【内定者が教える】企業分析の簡単なやり方7選 | 目的,フレームワークも紹介

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • 企業分析の目的は「本当に働きたい企業を探すこと
  • 企業分析の簡単なやり方7選
  • 企業分析で使えるフレームワーク3選
  • 企業分析は志望動機の深掘りにも使える
  • 企業分析の前に自己分析をしておこう!
  • 「自分に合った優良企業を見つけたい」という就活生は、キャリアチケットスカウトを使うのがおすすめ

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の平井です。

この記事では、「企業分析」について徹底解説しています。

就活生に皆さんの中には、「企業分析ってどうやるの?」と困っている人も数多くいると思います。

「就活の教科書」編集部 平井

就活生くん

僕もそろそろ企業分析を始めようと考えています。

でも、企業分析のやり方が分かりません。

就活生ちゃん

私も企業分析のやり方について知りたいです。

企業分析につかえるツールやフレームワークを教えてください!

確かに、企業分析のやり方は気になりますよね。

また、企業分析のためのフレームワークを知りたい人も多いと思います!

「就活の教科書」編集部 平井

なので、この記事では「企業分析」について徹底解説していきます。

併せて、「企業分析の簡単なやり方7選」や、「企業分析に使えるフレームワーク3選」も紹介していきます。

「企業分析のやり方が分からない就活生」「企業分析に使えるフレームワークを知りたい就活生」は、この記事を最後まで読んで自分の就職活動に活かしてください。

この記事を最後まで読めば、企業分析について理解が深まります。

 

企業選びには、企業から直接オファーが届く「スカウトサイト」を活用するのがおすすめです。

例えばキャリアチケットスカウトは、たった5つの質問に答えるだけで、自分のキャリアに対する考え方が分かります。

あなたの人柄や経験を見た企業から面談やインターンのオファーが直接届くので、自分に合った企業が選べますよ。

就活アドバイザー 京香

>>キャリアチケットスカウトを見てみる

目次

【理解しよう】そもそも企業分析って?

就活生くん

そもそも企業分析ってなんですか?

企業分析と言われてもよく分からないですよね。

まずは、「そもそも企業分析とは何か」について解説していきます!

「就活の教科書」編集部 平井

そもそも企業分析とは
  • 企業分析とは、企業の特徴を明らかにすること
  • 企業分析の目的は、本当に働きたい企業を探すこと
  • 企業分析と業界分析の違いは、調べる範囲と目的

企業分析とは、企業の特徴を明らかにすること

企業分析とは、企業についての情報を調べ上げ、企業の特徴を明らかにすることです。

企業分析は、企業の情報をひたすらに集めることではありません。

集めた情報を整理して、その企業の特徴を明らかにすることが必要です。

具体的には、「その企業の強みは何で、どこに課題があるのか」「自分がやりたい仕事・送りたい生活ができるのか」という観点で企業分析を行いましょう。

企業分析の目的は、本当に働きたい企業を探すこと

企業分析の目的は、本当に働きたい企業を探すこと」です。

皆さんは知名度やなんとなくで企業を選んでいませんか?

このような理由で企業を選んでしまうと、入社後に「思ってたのと違う・・・」というミスマッチが起きてしまう可能性があります。

このように入社後に後悔をしないために、しっかりと企業分析をしましょう。

また、その他の目的として、志望動機に説得力を持たせるキャリアプランを具体的にする、などもあります。

企業分析と業界研究の違いは、調べる範囲と目的

企業分析と業界分研究では、調べる範囲と目的が異なります。

企業分析は「特定の企業について」、「本当に自分が働きたい企業なのか知るため」に行います。

一方、業界分析は「世の中の産業について」、「どのような産業があり、どんな仕事をしているのか知るため」に行うものです。

取り組む順番としては「業界研究⇒企業研究」の流れがオススメです。

業界分析を通して企業の置かれる環境や産業の将来性を知ることで、企業分析がスムーズになります。

 


【今すぐできる】企業分析の簡単なやり方7選

就活生くん

企業分析とは何かについては分かりました。

では企業分析のやり方を教えてください!

分かりました!

では、企業分析の簡単なやり方を7つ紹介します!

「就活の教科書」編集部 平井

企業分析の簡単なやり方7選
  • やり方①:企業のHPを確認する
  • やり方②:リクナビ・マイナビなどのナビサイトの情報を見る
  • やり方③:会社説明会やインターンシップに参加する
  • やり方④:OB・OG訪問を行う
  • やり方⑤:企業の詳細な情報を載せた書籍を見る
  • やり方⑥:公益財団法人日本生産性本部の企業分析レポートを見る
  • やり方⑦:Twitterなどのツールを使う

やり方①:企業のHPを確認する

企業分析の簡単なやり方1つ目は、「企業のHPを確認する」です。

企業の公式HPには、企業がアピールしたいポイント、企業が求めている人材が最もわかりやすく書かれています。

まずは企業の公式HPを確認しましょう。

やり方②:リクナビ・マイナビなどのナビサイトの情報を見る

企業分析の簡単なやり方2つ目は、「リクナビ・マイナビなどのサイト情報を見る」です。

リクナビ・マイナビといった就活情報サイトでは、企業情報や採用情報などの項目が統一されて掲載されています。

そのため、他の企業との比較検討がしやすく、企業分析にとても役立ちます。

また、気になる企業があればサイト上でエントリーができたり、お気に入り企業としてまとめることができる点も便利です。

以下の記事ではリクナビ・マイナビやその他の就活サービスについてまとめています。

気になる方はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 平井

やり方③:会社説明会やインターンシップに参加する

企業分析の簡単なやり方3つ目は、「会社説明会やインターンシップに参加する」です。

会社説明会やインターンシップに参加すれば、その企業の社員に会うことができます。

事業内容や将来の展望に加えて、実際に働く人の生の声が聞ける良いチャンスです。

一度に複数の企業の話を聞ける合同説明会と、一つの企業について詳しく聞ける個別説明会・インターンシップをうまく使い分けましょう。

特にインターンシップは、選考に有利に働く可能性があります。

興味のある企業のインターンシップには必ず行きましょう。

説明会やインターンシップについてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事も読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 平井

やり方④:OB・OG訪問を行う

企業分析の簡単なやり方4つ目は、「OB・OG訪問を行う」です。

OB・OG訪問を行うことで社員の生の声を聞くことができます

特に残業時間や福利厚生など、会社説明会やインターンシップではなかなか聞けないような質問も気軽にできます。

貴重な機会なのでぜひ有効活用しましょう。

「OBOG訪問のやり方が分からない・・・」という人は以下の記事も併せて読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 平井

やり方⑤:企業の詳細な情報を載せた書籍を見る

企業分析の簡単なやり方5つ目は、「企業の詳細な情報を載せた書籍を見る」です。

世の中には、企業分析や業界分析に役立つ書籍が数多く出版されています。

代表的なものは『業界地図』、『就職四季報』、『図解入門業界研究』などです。

書籍は様々な企業の情報を同じフォーマットで整理しているため、複数の企業を比較するのにおすすめです。

また、平均年収や有休消化率、平均残業時間などのデータを見ることができます。

『業界地図』や『就職四季報』は毎年更新されるので、なるべく最新版を持っておきましょう。

就職活に関する書籍ってたくさんありすぎてどれが良いか分からないですよね。

「企業分析に使える書籍が知りたい!」という人は以下に記事を参考にしてください!

個人的に『業界地図』と『就職四季報』は必携です!

「就活の教科書」編集部 平井

やり方⑥:公益財団法人日本生産性本部の企業分析レポートを見る

企業分析の簡単なやり方6つ目は、「公益財団法人日本生産性本部の企業分析レポートを見る」です。

日本生産本部とは、日本の生産性向上を目的として設立された公益財団法人です。

企業分析レポート」は、日本生産本部が企業について簡単にまとめたレポートです。

企業分析レポートでは、優良企業や特色のある企業をとりあげ、競争力および生産性に関連する取り組みや経営戦略、経営指標上の特色などを掲載しています。

会社概要から事業の強み、今後の展望まで詳しく調べられているので、企業分析の強い味方になります。

執筆時点での掲載企業は以下の通りです。

「企業分析レポート」掲載企業

ワークマン、三菱地所、イズミ、ヤオコー、サッポロドラッグストアー、京王電鉄、東京急行電鉄、クリエイトSD、リンガーハット、コスモス薬品、サイゼリヤ、トリドール(丸亀製麺)、幸楽苑、西松屋チェーン

やり方⑦:Twitterなどのツールを使う

企業分析の簡単なやり方7つ目は、「Twitterなどのツールを使う」です。

TwitterなどのSNSも企業分析に役立ちます。

例えば「企業分析ハック -新しいビジネスの教科書を作る-」というアカウントでは、様々な視点から企業を分析してわかりやすくまとめています。

また、TwitterやFacebookをOB・OG訪問のツールとして使うこともできます。

「他にも企業研究に使えるツールが知りたい!」という就活生は、以下の記事も併せて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 平井

 

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策がわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>>就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

 

【必須項目】企業分析で確認しておくべきポイント7選

就活生ちゃん

企業分析をする際は何を確認すればいいですか?

教えてください!

分かりました。

では、企業分析で確認しておくべきポイント7選を紹介します!

「就活の教科書」編集部 平井

【必須項目】企業分析で確認しておくべきポイント7選
  • ポイント①:企業情報
  • ポイント②:事業内容
  • ポイント③:採用情報
  • ポイント④:環境・制度
  • ポイント⑤:顧客・ターゲット
  • ポイント⑥:業界内での立ち位置
  • ポイント⑦:競合他社との違い

ポイント①~④は内部環境、ポイント⑥,⑦は外部環境に当たります。

ポイント⑤は内部・外部のどちらとも言えます。

「就活の教科書」編集部 平井

ポイント①:企業情報

企業分析で確認しておくべきポイント1つ目は、「企業情報」です。

企業情報とは、「代表取締役」「企業理念」「設立年度」「資本金」「本社・事業所の所在地」といった、企業の基本的な情報を指します。

これらは最低限押さえておきたい情報です。

また、代表取締役の著書やブログがあればチェックしてみましょう。

経営方針がはっきりわかったり、どのような社風なのか知ることができます。

ポイント②:事業内容

企業分析で確認しておくべきポイント2つ目は、「事業内容」です。

事業内容は、扱う商品やサービスなど企業のビジネスの中身です。

主力の事業内容が私たちのイメージと一致しない場合も数多くあるので注意です。

例えば、体温計や体重計で知られているオムロンですが、ヘルスケア事業の売り上げは全体の10%程度です。

オムロンの主力事業は工場などで使われる制御機器で、売り上げの40%以上を占めています。

このような事例もあるので、イメージだけでなく必ずデータを用いて事業内容を調べましょう。

ポイント③:採用情報

企業分析で確認しておくべきポイント3つ目は、「採用情報」です。

採用情報には、「予定採用人数」や「初任給」、「選考フロー」など採用情報全般が記載されています。

募集職種や募集条件、勤務条件、選考プロセス、提出書類などの情報をまとめておくと、実際に選考を受ける際に便利です。

また、給与や勤務地、勤務時間、休日などの情報は入社後の自分をイメージするうえでも重要な項目なのでチェックしておきましょう。

ポイント④:環境・制度

企業分析で確認しておくべきポイント4つ目は、「環境・制度」です。

「人事や教育制度」「福利厚生」「休暇・休業制度」などは、自分の理想のライフスタイルを実現するために重要な情報です。

フレックス制が採用されていたり、リフレッシュ休暇制度があったりと、企業の社員に対する考え方も環境・制度からわかります。

ポイント⑤:顧客・ターゲット

企業分析で確認しておくべきポイント5つ目は、顧客・ターゲット」です。

同じ業界の中でも、それぞれ企業には個性があり強み・弱みがあります。

その強み・弱みを見つけるために、商品・サービスの顧客は誰なのか、ターゲットは誰なのかを調べましょう。

例えば、企業を顧客とする「Business to Business(BtoB)」なのか、一般消費者が相手の「Business to Customer(BtoC)」なのか?です。

そして、BtoC企業なのであればターゲットの年齢・性別・属性は何かなどを明らかにしましょう。

顧客・ターゲットを知ることが、その企業の強み・弱みを知る一歩になります。

ポイント⑥:業界内での立ち位置

企業分析で確認しておくべきポイント6つ目は、「業界内での立ち位置」です。

その企業が業界内でどのような立ち位置なのかを把握することで、企業の今後の展望や課題が見えてきます。

また、この作業を通して、競合他社の情報の整理もできるため、いっそう業界分析が進みます

ポイント⑦:競合他社との違い

企業分析で確認しておくべきポイント7つ目は、「競合他社との違い」です。

ポイント⑤,⑥とも被ってきますが、競合他社との違いを明確にすることはとても重要です。

競合他社との違いが明確になっていることで、自分にとって本当にこの企業が良いのか分かります。

面接でも「他社ではなくなぜ我が社なのか」はよく聞かれるので、競合他社との違いを明らかにしておきましょう。

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

企業分析に使えるフレームワーク3選

就活生ちゃん

企業分析をするときの便利な方法はないんですか?

ありますよ!

では、企業分析に使えるフレームワーク(考え方・枠組み)3選を紹介しますね!

「就活の教科書」編集部 平井

企業分析に使えるフレームワーク3選
  • 3C分析
  • SWOT分析
  • 財務分析

フレームワーク①:3C分析

企業分析に使えるフレームワーク1つ目は、「3C分析」です。

3C(サンシー)分析とは、次の3つの視点からマーケティング環境を分析するフレームワークです。

3C分析の3つのC
  • Customer(市場・顧客)
  • Competitor(競合)
  • Company(自社)

3C分析は、マーケティング環境の情報を客観的に集めることを目的とした分析方法です。

それぞれの「C」を分析することで、マーケティング環境を漏れなく把握することが可能です。

フレームワーク②:SWOT分析

企業分析に使えるフレームワーク2つ目は、「SWOT分析」です。

SWOT分析とは、次の4つの観点から企業の事業状況を分析するフレームワークです。

SWOT分析の4つの観点
  • S:強み(Strengths)
  • W:弱み(Weaknesses)
  • O:機会(Opportunities)
  • T:脅威(Threats)

そして、4つの項目を以下のように整理します。

プラス面 マイナス面
内部要因 強み

(Strengths)

弱み

(Weaknesses)

外部要因 機会

(Opportunities)

脅威

(Threats)

このように整理することで、企業の事業状況を視覚的にわかりやすく整理できるほか、それぞれの要因を掛け合わせて分析することができます。

フレームワーク③:財務分析

企業分析に使えるフレームワーク3つ目は、「財務分析」です。

財務分析とは、財務諸表のデータを用いて、経営の健全性や成長性などを分析することです。

財務諸表には、次の3つがあります。

財務諸表の種類
  • 損益計算書 PL(Profit and Loss Statement)
  • 貸借対照表 BS(Balance Sheet)
  • キャッシュフロー計算書 CS(Cash Flow Statement)

損益計算書からは企業の利益率が、貸借対照表からは会社の安定性が、キャッシュフロー計算書からは企業のお金の流れが分かります。

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

企業分析した内容の利用方法を解説

就活生くん

企業分析の内容はどのように活用するんですか?

企業分析の内容は主に3つの利用方法があります。

それでは、企業分析した内容の利用方法を3つ紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 平井

企業分析した内容の利用方法
  • 利用法①:自分に合う企業を探す
  • 利用法②:ESや志望動機を深める
  • 利用法③:企業に会った人物像のエピソードを考えておく

利用法①:自分に合う企業を探す

企業分析した内容の利用方法1つ目は、「自分に合う企業を探す」です。

企業分析をすることで様々な企業の特徴が分かってきます。

その中から、自分が手に入れたい理想のキャリアプラン・ライフプランを実現できそうな会社を探しましょう。

いくつか迷っている企業があっても、企業分析をすることで必ず自分にマッチした企業に出会えるはずです。

利用法②:ESや志望動機を深める

企業分析した内容の利用方法2つ目は、「ESや志望動機を深める」です。

企業分析で集めた情報は、ESや志望動機を深めることに役立ちます。

例えば、競合他社との違い、自社の強み、今後の展望が分かっていれば、ESや志望動機に説得力を持たせることができます。

就職活動において、志望動機は特に重視されている項目です。

しっかりとした企業分析は皆さんの就職活動をより良いものにしてくれます。

「志望動機がなかなか上手く書けない・・・」という人は以下の記事も読んでみてください!

志望動機を添削してもらえるサービスも紹介しています!

「就活の教科書」編集部 平井

利用法③:企業に合った人物像のエピソードを考えておく

企業分析した内容の利用方法3つ目は、「企業に合った人物像のエピソードを考えておく」です。

企業分析をする過程で、企業がどんな社風で、どんな人物を求めているかが分かると思います。

自分がその企業で活躍できる人材だとアピールするために、人物像に合ったエピソードを準備しておきましょう。

例えば、企業が求める人物像がチャレンジ精神にあふれる人だった場合、何か困難に立ち向かった経験を話せるようにしておきましょう。

具体的なエピソードがあることで、さらに説得力のあるアピールになります。

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

企業分析に関するよくある質問

最後に企業分析に関するよくある質問について回答していきます!

「就活の教科書」編集部 平井

企業分析に関するよくある質問
  • 質問①:企業分析を行う際の注意点は?
  • 質問②:企業分析を始める前にしておくべきことは?

質問①:企業分析を行う際の注意点は?

企業分析を行う際の注意点は、目的を見失わないことです。

企業分析を行う目的は、あくまでも自分が本当に働きたい企業を見つけることです。

企業に関する情報をいたずらに集めたところで内定獲得に近づくわけではないので、情報を集めるだけで満足してはいけません。

企業分析をするときは、「働きたい企業を探す」「志望動機を深める」といった目的を見失わないことが大切です。

質問②:企業分析を始める前にしておくべきことは?

企業分析を始める前にしておくべきことは、自己分析と業界研究です。

何度も言いますが企業分析の目的は働きたい企業を探すことです。

そのためにはまず、自分がどんな仕事がしたいのか、どんな生活が送りたいのかを知る必要があります。

なので、自己分析をして企業に求める条件を明確にしておきましょう。

また、業界研究も企業分析の前にしておくべきです。

業界研究を行うことで業界の全体像が分かるので、企業分析をしたときに理解しやすくなります。

「自己分析って何したらいいか分からない・・・」という人は、以下の記事も参考にしてください!

「就活の教科書」編集部 平井

 

   

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

キャリアチケットスカウト」は5つの質問に答えるだけであなたのキャリアに対する考えがわかり、あなたらしく働ける優良企業に出会えるスカウトサイトです。

多くの就活生が利用しているキャリアチケットスカウトを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> キャリアチケットスカウトを見てみる

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:フレームワークを用いて企業研究の質を高めよう

いかがだったでしょうか?

この記事では「企業分析」について徹底解説しました。

併せて、「企業分析の簡単なやり方7選」や、「企業分析に使えるフレームワーク3選」も紹介しました。

この記事が就活生の皆さんの参考になれば幸いです。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【理解しよう】そもそも企業分析って?

  • 企業分析とは、企業の情報を収集・整理して、どのような企業なのか知ること
  • 企業分析の目的は、本当に働きたい企業を探すこと
  • 企業分析と業界研究の違いは、分析の範囲と目的

◆【今すぐできる】企業分析の簡単なやり方7選

  • やり方①:企業のHPを確認する
  • やり方②:リクナビ・マイナビなどのナビサイトの情報を見る
  • やり方③:会社説明会やインターンシップに参加する
  • やり方④:OB・OG訪問を行う
  • やり方⑤:企業の詳細な情報を載せた書籍を見る
  • やり方⑥:公益財団法人日本生産性本部の企業分析レポートを見る
  • やり方⑦:Twitterなどのツールを使う

◆【必須項目】企業分析で確認しておくべきポイント7選

  • ポイント①:企業情報
  • ポイント②:事業内容
  • ポイント③:採用情報
  • ポイント④:環境・制度
  • ポイント⑤:顧客・ターゲット
  • ポイント⑥:業界内での立ち位置
  • ポイント⑦:競合他社との違い

◆企業分析に使えるフレームワーク3選

  • フレームワーク①:3C分析
  • フレームワーク②:SWOT分析
  • フレームワーク③:財務分析

◆企業分析した内容の利用方法を解説

  • 利用法①:自分に合う企業を探す
  • 利用法②:ESや志望動機を深める
  • 利用法③:企業に合った人物像のエピソードを考えておく

◆企業分析に関するよくある質問

  • 質問①:企業分析を行う際の注意点は?
  • 質問②:企業分析を始める前にしておくべきことは?

◆まとめ:フレームワークを用いて企業研究の質を高めよう