【学歴フィルターは?】DeNAの採用大学ランキング|就職難易度,倍率も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • DeNAの採用について
  • DeNAの「採用大学/学歴は旧帝大・早慶が中心」
  • DeNAの採用大学で学歴フィルターは存在しない
  • DeNAの採用/就職難易度は「やや難」
  • DeNAに採用されるための対策法は「粘り強さ/主体性」のアピール

こんにちは。「就活の教科書」編集部の高橋です。

この記事では「DeNAの採用大学/学歴」について説明していきます。

「就活の教科書」編集部 高橋

就活生くん

DeNAのような人気企業になると学歴フィルターがありそうで、僕の出身大学からもDeNAに行けるのか心配です。

就活生ちゃん

DeNAに行きたいのですが、倍率が高そうです。

就職難易度についても教えてください。

就活生の皆さんは、DeNAの採用における学歴フィルターや就職難易度について気になりますよね。

「就活の教科書」編集部 高橋

そこで、今回の記事では、「DeNAの採用大学/学歴」について詳しく説明していきます。

併せて、「DeNAに採用されるための対策法」や「DeNAの新卒採用選考フロー」についても解説します。

DeNAの新卒採用にエントリーしようか迷っているけれど学歴フィルターが心配な就活生や、ぜったいDeNAに採用されたい人はぜひこの記事を読んでください。

 

 

【ざっくり解説】DeNAの採用について

就活生くん

まず、DeNAの採用について何も知らないので、概要を教えてもらえますか?

分かりました。

では、DeNAの新卒採用について、以下の3つの観点から説明します。

「就活の教科書」編集部 高橋

DeNAの採用について
  • ①:採用人数について

→30名~100名程

  • ②:採用の男女比について

→男:女=6:4程度

  • ③:採用倍率について

→30倍程度

 

①:採用人数について

DeNAの採用人数についてですが、公表されていませんでした。

ですが、2018年の採用人数が48名とされています。

2018年はコロナ渦の影響を受ける前ですので、現在は変革していると考えられます。

なので、DeNAの採用人数は毎年30~100名としています。

②:採用の男女比について

DeNAは採用の男女比について発表されていません。

ですが、現在の社員の男女比が7:3なので、近年の採用比は6:4くらいだと推測されます。

職種別では、営業やエンジニアでは男性、ビジネスや研究では女性の割合が高くなっています。

③:採用倍率について

DeNAは採用倍率についての発表はしていません。

ですが、2016年度の採用応募者数は91名、2017年度の応募者数は452名でした。

なので、採用倍率は30倍を超えると予想されます。

 

【出身大学はどこ?】DeNAの採用大学ランキング/学歴一覧

就活生くん

僕の大学からDeNAに採用されることはできるのか不安です。

DeNAに採用されるために学歴が必要なのかは心配ですよね。

そこで次に、DeNAの大学別採用人数をランキング形式で紹介します。

「就活の教科書」編集部 高橋

DeNA大学別新卒採用人数ランキング(2020卒)
1位 東京大 22人
2位 早稲田大 7人
3位 慶應義塾大 6人
3位 京都大 6人
5位 東京工業大 2人
5位 日本大 2人
5位 東北大 2人
8位 筑波大 1人
8位 立命館大 1人
8位 明治大 1人
8位 龍谷大 1人
8位 千葉大ほか 1人

参照:サンデー毎日2019/8/20号

DeNA大学別新卒採用人数ランキング(2021卒)
1位 慶應義塾大 5人
1位 早稲田大 5人
3位 東海大 3人
3位 東京大 3人
3位 大阪大 3人
3位 東北大 3人
7位 明治大 2人
7位 神戸大 2人
9位 同志社大 1人
9位 立命館大 1人
9位 東京理科大 1人
9位 日本大ほか 1人

参照:サンデー毎日2020/8/20号

 

 

DeNAの採用大学で学歴フィルターは存在するの?

就活生ちゃん

DeNAの新卒採用にエントリーするにあたって、学歴フィルターはあるのでしょうか?

DeNAに学歴フィルターは存在しないと考えられます。

以下でその理由を説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 高橋

結論:DeNAに学歴フィルターはない

結論としては、DeNAの採用では学歴フィルターは存在しません

DeNAは、出身大学でフィルターをかけることはない明言しています。

つまり、「書類選考で学歴を理由に落とされることはない」と考えてよいでしょう。

理由は次に詳しく説明します。

理由:産近甲龍・日東駒専レベルからも採用があるため

三井不動産リアルティの採用では学歴フィルターが存在しないとする理由は、産近甲龍・日東駒専レベルからの採用があるからです。

採用大学ランキングで紹介したように、日大や龍谷大などからDeNAに就職している人がいます。

地方の中堅私立大や美大からの採用がある年もあります。

注意点:高学歴出身者が多め

DeNAに学歴フィルターはありませんが、DeNAの採用は高学歴出身者が多いことには注意してください。

DeNAの採用は例年早慶出身者が多く、次いで東大・京大など旧帝大が多いです。

全体の採用の半数が旧帝大か早慶出身者を占めています。

したがって、学歴フィルターはないものの、低学歴の場合は採用されるのは難しいでしょう。

高い学歴が無くても、良い企業に採用される方法はあります。

学歴が低くて心配な人は下の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 高橋

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

DeNAに採用されるための対策法

就活生くん

学歴に自信がないのですが、DeNAに採用されたいです。

採用されるために、何か対策法はあるのでしょうか。

DeNAに採用される確率を上げるための対策法はあります。

次に、DeNAに採用されるための対策法を5つ、紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 高橋

DeNAに採用されるための対策法
  • 対策法①:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく
  • 対策法②:「粘り強さ/主体性」などの経験をアピールできるエピソードを探しておく
  • 対策法③:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく
  • 対策法④:「なぜDeNAなのか」を明確にしておく
  • 対策法⑤:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

対策法①:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく

DeNAに採用されるための対策法の1つ目は、unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておくことです。

unistyleとは、大手企業の内定者のESが51,961枚も見れるサイトです。

DeNAの内定者がどんなESを書いていたのか、面接でどんなことを聞かれたのかが詳細にわかります。

ぜひ参考にしてDeNAの選考対策を進めていきましょう。

実際にunistyleを使った人の声を知りたいという人は以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 高橋

対策法②:「粘り強さ/主体性」などの経験をアピールできるエピソードを探しておく

DeNAに採用されるための対策法の2つ目は、「粘り強さ/主体性」などの経験をアピールできるエピソードを探しておくことです。

DeNAは採用㏋で、求める人材を以下のように説明しています。

DeNAは、ただ優秀なだけではなく「思考の独立性」「逃げずにやり抜く力」が抜きん出て強い人には最高の環境、最高のチームだと思います。

「思考の独立性」とは、場の雰囲気に流されず、自分の頭で考えることです。

「逃げずにやり抜く力」とは、困難にぶつかっても逃げずにやり遂げることです。

したがって、DeNAに採用されるためには、「粘り強さ/主体性」などの経験をアピールできるエピソードを用意しておきましょう。

『主体性』に関するエピソードが思い浮かばない」と困っている就活生はこちらの記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 高橋

 

対策法③:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく

DeNAに採用されるための対策法の3つ目は、インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておくことです。

DeNAは、毎年夏に「StuDIG」「TechStuDIG」というインターンを実施しています。

インターン自体の倍率は高いですが、参加することができれば、早期選考ルートにのることができます。

早期選考ルートは本選考よりも倍率が低いため、採用されやすいです。

実際に、入社する学生の6〜7割は、何かしらの形でインターンの選考に参加しています。

したがって、DeNAに入りたい人はインターンシップに参加することをおすすめします。

 

対策法④:「なぜDeNAなのか」を明確にしておく

DENAに採用されるための対策法4つ目は、「なぜDeNAなのかを明確にしておく」です。

DeNAの面接では「なぜDeNAか」について聞かれることが多いです。

よく比較対象になる企業には、ミクシィ、ヤフー、サイバーエージェント、LINE、楽天などがあります。

それぞれの企業の違いを理解することで、DeNAに入りたい理由を明確にし、志望度の高さをアピールしましょう。

志望動機を他の会社と差別化してうまく話したいという就活生は以下の記事を参考にしてください。

 

対策法⑤:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

DeNAに採用されるための対策法5つ目は、「OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する」です。

企業研究をする上で、ネット上の情報だけで企業について知り尽くすことは限界があります。

そこで、OBOG訪問を行い、社員の方からお話を聞き、選考に役立てましょう。

OBOG訪問をすれば、間違いなく他の就活生より優位になります。

就活生ちゃん

私の知り合いにはDeNAのOB/OGが居ないのですが、どうすればよいでしょうか?

知り合いにOBが居なくても、OB訪問をすることはできます!

OB訪問のやり方やするべき質問に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 高橋

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

DeNAの新卒採用選考フロー

就活生くん

僕は、実際にDeNAの新卒採用にエントリーしてみようと思うので、どんな試験があるかについても知りたいです。

分かりました。

では次に、DeNAの新卒採用選考フローについて、詳しく説明します。

職種によってフローが異なるこので、職種ごとに解説しますね!

「就活の教科書」編集部 高橋

まず、エンジニアの選考フローです。

【エンジニア】DENAの新卒採用選考フロー
  1. webテスト
  2. 書類選考
  3. 技術的内容に関する面接
  4. ワークショップ選考(課題解決を行う)
  5. 最終面接

次に、AIスペシャリストの選考フローです。

【AIスペシャリスト】DENAの新卒採用選考フロー
  1. 書類選考
  2. 選考(候補者に合わせた選考を実施。回数は一律ではない。)

そして、ビジネス職の選考フローです。

【ビジネス職】DENAの新卒採用選考フロー
  1. webテスト
  2. 選考(候補者に合わせた選考を実施。選考回数は一律ではない。)

最後に、デザイナーの選考フローです。

【デザイナー】DENAの新卒採用選考フロー
  1. ポートフォリオ選考
  2. 面接(回数は一律ではない)
  3. JOB選考(与えられたテーマについて自分で企画・デザイン)
  4. 面接(回数は一律ではない)

職業によって採用選考フローが違うことは、最近よくありますよね!

「就活の教科書」編集部 高橋

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

DeNAの採用に関するよくある質問

就活生くん

他に、DeNAの新卒採用に関して、何か知っておくべきことはありますか?

それでは最後に、DeNAの新卒採用に関してよくある質問を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 高橋

DeNAの採用に関するよくある質問
  • 質問①:DeNAはどんな会社なの?
  • 質問②:DeNAは通年採用なの?
  • 質問③:DeNAの就職難易度は?

質問①:DeNAはどんな会社なの?

DeNAは東京に本社を置くインターネット関連企業ゲームが主力事業です。

他にもSNS運営や、電子商取引サービスなど様々な事業を行っています。

傘下にプロ野球の横浜DeNAベイスターズを保有しています。

平均年収は790万円、従業員数2,437人です。

「永久ベンチャー」を掲げており、風通しがよく、年功序列といった古い企業体質はないです。

質問②:DeNAは通年採用なの?

結論から言うと、DeNAは通年採用を行っています。

ですが、インターンシップは季節ごとにしか開催していません。

DeNAは、入社している人の6~7割が何らかの形でインターンシップに参加しています。

なので、採用時期よりもインターンシップの時期を確認しておくようにしましょう。

質問③:DeNAの就職難易度は?

DeNAの就職難易度は、「やや高い」です。

近年、就活生の間で人気が上昇していることが原因です。

LINE、Cyberagent、DeNAは、メガベンチャーとして君臨しています。

この3社は就職難易度が年々上昇していくと考えておきしょう。

 

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:DeNAについて詳しく知って、内定を勝ち取ろう

今回の記事では、「DeNAの採用大学/学歴」を中心に解説しました。

併せて、「DeNAに採用されるための対策法」や「DeNAの新卒採用選考フロー」についても紹介しました。

結論として、DeNAの採用大学には学歴フィルターが存在せず、就職難易度はそこそこ高いことが分かりました。

したがって、DeNAに採用されたい人は、この記事を参考にして選考の対策をしっかりしましょう。

以下がこの記事の概要です。

この記事のまとめ

◆【ざっくり解説】DeNAの採用について

  • ①:採用人数について
  • ②:採用の男女比について
  • ③:採用倍率について

◆【出身大学はどこ?】DeNAの採用大学/学歴一覧

◆DeNAの採用大学で学歴フィルターは存在するの?

  • 結論:DeNAに学歴フィルターは存在しない
  • 理由:産近甲龍・日東駒専レベルからも採用があるため
  • 注意点:高学歴出身者が多め

◆楽天に採用されるための対策法

  • 対策法①:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく
  • 対策法②:「粘り強さ/主体性」などの経験をアピールできるエピソードを探しておく
  • 対策法③:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく
  • 対策法④:「なぜDeNAなのか」を明確にしておく
  • 対策法⑤:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

◆DeNAの新卒採用選考フロー

◆DeNAの採用に関するよくある質問

  • 質問①:DeNAはどんな会社なの?
  • 質問②:DeNAは通年採用なの?
  • 質問③:DeNAの就職難易度は?

◆まとめ:DeNAの採用大学には学歴フィルターは存在ないが、就職難易度は高い