>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【内定者が教える】就活アドバイザーを利用する4つのメリット | どんな学生が使うべき?

みなさんこんにちは、「就活の教科書」編集部の堀本です。
就活をしていると、周りで就活アドバイザーを利用している友達と会ったことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

そういえば、就活アドバイザーを使って、就活相談も兼ねた面談をしている友達がいます。
僕も就活アドバイザーを使ってみようか迷っています。

就活生ちゃん

就活アドバイザーは聞いたことがあります。
就活アドバイザーを使うメリットやデメリットを知っておきたいです。

ここ数年で就活アドバイザーを利用する就活性は増えてきています。
しかし、就活アドバイザーを利用する前に、どのようなものなのかを知っておきたいですよね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

そこでこの記事では、就活アドバイザーを利用するメリット・デメリットについて解説します。

また、就活アドバイザーを利用するうえで気を付けるべきことや、就活アドバイザーを使うべき就活生の特徴についても解説します。

この記事を読めば、「就活アドバイザーってなんだろう。使うべきなのかな…」と悩むこともなくなります。

「就活アドバイザーを使ってみたいけど、評判ってどうなんだろう?」そんな主活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

目次

そもそも就活アドバイザーとは

就活生くん

そもそも就活アドバイザーとは何ですか?

初めに、就活アドバイザーについて解説しますね。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活アドバイザーとは、就職に関する相談に乗ってくれる人のことです。

具体的には、就活生の特性や適性、能力から、就職先を紹介してくれます。

人生における長期的なキャリアプランも考えつつ就職先を紹介するのが、就活アドバイザーの役割です。

就活アドバイザーは、「就活エージェント」「キャリアコンサルタント」とも呼ばれています。

就活エージェントおすすめについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活アドバイザーを利用するメリット

就活生ちゃん

就活アドバイザーが就活相談に乗ってくれるのはわかったけど、利用するかはメリット次第で考えたいと思います。

では次に、就活アドバイザー利用するメリットについてお話ししていきます。
就活アドバイザーを利用する主なメリットは、こちらの4つです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活アドバイザーを利用するメリット4つ
  • 内定先とのミスマッチが減る
  • 大手以外の優良企業と出会える
  • 就活セミナーやイベントの情報を知れる
  • 内定が出るまで早いことが多い

就活アドバイザーを利用するメリット4つのそれぞれについて、解説していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

メリット①:内定先とのミスマッチが減る

就活アドバイザーを利用するメリットの1つ目は、内定先とのミスマッチが減ることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

新卒3年以内の離職率はかなり高いと聞いたので、離職をしないような、自分に見合った企業に就職したいです。

新卒の3人に一人が、3年以内に離職するというデータもあります。
就活アドバイザーを利用して、自分に見合った企業に就職しましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活アドバイザーとの面談では、自己分析をしてくれたり、自分の強み弱みを聞いてくれます。

そのため、プロの目線で就活生に本当に合った企業を紹介してくれて、企業とのミスマッチが減ります。

また、自分では想像しにくいキャリアプランも一緒に考えてくれるため、企業選びの失敗はしにくいです。

 

メリット②:大手以外の優良企業と出会える

就活アドバイザーを利用するメリット2つ目は、大手以外の優良企業と出会えることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

リクナビやマイナビに登録していると、大手企業ばかり出てくるので、他の企業も知りたいと思っていました。

企業を自分で探すには、時間もかかるし、限界もありますよね。
就活アドバイザーを使えば、知名度があまり高くなくても、厳選した優良企業を紹介してくれます。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活アドバイザーには、自分が企業に求める条件を伝えると、柔軟に対応してくれます。

業界研究をある程度しておけば、就活アドバイザーがおすすめ企業を提示してくれるので、効率的に就活を進められます。

 

メリット③:就活セミナーやイベントの情報を知れる

就活アドバイザーを利用するメリット3つ目は、就活セミナーやイベントの情報を知れることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

就活セミナーやイベントは、どれに行けばいいのかわからず、一度も参加していません。
信頼できる就活アドバイザーに勧められる就活セミナーやイベントなら、参加してみようかな。

就活アドバイザーは、おすすめの就活セミナーやイベントの情報も提供してくれます。

就活セミナーやイベントには、むやみやたらと参加する必要もないですが、一度は参加してみましょう。

就活に役立つ情報が得られるかもしれません。

就活イベントおすすめについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

メリット④:早く内定が出ることが多い

就活アドバイザーを利用するメリット4つ目は、早く内定が出ることが多いことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

私は大手企業志望ですが、大手企業を受けるまでに内定1つを持っておきたいなと思っていたので、就活アドバイザーを利用しようかな。

就活アドバイザーは面談をしたうえで、おすすめ企業を紹介してくれて、選考に進みます。
そして選考対策もしてくれるので、最短3週間ほどで内定が出るのはとても嬉しいですね。

「就活の教科書」編集部 堀本

特にベンチャー企業などに行くつもりがなくても、内定をとりあえず獲得しておくことをおすすめします。

内定を持っていると、気持ちに余裕が生まれて、本命企業の選考でも本来の実力を発揮できます。

また就活アドバイザーを通して実際の選考を受けることで、選考練習にもなるので、一度は受けてみましょう。

早期内定を獲得できるイベントについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活アドバイザーを利用するデメリット

就活生ちゃん

就活アドバイザーを使うメリットが多くて、自分一人で就活するよりも効率的に進められそうですね。
逆に、就活アドバイザーをデメリットはないんでしょうか?

もちろん、就活アドバイザーはメリットだけではなく、デメリットもあります。
デメリットも十分に理解した上で、就活アドバイザーに相談しにいきましょう。

就活アドバイザーを利用するデメリットは、こちらの2つです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活アドバイザーを利用するデメリット2つ
  • 紹介先はベンチャー企業が多い
  • 多くの企業を受けさせられる可能性がある
それでは、就活アドバイザーを利用するデメリットについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

デメリット①:紹介先はベンチャー企業が多い

就活アドバイザーを利用するデメリット1つ目は、紹介先はベンチャー企業が多いことです。

大手企業や、みなさんが知っているような知名度の高い企業はなかなか紹介してくれません。

そのため、「大手企業の面接対策や大手企業に選考を受けたい」という気持ちで就活アドバイザーを利用するのは、おすすめできません。

しかし、就活生との面談を行ったうえで、本当に合った企業を紹介してくれるため、そこは安心できます。

大手企業にしか興味がない人でも、実はベンチャー企業の方が性格に合っている場合もあります。
ベンチャー企業については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

デメリット②:多くの企業を受けさせられる可能性がある

就活アドバイザーを利用するデメリット2つ目は、多くの企業を受けさせられる可能性があることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活アドバイザーと面談をすると、就活生の特性に合った企業をたくさん提案してくれます。

そのため、自分が行きたい企業の条件を伝えておかなければ、受けたくない企業の選考も案内されてしまいます。

もし受けたくない企業を紹介された場合は、「興味がありません。」とはっきりと伝えることが大切です。

とりあえず多くの企業を受けて選考練習するのも良いですが、受けすぎて負担にならないよう気を付けましょう。

 

就活アドバイザーを利用すべき就活生の特徴4つ

就活生ちゃん

就活アドバイザーについて、だいぶ理解できました。
しかし、私は就活アドバイザーを使うべきなのでしょうか?

自分が就活アドバイザーを使うべきなのかどうか、わからないですよね。
もし次の特徴に当てはまれば、就活アドバイザーを利用してみることをオススメします。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活アドバイザーを利用すべき就活生の特徴4つ
  • 特徴①:そもそも就活の進め方がわからない
  • 特徴②:自己分析が進まない
  • 特徴③:選考対策ができなくて困っている
  • 特徴④:就活の相談相手が欲しい
では、就活アドバイザーを利用すべき就活生の特徴を解説します。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

特徴①:そもそも就活の進め方がわからない

就活アドバイザーを利用すべき就活生の特徴1つ目は、「そもそも就活の進め方がわからない」です。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

就活はやることが多くて、何から手をつければいいかわからず、混乱しています。

僕も就活を始めた当初「なにをしたらいいのか、わからない」という状態が続きました。
就活アドバイザーは、プロの目線から何をすべきか、一緒に考えてくれます。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活アドバイザーとの面談自体が自己分析になり、就活生に見合った選考を受けさせてくれたりするため、就活をスムーズに進められます。

自分一人で困って、何もせずに時間を無駄にすることもなくなります。

 

特徴②:自己分析が進まない

就活アドバイザーを利用すべき就活生の特徴2つ目は、「自己分析が進まない」です。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

就活で大事なことは、自己分析をしたうえでの企業選びってよく聞きます。
しかし、自分で自己分析をするにはやり方がわからず、面接でも自分について聞かれたら答えられるのか不安です。

自己分析は自分一人で一通り終えれば、客観的視点も取り入れて、さらに深い自己分析をする必要があります。
就活アドバイザーに自己分析をお願いすれば、プロの視点から就活生の特徴などを言い当ててくれます。

「就活の教科書」編集部 堀本

自己分析が大事な理由は、自分をよく理解せずに就職してしまうと、入社後の離職に繋がるからです。

入社後にミスマッチに気づいても、もう遅く、新卒というブランドを無駄遣いしてしまうことになります。

そうならないためにも、自己分析がどうしてもできない就活生は、就活アドバイザーと話してみてください。

 

特徴③:選考対策ができなくて困っている

就活アドバイザーを利用すべき就活生の特徴3つ目は、「選考対策ができなくて困っている」です。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

今まで面接したことがあるのは、バイトに応募したときぐらいだし、面接がとても不安です。
選考の対策方法もわかりません。

選考対策は、自分でやろうと思ってもなかなか難しいですよね。
しかし就活アドバイザーは、無料で面接の対策まで行ってくれます。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活アドバイザーはプロの視点から、エントリーシート(ES)の書き方から、面接対策までアドバイスをくれます。

また、選考日が近づけば模擬面接などもしてくれるため、本番さながらの雰囲気で選考練習できます。

選考対策のやり方がわからない就活生は、就活アドバイザーに選考対策を手伝ってもらいましょう。

 

特徴④:就活の相談相手が欲しい

就活アドバイザーを利用すべき就活生の特徴は4つ目は、「就活の相談相手が欲しい」です。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

就活をしていると、悩むことが多すぎて、一人で考えこむのはしんどいです。
でも、誰に相談すべきかもよくわかりません。

就活は人生における大きな選択ですので、悩むことも多いです。
そのため、悩んだときは就活アドバイザーに相談して、プロ目線のアドバイスをもらいましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活アドバイザーに相談すれば、悩みに対してどのような行動を取ればいいかまで、具体的な解決策を提案してくれます。

そのため、迷わず就活を進めたい就活生は就活アドバイザーに相談してみましょう。

また、就活の相談相手に迷っている人は以下の記事でおすすめの相談相手を載せているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

就活アドバイザーを利用する5ステップ

就活生くん

就活を効率的に進めるためにも、就活アドバイザーと面談をしたくなってきました。
就活アドバイザーとの面談は、具体的にどのような手順で行うのでしょうか?

就活アドバイザーを利用する手順は、以下の5ステップです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活アドバイザーを利用する5ステップ
  • ステップ①:就活エージェントを探してネットから登録する
  • ステップ②:就活アドバイザーとの面談の日程調整をする
  • ステップ③:面談で選考を受ける企業を決める
  • ステップ④:就活アドバイザーに選考対策をしてもらう
  • ステップ⑤:内定決定後はエージェントの退会する
それでは、上記の5ステップに従って、それぞれ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

ステップ①:就活エージェントを探してネットから登録する

就活アドバイザーを利用するステップ①は、就活エージェントを探してネットから登録することです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活アドバイザーが属している就活エージェントは、ネット上から簡単に登録できます。

個人情報を入力した後は、就活エージェント側からの連絡を待つのみです。

 

ステップ②:就活アドバイザーとの面談の日程調整をする

就活アドバイザーを利用するステップ②は、就活アドバイザーとの面談の日程調整をすることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活エージェントに登録すると、就活アドバイザーから電話がかかってきます。

そのため、就活中は知らない電話番号からかかってきても出るようにしましょう。

日程調整は、自分が確実に行ける日にして、ドタキャンはしないようにするのがマナーです。

 

ステップ③:面談で選考を受ける企業を決める

就活アドバイザーを利用するステップ③は、面談で選考を受ける企業を選ぶことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

面談を行うと、学生時代に頑張ったことや自分の強み、弱みについて聞かれます。

そして就活アドバイザーが、プロの視点で判断した就活生の合った企業を提案してくれます。

 

ステップ④:就活アドバイザーに選考対策してもらう

就活アドバイザーを利用するステップ④は、就活アドバイザーに選考対策をしてもらうことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

選考を受ける企業が決まれば、その企業に沿った選考対策をしてくれます。

エントリーシート(ES)添削から、模擬面接まで、手厚く対策してくれます。

 

ステップ⑤:内定決定後はエージェントの退会する

就活アドバイザーを利用するステップ⑤は、内定決定後はエージェントの退会をすることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

内定後は、退会手続きをして、メールをストップしましょう。

退会しなければ、メールが送られ続ける可能性があるので、注意が必要です。

就活アドバイザーの利用方法について、理解できましたね。
就活に行き詰まっている就活生は、ぜひ就活アドバイザーを利用してみてください。

次は、就活アドバイザーがいるおすすめの就活エージェントについて解説します。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活アドバイザーがいるおすすめの就活エージェント3選

就活生くん

就活アドバイザーを利用するステップ5つで、利用する流れがわかりました!

早速、就活アドバイザーを利用してみたいと思います。

ちなみに、就活アドバイザーがいる就活エージェントでおすすめのサービスはありますか?

就活アドバイザーを利用して、就活生の悩みを解決してもらいましょう。

それでは最後に、就活アドバイザーがいるおすすめの就活エージェントについてお伝えしますね。

「就活の教科書」編集部の僕が、おすすめの就活エージェント3選をまとめたので、ぜひ最後までみていってくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

おすすめ①:キャリアチケット(エージェントと地域都市で面談可)

就活エージェントおすすめ「キャリアチケット」

「就活の教科書」編集部の僕が最もおすすめする、就活エージェント1つ目は、キャリアチケット(career ticket)です。

キャリアチケットを運営するのは、人気人材系ベンチャー企業 レバレジーズ株式会社です。

キャリアチケットを利用した就活生の意見をまとめると、「ブラック企業を避けられ内定率も高い」ため、特に人気があります。

キャリアチケットのメリット/デメリット
  • メリット①:ブラック企業を限りなく避けられる
  • メリット②:最短2週間でスピード内定できる
  • メリット③:地方都市でも相談できる
  • デメリット①:紹介企業数が多くはない

キャリアチケットの就活アドバイザーから紹介してもらえる企業はホワイト企業が多いです。

「キャリアチケット」では就活アドバイザーが紹介先企業を厳選しています。

そのため、「なるべく早くホワイト企業から内定がほしい!」という就活生で利用するならオススメです。

「就活の教科書」編集部 堀本

\あなたに合った優良企業を紹介/

キャリアチケット(career ticket)

* 登録無料、1分で参加できます

 

 

「キャリアチケット」のリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見ていってくださいね。

 

おすすめ②:DiG UP CAREER(就活エージェントとLINEで面談可)

就活エージェントおすすめ「DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)」

「就活の教科書」編集部の僕が、おすすめの就活エージェント2つ目は、DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)です。

「DiG UP CAREER」は、DiG(ディグ)株式会社が運営する就職支援、新卒紹介の就活エージェントです。

就活アドバイザーが就活生一人ひとりに対して手厚いサポートをするため、就活生から高い評価を得ています(満足度90%超、友達紹介率60%超)。

DiG UP CAREERのメリット/デメリット
  • メリット①:サポートが手厚く、満足度90%以上、友人紹介率60%以上
  • メリット③:LINEでの面談に対応しているから、就活アドバイザーに気軽に相談できる
  • メリット②:他社ナビにはない非公開求人がある
  • デメリット①:対面の相談は、東京渋谷のみ

入社後にも就活アドバイザーが相談を受けてくれるくらい手厚いDiG UP CAREERは、少数精鋭のサポート体制をしています。

就活アドバイザーを利用したい就活生に、DiG UP CAREERはおすすめです。

近頃人気のDiG UP CAREERの手厚いサポートが受けられるのは今のうちですよ。

「就活の教科書」編集部 堀本

\ 少数精鋭の手厚いサポートを受けられる!! /

DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)

* 登録無料、1分で参加できます

 

 

「DiG UP CAREER」のリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見ていってくださいね。

 

おすすめ③:JobSpring(AIマッチングを使った就活エージェント面談)

就活エージェントおすすめ「JobSpring(ジョブスプリング)」

「就活の教科書」編集部の僕が、おすすめの就活エージェント3つ目は、JobSpring(ジョブスプリング)です。

JobSpringは、株式会社Roots(ルーツ)が運営する就活エージェントです。

JobSpringでは、独自のAIマッチングを行っており、就活アドバイザーとの就活相談を通して自分に適した企業が見つかります。

JobSpringのメリット/デメリット
  • メリット①:「AIマッチング」で自分に適した企業が見つかる
  • メリット②:早期離職率がわずか0.1%
  • メリット③:就活エージェントとビデオ通話面談できる
  • デメリット①:関東の学生しか対面での相談ができない

JobSpringには、就活アドバイザーとの面談を通して、就活生と企業とのミスマッチをできるだけ減らす工夫がたくさん考えられています。

「入社したら終わり」ではなく、入社後のキャリアまで一緒に相談できるのはとても良いですね。

就活アドバイザーを利用したい就活生には、JobSpringもおすすめです。

「就活の教科書」編集部 堀本

\ AIマッチングで内定獲得!! /JobSpring(ジョブスプリング)

* 登録無料、1分で参加できます

 

「JobSpringの口コミ、評判ってどうなの?」という就活生は、こちらの記事も見ていってくださいね。

 

ちなみに、他にも就活アドバイザーに関連した記事を紹介しますね。

「就活コンサルタントの評判」「就活相談に乗ってもらえる相手」などが分かるので、合わせて参考にしてくださいね。

 

まとめ:就活アドバイザーをうまく利用して就活を有利に進めよう

今回の記事では、就活アドバイザーを使う際のメリット・デメリットについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

さらに、就活アドバイザーを使うべき就活生の特徴や、実際に就活アドバイザーを利用する流れも紹介しました。

それでは、今回の記事のおさらいをしましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活アドバイザーのメリット・デメリットまとめ

就活アドバイザーを利用するメリット

  • メリット①:内定先とのミスマッチが減る
  • メリット②:大手以外の優良企業と出会える
  • メリット③:就活セミナーやイベントの情報を知れる
  • メリット④:内定が出るまで早いことが多い

就活アドバイザーを利用するデメリット2つ

  • デメリット①:紹介先はベンチャー企業が多い
  • デメリット②:多くの企業を受けさせられる可能性がある

就活アドバイザーを利用すべき就活生の特徴4つ

  • 特徴①:そもそも就活の進め方がわからない
  • 特徴②:自己分析が進まない
  • 特徴③:選考対策ができなくて困っている
  • 特徴④:就活の相談相手が欲しい

就活アドバイザーを利用する5ステップ

  • ステップ①:就活エージェントを探してネットから登録する
  • ステップ②:就活アドバイザーとの面談の日程調整をする
  • ステップ③:面談で選考を受ける企業を決める
  • ステップ④:就活アドバイザーに選考対策してもらう
  • ステップ⑤:内定決定後はエージェントの退会する

一人で就活をするのは大変で、専門的なアドバイスが欲しいときに役立つのが就活アドバイザーです。
就活アドバイザーをうまく利用することにより、就活がスムーズに進みます。
しかし、頼りっぱなしではなく、「就活の手助けをしてもらう」という感覚で就活アドバイザーを利用するようにしましょう。
しっかり自分を持って就活を行うことが、より納得のいく結果に繋がるはずです。
みなさんの就活の成功を心より祈っています。
就活の教科書では、就活に関する様々な記事を投稿しています。
ぜひ、他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本