>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】「製造業/メーカー」志望動機の書き方 | ものづくりを魅力的に伝える手順も

この記事でわかること
  • 製造業の職種は「製造現場」と「製造現場以外」で分かれる
  • ものづくりがしたい!製造業の志望動機を魅力的に伝える例文
  • 製造業の志望動機を上手く伝える手順4つ
  • 製造業の志望動機で伝えてはいけないこと3つ
  • 製造業の志望動機で求められる能力

 

初めまして、「就活の教科書」編集部のセグです。

このの記事では製造業の志望動機の伝え方について紹介します。

就活生の皆さんは製造業の志望動機を作るときに悩んだ経験はありませんか。

「就活の教科書」編集部 セグ

就活生くん

僕は製造業志望なのですが、志望動機の伝え方に悩んでいます。

先日、企業の面接で「他の企業でもいいのでは?」と言われ、何も言えませんでした。

好印象を与える製造業の志望動機の例文やポイントを教えてください。

就活生ちゃん

私は製造業のESを書こうとしているけど、何を書いたらいいのか分からなくて悩んでいます。

そもそも製造業の職種や種類についてあまり分かっていません。

製造業の志望動機ってどう伝えればいいのかわからないですよね。

私も製造業を志望していましたが、志望動機を上手に伝えるのに一番悩みました。

しかし製造業の志望動機はポイントをしっかり把握できれば、非常に良い志望動機を作ることができます。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

そこでこの記事では、製造業の志望動機の伝え方について詳しく解説します。

加えて、製造業の志望動機を上手に伝える手順や、伝えてはいけない志望動機についても解説します。

この記事を読めば、製造業の志望動機の上手な書き方や伝え方がわかり、上手な志望動機を作ることができます。

製造業の志望動機で好印象を与えたい就活生はぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

志望動機を考える前に!製造業についておさらいしよう

就活生くん

製造業の仕事内容についてあまりよく分かっていません。

製造業の職種ってたくさんあると聞いたんですが、本当ですか。

製造業には多くの職種があり、職種によって仕事内容が大きく異なります。

製造業の職種や仕事内容を詳しく見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

製造業とは、製品を作り、販売する企業

製造業とは「材料や部品を加工し、組み立てて製品を作り、販売する企業とその業界のこと」を指します。

日本の経済の中心業界であり、5人に1人が製造業で働いているといわれています。

自動車・食品・化粧品・化学薬品など製品は多岐に渡ります。

「製品を作りたい・販売して社会に貢献に貢献したい」就活生は製造業を志望してみましょう。

次に職種について紹介します。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

製造業の中には多くの職種がある

就活生くん

製造業の職種についてあまり分かっていません。

教えてください。

製造業は多種多様な職種がありますが、大きく二つに分かれます。

自身がどんな仕事に興味があるか、どんな職種が向いているかを一度考えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 セグ

製造業の職種
  • 職種①:製造現場の仕事
  • 職種②:製造現場以外の仕事
それぞれの職種について詳しく説明します。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

製造現場の職種
  • 鍛造:金属をたたいたり溶かしたりして、型に入れ冷やしして、部品を製造仕事
  • 施盤:機械を使って、金属を加工する仕事
  • 研磨:部品を磨く仕事
  • 組み立て:上流工程で作られた部品を組み立てる仕事
  • 塗装:色を塗る仕事
  • 検査:出荷前に製品の品質を目視また検査機で検査する仕事

僕は実際に製造現場に見学に行きましたが、多種多様な仕事がありました。

次に製造現場以外の職種について紹介します。

「就活の教科書」編集部セグ

 

製造現場以外の仕事
  • 商品企画:商品の企画構想をする仕事
  • 研究開発:製品の開発・品質向上に努める仕事
  • 設計:企画を設計する仕事
  • 品質管理:品質を管理する仕事
  • 営業:出来上がった製品を売り込む仕事
  • 広報:自社を宣伝する仕事
自分がどんな職種で働きたいかをイメージすると、志望動機が伝わりやすくなります!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

製造業の志望動機で使える例文

就活生くん

製造業の職種や仕事内容について理解することができました。

製造業の志望動機を魅力的に伝えている例文を知りたいです。

製造業の志望動機をアピールする例文を3つ紹介します。

製造業は多種多様な業界なので、自身の志望する種類や職種に合わせて参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 セグ

製造業の志望動機で使える例文3つ
  • 例文①:電子機器企業の志望動機(職種:製造現場)
  • 例文②:総合電機企業の志望動機(職種:研究開発)
  • 例文③:自動車企業の志望動機(職種:商品企画)
それでは詳しくみていきましょう。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

例文①:電子機器企業の志望動機(職種:製造現場)

私は学生の頃から電子工作が趣味で、はんだごてをつくり楽しんでことがきっかけでものづくりの仕事に興味を持ちました。

そのため電子回線や電子機器製品に対する基本的な知識を身に付けています。

また細かい作業を地道に行うことが好きで、作業に集中して打ち込むことが得意です。

貴社の製造現場の仕事は、電子回線を読み取る能力やミスが許されない、集中力が必要になる仕事で、私の得意分野を活かせると感じています。

得意なことを企業の仕事で活かせることをアピールすると、説得力のある文章になります。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

例文②:総合電機企業の志望動機(職種:研究開発)

私は研究開発に携わり、貴社の技術を守りながら伸ばしたいです。

大学時代に多くの国を訪れた経験から日本企業のプレセンスの低さに危機感を感じました。

貴社はAI×ロボティクス事業など新たな領域へ挑戦最中であり、常に挑戦し続けたいという私の思考と合致しています。

私の国際性や挑戦力を活かし、貴社の研究開発を守り、促進することで上記の思いを実現したいと考えています。

企業ならではの理由を具体的に示すと、オリジナリティのある志望動機が作れます。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

例文③:自動車業界の志望動機(職種:商品企画)

世界に影響力のある企業で、交通事故のない未来を作りたいと思い、御社を志望をします。

かつて兄が交通事故で大けがをした経験から、国内の自動運転をリードする貴社で誰も安心して乗ることができる車の開発に携わりたいと考えています。

私が研究で学んだ膨大なデータを素早く正確に処理する考え方は自動運転の開発に活かせます。

では次に製造業の志望動機を上手に伝える手順について紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

製造業の志望動機を上手に伝える手順4つ

就活生くん

例文を参考にして、志望動機を作ってみます。

製造業の志望動機を上手に伝える手順やコツってありますか。

製造業の志望動機はESや面接で上手に伝えると、好印象を与えることができます。

それでは製造業の志望動機を上手に伝える手順について紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 セグ

製造業の志望動機を上手に伝える手順4つ
  • 手順①:製造業を選んだ理由を伝える
  • 手順②:企業ならではの理由を伝える
  • 手順③:職種理由を伝える
  • 手順④:自身の性格・経験・スキルをどう活かせるか伝える
製造業の志望動機を上手に伝える手順について1つ1つ詳しく説明していきます。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

手順①:製造業を選んだ理由を伝える

製造業の志望動機を上手に伝える手順1つ目は「製造業を選んだ理由を伝える」です。

業界志望をはじめに伝えると、面接官は志望する就活生の企業選びや就活軸を理解しやすいからです。

例えば「中学生の頃からものづくりに興味があり、製造業を志望しました」など製造業で働きたい理由を明確に伝えるとよいです。

たくさんある業界の中からなぜ製造業を選んだのかをはっきり伝えましょう

なぜ製造業なのかを過去の経験に基づいて伝えると、より信ぴょう性が高まる志望動機になります!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

手順②:企業ならではの理由を伝える

製造業の志望動機を上手に伝える手順2つ目は「企業ならではの理由を伝える」です。

製造業は約20万社あるので、「製造業の中でもなぜその企業を選んだのか」に対する答えを持つべきです。

「〇〇の商品が好きで、製造元を調べてみると御社の商品だとわかり、興味を持ちました」「海外のシェア率が高い御社の事業展開に魅力を感じました」などその企業でなくてはならない理由を明確に伝えると良いです。

会社のホームページ・インターン・OB訪問を通じて、企業ならではの理由を見つけましょう。

企業比較すると、志望する企業の特徴が見つけやすいです。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

手順③:職種理由を伝える

製造業の志望動機を上手に伝える手順3つ目は「職種理由を伝える」です。

製造業の中でもなぜその職種を選んだのかを伝えることで、製造業で働く姿をイメージをしてもらいやすいからです。

製造の現場を選んだ理由を伝えるときは、「実際に手や体を動かし、〇〇のようなモノを作ることが好きだからです」「〇〇など、自分が実際に作ったものが人の役に立ち使われていると思うと喜びを感じるからです」など具体的に職種理由を伝えてみましょう。

具体的な職種理由がなければ、製造現場の仕事または製造現場以外の仕事のどちらが良いかの理由は明確に伝えれるようにしましょう。

企業の職種を把握し、その中で自分にどんな仕事が合うのかを一度考えてみるとよいです!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

手順④:自身の性格・経験・スキルをどう活かせるか伝える

製造業の志望動機を上手に伝える手順4つ目は「自身の性格・経験・スキルをどう活かせるか伝える」です。

自分のどんなところが会社の役に立つのかを伝えることで、企業への貢献度をアピールできるからです。

例えば「私の大学時代のものづくり経験は、御社の〇〇の製品づくりに貢献することができます」のような企業につながるアピールポイントを探してみましょう。

企業にどう貢献できるか・どうやって活躍できるかを自身の潜在的能力とともにアピールすると、好印象を与えやすいです。

自分で思いつかない場合は、家族や友人に聞いてみましょう。

「就活の教科書」編集部 セグ

 

製造業の志望動機で伝えてはいけないこと3つ

就活生くん

製造業の志望動機を上手に伝える手順について理解できました。

製造業の志望動機で伝えてはいけないことってありますか。

はい、製造業の志望動機を伝えるときに悪い印象を与えてしまう志望動機があります。

これから詳しく説明するので、把握しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 セグ

製造業の志望動機で伝えてはいけないこと
  • NG①:どの企業にも当てはまることを伝える
  • NG②:待遇に関することばかり伝える
  • NG③:目先のことばかり伝える
それでは詳しく説明します!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

NG①:どの企業にも当てはまることを伝える

製造業の志望動機でしてはいけないNG1つ目は「どの企業にも当てはまることを伝える」です。

どの企業にも当てはまる言い方は具体性が欠けて、その企業に対する志望意欲が伝わりづらいです。

「御社の企業理念に共感しました」「御社のように人と関わる仕事がしたい」などの抽象的な志望動機は控えましょう。

企業ならではの理由を見つけて、具体性のあるオリジナリティな志望動機を伝えることで、他の就活生と差をつけましょう。

志望企業だけに当てはまる志望動機や志望理由をアピールするとよいです!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

NG②:待遇に関することばかり伝える

製造業の志望動機でしてはいけないNG2つ目は「待遇に関することばかり伝える」です。

待遇や条件面ばかり言っている志望動機は仕事意欲が低いと評価されるからです。

「平均年収が他の企業に比べて高いからです」「勤務地が大阪になる可能性が高いからです」などの待遇に関する志望動機はできるだけ控えましょう。

待遇や条件面ではなく、仕事内容やキャリア形成に対する意欲を示した志望動機にしましょう。

仕事意欲が高い人が採用されやすいです!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

福利厚生を志望動機として伝えたい方は、以下の記事を読むと、待遇に関する伝え方がわかるようになります。

合わせて読んでみてくださいね。

 

NG③:目先のことばかり伝える

製造業の志望動機でしてはいけないNG3つ目は「目先のことばかり伝える」です。

目先のことばかりを考えた志望動機は数年後に辞める可能性があると判断され、悪い印象を与えてしまいます。

「研修体制がしっかりしているから」「1年目はどんな仕事が任せられますか」など先を見据えていない志望動機はなるべき控えたほうが良いです。

目先ではなく、3年後・5年後も志望企業で働くイメージを持ってもらえるような志望動機にしましょう。

採用者の採用観点として「この応募者は辞めないか」を重視しています。

そのため長く働くイメージを持ってもらうことが大事です!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

製造業の志望動機で求められる能力

就活生くん

製造業のNG志望動機には注意して、志望動機を伝えようと思います。

製造業に求められる人材ってどんな人ですか。

造業の仕事内容や特徴から、製造業に求められる人材がわかります。

求めらえる人材の2つの特徴を紹介します。

「就活の教科書」編集部 セグ

製造業の志望動機で求められる能力
  • 求められる能力①:長期的に仕事ができる
  • 求められる能力②:周囲と協力して仕事ができる
それでは製造業で求められる能力についてそれぞれ詳しく説明します!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

求められる能力①:長期的に努力できる

製造業の志望動機で求められる能力1つ目は「継続して仕事ができる」です。

製造業は年功序列の傾向が強く、長く働くことができる人を求めているからです。

「スポーツを10年間続けた経験」「資格をとるために2年間努力した経験」など長期的に継続して努力した経験はアピールポイントといえます。

長期的に仕事ができるイメージをもってもらえるような志望動機を伝えると好印象を与えれます。

他にも志望する企業がどういう人材を求めているのかを事前に把握しておくと志望動機につなげることができます!

「就活の教科書」編集部 瀬セグ

 

求められる能力②:周囲と協力して努力できる

製造業の志望動機で求められる能力2つ目は「周囲と協力して仕事ができる」です。

製造業の仕事は基本的に1人ではなく、複数人で仕事をすることが多いからです。

例えば営業社員は案件を成功させるために、お客様と自社の工場社員との協力が不可欠です。

周囲と協力して努力した経験やコミュニケーション力を活かした経験がある人はぜひ志望動機でアピールしましょう。

年功序列傾向が強い製造業は、20代から60代と年代もまちまちなので、年配の人と仲良くなれる人は向いています!

「就活の教科書」編集部 セグ

 

協力した経験やコミュニケーション力をアピールしたい方は、以下で自己PRの仕方がわかるので、合わせて読んでみてください。

 

エントリーシート「志望動機」の通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの志望動機を書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

志望動機を上手に書くコツってあるんですか?

志望動機を上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして志望動機を書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

志望動機を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機をとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガ志望動機で本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの志望動機を一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に志望動機を添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

志望動機が書けない時は、志望動機ジェネレーターを活用してみよう

志望動機を作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードして、効率的に志望動機を完成させましょう。

 

まとめ:製造業を細分化して、企業ならではの志望動機を作ろう!

この記事の「【ものづくり例文】「製造業」志望動機を魅力的に伝える方法 | 手順も」はいかがだったでしょうか。

この記事では、製造業の志望動機の伝え方について解説しました。

加えて製造業の志望動機を上手に伝える手順やしてはいけないNG志望動機についても解説しました。

この記事のまとめは以下の通りになっています。

「就活の教科書」編集部 セグ

この記事のまとめ

◆製造業についておさらいしよう

  • 製造業とは、製品を作り、販売する企業
  • 製造業の中には多くの職種がある

 

◆製造業をの志望動機で使える例文

  • 例文①:電子機器企業の志望動機(職種:製造現場)
  • 例文②:中食企業の志望動機(職種:研究開発)
  • 例文③:自動車業界の志望動機(職種:商品企画)

 

◆製造業の志望動機を上手に伝える手順4つ

  • 手順①:製造業を選んだ理由を伝える
  • 手順②:企業ならではの理由を伝える
  • 手順③:職種理由を伝える
  • 手順④:自身の性格・経験・スキルをどう活かせるか伝える

 

◆製造業の志望動機で伝えてはいけないこと3つ

  • NG①:どの企業にも当てはまることを伝える
  • NG②:待遇に関することばかり伝える
  • NG③:目先のことばかり伝える

 

◆製造業の志望動機で求められる能力2つ

  • 求められる能力①:長期的に努力できる
  • 求められる能力②:周囲と協力して努力できる

 

製造業の志望動機では志望する企業ならでは志望理由を伝えることが大事です。

業界の企業数が多いのもあり、すべての企業に当てはまる志望動機を言ってしまう傾向があります。

しかしそれでは他の就活生と差別化できず、志望企業に良い印象を与えることができません。

ホームページ・インターン・他社比較などの企業研究をしっかり行い、企業だけのオリジナリティな志望動機を伝えましょう。

皆さんの志望動機が上手に伝えられることを祈っています!

「就活の教科書」編集部 セグ