ということは非常に重要です。

過去のエピソードを交えるためには、自己分析をし過去に何があったのか、そのエピソードで自分は何を考えたのかを把握しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 実来

 

ポイント⑤:入社後何をしたいのかを伝える

新卒の文系学生がSEの志望動機を書く時のポイント5つ目は、入社後何をしたいのか伝えることです。

なぜ入社したいかを伝えることは重要ですが、入社後に何をしたいのか伝えることで志望動機の説得力が増します。

また、入社後何をしたいのか伝えるためにはその会社でどのようなことができるのか調べる必要があるので、その企業を十分に調べていることをアピールでき、熱意も伝えることができます。

企業の説明会やインターンに参加し、その会社では入社後何ができるのか、自分は何をしたいのかを考えて伝えられるようにしておきましょう。

入社後何ができるのか知るためには、OB訪問も大切です。

今では、OB訪問ができるアプリなどもあるので、たくさん活用していきましょう。

「就活の教科書」編集部 実来

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

新卒の文系からSE(システムエンジニア)になる際の志望動機を伝える時の注意点

就活生くん

新卒の文系でSEの志望動機を書く時のポイントについて知ることができました。

ほかに何か注意点があったら教えて欲しいです。

分かりました!今から新卒文系でSEの志望動機を伝える時の注意点3つについて解説します。

「就活の教科書」編集部 実来

新卒文系でSEの志望動機を書く時の注意点
  • 注意点①:なぜその企業なのかを伝えていない
  • 注意点②:企業の説明をしない
  • 注意点③:何も自主的に勉強していない

 

注意点①:なぜその企業なのかを伝えていない

新卒文系でSEの志望動機を書く時の注意点の1つ目は、なぜその企業なのかを伝えていないことです。

なぜその企業なのか伝えていないのも、典型的なNGな志望動機です。

なぜSEになりたいのかというSEになりたい理由だけではなく、SEの中でもなぜその企業なのかを伝えるようにしましょう。

「貴社のSEとして働きたいから」「貴社のSEに興味があるから」という抽象的な理由だけではなく、企業研究など行い具体的な志望理由を書けるようにしましょう。

SEの志望動機を書く際には、「なぜIT業界なのか」「なぜSEなのか」「なぜその企業なのか」を自分のエピソードと交えて、書くように心がけましょう。

「就活の教科書」編集部 実来

 

注意点②:企業の説明をしない

新卒の文系でSEの志望動機を書くときの注意点の2つ目は、企業の説明をしないことです。

企業を調べることは重要ですが、ただ企業の説明をするだけでは誰でも書ける志望動機となってしまい、他の人の志望動機と差別化できません。

志望動機を書く際は、企業の説明をするだけではなく、自分のエピソードと会社のことを交えながら書きましょう。

そうすることで、他の人が書けない志望動機を書くことができるようになります。

企業の話だけではなく、自分のエピソードを交えるとただなる会社の説明ではなくなります。

「就活の教科書」編集部 実来

 

注意点③:何も自主的に勉強していない

新卒の文系でSEの志望動機を書く時の注意点3つ目は、何も自主的に勉強していないことです。

文系でSEに就職するためには、理系の大学で学んできた人に比べて、多くのことを学ぶ必要があります。

なので、少しでも自主的に勉強してSEとして頑張れる素質があることをアピールできるようにしておきましょう。

また、少しでも勉強することで自分のSEへの適性も理解できます。

独学でもいいでし、インターンなどでSEを経験できるようなものもあるので積極的に参加するようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 実来

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:新卒文系でSEに就職したい場合は志望動機の対策を徹底的に行おう

本記事「」はいかがだったでしょうか?

この記事ではSEの志望動機の例文について解説しました。

併せて、SEの志望動機を書く時のポイント、SEの志望動機を伝える時の注意点について解説しました。

最後に簡単にこの記事をまとめておきます。

この記事のまとめ

【志望動機の前に】新卒で文系出身のSEは多い

【新卒文系向け】SEの志望動機の例文

  • 例文①
  • 例文②
  • 例文③
  • NG例文

新卒の文系学生がSEの志望動機を書く時のポイント

  • ポイント①:PREP法を使う
  • ポイント②:IT業界なのかを明確にする
  • ポイント③:なぜSEになりたいのか伝える
  • ポイント④:過去のエピソードを交える
  • ポイント⑤:入社後何をしたいのかを伝える

新卒文系でSEの志望動機を書く時の注意点

  • 注意点①:なぜその企業なのかを伝えていない
  • 注意点②:企業の説明をしない
  • 注意点③:何も自主的に勉強していない