【確実に内定ほしい】内定もらいやすい企業/業界ランキング,特徴と選び方も

本ページはプロモーションを含みます

【確実に内定ほしい】内定もらいやすい企業/業界ランキング,特徴と選び方も

この記事を読めばわかること

※12022年度実績
※2 2021年度のキャリアチケットご利用者で選考対策の実施有無を比較

 

はじめに

この記事では、内定をもらいやすい企業・業界ランキングを紹介しています。

内定をもらいやすい企業の特徴優良企業の選び方も解説しています。

また、「内定をもらいやすい特別選考」への案内がある就活エージェントも紹介しています。

ちなみに、「ES添削や面接対策をして欲しい」「内定が貰えなくてなんとかしたい」という人は、就活のプロが内定までサポートしてくれる「キャリアチケットなどの就活エージェントを活用しましょう。

この記事を読めば、内定をもらいやすい企業・業界がわかり、内定をもらえるようになります。

内定がなくて悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

先に結論をお伝えすると、「就活がうまくいかない…」と悩んでいるなら、自分に合った担当者が選べるスタキャリ×ジョーカツ(内定まで直接サポート)で、就活のプロに相談して一緒に対策や優良企業紹介をしてもらうのが一番おすすめです。

ちなみにスタキャリ×ジョーカツ以外にも、全国7都市で対面相談可能の「ミーツカンパニー就活サポート」、満足度90%,友人紹介率60%のアドバイザーと会える「DiG UP CAREERもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】優良企業を紹介してくれるおすすめツール(無料)
\ 徹底サポートで内定獲得! / ES添削,その他選考サポートを受ける
(スタキャリ×ジョーカツ)

*企業ごとに対策!


「結局、どのサービスを使えば良いかわからない…」という方はスタキャリ×ジョーカツを使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

 

就活あまり上手くいかない…と思ったら

「就活がなかなか上手くいかない」「就活どうすればいいかわからない」「未だに内定が無い…」と思っている就活生には、キャリアチケットの利用がおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

「就活がなかなか上手くいかないな…」と感じたら、キャリアチケットで就活のプロに相談してみるのがおすすめですよ。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  就活のプロに相談する
(キャリアチケット)

※12022年度実績

内定をもらいやすい企業・業界ランキング

就活生ちゃん

周りの友達は内定持っているのに自分だけひとつも持ってないのでとても不安です…
とりあえずひとつだけでもいいので、内定を持っておきたいです。

誰でも受かる企業とかないんですか?

就活生くん

僕もまだひとつも内定がなくて本当に就職できるのか不安です…
内定をもらいやすい企業や業界などがあれば教えて欲しいです。

ついつい友達と比較してしまい、自分だけ内定を持っていなければ不安になりますよね

実際に僕も、同じ企業を志望している友達が2人いたのですが、僕だけ落とされたなんてこともありました。

そこで今回は、そんな人のために、内定をもらいやすい業界、受かりやすい企業を紹介します

まず初めに、内定をもらいやすい企業と業界についてお伝えします。
内定をもらいやすい企業・業界ランキングは以下の5つです。

「就活の教科書」編集部 よこ

内定をもらいやすい企業・業界ランキング
  • 1位:知名度が低い企業
  • 2位:金融業界(営業職)
  • 3位:不動産業界(営業職)
  • 4位:人材業界(営業職)
  • 5位:IT業界(エンジニア職)

内定をもらいやすい企業・業界ランキングを知ることで、内定が取りやすくなります。
確実に内定をとるために、内定をもらいやすい企業・業界についてそれぞれお伝えしますね。

ちなみに、「ES添削や面接対策をして欲しい」「内定が貰えなくてなんとかしたい」という人は、就活のプロが内定までサポートしてくれる「キャリアチケットなどの就活エージェントを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

「隠れ優良企業で自分らしく働ける企業に就職したい!」という方はOfferBoxを使うのが一番おすすめです。

OfferBoxでは、251問の質問に回答することであなたの性格を徹底的に診断でき、プロフィール次第で大手や優良企業からスカウトがもらえる就活生に人気のアプリです。

すでに多くの就活生が利用しており、運がよければ優良企業の選考も一部スキップできるので、就活を有利に進められますよ。

ちなみにOfferBox以外にもLognaviキャリアチケットスカウトの同時並行もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

 

また「内定もらいやすい企業」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

【就活】内定もらいやすい企業/業界 “TOP3”|そもそもなんで内定をもらいやすいの?

 

①:知名度が低い企業(隠れ優良企業)

内定をもらいやすい企業/業界ランキング①は、知名度が低い企業(隠れ優良企業)です。

BtoBの取引がメインの企業は、ほとんどCMを打たないので就活生はあまり知りません。

就活生にあまり知られていないので、競争率が低く、内定がもらいやすい傾向にあります。

こういった企業でも、30代で年収800万円あり、離職率は5%ほどと好条件のものもあります。

好条件の企業の特徴は、「特定の領域、商品、素材で世界シェアNo.1」であることです。

意外にも、知名度が低い=競争率が低いので、内定をもらいやすい傾向にあります。

内定をもらうだけでなく、ホワイト企業のような好条件の待遇を受けられる企業へ就職したい就活生は、知名度が低い企業がおすすめです。

ちなみに「知名度は低いけど、好待遇な企業」を探すなら、就活エージェントの紹介を受けるのが良いですよ。

隠れ優良企業は、自力で探すのが非常に難しいので、就活エージェントを使った方が確実です。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

②:金融業界(営業職)

内定をもらいやすい企業/業界ランキング②は、金融業界(営業職)です。

金融業界は、将来を不安視している就活生が多いので近年は人気が下がっている傾向があります。

人気がなくなってきているので、こちらも同様に競争率は低いです。

営業職であれば、有名大学出身でなくとも、内定をもらいやすくなっています。

ただし、内定が出やすいのは営業職であり、投資銀行業務への配属は難易度がかなり高いので注意してくださいね。

「隠れ優良企業で自分らしく働ける企業に就職したい!」という方はOfferBoxを使うのが一番おすすめです。

OfferBoxでは、251問の質問に回答することであなたの性格を徹底的に診断でき、プロフィール次第で大手や優良企業からスカウトがもらえる就活生に人気のアプリです。

すでに多くの就活生が利用しており、運がよければ優良企業の選考も一部スキップできるので、就活を有利に進められますよ。

ちなみにOfferBox以外にもLognaviキャリアチケットスカウトの同時並行もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

意外にも、ランキング2位には金融業界がきましたね。
金融の営業は今でもゴリゴリに飛び込みをしていると聞きます。
営業力をつけたいという就活生にはおすすめですね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

③:不動産業界(営業職)

内定をもらいやすい企業/業界ランキング③は、不動産業界(営業職)です。

内定がもらえやすい背景としては、不動産業界の離職率は非常に高いということがあります。

不動産企業の中には、1年目の離職率が60%という企業も存在します。

営業職であれば、有名大学出身者以外の層からの就活生も多数採用していますよ。

営業職で活躍されている方は、20代で年収2000万円という人も一定数存在しますので、「根性に自信あり」という就活生は不動産業界も視野に入れてみましょ

う。

ただし、こちらも内定が出やすいのは営業職であり、デベロッパー系の総合職は難易度が高いので注意してくださいね。

ランキング3位の不動産業界。
不動産のとある企業は、1年目の離職率が60%もあるのは驚きです。
同期が1年目で半分以上いなくなるのはなかなか考えられませんね…
根性に自信のある就活生は内定ももらってみても良いのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

④:人材業界(営業職)

内定をもらいやすい企業/業界ランキング④は、人材業界(営業職)です。

人材業界も不動産業界と同じように、1年目の離職率が50%という企業も存在します。

離職人数が多いがゆえに採用人数が多く、就活生全体で見るとあまり倍率が高くない業界です。

基本的に学歴は関係ありませんが、 日東駒専〜MARCH層、産近甲龍〜関関同立が多くいます。

人材業界は内定がもらいやすいといっても、業界トップクラスの企業になると難易度はそれなりに高いです。

狙うべき企業の層としては、上場済かつ売上高が100億円前後or未満を狙いましょう。

ランキング4位とかなり上位の人材業界。
人材業界もかなり激務だと聞きます。
ライバルでひしめき合っているので長時間労働を強いられるのでしょうか。
忍耐強い人が続けられそうな業界ですね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

⑤:IT業界(エンジニア職)

内定をもらいやすい企業/業界ランキング⑤は、IT業界(エンジニア職)です。

IT業界といっても様々な企業があり、その中でもSES企業からの内定はもらいやすい傾向にあります。

SES企業とは、自社のエンジニアを他社に派遣する企業のことです。

IT業界には他に、自社サービス企業(自社でITサービスを開発、提供している企業)と受託開発企業(他社から依頼されたシステムを開発している企業)があります。

自社サービス企業と受託開発企業は、社員の生産量が売り上げに直結するビジネスモデルです。

一方、SES企業は、社員を他社に派遣した時点で売り上げになるので、両者ではビジネスモデルが大きく違います。

このビジネスモデルの違いがSES企業から内定をもらいやすい理由になります。

エンジニア不足の背景があるので、IT業界がランキング5位に上がりました。
ただし、SES企業は年収が上がりづらく、ほとんど研修なく他社に派遣する企業もあるそうです。
SES企業から内定をもらいたい就活生は、研修が充実しているかどうかの確認はしっかりしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

IT業界の優良企業やホワイト企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良IT企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいます。

就活生なら無料で利用できるので、「学歴に自信ないけど、内定がもらいやすいIT業界の優良企業に就職したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

>> レバテックルーキーを見てみる

 

各カテゴリごとに業界ランキングをまとめました。

様々な角度から業界研究をしたいと考えている人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

⑥:飲食業界

内定をもらいやすい企業/業界ランキング⑥は、飲食業界です。

飲食業界は人手不足な企業が多く、全体的に倍率が低めとなっています。

また、学歴を重視する企業もあまり多くないため、比較的難易度が低めな業界です。

さらに、学生時代にアルバイトで働いていた飲食店でそのまま採用してもらうパターンが多いのも特徴です。

チェーン店ならその店舗の店長に出世するルートもあるので、視野に入れてみるのも良いでしょう。

 

⑦:アパレル業界

内定をもらいやすい企業/業界ランキング⑦は、アパレル業界です。

職種としては、店舗のスタッフが多いです。

アパレル業界も飲食業界と同じで人手が不足している業界なので、比較的内定をもらいやすい業界と言えるでしょう。

ただ、業界大手のファーストリテイリングなどはかなりの人気企業なので、難易度が高いと考えられます。

また、ファッションセンスを問われるような選考もあるので、やや準備が必要です。

 

⑧:代理販売業界

内定をもらいやすい企業/業界ランキング⑧は、代理店販売業界です。

代理店販売とは、企業の代わりに商品を販売する仕事で、わかりやすいのは携帯ショップの店員さんです。

携帯ショップの多くはキャリア(docomo、au、ソフトバンク)の社員ではなく、代理店企業の社員が働いています。

この代理店業会も人手不足なため、倍率は低めになりやすいです。

また、大卒に限らず高卒や専門卒も採用しているので、学歴で落とされる可能性は低いと考えられます。

 

「就活ちゃんとやっているのにうまくいかない…」「まだ内定がないからやばい…」と困っている方は、キャリアチケットで就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、優良企業の紹介をもらえ、企業への推薦制度から自己分析から面接対策まで手厚く丁寧なサポートに定評があり、就活生から高く評価されています。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」なら就活がうまくいかなくても内定がもらえる優良企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良企業を教えてくれる
  • 就活のプロに選考企業に合った質の高いES添削・面接対策を無料でしてもらえる
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
\ 自分に合う優良企業とマッチ! / 2週間で優良企業内定を狙う
(キャリアチケット)

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめ を参考にしてみてください。

この記事を読むと就活のプロからの客観的なアドバイスをもらえ、納得の行く就活を進めることができるようになります。

就活アドバイザー 京香


【指標別】内定がもらいやすい企業ランキング

就活生ちゃん

内定がもらいやすい業界については理解できました。

できれば、具体的にどんな企業があるのか知りたいです!

誰でも受かる企業とかないんですか?

誰でも受かる企業はないですが、かなり難易度は引くと言える企業はあります。

では、内定がもらいやすい企業について、2つの指標からランキングを紹介します。

その指標とは、内定倍率と内定者人数です。

倍率が低いと内定がもらいやすいのはもちろんですが、採用人数が多いということはそれだけチャンスがあるということです。

そのため、内定者数(採用数)のランキングも紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

内定がもらいやすい企業ランキング①:内定倍率編

順位 企業名 内定倍率
1位 福山通運 1.5倍
2位 ヨロズ 1.9倍
3位 アクシアルリテイリング 2.2倍
4位 元気寿司 2.5倍
5位 トナミ運輸 2.6倍
6位 セントラル警備保障 3.3倍
7位 建設技術研究所 4.0倍
8位 ノジマ 4.1倍
9位 北都銀行 4.6倍
10位 沖縄銀行 4.8倍
10位 あさひ 4.8倍
12位 アーレスティ 5.0倍
13位 ダイダン 5.2倍
14位 福井銀行 5.6倍
14位 日本調剤 5.6倍
16位 共立メンテナンス 6.0倍
17位 ゲオホールディングス 6.3倍
18位 神戸ポートピアホテル 6.4倍
18位 ナカヨ 6.4倍
18位 肥後銀行 6.4倍
21位 大成ロテック 6.6倍
22位 阿波銀行 6.7倍
23位 ミスターマックス 6.9倍
24位 高知銀行 7.0倍
25位 日立化成 7.1倍

出典:東洋経済ONLINE『内定競争倍率「高い50社、低い50社」はどこか』

意外な企業もランクインしていますね。

倍率が1倍代であれば、誰でも受かる企業とまでは言えませんがかなり難易度は低いと言えるでしょう。

以下の記事でさらに詳しく解説しているので、参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

内定がもらいやすい企業ランキング②:内定者数編

順位 企業名 採用数
1位 三菱電機 880
2位 大和ハウス工業 810
3位 富士通 750
4位 スギ薬局 720
5位 パナソニック 700
6位 富士ソフト 650
7位 東京海上日動火災保険 639
7位 ニトリグループ 639
9位 三井住友銀行 600
9位 日立製作所 600
11位 エイチ・アイ・エス 575
12位 りそなホールディングス 565
13位 本田技研工業 557
14位 みずほフィナンシャルグループ 550
15位 三菱UFJ銀行 531
16位 スズキ 530
17位 キャノン 522
18位 アクセンチュア 500
18位 NEC 500
20位 NTT西日本 499
21位 NTTデータ 483
22位 日本IBM 479
23位 大和証券グループ 450
23位 ノジマ 450
23位 ALSOK 450

野島はどちらのランキングにもランクインしていますね。

金融系やIT系の企業は、採用人数が多い傾向にあることがわかると思います。

以下の記事でさらに詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

就活あまり上手くいかない…と思ったら

「就活がなかなか上手くいかない」「就活どうすればいいかわからない」「未だに内定が無い…」と思っている就活生には、キャリアチケットの利用がおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

「就活がなかなか上手くいかないな…」と感じたら、キャリアチケットで就活のプロに相談してみるのがおすすめですよ。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  就活のプロに相談する
(キャリアチケット)

※12022年度実績

内定をもらいやすい職種3選

就活生ちゃん

内定をもらいやすい企業が知れてよかったです!

職種に関してはどうですか?

職種に関しても、募集が多かったり倍率が低くて内定をもらいやすい職種はあります。

では、内定をもらいやすい職種について紹介しています。

「就活の教科書」編集部 よこ

職種①:営業職

内定をもらいやすい職種1つ目は、「営業職」です。

営業職は企業の売り上げを作る大切な職種なので、企業は営業ができる人材を常に求めています。

また、営業職は売り上げ成果や数字が重視される性質上、成果が出ない人は辞めてしまう傾向にあります。

そのため、人材不足の企業も多く、内定をもらいやすい職種であると言えます。

 

職種②:エンジニア職

内定をもらいやすい職種2つ目は、「エンジニア職」です。

IT系の職種であるエンジニアも内定がもらいやすい職種です。

一口にエンジニアといっても、プログラマー、インフラエンジニア、システムエンジニア(SE)など様々あります。

ですが、どの職種もIT化の需要増に伴って、比較的人手不足となっています。

特にSIer企業は大量採用する企業が多いので狙い目です。

現在では文系や未経験でもエンジニア枠として採用する企業も増えてきているので、おすすめの職種です。

 

職種③:接客(販売)職

内定をもらいやすい職種3つ目は、「接客(販売)職」です。

接客(販売)職は、アパレルや飲食店の店頭スタッフなどの仕事です。

内定をもらいやすい業界でも紹介しましたが、アパレルや飲食系は人手不足の業界です。

さらに、接客(販売)職は特殊なスキルが必要ないので、多くの人ができる仕事です。

 

                                                   

就活がうまくいかない人に役立つ記事一覧

「志望企業の選考に落ちた」「就活をしなければならないと分かっているのにやる気が出ない」という就活生は、 就活のプロに相談 して就活のサポートをしてもらいましょう。

以下の記事を読めば、あなたが就活をうまく進められない原因がわかり、就活に対する不安ややる気のなさを解消できるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「就活ちゃんとやっているのにうまくいかない…」「まだ内定がないからやばい…」と困っている方は、キャリアチケットで就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、優良企業の紹介をもらえ、企業への推薦制度から自己分析から面接対策まで手厚く丁寧なサポートに定評があり、就活生から高く評価されています。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」なら就活がうまくいかなくても内定がもらえる優良企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良企業を教えてくれる
  • 就活のプロに選考企業に合った質の高いES添削・面接対策を無料でしてもらえる
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
\ 自分に合う優良企業とマッチ! / 2週間で優良企業内定を狙う
(キャリアチケット)

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめ を参考にしてみてください。

この記事を読むと就活のプロからの客観的なアドバイスをもらえ、納得の行く就活を進めることができるようになります。

就活アドバイザー 京香


内定をもらいやすい企業の探し方

就活生ちゃん

内定がもらいやすい業界については理解できました。
では、内定をもらいやすい企業はどのように探せばいいのですか。
企業が多すぎてどうやったら効率良く探せるか教えてほしいです!

それでは実際に「内定をもらいやすい企業の探し方」を紹介します。
おすすめの探し方は、以下の6つの方法です。

「就活の教科書」編集部 よこ

内定をもらいやすい企業の探し方
  • 逆求人サイトを利用する
  • 無料のオンライン会社説明会から探す
  • IT業界に特化した就活エージェントを利用する
  • 優良企業を紹介してくれる就活エージェントを利用する
  • 就活イベントに参加する
  • 合説(合同説明会)に参加する
  • 求人サイトで採用人数が多い企業を探す

1つずつ詳しく説明しますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

また「入社簡単な企業」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

【超人気企業が丸わかり!】入社超簡単&超高難易度企業ランキング【就活:転職】

 

探し方①:逆求人サイト(スカウトサイト)を利用する

内定をもらいやすい企業の探し方1つ目は、「逆求人サイトを利用する」です。

逆求人サイトとは、就活生のプロフィールを読んだ企業が選考のオファーやスカウトをくれるサービスです。

「隠れ優良企業で自分らしく働ける企業に就職したい!」という方はOfferBoxを使うのが一番おすすめです。

OfferBoxでは、251問の質問に回答することであなたの性格を徹底的に診断でき、プロフィール次第で大手や優良企業からスカウトがもらえる就活生に人気のアプリです。

すでに多くの就活生が利用しており、運がよければ優良企業の選考も一部スキップできるので、就活を有利に進められますよ。

ちなみにOfferBox以外にもLognaviキャリアチケットスカウトの同時並行もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

 

探し方②:無料のオンライン会社説明会から探す

内定をもらいやすい企業の探し方2つ目は、「JOBTV(無料のオンライン会社説明会から探す)」です。

JOBTVはさまざまな優良企業の会社説明会を無料・オンラインで見れるサービスです。

「電通」「キリン」「KDDI」など超大手企業からベンチャー企業まで、多くの企業の説明会を再生できます。

これだけ多くの企業の説明会動画を見れるので、家にいるだけで簡単に穴場優良企業を見つけられますよ。

JOBTV」では企業に向けて自己PR動画を掲載することで、企業からのスカウトも来るんです。

簡単に会社説明会を見れる上にスカウトも来て、まさに一石二鳥のサービスですね。

JOBTVの詳細や利用方法についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

探し方③:IT業界に特化した就活エージェントを利用する

内定をもらいやすい企業の探し方3つ目は、「IT業界に特化した就活エージェントを利用する」です。

そもそも、就活エージェントとは、無料でプロの就活支援が受けられるサービスで、特別選考ルートなど内定がもらいやすい企業情報を提供してくれます。

特におすすめのIT業界に特化した就活エージェントは「レバテックルーキー」です!

レバテックルーキーは、ベンチャーから大手まで5000社以上の優良企業から一人ひとりに合った企業を紹介してくれます!

また、IT業界に特化しているため、IT企業の情報量や質が格段に高く、企業のネットにはない情報も得られます

さらに、就活のプロによるES添削/選考対策を無料で受けることができ、最短2週間で内定をもらうこともできます

IT業界は、就活生に人気の業界なので、エージェントなしでの就職活動は難しくなると考えられます・・。

なので、「IT業界の企業に就職したい!」という就活生には、「レバテックルーキー」は特におすすめの就活エージェントです!

「就活の教科書」編集部 よこ

>> 「レバテックルーキー」を利用してみる

 

また、「レバテックルーキーの評判を見てから利用するか決めたい!」という就活生は、以下の記事を参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 よこ

 

探し方④:優良企業を紹介してくれる就活エージェントを利用する

内定をもらいやすい企業の探し方4つ目は、「優良企業を紹介してくれる就活エージェントを利用する」です。

就活エージェントとは、無料でプロの就活支援が受けられるサービスで、特別選考ルートなど内定がもらいやすい企業情報を提供してくれます。

優良企業を紹介してくれる就活エージェントについては、【特別選考の案内も】短期間での内定を狙う人におすすめの就活エージェントで詳しく解説しています。

就活エージェントについてはこちらの記事で詳しく解説されているのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

探し方⑤:就活イベントに参加する

内定をもらいやすい企業の探し方5つ目は、「就活イベントに参加する」です。

就活イベントとは、就活情報を得られるイベントです。

具体的には、下記のようなものが就活イベントとして挙げられます。

  • 合同説明会
  • 企業説明会
  • 就活対策セミナー
  • 社会人/就活生交流会

ちなみに、就活イベントでおすすめなのがジョブトラ(JobTryout」です。

ジョブトラでは、ビジネス体感ゲームを通じて、人事からのフィードバックが得られ、成績上位者には、特別選考権、役員・人事部長面接権、ランチ招待権、1次選考スキップ権等をなどの特別選考フローに招待されます。

ジョブトラに参加しておけは早期内定を普通に目指せるので、就活イベントで優良企業に出会いたい方は、ぜひ参加してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

ジョブトラの特徴
  • ビジネスゲームを通じて人事からのフィードバックが得られる
  • 学生の中で自分が何位の実力を持っているのかが分かる
  • イベントの参加費は無料である
  • 運が良ければ特別選考を受けられる
  • 年間で350開催実施しており、年間で13,000名の就活性が参加している

ジョブトラは、就活を始めたばかりの人が多いため「何をすべきかわからない…」という方にピッタリです。

実際に「就活の教科書」編集部が参加して感じた、ジョブトラのメリット/デメリットはこちらです。

「就活の教科書」編集部 神山

ジョブトラのメリット/デメリット
  • メリット①:楽しみながら選考を受けられる
  • メリット②:有名企業の人事・経営者の方と積極的に話ができる
  • メリット③:自己分析ができる
  • デメリット①:企業を深く知るには時間が少ない

ジョブトラ(JobTryoutは、の参加者で3人に1人は早期内定を獲得しています。

また、年間で約350開催実施しており、約13,000名の就活生が参加しています。

開催地も東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、広島と、広範囲で開催しており、無料で参加できるので、ぜひ参加してみてください!

「就活の教科書」編集部 神山

\ 優良企業の早期選考がゲットできる /


 グループワーク参加で特別選考へ進む
(ジョブトラ)

*参加学生の3人に1人は早期内定獲得の実績あり

 

「ジョブトラ」の就活生の評判・口コミや、実際の使い方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

探し方⑥:合説(合同説明会)に参加する

内定をもらいやすい企業の探し方6つ目は、「合説(合同説明会)に参加する」です。

合説イベントとしておすすめなのが「Meets Company(ミーツカンパニー)」です。

イベントの座談会で企業の方と直接お話しして、お互いにフィーリングなどが合うと感じれば、そのまま特別選考に案内されることがあります。

そして、特別選考では企業側の採用意欲も高いため、スピード感を持って、そのまま内定まで貰いやすくなりますよ。

Meets Companyは、企業の方と直接話して雰囲気を確かめられるので、ミスマッチが少なく相性が良い企業と出会えます。

相性が良い企業を探して、早めに内定をもらいたい就活生はミーツカンパニーを使ってみましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

>> ミーツカンパニーを見てみる

 

「ミーツカンパニー」やおすすめの就活イベントについては、こちらの記事で完全解説しているので、気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

 

探し方⑦:求人サイトで採用人数が多い企業を探す

内定をもらいやすい企業の探し方7つ目は、「求人サイトで採用人数が多い企業を探す」です。

採用人数が多い企業ほど、倍率が低い傾向があり内定がもらいやすいからです。

代表的な求人サイトには、リクナビ・マイナビ・インディード(Indeed)などがあります。

これらの求人サイトの検索窓に「採用人数 多い」と検索して、該当する企業を探しましょう。

通年採用の企業も探せますので、合わせて確認してみてくださいね。
就活サイトに関しては、こちらの記事詳しくまとめています。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

就活あまり上手くいかない…と思ったら

「就活がなかなか上手くいかない」「就活どうすればいいかわからない」「未だに内定が無い…」と思っている就活生には、キャリアチケットの利用がおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

「就活がなかなか上手くいかないな…」と感じたら、キャリアチケットで就活のプロに相談してみるのがおすすめですよ。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  就活のプロに相談する
(キャリアチケット)

※12022年度実績

内定がもらいやすいおすすめ就活エージェント

 

「就活ちゃんとやっているのにうまくいかない…」「まだ内定がないからやばい…」と困っている方は、キャリアチケットで就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、優良企業の紹介をもらえ、企業への推薦制度から自己分析から面接対策まで手厚く丁寧なサポートに定評があり、就活生から高く評価されています。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」なら就活がうまくいかなくても内定がもらえる優良企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良企業を教えてくれる
  • 就活のプロに選考企業に合った質の高いES添削・面接対策を無料でしてもらえる
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
\ 自分に合う優良企業とマッチ! / 2週間で優良企業内定を狙う
(キャリアチケット)

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめ を参考にしてみてください。

この記事を読むと就活のプロからの客観的なアドバイスをもらえ、納得の行く就活を進めることができるようになります。

就活アドバイザー 京香


内定が取りやすい業界から狙うのも一つの手

まずは内定を取りやすい・選考が受かりやすい企業を受けることで自信をつけるのもおすすめです。

では、内定が取りやすい企業を難易度別に分けていきます。

これらの業界は、有名な企業でも学歴不問で比較的簡単に内定をもらいやすいです。

 

就活で1つでも早く内定をもらって安心したいのが就活生の本音です。

僕自身も内定を1つも持っていない時は、焦って余裕がなさそうな学生でした。

逆に内定を1つでも貰うと、安心して余裕があって冷静に面接などに取り組めます。

そうすると、そこからどんどんと内定を貰えました。

内定が取りやすい企業と難易度

=========レベル1(一番内定を取りやすい)=========

【飲食店】

  • モンテローザ
  • すかいらーく
  • マクドナルド など

【アパレル】

  • ジーンズメイト
  • 古着屋
  • ABCマート など

【その他】

  • ケータイ販売
  • コンビニ
  • ドラッグストア など

=========レベル2=========

【IT】

  • ベンチャー・ゲームなど開発職

【不動産】

  • 販売などの営業職

【自動車】

  • ディーラーなど販売職

【金融/リース】

  • アイフル、アコムなど

=========レベル3=========

【製造メーカー】

  • 半導体、ガラス、ゴム、電子機器など

正しい業界研究のやり方業界研究が簡単にできる裏技を知りたい人は、業界研究の流れや役立つツールも分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

就活あまり上手くいかない…と思ったら

「就活がなかなか上手くいかない」「就活どうすればいいかわからない」「未だに内定が無い…」と思っている就活生には、キャリアチケットの利用がおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

「就活がなかなか上手くいかないな…」と感じたら、キャリアチケットで就活のプロに相談してみるのがおすすめですよ。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  就活のプロに相談する
(キャリアチケット)

※12022年度実績

内定をもらいやすい企業の特徴3つ

就活生ちゃん

内定をもらいやすい企業を探すために、とりあえず逆求人サイトに登録してみようと思います。

内定をもらいやすい企業の探し方は理解したものの、内定がもらいやすい企業の特徴ってあったりしますか…

それでは次に、内定をもらいやすい企業の特徴についてお伝えしますね。

内定をもらいやすい企業の特徴は、以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 よこ

内定をもらいやすい企業の特徴
  • 特徴①:知名度が低い企業
  • 特徴②:従業員数に対して採用人数が多い企業
  • 特徴③:親族、ゼミの教授が人脈を持っている企業

あなた自信が内定をもらいやすい企業を調べられるようになるために、内定をもらいやすい企業の特徴についてそれぞれお伝えしますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

特徴①:知名度が低い企業

内定をもらいやすい企業の特徴1つ目は「知名度が低い企業」です。

就活生からの知名度が低ければ、応募の数も比例して少なくなります

応募の数が少なければその分ライバルが少なくなり、内定をもらいやすくなります。

離職率が低く、給与も良い優良企業があるので、個人的には知名度が低い企業は狙い目です。

 

優良中小企業について興味がある人は、優良中小企業のおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

特徴②:従業員数に対して採用人数が多い企業

内定をもらいやすい企業の特徴2つ目は「従業員数に対して採用人数が多い企業」です。

採用人数が多い企業の理由は2つあり、1つ目は「業績が好調で社員数を増やしたい」、2つ目は「離職率が高く新たに採用する必要がある」です

1つ目の「業績が好調で社員数を増やしたい」企業は狙い目の企業といって良いでしょう。

「隠れ優良企業で自分らしく働ける企業に就職したい!」という方はOfferBoxを使うのが一番おすすめです。

OfferBoxでは、251問の質問に回答することであなたの性格を徹底的に診断でき、プロフィール次第で大手や優良企業からスカウトがもらえる就活生に人気のアプリです。

すでに多くの就活生が利用しており、運がよければ優良企業の選考も一部スキップできるので、就活を有利に進められますよ。

ちなみにOfferBox以外にもLognaviキャリアチケットスカウトの同時並行もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

決算書やHPから過去の採用数推移を見て、従業員数がどのように増えているかを確認しましょう。

2つ目の離職率が高い企業は、先ほどの「内定をもらいやすい企業・業界ランキング」でもいくつか紹介してきました。
離職率が高い企業は、営業や忍耐力に自信のある就活生にしかおすすめできません。

採用人数が多い企業に興味がある人は、採用人数が多い企業ランキングや採用人数の調べ方が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

特徴③:親族、ゼミの教授が人脈を持っている企業

内定をもらいやすい企業の特徴3つ目は「親族、ゼミの教授が人脈を持っている企業」です。

人脈(コネ)があれば、選考がスムーズに進み、内定まで簡単にたどり着けるでしょう。

しかし、人脈はすぐに作ろうと思っても作れるものではありません。

運よく、親族やゼミの教授が人脈を持っている企業であれば、内定をもらいやすい企業といっても大丈夫です。

やはり人脈・コネは最強ですね。
少し恥ずかしいですが、積極的に「教授ってどこかコネのある企業ありませんか?」などと聞くのもありですね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

「就活ちゃんとやっているのにうまくいかない…」「まだ内定がないからやばい…」と困っている方は、キャリアチケットで就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、優良企業の紹介をもらえ、企業への推薦制度から自己分析から面接対策まで手厚く丁寧なサポートに定評があり、就活生から高く評価されています。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」なら就活がうまくいかなくても内定がもらえる優良企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良企業を教えてくれる
  • 就活のプロに選考企業に合った質の高いES添削・面接対策を無料でしてもらえる
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
\ 自分に合う優良企業とマッチ! / 2週間で優良企業内定を狙う
(キャリアチケット)

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめ を参考にしてみてください。

この記事を読むと就活のプロからの客観的なアドバイスをもらえ、納得の行く就活を進めることができるようになります。

就活アドバイザー 京香


内定をもらいやすい企業の選び方3つ

就活生くん

内定をもらいやすい企業の特徴についてよくわかりました。

企業の数が多すぎてよくわからないのですが、実際にどうやって選べばいいんでしょうか。

それでは最後に、内定をもらいやすい企業の選び方についてお伝えしますね。
内定をもらいやすい企業の選び方は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 よこ

内定をもらいやすい企業の選び方3つ
  • 選び方①:大学生までの活動と関連する企業
  • 選び方②:先輩が内定、働いている企業
  • 選び方③:自分の性格にあう企業

実際に内定をもらいやすい企業を選び、選考を受けるために、内定をもらいやすい企業の選び方3つをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

選び方①:大学生までの活動と関連する企業

内定をもらいやすい企業の選び方1つ目は、大学生までの活動と関連する企業であることです。

受ける業界に関する知識や経験があれば、ほかの就活生よりも内定をもらいやすい状況にあります。

たとえば、電子部品の開発・製造しているA社を受けようとする就活生がいたとします。

就活生ちゃん

文系出身で今まで電子部品を触ったことがないありません。

就活生くん

研究室で電子工作を組み、電力などの測定も経験したことがあります。

A社に上手く自分のことをアピールできるのは、間違いなく就活くんの方です。

もし、就活くんのような経験にも引けを取らない経験をしたいなら、インターンや資格取得をすれば可能性はあります。

これまで、自分の生活と全く関わりのない業界から内定をもらうには、インターンや資格取得などの工夫が必要になってきます。
しっかりと、企業にあった自分のエピソードを話せる就活生であれば、内定をもらいやすいです。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

選び方②:先輩が内定、働いている企業

内定をもらいやすい企業の選び方2つ目は、先輩が内定、働いている企業であることです。

サークルのひとつ上の先輩や、OBOGの人がいってる企業であれば、あなた自身もその企業が求めるターゲット層に入っている可能性があります。

しかし、過去3年間同じ大学から内定者がほとんど出ていない企業は受かりにくいと思っていた方が良いでしょう。

過去に同じ大学からその企業に就職しているか調べる方法は、企業のHPなどに採用実績として採用した人の出身大学を公開していたりします。

企業のHPなどをチェックして、同じ大学から就職した先輩がいるのかどうか調べてみましょう。

同じ大学出身というのが、その企業から内定をもらえるのかという一つの指標になります。
出身大学をみて、内定をもらいやすい企業かどうか判断して選びましょう。

いわゆる学歴フィルターについてもっと知りたい人は、学歴フィルターの基準や突破方法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

選び方③:自分の性格にあう企業

内定をもらいやすい企業の選び方3つ目は、自分の性格にあう企業であることです。

あなたの性格とあうような企業を見つけることができれば、働くスタイルが似ている企業といっても良いでしょう。

もしあなたが、お客様に直接寄り添って商品の提案をしたいのであれば、一人ひとり寄り添える営業職に向いています。

自分はどんな性格をしているのか、企業はどのように働く人を求めるのかしっかり調べて企業を選びましょう。

 

ちなみに、仕事を選ぶ上では自分の強みだけでなく、価値観・意欲・思考の傾向などの観点からも自分の性格を知っておく必要があります。

そこで、会社選びで必要な項目まで分析できる自己分析ツールを使ってみることをオススメします。

ちなみに会社選びで知っておくべき項目を調べるならキミスカ適性検査が一番オススメです。

キミスカ適性検査なら、価値観・思考・意欲など9つの項目など、普段自分では考えない観点まで見直せます。

自分の性格に合う企業を選べは、選考通過率だけでなく、働いた時の充実感も高まるので、自己分析はしっかりしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

>> キミスカ適性検査を見てみる

 

キミスカ適性検査の使い方や分析項目について知りたい人は、以下の記事を参考にしてみて下さい。

合わせて、他の自己分析ツールを紹介した記事も載せておきます。

 

就活あまり上手くいかない…と思ったら

「就活がなかなか上手くいかない」「就活どうすればいいかわからない」「未だに内定が無い…」と思っている就活生には、キャリアチケットの利用がおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

「就活がなかなか上手くいかないな…」と感じたら、キャリアチケットで就活のプロに相談してみるのがおすすめですよ。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  就活のプロに相談する
(キャリアチケット)

※12022年度実績

カンタン!内定を取りやすい・受かりやすい企業の2つの見分け方・基準

内定を取りやすい企業を簡単に見つける方法を伝授したいと思います。

内定を取りやすい企業と聞くと、「倍率が低い」ことがまず思い浮かぶと思います。

確かにこれも一つの基準になります。

しかし、それだけで見ると3大メガバンク(銀行)が簡単になってしまいます。

これらはそれぞれ1000人近く採用しますので、自然と倍率も高いわけではありません。

しかも、その応募している学生の学歴や質が高いため、内定が取りやすいとは言えません。

では、倍率以外の見分け方は他にもあります。

 

それは面接や選考の数です。

面接の数はすごく重要で、1つでも面接の数が減ることで20~30%は内定を取りやすい確率が上がります。

例えば、どの業界の大手はテスト→GD(グルディス)→面接3回などになります。

しかし、GDもなく面接が2回になると1次面接から最終面接で終わりです。

最終面接はその企業に来てくれるか、熱意があるかを確認するための場合が多いので受かりやすい傾向にあります。

そのため、面接の数や選考プロセスが少ない企業を探すのが良いです。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

「就活ちゃんとやっているのにうまくいかない…」「まだ内定がないからやばい…」と困っている方は、キャリアチケットで就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、優良企業の紹介をもらえ、企業への推薦制度から自己分析から面接対策まで手厚く丁寧なサポートに定評があり、就活生から高く評価されています。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」なら就活がうまくいかなくても内定がもらえる優良企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良企業を教えてくれる
  • 就活のプロに選考企業に合った質の高いES添削・面接対策を無料でしてもらえる
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
\ 自分に合う優良企業とマッチ! / 2週間で優良企業内定を狙う
(キャリアチケット)

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめ を参考にしてみてください。

この記事を読むと就活のプロからの客観的なアドバイスをもらえ、納得の行く就活を進めることができるようになります。

就活アドバイザー 京香


倍率が低い・選考や面接が少ない企業の見つけ方は?

選考が少ないかどうかを判断するのは、楽天の就活日記を見たりして判断ができます。

しかし、倍率が低いかどうかは判断するのが難しいです。

さらに、1つ1つ企業の倍率や選考の数を調べていったら大変です。

そんな中、僕が就活で簡単に選考数が少なくて倍率が高くない企業に一番多く出会えたのは「逆求人サイト」でした。

「就活の教科書」編集部 よこ

逆求人サイトでスカウトする企業は、企業間などで取引していて就活生や世間に認知されずらい企業や外資系企業が多い印象です。(BtoBなど)

外資や認知されずらい企業ですが、スカウトしてくる企業を調べたり説明会に出向くと年収が高く、働く条件も良い優良企業が多かったです。

さらに、逆求人サイトを使うメリットは「テスト選考がないこと」です。

スカウトということもあり人柄で判断したい企業が多いため、テストは省かれます。

普通の応募もある有名な企業にスカウトされた時は、普通応募の学生はテストから始めていたのに対してスカウト組は面接から始めるといったケースもありました。

実際に逆求人サイトを就活中に使っていると、色んな業界からスカウトも来て就活の視野が広がったり、受ける企業の数が減っても補充ができました。

就活生なら逆求人サイトは無料で利用できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 よこ

おすすめ逆求人サイト

 

就活あまり上手くいかない…と思ったら

「就活がなかなか上手くいかない」「就活どうすればいいかわからない」「未だに内定が無い…」と思っている就活生には、キャリアチケットの利用がおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

「就活がなかなか上手くいかないな…」と感じたら、キャリアチケットで就活のプロに相談してみるのがおすすめですよ。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  就活のプロに相談する
(キャリアチケット)

※12022年度実績

内定が欲しい人必見!もらうための対策法7選

就活生ちゃん

内定までにやるべきことを、ザックリと知ることはできました。

ただ、より具体的に内定を取るための対策法を知りたいです!!

それでは、内定をもらうための具体的な対策法7選を紹介します!

就活アドバイザー 京香

内定をもらうための対策法 7選
  • 対策法①:自己分析を行って自分自身について理解する
  • 対策法②:業界/企業分析を通して自分が行きたい場所を明確にする
  • 対策法③:自己分析・業界/企業分析を通して就活軸を建てる
  • 対策法④:自分の将来像を明確にする
  • 対策法⑤:模擬面接から第一印象やコミュニケーション能力を磨く
  • 対策法⑥:本番の面接の場数を踏み緊張に慣れる
  • 対策法⑦:内定が貰えない人の特徴に当てはまらないようにする

それでは詳しく解説していきます!

就活アドバイザー 京香

対策法①:自己分析を行って自分自身について理解する

内定をもらうための対策法その1は「自己分析を行って自分自身について理解する」です。

就活において、企業探し面接対策を行うにあたって自己分析は軸になる部分であり、したがって自己分析は時間をかけてしっかりと行う必要があります。

自己分析をしっかりして、言語化したり企業選びに生かしたりすることは内定の獲得に直結するため、就活を開始した早い段階からしっかりと取り組みましょう。

自分を知るためには、他の人に自分のことを聞く他己分析も生かすことが出来ます。

就活アドバイザー 京香

対策法②:業界/企業分析を通して自分が行きたい場所を明確にする

内定をもらうための対策法その2は「業界/企業分析を通して自分が行きたい場所を明確にする」です。

業界/企業分析をすることで、自分がなりたい姿が実現できる企業を早い段階で知ることは、就活を有利に進める大事な点になります。

そのため、積極的に各企業の採用ページを閲覧したり、実際に社員の説明を聞ける会社説明会、または業界全体を知れる合同説明会等への参加をしたりするよう心がけましょう。

様々な形式の就活イベントに参加することで、多面的に業界/企業を知ることが出来ます。

就活アドバイザー 京香

対策法③:自己分析・業界/企業分析を通して就活軸を建てる

内定をもらうための対策法その3は「自己分析・業界/企業分析を通して就活軸を建てる」です。

上記の対策法①②が完了したら、次は得た情報を基に、自分の就活の軸を明確にしましょう。

就活の軸は、これから就活をしていくうえで様々な「基準」となるもので、特に企業選びにおいて最も重要なものとなります。

また「自分が入りたい企業」が「自分を選んでくれる企業」であることが大事なので「自分が何をしたいか」だけでなく「自分が出来ることは何か」を理解しながら軸を決めましょう。

自分にできることを知る過程で、自己分析は非常に重要な手段になっています。

就活アドバイザー 京香

対策法④:自分の将来像を明確にする

内定をもらうための対策法その4は「自分の将来像を明確にする」です。

企業選びに大切なことの一つに「自分が将来なりたい姿になれるかどうか」が挙げられます。

転職が活発な時代とは言え、入社後数年はかなりの時間をかけて労働をする場所になります。

したがって「自分の能力が生かせる」「給与が良い」だけでなく「自分が思い描く姿になれるかどうか」を軸にして考えることで、いざ就職して働く際に、やりがいを感じられそうです。

設置されている研修制度や、どんな社員がいるかを見ることが参考になります。

就活アドバイザー 京香

対策法⑤:模擬面接から第一印象やコミュニケーション能力を磨く

内定をもらうための対策法その5は「模擬面接から第一印象やコミュニケーション能力を磨く」です。

記事後半の就活で内定がもらえる人の特徴⑦で紹介している通り、面接において第一印象が良い人は内定をもらいやすいです。

また、面接はコミュニケーションの場なので、覚えた言葉を話すのではなく「ちゃんと会話が出来るか」も見られています。

したがって、模擬面接から「どうしたら第一印象が良く見えるか」「コミュニケーション能力をアピールできるか」を意識して練習することが、内定獲得に有利に働くと考えられます。

模擬面接は、先輩や友達に頼んだり大学のキャリアセンター等を利用したりしましょう。

就活アドバイザー 京香

対策法⑥:本番の面接の場数を踏み緊張に慣れる

内定をもらうための対策法その6は「本番の面接の場数を踏み緊張に慣れる」です。

模擬面接をすることは大切ですが、やはり練習と本番で緊張感は違います。

そのため、第一志望企業の面接の前に何社か実際の面接を受けておくことで、本番の緊張感になれておくと良いです。

ただ、自分にとっては練習のためであっても本番の選考に参加していますので、そういった選考にも真摯な姿勢で臨みましょう。

就活アドバイザー 京香

対策法⑦:内定が貰えない人の特徴に当てはまらないようにする

内定をもらうための対策法その7は「内定が貰えない人の特徴に当てはまらないようにする」です。

これについては、以下の内定がもらえない人の特徴5選で詳しく解説しているので、紹介している特徴に当てはまらないように意識してみて下さい。

内定をもらうための対策法について、詳しく知ることが出来ましたか??

就活アドバイザー 京香

 

「就活ちゃんとやっているのにうまくいかない…」「まだ内定がないからやばい…」と困っている方は、キャリアチケットで就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、優良企業の紹介をもらえ、企業への推薦制度から自己分析から面接対策まで手厚く丁寧なサポートに定評があり、就活生から高く評価されています。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」なら就活がうまくいかなくても内定がもらえる優良企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良企業を教えてくれる
  • 就活のプロに選考企業に合った質の高いES添削・面接対策を無料でしてもらえる
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
\ 自分に合う優良企業とマッチ! / 2週間で優良企業内定を狙う
(キャリアチケット)

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめ を参考にしてみてください。

この記事を読むと就活のプロからの客観的なアドバイスをもらえ、納得の行く就活を進めることができるようになります。

就活アドバイザー 京香


就活で内定がもらえる人の7つの特徴

就活生ちゃん

内定をもらうためにやるべき対策法は分かりました。

一方で、対策法以外に実際に内定がもらえる人の特徴はどんなものなのでしょうか?

どんな人が内定をもらいやすいのか、自分はどうか、気になりますよね。

それでは、内定をもらいやすい人の特徴7選を紹介します!

就活アドバイザー 京香

内定をもらいやすい人の特徴 7選
  • 特徴①:就活に真剣に取り組んでいる
  • 特徴②:就活に関する情報収集を欠かさない
  • 特徴③:明確な将来像を持っている
  • 特徴④:自身の失敗を振り返り改善しながら就活に取り組める
  • 特徴⑤:失敗しても切り替えが早い
  • 特徴⑥:就活系のイベントに積極的
  • 特徴⑦:面接次の第一印象がすごくいい

それでは詳しく解説していきます!

就活アドバイザー 京香

特徴①:就活に真剣に取り組んでいる

内定をもらいやすい人の特徴その1は「就活に真剣に取り組んでいる」人です。

前提として、就活を攻略するためには真剣に取り組む必要があるのですが、実はそれが出来ていない人は多いのです。

その理由としては、就活は非常にハードなものであり、上手くいかないこともあると投げ出したくなることも多々あるからです。

しかし、内定がもらうためには、上手くいかないことがあっても投げ出さずに活動を続けることが大切です

したがって、難しく大変なことを諦めずに続けられる意志の強い人が、内定を獲得できる人の特徴を持っていると言えます。

苦しいこと状況にあたったら、一人で悩まず他の人に相談できると良いですね。

就活アドバイザー 京香

特徴②:就活に関する情報収集を欠かさない

内定をもらいやすい人の特徴その2は「就活に関する情報収集を欠かさない」人です。

その理由は、就活は情報戦の側面も強くあり、内定を多く獲得している人ほど念入りに情報収集を行っていると言えるからです。

就活に関係した情報は非常に多くいですが、特に採用スケジュール業界や企業の情勢市場のトレンドなどが重要な情報と言えます。

こういった情報は、説明会や採用HP、OBOG訪問などから得られるので、上手に情報を集め活用し、内定に繋げましょう。

就活は一人でやるよりも、多くの人に頼って行うことが大切です。

就活アドバイザー 京香

特徴③:明確な将来像を持っている

内定をもらいやすい人の特徴その3は「明確な将来像を持っている」です。

効率的に内定がもらえる人は、就職先について「早く内定をもらえれば良い」ではなく「豊かな社会人生活を送るために」ということを第一に考え、明確な将来像を持っていることが多く、先を見据えながら選考に取り組んでいる人が多いと言えます。

前提として、就活は社会人になって仕事をする会社を選ぶ手段にすぎません。

こと就活においては、成長意欲は重要視されているポイントと言えるので、明確な将来像を持っていることをアピールできる人が内定を多く獲得すると考えられます。

「こんな人になりたいな」と言う人がいると、将来像も想像しやすいのではないでしょうか。

就活アドバイザー 京香

特徴④:自身の失敗を振り返り改善しながら就活に取り組める

内定をもらいやすい人の特徴その4は「自身の失敗を振り返り改善しながら就活に取り組める」人です。

就活では、どれだけ念入りに準備、対策をしても失敗してしまうことは多く、内定がもらえる人でも失敗経験のある人は多いです。

しかし、内定がもらえる人は、失敗を反省しながら就活に取り組むことで、失敗をどう次に繋げられるかを考えています。

一方で、内定をもらえない人の多くは、失敗から次に生かすことをせず、そのままモチベーションを落としてしまっています。

したがって、失敗してもそれを次に繋げて成長しながら就活に取り組める人が、内定をもらいやすいと言えるでしょう。

準備と同じくらい振り返りも重要視しましょう。

就活アドバイザー 京香

特徴⑤:失敗しても切り替えが早い

内定をもらいやすい人の特徴その5は「失敗しても切り替えが早い」人です。

上記にもあるように、就活に失敗はつきものです。

したがって、失敗すれば反省すべきですが、必要以上に落ち込む必要はありません

失敗をした場合でも、落ち込んで就活をストップさせないことが内定をもらえる人の特徴です。

もしくは、失敗をし少し落ち込んでしまっても、素早く立ち直り完全に就活をストップさせないことが、内定もらいやすい人になる秘訣だと言えますね。

失敗は成功の基です!

就活アドバイザー 京香

特徴⑥:就活系のイベントに積極的

内定をもらいやすい人の特徴その6は「就活系のイベントに積極的」人です。

内定をもらいやすい人の特徴②でも解説した通り、就活は情報戦です。

また、就活についての情報を一人で調べることは難しいので、そういった時には就活系のイベントに積極的に参加するのが良いでしょう。

加えて、就活系のイベントに参加することで、その場で出会った人と情報交換が出来たり、交流が出来たりすることもあるので「情報を得られる」「頼れる人に出会える」と言ったメリットがあると言えます。

最近ではオンラインでの開催も多いので、参加しやすいですよね。

就活アドバイザー 京香

特徴⑦:面接次の第一印象がすごくいい

内定をもらいやすい人の特徴その7は「面接次の第一印象がすごくいい」人です。

実は、人の印象は会って数秒で決まると言われていて、その中でも第一印象がいつまでも残り続ける「初頭効果」というものは、強い影響を及ぼします。

言い換えれば、就活においても第一印象によって合否にも影響を及ぼし、結果も左右されやすいと考えられるため、第一印象を良くすることで内定をもらいやすくなると考えられます。

特に一次面接で落ちてしまう人は、この部分を見直すと良いでしょう。

就活アドバイザー 京香

就活あまり上手くいかない…と思ったら

「就活がなかなか上手くいかない」「就活どうすればいいかわからない」「未だに内定が無い…」と思っている就活生には、キャリアチケットの利用がおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

「就活がなかなか上手くいかないな…」と感じたら、キャリアチケットで就活のプロに相談してみるのがおすすめですよ。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  就活のプロに相談する
(キャリアチケット)

※12022年度実績

内定がもらえない人の5つの特徴

就活生くん

内定がもらいやすい人の特徴は分かりました。

一方で、もらえない人の特徴もあるのでしょうか…?

もらえない人に共通する特徴もあります。

当てはまらないために、それらの特徴をよく理解してください!

就活アドバイザー 京香

内定がもらえない人の特徴 5選
  • 特徴①:選考を受けている企業に対する志望理由が弱い
  • 特徴②:面接時に伝えている内容が薄い
  • 特徴③:そもそも会話のキャッチボールが出来ていない
  • 特徴④:有名企業や大企業にこだわりすぎている
  • 特徴⑤:面接で伝えなくていいところまで伝えている

それでは、詳しく解説していきます!

就活アドバイザー 京香

特徴①:選考を受けている企業に対する志望理由が弱い

内定がもらえない人の特徴その1は「選考を受けている企業に対する志望理由が弱い」人です。

内定がもらえる人は、「企業に入ってやりたいことがある」という熱意をうまく伝えられる人ですが、一方で入社したいという意思が示せない場合は内定がもらえません。

したがって、入社したいという熱意を採用担当に伝えられるように、志望理由を明確にしておきましょう。

具体的には、企業の志望理由を整理し分かりやすくまとめておきなぜその業界で働きたいのか」「同業他社の中でもなぜその企業に就職したいのか」を説明できるようにしておくことことで、内定を獲得しやすくなると考えられます。

志望動機や自己PRについては、知り合いに聞いてもらうことで自分の弱点などを知ることが出来ます。

就活アドバイザー 京香

特徴②:面接時に伝えている内容が薄い

内定がもらえない人の特徴その2は「面接時に伝えている内容が薄い」人です。

面接で、自己PRや志望里中を話すにあたり、「頑張ります」「興味があります」などのありきたりなフレーズを並べてしまっていると、熱意が伝わりにくいです。

他の就活生との差別化を図るためにも、じっくり自己分析をすることでアピールできる強みを見つけたり強い志望動機を自分の言葉で伝えたりできるようになると、内定獲得につながると考えられます。

伝えたい内容の中で「キーワード」として決めておくと、伝えやすくなります。

就活アドバイザー 京香

特徴③:そもそも会話のキャッチボールが出来ていない

内定がもらえない人の特徴その3は「そもそも会話のキャッチボールが出来ていない」人です。

そもそも面接とは、「=面接官との会話」であり、そのため会話のキャッチボールができていない場合も内定はもらえません。

自分をアピールするために、聞かれた質問とは関係のない内容をべらべら話してしまっては、面接官への印象は悪いです。

したがって、質問されたことについて結論から話すように心がけたり、緊張してしまう人は事前にある程度質問への回答を準備したりしておくことで、面接官との会話をスムーズにする対策をしておきましょう。

面接は話す力だけでなく、聞く力も図られていると言えますね。

就活アドバイザー 京香

特徴④:有名企業や大企業にこだわりすぎている

内定がもらえない人の特徴その4は「有名企業や大企業にこだわりすぎている」人です。

有名企業や大企業は倍率や難易度、やはり高いです。

そういった有名企業や大企業ばかりを受けてしまっていると、失敗ばかりでモチベーションの低下に繋がり、内定獲得まで繋がらないことも多いです。

したがって、第一志望は大企業や有名企業であっても、滑り止め第一志望の練習、ないし1つ内定を取って安心感を得るためにも、倍率の高くない企業を受けておくことも大切です。

名前の知らない企業についても、アンテナを立てて就活すると良いでしょう。

就活アドバイザー 京香

特徴⑤:面接で伝えなくていいところまで伝えている

内定がもらえない人の特徴その5は「面接で伝えなくていいところまで伝えている」人です。

内定がもらえない人の特徴③でも記述した通り、面接は会話です。

すなわち、面接官が聞きたいことを話すことが一番大切なことなので「アピールしたいがために」「自分の話を聞いてほしいがために」面接で伝えなくていいところまで伝えてしまうと、結局のところ何が言いたいのか伝わらない可能性があります。

また、たくさん話すことでボロを見せてしまう可能性も高まるので、伝えるべきことだけを端的に答えるよう意識しましょう。

結論ファーストで話すことは、良い対策になります。

就活アドバイザー 京香

 

「就活ちゃんとやっているのにうまくいかない…」「まだ内定がないからやばい…」と困っている方は、キャリアチケットで就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、優良企業の紹介をもらえ、企業への推薦制度から自己分析から面接対策まで手厚く丁寧なサポートに定評があり、就活生から高く評価されています。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」なら就活がうまくいかなくても内定がもらえる優良企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良企業を教えてくれる
  • 就活のプロに選考企業に合った質の高いES添削・面接対策を無料でしてもらえる
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
\ 自分に合う優良企業とマッチ! / 2週間で優良企業内定を狙う
(キャリアチケット)

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめ を参考にしてみてください。

この記事を読むと就活のプロからの客観的なアドバイスをもらえ、納得の行く就活を進めることができるようになります。

就活アドバイザー 京香


そもそも「内定」とは?内々定との違いは?

就活生くん

そもそも「内定をもらう」とは、どういうことですか?

また「内定」と「内々定」とは、どう違うのでしょうか?

それでは、初めに「内定について」や「内定と内々定の違い」について、紹介します!

就活アドバイザー 京香

内定とは「内定承諾書を締結し労働契約を結んだ状態」である

そもそも、内定とは「内定承諾書を締結し労働契約を結んだ状態」のことを言います。

新卒採用の場合、就活生は大学を卒業することを条件に4月から労務を提供し、会社はこれを採用する約束をします。

多くの場合、最終面接に合格すると10月1日の内定式に呼ばれ「誓約書」にサインをします。

この誓約書を提出することで、内定の効力が発されることになります。

内定=契約のため、基本的に会社側も学生側も、一方的に破棄することはできません。

就活アドバイザー 京香

内々定との違いは主に「労働契約の有無」と言える

内定と内々定との違いは、労働契約の有無です。

ここで言う、労働契約の発生は、上記のように10月1日の内定式にて交わされる誓約書の提出によるものです。

したがって、一般的に内定式が行われる大学4年生の10月1日以前を「内々定」、以降を「内定」とわけることが出来ます。

内々定とは「内定を約束する」ものなので法的な契約ではないものの、学生から辞退をしない限りは内定式に呼ばれると考えられるため、

志望企業から内々定をもらうことで就活が終わると言えます。

就活アドバイザー 京香

 

「内定」に関するよくある質問

就活生くん

内定についてよく知ることが出来ました。

それ以外に、知っておくべきことはありますか?

それでは、最後に「内定」に関するよくある質問を紹介します!

就活アドバイザー 京香

「内定」に関するよくある質問
  • 質問①:企業から内定を取り消されることはあるの?
  • 質問②:内定獲得後にすべきことは?
  • 質問③:周りより早く内定が欲しい人はどうすればいい?

質問①:企業から内定を取り消されることはあるの?

「内定」に関するよくある質問その1は「企業から内定を取り消されることはあるの?」です。

内定の取り消しは、原則できないとされています。

その理由は、内定が始期付解約権留保付労働契約という労働契約であり、内定が出た時点で企業側と内定者に労働関係が成立するとされているからです。

しかし、以下の5つの理由などによると、内定が取り消されてしまう可能性もあります。

内定が取り消されうる5つの理由
  • 経歴詐称
  • 仕事をする上で支障が出るほどの病気・けがをした
  • 反社会的行為をした
  • 入社日までに卒業が出来なくなった
  • 会社が経営困難になった

上記のような、内定者側に重大な問題があったり、会社が経営困難になったりなど、合理的な理由がない場合は、内定の取り消しはありません。

就活アドバイザー 京香

質問②:内定獲得後にすべきことは?

「内定」に関するよくある質問その2は「内定獲得後にすべきことは?」です。

内定を獲得した後にすべきことは、以下の通りです。

内定を獲得した後にすべきこと5つ

すべきこと①:本当にその企業でいいのか改めて考える

⇒ 内定(内々定)を獲得すると「もう就活しなくていいかな…」と、安易に入社先を決めてしまうのはもったいないです。これから先何年間と働く環境が決まるため、納得した企業に入社できるようにしましょう。

すべきこと②:承諾・辞退・保留の意思を伝える

⇒ 内定(内々定)が出たら、承諾・辞退・保留のいづれかの意思を企業に伝えましょう。出来るだけ早く返事をすることが企業側に対して親切です。

すべきこと③:.内定承諾書を返送し、「内定契約」を結ぶ

⇒ 内定(内々定)の最初の連絡は電話やメールであることが多いですが、そのあと内定を承諾する時は内定承諾所を送付します。

すべきこと④:内定者懇談会に参加する

⇒ 内定者懇談会に参加することで、入社前に同期の友達を作ることが出来ます。

すべきこと⑤:就職に向けた準備をする

⇒ スーツやバックなど、社会人になって使うものは、入社前に準備しておきましょう。

内定の連絡をもらっても、以上のことをやり忘れないように注意しましょう。

就活アドバイザー 京香

質問③:周りより早く内定が欲しい人はどうすればいい?

「内定」に関するよくある質問その3は「周りより早く内定が欲しい人はどうすればいい?」です。

基本的な就活のスケジュールは、3月に情報解禁がされた後、6月頃から内定が出始める流れです。

しかし、インターンや早期選考を受けることで、それよりも早く内定を獲得することが出来ます。

早期選考については以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひご覧下さい。

就活アドバイザー 京香

 

まとめ:自分にあった企業を受けることで内定をもらいやすい!

今回の「【確実に内定ほしい】内定もらいやすい企業/業界ランキング,特徴と選び方も」はいかがだったでしょうか。

今回は「就活の教科書」編集部のよこが、内定をもらいやすい企業・業界ランキングについて解説しました。

合わせて、短期間での内定を狙う人におすすめの就活エージェント内定をもらいやすい企業の特徴3つ選び方3つも紹介しました。

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 よこ

今回の記事で学んだこと

◆内定をもらいやすい企業・業界ランキング

  • 1位:知名度が低い企業(隠れ優良企業)
  • 2位:金融業界(営業職)
  • 3位:不動産業界(営業職)
  • 4位:人材業界(営業職)
  • 5位:IT業界(エンジニア職)

◆内定をもらいやすい企業の探し方

  • 探し方①:逆求人サイト(スカウトサイト)を利用する
  • 探し方②:無料のオンライン会社説明会から探す
  • 探し方③:IT業界に特化した就活エージェントを利用する
  • 探し方④:優良企業を紹介してくれる就活エージェントを利用する
  • 探し方⑤:合説(合同説明会)に参加する
  • 探し方⑥:求人サイトで採用人数が多い企業を探す

◆【特別選考の案内も】短期間での内定を狙う人におすすめの就活エージェント

◆内定が取りやすい企業や例を難易度別に紹介!

◆内定をもらいやすい企業の特徴3つ

  • 特徴①:知名度が低い企業
  • 特徴②:従業員数に対して採用人数が多い企業
  • 特徴③:親族、ゼミの教授がコネを持っている企業

◆内定をもらいやすい企業の選び方3つ

  • 選び方①:大学生までの活動と関連する企業
  • 選び方②:先輩が内定、働いている企業
  • 選び方③:自分の性格にあう企業

◆カンタン!内定を取りやすい・受かりやすい企業の2つの見分け方・基準

◆倍率が低い・選考や面接が少ない企業の見つけ方は?

◆無い内定から逆転できるおすすめのサービス

◆まとめ:自分にあった企業を受けることで内定をもらいやすい!

内定をもらいやすい企業・業界ランキングでは、離職率が高いなど少し変わった内容のものでした。
内定をひとつ持っておくと安心しますが、自分がどんな企業だったら長く働けそうか考えて就職することも大事です。
知名度が低い企業でも、好条件の企業はあるので、コツコツと探してみてはいかがでしょうか。

「就活の教科書」編集部 よこ