【最新版】あまり知られていない職業17選 | 正社員や海外で働ける仕事も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • あまり知られていない職業は、「ゴルフボールダイバー」「遺品整理士」など一覧はこちら
  • あまり知られていない職業に就くメリットは
    ①初対面の人に覚えてもらえやすい ②深い人間関係が生成できる
  • あまり知られていない職業に向いている人の特徴は、
    ①周囲からの評価を気にしない ②好奇心旺盛 ③新たな道を切り開きたいという思いがある
  • あまり知られていない職業に就くには、求人情報を定期的に確認することが大切
  • 自分に合う業界や企業を診断できるおすすめツール
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事ではあまり知られていない職業について紹介していきます

あわせて、あまり知られていない職業に就くメリットについても紹介します。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めばあまり知られていない職業について理解が深まります。

「あまり知られていない職業について知りたい就活生」はぜひ最後まで読んでください。

 

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【変わってる】あまり知られていない職業5選

就活生くん

あまり知られていない職業にはどのような職業があるのか知りたいです。

それでは、あまり知られていない職業を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

あまり知られていない職業5選
  • 職業①:ゴルフボールダイバー
  • 職業②:ひよこ鑑別師
  • 職業③:ドローン操縦士
  • 職業④:便利屋
  • 職業⑤:臭気判定士
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

職業①:ゴルフボールダイバー

あまり知られていない職業1つ目は「ゴルフボールダイバー」です。

ゴルフボールダイバーは、ゴルフ場の池に落ちたボールを拾い、販売する仕事です。

池に潜る職業のため、ダイビングで使用する装備や資格が必要です。

日本国内で行う場合はあまり危険ではありません。

しかし、真冬にボールを拾う際は、氷が張っている池に潜ることもあるようです。

ダイビングの資格が必要なため、少し就業難易度は高いと言えますね。

就活アドバイザー 京香

職業②:ひよこ鑑別師

あまり知られていない職業2つ目は「ひよこ鑑別師」です。

ひよこ鑑別師は、ひよこの性別をオスかメスか判別する職業です。

ひよこ鑑別師になるためには資格が必要です。

この資格は、まず畜産技術協会の「初生ひな鑑別師養成所」へ入所して講習を受けます。

その後、1~2年ほど実務研修を行い、高等考査に合格することで、取得が可能です。

資格取得にかなり時間がかかることから、就業難易度も高いと言えるでしょう。

また、ひよこ鑑別によるミスは1/10000までとされているようです。

相当厳しい職業であることが分かりますね。

ちなみに「自分の強みを活かせる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

職業③:ドローン操縦士

あまり知られていない職業3つ目は「ドローン操縦士」です。

ドローン操縦士は、ドローンを操縦して、建物の空撮や測定を行う仕事です。

ドローンの操縦にはライセンスが必要です。

国土交通所によると、無人地帯での目視外飛行と有人地帯での目視外飛行には、ライセンスが必要とされています。

ライセンス取得には学科試験、実地試験、身体検査に合格する必要があります。

さらに、ライセンスだけでなく操縦する機体の登録も必要です。

参照:国土交通省

また、「この職業の他に自分が向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

 

職業④:便利屋

あまり知られていない職業4つ目は「便利屋」です。

便利屋は、依頼された仕事を基本的になんでも行います。

依頼内容は様々で、家電の設置や、庭の掃除、日常生活の補助などがあります。

特別必要な資格はありません。

しかし、業務によっては資格が求められるケースもあるようです。

広範囲の依頼を受けるためには何でもできるように、所持資格を増やしておくべきと言えるでしょう。

就活アドバイザー 京香

職業⑤:臭気判定士

あまり知られていない職業5つ目は「臭気判定士」です。

臭気判定士は、悪臭苦情を解決するために、工場・事業所からのにおいを測定する仕事です。

悪臭を分析装置や自分の嗅覚で測定し、それらの問題の改善や解決を手伝う職業です。

臭気判定士に国家資格が必要です。

資格の維持には、5年ごとに嗅覚試験に合格する必要があります。

臭気鑑定士は、目に見えない臭いと向き合う職業のため、根気や集中力が求められる仕事のようです。

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【正社員も狙える!】あまり知られていない職業7選

就活生ちゃん

あまり知られていない職業が少しわかりました。

他に、あまり知られていない職業はありますか?

それでは、正社員も狙えるあまり知られていない職業を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

正社員も狙えるあまり知られていない職業
  • 職業①:遺品整理士
  • 職業②:電話相談員
  • 職業③:ゲームデバッカー
  • 職業④:アウトドアガイド
  • 職業⑤:データサイエンティスト
  • 職業⑥:特殊清掃員
  • 職業⑦:食品のテスター
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

職業①:遺品整理士

正社員も狙えるあまり知られていない職業1つ目は「遺品整理士」です。

遺品整理士は、亡くなった方の住居に残された遺品を整理する仕事です。

具体的には、家具や家電などの大きなものを破棄します。

中には、現金や貴重品など高額なものの整理も行います。

遺品整理士という資格がありますが、業務を行う上で必須の資格ではありません。

しかし、資格を持っておくと、遺品整理士としての信頼度を高められるでしょう。

遺品整理士を目指す人は、積極的に資格取得を目指すことがおすすめです。

就活アドバイザー 京香

職業②:電話相談員

正社員も狙えるあまり知られていない職業2つ目は「電話相談員」です。

電話相談員は、様々な悩みを抱えている人の相談を電話で受ける仕事です。

人が抱える悩みには様々なものがあり、人に言えないものもあります。

そこで、電話相談員は知人には言えない相談を受けます。

特別な資格は必要としていませんが、社会福祉士や臨床心理士といった資格があると説得力が増すでしょう。

そのため、電話相談員になりたい場合は、資格取得を考えることもおすすめです。

ちなみに「自分の強みを活かせる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

職業③:ゲームデバッカー

正社員も狙えるあまり知られていない職業3つ目は「ゲームデバッカー」です。

ゲームデバッカーは、開発中のゲームをプレイし、バグを見つけ報告する仕事です。

世に出ていないゲームに触れることができ、ゲーム好きにはおすすめの仕事です。

しかし、長時間同様のプレイを行うなど根気が必要な場面も出てきます。

一定の操作を繰り返すことが多いため、それなりの忍耐力も必要です。

ゲーム業界への就職に興味がある方は以下の記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

職業④:アウトドアガイド

正社員も狙えるあまり知られていない職業4つ目は「アウトドアガイド」です。

アウトドアガイドは、ラフティング、エアーボード、スノーシューなどのアウトドアアクティビティのガイドを行う仕事です。

参加者の安全を守りながら、楽しませつつサポートします。

それぞれのアクティビティの知識やリスク管理などを考える必要があります。

担当する体験によっては、ガイド業務を担当することもあるようです。

業務内容上、アウトドアで働くため、自然が好きな人にはおすすめの職業と言えるでしょう。

就活アドバイザー 京香

職業⑤:データサイエンティスト

正社員も狙えるあまり知られていない職業5つ目は「データサイエンティスト」です。

データサイエンティストとは、意思決定の局面において、意思決定者をサポートする仕事です。

データに基づいて合理的な判断が行えるように助言します。

統計解析やITスキルに加え、ビジネスやトレンドなど幅広い知識が必要です。

数字に強い人が得意と言えるでしょう。

数字や数学が好きで分析を好む人におすすめの職業と言えるでしょう。

就活アドバイザー 京香

職業⑥:特殊清掃員

正社員も狙えるあまり知られていない職業6つ目は「特殊清掃員」です。

特殊清掃員は、様々な理由で亡くなった方の部屋を掃除する仕事です。

清掃現場は、血痕や異臭が激しい場合が存在するため、強い精神力が必要です。

特殊清掃員は特別な資格を必要としていません

強い精神力を持っている人であれば、正社員も目指せる職業だと言えます。

就活アドバイザー 京香

職業⑦:食品のテスター

正社員も狙えるあまり知られていない職業7つ目は「食品のテスター」です。

食品のテスターは、開発中の食品を食べ、評価する仕事です。

発売前の食品を食べることができます。

しかし、発売前ということは、未完成品とも言え、絶対においしいとは限らないようです。

発売前の食品を食べたいと強く思う方におすすめの職業と言えるでしょう。

就活アドバイザー 京香

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【グローバルも目指せる!】あまり知られていない職業5選

就活生くん

正社員も狙えるあまり知られていない職業についてわかりました。

世界で働くことができる、あまり知られていない職業はありますか?

それでは、グローバルも目指せるあまり知られていない職業について見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

グローバルも目指せるあまり知られていない職業
  • 職業①:ホテルレビュアー
  • 職業②:プロフェッショナルトラベラー
  • 職業③:レゴ投資家
  • 職業④:ストリートビューカメラマン
  • 職業⑤:国境なき記者団
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

職業①:ホテルレビュアー

グローバルも目指せるあまり知られていない職業1つ目は「ホテルレビュアー」です。

ホテルレビュアーは、ホテルに宿泊して評価をする仕事です。

ホテルレビュアーになるためには、旅行関連の記事を書いている企業に就職すると良いでしょう。

ホテルレビュアーとして知名度や人気が上がると、ホテル側から依頼が来ることもあるそうです。

ホテルは世界中に存在するので、ホテルレビュアーとしてグローバルに活躍することも可能です。

以下の記事は、ホテル業界に関するものです。

ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

職業②:プロフェッショナルトラベラー

グローバルも目指せるあまり知られていない職業2つ目は「プロフェッショナルトラベラー」です。

プロフェッショナルトラベラーは、様々な旅行の魅力を伝える仕事です。

自分が経験した旅行をSNS上で紹介します。

旅行の範囲は世界中になるので、グローバルに活躍することができます。

プロフェッショナルトラベラーとして稼ぐためには、企業からの案件をもらう必要があります。

そのため、軌道に乗せることが難しい職業と言えるでしょう。

以下の記事は、旅行業界に関するものです。

ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

職業③:レゴ投資家

グローバルも目指せるあまり知られていない職業3つ目は「レゴ投資家」です。

レゴ投資家は、レゴブロックを売買する仕事です。

レゴブロックは、早く廃盤になりやすいため、プレミアム価格で取引されることが多いです。

特に、有名コンテンツとのコラボ商品が高くなりやすいと言われています。

レゴブロックは世界中で販売されており、マニアも多いです。

そのため、グローバルに売買することができます。

職業④:ストリートビューカメラマン

グローバルも目指せるあまり知られていない職業4つ目は「ストリートビューカメラマン」です。

ストリートビューカメラマンは、ストリートビューに使用される場所の撮影を行う仕事です。

カメラを使用して撮影するだけでなく、撮影用の車を運転することもあります。

基本的に、ストリートビューは世界中を観察可能です。

つまり、ストリートビューカメラマンはグローバルに活躍する仕事と言えます。

就活アドバイザー 京香

職業⑤:国境なき記者団

グローバルも目指せるあまり知られていない職業5つ目は「国境なき記者団」です。

国境なき記者団は、弾圧されたジャーナリストの支援を行う仕事です。

国境なき記者団は、言論の自由を守る目的で発足された、非政府組織です。

仕事の性質上、世界中のジャーナリストの支援を行うため、グローバルに活躍することができます。

ジャーナリストとして就職することは難しいため、就職難易度の高い仕事と言えるでしょう。

就活アドバイザー 京香

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

あまり知られていない仕事に簡単に就職する方法

あまり知られていない仕事に簡単に就職する方法は、「転職エージェントを利用する」です。

転職エージェントはこれまで何百人以上の就職をサポートしており、あまり知られていない仕事についても熟知しています。

そのため、転職エージェントを使うことで、あまり知られていない仕事を簡単に知り選考対策のサポートを受けることで効率的に就職できます。

数ある転職エージェントの中でもおすすめのものを紹介するので、登録してサポートをもらいましょう!
おすすめの転職エージェント

「リクルートエージェント」21万件以上の非公開求人を持っており、転職成功実績No.1のためとてもおすすめです!

あなたに寄り添って企業の紹介から年収・条件の交渉までプロがサポートしてくれますよ。

また、ITエンジニア転職希望の人は、ITエンジニア専門転職エージェントの「レバテックキャリア」を利用してみると良いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

「リクルートエージェント」ではあなたの希望に沿った企業の紹介から採用まで、プロがフルサポートしてくれます。

また、自分から言い出しにくい年収、条件、入社日などについても、アドバイザーが交渉してくれます。

評判もとても良い転職エージェントなので、まずは転職の相談をしてみましょう!

>> 転職相談してみる
(リクルートエージェント)

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

あまり知られていない職業に就くメリットって何?

就活生ちゃん

あまり知られていない職業をたくさん知ることができました。

あまり知られていない職業に就くメリットは何でしょうか?

それでは、あまり知られていない職業に就くメリットを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

あまり知られていない職業に就くメリット
  • メリット①:初対面の人に覚えてもらえやすい
  • メリット②:深い人間関係が生成できる

 

メリット①:初対面の人に覚えてもらえやすい

あまり知られていない職業に就くメリット1つ目は「初対面の人に覚えてもらえやすい」です。

社会人になると、初対面の人と会話する際に仕事の話になることが多いです。

その際に、自分の職業があまり知られていない仕事だった場合、興味を持ってもらえるでしょう。

自分の仕事の話が広がるなどコミュニケーションも取りやすくなります。

あまり知られていない職業に就くことで、相手への印象は非常に残りやすくなります

 

メリット②:深い人間関係が生成できる

あまり知られていない職業に就くメリット2つ目は「深い人間関係が生成できる」です。

あまり知られていない職業は、希少性が高いことが多いです。

そのため、その職業に関係する人はどうしても少なくなってしまいます

あまり知られていない職業をに就くと必然と同じ人と関わることが多くなります。

同じ経験をしている人と何度も関わるうちに、深い関係になると考えられるでしょう。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

あまり知られていない職業に向いている人の特徴

就活生くん

あまり知られていない職業に就くメリットがわかりました。

あまり知られていない職業にはどのような人が向いているのでしょうか?

それでは、あまり知られていない職業に向いている人の特徴を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

あまり知られていない職業に向いている人の特徴
  • 特徴①:周囲からの評価を気にしない人
  • 特徴②:好奇心旺盛の人
  • 特徴③:その道を切り開きたい人

 

特徴①:周囲からの評価を気にしない人

あまり知られていない職業に向いている人の特徴1つ目は「周囲からの評価を気にしない人」です。

あまり知られていない職業は、一般的ではありません

そのため、普通の人からすると受け入れがたい場合もあります。

また業務内容が知られていないことから、マイナスイメージを持つ人もいるでしょう。

このような、周囲からの評価を気にしない人が、あまり知られていない職業に向いているでしょう。

就活アドバイザー 京香

特徴②:好奇心旺盛の人

あまり知られていない職業に向いている人の特徴2つ目は「好奇心旺盛の人」です。

あまり知られていない職業は、日常生活では知る機会が少ないことが多いです。

その専門性の高さから、学ぶ姿勢も必要になってきます。

そのため、好奇心旺盛で学ぶ意欲が高い人に向いていると言えるでしょう。

就活アドバイザー 京香

特徴③:その道を切り開きたい人

あまり知られていない職業に向いている人の特徴3つ目は「その道を切り開きたい人」です。

あまり知られていない職業に就いている人は少ないです。

そのため、自分自身がその仕事のパイオニアになる可能性もあります。

その仕事の実績も少ないため、参考にできるものが少なく、自分で考えて進めなければなりません

このことから、その道を切り開きたい人に向いている職業と言えるでしょう。

就活アドバイザー 京香

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

あまり知られていない職業に関するよくある質問

就活生ちゃん

あまり知られていない職業に向いている人の特徴がわかりました。

何かほかに、あまり知られていない職業に関して知っておくべきことはありますか?

それでは、あまり知られていない職業についてよくある質問を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

よくある質問
  • 質問①:どうやって仕事を探せばいいの?
  • 質問②:高収入は狙えるの?

 

質問①:どうやって仕事を探せばいいの?

よくある質問1つ目は「どうやって仕事を探せばいいの?」です。

あまり知られていない職業に就きたいときは、求人サイトを利用してみましょう。

あまり知られていない職業も、求人を出す場合はサイトに掲載することが多いです。

しかし、求人数が少なかったり、募集人数も少なかったりとレアな求人となってしまいます。

定期的にチェックすることが大切です。

下記の記事は、就活サイトおすすめランキングです。

ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

質問②:高収入は狙えるの?

よくある質問2つ目は「高収入は狙えるの?」です。

結論から言うと高収入を狙えるかは職種によります

あまり知られていない職業はたくさんあります

平均的な収入の物から、希少性の高さから高収入の職業まで様々です。

気になった業界/企業があったら、積極的に分析してみると良いでしょう。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

まとめ:人とは違う職業で高収入を目指そう

今回は、あまり知られていない職業ついて紹介しました。

合わせて、「あまり知られていない職業には何がある?」や「あまり知られていない職業に就くメリットは?」についても詳しく解説しました。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事のまとめ

◆【グローバルも目指せる!】あまり知られていない職業5選

  • 職業①:ホテルレビュアー
  • 職業②:プロフェッショナルトラベラー
  • 職業③:レゴ投資家
  • 職業④:ストリートビューカメラマン
  • 職業⑤:国境なき記者団

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • 方法:就活力診断で自分の実力を把握する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆あまり知られていない職業に就くメリットって何?

  • メリット①:初対面の人に覚えてもらえやすい
  • メリット②:深い人間関係が生成できる

◆あまり知られていない職業に向いている人の特徴

  • 特徴①:周囲からの評価を気にしない人
  • 特徴②:好奇心旺盛の人
  • 特徴③:その道を切り開きたい人

◆あまり知られていない職業に関するよくある質問

  • 質問①:どうやって仕事を探せばいいの?
  • 質問②:高収入は狙えるの?

◆まとめ:人とは違う職業で高収入を目指そう