>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【やりたいことがない!】就活で”やりたいこと”は必要?見つけ方も

こんにちは。「就活の教科書」編集部の天野です。
就活生のみなさんは、やりたいことがないと思っていませんか?

「就活の教科書」編集部 天野

就活生くん

就活しているけど、結局自分がやりたいことがないから、やる気も出ない。

就活生ちゃん

やりたいことがない!見つけ方も分からない。
就活ってやりたいことがなかったら焦りますよね。周りがやりたい仕事に向かって頑張っているのを見ると余計にですね。

「就活の教科書」編集部 天野

そこでこの記事では、就活でやりたいことは必要かやりたいことがないデメリットや見つけ方を紹介します。

この記事を読めば、やりたいことが見つかって、納得のいく就活ができます。

「やりたいことがなくて、就活で受ける企業が見つからない!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

就活で「やりたいこと」はあった方がよい

就活生くん

僕にはやりたいことがないです。
そもそも、やりたいことって就活で必要なんですか?
企業に自分の思い伝えるためにも、就活でやりたいことは必要です。

「就活の教科書」編集部 天野

やりたいことがないと、キャリアプランも立てられないため、面接やESで落とされてしまいます。

また、もし受かって入社したとしても目の前の仕事しか見えず、楽しく仕事ができません。

実際、やりたいことをしっかり決めて入社し、仕事をしている社会人は少数派です。

やりたいことがないと、お金を稼ぐことが目的になって仕事が苦になってしまいます。

また、働いているうちにやりたいことはどんどん変わっていきます。

最も重要なのは、現時点での目標をもって、計画的に努力することです。

就活はやりたいことを見つける良い機会であるため、今のうちにやりたいことを見つけておきましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活やりたいことがないデメリット

就活生くん

就活でやりたいことがないデメリットを教えてください。
就活でやりたいことがないデメリットには、以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部 天野

就活でやりたいことがないデメリット
  • デメリット①:エントリーシート(ES)が書けない
  • デメリット②:入社への熱意が伝わらない
  • デメリット③:自分に合っていない仕事に就いて後悔する
それでは、就活でやりたいことがないデメリットを1つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

デメリット①:エントリーシート(ES)が書けない

就活でやりたいことがないデメリットの1つ目は、「エントリーシート(ES)が書けない」です。

やりたいことがないと、エントリーシート(ES)の最も大切な志望動機が思いつきません。

志望動機が思いつかないと、ありきたりな内容になり、他の就活生に差をつけることができません。

エントリーシート(ES)の内容が薄いと、就活する上で大きなハンデになってしまいます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

デメリット②:入社への熱意が伝わらない

就活でやりたいことがないデメリットの2つ目は、「入社への熱意が伝わらない」です。

就活でやりたいことがないと、そもそも入社への熱意がないので、人事に伝わりません。

入社への熱意は、人事が最も重要視する部分なので、すぐに見透かされます。

入社への熱意を完璧に捏造するのは、なかなか難しいので、本心から堂々と熱意を伝えられる企業を探しましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

デメリット③:自分に合っていない仕事に就いて後悔する

就活でやりたいことがないデメリットの3つ目は、「自分に合っていない仕事に就いて後悔する」です。

就活でやりたくない仕事を選んでしまうと、就職後何十年もおもしろくない仕事をすることになります。

自分のやりたくない仕事だとやりがいもなく、ただ目先の仕事と時間に追われる毎日を送ることになります。

せっかく時間をかけて就活したからには、入社後に後悔したくないですね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活でやりたいことの見つけ方

就活生くん

就活でやりたいことがないデメリットがわかりました。
最後に、就活でやりたいことがないと思ったときの見つけ方を教えてください。 
就活でやりたいことがないと思ったときの見つけ方には、以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部 天野

就活でやりたいことがないと思った時の見つけ方
  • 見つけ方①:自分の好きなことや得意なことを書き出してみる
  • 見つけ方②:仕事をする上で何を重要視するか考える
  • 見つけ方③:就活エージェントで自己分析をしてみる
それでは、就活でやりたいことの見つけ方を1つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

見つけ方①:自分の好きなことや得意なことを書き出してみる

就活でやりたいことの見つけ方の1つ目は、「自分の好きなことや得意なことを書き出してみる」です。

就活でやりたいことがないと思っている原因は、「自分の好きなことや得意なことが分かっていない」ということが考えられます。

仕事に繋がるか分からないことでも、小さなことでも書き出してみましょう。

書き出してみると、自分でも気づかなかったやりたいことが見つかります。

自分の好きなことがなかなか書けない場合、やりたくないことや苦手なことを書き出すのもいいですね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

見つけ方②:仕事をする上で何を重要視するか考える

就活でやりたいことの見つけ方の2つ目は、「仕事をする上で何を重要視するか考える」です。

やりたいことがないと言っても、仕事をする上で何を重要視するかはそれぞれ違います。

高い給料が欲しい、福利厚生がしっかり欲しい、残業が少なめで休みがしっかり欲しい、職場の雰囲気がいいところが良いなど、自分がどれを重要視するか順位をつけてみましょう。

仕事で何を重視するかによって、業種や会社を絞っていくことができます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

見つけ方③:就活エージェントで自己分析をしてみる

就活でやりたいことの見つけ方の3つ目は、「就活エージェントで自己分析をしてみる」です。

就活エージェントとは就活生の自己分析を手伝ってくれるサービスです。

自己分析ができると、就活でやりたいことがないと思わなくなり、自分にあった企業に出会えるチャンスが広がります。

就活エージェントは、登録無料で就活相談に乗ってもらえます。
就活の上で重要な、エントリーシート(ES)添削や面接セッティング、企業の紹介までしてくれるのでおすすめです。

「就活の教科書」編集部 天野

就活エージェントについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

まとめ:やりたいことを見つけて自分にあった企業を探すべき

今回は、就活でやりたいことは必要か、やりたいことがないデメリットや見つけ方について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

今回の記事のまとめは、以下の通りでした。

「就活の教科書」編集部 天野

就活やりたいことがない まとめ

そもそも就活で「やりたいこと」は必要?

企業に自分の思い伝えるために必要

就活でやりたいことがないデメリット

  • デメリット①:エントリーシート(ES)が書けない
  • デメリット②:入社への熱意が伝わらない
  • デメリット③:自分に合っていない仕事に就いて後悔する

就活でやりたいことの見つけ方

  • 見つけ方①:自分の好きなことや得意なことを書き出してみる
  • 見つけ方②:仕事をする上で何を重要視するか考える
  • 見つけ方③:就活エージェントで自己分析をしてみる

 

就活でやりたいことがないと、企業に自分の思い伝えられないため、内定がもらいにくいです。

まずは、小さなことでも自分の現段階の目標を探すことが大事です。

就活でやりたいことが今はなくても、得意なことや好きなことを書き出して自分で探す方法や、就活エージェントを利用する方法もあり、簡単に解決できるものでした。

やりたいことがないからと投げやりにならずに、まずは簡単なことから始めていきましょう。

「就活の教科書」編集部 天野