【年収・売上別】広告代理店のランキング一覧 | 外資系企業,おすすめ7社も

この記事からわかること

こんにちは!「就活の教科書」編集部です。

この記事では、「広告代理店ランキング」について紹介していきます。

皆さんは、「広告代理店とは?」「広告代理店のおすすめ企業は?」などの疑問がありませんか?

就活アドバイザー 京香

就活生くん

僕は、広告代理店への就職に興味があります!

広告代理店の大手企業はどこなのでしょうか?

就活生ちゃん

広告代理店にも種類があるってホントですか?

また、広告代理店で働くメリット・デメリットも知りたいです。

たしかに、華やかなイメージがある広告代理店ですが、実際のところはどうなのか気になりますよね。

業務内容についてもイメージしづらいと思います。

就活アドバイザー 京香

そこで、この記事では、「広告代理店ランキング」について徹底的に解説します。

また併せて、「広告代理店の事業内容」「広告代理店に就職するメリット」についても紹介します。

この記事を参考にしてほしい人
  • 広告代理店への就職に興味がある就活生
  • 広告代理店のランキングを知りたい就活生
  • 自分にどんな業界が合っているのか悩んでいる就活生

上記のような人は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください!

業界分析の参考にもなると思います!

就活アドバイザー 京香

先に結論をお伝えすると、「自分に合う業界がわからない!」「どの業界を選べば良いのかわからない…」なら、簡単な質問で自分のキャリアの価値観が診断できる「キャリアチケットスカウト診断」がおすすめです。

また「自分に合う業界を教えて欲しい」「どんな業界が良いのか知りたい」なら、あなたに合う業界をプロに相談できる「キャリアチケット」がおすすめです。

その他にも業界選びに役立つ就活サービスがありますので、就活に役立ててください。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ ホワイト企業探しに役立つ就活サイト /

\ ホワイト企業探しに役立つ転職サイト /

「どのサービスを選べば良いかわからない!」という方は「キャリアチケットスカウト診断」で就活の軸を見つけるのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

【業界研究】広告代理店とは?分類や向いている人についても解説

就活生くん

僕は、広告代理店に興味があります!

でも、広告代理店ってどのような仕事があるのでしょうか?

広告代理店が自分に向いているか気になります!

教えてください!

分かりました!

それでは、広告代理店について簡単に解説します。

また、広告代理店に向いている人の特徴も紹介しますね!

就活アドバイザー 京香

広告代理店とは、広告を取り扱う会社の総称で顧客企業の広告を代理で行う

広告代理店とは、広告を取り扱う会社の総称で、顧客企業の広告を代理で行う企業のことです。

広告代理店は、広告業界に分類されます。

企業の多くは、自社の製品を様々な方に広く知ってもらうために、宣伝・広告に力をいれる必要があります。

しかし、どの企業も自社だけでPR活動を行うには、限界があります。

そんなときに、宣伝・広告のノウハウのプロである広告代理店が代理でPR戦略を行うことが重要になってきます。

広告代理店は、様々な企業の商品・サービスのPRを助け、売上に貢献することができる仕事なんですね!

広告代理店に興味がある方は、以下の記事も合わせて読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

広告代理店は「総合広告代理店」、「専門広告代理店」、「ハウスエージェンシー」の3つに分類される

広告代理店は、「総合広告代理店」、「専門広告代理店」、「ハウスエージェンシー」の3つにに分類されます。

3つの広告代理店の特徴は、以下の通りです。

【総合広告代理店】

  • 総合広告代理店とは:あらゆる広告媒体を取り扱い、企画から制作までをトータルでおこなう広告代理店
  • 総合広告代理店のメリット:大掛かりなプロモーションに関わることができる
  • 総合広告代理店の代表企業:博報堂、電通など

【専門広告代理店】

  • 専門広告代理店とは:インターネット広告などある特定の媒体に特化した広告代理店
  • 専門広告代理店のメリット:専門的なノウハウを身につけることができる
  • 専門広告代理店の代表企業:サイバーエージェント、GMOなど

【ハウスエージェンシー】

  • ハウスエージェンシーとは:特定の事業会社専属の広告代理店
  • ハウスエージェンシーのメリット:案件を安定して受注しやすい
  • ハウスエージェンシーの代表企業:旧デルフィス(トヨタ自動車)、東急エージェンシー

それぞれ、「総合広告代理店」、「専門広告代理店」、「ハウスエージェンシー」ならではのメリットをもっています。

自分が、興味がある広告事業を取り扱うことができる広告代理店を知りましょう!

就活アドバイザー 京香

広告代理店は、コミュニケーション能力が高く、流行に敏感な人が向いている

広告代理店は、コミュニケーション能力が高く、流行に敏感な人が向いている仕事です。

広告代理店は、顧客であるクライアントとのやり取りや、エンジニア、クリエイターなどとチームとしての連携が必要になります。

コミュニケーション能力が高ければクライアントとの情報交換やチームメンバーと進捗確認をスムーズに行うことができます。

また、広告代理店で働くためには、常に時代のニーズを把握して「どんな広告を行えば、その製品の魅力を最大限に伝えられるのか」を考え続ける必要があります。

そのため、広告代理店には、コミュニケーション能力と流行に敏感な人が向いています。

広告代理店向けの自己PR文を考えるときには、以下の記事を参考にしてみてください。

就活アドバイザー 京香

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という就活生には、キャリアチケットスカウトがおすすめです。

キャリアチケットスカウトを利用すると、自分のキャリアに対する価値観を知れ、その結果を見た企業からスカウトをもらえます。

自分が向いている業界がわからない方は、キャリアチケットスカウトでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香


【平均年収編】広告代理店の企業ランキング

就活生ちゃん

広告代理店全体の業界については、よく分かりました。

私は、就職するなら、平均年収が高い広告代理店が良いです。

なので、平均年収が高い広告代理店の企業を教えてください!

分かりました。

それでは、平均年収が高い順に広告代理店の企業ランキングを紹介します。

ランキングは、有価証券報告書で公表されている各企業の過去5期分の平均年収を参考にしています。

就活アドバイザー 京香

【平均年収別】広告代理店ランキング
順位 企業名 平均年収
1 電通グループ 1,252万円
2 博報堂DYホールディングス 1,036万円
3 CARTA HOLDINGS 749万円
4 サイバーエージェント 733万円
5 オプト(デジタル)フォールディングス 702万円
6 セプテーニホールディングス 627万円
7 テー・オー・ダブリュー 613万円
8 フィードフォース 597万円
9 バリューコマース 596万円
10 プラップジャパン 587万円
11 サイジニア 583万円
11 SMN 583万円
13 アドウェイズ 582万円
14 サイバー・バズ 569万円
15 アイモバイル 566万円
16 Unipos(Finger81) 563万円
17 ネットマーケティング 554万円
18 Orchestra Holdings 553万円
19 GMOアドパートナーズ 536万円
20 ゲンダイエージェンシー 535万円
21 アライドアーキテクツ 520万円
22 イオレ 508万円
22 セーラー広告 508万円
24 トレンダース 503万円
25 アジャイルメディア・ネットワーク 448万円

ランキングでは、大手総合広告代理店が高い順位なのが目立ちますね!

就活アドバイザー 京香

【今すぐできる!】あなたに合う業界/企業の見つけ方

「自分に合う業界や企業はどこだろう…」と悩んでいる方は、自己分析をしてあなたの強みやキャリアの価値観を知るのが一番おすすめです。

そこで、あなたに合う業界や企業を簡単に見つけられるおすすめサービスを紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

【結論】自己分析をすぐに終わらせるおすすめサービス

サービス:キャリアチケットスカウト

自己分析を簡単に終わらせて、あなただけの強みを見つけるならキャリアチケットスカウト診断(career ticket)を使うのがおすすめです。

キャリアチケットスカウト診断を使うと、あなたのキャリアに対する価値観を診断できるため、あなたの強みを活かせる業界や企業はどういう特徴があるのかがわかります。

そのため、後悔しない業界・企業選びができるようになります。

アプリから簡単に診断でき、多くの就活生が利用しているので、自己分析をすぐに終わらせたい方はぜひ診断してみてくださいね。

試しに診断したので、診断結果を紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

キャリアチケットスカウト診断のおすすめポイント
  • 5つの質問に回答するだけであなたのキャリアに対する価値観が分かる
  • あなたの強みを活かせる企業の特徴が明確になる
  • アプリでも利用できるため、いつでもどこでも簡単に自己分析ができる

「キャリアチケットスカウト」については、こちらの記事で詳しく解説していますよ。

就活アドバイザー 京香

サービス:Lognavi

あなたの強みを活かせる優良企業/ホワイト企業に就職したい方は、Lognavi(ログナビ)を使うのがおすすめです。

Lognaviでは、あなたの性格タイプを詳しく診断でき、あなたの強みに合った企業からスカウトが来ます。

大手企業もLognaviを導入しており、プロフィール次第で有名企業に就職できるチャンスがありますよ。

すでに50,000人以上の就活生が利用しており、性格検査もかなり詳しく診断できるので、自己分析にも役立ちますよ。

就活アドバイザー 京香

Lognavi(ログナビ)のおすすめポイント
  • あなたの価値観に合った大手企業やベンチャー企業からオファーが届く
  • すでに50,000人以上の就活生が利用している
  • 活躍している社員の性格がわかる
  • 適性テストで偉人をモチーフにした結果を見れる
  • 知的テストで自分の苦手を知ることができる

以下に、適性テストの結果のイメージを載せておくので参考にしてみてください!

このように、テストでは偉人をモチーフにした結果を確認でき、さらに、星の数で自分に相性の良い企業が分かります!

自分に向いている職や環境がよくわからない人には非常におすすめの適性テストです!

自分に合った企業探しに苦戦している就活生企業探しが面倒だという就活生には非常におすすめですよ!

また、以下の記事でLognavi(ログナビ)の口コミや評判を詳しく解説しているので参考にしてみてください!

就活アドバイザー 京香

【売上編】広告代理店の企業ランキング

就活生ちゃん

平均年収別の広告代理店企業ランキングが知れて良かったです!

あと、売上別の広告代理店の企業ランキングも知りたいので、教えてください!

分かりました!

それでは、売上が高い順に広告代理店の企業ランキングを紹介します。

企業の売上は、企業HPやIR情報を参考にしています。

就活アドバイザー 京香

【売上編】広告代理店ランキング
順位 企業名 売上
1 電通グループ 5兆2億円
2 博報堂DYホールディングス 1兆5億円
3 サイバーエージェント 4786億円
4 アサツーディ・ケイ 3528億円
5 D.A.コンソーシアムホールディングス 2083億円
6 大広 1412億円
7 東急エージェンシー 1043億円
8 オプト(デジタル)フォールディングス 985億円
9 セプテーニホールディングス 976億円
10 JR東日本企画 886億円
11 アイレップ 809億円
12 アドウェイズ 418億円
13 デジタルガレージ 405億円
14 バリューコマース 335億円
15 読売広告社 286億円
16 サイジニア 259億円
17 CARTA HOLDINGS 258億円
18 ネットマーケティング 143億円
19 アイモバイル 139億円
20 SMN 133億円
21 プラップジャパン 62億円
22 フィードフォース 30億円
23 サイバーバズ 29億円
24 Unipos(Finger81) 19億円
25 Orchestra Holdings 16億円

総合広告代理店やインターネット広告代理店が多くランクインしていますね!

広告代理店の年収/売上別ランキングがもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

【外資系】広告代理店ランキング

就活生くん

僕は、外資系の広告代理店に興味があります!

なので、外資系の広告代理店ランキングを教えてください。

それでは、広告代理店トップ4といわれる外資系広告代理店企業を紹介します。

就活アドバイザー 京香

外資系広告代理店トップ4選
  • 外資系広告代理店1位: WPPグループ
  • 外資系広告代理店2位:オムニコムグループ
  • 外資系広告代理店3位:ピュブリシスグループ
  • 外資系広告代理店4位:インターパブリックグループ

 

外資系広告代理店1位: WPPグループ

外資系広告代理店1位は、「WPPグループ」です。

WPPグループは、イギリスのロンドンに拠点を置く広告代理店です。

WPPグループの売上高は、2兆円を超えるもので、世界でもダントツの規模を誇っている企業です。

WPPグループは、今日本のネット広告やECを用いたマーケティングに力をいれており、日本の事業規模を5年で3倍にすることを目標に掲げています。

外資系広告代理店2位:オムニコムグループ

外資系広告代理店1位は、「オムニコムグループ」です。

オムニコムグループは、アメリカ合衆国、ニューヨークに本社を置く、広告事業やマーケティング事業を行う広告代理店です。

オムニコムグループは、子会社を通じて広告企画・制作、市場調査・分析、ブランド・企業イメージ構築、メディアプランニング、モバイルマーケティング、販促キャンペーン企画、パッケージデザイン、データベース管理など各種サービスを提供しています。

日本にもI&S BBDO、DDB Japanをはじめとするグループ会社があります。

外資系広告代理店3位:ピュブリシスグループ

外資系広告代理店1位は、「ピュブリシスグループ」です。

ピュブリシスグループは、フランスのパリに拠点を置く広告代理店です。

ピュブリシスグループは、世界100カ国以上で事業を展開しており、日本にもMSL Japan、ビーコン・コミュニケーションズ といったグループ傘下の会社をもっています。

外資系広告代理店4位:インターパブリックグループ

 

外資系広告代理店1位は、「インターパブリックグループ」です。

インターパブリックグループは、アメリカのニューヨークに拠点を置く、広告とマーケティングサービスを中心にサービスを提供する広告代理店です。

インターパブリックグループは、世界100ヶ国以上に支社を持ち、従業員は5万4千人以上に及びます。

広告とマーケティングサービスの他にも、イベントの計画やスポーツ・エンターテイメントマーケティングコンサルタントを提供しています。

外資系広告代理店トップ4は、売上が1兆を超える兆大手広告代理店です!

広告業界の就職に興味がある方は、以下の記事も参考にしてみてください。

就活アドバイザー 京香

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

【おすすめ】広告代理店おすすめランキング7選

就活生ちゃん

広告代理店のランキングについては、よく分かりました!

でも、企業ひとつひとつについてもっと詳しく知りたいです。

広告代理店のおすすめ企業を詳しく教えてください!

分かりました!

それでは、広告代理店ランキングの中から、特におすすめの企業を7選紹介します!

就活アドバイザー 京香

おすすめ広告代理店7選
  • おすすめ広告代理店企業①:電通グループ
  • おすすめ広告代理店企業②:博報堂DYホールディングス
  • おすすめ広告代理店企業③:アサツーディ・ケイ
  • おすすめ広告代理店企業④:オプト
  • おすすめ広告代理店企業⑤:サイバーエージェント
  • おすすめ広告代理店企業⑥:JR東日本企画
  • おすすめ広告代理店企業⑦:フィードフォース

おすすめ広告代理店企業①:電通グループ

おすすめ広告代理店企業1つ目は、「電通グループ」です。

株式会社電通グループは、日本の広告代理店で、その規模は広告代理店としては国内最大で、世界では第6位を誇っています。

電通グループは、日本・米州・欧州・アジアを網羅する強力なネットワークを持ち、国内外で大規模なビジネスを展開しています。

電通グループの強みは、「リアルとデジタルの両立」です。

電通グループは、リアルとデジタルどちらにも強みがあり、精緻な分析と卓越したクリエイティビティを誇っています。

電通グループでは、世界規模の仕事に関わることも多いため、やりがいはとても大きいと思います!

就活アドバイザー 京香

おすすめ広告代理店企業②:博報堂DYホールディングス

おすすめ広告代理店企業2つ目は、「博報堂DYホールディングス」です。

株式会社博報堂DYホールディングスは、広告代理店の持株会社です。

博報堂DYホールディングスは、「博報堂」「大広」「読売広告社」と「博報堂DYメディアパートナーズ」を完全子会社として傘下に置く、国内2位の広告代理店でもあります。

博報堂DYホールディングスの強みは、「子会社ごとのマーケティング力」です。

博報堂は、従来の広告ビジネスの枠組みを超えて、経営・事業から社会問題までのあらゆる領域において、国内でもグローバルでも、個々のクライアント課題に応える統合マーケティング・ソリューションを提供しています。

大広は、キューピー、サントリー、パナソニックなど様々な業界の大きなクライアントを抱えています。

読売広告社は、大手不動産デベロッパーが顧客であり不動産領域に強みを持つ代理店であり、現在は都市生活研究所を中心として新しいブランディングを進めています。

博報堂DYメディアパートナーズは、メディアに特化した広告サービス事業を行っています。

博報堂DYホールディングスは、それぞれの強みをもつ子会社を統率する企業なんですね!

博報堂DYホールディングスについてより知りたい方は、以下の記事を読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

おすすめ広告代理店企業③:アサツーディ・ケイ

おすすめ広告代理店企業3つ目は、「アサツーディ・ケイ」です。

株式会社ADKホールディングスは、日本の広告代理店業務を行う企業を統括する純粋持株会社です。

アサツーディ・ケイの強みは、「アニメビジネスコンテツ」です。

アサツーディ・ケイは、媒体枠の買付や企画・キャンペーンの提案以外にも、番組の企画・制作やキャラクターの商品化にも力をいれています。

例えば、「ドラえもん」、「ワンピース」、「クレヨンしんちゃん」などの国民的アニメの制作にも携わっています。

また、アサツーディ・ケイは、アニメの海外発信にも力を入れ、東映アニメーションやサンライズなどの大手アニメ制作会社や電通と共に海外向けのアニメ作品のネット配信を行っています!

アニメが好きで広告代理店に就職したいという方におすすめの企業です。

就活アドバイザー 京香

おすすめ広告代理店企業④:オプト

おすすめ広告代理店企業4つ目は、「オプト」です。

株式会社オプトは、デジタルフォールディングスのグループ会社で、デジタル広告事業を行う広告代理店です。

オプトは、ユーザーの検索するキーワードにマッチした広告を検索結果に掲載するリフティング広告を行っています。

オプトの強みは、「インターネット広告の技術力」です。

オプトは、メディアや広告商品の特性を知り尽くしたトップ企業ならではノウハウを生かして、顧客のネットマーケティングの効果を最大化することができます。

そのため、圧倒的なユーザー数を誇るYahoo!JAPAN様から史上最多の23期連続優秀代理店賞を受賞しています。

オプトは、インターネット広告に特に興味がある方におすすめの企業です!

就活アドバイザー 京香

おすすめ広告代理店企業⑤:サイバーエージェント

おすすめ広告代理店企業5つ目は、「サイバーエージェント」です。

株式会社サイバーエージェントは、メディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業を主とする企業です。

特に、新しい未来のテレビ「ABEMA」の運営をしている会社として知られていますね。

サイバーエージェントの強みは、「広告効果を最大化する運営力およびクリエイティブ力」です。

強みを活かし、AIを活用したアドテクノロジーなど、総合的なソリューションの提供を行っています。

会社口コミサイトによると、AIの活用など新しい技術活用に取り組める場があるみたいです。

サイバーエージェントの採用についてもっと知りたい方は、以下の記事を読んでみてください!

就活アドバイザー 京香

おすすめ広告代理店企業⑥:JR東日本企画

おすすめ広告代理店企業6つ目は、「JR東日本企画」です。

株式会社ジェイアール東日本企画は、東京都渋谷区に本社を置く広告代理店です。

JR東日本企画は、JR東日本交通広告を担当しています。

JR東日本交通広告の強みは「首都圏カバー率の高さ」です。

首都圏鉄道利用者の68.3%(1,181万人)がJR東日本を利用しています。

そのため、JR東日本企画の交通広告を目にする人が多く日常的・反復的な広告請求を実現できます。

また、JR東日本企画は、JR東日本交通広告だけでなく地方創生などのソーシャルビジネスや、映画・アニメ広告などのメディアビジネスも行っています!

就活アドバイザー 京香

おすすめ広告代理店企業⑦:フィードフォース

おすすめ広告代理店企業7つ目は、「フィードフォース」です。

株式会社フィードフォースは、各業界のトップ企業を中心に500社を超える企業のデジタルマーケティングを支援するITベンチャー企業です。

フィードフォースは、「データフィード」と「ソーシャルログイン(ID連携)」という2つの技術をもっているという強みがあります。

企業口コミサイトによると、入社の決めては「社風の明るさ」であったり、ワークライフバランスが良いという評判が目立ちました。

フィードフォースは、強みを活かして、デジタルマーケティングができるホワイト企業です!

また、フィードフォースは広告業界ホワイト企業ランキングにおいて、1位の企業でもあります。

詳しくは、こちらの記事をチェックしてみてください。

就活アドバイザー 京香

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

広告代理店に就職するメリット3選

就活生くん

広告代理店のおすすめ企業について知れて良かったです!

やっぱり僕は広告代理店に就職したいです。

自己PR/志望動機を書く参考にしたいので、広告代理店に就職するメリットを教えてください!

分かりました。

それでは、広告代理店に就職するメリットを3選紹介します。

就活アドバイザー 京香

広告代理店に就職するメリット3選
  • メリット①:流行をいち早く察知できる
  • メリット②:専門知識やスキルを身につけることができる
  • メリット③:自分の頑張りによって年収がアップしやすい

メリット①:流行をいち早く察知できる

広告代理店に就職するメリット1つ目は、「流行をいち早く察知できる」です。

広告代理店は、時代の流行をいち早く察知してサービスに導入することが必要な仕事です。

その分、流行を察知する力が身につき、流行に敏感な人になることができます。

流行に敏感になると、好奇心や流行を受け入れる柔軟性も自然と身につきます!

就活アドバイザー 京香

メリット②:専門知識やスキルを身につけることができる

広告代理店に就職するメリット2つ目は、「専門知識やスキルを身につけることができる」です。

広告代理店での仕事は、依頼主となる顧客のビジネスや業界について深く知る必要があります。

顧客には、様々な商品・サービスを提供する様々な企業があります。

なので、広告代理店で働くと、幅広い企業の専門知識を身につけることができます。

また、広告を制作するのに必要なスキルを身につけることもできます。

メリット③:自分の頑張りによって年収がアップしやすい

広告代理店に就職するメリット3つ目は、「自分の頑張りによって年収がアップしやすい」です。

広告代理店では、自身の仕事の成果を認められると年収がアップする可能性が高いです。

また、デザインやマーケティング、エンジニアなどの専門スキルを身につけることができれば、さらに年収が上がることも期待できます。

自分の頑張りによって年収が上がる制度は、モチベーションが高まって良いですよね!

就活アドバイザー 京香

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【注意】広告代理店に就職するデメリット2選

就活生ちゃん

広告代理店に就職するメリットについては分かりました。

でも広告代理店に就職するデメリットもあるのではないでしょうか?

気になります・・・。

確かに、メリットを聞いたら、デメリットも知りたくなりますよね。

なので、広告代理店に就職するデメリットを2選紹介します。

就活アドバイザー 京香

広告代理店に就職するデメリット2選
  • デメリット①:残業や休日出勤が多い
  • デメリット②:華やかなイメージがあるが実際は、厳しい実務をこなす必要がある

デメリット①:残業や休日出勤が多い

広告代理店に就職するデメリット1つ目は、「残業や休日出勤が多い」です。

広告代理店の平均残業時間は、月25〜45時間程度です。

これは、採用サイトミイダスの残業時間の割合を参考にしたものです。

インターネット広告代理店は、月に残業時間が60時間を超える企業もあるようでした。

日本の平均残業時間が20〜24時間なので、比較すると残業時間はかなり多いと分かりますね。

また、人手不足などもあり企業によっては、休日出勤が多い場合があるそうです。

ただし、広告代理店は、その分給与は高く、やりがいのある仕事ではあります。

就活アドバイザー 京香

デメリット②:華やかなイメージがあるが実際は、厳しい実務をこなす必要がある

広告代理店に就職するデメリット2つ目は、「華やかなイメージがあるが実際は、厳しい実務をこなす必要がある」です。

広告代理店は、コマーシャルなどの制作をすることもあるため、芸能人と会うことができたりと華やかなイメージをもっている人も多いと思います。

たしかに、広告代理店には華やかな一面がありますが、その分裏では、企画を成功させるための地道な調査や修正作業など厳しい実務をこなす必要があるんです。

広告代理店は、厳しい実務が多い分、自分自身のスキルが身につきやすい仕事ではありますね。

就活アドバイザー 京香

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

広告代理店によくある質問3選

就活生くん

広告代理店のメリット、デメリットについてよく分かりました!

他になにか広告代理店について知っておいたほうがよいことはありますか?

そうですね。

それでは、広告代理店によくある質問を3選紹介します!

就活アドバイザー 京香

広告代理店によくある質問3選
  • 質問①:広告代理店で働くには、英語力が必須?
  • 質問②:広告代理店はブラックなの?
  • 質問③:広告代理店のクライアントにはどのような媒体があるの?

質問①:広告代理店で働くには、英語力が必須?

広告代理店によくある質問1つ目は、「広告代理店で働くには、英語力が必須?」です。

結論、広告代理店への新卒採用就職には英語力が求められることはありません。

しかし、キャリア採用や外資系広告代理店への就職となると、英語力が必要になる企業もあります。

その場合、求められる英語力は、ビジネスレベルの英語力です。

外資系広告代理店へ就職したい方は、最低でもTOEIC700点レベルの英語力が必要になります。

また、外資系企業に興味がある方は、以下の記事も読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

質問②:広告代理店はブラックなの?

広告代理店によくある質問2つ目は、「広告代理店はブラックなの?」です。

結論、広告代理店はたしかにブラック企業というイメージがありますが、人によって捉え方は変わってくると思います。

広告業界がブラックといわれる理由は、3つあります。

  • 理由①:徹夜や休日出勤が多い⇒クライアントの要望に、こだわりを持って答えたい風潮がある
  • 理由②:単純に仕事量が多い⇒専門知識・スキルがすぐに身につきやすい
  • 理由③:ハードな働き方が普通という文化がある⇒こだわることで良いものを作りたいと思う風潮がある

広告業界がブラックといわれる理由の1つ目は、「徹夜や休日出勤が多い」からです。

広告業界は、顧客の期待値を越えるものを作りたいというプロ意識のために、徹夜や休日出勤をして作業をすることがあるそうです。

しかしそれは、クライアントの要望に、こだわりを持って答えたい風潮があるからでもあります。

広告業界は、こだわりをもって仕事に取り組める人が多いです。

そのため、顧客からの要望に完璧に応えるために、働く時間が長くなってしまうということがあるのでしょう・・・。

就活アドバイザー 京香

広告業界がブラックといわれる理由の2つ目は、「単純に仕事量が多い」からです。

広告の制作には、企画構成から撮影・制作など、いくつもの工程があり、関わる人も多いです。

そのため、膨大な量の仕事をこなすために長時間労働を強いられることもあるそうです。

広告業界で働く人の声によると、繁忙期には1人あたり10〜15社程度の顧客を担当することもあるそうです。

ただ、一人で任される仕事が多いので、個人のスキルをどんどん上げることができるというメリットともいえますよね!

就活アドバイザー 京香

広告業界がブラックといわれる理由の3つ目は、「ハードな働き方が普通という文化があるから」です。

これもクリエイター気質な人が多いことが理由ですが、時間をかけてこだわることで良いものを作りたいと思う風潮があります。

このように広告代理店で働く人の捉え方によって、広告代理店がブラック企業であるかどうかは変わってくると思います。

しかし、近年では、残業時間が厳しくなっていることもあり、全体的に以前ほどは激務ではなくなっているようです。

就活アドバイザー 京香

質問③:広告代理店のクライアントにはどのような媒体があるの?

広告代理店によくある質問3つ目は、「広告代理店のクライアントにはどのような媒体があるの?」です。

結論、広告代理店は、メディア業界や食品業界、美容業界、医療業界など様々な業界の企業がクライアントになります。

「商品やサービスを代わりにPRをしてほしい」と思う企業すべてがクライアントとなり得るので、広告代理店の可能性は無限大といえるでしょう。

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:ランキングの中から気になった企業のHPを見てみよう

いかがだったでしょうか。

この記事では、「広告代理店ランキング」について徹底的に解説しました。

また併せて、「広告代理店の事業内容」「広告代理店に就職するメリット」についても紹介しました。

ランキングの中から気になった広告代理店の企業研究をしてみましょう。

以下にこの記事のまとめをのせています。

この記事のまとめ

◆【業界研究】広告代理店とは?分類や向いている人についても解説

  • 広告代理店とは、広告を取り扱う会社の総称で顧客企業の広告を代理で行う
  • 広告代理店は「総合広告代理店」、「専門広告代理店」、「ハウスエージェンシー」の3つに分類される
  • 広告代理店は、コミュニケーション能力が高く、流行に敏感な人が向いている

◆【平均年収編】広告代理店の企業ランキング

◆【売上編】広告代理店の企業ランキング

◆【外資系】広告代理店ランキング

  • 外資系広告代理店1位: WPPグループ
  • 外資系広告代理店2位:オムニコムグループ
  • 外資系広告代理店3位:ピュブリシスグループ
  • 外資系広告代理店4位:インターパブリックグループ

◆ 【おすすめ】広告代理店おすすめランキング7選

  • おすすめ広告代理店企業①:電通グループ
  • おすすめ広告代理店企業②:博報堂DYホールディングス
  • おすすめ広告代理店企業③:アサツーディ・ケイ
  • おすすめ広告代理店企業④:オプト
  • おすすめ広告代理店企業⑤:サイバーエージェント
  • おすすめ広告代理店企業⑥:JR東日本企画
  • おすすめ広告代理店企業⑦:フィードフォース

◆広告代理店に就職するメリット3選

  • メリット①:流行をいち早く察知できる
  • メリット②:専門知識やスキルを身につけることができる
  • メリット③:自分の頑張りによって年収がアップしやすい

◆【注意】広告代理店に就職するデメリット2選

  • デメリット①:残業や休日出勤が多い
  • デメリット②:華やかなイメージがあるが実際は、厳しい実務をこなす必要がある

◆広告代理店によくある質問3選

  • 質問①:広告代理店で働くには、英語力が必須?
  • 質問②:広告代理店はブラックなの?
  • 質問③:広告代理店のクライアントにはどのような媒体があるの?

◆まとめ:ランキングの中から気になった企業のHPを見てみよう