>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【志望動機で給料はあり?】会社に伝える際の例文 | アピールするコツ,メリットも

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • 志望動機として「給料」を話すことはアリ
  • 志望動機で「給料」をアピールできる例文
  • 志望動機で「給料」を挙げる際には「なぜお金がほしいか」を深掘る
  • 給料を志望動機として挙げる際の注意点
  • 「給料」に関する志望動機は本音だと捉えられる

こんにちは。「就活の教科書」編集部のハリーです。

今回は、志望動機で給料について話すことについて解説していきます。

志望動機として「給料」や「待遇」を一番に考える就活生は多いと思いますが、「給料や待遇を志望動機として、正直に面接で話すのってアリなの?」と感じたことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 ハリー

就活生くん

給料が志望動機なことを正直に話すのって、いい印象を与えないんじゃないですか?

就活生ちゃん

給料や待遇、休みがとれるなどの福利厚生の充実を志望動機で話したいんですけど、どう伝えれば好印象になるのかわかりません・・・

他の就活生の志望動機を見てみたいです。

給料や待遇を志望動機として上手に伝えるのって難しいですよね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

そこでこのページでは、「給料」を志望動機で魅力的に伝える例文について解説しています。

合わせて、志望動機「給料」をアピールするコツについても解説しています。

また、志望動機で給料を伝える際の注意点についても解説しています。

この記事を読めば、違和感なく「給料」に関する志望動機を話せるようになります。

給料を志望動機にするメリットについても解説しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

目次

工夫さえすれば「給料」が志望動機でも問題ない

就活生くん

志望動機として給料について話すのってアリなんですか?

給料を志望動機として話すことは、表現を工夫すれば問題ありませんよ。

「就活の教科書」編集部 ハリー

お金ほど具体的かつ伝わりやすい志望動機はありません。

こう述べている人もいるように、仕事のやりがいだけでは生活できないのが現実です。

逆に、やりがいは感じられなくても「給料がアップするから」「待遇がいいから」「休みがしっかり取れるから」仕事を続けている、という人は一定数いますよね。

給料や待遇が志望動機なのであれば、正直に伝えた方が嘘の志望動機を話すよりも印象は良くなるのです。

ただし、ストレートに「給料や待遇が志望動機です」と伝えることはあまりいい印象を与えないので、表現を工夫する必要はあります。

志望動機でやりがいについて話そうと考えている就活生は、下記の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

志望動機で「給料」を挙げた評価されやすい例文

就活生ちゃん

じゃあ、「給料」の志望動機はどういう表現を使えば評価されるんですか?

では、どういう表現をすれば、「給料」の志望動機で好印象を与えられるのか。

例文を使って紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 ハリー

役職や立場に関係なく、いつでも意見を出し合える貴社の社風に惹かれて志望しました。

私は学生時代にビジネスサークルに所属しており、大学主催が主催するビジネスコンテストでの入賞を目指していました。

そのサークルは、学年や役職関係なくアイデアや意見を発表し、お互いにフィードバックしあえる環境だったので、自分の知識や思考、アイデアがどんどん磨かれていっていることを私は実感しました。

このスタイルで日々ビジネスモデルを模索し続けてきたことが実を結び、3年生のときにコンテストで入賞を勝ち取ることができました。

この経験を活かし、入社後は貴社のサービス・企画立案に貢献できるよう、魅力的な提案をしていきたいと思います。

また、貴社は給料や待遇、休みがしっかりとれるなど、福利厚生が充実しているため、より高い向上心を持って仕事に従事し、数字に表れる部分で確かな成績を残せると考えております。

(385文字)

「給料」「待遇」「休みが取れる」を志望動機にしているのにも関わらず、すっきりとした文章に仕上がっていて、悪い印象を受けませんよね?

実はこの例文は、いくつかのコツを意識して書かれているのです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

ちなみに、内定者が実際に出したESを参考にしたい方はunistyleがおすすめです。

unistyleでは、50,000枚以上のESを業界/企業別に見ることができます。

内定者のテクニックを参考にして、選考突破できるESを書いてみましょう。

人事さん

unistyle(ユニスタイル)を見てみる

 

自己PRを書くなら自分の性格・特性を把握しよう

就活生くん

ガクチカを書き終えたから次は自己PRを書かないと・・・

あれ、僕って何をアピールしたらいいんだろう・・・

自己PRを作る際は、自分の性格・特性を理解した上でアピールしなければ人事に刺さるPRはできません。

そこで就活の教科書公式LINEでは参加者限定特典として5問の設問からあなたの性格・特性を診断できる動物診断を無料で用意しています。

自分の性格・特性を理解して人事に刺さる自己PRを作りたい就活生は、ぜひ動物診断を利用してみてくださいね。

人事さん

>> 「動物診断」を試してみる

 

志望動機として「給料」を上手にアピールするコツ3選

就活生くん

上の例文で意識しているコツってなんですか?

志望動機として「給料」を上手にアピールするには以下の3つのコツがあります。

「就活の教科書」編集部 ハリー

志望動機で「給料」を上手にアピールするコツ
  • 給料以外の志望動機を軸にする
  • 給料を志望動機にする理由を深堀る
  • 高い給料を得るために何ができるのかを伝える

では、それぞれについて解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

コツ①:給料以外の志望動機を軸にする

志望動機として給料を上手にアピールする1つ目のコツは、給料以外の志望動機を軸にすることです。

なぜなら、志望動機の軸が給料だけでは、深堀りされたときに答えに詰まってしまう可能性が高いからです。

「お金持ちになっていい暮らしがしたい」と思っているだけなのに、「なぜお金を稼ぎたいんですか」と面接官に質問されると答えづらいですよね。

そのため、例文のように「社風に魅力を感じたから」「成長できる会社で働きたいから」など、給料以外のコンテンツを軸に志望動機を考えるのがベストです。

もし、「給料がいいから」以外の志望動機が見つからなければ、「この仕事だけはやりたくないから」「朝の満員電車で会社に行きたくないから」のような、ネガティブなポイントから考えてみるのもアリです。

社会に出て成長したいと考えている就活生の方は下記の記事を読んで、給料と成長の軸で志望動機を伝えてみてください!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

コツ②:給料を志望動機にする理由を深堀る

志望動機として給料を上手にアピールする2つ目のコツは、給料を志望動機にする理由を深堀ることです。

そりゃお金は誰だってたくさんほしいですよね?

人事さん

深掘りが不十分だとこのように一蹴されて、アピールどころか却ってマイナスになってしまいます。

実体験に基づくエピソードや自身の生い立ちなど、志望動機に給料を挙げる明確な理由を用意しておきましょう。

逆に、ちゃんとした理由さえ用意できれば、他の就活生との大きな差別化が図れますよ。

ガクチカや自己分析について、もっと深堀りたいと考えている就活生は下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

コツ③:高い給料を得るために何ができるのかを伝える

志望動機として給料を上手にアピールする3つ目のコツは、高い給料を得るために何ができるのかを伝えることです。

給料や待遇の良さを志望動機にすることは誰でもできるので、そのモチベーションがどのように会社にとって有益かを説明する必要があります。

ここで最も効果的なのは、自分でお金を稼ぐために努力した経験を話すことです。

就活生くん

私はブログとTwitterでの情報発信をしています。

投稿内容や時間、ターゲットを意識して発信を続けた結果、閲覧数やフォロワー数も徐々に増加し、5か月目で月収で10万の収入を獲得するまでになりました。

このように「お金を稼ぐことへの強い意志」をエピソードに盛り込めば、「この人はウチの会社に来てもしっかり働いてくれそうだな」と採用担当者に思ってもらえます。

自分のスキルや経験が、会社に入ってから具体的にどういう場面で活用できるのかを丁寧に伝えましょう。

ビジネスの経験がなければ、アルバイトで時給を上げるために努力したことなどでもオッケーです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

ちなみに、内定者が実際に出したESを参考にしたい方はunistyleがおすすめです。

unistyleでは、50,000枚以上のESを業界/企業別に見ることができます。

内定者のテクニックを参考にして、選考突破できるESを書いてみましょう。

人事さん

unistyle(ユニスタイル)を見てみる

 

自己PRを書くなら自分の性格・特性を把握しよう

就活生くん

ガクチカを書き終えたから次は自己PRを書かないと・・・

あれ、僕って何をアピールしたらいいんだろう・・・

自己PRを作る際は、自分の性格・特性を理解した上でアピールしなければ人事に刺さるPRはできません。

そこで就活の教科書公式LINEでは参加者限定特典として5問の設問からあなたの性格・特性を診断できる動物診断を無料で用意しています。

自分の性格・特性を理解して人事に刺さる自己PRを作りたい就活生は、ぜひ動物診断を利用してみてくださいね。

人事さん

>> 「動物診断」を試してみる

 

志望動機として「給料」を挙げたNG例文

就活生ちゃん

志望動機に「給料」を挙げるコツは分かりました!

でも、いざ書いてみても、自分の文章が正しく書けているか不安で・・・

では逆に、採用担当者に悪い印象を与えてしまう例文も紹介します。

「就活の教科書」編集部 ハリー

給料、待遇、福利厚生の充実度合いに惹かれて、貴社を志望しました。

学生時代アルバイトをしていた飲食店は、メニュー開発にバイトの自分でも携われるようなやりがいのある環境だったのですが給与が最低賃金しかなく、生活をするためにもっと高い給料が欲しかった私はそこを辞めて、別のアルバイト先で働くことにしました。

やりがいのある仕事はもちろん魅力的ですが、まずはお金を稼がなければ生活できないことをそのときに実感しました。

貴社に入社した際には、その給料や待遇に見合った働きができるように努めていきたいと考えております。

(248字)

志望動機として「給料」「待遇」を前面に押し出してしまい、お金の話以外何も伝わってこないですよね。

こうならないためにも、いくつかの注意点を抑えておきましょう。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

志望動機として「給料」を挙げる際の注意点

就活生くん

「給料」を志望動機として話すときの注意点には、どんなことがあるんですか?

志望動機として「給料」を挙げる際には、以下の3つの注意点があります。

「就活の教科書」編集部 ハリー

志望動機として「給料」を挙げる際の注意点
  • すぐに辞める人だと思われないようにする
  • 自己中心的だと思われないようにする
  • 動機が抽象的にならないようにする

先ほど紹介したコツと合わせて覚えておくことで、整った志望動機を話せるようになりますよ。

では、それぞれについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

注意点①:すぐに辞める人だと思われないようにする

志望動機として「給料」を挙げる際の1つ目の注意点は、すぐに辞める人だと思われないようにすることです。

なぜなら、給料を志望動機の軸にして話すと、「入社しても、もっと給料が高い仕事があったらすぐに辞めてしまうのでは?」と思われることがあるからです。

就活生くん

志望動機はチャレンジを歓迎する社風です。

入社後は積極的に学んで成長し、結果を残していきます。

就活生ちゃん

志望動機は給料、待遇の良さです。

給料が私の大きなモチベーションです。

このように志望動機を語っている場合、前者を採用したくなりますよね。

「給料がいいから」とアピールしすぎると、すぐに辞める人だと思われてしまうので注意が必要です。

すぐに辞めると分かっている人を採用したいとは思いませんよね?

すぐに辞められると思われないためにも、自身の忍耐力をアピールして見ましょう。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

注意点②:自己中心的だと思われないようにする

志望動機として「給料」を挙げる際の2つ目の注意点は、自己中心的だと思われないようにすることです。

基本的にほとんどの会社は、社員に高い給料を支払うことを好ましく思っていないので、「給料」を志望動機としてアピールしすぎると、「この人は自分のメリットしか考えられない人なのかな」という印象を与えてしまいます。

仮に自分がどれほど優秀だったとしても、面接やESの段階ではその能力を証明することは簡単ではありません。

そのため、最初から「高い給料が欲しいです」と言われても、採用担当者は困るだけです。

「給料」「待遇」「福利厚生」など、自分にとってのメリットだけを話しすぎないようにしましょう。

これは新卒の就活にはもちろん、転職活動でも当てはまりますね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

注意点③:動機が抽象的にならないようにする

志望動機として「給料」を挙げる際の3つ目の注意点は、動機が抽象的にならないようにすることです。

「お金が欲しい」というのは具体的な志望動機ですが、プラスアルフファの動機を伝えられないと説得力がなくなります。

「年収500万円を目指せるので志望します」と言われても「他の会社でも稼げるのになんでウチなの?」と採用担当者は思いますよね。

そうならないためにも、「高い給料が欲しい理由」などは深堀りしておく必要があります。

面接ではどこまで深堀りされるか分からないので、徹底的に準備しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

志望動機として「給料」を挙げるメリット

就活生ちゃん

「給料」を志望動機として話すのって難しそう・・・

他の志望動機を考えようかな・・・

もちろんそれでも大丈夫ですけど、「給料」を志望動機として話すことは、難しい分相応のメリットもありますよ。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

メリット①:志望動機を疑われない

志望動機として「給料」を挙げる1つ目のメリットは、志望動機を疑われないことです。

なぜなら、「お金」は不純に思われやすい反面、ストレートな欲求だからです。

例えば、「多くの人を幸せにするために志望しました」と言われると「本当に?」と思うこともありますが、「給料が高いから志望しました」と言われると「嘘は言ってなさそうだな」となりますよね。

正直な性格をアピールする手段として、給料を志望動機に挙げるのは効果的です。

「お金=不純」というイメージを逆手にとった発想ですね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

メリット②:確かな信用に繋がる

志望動機として「給料」を挙げる2つ目のメリットは、確かな信用に繋がることです。

「給料が志望動機です」という発言は誰でも簡単に言えることではないので、「自分に自信がある」「勇気がある」と評価してもらえます。

「自分に自信のある人」と「少しナヨナヨしている人」なら、明らかに前者の方が好印象ですよね。

面接で「私は稼ぎます」と宣言することで、採用担当者に「この人は期待できるかも」という期待や信用を与えることができるのです。

当たり障りのない志望動機を話すよりは、確実に他の就活生と差をつけられますね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

エントリーシート「志望動機」の通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの志望動機を書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

志望動機を上手に書くコツってあるんですか?

志望動機を上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして志望動機を書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

志望動機を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機をとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この志望動機で本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの志望動機を一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に志望動機を添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

志望動機を考えるのが面倒なら、逆求人サイトで企業から直接オファーをもらおう

就活生くん

企業によって毎回内容を変えて志望動機を作るのって正直、面倒です。

企業ごとの志望動機って毎回考え直すのって大変なんだよなー・・・

確かに、志望動機を毎回考え直すのって大変ですよね。

志望動機を考えずに選考を受けるなら、 企業から選考オファーを受け取れる逆求人サイトがおすすめです。

自己PRガクチカを書いておくだけで、企業から選考オファーが来ますので、エントリーで志望動機を書く必要はありません。

就活アドバイザー

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

志望動機を書かずとも選考オファーを受けとれるので、どの逆求人サイトを使うか迷っている就活生の方は、まずはOfferBoxを使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

志望動機を企業ごとに考えるのが大変だと感じる就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

 

また、ガクチカは人事が注目するポイントですが、志望動機や自己PRなども回答によって評価が大きくわかれます。

特に自己PRを作る際は、自分の性格・特性を理解した上でアピールしなければなりません。

そこで就活の教科書公式LINEでは参加者限定特典として5問の設問からあなたの性格・特性を診断できる動物診断を無料で用意しています。

自分の性格・特性を理解して人事に刺さる自己PRを作りたい就活生は、ぜひ動物診断を利用してみてくださいね。

>> 「動物診断」を試してみる

まとめ:「給料」を志望動機に盛り込んで内定を勝ち取ろう

いかがだったでしょうか。

今回は【例文あり】志望動機で「給料」を魅力的に話すコツと注意点について紹介しました。

この記事のまとめ

◆志望動機として「給料」を上手にアピールするコツ

  • コツ①:給料以外の志望動機を軸にする
  • コツ②:給料を志望動機にする理由を深堀る
  • コツ③:高い給料を得るために何ができるのかを伝える

◆志望動機として給料を挙げる際の注意点

  • 注意点①:すぐに辞める人だと思われないようにする
  • 注意点②:自己中心的だと思われないようにする
  • 注意点③:動機が抽象的にならないようにする

◆志望動機として「給料」を話すメリット

  • メリット①:志望動機を疑われない
  • メリット②:確かな信用に繋がる

給料を志望動機で話すことは簡単ではありませんが、その分採用担当者に与えるインパクトは大きくなります。

また、会社員ではなく公務員を志望している方でも、「休み」「給料」「待遇」などはアピールできるので、ぜひ本記事を参考にして「給料」を志望動機としてアピールしてみてください。

「就活の教科書」では内定者ライターや現役の就活ライターがリアルな就職活動の情報を解説しています。
ぜひほかの記事も読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 ハリー