>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】自己PR/ガクチカ「一人暮らし」の魅力的な伝え方,注意点も

この記事を読めば分かること
  • ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」について話すのはアリ
  • ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を伝える回答例
  • ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を話す際は仕事と結び付けて伝える
  • ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を伝える時の注意点

こんにちは!「就活の教科書」編集部のコウキです。

今回はガクチカ/自己PRで「一人暮らし」について解説していきます。

就活生の皆さんは、「一人暮らし」のエピソードをガクチカ/自己PRで話すことに疑問はありませんか?

「就活の教科書」編集部 コウキ

就活生くん

ガクチカで話すエピソードがなく、自己分析をして考え抜いた結果「一人暮らし」が出てきました。

一人暮らしのエピソードはガクチカで通用するのでしょうか?

就活生ちゃん

自己PRで「一人暮らし」について書こうと思っているのですが、採用担当者にアピールするにはどのような工夫が必要でしょうか?

就活生の皆さん、ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」について話すのに悩みがあるようですね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

そこで今回の記事ではガクチカ/自己PRで「一人暮らし」の回答例について解説していきます。

合わせて、ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」のエピソードを魅力的に見せるコツから注意点も解説します。

さらに、ガクチカ/自己PRを「一人暮らし」で話すのがアリなのかについても解説していきます。

この記事を読めば「一人暮らし」のエピソードを自信をもってガクチカ/自己PRで話すことができます。

「一人暮らし」をガクチカ/自己PRで話すことに不安を感じている就活生の皆さんは、ぜひ最後まで読んでください!

 

ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」について話すのはアリ!

就活生くん

学生時代に最も頑張ったことは一人暮らしなのですが、ガクチカで話しても良いのでしょうか?

たしかに、一人暮らしのエピソードは就活の面接で話して良いのか不安ですよね。

ではガクチカ/自己PRで一人暮らしについて話すのはアリなのか、解説していきます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

結論、ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」について話すのはアリです。

採用担当者は就活生が「どのような経験をしてきたのか」というよりも、就活生の人間性自社で「どのように頑張れるか」を見ているからです。

「一人暮らしの経験から毎日自炊し、健康面を気遣うなど自己管理をする力が身につきました」と言えば「企業に入ってもタスクを期限までにできる管理力があり、自炊の経験から継続性も高そうだ」と評価することができます。

人事さん

ガクチカ/自己PRでは珍しい経験でなくとも、「一人暮らし」のエピソードからあなた自身について話すことができれば良いのです。

面接において「この経験だから駄目だ。この経験は良い」ということはありません。

どのような経験からでもあなた自身の人間性を伝えることができるエピソードであれば良いです。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を伝える回答例

就活生くん

ガクチカで「一人暮らし」について話そうと思っているのですが、文章が思いつきません。

ほかの学生はどのように書いているのでしょうか。

分かりました。

ではガクチカ/自己PRで「一人暮らし」に関する回答例を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

例文①:自炊

私が学生時代に最も力を入れたことは自炊です。

私は生まれつき体が弱く、バランスの取れた食事をすることを意識しました。

実家にいたころは母親が気を使って食事を考えてくれていましたが、大学入学して一人暮らしをした途端、すぐに体調を崩してしまいました。

そこで、料理本や栄養バランスについての勉強を行い、食事について気を遣うようになりました。

入学直後に体調を崩してからは必ず自炊をしており、一度も体調を崩していません。

この経験から、毎日自炊をする継続力と料理についての興味関心から将来は栄養士になりたいと思っています。

自ら陥った困難から学び、自炊の大切さを実感できた非常に良い文章です。

その経験から継続力がついたことを実感し、将来的につきたい職種も明確になったことで、どれほど自炊に対して取り組んでいたのかが分かります。

社会人になっても体調管理は非常に重要なことなので、社会に出た際のイメージもすることができます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

例文②:計画性

私が学生時代に最も力を入れたことは金銭を管理する計画です。

私の家は裕福でないため、大学の学費から下宿の費用まで全て自分で出していました。

しかし、普通に考えて大学生が授業料から下宿の費用まで自分で賄うのは不可能に近いことです。

そのため、大学4年間で使用するお金を徹底的に管理しました。

具体的には4年間の総支出を一日単位で計画し、自らが生きていくためにかかる支出と収入を計算しました。

この結果、何年先までの計画を立て、その通りに実行する魅力を感じたともに、計画通りに物事を進めことができる計画力実行力を身に着けることができました。

この例文にはパワーがありますね。

人間はどれだけマイナスの状況で頑張ることができるのか、その為に行った行動をガクチカ/自己PRで話すことができるのです。

「一人暮らし」のエピソードですが、非常に人間性を感じることができ、ビジネスにおいても計画を立てて実行していってくれるイメージを持つことができますよね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を魅力的に伝えるコツ3選

就活生くん

ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」の回答例は理解できしたが、具体的にどのようなことを意識していけば、アピール力のあるガクチカ/自己PRになるのでしょうか?

たしかに、回答例文だけ見ても全てを理解することはできませんね。

次はガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を魅力的に伝えるコツについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を魅力的に伝えるコツ
  • コツ①:一人暮らし経験と仕事を結び付けて伝える
  • コツ②:一人暮らしをした結果得た学びを伝える
  • コツ③:なぜ一人暮らしを頑張ったのかを伝える

上記3つを意識することにより、「一人暮らし」のガクチカ/自己PRが魅力的になり、自信をもって話すことができます!

では見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

コツ①:一人暮らし経験と仕事を結び付けて伝える

ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を魅力的に伝えるコツ1つ目は「一人暮らし経験と仕事を結び付けて伝える」です。

ガクチカは人間性だけでなく、「企業で活躍できるか」について見られているからです。

就活生ちゃん

一人暮らしの経験から一か月に使える食費や家賃などの金銭の計画を立てる計画性を身に着けることができました。この計画性を活かして御社(銀行)では一人一人に合った効率の良いサポートをしていきたいと思います。

と言えば納得力がありますよね。

そのため、「一人暮らし」のエピソードを仕事に結びつけることで、採用担当者に良い印象を与えることができるのです。

企業側が求めているニーズを理解したうえで、「一人暮らし」の経験を伝えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

コツ②:一人暮らしをした結果得た学びを伝える

ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を魅力的に伝えるコツ2つ目は「一人暮らしをした結果得た学びを伝える」です。

ただの一人暮らしの経験を話しても、採用担当者が知りたいのは経験から得た学びのため、響きにくいです。

就活生くん

節約するために、物を買う際には複数のお店の価格を比較し、それを4年間行った経験から分析する難しさとやりがいを得ることができました

採用担当者は「分析の業務やバイヤーとして採用してもいいかな」と想像しやすくなります。

ガクチカ/自己PRでは経験からの学びを伝えることで、魅力的な発言になり、採用担当者の印象に残りやすくなるのです。

「一人暮らし」からの学びを仕事に結びつけることでさらに良いガクチカ/自己PRになります。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

コツ③:なぜ一人暮らしを頑張ったのかを伝える

ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を魅力的に伝えるコツ3つ目は「なぜ一人暮らしを頑張ったのかを伝える」です。

大学生はアルバイトやサークル、ゼミなど様々な行事がありますが、その中で一人暮らしを選んだ理由を伝える上で、より説得力のあるガクチカ/自己PRになるからです。

就活生くん

母子家庭で大学の授業料を払うのにやっとの家庭環境であったため、一人暮らしでの出費は全て自分で払い、親の負担を減らしたいと思ったからです

この文章はどれぐらいの熱量で一人暮らしを頑張っていたのかが伝わってきますよね。

なぜ「一人暮らし」のエピソードをガクチカ/自己PRで持ってきたのかを伝えることで、より論理的な文章になるのです。

面接ではいかにロジックが通っているかで判断されます。

発言に対しての明確な理由を言えるようにしておきましょう!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を伝える際の注意点

就活生くん

ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」について話しても良いことが分かりました!

これで自信をもって本選考に臨みたいと思います!

まだ安心してはいけません。

ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を伝える際の注意点について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を伝える際の注意点
  • 注意点①:当たり前のことだと認識されないように伝える
  • 注意点②:一人暮らしのエピソードだけはNG

「一人暮らし」のエピソードはガクチカ/自己PRで伝えにくい分、気を付けるべき部分が多くあります。

上記2点を意識してより完成度の高い「一人暮らし」のエピソードにしていきましょう!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

注意点①:当たり前のことだと認識されないように伝える

ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を伝える際の注意点1つ目は「当たり前のことだと認識されないように伝える」です。

一人暮らしに一生懸命になるのは生きる上で当たり前のことなので、頑張ることは当たり前だと認識されないようにしましょう。

就活生くん

僕は大学の4年間お金を節約するために毎日自炊をすることを意識しました。

このように言えば、生きていくうえでは外食でもできるにもかかわらず、いかにお金を節約して一人暮らしに取り組んだのかが伝わってきます。

生きていく上で一人暮らしをどのように頑張ったのかをガクチカ/自己PRで伝えようにしましょう!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

注意点②:一人暮らしのエピソードだけはNG

ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を伝える際の注意点2つ目は「一人暮らしのエピソードだけはNG」です。

ただ単に一人暮らしのエピソードを聞いたところで、採用担当者には全く響かないです。

「一人で洗濯、料理、掃除までをこなしていました」と言っても何を頑張ったのか具体的にわかりませんよね。

一人暮らしをする上で、困難に直面し、その困難を乗り越えるために頑張ったことをガクチカ/自己PRで伝えるのです。

実家暮らしの僕からすれば一人暮らしは非常に大変なことで、面接で話すエピソードも数多くあると感じます。

あなたの人間性を出すことが出来る「一人暮らしのエピソード」をガクチカ/自己PRで伝えましょう。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

ガクチカの通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のガクチカを参考にしよう

学生時代に力を入れたことは、書類選考でも面接でも、大切なアピール要素です。でも立派な体験談が思いつかなかったり、上手に伝えられなかったりして、苦労している人も多いのではないでしょうか。

そこで活用したいのが、人気企業内定者の「ガクチカ」まとめです。

「ガクチカまとめ」ではガクチカの作り方や、内定者の回答例を多数収録しており、短い時間で高クオリティのガクチカを作ることができます。ガクチカまとめを活用して、選考を突破しましょう。

 

通過したエントリーシートを参考にしよう

ガクチカを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてガクチカを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

ガクチカを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートのガクチカをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガクチカで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートのガクチカを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事にガクチカを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

まとめ:ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」のエピソードから社会に活躍できる印象を与えよう!

さて【内定者が教える】ガクチカ /自己PRで「一人暮らし」の回答例文あり!エピソードを魅力的に伝えるコツ、注意点もはいかがだったでしょうか。

この記事のまとめ

◆ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」について話すのはアリ!

◆ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を魅力的に伝えるコツ

  • コツ①:一人暮らし経験と仕事を結び付けて伝える
  • コツ②:一人暮らしをした結果得た学びを伝える
  • コツ③:なぜ一人暮らしを頑張ったのかを伝える

◆ガクチカ/自己PRで「一人暮らし」を伝える際の注意点

  • 注意点①:当たり前のことだと認識されないように伝える
  • 注意点②:一人暮らしのエピソードだけはNG

今回はガクチカ/自己PRで「一人暮らし」について話すときのコツ、伝える際の注意点、回答例について解説してきました。

何もないと思いがちな「一人暮らし」のエピソードにはガクチカ/自己PRで話せるたくさんネタが隠れています。

「一人暮らし」のエピソードを社会に出たときに活躍できる印象を与えることで、非常にインパクトのあるガクチカ/自己PRになります。

これらを意識して面接で「一人暮らし」のエピソードを話してみてください!

「就活の教科書」では内定者ライターや現役の就活ライターがリアルな就職活動の情報を解説しています。

ぜひほかの記事も読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 コウキ