【学歴フィルターは?】LINEの採用大学ランキング| 就職難易度,倍率も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • LINEの採用について
  • LINEの採用大学一覧
  • LINEの採用大学で学歴フィルターは存在しない
  • LINEに採用されるための対策法・新卒選考フロー
  • LINEの採用に関するよくある質問
  • 「IT業界の優良企業に就職したい!」という就活生は、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめ

就活生のみなさん、こんにちは!「就活の教科書」編集部の北尾です。

この記事ではLINEの採用大学、また学歴フィルターの有無について詳しく解説していきます。

就活生のみなさんの中に「LINEってどういう企業なんだろう?」「LINEの採用に興味がある」と考える人も多いのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 北尾

就活生くん

LINEは僕たちにとっても身近なツールなので、どういう採用を行っているのか興味があります。

就活生ちゃん

学歴フィルターはあるのでしょうか?詳しく知れたら嬉しいです!

それでは、この記事を通してLINEの採用システムについて一緒に見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 北尾

この記事では、株式会社LINEの採用大学・学歴一覧、学歴フィルターはあるのかについて詳しく解説していきます。

あわせて、LINEの採用/就職難易度・LINEの採用選考フロー、また採用に関するよくある質問も紹介します。

LINEに入りたい」「LINEに興味がある」という方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事を読めば、LINEがどのような基準どのような人を採用しているのかわかり、具体的な対策が取りやすくなります。

「IT業界に就職したいけど、ブラック企業は避けたい…」という方は、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

「レバテックルーキー」を使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良IT企業を紹介してもらえるので、学歴に自信が無くてもホワイトIT企業に出会えます。

また、IT企業の選考に特化したES添削・面接対策をしてもらえるため、選考でかなり有利になりますよ。

就活アドバイザー 京香

>> 「レバテックルーキー」を見てみる

 

【ざっくり解説】LINEの採用について

就活生くん

LINEに就職したいと思っているのですが、そもそも採用システムについてあまりわかっていません。

どれくらいの採用人数なんでしょうか?教えてください!

わかりました!

それでは、LINEという企業について少し説明した後、採用についてもざっくり解説していきます。

「就活の教科書」編集部 北尾

LINE株式会社は、今では多くの人が使っているソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の一つであるLINE事業を手がける会社です。

現在、日本でもトップレベルのユーザー数を持つLINEサービスを展開しています。

LINE株式会社の会社概要は以下のとおりです。

LINE株式会社の会社概要
会社設立 2019年12月13日
本拠地所在地 四谷オフィス/〒160-0004 東京都新宿区四谷一丁目6番1号 四谷タワー23階
従業員数 (LINE株式会社単体)約2,800名 (グループ全体)約8,700名
事業内容
  • アプリ・プラットフォーム事業
  • コンテンツ事業
  • 広告・金融事業
平均年収 770万円
平均年齢 35.3歳

参考:LINE公式サイト

LINEの採用について
  • ①:採用人数について

⇒ およそ100人~150人

  • ②:採用の男女比について

⇒ 公表されていないが、区別はないと思われる

  • ③:採用倍率について

⇒ 公表されていないが、おそらく50~100倍程度

①:採用人数について

LINEの採用人数ですが、2023年の新卒採用サイトでは、約105名の採用があります。

職種は、大きく分けてエンジニア・デザイン・セールス・企画の4つがあります。

2023年の新卒採用予定の内訳は以下の通りです。

  • 開発エンジニア:40名程度
  • インフラエンジニア:10名程度
  • セキュリティエンジニア:若干名
  • 機械学習エンジニア:10名程度
  • データサイエンティスト:若干名
  • データエンジニア:5名程度
  • データマネジメント:5名程度
  • プロダクトデザイナー(UI):5名程度
  • BXデザイナー:若干名
  • モーションデザイナー:若干名
  • セールス職:20名程度
  • 広告職:10名程度

 

去年は約150名の採用予定だったので、例年少しずつ変わっているようです。

「就活の教科書」編集部 北尾

②:採用の男女比について

結論から言うと、採用の男女比の情報は見つかりませんでした

また、LINEは社員の男女比も公開していないため、男女比についての詳しい情報は分かりません。

ただ、LINEの社員の口コミを見ると「役員に女性がいて働きやすい」「昇進に男女は関係ない」などと言われています。

LINEで働いたことのある方のほとんどは「女性が働きやすい環境」だと捉えていると思われます。

男女の違いにこだわらず、性別で区別しない新しい企業の在り方が見えますね。

「就活の教科書」編集部 北尾

③:採用倍率について

LINEの採用における倍率は、正確には公表されていませんが、50~100倍程度と言われています。

具体的には、理系やITに強い学生が対象となるエンジニア職、デザイン職などは50倍と言われています。

セールス・企画などは、文系の学生が殺到するため100倍ほどの倍率になると予想されます。

職種によって倍率が変わってくるので注意が必要です。

やはり有名な企業なだけあって、倍率は高めですね。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

「文系からでもエンジニアになりたい!」「エンジニアとしての就活って?」という方には、IT系に特化した就活サイト/エージェントの利用をおすすめします。

【内定者が選んだ】ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れます。

ちなみに、未経験からエンジニアなりたい就活生はレバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

サイトやエージェントによっては、無料プログラミング学習や逆求人などのサポートもありますよ。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを利用してみる


【出身大学はどこ?】LINEの採用大学/学歴一覧

就活生ちゃん

やっぱりLINEの採用の倍率は高いんですね。

LINEの採用大学にはどんな大学があるのでしょうか?

はい、それではLINEの今までの採用大学一覧を見てみましょう。

「就活の教科書」編集部 北尾

LINEの採用大学一覧

東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、東京理科大学、学習院大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京外国語大学、電気通信大学、東京都立大学

有名大学が多めですね!

「就活の教科書」編集部 北尾

難関IT企業からの内定が欲しいならエンジニア就活に特化したレバテックルーキーがおすすめ!

レバテックルーキーを利用すれば、5,000社以上のIT企業のネットにはない情報が得られたり、面接やカウンセリングをオンラインで受けられます。

また、選考対策も行ってくれるので、上手く活用できれば、最短2週間で難関IT企業からも内定を獲得できます!

IT業界の就活サポートに特化しており、IT企業志望の就活生からも高く評価されているので、あなたもぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを利用してみる

 

LINEの採用大学で学歴フィルターは存在するの?

就活生くん

LINEの採用大学はよく分かりました!

では、実際にLINEに学歴フィルターは存在するのでしょうか?

学歴フィルターは就活においての不安要素の一つですよね。

一緒に見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 北尾

結論:LINEに学歴フィルターは存在しない

結論から言うと、LINEに学歴フィルターは存在しないと言えます。

採用大学の一覧だけを見ると、学歴フィルターがあるようにも思えます。

ですが、LINEの募集要項を見ても「学歴・学部・学科不問」と書いてあり、学歴を最重要視してるようには見えません

ただ、やはり難関国公立大学や早慶・GMARCHには優秀な学生が多いため、採用されやすくなっていると考えられます。

どこから学歴フィルターがかかるの?など疑問がある人は、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 北尾

理由:産近甲龍・日東駒専レベルからも採用があるため

「LINEに学歴フィルターが明確には存在しない」といえる理由としては、産近甲龍・日東駒専レベルからも採用があるためです。

産近甲龍・日東駒専レベルの大学は、LINEの採用においては中立と言われています。

先ほども述べた通り、難関国公立や早慶などと比べると採用人数は少なめですが、産近甲龍・日東駒専レベルからも採用はあります

学歴フィルターと言うより「その人の素質を見て採用されている」と考えた方が良いでしょう。

注意点:産近甲龍・日東駒専レベルがほぼボーダー

注意しなければならない点は、産近甲龍・日東駒専レベルがほぼボーダーとなる点です。

産近甲龍・日東駒専レベル以下の大学からの採用はほとんどないと言われています。

理系の学生で、エンジニア職やデザイン職を目指す人ならまだ可能性があるかも知れません。

ですが、産近甲龍・日東駒専レベルがボーダーラインであることは間違いないと思われます。

いわゆるFランと言われる大学からの就職は厳しいと言われています。

ですが、学歴が低くても就活で成功することはできます。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

IT業界の優良企業やホワイト企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良IT企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいますよ。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる

 

当サイトがおすすめする就活エージェントは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

LINEに採用されるための対策法

では、ここからは、LINEに採用されるための対策法5つを見ていきます。

LINEに興味のある就活生の皆さんは、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 北尾

LINEに採用されるための対策法
  • 対策法①:「unistyle」を使って内定者のESや面接解答を把握しておく
  • 対策法②:「成長意欲/チャレンジ精神」などの経験をアピールできるエピソードを探す
  • 対策法③:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく
  • 対策法④:「なぜLINEなのか」を明確にしておく
  • 対策法⑤:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

対策法①:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく

LINEに採用されるための対策法の1つ目は「unistyle」を使って内定者のESや面接解答を把握しておくことです。

unistyleのLINEページで確認できる情報は以下の通りです。

LINEページの内容
  • LINEの締切・選考情報
  • 本選考のES
  • インターンのES
  • 本選考レポート
  • インターンレポート

LINEを目指すなら、必ずチェックしましょう。

実際の選考に使われたESなど、参考になる情報が沢山載っています。

>> unistyleのLINEページはこちら

 

対策法②:「成長意欲/チャレンジ精神」などの経験をアピールできるエピソードを探しておく

LINEに採用されるための対策法の2つ目は「成長意欲/チャレンジ精神」などの経験をアピールできるエピソードを探しておくことです。

LINEでは、素直に周りから学ぶ姿勢・常に学び続ける成長意欲がかなり重要視されています。

と言うのも、LINEはまだまだ成長過程でこれからさらに大きな変革をもたらしていこうとしているからです。

その中で、現状に満足して学ぶことをやめてしまう人は、企業としても足並みが揃わず、合わないと思われてしまいます。

また、これからLINEが新しいことに挑戦していく中で、失敗してもどんどんチャレンジしていくチャレンジ精神も大切です。

LINEには、挑戦し、たとえそれで失敗したとしても許される寛容な環境があります。

LINEが求める「成長意欲/チャレンジ精神」などをアピールできるエピソードを探しておくと、採用の際も有利になります。

ESを書く際にも役立つので、LINEが求める人物像についてもチェックしておきましょう。

>> LINEが求める人物像はこちら

 

対策法③:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく

LINEに採用されるための対策法3つ目は、インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておくことです。

インターン参加者の中でも優秀な人は、本選考への早期案内や選考ステップの一部免除などを受けることができます。

サマーインターンでは、企画職・セールス職から合わせて3つのインターンが準備されています。

昨年のセールス職のインターンの倍率は80倍を超えるなど、人気のあるインターンです。

インターンには、社員の人との交流を深め企業の雰囲気を掴める利点もあります。

インターン選考対策・感想を知りたい方は、LINEのインターンページやHPを参考にしてみてください。

>> LINEインターンの公式ページはこちら

 

以下の記事では、インターンシップについて徹底解説しています。

興味のある方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 北尾

 

対策法④:「なぜLINEなのか」を明確にしておく

LINEに採用されるための対策法4つ目は、「なぜLINEなのか」を明確にしておくことです。

現在、急成長しているアプリ・プラットフォーム事業の企業なら他にも存在します。

その中で「なぜLINEを選ぶのか」を明確にしておくことは大切です。

他の企業との差別化を図るためにも、企業研究をしっかり行いましょう。

LINEの強み・業界での立ち位置も把握しておくと、LINEの良さ・個性も見えてきます。

自分の経験・思いと合わせて「なぜLINEなのか」を自分の言葉で言えるようにしましょう。

 

対策法⑤:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

LINEに採用されるための対策法5つ目は、OBOG訪問などをして他の就活生と差別化することです。

OBOG訪問とは、実際にその企業に入社した人や内定者の方に実際に会い、採用に関してのアドバイスを受けることです。

「年次の若い方にOB訪問をし、面接で聞かれることの内容や、選考の段階で気を付けるべき点などを聞いた」という人もいるようです。

また、面接などの選考過程でどのようなことに意識して話せば良いのか、を聞いた人もいます。

OBOG訪問でしか聞けないことがきっと沢山あるはずです。

実際にその企業で働く先輩に話を聞ける貴重な機会でもあるので、積極的にOBOG訪問をし、他の就活生と差別化していきましょう。

LINEに採用されるための解決法5つを紹介しました。

ぜひ紹介した解決法を使ってみてください。

また、OB・OG訪問について全く分からない・・・という人は以下の記事もご覧ください!

「就活の教科書」編集部 北尾

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

LINEの新卒採用選考フロー

就活生くん

LINEに採用されるための解決法はよくわかりました。

LINEの実際の新卒採用選考フローについても知りたいのですが……

そうですよね、選考フローを知ってこそ、応募するか決めることができますよね。

それでは、LINEの新卒採用選考フローについて一緒に見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 北尾

まず、LINEの新卒採用選考にはエンジニア職・デザイン職・セールス職・企画職の4つの職種があります。

その4種の職種全てにおいて、採用選考フローが違うという点に注意が必要です。

それでは、それぞれの職種の採用選考フローを見ていきましょう。

エンジニア職の採用選考フロー
  • フロー①:エントリー
  • フロー②:コーディングテスト
  • フロー③:面接(複数回)
  • フロー④:内定
デザイン職の採用選考フロー
  • フロー①:エントリー
  • フロー②:課題・ポートフォリオ提出
  • フロー③:面接(複数回)
  • フロー④:内定
セールス職の採用選考フロー
  • フロー①:エントリー
  • フロー②:SPI
  • フロー③:面接(複数回)
  • フロー④:内定
企画職の採用選考フロー
  • フロー①:エントリー
  • フロー②:課題提出
  • フロー③:面接(複数回)
  • フロー④:内定

全ての職種で、フローの②に当たる部分がそれぞれ違っていますね。

さらに詳しい採用情報や、職種別の募集要項などは公式サイトで確認してみてください!

「就活の教科書」編集部 北尾

>> LINEの新卒採用ページはこちら

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

LINEの採用に関するよくある質問

LINEの採用に関するよくある質問3つをまとめてみました。

LINEを目指している方は最後まで読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 北尾

LINEの採用に関するよくある質問
  • 質問①:LINEはどんな会社なの?
  • 質問②:LINEのESの通過率は?
  • 質問③:LINEの就活難易度は?

質問①:LINEはどんな会社なの?

LINEは、コミュニケーションアプリであるLINEの運営・LINEを通したLINEプラットフォームの運営を行っています。

具体的には、LINEプラットフォームとして、音楽・漫画などのコンテンツプラットフォームを提供しています。

それに加えて、決済などのライフプラットフォームを提供しているのもLINEの業務の特徴です。

勤務地は、ほとんどの場合東京ですが、営業やエンジニアの場合、関西や中部・東北など日本全国での募集もあります。

また、LINEには従業員への手厚い福利厚生の制度もあります。

LINEでの働き方や、LINEの福利厚生を含めた会社情報を知りたい方は、公式サイトをチェックしてみてください。

>> LINE株式会社公式サイトはこちら

質問②:LINEのESの通過率は?

LINEのESの通過率は明らかになっていません。

LINEだけではなく、どんな企業を受けても、平均的には通過率は約50%だと言われています。

適当に書いて送ったESや、中身がないESは簡単に見抜かれてしまいます。

どんなESなら書類選考を通過できるのか、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

ESの合格率を高める方法について解説しています。

「就活の教科書」編集部 北尾

質問③:LINEの就職難易度は?

率直に言うと、就職難易度はやや難です。

学歴フィルターがないとはいえ、スキルの有無や、他の人と一緒に働けるかなどの協調性はかなり重要視されます。

職種によって採用人数も違い、採用されやすい職種もあるかも知れませんが、採用の基準はかなり高いといえます。

年収・売上・就職偏差値などからみたWEB系企業ランキングについては、以下の記事で詳しく解説しています。

他のWEB系企業と比較してみたい方は、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

   

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:LINEについて詳しく知って、内定を勝ち取ろう

本記事「【学歴フィルターは?】LINEの採用大学一覧 | 就職難易度、倍率も」はいかがだったでしょうか?

この記事では、株式会社LINEの採用大学・学歴一覧、学歴フィルターはあるのかについて詳しく解説しました。

あわせて、LINEの採用/就職難易度・LINEの採用選考フロー、また採用に関するよくある質問も紹介しました。

最後にこの記事のまとめを書いておきます。

LINEの採用に興味のある方は、ぜひもう1度読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 北尾

この記事のまとめ

◆【ざっくり解説】LINEの採用について

  • ①:採用人数について
  • ②:採用の男女比について
  • ③:採用倍率について

◆【出身大学はどこ?】LINEの採用大学/学歴一覧

◆LINEの採用大学で学歴フィルターは存在するの?

  • 結論:LINEに学歴フィルターは明確には存在しない
  • 理由:産近甲龍・日東駒専レベルからも採用があるため
  • 注意点:産近甲龍・日東駒専レベルがほぼボーダー

◆LINEに採用されるための対策法

  • 対策法①:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく
  • 対策法②:「成長意欲/チャレンジ精神」などの経験をアピールできるエピソードを探しておく
  • 対策法③:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく
  • 対策法④:「なぜLINEなのか」を明確にしておく
  • 対策法⑤:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

◆LINEの新卒採用選考フロー

◆LINEの採用に関するよくある質問

  • 質問①:LINEはどんな会社なの?
  • 質問②:LINEのESの通過率は?
  • 質問③:LINEの就職難易度は?

◆まとめ:LINEについて詳しく知って、内定を勝ち取ろう