【未経験はいける?】デザイン関係の仕事一覧 | おすすめの資格,向いてる性格も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事では「デザイン関係の仕事」について紹介していきます。

あわせて、「業界別のデザイン関係の仕事一覧」「未経験でもなれるデザイン関係の仕事」も紹介していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めばデザイン関係の仕事について深く理解できます。

「デザイン関係の仕事に興味のある就活生」「デザイン関係の仕事について詳しく知りたい就活生」はぜひ最後まで読んでください。

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

そもそもデザイン関係の仕事とは?

就活生ちゃん

まずは未経験にもわかるように、デザイン関係の仕事について初歩的な部分について教えてください!

わかりました。

デザイン関係の仕事の基礎知識については以下の2つにまとめて紹介します!

「就活の教科書」編集部

デザイン関係の仕事とは
  • デザイナーの仕事とは、依頼者の要望に応じたデザインを考案する仕事
  • デザイナーの種類

それでは詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

デザイナーの仕事とは、依頼者の要望に応じたデザインを考案する仕事

デザイナーとは、クライアントや依頼者からの潜在的な要望も含めてデザインにする仕事です。

加えて、デザインのスキルだけではなく、ヒアリングを行うための対人スキルやコミュニケーションスキルも求められます。

様々なソフトや技術を駆使して、クライアントをデザインの観点から支えることがデザイナーの仕事です。

デザイナーにもたくさんの職種があるので自分にはどの職種が合うのか考えてみましょう!

「就活の教科書」編集部

 

デザイナーの種類

一概にデザイナーと言っても種類は沢山あります。

ここではデザイナーの種類を一覧でまとめてみました。

デザイナーの種類一覧

グラフィックデザイナー / Webデザイナー / CGデザイナー / ファッションデザイナー / ゲームデザイナー / UI/UXデザイナー / DTPデザイナー / エディトリアルデザイナー / インテリアデザイナー / プロダクトデザイナー / イラストレーター

デザイナーだけでもこんなにたくさんの職業があります!

「就活の教科書」編集部

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【Web系】デザイン関係の仕事/職業一覧

就活生くん

僕はデザイン関係の仕事の中でも特に、Web系の仕事に興味があります。

Web系のデザイン関係の仕事にはどんな職業があるのでしょうか?

わかりました。

以下6つがWeb系デザイン関係の職業一覧です。

「就活の教科書」編集部

【Web系】デザイン関係の仕事/職業一覧
  • 仕事①:Webデザイナー
  • 仕事②:ゲームデザイナー
  • 仕事③:グラフィックデザイナー
  • 仕事④:CGデザイナー
  • 仕事⑤:UI/UXデザイナー
  • 仕事⑥:キャラクターデザイナー

それでは詳しく解説していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部

 

仕事①:Webデザイナー(平均年収:453万円)

Web系デザイン関係の仕事/職業1つ目は、「Webデザイナー」です。

WebデザイナーとはWebサイトのデザインを作成する仕事です。

Webデザイナーになるためには、デザインだけではなく、HTMLやCSS、マーケティングなど幅広い知識が必要になります。

今後もWeb業界はさらに拡大していき、デザイナーの需要も高まっていくと予想されているので、手に職を付けたい就活生にはおすすめの職業です。

Webデザイナーはフリーランスで活躍している人も多いので将来フリーで仕事をしたいと思っている就活生にはぴったりですね。

「就活の教科書」編集部

 

仕事②:ゲームデザイナー(平均年収:496万円)

Web系デザイン関係の仕事/職業2つ目は、「ゲームデザイナー」です。

ゲームデザイナーとは、ゲーム内に登場するキャラクターや背景、アイテムなどのデザインを行う仕事です。

ゲームデザイナーになるためには、デザインのセンスやCGの作成スキル、プログラミングの経験が問われます。

この仕事の特徴は、企画や設計、戦略の段階から手掛けることができるので、より自分の考えたものが作品に反映されやすいです。

クリエイティブな仕事に興味のある就活生におすすめです。

自分の手掛けたゲームが世の中に出回るってワクワクしますね!

ちなみに「自分に合う仕事をして、もっと活き活きと働きたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:グラフィックデザイナー(平均年収:423万円)

Web系デザイン関係の仕事/職業3つ目は、「グラフィックデザイナー」です。

グラフィックデザイナーとは、雑誌の広告やポスターのデザインをする仕事です。

構図やレイアウト、色彩などの基本的なデザインスキルに加えて、illustratorやPhotoshopなどの制作ソフトが使えると就職に有利になります。

就職先は広告代理店や広告制作会社が多いです。

作業自体は黙々と進めることが多いので、1人が好きな人にもおすすめの職業です。

「就活の教科書」編集部

 

仕事④:CGデザイナー(平均年収:480万円)

Web系デザイン関係の仕事/職業4つ目は、「CGデザイナー」です。

CGデザイナーは2次元や3次元のグラフィックスを制作する仕事です。

仕事内容は多岐に渡り、デザイン作品だけではなく、産業用の図面や画像、アニメーションなど様々なので市場価値の高い職業です。

主な就職先は制作会社で、就職するためには、スクールか独学でCG作成スキルを身につけなければいけません。

CGデザイナーは作業量が多く、チームでプロジェクトに取り組むことが多いので人と関わることが苦手ではない人にはおすすめです。

「就活の教科書」編集部

 

仕事⑤:UI/UXデザイナー(平均年収:593万円)

Web系デザイン関係の仕事/職業5つ目は、「UI/UXデザイナー」です。

UI/UXデザイナーとは、人が機械やアプリ、サービスを操作するときに使いやすいように設計をする仕事です。

デザインやプログラミングの知識に加えて、ユーザーの視点に立って考える能力が求められます。

主な業務内容は、お客様の意見をもとに設計を組みなおしたり、ブランド戦略を考えたりなど多岐に渡ります。

ユーザー視点でサービスの設計ができるUI/UXデザイナーは重宝されるので年収もかなり高くなる傾向にあります。

独学でもスキル習得は可能ですが、スクールに通うと効率的にスキルが身に付きます!

ちなみに「自分に合う仕事をして、もっと活き活きと働きたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑥:キャラクターデザイナー(平均年収:421万円)

Web系デザイン関係の仕事/職業6つ目は、「キャラクターデザイナー」です。

キャラクターデザイナーとは、アニメや映画に出てくる登場人物の外見やイメージをデザインする仕事です。

キャラクターデザインにはクライアント先や開発元の要件にあったデザインをする必要があるので、独創性と創作力が求められます。

主な就職先は、制作会社やゲーム会社で企業によっては年収が1000万円を超えるケースもあります。

必須の資格はありませんが、高いスキルを求められる仕事なので、デザインの専門学校などに通っていた就活生にはおすすめです。

「就活の教科書」編集部

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【布・ファッション系】デザイン関係の仕事/職業一覧

就活生ちゃん

私はファッションが好きなので、ファッション系のデザイン職について、どんな仕事があるのか教えてください!

わかりました。

布・ファッション系のデザイン関係の仕事/職業は以下の4つです!

「就活の教科書」編集部

【布・ファッション系】デザイン関係の仕事/職業一覧
  • 仕事①:ファッションデザイナー
  • 仕事②:テキスタイルデザイナー
  • 仕事③:ジュエリーデザイナー
  • 仕事④:衣装デザイナー

それでは詳しく解説していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部

 

仕事①:ファッションデザイナー(平均年収:404万円)

布・ファッション系デザイン関係の仕事/職業1つ目は、「ファッションデザイナー」です。

ファッションデザイナーとは、アパレル製品のデザインを考える仕事です。

必須の資格はありませんが、カラーコーディネーターやファッション色彩能力検定の資格を保有していると就職に有利になります。

就職先は服を販売しているブランドなどが一般的ですが、経験を積んだ後に自分のブランドを立ち上げることもできるので、服好きな就活生にはおすすめです。

自分の考えたデザインが世の中に広まっていくのはやりがいに繋がりますね!

「就活の教科書」編集部

 

仕事②:テキスタイルデザイナー(平均年収:455万円)

布・ファッション系デザイン関係の仕事/職業2つ目は、「テキスタイルデザイナー」です。

テキスタイルデザイナーはアパレル製品やインテリア用品の生地をデザインする仕事です。

ファッションデザイナーやインテリアコーディネーターと打ち合わせを重ね、機能性やデザイン性を考えながら、生地の染め方や加工方法を選定することが主な仕事内容です。

デザインだけではなく、工芸や染色などの専門知識が求められるので目指される方は「色彩検定」や「衣料管理士」の資格を取得することをおすすめします。

資格に加えてillustratorやPhotoshopなどのソフトが使えると就職に強くなるので参考にしてみてください!

ちなみに「自分に合う仕事をして、もっと活き活きと働きたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:ジュエリーデザイナー(平均年収:399万円)

布・ファッション系デザイン関係の仕事/職業3つ目は、「ジュエリーデザイナー」です。

ジュエリーデザイナーとは金・銀・プラチナなどの貴金属から、ダイヤモンド・サファイヤ・ルビーなどの宝石を使った指輪やブレスレットなどをデザインする仕事です。

ジュエリーメーカーやジュエリーショップに勤務し、お客様の要望に合わせて、商品の企画やコンセプト設計を行うので対人スキルや専門的な知識が問われます。

十分な経験を積むと独立し、フリーランスとして活動することもできるので人気の職業です。

必須の資格は無いですが、経験とスキルが問われるのが特徴です。

お客様の高価な買い物で一生に残る経験を提供できることがやりがいに繋がることが多いようです。

「就活の教科書」編集部

 

仕事④:衣装デザイナー(平均年収:404万円)

布・ファッション系デザイン関係の仕事/職業4つ目は、「衣装デザイナー」です。

衣装デザイナーとはタレントやイベント、舞台などで、シーンに合った衣装を考え提供する仕事です。

衣装デザイナーになるには、服飾・美術系の学校を卒業後、デザイン会社に就職するのが一般的な方法です。

自身が制作した衣装が舞台などで脚光を浴びている瞬間がやりがいに繋がることが多いです。

「就活の教科書」編集部

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【建築・空間系】デザイン関係の仕事/職業一覧

就活生くん

建築系にもデザイン関係の職業がたくさんあると聞いたことがあるのですが、具体的にどんな職業があるのか教えてください!

わかりました。

以下の8つが建築・空間系デザイン関係の仕事/職業です。

「就活の教科書」編集部

【建築・空間系】デザイン関係の仕事/職業一覧
  • 仕事①:インテリアデザイナー
  • 仕事②:照明デザイナー
  • 仕事③:建築デザイナー
  • 仕事④:ディスプレイデザイナー
  • 仕事⑤:ガーデンデザイナー
  • 仕事⑥:フラワーコーディネーター
  • 仕事⑦:雑貨デザイナー
  • 仕事⑧:インダストリアルデザイナー

それではそれぞれ詳しく解説していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部

 

仕事①:インテリアデザイナー(平均年収:378万円)

建築・空間系デザイン関係の仕事/職業1つ目は、「インテリアデザイナー」です。

インテリアデザイナーとは、住空間の室内やデザイン、建物全体の構成などを手掛ける仕事です。

必須の資格はありませんがインテリアデザイナーの資格を持っていると就職に有利になります。

年収は比較的高くはありませんが、独立しやすい職業なので経験を積んだ後はフリーで働ける可能性も大いにあります。

学生時に、芸術学・工学・建築学・デザイン・住居学を学んだ人におすすめです。

独立するとかなり稼げる職業なので稼ぎたい学生におすすめです。

「就活の教科書」編集部

 

仕事②:照明デザイナー(平均年収:256万円)

建築・空間系デザイン関係の仕事/職業2つ目は、「照明デザイナー」です。

照明デザイナーは部屋や舞台などを演出をする際に、適切な照明器具を選び空間をデザインする仕事です。

商業施設などに行き、どの照明を使えばさらに映えるのかを提案するため、想像力が必要とされます。

必須の資格はないですが、照明や空間デザインの専門知識が求められるので、学校などでデザインを学んだ就活生におすすめです。

自分が装飾した施設や部屋をお客さんが喜んでくれた時がやりがいになりますね。

ちなみに「自分に合う仕事をして、もっと活き活きと働きたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:建築デザイナー(平均年収:473万円)

建築・空間系デザイン関係の仕事/職業3つ目は、「建築デザイナー」です。

建物の設計デザインや空間のデザインをCGや3Gを使ってデザインする仕事です。

必須の資格はありませんが、未経験からだと就職先のハウスメーカーなどで下積み経験を何年か積む必要があるので、未経験の方にはおすすめしません。

ただ、年収も高いので学生時に建築やデザインについて学んだ就活生にはおすすめの仕事です。

建築デザイナーの主な就職先はハウスメーカーや工務店です!

「就活の教科書」編集部

 

仕事④:ディスプレイデザイナー(平均年収:402万円)

建築・空間系デザイン関係の仕事/職業4つ目は、「ディスプレイデザイナー」です。

ディスプレイデザイナーとはモノの配置や陳列を考え、空間の関係をデザインする仕事です。

主に展示会や商業施設に出向き、配置や陳列をアイデアと知識を用いてデザインします。

必須の資格はありませんが、商品装飾展示技能士の資格を取れば、就職にかなり有利になります。

主な就業先は広告代理店やディスプレイ専門会社です。

今後も需要のある仕事なので、安定を求める就活生におすすめです。

「就活の教科書」編集部

 

仕事⑤:ガーデンデザイナー(平均年収:355万円)

建築・空間系デザイン関係の仕事/職業5つ目は、「ガーデンデザイナー」です。

ガーデンデザイナーとは、庭のデザインや設計を行う仕事です。

主に客先に出向き、特性や環境状態を踏まえ、庭全体の設計を担当します。

設計の際には、デザインの知識だけではなく自然に対する知識も必要になるので、自然が好きな就活生におすすめです。

必須資格はありませんが、ガーデンデザイナー認定試験を取得しておくと就活では有利になります。

「就活の教科書」編集部

 

仕事⑥:フラワーコーディネーター(平均年収:367万円)

建築・空間系デザイン関係の仕事/職業6つ目は、「フラワーコーディネーター」です。

フラワーコーディネーターはホテル内のフラワーアレンジや、特別なシーンで花のデザインを行う仕事です。

仕事以外にもコンテストなどが開催され手に職を付けたい人には向いている仕事です。

お客さんの晴れ舞台で装飾をしたりなど、特別なシーンに出くわすことが多く、毎日ワクワクして働くことができるのでおすすめです。

必須資格はありませんが、フラワー技能検定士の資格を持っていると就活で有利になります。

「就活の教科書」編集部

 

仕事⑦:雑貨デザイナー(平均年収:375万円)

建築・空間系デザイン関係の仕事/職業7つ目は、「雑貨デザイナー」です。

雑貨デザイナーとは日用品などの雑貨を素材や形状までトータルでデザインする仕事です。

主な業務内容は、メーカーなどで商品の開発などを担当します。

日常生活を支える職業なので、誰かを支える仕事に就きたいと考えている人におすすめの仕事です。

自分がデザインした商品を街中で見かけた時にやりがいを感じますね!

ちなみに「自分に合う仕事をして、もっと活き活きと働きたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑧:インダストリアルデザイナー(平均年収:700万円)

建築・空間系デザイン関係の仕事/職業8つ目は、「インダストリアルデザイナー」です。

インダストリアルデザイナーとは家電や車などの工業製品のデザインを行う仕事です。

デザイン系の学校を卒業後、メーカーやデザイン事務所に就職するのが一般的なルートです。

工業製品が存在する限りインダストリアルデザイナーは必要なので、将来的にも安定した需要が見込まれる職業です。

大企業だと年収1000万円を超えることも珍しくありません。

稼ぎたい学生におすすめです!

「就活の教科書」編集部

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【未経験でも可能!】デザイン関係の仕事/職業一覧

就活生ちゃん

私はデザイン系について未経験なので、未経験でも働けるデザイン職について教えてください。

わかりました。

以下の2つが未経験でも可能なデザイン関係の仕事/職業です。

「就活の教科書」編集部

【未経験でも可能!】デザイン関係の仕事/職業一覧
  • 仕事①:Webデザイナー
  • 仕事②:イラストレーター

それではそれぞれ詳しく解説していきます!

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部

 

仕事①:Webデザイナー(平均年収:453万円)

未経験でも可能なデザイン関係の仕事/職業1つ目は、「Webデザイナー」です。

Webデザイナーはスキルがあれば就ける職業です。

ですので、他のデザイン関係の仕事に比べると経験や資格は問われないことが多いです。

では、このスキルを付けるためには、独学で勉強をするかスクールでスキルを身に着ける必要があります。

以下で独学とスクールの違いをまとめてみました。

独学 スクール
費用 10万円 30万円
所要時間 1年 3か月

お互いメリット・デメリットがあるので費用対効果や自分がいつまでにスキルを身に付けたいかで選ぶことをおすすめします。

独学でもデザインソフトの購入費用やサーバーのレンタル代など10万ほど費用がかかるので私ならスクールに通いますね!

「就活の教科書」編集部

 

仕事②:イラストレーター(平均年収:445万円)

未経験でも可能なデザイン関係の仕事/職業2つ目は、「イラストレーター」です。

イラストレーターとは雑誌やWebサイトなどで使われるイラストを描く仕事です。

資格の有無に関係なく、オリジナリティーのあるイラストを描ければ未経験でも就職先はあります。

まずは、イラストレーターの未経験可能な求人を探してみると就職のイメージが湧きやすいのでおすすめです。

今後も需要が拡大していく職業なので、早めに就職先で経験を積めば今後のキャリアの選択肢も広がります!

「就活の教科書」編集部

 

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

デザイン関係の仕事に簡単に就職する方法

デザイン関係の仕事に簡単に就職する方法は、「転職エージェントを利用する」です。

転職エージェントはこれまで何百人以上の就職をサポートしており、デザイン関係の仕事についても熟知しています。

そのため、転職エージェントを使うことで、デザイン関係の仕事を簡単に知り選考対策のサポートを受けることで効率的に就職できます。

数ある転職エージェントの中でもおすすめのものを紹介するので、登録してサポートをもらいましょう!
おすすめの転職エージェント

「リクルートエージェント」21万件以上の非公開求人を持っており、転職成功実績No.1のためとてもおすすめです!

あなたに寄り添って企業の紹介から年収・条件の交渉までプロがサポートしてくれますよ。

また、ITエンジニア転職希望の人は、ITエンジニア専門転職エージェントの「レバテックキャリア」を利用してみると良いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

「リクルートエージェント」ではあなたの希望に沿った企業の紹介から採用まで、プロがフルサポートしてくれます。

また、自分から言い出しにくい年収、条件、入社日などについても、アドバイザーが交渉してくれます。

評判もとても良い転職エージェントなので、まずは転職の相談をしてみましょう!

>> 転職相談してみる
(リクルートエージェント)

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

デザイン関係の仕事年収ランキング

就活生くん

デザイン関係の仕事の中で収入が高い仕事に就きたいです!

収入が高い職種について教えてください!

わかりました。

それでは、デザイン関係の仕事年収ランキングを紹介します!

「就活の教科書」編集部

順位 職業名 平均年収
1 インダストリアルデザイナー 700万円
2 UI/UXデザイナー 593万円
3 ゲームデザイナー 496万円
4 CGデザイナー 480万円
5 建築デザイナー 473万円
6 テキスタイルデザイナー 455万円
7 Webデザイナー 453万円
8 イラストレーター 445万円
9 キャラクターデザイナー 421万円
10 ファッションデザイナー 404万円
11 衣装デザイナー 404万円
12 ディスプレイデザイナー 402万円
13 ジュエリーデザイナー 399万円
14 インテリアデザイナー 378万円
15 雑貨デザイナー 375万円
16 フラワーコーディネーター 367万円
17 ガーデンデザイナー 355万円
18 照明デザイナー 256万円

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【デザイナーの仕事がしたい!】デザイン関係の仕事に就くためのおすすめの資格

就活生くん

デザイン関係の仕事を目指すうえで就職に有利になる資格があれば教えてください!

わかりました。

以下の5つがデザイン関係の仕事に就くためのおすすめの資格です。

「就活の教科書」編集部

デザイン関係の仕事に就くためのおすすめの資格一覧
  • 資格①:ウェブデザイン技能検定
  • 資格②:色彩検定
  • 資格③:DTPエキスパート
  • 資格④:Illustratorクリエイター能力検定
  • 資格⑤:Photoshopクリエイター能力試験

それではそれぞれ詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

資格①:ウェブデザイン技能検定

デザイン関係の仕事に就くためのおすすめの資格1つ目は、「ウェブデザイン技能検定」です。

webデザイン技能検定とは、web業界で唯一の国家資格であり、業界内でも注目されている検定試験です。

試験区分は1級から3級までが存在しており、2級や1級の難易度は高くなりますが、webデザインに関する一定の知識を身につけているという証明になります。

取得期間の目安として3級の平均勉強時間は約30時間です。

エンジニアとして活躍したい人やWebデザイナーになりたい人におすすめです。

受験料も5000円~7000円と手軽に受験できるのでおすすめの資格です。

「就活の教科書」編集部

 

資格②:色彩検定

デザイン関係の仕事に就くためのおすすめの資格2つ目は、「色彩検定」です。

色彩検定とは色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験です。

デザイン系の仕事に就きたい人にとっては、職業に関係なく必要になることが多い資格なので取っておいて損はないでしょう。

級によって必要な勉強時間は変わりますが、色彩検定3級の場合は、30時間程度で合格が可能です。

比較的合格率も高い資格なので、デザイン系の仕事を目指す全就活生におすすめです。

「就活の教科書」編集部

 

資格③:DTPエキスパート

デザイン関係の仕事に就くためのおすすめの資格3つ目は、「DTPエキスパート」です。

DTPエキスパートとはコンピュータを使って出版物などをデザイン・編集・製版・印刷・加工する技術や知識を認定する民間資格です。

勉強時間は、平均3か月ほどとなっており、少し難易度の高い資格と言えるでしょう。

出版・印刷業界のデザインに関わりたい就活生にはおすすめです。

資格取得後は実務的な能力も身に付くので、今すぐに自分のスキルが欲しい就活生にもおすすめですね。

「就活の教科書」編集部

 

資格④:Illustratorクリエイター能力検定

デザイン関係の仕事に就くためのおすすめの資格4つ目は、「Illustratorクリエイター能力検定」です。

世界基準のグラフィックツールであるIllustratorの活用能力を測定・評価する資格検定試験です。

illustratorはどのデザイン職でも使われることが多く、デザイン職を目指すなら必須のスキルと言えます。

主な勉強時間は60時間ほどとなっております。

illustratorは使用頻度も高く、汎用性のある資格なのでデザイン職を目指されるなら取得して損はないでしょう。

「就活の教科書」編集部

 

資格⑤:Photoshopクリエイター能力試験

デザイン関係の仕事に就くためのおすすめの資格5つ目は、「Photoshopクリエイター能力試験」です。

世界基準のグラフィックツールであるPhotoshopの活用能力を測定・評価する資格検定試験です。

Photoshopもillustrator同様どのデザイン職でも使われることが多く、デザイン職を目指すなら必須のスキルと言えます。

主な勉強時間は55時間ほどとなっております。

こちらの資格もデザイン職を目指されるならおすすめの資格です。

「就活の教科書」編集部

 

その他の資格一覧

その他にも以下の資格は有利になることが多いので併せてご覧ください。

その他の資格一覧
  • アドビ認定エキスパート
  • WEBクリエイター能力認定試験
  • HTML5プロフェッショナル認定資格
  • PHP技術者認定試験
  • CGクリエイター検定
  • インテリアコーディネーター
  • カラーコーディネーター検定試験
  • パーソナルカラリスト検定
  • プロダクトデザイン検定
  • フラワーデザイン資格検定試験
  • 画像処理エンジニア検定

就きたい職業によって、有利になる資格が違うので事前に詳しく調べることをおすすめします!

「就活の教科書」編集部

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

デザイン関係の仕事に向いている人の特徴/性格

就活生くん

デザイン関係の仕事の種類や資格については理解できました。

次にどんな人がデザイン関係の仕事に向いているのか教えてください!

わかりました。

以下の3つが、デザイン関係の仕事に向いている人の特徴です。

「就活の教科書」編集部

デザイン関係の仕事に向いている人の特徴/性格一覧
  • 特徴①:論理的思考力がある人
  • 特徴②:柔軟な発想力を持っている人
  • 特徴③:最新のトレンドに敏感な人

それではそれぞれ詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

特徴①:論理的思考力がある人

デザイン関係の仕事に向いている人の特徴/性格1つ目は、「論理的思考力がある人」です。

デザイン関係の仕事は、お客さんの要望や提案を整理し、商品や作業に落とし込む必要があります。

ですので、ただデザインの能力があるだけでは、最大の価値を提供できません。

お客さんの潜在的な要望や未来への期待を具現化するためには論理的思考力が必要になります。

論理的思考力は仕事をするうえで基礎になる部分ですね。

「就活の教科書」編集部

 

特徴②:柔軟な発想力を持っている人

デザイン関係の仕事に向いている人の特徴/性格2つ目は、「柔軟な発想力を持っている人」です。

デザイン関係の仕事では常に他とは違うデザインが求められます。

その人にしかできないデザインを行うには柔軟な発想力が必要になります。

今までにないアイデアを生み出すことが得意な人には向いていると言えますね。

柔軟な発想はある程度知識でカバーできるので、柔軟な発想が苦手な人は、人一倍知識を蓄えることがおすすめです。

「就活の教科書」編集部

 

特徴③:最新のトレンドに敏感な人

デザイン関係の仕事に向いている人の特徴/性格3つ目は、「最新のトレンドに敏感な人」です。

デザインの流行は常に移り変わります。

そのため、数年前の最先端が昔の流行になっていることなんて多くあります。

なので、常に最新のトレンドにアンテナを張っている人や、最新の流行が好きな人が活躍しやすい業界となっています。

流行の情報をキャッチすることが得意な人には向いている業界と言えます。

流行に疎い人は雑誌やWebメディアから情報を収集すると、最新の情報が掲載されているので意識して見てみることをおすすめします。

「就活の教科書」編集部

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

デザイン関係の仕事に関するよくある質問

就活生ちゃん

デザイン関係の仕事に関するよくある疑問ってどんな疑問が多いのですか?

デザイン関係の仕事に関しての質問は以下の3つが多いです。

「就活の教科書」編集部

デザイン関係の仕事に関するよくある質問一覧
  • 質問①:デザイン関係の仕事に就くには専門学校・美大・大学のデザイン学部ならどれが良い?
  • 質問②:デザイン関係の仕事に資格は必須なの?
  • 質問③:デザイナーの仕事がつらいって本当?

それではそれぞれ詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

質問①:デザイン関係の仕事に就くには専門学校・美大・大学のデザイン学部ならどれが良い?

デザイン関係の仕事に関するよくある質問1つ目は、「デザイン関係の仕事に就くには専門学校・美大・大学のデザイン学部ならどれが良い?」です。

結論、いち早く活躍したいのであれば専門学校がおすすめです。

就きたい職種が決まっているのであれば、効率よくその職種に就いて活躍することが重要です。

専門学校には実践的な経験と知識が短期間で習得できます。

若いうちから経験を積み、資格も取得できるという点で専門学校をおすすめします。

まだ具体的にどの職業に就きたいか決まっていない人には、幅広く学ぶことができる4年生大学をおすすめします。

「就活の教科書」編集部

 

質問②:デザイン関係の仕事に資格は必須なの?

デザイン関係の仕事に関するよくある質問2つ目は、「デザイン関係の仕事に資格は必須なの?」です。

結論、職種にもよりますが必須ではありません。

ただ、長く働くうえで、後々資格が必須になる場合が多いです。

自分の目指している職種に生かせる資格は取っておくことをおすすめします。

特に色彩検定などの汎用性の高い資格は取得をおすすめします。

「就活の教科書」編集部

 

質問③:デザイナーの仕事がつらいって本当?

デザイン関係の仕事に関するよくある質問3つ目は、「デザイナーの仕事がつらいって本当?」です。

結論、本当です。

以下に実際の口コミを紹介します。

やはり研修がきつかったり給与面で不満がある人が多いです。

ただ研修や新人時代を終えると、待遇が良くなってくるので生き生きと働けるという意見も多くありました。

まずは、デザイン職が自分の本当にやりたいことなのか、考えてみることも大切ですね。

実際に自分のやりたい仕事がこれであっているか不安になる時があると思います。

そんな時は下記の自己分析のやり方を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部

 

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:未経験からデザイン関係の仕事をするなら、Webデザイナーがおすすめ!

本記事「【未経験はいける?】デザイン関係の仕事一覧 | おすすめの資格,向いてる性格も」はいかがだったでしょうか?

就活生の皆さんの疑問を少しでも解消できたならば幸いです!

「就活の教科書」編集部

この記事では、「デザイン関係の仕事一覧」を紹介しました。

合わせて、「デザイン関係におすすめの資格」や、「未経験におすすめのデザイン関係の仕事」も紹介しました。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆そもそもデザイン関係の仕事とは?

  • デザイナーの仕事とは、依頼者の要望に応じたデザインを考案する仕事
  • デザイナーの種類

◆【Web系】デザイン関係の仕事/職業一覧

  • 仕事①:Webデザイナー(平均年収:453万円)
  • 仕事②:ゲームデザイナー(平均年収:496万円)
  • 仕事③:グラフィックデザイナー(平均年収:423万円)
  • 仕事④:CGデザイナー(平均年収:480万円)
  • 仕事⑤:UI/UXデザイナー(平均年収:593万円)
  • 仕事⑥:キャラクターデザイナー(平均年収:421万円)

◆【布・ファッション系】デザイン関係の仕事/職業一覧

  • 仕事①:ファッションデザイナー(平均年収:404万円)
  • 仕事②:テキスタイルデザイナー(平均年収:455万円)
  • 仕事③:ジュエリーデザイナー(平均年収:399万円)
  • 仕事④:衣装デザイナー(平均年収:404万円)

◆【建築・空間系】デザイン関係の仕事/職業一覧

  • 仕事①:インテリアデザイナー(平均年収:378万円)
  • 仕事②:照明デザイナー(平均年収:256万円)
  • 仕事③:建築デザイナー(平均年収:473万円)
  • 仕事④:ディスプレイデザイナー(平均年収:402万円)
  • 仕事⑤:ガーデンデザイナー(平均年収:355万円)
  • 仕事⑥:フラワーコーディネーター(平均年収:367万円)
  • 仕事⑦:雑貨デザイナー(平均年収:375万円)
  • 仕事⑧:インダストリアルデザイナー(平均年収:700万円)

◆【未経験でも可能!】デザイン関係の仕事/職業一覧

  • 仕事①:Webデザイナー(平均年収:453万円)
  • 仕事②:イラストレーター(平均年収:445万円)

◆【デザイナーの仕事がしたい!】デザイン関係の仕事に就くためのおすすめの資格

  • 資格①:ウェブデザイン技能検定
  • 資格②:色彩検定
  • 資格③:DTPエキスパート
  • 資格④:Illustratorクリエイター能力検定
  • 資格⑤:Photoshopクリエイター能力試験
  • その他の資格一覧

◆デザイン関係の仕事に向いている人の特徴/性格

  • 特徴①:論理的思考力がある人
  • 特徴②:柔軟な発想力を持っている人
  • 特徴③:最新のトレンドに敏感な人

◆デザイン関係の仕事に関するよくある質問

  • 質問①:デザイン関係の仕事に就くには専門学校・美大・大学のデザイン学部ならどれが良い?
  • 質問②:デザイン関係の仕事に資格は必須なの?
  • 質問③:デザイナーの仕事がつらいって本当?

◆まとめ:未経験からデザイン関係の仕事をするなら、Webデザイナーがおすすめ!