【在宅・副業OK】未経験でもできる文章を書く仕事一覧|働き方,デメリットも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事では「文章や記事を書く仕事」を解説していきます。

あわせて、「文章を書く仕事の働き方」や、「文章を書く仕事のメリット/デメリット」も紹介していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めば文章を書く仕事について理解が深まります。

「文章を書く仕事に就きたい就活生」や、「文章を書く仕事を副業にしたい人」はぜひ最後まで読んでください。

 

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【在宅・副業OK】未経験でもできる文章を書く仕事一覧

就活生くん

久保さん、僕は文章を書くのが得意なので、それを生かした仕事に就きたいです!

ですが、どんな仕事がありますか?

文章を書く仕事って、意外に知らないですよね!

なので、文章を書く仕事一覧を紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

文章を書く仕事一覧
  • 仕事①:Webライター(平均年収:450万円)
  • 仕事②:編集者(平均年収:499万円)
  • 仕事③:新聞や雑誌の記者(平均年収:800万円)
  • 仕事④:校正者(平均年収:422万円)
  • 仕事⑤:校閲者(平均年収:422万円)
  • 仕事⑥:ジャーナリスト(平均年収:450万円)
  • 仕事⑦:ルポライター(平均年収:350万円)
  • 仕事⑧:コピーライター(平均年収:400万円)
  • 仕事⑨:翻訳家(平均年収:467万円)
  • 仕事⑩:作家(平均年収:300万円)
  • 仕事⑪:コラムニスト(平均年収:200万円)
  • 仕事⑫:放送作家・構成作家(平均年収:300万円)
  • 仕事⑬:シナリオライター(平均年収:350万円)
  • 仕事⑭:ブロガー(平均年収:10~20万円)
  • 仕事⑮:テープリライター(平均年収:250万円程度)

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

 

仕事①:Webライター(平均年収:450万円)

文章を書く仕事の1つ目は、「WEBライター」です。

Webライターとは、Web上に投稿する文章を書く仕事です。

WEBサイト上に文章を投稿することが多く、検索エンジンやSNS経由の集客(SEO)を意識することが大切になります。

パソコンで文章を書ける人ならだれでも挑戦することが出来る仕事です。

副業としてのWEBライターは、クラウドソーシング(仕事を頼みたい企業と仕事をしたい個人を繋げるWebサービスの名称)に登録することから始まります。

ほとんどのWEBライターは、文字単価(0.5~0.8円)から始まります。

WEBライターは、副業として始めやすい要素が多いですよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事②:編集者(平均年収:499万円)

文章を書く仕事の2つ目は、「編集者」です。

編集者は、書籍の内容を企画し、関係者に制作の方向性を示し、企画したものを完成させる仕事です。

最近では、紙媒体ではなく、web上でも編集対象のものが増えています。

また、さまざまな企業がオウンドメディアを運営しています。

なので、出版社や編集プロダクションに所属するのではなく、自社メディアを持つ会社の中のWeb編集部に所属して活躍する人も増えています。

そのため、編集者になりたい人は、出版社や自社メディアを持つ会社に就職すると良いでしょう。

僕は、漫画の編集者になりたいと思っています。

でも、企業のオウンドメディアも面白そうですね!

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 久保

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:新聞や雑誌の記者(平均年収:800万円)

文章を書く仕事の3つ目は、「新聞や雑誌の記者」です。

新聞や雑誌の記者は、誌面に掲載する記事を作る仕事です。

取り扱う情報のジャンルによって、記事の特徴も変化します。

また、企業に所属せずフリーで取材する記者も増えているそうです。

ですが、はじめは新聞社等に就職して取材力を磨いてから独立したほうが良いでしょう。

コミュニケーション能力が高く人脈を広げることが得意な人におすすめです。

ドラマや映画などでも取り上げられる職業ですよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事④:校正者(平均年収:422万円)

文章を書く仕事の4つ目は、「校正者」です。

校正者は、原稿と校正刷りを確認し、内容のチェックをする仕事です。

文字の大きさ、書体、組方を含めた誤植などの文字校正を仕事としています。

校正者も、出版社、新聞社、印刷会社に勤務する人が多いですが、フリーランスで仕事を請け負う人も増えています。

正確性とスピードを両立できる人に向いている仕事です。

校正はミスが許されない重要な仕事ですよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事⑤:校閲者(平均年収:422万円)

文章を書く仕事の5つ目は、「校閲者」です。

校閲の仕事は、書籍・雑誌の内容に誤りや矛盾がないかチェックする仕事です。

ですが、募集職種として「校閲者」と表記されていることは少ないです。

それは、募集職種=校正者であり、校正・校閲は、同職種と考えられているからです。

そのため、校閲者になりたい人は、校正の仕事を探してみればいいでしょう。

「校閲ガール」というドラマが流行ったためか、校閲という仕事の認知度は上がってきていますよね!

また、「この職業の他に自分に向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事⑥:ジャーナリスト(平均年収:450万円)

文章を書く仕事の6つ目は、「ジャーナリスト」です。

ジャーナリストは、メディアを通じて、人々に真実を伝えるのが仕事です。

そのため、取材やインタビュー、記事執筆やドキュメント映像の作成をすることがあります。

また、テレビやラジオ、インターネット放送に出演することもあります。

興味のあることをとことん追求できるひとに向いている仕事です。

フリーランスとして活動している人が多いですが、まずは新聞社などの記者から始めるとよいでしょう。

たまに、「〇〇ジャーナリスト」という肩書を持った人がニュースに出ていますよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事⑦:ルポライター(平均年収:350万円)

文章を書く仕事の7つ目は、「ルポライター」です。

ルポライターは、世の中で起きている事象に対して、実際に現場に行って取材をして、記事にする仕事です。

現場での情報収集がすべてであり、非常に忍耐が必要な仕事になります。

情報が足りなかった場合、再度取材しなければならないので、非常に根気のいる仕事です。

そのため、粘り強い人に向いている仕事です。

ルポライターという仕事は、自分は初めて聞きました!

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 久保

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑧:コピーライター(平均年収:400万円)

文章を書く仕事の8つ目は、「コピーライター」です。

コピーライターは、ブランディング(広告などで利用されるイメージ)のためのキャッチコピーを考える仕事です。

コピーライターは、企業から依頼を受けて仕事を進めることになります。

フリーランスではなく会社員の場合、商品の営業やディレクター、デザイナーと連携をとって仕事をすすめます。

フリーランスであれば、企業の募集に応募し、採用されることで仕事を得ることになります。

アンテナが高い人におすすめの仕事です。

CMなどの心打たれる言葉は、コピーライターが作成しているものかもしれません!

ちなみに、コピーライターのコピーは、キャッチコピーのコピーです!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事⑨:翻訳家(平均年収:467万円)

文章を書く仕事の9つ目は、「翻訳家」です。

翻訳家は、外国語を日本語に訳す、または、日本語を外国語に訳す仕事です。

文芸翻訳から始まり、実務翻訳、映像翻訳など、作業は多岐にわたります。

翻訳家になるために必須となる資格はありません。

ですが、語学関係の資格や、一般社団法人日本翻訳協会・一般社団法人日本翻訳連盟などが行なっている認定資格を取ることで仕事を得やすくなります。

普段何気なく見ている吹き替え映画も、翻訳家の人があってこそですね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事⑩:作家(平均年収:300万円)

文章を書く仕事の10個目は、「作家」です。

作家は、書籍や物語など文章を書く仕事です。

作家の収入源は、出版社から払われる原稿料と、単行本の販売により発生する印税です。

また、作家と呼ばれる仕事には、多くの種類があります。

主な作家と呼ばれる仕事は以下の通りです。

主な作家と呼ばれる仕事
  • 小説家
  • 随筆家
  • ノンフィクション作家
  • コラムニスト
  • 戯曲作家(戯曲家)
  • 絵本作家

最初から売れる人は少ないため、売れなくても作品を書き続けることができる忍耐力のある人におすすめです。

〇〇作家と呼ばれる職業はたくさんありますよね。

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事⑪:コラムニスト(平均年収:200万円)

文章を書く仕事の11個目は、「コラムニスト」です。

コラムニストとは、新聞・雑誌・webサイトなどに寄稿する短い記事を執筆する仕事です。

コラムニストの報酬は、固定給ではなく、1記事あたりの原稿料(相場1,000円~数万円)で支払われることがほとんどです。

コラムの執筆のみを仕事にしている人は少なく、大抵ジャーナリスト/作家との兼業や一般の人の副業として取り組まれています。

 

仕事⑫:放送作家・構成作家(平均年収:300万円)

文章を書く仕事の12個目は、「放送作家・構成作家」です。

構成作家とは、テレビ番組やラジオ放送の全体的な演出を考える仕事です。

一方、放送作家とは、構成作家が作成した大まかな構成を基に、細かいセリフを考えて台本を作成する仕事です

番組の内容は、ニュース、ドキュメンタリーからバラエティー番組まで幅広いです。

放送作家や構成作家はフリーランスとして仕事をしている人が多いですが、芸能事務所や番組制作会社に所属して正社員として仕事をしている人もいます。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑬:シナリオライター(平均年収:350万円)

文章を書く仕事の13個目は、「シナリオライター」です。

シナリオライターとは、映画・テレビドラマ・ゲームなどの脚本を作成する仕事です。

シナリオライターはフリーランスとして仕事をしている人がほとんどです。

シナリオライターになるには、映像関連の業界で仕事をしてコネクションを作ったり、小説や脚本のコンクールで入賞して仕事をもらうなどの方法があります。

 

仕事⑭:ブロガー(平均年収:10~20万円)

文章を書く仕事の14個目は、「ブロガー」です。

ブロガーは、ブログに記事を書いてアクセスを集め、広告を貼ったり、記事本文に対して課金したりして収入を得る仕事です。

ですが、ブロガーの約70%が月給1万円以下です。

そのため、基本的には本業ではなく副業として行うことがおススメです。

副業としても、自分の武器になるコンテンツを持っておく必要があります。

ブログで広告収入が得られれば一人前への道が開けてますよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事⑮:テープリライター(平均年収:250万円程度)

文章を書く仕事の15個目は、「テープリライター」です。

テープリライターは、会議やインタビューの録音を文字に起こす仕事です。

企業で正社員として働く場合は年収で190万円〜350万程度になることが多いです。

副業として案件を受ける場合は、音声1時間あたり3000円〜6000円が相場になります。

インタビューのような比較的簡単な音声であれば時給換算で5000円やそれ以上を狙うこともできます。

ですが、複数人の会議やノイズが入る講演会などでは作業効率が落ちてしまう場合もあります。

また、クラウドソーシングサイトを使う場合だと報酬の20%程度が手数料として取られる場合もあるため、安定して稼ぐのは難しいと言えます。

以上が文章を書く仕事15個です。

自分に合った仕事が見つかりましたか?

「就活の教科書」編集部 久保

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

文章を書く仕事の働き方

就活生くん

文章を書く仕事の働き方ってどんなものがあるんでしょうか?

久保さん、教えてください!

わかりました!

それでは、文章を書く仕事の働き方を紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

文章を書く仕事の働き方
  • 働き方①:副業として働く
  • 働き方②:正社員として働く
  • 働き方③:フリーランスとして働く

 

働き方①:副業として働く

文章を書く仕事の働き方1つ目は、「副業として働く」です。

先述した通り、WEBライターやブロガーは副業として働きやすい仕事です。

それは、自分の本業の邪魔にならないことが大切です。

なので、未経験でもできる職業を、副業としておすすめします。

文章を書く仕事は、専門的なスキルを必要としないため、副業として検討してみましょう。

記事/文章は、書き方を覚えれば本業にも利用できそうです!

「就活の教科書」編集部 久保

 

働き方②:正社員として働く

文章を書く仕事の働き方2つ目は、「正社員として働く」です。

文章を書く仕事で、正社員で代表的なのは、記者や編集者、ルポライターなどです。

また、翻訳や広報担当なども文章を書く仕事に含まれます。

正社員であれば年収も安定していて、保険にも加入できるので、非常にメリットが大きいです。

正社員として働くには、文章を書く仕事が好きでないと難しそうですね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

働き方③:フリーランスとして働く

文章を書く仕事の働き方3つ目は、「フリーランスとして働く」です。

文章を書く仕事で、フリーランスとして業務委託を請負けおうというスタイルは多いです。

未経験でいきなり文章を書く仕事の正社員になるのはハードルが高いかもしれません。

なので、まずはフリーランスとして経験を積み、実績を上げることを選択肢に入れてみましょう。

しかし、正社員ではないため、保険に入れなかったり給料が安定しないことがフリーランスのデメリットです。

フリーランスは、副業を本業にした感じですね!

「就活の教科書」編集部 久保

記事を書く仕事にも、フリーランスとして働くか、サラリーマンとして働くかの2種類があることが理解できたと思います。

自分はフリーランスかサラリーマンのどちらに向いているのかわからないという人は以下の記事でそれぞれについて詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 久保

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

文章を書く仕事のメリット

就活生ちゃん

文章を書く仕事のメリットって何があるんでしょうか?

久保さん、教えてください!

わかりました!

それでは、文章を書く仕事のメリットを紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

文章を書く仕事のメリット
  • メリット①:副業/フリーランスならどこでもいつでも働ける
  • メリット②:スキルが身につく
  • メリット③:基本的に誰でも稼げる

 

メリット①:副業/フリーランスならどこでもいつでも働ける

文章を書く仕事のメリットの1つ目は、「副業/フリーランスならどこでもいつでも働ける」です。

文章を書く仕事は、基本的に人とのコミュニケーションが必要ありません。

なので、職場で働くことがなく、カフェや自宅などで自由に働くことが出来ます。

また、記事/文章を書くことは、内容ができていればいつ書いても問題ありません。

これらから、「副業/フリーランスならどこでもいつでも働ける」ことは、文章を書く仕事のメリットと言えます。

スターバックスなどで仕事をしている人を見ると、羨ましく感じます。

「就活の教科書」編集部 久保

 

メリット②:スキルが身につく

文章を書く仕事のメリットの2つ目は、「スキルが身につく」です。

文章を書く仕事は、文章を書くスキルが身に付きます

文章を書くスキルが身に付くことで、書類作成に役に立ちます。

また、WEBマーケティングやSEOライティングについて学ぶことも出来ます。

なので、「スキルが身につく」ことは、文章を書く仕事のメリットと言えます。

文章能力が上がることは、非常に便利ですよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

メリット③:基本的に誰でも稼げる

文章を書く仕事のメリットの3つ目は、「基本的に誰でも稼げる」です。

文章を書く仕事は、パソコンで文章を書くことが出来れば、基本的に誰でも仕事ができます

なので、基本的に誰でも稼げるのです。

これは、副業として行う際でも大きなメリットになります。

今この記事を読んでいる人も初めてみてはいかがでしょうか?

「就活の教科書」編集部 久保

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

文章を書く仕事のデメリット

就活生ちゃん

記事を書く際のメリットはわかりました!

なので、デメリットも紹介してください!

わかりました!

それでは、文章を書く仕事のデメリットを紹介しています!

「就活の教科書」編集部 久保

文章を書く仕事のデメリット
  • デメリット①:自分が書きたい内容の記事を書けるとは限らない
  • デメリット②:実績を積まないと稼げない
  • デメリット③:成果報酬が多い

 

デメリット①:自分が書きたい内容の記事を書けるとは限らない

文章を書く仕事のデメリット1つ目は、「自分が書きたい内容の記事を書けるとは限らない」です。

文章を書く仕事は、依頼を受けて記事/文章を書くことが多いです。

そして、その依頼は、自分の興味関心のある内容ではないかもしれません。

そういった場合でも、記事/文章を書かなければならないのです。

なので、「自分が書きたい内容の記事を書けるとは限らない」ことは、文章を書く仕事のデメリットと言えます。

自分のブログやWEBサイトを作ってみたらいいかもしれません。

「就活の教科書」編集部 久保

 

デメリット②:実績を積まないと稼げない

文章を書く仕事のデメリット2つ目は、「実績を積まないと稼げない」です。

記事/文章を作成する仕事は、実績によって報酬にかなり差があります

実績を積んだライターが、文字単価1.0~1.2円なのに対して、初心者の方は0.1~0.5円ほどです。

なので、実績を積むまでは、低い報酬で作業を続ける必要があります。

実績を積むと、すごく効率のいい仕事ができるようになるかもしれません!

「就活の教科書」編集部 久保

 

デメリット③:成果報酬が多い

文章を書く仕事のデメリット3つ目は、「成果報酬が多い」です。

成果報酬とは、「依頼先の“求める成果”に対して、一定以上結果を提示することで報酬を受け取れる」という仕組みです。

この成果は、記事/文章によって変わります。

そして、求める成果に達しなかった場合、報酬がもらえない可能性があるのです。

成果報酬は、報酬が高く設定されている場合が多いですが、達成できなかった場合のリスクも考えておきましょう。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

未経験から副業を始めるための4STEP

就活生ちゃん

私は未経験ですが、WEBライターを副業で始めたいです!

どうすればいいですか?

では、未経験から副業を始めるための4STEPを解説していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

STEP①:クラウドソーシングサイトに登録する

STEP①は「クラウドソーシングサイトに登録する」です。

クラウドソーシングサイトとは、インターネットを介して業務案件を依頼・受注できるサービスです。

具体例としては、クラウドワークスランサーズが有名です。

未経験の場合、案件を取ることがかなり難しいです。

しかし、クラウドソーシングサイトを活用すれば、案件の獲得が比較的簡単にできるようになります。

また、企業が仲介してくれているため、トラブルも起こりづらいと言えます。

 

STEP②:プロフィール・資格・スキルを記入する

STEP②は「プロフィール・資格・スキルを記入する」です。

案件の依頼者はプロフィールを見て誰に依頼するかを決めるので、プロフィールを充実させることはとても大切です。

プロフィールには基本情報に加え、保有している資格、スキル、得意な分野を書くと、依頼者も受注判断がしやすくなります。

ライターであれば、「なんでも書けます!」と言うよりも「アウトドアグッズ、レジャー関係が得意です!」と記載してある方が、仕事を任せやすいですよね。

就活アドバイザー 京香

 

STEP③:案件に応募する

プロフィールの記入が完了したら、いよいよ実際の案件を受注していきましょう。

未経験者や実績がない場合、クライアント側からオファーをかけてくることはほぼありません

そのため、自分から掲載されている案件に応募する等、積極的なアクションをしましょう。

 

STEP④:質の高い成果物を納品して実績を積む

見事受注できても、まだ安心はできません。

受注した案件を締切までに確実に終わらせましょう。

誤字脱字が多い場合や、クオリティが基準未満の場合は差し戻されることもあるので、質の高い成果物を納品できるよう心がけましょう。

なお、クラウドソーシングサイトでは、依頼者が受注者を評価するシステムがあり、それが実績としてプロフィールに載ることがほとんどです。

そのため、受注した案件は必ず期日を守り、クオリティも妥協しないようにしましょう。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

文章を書く仕事に関するよくある質問

就活生ちゃん

文章を書く仕事に関して、いくつか質問があるのですが・・・

久保さん、答えてもらってもいいですか?

わかりました!

それでは、文章を書く仕事に関するよくある質問を紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

文章を書く仕事に関するよくある質問
  • 質問①:文章を書く仕事に向いている人の特徴は?
  • 質問②:記事や文章を書く仕事は資格が必要?
  • 質問③:記事や文章を書く仕事は本当に書くだけ?
  • 質問④:未経験の副業ならどれくらい稼げるの?
  • 質問⑤:記事を書く仕事には何がある?
  • 質問⑥:文章を書く仕事の求人の探し方は?

 

質問①:文章を書く仕事に向いている人の特徴は?

文章を書く仕事に関するよくある質問の1つ目は、「文章を書く仕事に向いている人の特徴は?」です。

結論から言うと、以下の3つに当てはまる人は文章を書く仕事に向いているでしょう。

文章を書く仕事に向いている人の特徴
  • 特徴①:PCで文章を書くのが好きな人
  • 特徴②:修正にも丁寧に対応できる人
  • 特徴③:情報収集が得意な人

 

質問②:記事や文章を書く仕事は資格が必要?

文章を書く仕事に関するよくある質問の2つ目は、「記事や文章を書く仕事は資格が必要?」です。

結論から言うと、文章を書く仕事に資格は必要ないです。

なので、副業としても行いやすいです。

資格が必要ないのは、始めやすい要因になりますね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

質問③:記事や文章を書く仕事は本当に書くだけ?

文章を書く仕事に関するよくある質問の3つ目は、「記事や文章を書く仕事は本当に書くだけ?」です。

結論から言うと、記事/文章を書くだけではないです。

記事/文章を書いた後、文章校正をしたり、キーワード数などを確認しなければなりません。

さらに、記事/文章にあった画像や表を作成しなければなりません

なので、記事や文章を書く仕事は書くだけではありません。

仕事も自分で探さないといけないと考えると、やはり書くだけでは終われませんね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

質問④:未経験の副業ならどれくらい稼げるの?

文章を書く仕事に関するよくある質問の4つ目は、「未経験の副業ならどれくらい稼げるの?」です。

結論から言うと、未経験者は、文字単価0.1〜0.5円ほどから始まることが多いです。

1記事が1万文字とすると、1記事1000円~5000円です。

ですが、実績を積みスキルが身に付いてくると文字単価が1円~になります。

なので、未経験の副業ならば、大体1記事1000円~5000円と考えておきましょう。

文字単価が1円になれば、相当効率がいいですよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

質問⑤:記事を書く仕事には何がある?

記事を書く仕事には①新聞記事②雑誌記事③ネット記事の3種類があります。

記事を書く仕事一覧
  • 新聞記者
  • 雑誌記者
  • Webライター

 

質問⑥:文章を書く仕事の求人の探し方は?

文章を書く仕事は次の2STEPで見つけることができます。

文章を書く仕事の求人の探し方

STEP①:文章を書く仕事一覧から興味のある仕事を探す

STEP②:求人サイト(indeedなど)から求人を見つける

例えば、シナリオライターになりたいと思った場合は、indeedの検索ワードに「シナリオライター」と打てば求人が出てきます。

また、「シナリオライター 未経験」と検索すれば、未経験可の求人が見つかりますよ。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:未経験で文章を書く仕事をしたいなら、副業でWebライターがおすすめ

本記事「【未経験でもできる】文章を書く仕事一覧|働き方、メリット・デメリットも」はいかがだったでしょうか?

皆さんの悩みを少しでも解消できたならば幸いです。

この記事では、「文章を書く仕事」を解説しました。

併せて、「文章を書く仕事の働き方」や、「文章を書く仕事のメリット/デメリット」も紹介しました。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【正社員も可能】文章を書く仕事一覧

  • 仕事①:Webライター(平均年収:450万円)
  • 仕事②:編集者(平均年収:499万円)
  • 仕事③:新聞や雑誌の記者(平均年収:800万円)
  • 仕事④:校正者(平均年収:422万円)
  • 仕事⑤:校閲者(平均年収:422万円)
  • 仕事⑥:ジャーナリスト(平均年収:450万円)
  • 仕事⑦:ルポライター(平均年収:350万円)
  • 仕事⑧:コピーライター(平均年収:400万円)
  • 仕事⑨:翻訳家(平均年収:467万円)
  • 仕事⑩:作家(平均年収:300万円)

【在宅副業も可能】未経験でもできる文章を書く仕事

  • 仕事①:Webライター(平均年収:200万円)
  • 仕事②:ブロガー(平均年収:100万円)

◆文章を書く仕事の働き方

  • 働き方①:副業として働く
  • 働き方②:正社員として働く
  • 働き方③:フリーランスとして働く

文章を書く仕事のメリット

  • メリット①:副業/フリーランスならどこでもいつでも働ける
  • メリット②:スキルが身につく
  • メリット③:基本的に誰でも稼げる

◆文章を書く仕事のデメリット

  • デメリット①:自分が書きたい内容の記事を書けるとは限らない
  • デメリット②:実績を積まないと稼げない
  • デメリット③:成果報酬が多い

文章を書く仕事に関するよくある質問

  • 質問①:記事や文章を書く仕事は資格が必要?
  • 質問②:記事や文章を書く仕事は本当に書くだけ?
  • 質問③:未経験の副業ならどれくらい稼げるの?

◆企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

まとめ:未経験で文章を書く仕事をしたいなら、副業でWebライターがおすすめ