>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【クリエイティブビレッジの評判は?】就活生の口コミ | サービス内容,使うべき人も

この記事でわかること
  • クリエイティブビレッジは就活を考える場所
  • クリエイティブビレッジには魅力的なイベントが沢山ある
  • クリエイティブビレッジを使うメリット
  • クリエイティブビレッジを使うデメリット
  • クリエイティブビレッジを使うべき就活生のタイプ

こんにちは、「就活の教科書」編集部のたくまです。
今回は、総合情報サイト「クリエイティブビレッジ」について解説します。
就活生のみなさんは、「クリエイティブビレッジ」を使ったことはありますか?

「就活の教科書」編集部 たくま

就活生ちゃん

「クリエイティブビレッジ」を使ったことがありません。

どのようなサービスか教えていただきたいです。

就活生くん

「クリエイティブビレッジ」の名前は聞いたことがありますが、詳しくは知りません。

就活に役立つなら「クリエイティブビレッジ」を使ってみたいです。

「クリエイティブビレッジ」と聞いて、イメージできない就活生も多いですよね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

そこでこの記事では、「クリエイティブビレッジ」の評判・口コミを紹介します。

合わせて、「クリエイティブビレッジ」のサービス内容や、利用するメリット・デメリットも解説します。

この記事を読めば、「クリエイティブビレッジ」がどのようなサイトで、どんな魅力があるのかがわかりますよ。

「クリエイティブビレッジ」に興味があるけど、評判や使うべき人のタイプを知ってから利用したい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

目次

 

そもそも「クリエイティブビレッジ」とは

はじめに、「クリエイティブビレッジ(CREATIVE VILLAGE)」とはどんな就活サイトなのかをおさらいしますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

「クリエイティブビレッジ」は、株式会社クリーク・アンド・リバー社が運営するWeb、ゲーム、映像、広告・出版業界で活躍しているクリエイターのための総合情報サイトです。

「クリエイティブビレッジ(CREATIVE VILLAGE)」では、クリエイティブ業界のあらゆる情報を入手できます。

また、無料で参加できるイベントもたくさんあるため、楽しく利用することができます。

「株式会社クリーク・アンド・リバーって信頼できる会社なの?」という就活生のために、株式会社クリーク・アンド・リバーの企業情報を載せておきますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

会社名 株式会社クリーク・アンド・リバー社
事業内容
  • エージェンシー事業(派遣・紹介)
  • プロデュース事業(請負・アウトソーシング)
  • ライツマネジメント事業
  • 教育事業
本社住所 東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE
会社設立 1990年3月20日
資本金 117,719万円
代表者 代表取締役社長 井川幸広
コーポレートサイト https://www.cri.co.jp/

株式会社クリーク・アンド・リバー社は東証一部に上場しており、とても信頼できる会社です。

次に、「クリエイティブビレッジ(CREATIVE VILLAGE)」のサービス内容を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

「クリエイティブビレッジ」のサービス内容

就活生くん

「クリエイティブビレッジ」は、クリエイターのための情報サイトなんですね。

「クリエイティブビレッジ」のサービス内容が知りたいです!

「クリエイティブビレッジ(CREATIVE VILLAGE)」のサービス内容は次の3つです。

「就活の教科書」編集部 たくま

「クリエイティブビレッジ」のサービス内容
  • サービス①:クリエイター関連の最新情報を知る
  • サービス②:オンラインセミナーを受ける
  • サービス③:最適な求人を紹介する
それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

サービス①:クリエイター関連の最新情報を知る

「クリエイティブビレッジ」のサービス内容1つ目は、「クリエイター関連の最新情報を知る」です。

「クリエイティブビレッジ」では、コラム、最新ニュースや業界情報が掲載されています。

合わせて、賞・コンテスト情報などクリエイターのための、あらゆる情報を掲載しています。

「クリエイティブビレッジ」はクリエイター関連の情報を得るためのオススメサイトです。

コラムでは、活躍するクリエイターへのインタビューもあり非常に参考になります。

クリエイター関連の情報は「クリエイティブビレッジ」1つで充分ですね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

サービス②:オンラインセミナーを受ける

「クリエイティブビレッジ」のサービス内容2つ目は、「オンラインセミナーを受ける」です。

「クリエイティブビレッジ」では、クリエイター就職に役立つオンラインセミナーが多数開催されています。

なかなか話を聞けないようなクリエイターの登壇もあり、就活に役立つ情報も得られるため魅力的ですね。

ほとんどのオンラインセミナーが無料で開催されています。

それぞれの悩みにあったセミナーがあるので是非探してみてくださいね!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

サービス③:最適な求人を紹介する

「クリエイティブビレッジ」のサービス内容3つ目は、「最適な求人を紹介する」です。

「クリエイティブビレッジ」では、クリエイティブ業界に精通したエージェントが無料で就職をサポートしてくれます。

一人一人の条件にあった最適な求人を紹介してもらえるのは入社後のミスマッチを防ぐためにも魅力的ですね。

求人の紹介は会員登録をすると利用できます。

会員登録は簡単にできるので、クリエイティブ業界に詳しいエージェントにオススメの求人を紹介してもらいましょう!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

「クリエイティブビレッジ」の評判・口コミ

就活生くん

「クリエイティブビレッジ」のサービス内容はわかりました。

利用する前に、実際に「クリエイティブビレッジ」を利用した方からの評判を聞いてみたいです!

それでは、「クリエイティブビレッジ(CREATIVE VILLAGE)」の評判・口コミを紹介しますね。

良い評判・悪い評判をそれぞれ紹介していきます。

「クリエイティブビレッジ」の評判は、次の2つです。

「就活の教科書」編集部 たくま

「クリエイティブビレッジ」の評判
  • 評判①:クリエイティブ業界の情報がたくさんある
  • 評判②:魅力的なイベントがたくさんある

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

評判①:クリエイティブ業界の情報がたくさんある

「クリエイティブビレッジ」には、クリエイティブ業界についての情報が沢山あります。

クリエイティブ業界に少し興味がある人、クリエイターを本気で目指す人のどちらにもオススメです!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

評判②:魅力的なイベントがたくさんある

「クリエイティブビレッジ」では、クリエイティブ業界に関わるイベントがたくさんあります。

クリエイティブ業界で有名な方が講演をするため、魅力的です!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

「クリエイティブビレッジ」を利用するデメリット

就活生ちゃん

「クリエイティブビレッジ」の評判はわかりました。

実際に「クリエイティブビレッジ」を利用するときのデメリットを教えてください!

「クリエイティブビレッジ(CREATIVE VILLAGE)」を利用するデメリットは、次の3つです。

「就活の教科書」編集部 たくま

「クリエイティブビレッジ」を利用するデメリット
  • デメリット①:転職以外の選択肢を考えにくい
  • デメリット②:自分に合ったアドバイザーを見つけにくい
  • デメリット③:相談する時間を合わせにくい

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

デメリット①:転職以外の選択肢を考えにくい

「クリエイティブビレッジ」を利用するデメリット1つ目は、「転職以外の選択肢を考えにくい」です。

「クリエイティブビレッジ」では求人にも力を入れているため、担当アドバイザーが転職を勧めて来ることが多いのです。

転職をしないほうが良い場合もあるため、担当アドバイザーのオススメを全て聞くのは危険ですね。

担当アドバイザーもノルマなどの理由で焦っているのでしょう。

担当アドバイザーの意見を全て受け入れるのではなく、自分の考えの補助的な役割として利用することをオススメします!

自分がどのようなキャリアを歩みたいのか、じっくり考えましょう。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

デメリット②:自分に合ったアドバイザーを見つけにくい

「クリエイティブビレッジ」を利用するデメリット2つ目は、「自分に合ったアドバイザーを見つけにくい」です。

「クリエイティブビレッジ」には沢山のアドバイザーがおり、それぞれ特徴が違います。

担当アドバイザーを「クリエイティブビレッジ」が決めるため、自分にあった人が見つかりにくい可能性がありますね。

アドバイザーが自分に合わないと相談もしにくいですよね。

クリエイティブビレッジを効果的に利用するためにも、合わない場合は変更してもらいましょう!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

デメリット③:相談する時間を合わせにくい

「クリエイティブビレッジ」を利用するデメリット3つ目は、「相談する時間を合わせにくい」です。

利用者の中には、現職を行いながら転職活動をしている人が沢山います。

現職が終わるのが夜だと、アドバイザーに連絡しても業務時間外ということが予想できるでしょう。

アドバイザーと工夫して時間を合わせる必要がありますね。

早めにアドバイザーとの予定を確保することがオススメです!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

「クリエイティブビレッジ」を利用するメリット

「クリエイティブビレッジ」のデメリットを先に聞いて不安が解消されました。

次は、メリットを教えていただきたいです。

人事さん

では次に、「クリエイティブビレッジ」を利用するメリットを3つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

「クリエイティブビレッジ」を利用するメリット
  • メリット①:クリエイターに関する情報をたくさん収集できる
  • メリット②:今の仕事をしながら転職活動ができる
  • メリット③:アドバイザーに相談できる
それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

メリット①:クリエイターに関する情報をたくさん収集できる

「クリエイティブビレッジ」を利用するメリット1つ目は、「クリエイターに関する情報をたくさん収集できる」です。

「クリエイティブビレッジ」ではゲーム、Web、映像、広告・出版とあらゆる業界の情報が網羅されています。

求人を始めとし、説明会、セミナー、インタビューもありクリエイターに関する情報が全てあると言っても過言ではありません。

「クリエイティブビレッジ」を利用し、クリエイターに関する情報を集めましょう。

就職活動をする上で、情報集めはとても重要です。

「クリエイティブビレッジ」を有効活用して、情報をたくさん集めましょう!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

メリット②:学業と両立しながら就職活動ができる

「クリエイティブビレッジ」を利用するメリット2つ目は、「学業と両立しながら就職活動ができる」です。

「クリエイティブビレッジ」では、利用者それぞれにあったサポートをアドバイザーがしてくれます。

就職活動では、限られた時間であるという面から学業との両立が不安となるでしょう。

学業と両立しながら就職活動ができることは「クリエイティブビレッジ」の大きなメリットです。

転職活動だけにすると将来への不安が大きいですよね。

「クリエイティブビレッジ」を利用し、今の仕事を続けながら次の仕事を探しましょう!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

メリット③:アドバイザーに相談できる

「クリエイティブビレッジ」を利用するメリット3つ目は、「アドバイザーに相談できる」です。

「クリエイティブビレッジ」では、アドバイザーがあなたの不安や悩みの相談に乗ってくれます。

就職・転職活動中は、就活の進め方が正しいのか不安で孤独な気持ちの人も多いでしょう。

あなたが抱える不安・悩みを丁寧に聞いてくれるのが「クリエイティブビレッジ」のアドバイザーです。

就職・転職活動を1人で行うことは視野が狭くなるといった理由でオススメしません。

「クリエイティブビレッジ」を有効活用し、不安や悩みを解消しましょう。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

「クリエイティブビレッジ」を使うべき人のタイプ3つ

就活生ちゃん

「クリエイティブビレッジ」のメリット・デメリットを知ることができ、利用したくなりました。

評判を聞いて利用したいと思ったのですが、「クリエイティブビレッジ 」を使うべき就活生はどんな人ですか。

それでは、「クリエイティブビレッジ 」を使うべき就活生のタイプを3つ紹介しましょう。

「就活の教科書」編集部 たくま

「クリエイティブビレッジ」を使うべき就活生のタイプ3つ
  • タイプ①:クリエイター業界に興味がある学生
  • タイプ②:就活の相談相手が欲しい学生
  • タイプ③:将来したいことがない学生

以上の3つのタイプに当てはまる就活生は「クリエイティブビレッジ(CREATIVE VILLAGE)」を使うべきです。

3つのタイプについて、それぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

タイプ①:クリエイティブ業界に興味のある学生

「クリエイティブビレッジ」を使うべき就活生のタイプ1つ目は「クリエイティブ業界に興味のある学生」です。

「クリエイティブビレッジ」では、ゲーム、Web、映像、広告・出版とクリエイティブ業界の情報が網羅されています。

将来クリエイティブな仕事がしたいと思っても、情報を集めるのが難しいという人も多いと思います。

クリエイティブ業界に興味のある学生は情報がたくさん集まるため、「クリエイティブビレッジ」を利用すべきです。

就職活動は情報の多さが鍵になると思います!

クリエイティブ業界に興味がある学生は、「クリエイティブビレッジ」を使い、就職活動を有利に進めましょう。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

タイプ②:就活の相談相手が欲しい学生

「クリエイティブビレッジ」を使うべき就活生のタイプ2つ目は「就活の相談相手が欲しい学生」です。

「クリエイティブビレッジ」では、アドバイザーがつくため就活に関する様々な相談ができます。

就活の不安や悩みを相談する人がおらず、一人で抱え込んでしまうのは良くないですね。

就活の相談相手を見つけるために、「クリエイティブビレッジ」を使いましょう。

1人で進めるより、就活について知識のある「クリエイティブビレッジ」のアドバイザーに相談する方が良いです。

アドバイザーの評判も良いため、積極的に相談しましょう!

就活の相談ができる就活支援サービスを下記にまとめたので、ぜひ読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

タイプ③:将来したいことがない学生

「クリエイティブビレッジ」を使うべき就活生のタイプ3つ目は「将来したいことがない学生」です。

「クリエイティブビレッジ」に掲載されている業界はゲームや映像など創造性に富んだものが多く、魅力的です。

将来したいことがなかった学生も、ゲームや映像など身近なものを創ることに魅力を感じる可能性が高いです。

一歩踏み出し、まずは「クリエイティブビレッジ」を使ってみましょう。

将来したいことがないのは、まだ知らない企業が多いからなのかもしれません。

「クリエイティブビレッジ」を使い、クリエイティブ業界の魅力を感じましょう!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

「クリエイティブビレッジ」の登録方法

就活生ちゃん

「クリエイティブビレッジ」に興味を持ったので、実際に使ってみたいです。

「クリエイティブビレッジ」の登録方法を教えてください!

「クリエイティブビレッジ」には、次の2ステップで登録しましょう。

「就活の教科書」編集部 たくま

「クリエイティブビレッジ」の登録方法
  • ステップ①:登録フォームを入力する
  • ステップ②:登録完了しメールを確認する

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

ステップ①:登録フォームを入力する

まずは、「クリエイティブビレッジ」の会員登録ページから登録フォームを入力します。

基本的な情報のみとなっています。

 

ステップ②:登録完了しメールを確認する

登録フォームに基本情報を入力すると会員登録が完了します。

最後に、メールを確認して「クリエイティブビレッジ」の会員登録が完了です。

これらの2ステップで、「クリエイティブビレッジ」には簡単に登録できます。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

 

まとめ:「クリエイティブビレッジ」はクリエイティブ業界の情報がわかる就活サイト

いかがでしたか。

今回の記事では、「クリエイティブビレッジ」の評判や口コミを紹介しました。

合わせて、「クリエイティブビレッジ」のサービス内容や、利用するメリット・デメリットも解説しました。

この記事で学んだことは、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 たくま

「クリエイティブビレッジ」評判・口コミまとめ

◆ 「クリエイティブビレッジ」のサービス内容

  • サービス①:クリエイター関連の最新情報を知る
  • サービス②:オンラインセミナーを受ける
  • サービス③:最適な求人を紹介する

◆ 「クリエイティブビレッジ」の評判・口コミ

  • 評判①:クリエイティブ業界の情報がたくさんある
  • 評判②:魅力的なイベントがたくさんある

◆ 「クリエイティブビレッジ」を利用するデメリット

  • デメリット①:転職以外の選択肢を考えにくい
  • デメリット②:自分に合ったアドバイザーを見つけにくい
  • デメリット③:相談する時間を合わせにくい

◆ 「クリエイティブビレッジ」を利用するメリット

  • メリット①:クリエイターに関する情報をたくさん収集できる
  • メリット②:学業と両立しながら就職活動ができる
  • メリット③:アドバイザーに相談できる

◆ 「クリエイティブビレッジ」を使うべき人のタイプ3つ

  • タイプ①:クリエイティブ業界に興味のある学生
  • タイプ②:就活の相談相手が欲しい学生
  • タイプ③:将来したいことがない学生

◆ 「クリエイティブビレッジ」の登録方法

  • ステップ①:登録フォームを入力する
  • ステップ②:登録完了しメールを確認する

「クリエイティブビレッジ」は、クリエイティブ業界の情報をたくさん見ることができたり、担当アドバイザーに就活・転職相談に乗ってもらえる就活サイトです。

クリエイティブ業界に興味のある方は、まず「クリエイティブビレッジ」を使ってみましょう。

また、就活の教科書では就活に関する様々な記事を掲載しています。

ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね!

「就活の教科書」編集部 たくま