【就活に名刺入れは必要?】ふさわしい名刺入れの選び方 | 名刺交換のマナーも

本ページはプロモーションを含みます

この記事でわかること
\ 就活生2人に1人が利用! / 人気No.1の性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!
こんにちは。「就活の教科書」編集部です。

今回は就活で名刺を使うことについて解説していきます。

就活生のみなさんは、就活に名刺入れを持っていこうと思っていますか?

「就活の教科書」編集部

就活生くん

就活で名刺を貰う機会は多いけど、就活で名刺入れって絶対必要なのかな。

就活生ちゃん

名刺交換の仕方が分からない。

社会人になったら名刺交換をすることになると思うので名刺交換のマナーについて知っておきたいです。

就活で名刺入れが必要か分からない人は多いですよね。

「就活の教科書」編集部

そこでこの記事では、就活の名刺が必要かについてを紹介します。

さらに、就活にふさわしい名刺入れの特徴名刺交換のマナー実際に使用した名刺入れも解説します。

この記事を読めば、「就活の名刺入れが必要か分からない…」と悩むことがなくなります。

「名刺交換も、これでいいのかちょっと不安…」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えすると、「就活始めたけど何をすれば良いのかわからない…」なら、就活生の2人に1人が利用する適性診断AnalyzeU+で、自分の強みと適性職種を診断するのがおすすめです。

ちなみに適性診断AnalyzeU+以外にも、5つの質問で就活の軸を診断できる「キャリアチケットスカウト診断」、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、Webテストで頻出の問題がわかる「SPI頻出問題集もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】就活のやり方が分からない時に使えるおすすめツール(無料)
\ 就活生2人に1人が利用! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、人気No.1の適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

就活に名刺入れは必要?

就活生くん

就活に名刺入れは必要ですか。
就活で名刺入れは必須ではありません。

「就活の教科書」編集部

就活では、名刺入れや自分の名刺を持っていなくても、人事からの印象が悪くなることはありません。

もし、人事の名刺をもらったとしても、名刺入れがなければ、クリアファイルに入れれば大丈夫です。

しかし、名刺入れに相手の名刺を入れることによって、名刺を大事にしていることが伝わり、人事に丁寧な印象を与えられます。

また、名刺入れの中の自分の名刺を渡すことで、自分の顔や人脈が広がるメリットがあります。

名刺には自分の名前の提示の役割以外に、自分の名前や顔を知って覚えてもらえ、人事や上司の名前をいち早く把握できる役割があります。

名刺の作成は自分でお店に行って作るか、大学の事務室に依頼してみましょう。

「就活の教科書」編集部

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

就活にふさわしい名刺入れの特徴3選

就活生くん

就活に名刺は必須ではないことは分かりました。

次に、就活に名刺入れの選び方を教えてください。

就活に無難な名刺入れの選び方は以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部

就活にふさわしい名刺入れの特徴3選
  • 色は黒、こげ茶、暗い紺
  • 素材は革製
  • 内ポケットがついているもの
それでは、就活に無難な名刺入れの選び方について、1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

選び方①:色は黒、こげ茶、暗い紺

就活で無難な名刺入れの選び方1つ目は、「色は黒、こげ茶、暗い紺」です。

名刺入れ自体、就活の面接に必須なものではないため、目立ち過ぎない色を選んで、さりげなく持っていきましょう。

暗い色は汚れも目立ちにくく、就活で大事な清潔感を崩さずに持てます。

「就活の教科書」編集部

 

選び方②:素材は革製

就活で無難な名刺入れの選び方2つ目は、「素材は革製」です。

革製の名刺入れは傷が付きにくく、汚れがついても落としやすいので、長持ちします。

素材は色々ありますが、アルミ製の名刺入れは、カチャカチャと音が出てしまったり、木製の名刺入れは、カジュアルな印象を与えたりするので、避けましょう。

名刺入れは就活後に使うことが多くなるので、長持ちする革製は人気です。

「就活の教科書」編集部

 

選び方③:内ポケットが付いているもの

就活で無難な名刺入れの選び方3つ目は、「内ポケットがついているもの」です。

内ポケットがあると、自分の名刺と相手から貰った名刺を分けることができ、名刺を取り出す時に、自分の名刺が取り出しやすくなります。

相手の前に立った時に、名刺が混合して、あたふたしてしまうリスク回避になり、名刺入れ初心者にお勧めです。

名刺入れを持っていったからには、名刺交換はスマートにこなしたいものですね。

「就活の教科書」編集部

 

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【絶対に知っておくべき!】名刺交換のマナー

就活生くん

就活に名刺は必須ではないこと、無難な名刺入れの選び方は分かりました。

次に、名刺交換のマナーを教えてください。

名刺交換のマナーは以下の2つに気を付けます。

「就活の教科書」編集部

名刺交換のマナー
  • マナー①:名刺の渡し方
  • マナー②:名刺の受け取り方
それでは、名刺交換のマナーについて、1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

マナー①:名刺の渡し方

まず、名刺の渡し方について説明します。

名刺の渡し方
  1. 渡す際は名刺の向きを相手の方向に合わせる
  2. 名刺に両手を添えて渡す
  3. 相手の目を見ながら名刺を渡す

 

マナー②:名刺の受け取り方

次に、名刺の受け取り方について説明します。

名刺の受け取り方
  1. 名刺を受け取る際は立つ
  2. 受け取ってすぐに名刺をしまわない
  3. 受け取った名刺は名刺入れの上に置く
  4. 面談が終わったら名刺入れしまう

 

                                     

就活のやり方に関する記事一覧

「最近就活を始めたけど、何から手を付ければいいか分からない」という就活生には、 就職活動の流れ という記事がおすすめです。

以下の記事を読むだけで、就活の流れを完全に理解できるので、就活生なら必ず読んでほしいです。

就活アドバイザー 京香

             

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

実際に使用した名刺入れ

就活生くん

就活に名刺は必須ではないこと、無難な名刺入れの選び方や名刺交換のマナーは分かりました。

次に、実際に使用した名刺入れを見せてください。

就活で実際に使用した名刺入れはこちらです。

「就活の教科書」編集部

 

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

まとめ:名刺入れは必須ではない

今回の記事では、就活の名刺入れは必要かについてを解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、就活に無難な名刺入れの選び方、名刺交換のマナーや実際に使用した名刺入れも解説しました。

就活の名刺入れについてのまとめは、以下の通りでした。

「就活の教科書」編集部

就活に名刺入れは必要?

 

就活に無難な名刺入れの選び方

  • 色は黒、こげ茶、暗い紺
  • 素材は革製
  • 内ポケットがついているもの

名刺交換のマナー

  • マナー①:名刺の渡し方
  • マナー②:名刺の受け取り方

実際に使用した名刺入れ

就活に名刺入れは、必須ではないことが分かりました。

ただ、名刺入れを持っていると、名刺入れに名刺をしまうことでの丁寧さや、自分の名刺を作成して持ってきた準備の良さで人事からの印象が良くなります。

また、名刺入れを購入して、就活中に使わなかったとしても、就職後に使うので、これを機会に持ち歩くのもいいですね。

「就活の教科書」編集部

 

改めてですが、就活のマナーはいくつも存在します。

そのため、出来ているつもりでもマナーがなっておらず、知らない間に評価を下げてしまうことはよくあります。

就活マナーに関して自信がない方は、下記の記事を事前に合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部