>> 【20卒向け】年内に内定を獲得するには <<

【もう就活をやめたい?】就活に疲れたと感じるパターン5選|その対処法も

【もう就活を休みたい?】就活に疲れるパターン5選を紹介|その対処法も

こんにちは。「就活の教科書」編集部の渡辺です。

就活生の皆さんは、選考で落ち続けたり、自己分析が上手くいかず、就活が疲れたと感じたことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 渡辺

就活生くん

「就活が上手くいかず、もう疲れた…もうこれ以上したくない…」

就活生ちゃん

「選考に落ち続けて、もう就活には疲れたけど、続けなくては…」
就活って疲れますよね。やることはたくさんあるし、選考では落ちまくるし…

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部の僕が、就活を乗り越えた身として、

どんなときに就活に疲れたと感じるかと、就活に疲れたときの対処法について解説します。

この記事を読めば、就活に疲れるタイミングと、その際にすべき行動について理解できます。

「就活に疲れてしまって、もうこれ以上したくない…」と感じる方は、是非最後まで目を通してみてください。

就活で疲れたと感じているのは、あなただけじゃない

そもそもですが、就活に疲れたと感じているのは、あなただけではありません。

就活では、今までの学生時代とはガラッと変わって、自分がしたいことを明確にしたり、それを社会人の方にきちんと伝えれるようにしなければなりません。

その過程の中で、うまくいかないこともたくさんあります。

しかし、そう感じているのはあなただけではありません。

多くの人が就活で悩み、苦しみ、疲れたと感じています。

就活に疲れてしまっても大丈夫です。
僕の就活でも、自己分析が上手くいかず、選考に落ち続ける時期がありました。
その時は僕も、就活に疲れ、やめたいと感じました。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

就活で疲れたと感じるよくあるパターン5選

多くの人が疲れたと感じる就活ですが、実際どんな時に疲れたと感じるのでしょうか?

ここでは、どんな時に就活に疲れたと感じるのか、疲れたと感じるパターン5選をご紹介します。

疲れるタイミングを知ることで、そうならないための参考にしてみてください。

では、見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

  1. 選考で落ちまくる
  2. 自己分析や企業分析が思ったように進まない
  3. 自分を取り繕って就活している
  4. 体力的にきつい
  5. うまくいっている友達・知人を見た

 

①:選考で落ちまくる

就活で疲れたと感じるよくあるパターンの1つ目は、「選考で落ちまくる」です。

「第一志望企業の企業が不合格になった」「最終面接まで進んでいた企業から落ちた」など、不合格が何度も続くと、自分が否定されているような錯覚に陥り、精神的に疲れてしまうのは当然のことです。

志望度や選考フェーズが高くなればなるほど、不合格になってしまった時のダメージは大きいです。

また、選考を受けるにあたってES対策や面接対策をする人も多いので、その労力が無駄になったような感じがしてさらにしんどいですよね。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

②:自己分析や企業分析が思ったように進まない

就活で疲れたと感じるよくあるパターンの2つ目は、「自己分析や企業分析が思ったように進まない」です。

自己分析や企業分析を進めて就活を成功させようという気持ちはあるものの、うまく進まず停滞感を感じているとき、ツライですよね。

僕も自己分析をしているつもりでもうまくいかないとき、疲れたと感じました。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

自己分析のやり方を基礎から知りたい、という方はぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

 

③:自分を取り繕って就活している

就活で疲れたと感じるよくあるパターンの3つ目は、「自分を取り繕って就活している」です。

自分を取り繕って就活していると、次第に疲れてしまいます。

なぜなら、それは本当の自分ではないため、どこかで負い目を感じていたり、いつかこの偽りがばれてしまうのではないかと不安に駆られます。

また、就活は長期戦になることが多いので、長く続けているうちに取り繕うこと自体に疲れてしまいます。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

④:体力的にきつい

就活で疲れたと感じるよくあるパターンの4つ目は、「体力的にきつい」です。

就活は、限られた時間の中で自己分析・企業分析・面接対策、、、などやることが多いです。

実際、人によっては、1日に何社も企業も回って、その合間にESや面接対策などする場合もあります。

そんなハードな就活をする中で体力的に疲れたと感じてしまうのはよくあることです。

僕も朝9時から夜7時まで企業を回ったり、その合間に選考対策をしていた時は、家についた瞬間、ベッドにダイブでした。笑

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

⑤:うまくいっている友人・知人を見た

就活で疲れたと感じるよくあるパターンの5つ目は、「うまくいっている友人・知人を見た」です。

人間は周りのものや人と比べてしまうものです。

周りの友達や就活生がうまく選考を進めていたり、内定をもらっていると焦ってきますよね。

特に自分がうまくいってない場合は、周りと比較して、「なぜ私はうまくいかないのだろう…」「僕って社会人として相応しくない人間なのかな…」とますますネガティブになり、就活に対して疲れやだるさを感じてしまいます。

僕がまだ内定を持っておらず、友達から内定をもらったという連絡をもらった時は、かなりプレッシャーでした。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

就活で疲れたと感じたときの対処法5選

最後に、就活で疲れた時に、どのようにすれば就活に疲れている状態から抜け出せるか、についてご紹介します。

  1. たまには休息してみよう
  2. 自分よりも詳しい人に話を聞いてみよう
  3. 不合格という事実ではなく、改善することを意識しよう
  4. 自分の軸を明確にしよう(自分の軸で就活をしよう)
  5. ありのままで選考に臨もう
あくまで僕の経験から有効だと考える対処法ですが、少なからず効果はあったので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

①:たまには休息してみよう

就活に疲れたときの対処法の1つ目は、「たまには休息してみよう」です。

繰り返しになりますが、就活ではやるべきことが多いです。

限られた時間の中で自己分析から面接対策まで数多くのことをこなさなければなりません。

就活に疲れた時は、一度就活から離れて休息をとってみましょう。

就活による疲れをリセットし、リフレッシュすることで、「また次から頑張ろう」という前向きな気持ちになることができます。

僕の例で恐縮なのですが、僕が就活で疲れたと感じた時は、一人でカラオケに行ったり、ランニングに行ったりしていました。

就活と別のことをすることで、いいリフレッシュになり、また就活に向き合うことができました。

また、僕の友達には、彼氏/彼女と遊びに行ったり、スポーツをしたり、ライブに行ったりしている人もいました。

休息する時には、就活について忘れられる何かをするといいですね!

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

②:自分よりも詳しい人に話を聞いてみよう

就活に疲れたときの対処法の2つ目は、「自分よりも就活について詳しい人に聞いてみよう」です。

特に社会人の方は、あなたと同じように就活を乗り越え、他にも数多くの苦難を乗り越えてきました。

あなたにとっては解決困難な課題でも、経験を積んだ社会人の方ならあっさりと解決できてしまうことも少なくありません。

OBOG訪問アプリを使えば簡単に社会人の方をお会いすることが出来ますので、よければ是非活用してみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

OBOG訪問についてもっと知りたい、という方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

 

③:不合格を気にするよりも、改善することを意識しよう

就活に疲れたときの対処法の3つ目は、「不合格を気にするよりも、そこから改善することを意識しよう」です。

選考に落ちると、「不合格」という事実ばかりに注目してしまって、自分を責めてしまいがちです。

自分を責めてしまう気持ちはわかりますが、自分を責め続けることで次第に就活自体に疲れてしまいます。

選考で不合格になったときは、選考に落ちたという事実ではなく、選考で落ちた原因を改善することを意識しましょう。

「不合格になった原因の明確化→原因の改善」を意識することで、選考に落ちること自体を気にしづらくなり、就活を前向きに捉えることができます。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

④:自分の軸を明確にしよう

就活に疲れたときの対処法の4つ目は、「自分の軸を明確にしよう」です。

就活に疲れたと感じる人の中には、他人と比較してプレッシャーに感じる人が多くいます。

そして、他者と比べている人は、「あの会社のほうが有名…」「あの会社のほうが給料がいい…」など、社会・他人が決めた軸で就活していることが多いです。

人と比べることで幸せになれる人はほんの一部の人だけです。

なぜなら、人と比べることにはキリがなく、上には上がいるからです。

他人・社会が決めた軸ではなく、自分の軸を定め、その軸を基に就活をしましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

自分の軸を明確にする方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

【内定者が教える】就活の軸(企業選びの軸)の決め方,見つけ方 | 間違ったやり方も

 

⑤:ありのままで選考に臨もう

就活で疲れたと感じたときの対処法5つ目は、「ありのままで選考に臨もう」です。

自分を取り繕っていては、選考に落ちる可能性が高くなり、就活で消耗してしまい、就活自体に疲れてしまいます。

就活に疲れ、就活自体が嫌になってしまっては元も子もありません。

 

ありのままの自分を受け入れてくれた企業が、入社後にあなたが活躍しやすい環境であり、働きやすい環境です。

無理に自分を作ったりせず、本当の自分をさらけ出していきましょう。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

まとめ:就活で疲れたと感じても大丈夫

いかがでしたか?

この記事では、就活で疲れたと感じるパターンと、疲れたときの対処法について解説しました。

就活で疲れてしまっても大丈夫です。

なぜならそれは誰しもが通る道だからです。

疲れたときはちょっと休憩して、また少しずつ進んでみましょう。

少しずつ進むために、この記事が少しでも参考になっていれば、嬉しいです。

「就活の教科書」では、他にも就活に役立つ記事を公開しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渡辺

 

就職活動に役立つ情報は以下の記事に網羅的にまとめています。合わせて参考にしてください。