【年収編】三菱電機の子会社ランキング一覧 | 子会社7社も詳しく解説

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事で分かること

皆さんこんにちは!「就活の教科書」編集部の足立です。

この記事では「三菱電機のおすすめ子会社ランキング」について紹介します。

「三菱電機の子会社にはどんな企業があるの?」「三菱電機の子会社ランキング一覧ってどんな感じなの?」と疑問に思う就活生はいませんか?

「就活の教科書」編集部 足立

就活生くん

僕は現在、就活中で三菱電機への就職を考えているのですが、今は子会社も視野に入れています。

ですが、三菱電機の子会社についてあまり詳しくないので、不安です。。。

就活生ちゃん

私も三菱電機の子会社に就職したいと考えているのですが、子会社に関しては詳しくないので、三菱電機子会社の一覧を知りたいです。

確かに親会社の三菱電機に関しては企業研究が進んでも、その子会社に関してまで、まとめてあるサイトも少なく、情報がありませんよね。

ですが、この記事を最後まで読んでいただければ、確実に三菱電機の子会社企業を把握できるようになりますよ!

「就活の教科書」編集部 足立

そこで、この記事では「「三菱電機の子会社ランキング」について紹介していきます。

また、「子会社を多数持つ三菱電機について」「【年収編】三菱電機子会社ランキング一覧」についても解説していきます。

さらに、「三菱電機おすすめ子会社7選の解説」に加え、「三菱電機の子会社と親会社の関係性」についても詳しく解説していきます。

「三菱電機の子会社を知りたい就活生」や「三菱電機の子会社に就職したい就活生」はぜひ最後までこの記事を読んでくださいね。

確実に三菱電機や三菱電機子会社を志望する他の就活生と大きな差がつきますよ!

大手子会社の優良企業に就職するには、スカウトサイトを使うのが一番の近道です。

その中でも、就活生人気No.1のOfferBox(オファーボックス)がおすすめです。

OfferBoxを使うと簡単なプロフィールを入力するだけで、あなたに合った優良大手子会社や上場企業からオファーが来ます。

無料で利用できるので、「将来は自分に合った優良企業で働きたい」そんな方はOfferBoxを試してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBoxでオファーをもらう

 

 

【子会社多数】三菱電機とは

就活生くん

僕はまだ、そもそも親会社の「三菱電機」についてよく分かっていないので、教えて欲しいです。

分かりました!

ここでは、三菱電機について以下の2つの観点から説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 足立

三菱電機について
  • 三菱電機の子会社数
  • 三菱電機の事業内容

それでは、三菱電機について、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 足立

 

三菱電機の子会社数

企業情報 | 三菱電機

三菱電機の連結子会社数は2020年3月末時点で計203社【国内:95社 海外:108社】あります。

国内だけではなく、海外の方【アジアやヨーロッパ】にも多くの子会社を進出させています。

次は三菱電機の事業内容について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 足立

 

三菱電機の事業内容

三菱電機は日本の大手総合電機メーカーとして有名ですが、事業内容は12もあり、多岐にわたります。

本記事では三菱電機の主な5つの事業について以下の表で簡単にご紹介します。

三菱電機の主な事業内容
  • ビル事業

⇒街やビルのスマート化を支える事業

  • 産業・FA【ファクトリーオートメーション】事業

⇒シーケンサーやレーザー加工機などのFA分野で、各国の「ものづくり」を支えている事業

  • 公共事業

⇒ライフラインや公共施設・サービスなどの生活基盤を築く数々の分野での事業展開

  • エネルギー事業

⇒発電から送変電、配電に至るすべてのフェーズにおいて、世界各国の電カインフラの発展に貢献する事業

  • 自動車機器事業

⇒多彩な製品群で、モータリゼーションの発展を下支えする事業

参考:三菱電機

本記事では三菱電機の子会社について解説していますが、「他の大手子会社はどんな企業があるんだろう…」と思っている就活生は、以下の記事も参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 足立

次は、三菱電機の子会社ランキング一覧を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 足立

 

【年収編】三菱電機子会社ランキング一覧

就活生ちゃん

三菱電機の子会社数や事業内容は分かったので、次は三菱電機子会社の年収に関して教えて欲しいです。

三菱電機の子会社への就職も考えているならば、年収についても知っておくことは非常に重要ですよね。

では、ここからは三菱電機子会社の年収ランキング一覧を紹介します。

「就活の教科書」編集部 足立

三菱電機子会社の年収ランキング一覧
順位 企業名 平均年収
1 三菱電機ビルテクノサービス 765万円
2 三菱電機エンジニアリング  743万円
3 三菱電機プラントエンジニアリング 591万円
4 三菱電機インフォメーションシステムズ 560万円
5 三菱電機FA産業機器 510万円
6 三菱電機住環境システムズ 485万円
7 三菱電機ロジスティクス 480万円

三菱電機の子会社の中でも平均年収の差はかなりありますよね。

ですが、どの子会社も充実した福利厚生が親会社「三菱電機」同様に整っているので、三菱電機の子会社はどこも平均水準以上の社会人生活ができること間違い無いでしょう。

次は、三菱電機グループのおすすめ子会社7社について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 足立

 

三菱電機おすすめ子会社7選の解説

就活生くん

三菱電機子会社の年収ランキングについては分かりました。

次はもう少し詳しく三菱電機の子会社に関して教えて欲しいです。

「三菱電機子会社の年収ランキング」を参考にして就職先を探すのも良いかもしれませんね。

ここからはもっと皆さんの就職先の参考となるように三菱電機おすすめ子会社7選についてそれぞれ詳しく解説します。

「就活の教科書」編集部 足立

三菱電機おすすめ子会社7社の解説
  • 子会社①:三菱電機エンジニアリング
  • 子会社②:三菱電機ビルテクノサービス
  • 子会社③:三菱電機ロジスティクス
  • 子会社④:三菱電機FA産業機器
  • 子会社⑤:三菱電機プラントエンジニアリング
  • 子会社⑥:三菱電機住環境システムズ
  • 子会社⑦:三菱電機インフォメーションシステムズ

「unistyle(ユニスタイル)」を使うと、三菱電機から内定を獲得した方のES(エントリーシート)が53,305枚見れるのでオススメです。

エントリーシートで三菱電機の子会社から内定がもらえる回答を簡単に作れるので気軽に試してみて下さいね。

それでは、三菱電機おすすめ子会社7社について、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 足立

 

子会社①:三菱電機エンジニアリング

パートナー詳細

三菱電機おすすめ子会社1つ目は「三菱電機エンジニアリング」です。

三菱電機エンジニアリングは、親会社である三菱電機製品の開発や設計のほか、外部から受託した電子機器設計などを手がける会社です。

特にワイヤレス電力伝送装置向け高周波電源技術の評価が高いです。

以下に三菱電機エンジニアリングについてまとめたので、参考にして下さい。

三菱電機エンジニアリングについて
  • 設立:1962年2月
  • 従業員数:5,804名
  • 平均年齢:41.2歳
  • 平均年収:743万円
  • 売上高:1172億円
  • 事業内容:三菱電機製品の開発・設計

三菱電機エンジニアリングは、国内で全32拠点、さらに中国にも拠点があり、子会社とはいえども規模感があります。

さらに、入社から3年は育成指導者が実践教育をしてくれるので、皆さんが新卒で入っても安心ですね。

三菱電機エンジニアリングは子会社の中で、平均年収が2番目に高い企業です。

「就活の教科書」編集部 足立

 

子会社②:三菱電機ビルテクノサービス

入社後、本当に自分が活躍できる会社なのか? そこまで深く考えて、就活をしてほしい。 | 職サークル

三菱電機おすすめ子会社2つ目は「三菱電機ビルテクノサービス」です。

三菱電機ビルテクノサービスは、三菱電機の連結子会社で、ビルシステムの中核を担っている会社です。

エレベーターの保守や修理で国内最大手であることが大きな強みだと言えます。

以下に三菱電機ビルテクノサービスについてまとめたので、参考にして下さい。

三菱電機ビルテクノサービスについて
  • 設立:1954年3月
  • 従業員数:9,929名
  • 平均年齢:41.1歳
  • 平均年収:765万円
  • 売上高:3455億円
  • 事業内容:昇降機の保守や修理が主な事業

三菱電機ビルテクノサービスは、国内8ヶ所に情報センター、そして、全国に約280の事業所があります。

最近では、エレベーターを遠隔で常時監視・点検するサービスも各国で開始しており、海外にも進出し始めています。

三菱電機ビルテクノサービスは、三菱電機子会社の中で、最も平均年収が高い会社です。

事業自体も安定しているので、かなりおすすめの子会社企業です。

「就活の教科書」編集部 足立

 

子会社③:三菱電機ロジスティクス

三菱電機ロジスティクス株式会社

三菱電機おすすめ子会社3つ目は「三菱電機ロジスティクス」です。

三菱電機ロジスティクスは、三菱電機グループの中核を担う総合物流企業です。

多様な物流戦略で、三菱電機グループ全体の成長に貢献しています。

以下に三菱電機ロジスティクスについてまとめたので、参考にして下さい。

三菱電機ロジスティクスについて
  • 設立:1958年7月
  • 従業員数:997名
  • 平均年齢:34歳
  • 平均年収:480万円
  • 売上高:928億円
  • 事業内容:三菱電機グループ企業が製造する様々な製品の輸送事業

三菱電機ロジスティクスは国内だけではなく、国外にも物流ネットワークを構築するプロジェクトが進行中です。

数年以内に、大きくグローバル展開していくことが予測されます。

三菱電機ロジスティクスは三菱電機の子会社の中でも、近年成長し続けている企業の1つです。

「就活の教科書」編集部 足立

 

子会社④:三菱電機FA産業機器

三菱電機FA産業機器株式会社の求人情報/東京勤務【 アシスタント事務 】▽有給休暇も取りやすい環境 (1686342) | 転職・求人情報サイトのマイナビ転職

三菱電機おすすめ子会社4つ目は「三菱電機FA産業機器」です。

三菱電機FA産業機器は、物を吊上げる「ホイスト」や産業設備の駆動源「ギヤードモータ」を主に製造する会社です。

日本、そして世界の産業を根っこから支える大きな役割を果たしています。

以下に三菱電機FA産業機器についてまとめたので、参考にして下さい。

三菱電機FA 産業機器について
  • 設立:2000年4月
  • 従業員数:400名
  • 平均年齢:42.0歳
  • 平均年収:510万円
  • 売上高:142億円
  • 事業内容:産業用の機械を製造・販売する事業

三菱電機FA産業機器も他の子会社同様に三菱電機グループとしての福利厚生や研修プログラムなど、充実した内容が揃っています。

「就活の教科書」編集部 足立

 

子会社⑤:三菱電機プラントエンジニアリング

関係会社 - 会社案内:星菱電機株式会社 三菱電機グループ

三菱電機おすすめ子会社5つ目は「三菱電機プラントエンジニアリング」です。

三菱電機プラントエンジニアリングは、建設やエンジニアリング事業を担っている会社です。

主に、電力の分野や浄水場などの公共分野、交通システム分野などで活躍する会社です。

以下に三菱電機プラントエンジニアリングについてまとめたので、参考にして下さい。

三菱電機プラントエンジニアリングについて
  • 設立:1978年11月
  • 従業員数:2,664名
  • 平均年齢:42.4歳
  • 平均年収:591万円
  • 売上高:995億円
  • 事業内容:建設事業やエンジニアリング事業

平均勤続年数は約19年、残業時間は約20時間と、非常に働きやすい環境が整っている会社ですね。

「就活の教科書」編集部 足立

 

子会社⑥:三菱電機住環境システムズ

三菱電機住環境システムズ株式会社 新卒採用情報 | 商品販売会社 | 関係会社(国内) | 拠点情報 | 三菱電機について | 企業情報 | 三菱電機

三菱電機おすすめ子会社6つ目は「三菱電機住環境システムズ」です。

三菱電機住環境システムズは、三菱電機の住環境分野の製品販売を担っている会社です。

北海道から九州まで支社を展開する全国規模の会社です。

以下に三菱電機住環境システムズについてまとめたので、参考にして下さい。

三菱電機住環境システムズについて
  • 設立:2002年4月
  • 従業員数:2,348名
  • 平均年齢:40.6歳
  • 平均年収:485万円
  • 売上高:2,663億円
  • 事業内容:オフィスや商業施設の電気・空調設備などを取り扱う

三菱電機住環境システムズは入社後も3年間の研修制度が整っているので、安定した成長が見込めますね。

「就活の教科書」編集部 足立

 

子会社⑦:三菱電機インフォメーションシステムズ

成長と連携で人に優しい未来を創る MDISブランドロゴを制定|三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社(MDIS)

 

三菱電機おすすめ子会社7つ目は「三菱電機インフォメーションシステムズ」です。

三菱電機インフォメーションシステムズは、三菱電機グループのIT事業の中枢を担う会社です。

金融、製造、流通などの幅広い分野に対して、コンサルティングから設計、開発、運用、保守に至るまでワンストップにサービスを提供しています。

以下に三菱電機インフォメーションシステムズについてまとめたので、参考にして下さい。

三菱電機インフォメーションシステムズ
  • 設立:2001年4月
  • 従業員数:2,106名
  • 平均年齢:36.8歳
  • 平均年収:560万円
  • 売上高:762億円
  • 事業内容:情報システムの企画設計・開発・製作および販売を行う事業

大手企業との関わりも多いので、若いうちから圧倒的に成長したいという就活生には特におすすめの会社です。

「就活の教科書」編集部 足立

 

ちなみに、人気企業/ホワイト企業から内定をもらいたいならスカウトサイトがおすすめです。

たとえば「OfferBox」は、プロフィール登録をするだけで、あなたの人柄に関心のある企業から直接オファーが届きます。

大手からベンチャー企業まで7,700社以上の中から、興味ある企業へすぐに選考を受けられますよ。

就活アドバイザー 京香

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

当サイトがおすすめするスカウトサイトは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

就活力診断をしてみてください! 一気に企業の人事からの評価を上げることができます。

就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

三菱電機の子会社と親会社の関係性

ここからは「三菱電機の子会社と親会社の関係性」に関して解説していきます。

「就活の教科書」編集部 足立

三菱電機の子会社と親会社の関係性
  • 関係性①:子会社は親会社のサポートを行なっている
  • 関係性②:子会社と親会社で品質不正が問題になっている

 

関係性①:子会社は親会社のサポートを行なっている

まず、三菱電機の親会社と子会社の関係性を見ていく前に、簡単に一般的な企業の親会社と子会社の関係性について説明していきます。

実は子会社にも様々な形態があり、一概に「子会社」という大きな一括りで説明はできません。

子会社には大きく4種類があるので、以下の表を見ながらイメージを膨らませてください。

子会社とは
  • 完全子会社:子会社が発行する株式の100%を親会社が保有、出資しているケース
  • 子会社:親会社の出資により経営されている会社で、親会社の出資率が99%以下のケース
  • 連結子会社:子会社の会計を親会社の会計に含めて決算しているケース
  • 関連会社:親会社が20%~50%の株式を保有しているケース

子会社に関する知識は一般的な常識なので、上の表を丸ごと覚えておいても全く損はないかなと思います。

「就活の教科書」編集部 足立

では、本題の三菱電機の親会社と子会社の関係性について解説します。

三菱電機の親会社と子会社は「完全子会社」という関係性にあります。

他の大企業の場合、分社化によって各事業毎に子会社を設立するというケースも多いです。

しかし、三菱電機の場合は、ほぼすべての事業を親会社が抱え込んでおり、子会社は親会社のあらゆるサポート役に徹しています。

例えば、何か製品を作る場合でも、細かい部品は子会社に製造させますが、完成品については親会社である三菱電機が設計製造を行います。

三菱電機が中核事業を行い、それを様々な面でサポートするのが三菱電機の子会社です。

完全子会社だと、親会社ほどの立場の強さはないものの、親会社のブランド力を利用できたり、福利厚生が非常に充実していたりするので、メリットもかなり多いですね。

「就活の教科書」編集部 足立

 

関係性②:子会社と親会社で品質不正が問題になっている

三菱電機とその子会社に近年、起きている大きな問題。

それは「品質不正問題」です。

どうしても会社規模が大きくなればなるほど、子会社を管理することが難しく、こういった問題が起きてしまうんですよね。

子会社への信用問題にも、もちろん影響しますが、それだけではなく、親会社にも影響は少なからず生じてしまいます。

三菱電機は対策として再度子会社の現場環境を見直すなど、改善に努めているそうです。

これを機に三菱電機の子会社にはさらなる品質の徹底管理に努めて欲しいですね。

「就活の教科書」編集部 足立

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

【企業の方へ】当サイトへの情報掲載について

企業様向け 広告掲載のお問い合わせ

当サイト「就活の教科書」では、100以上の就活サービス1000社以上の企業情報を掲載しています。

サービス掲載・企業掲載のご希望や、情報修正のご依頼などありましたら、下記リンクよりお気軽にお問い合わせください。

「就活の教科書」への問い合わせはこちら

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:三菱電機に就職したい方はグループ子会社も視野に入れよう!

本記事「【年収編】三菱電機の子会社ランキング一覧 | 子会社7社も詳しく解説」はいかがだったでしょうか?

三菱電機の子会社に就職したいと考えている就活生の力になれていたら嬉しいです!

「就活の教科書」編集部 足立

この記事では、「「三菱電機のおすすめ子会社ランキング」について紹介しました。

また、「子会社を多数持つ親会社【三菱電機】について」「【年収編】三菱電機子会社ランキング一覧」についても解説しました。

さらに、「三菱電機おすすめ子会社7選の解説」に加え、「三菱電機の子会社と親会社の関係性」についても詳しく説明しました

最後にこの記事を簡単にまとめます。

「就活の教科書」編集部 足立

この記事のまとめ

◆【子会社多数】三菱電機とは

  • 三菱電機の子会社数
  • 三菱電機の事業内容

◆【年収編】三菱電機子会社ランキング一覧

◆三菱電機おすすめ子会社7社の解説

  • 子会社①:三菱電機エンジニアリング
  • 子会社②:三菱電機ビルテクノサービス
  • 子会社③:三菱電機ロジスティクス
  • 子会社④:三菱電機FA産業機器
  • 子会社⑤:三菱電機プラントエンジニアリング
  • 子会社⑥:三菱電機住環境システムズ
  • 子会社⑦:三菱電機インフォメーションシステムズ

◆三菱電機の子会社と親会社の関係性

  • 関係性①:子会社は親会社のサポートを行なっている
  • 関係性②:子会社と親会社で品質不正が問題になっている

◆まとめ:三菱電機に就職したい方はグループ子会社も視野に入れよう!

新卒採用倍率30倍とも言われる三菱電機は非常に就活生からの人気度も高いです。

そのため、三菱電機に就職したくても、就職できない方ももちろんいます。

だからこそ、三菱電機グループの子会社に就職することも視野に入れましょう!

「就活の教科書」編集部 足立