【自由に働ける!】ノマドワーカーに適した職種9選 | 収入,向いている人も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • ノマドワーカーとは「場所を変えながら自由に働く人
  • ノマドワーカーに適した職種は、「カスタマーサポート」「ディレクター・PM」など一覧はこちら
  • ノマドワーカーに向いている人の特徴は、「コミュニケーションが高い」など
  • ノマドワーカーのメリットは、
    ①好きな場所で仕事ができる ②ストレスを軽減しやすい ③自分のペースで仕事ができる ④モチベーションを維持しやすい
  • ノマドワーカーのデメリットは、
    ①収入が安定しない ②自己管理能力が問われる ③社会的信頼がなくなる ④場所利用コストがかかる
  • 自分に合う業界や企業を診断できるおすすめツール
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事ではノマドワーカーの職種について徹底解説していきます。

あわせて、「ノマドワーカーとは?」や「ノマドワーカーのメリットは?」についても紹介します。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めばノマドワーカーの職種について理解が深まります。

ノマドワーカーの職種について知りたい就活生はぜひ最後まで読んでください。

 

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【ざっくり解説】そもそもノマドワーカーとは?

就活生くん

そもそもノマドワーカーとはどんな人を指す言葉なのでしょうか

それでは、ノマドワーカーについて見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

ノマドワーカーは、場所を変えながら自由に働く人のこと

nomado」(ノマド)とは「遊牧民」という意味があります。

そこから、場所を変えながら自由に働く人のことをノマドワーカーと言います。

海外では浸透した働き方の一つで、ノマドワーカー人口も増加の傾向にあります。

日本でもその認知度は高まりつつあるようです。

ノマドワーカーは、特定の場所で働く従来の働き方に比べて、とても自由ですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

ノマドワーカーが働く場所と必要な道具

ノマドワーカーは、会社オフィスや自宅にとらわれず働きます。

近年、リモートワークが流行していますが、それよりもオフィスに行かないと言われています。

働く場所として、自宅のほかに、カフェ、コワーキングスペース、ネットカフェ、カラオケなどが挙げられます。

仕事の際には、パソコンやタブレットを使用するため、Wi-Fiや充電環境がある場所で働くことが多いようです。

ノマドワーカーは好きな場所で働けるため、お気に入りのカフェなどでも作業ができるようです。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

ノマドワーカーとして働く人の実際の声

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【未経験でも始めやすい】ノマドワーカーに適した職種

就活生くん

ノマドワーカーになりたいと思っています!

未経験でも始めやすいノマドワークを教えてください。

ここからは、未経験でも始めやすいノマドワーカーに適した職種を6つ紹介します。

就活アドバイザー 京香

【未経験でも始めやすい】ノマドワーカーに適した職種
  • 職種 : ライター
  • 職種 : 事務職
  • 職種 : カスタマーサポート
  • 職種 : 動画編集者
  • 職種 : SNS運用
  • 職種 : Uber Eats配達パートナー
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

 

職種 : ライター

未経験でも始めやすいノマドワーカーに適した職業1つ目は「ライター」です。

ライターは、依頼された内容に沿った文章を作成する仕事です。

マーケティングとして、WEBメディアを立ち上げる企業が増え、需要も高まりつつあります。

ライターはパソコンのみで働くことができます。

案件の受注から成果物の提出までパソコンで行うことができるため、ノマドワーカーの適した職業と言えます。

ライターの詳しい報酬については、以下にまとめました。

ライターの報酬
  • 文字単価制:初級ライターの場合は1文字0.3円~0.5円程度、中程度レベルのライターの場合は1文字1円~3円程度
  • 記事単価制:最も安価な場合は1記事数100円程度、取材記事は3万円~10万円程度など、記事の種類によってさまざま
  • ページ単価制:Webページのデザインや画像編集のスキルがある人向けであり、1ページあたり1万円~の場合が多い
  • 時給制:およそ1,000~5,000円程度

エンジニアなどに比べると、ライターの案件単価は低めになります。

ですが、より専門性の高い記事を書くことができると案件単価が高くなることもあるようです。

就活アドバイザー 京香

 

職種 : 事務職

未経験でも始めやすいノマドワーカーに適した職業2つ目は「事務職」です。

事務職は、企業のバックオフィス業務を行う仕事です。

IT技術の進歩により、パソコンでの業務が可能となりました。

そのため、ノマドワーカーに適していると言えます。

仕事内容は、データ入力、書類作成、人事、広報、営業事務など様々です。

報酬単価も業務内容によって変わってくるため、一概には言えません

事務職は業務を正しく行い、クライアントとコミュニケーションが取れることが必要です。

事務職に関する記事を下記に示します。

ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

ちなみに「自分の強みを活かせる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

職種 : カスタマーサポート

未経験でも始めやすいノマドワーカーに適した職業3つ目は「カスタマーサポート」です。

カスタマーサポートは顧客からの問い合わせに対して回答する仕事です。

近年では、電話よりオンラインチャットで回答することが主流となっています。

カスタマーサポートは元々、遠隔で行われてきた過去があるため、ノマドワーカーに適しています

専門的な知識を要する職種と比べると、カスタマーサポートの報酬は高くありません

しかし、多言語での対応が可能などの付加価値があると、給与アップを目指すことができるでしょう。

また、「この職業の他に自分に向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

 

職種 : 動画編集者

未経験でも始めやすいノマドワーカーに適した職業4つ目は「動画編集者」です。

動画編集者は、元の動画をカットしたり、テロップ、BGMの挿入などを行い動画を完成させる仕事です。

ライターと同様に、案件受注から納品までパソコンで行うため、ノマドワーカーにも適しています。

動画編集者は一本当たりの単価で働く場合が多いようです

動画編集の仕事の報酬について、以下に詳しくまとめました。

動画編集の報酬
  • 正社員:平均年収407万円
  • アルバイト・パート:平均時給1,085円
  • 派遣社員:平均時給1,645円

参考:求人ボックス

人気の編集者になると、依頼される案件の量も増えていくようです。

就活アドバイザー 京香

 

職種 : SNS運用

未経験でも始めやすいノマドワーカーに適した職業5つ目は「SNS運用」です。

SNS運用とは、企業のSNSの投稿や分析を行い、マーケティング業務を支援する仕事のことです。

SNS運用代行とも呼ばれます。

Twitter・Instagram・TikTokなどのSNSは、非常に多くのユーザーを抱えており、企業のマーケティングにおいて必要不可欠な存在です。

SNS運用の市場規模は、今後急拡大すると予想されています。

サイバーバズの市場動向調査によると、2020年の市場は5,519億円だったのが、2025年には約2倍の1兆1,171億円規模になるそうです

ちなみに「自分の強みを活かせる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

職種 : Uber Eats配達パートナー

未経験でも始めやすいノマドワーカーに適した職業6つ目は「Uber Eats配達パートナー」です。

配達員として働けるエリアは全国各地(都市部が中心)にあります。

そのため、場所を転々としながら働くことができるノマドワークがウーバーイーツの配達員には可能です。

体力がある人、移動が好きな人にとっては、配達員の仕事はおすすめです。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【安定して稼げる】ノマドワーカーに適した職種

就活生くん

ノマドワーカーにもっと興味があります。

安定して稼げる始めやすいノマドワークを教えてください。

ここからは、安定して稼げるノマドワーカーに適した職種を6つ紹介します。

就活アドバイザー 京香

【安定して稼げる】ノマドワーカーに適した職種
  • 職種 : エンジニア
  • 職種 : コンサルタント
  • 職種 : デザイナー
  • 職種 : 翻訳家
  • 職種 : マーケター
  • 職種 : ディレクター・PM

職種 : エンジニア

安定して稼げるノマドワーカーに適した職業1つ目は「エンジニア」です。

エンジニアは、プログラミングを用いてシステムの構築や設計を行う仕事です。

需要は高いものの、人手不足な職種でもあり、フリーランスでも活躍するチャンスはあると言えるでしょう。

基本、パソコンがあれば働くことができるため、ノマドワーカーに適しています

専門技術が必要なため、案件の単価も高く高収入が期待できます。

プログラミング言語によって需要が変わってくるので、需要が高まっている言語を習得しましょう。

エンジニアに関する記事を下記に掲載します。

ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

ITエンジニアは年収が比較的高く、自由に働けることが多いためおすすめの職種です!

エンジニア就職ではポートフォリオの作成など、一般的な就活とは異なる選考があるため、就活エージェントの利用がおすすめです。

「レバテックルーキー」を利用すれば、プロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

「レバテックキャリア」では専任の担当者からサポート(職務経歴書添削、面接対策など)が受けられ、希望するIT企業への転職成功率がアップします!

就活アドバイザー 京香

 

職種 : コンサルタント

安定して稼げるノマドワーカーに適した職業2つ目は「コンサルタント」です。

コンサルタントは、企業が抱える問題点を洗い出し、その解決案を提案する仕事です。

パソコンがあれば働くことができるため、ノマドワーカーに適しています

また、コンサルタントは年収1,000万円を目指すことができるため、非常に魅力的な仕事と言えるでしょう。

しかし、難易度は相当高く、特定の専門領域に対する深い知見と論理的思考力が求められます。

ノマドワーカーとしてコンサルタントを行いたい場合は、まずコンサルタント会社に就職して、スキルを磨くべきでしょう。

コンサルティング企業について下記の記事に示します。

ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

ちなみに「自分の強みを活かせる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

職種 : デザイナー

安定して稼げるノマドワーカーに適した職業3つ目は「デザイナー」です。

デザイナーはクライアントの要望に合ったデザインを作成し、納品する仕事です。

記号の広告媒体が紙からWEB媒体に移ったことで需要が増しています

デザイン作成はパソコンでできるため、ノマドワーカーに適した職種と言えます。

ホームページのデザイン設計やWEB広告のデザイン作成などの案件が多く単価も高めなようです。

クライアントの要望通りのデザインを作成するスキルが必要です。

WEBデザイナーに関する記事を下記に示します。

ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

職種 : 翻訳家

安定して稼げるノマドワーカーに適した職業4つ目は「翻訳家」です。

翻訳家は、翻訳する資料を受け取り、期日までに翻訳して納品する仕事です。

外国語に精通している人にはおすすめの職業です。

こちらも、パソコンのみを使用して働くことができるため、ノマドワーカーに適しています

英語翻訳の需要は高く、職場のマニュアルを英語の物で作成するなどの案件があるようです。

翻訳家は、直接的に訳すだけでなく、伝えたいことが伝わるように翻訳するスキルが求められます。

就活アドバイザー 京香

 

職種 : マーケター

安定して稼げるノマドワーカーに適した職業5つ目は「マーケター」です。

マーケターは、マーケティング戦略を考え、それを実施するのが仕事です。

マーケターにも、様々な種類があり、記事を上位表示させるためのSEOマーケター、広告に携わる広告プランナー、FacebookやInstagramなどのSNSアカウントを運用するSNSマーケターなどがあります。

マーケターには、企画力、マネジメント力、データ分析力などが求められます。

マーケターの需要は高く、フリーランスのマーケターとして活躍する人も多くいます。

ちなみに「自分の強みを活かせる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

職種 : ディレクター・PM

安定して稼げるノマドワーカーに適した職業6つ目は「マーケター」です。

ディレクターとは、企画立案・編集・設計などプロダクトの大枠を定め、制作者へ指示を出す仕事です。

PM(プロジェクトマネージャー)とは、システム開発などのプロジェクトで、プロジェクトの全体管理を行う仕事です。

それぞれが異なったスキルや経験が必要です。

ですが、実績等が認められれば、ノマドワーカーとして働くことも可能です。

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【一発逆転を狙える】ノマドワーカーに適した職種

就活生くん

ノマドワーカーになって、大金を稼ぎたいです!

一発逆転を狙えるノマドワークを教えてください。

ここからは、一発逆転を狙えるノマドワーカーに適した職種について6つ紹介します。

就活アドバイザー 京香

【一発逆転を狙える】ノマドワーカーに適した職種
  • 職種 : 語学教師
  • 職種 : ブロガー
  • 職種 : オンラインサロン運営
  • 職種 : Youtuber(ユーチューバー)
  • 職種 : インフルエンサー
  • 職種 : 投資家
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

 

職種 : 語学教師

一発逆転を狙えるノマドワーカーに適した職業1つ目は「語学講師」です。

語学講師は、英語などの多言語を教える仕事です。

近年、オンラインレッスンが一般的になっており、需要が増加しています。

オンラインレッスンでは、パソコンやタブレットとを用いて行うため、ノマドワーカーに適しています

英語講師の需要は高いですが、その分講師も大勢います。

そのため、ニッチな言語を扱うなど、人気講師になるためには工夫が必要です。

就活アドバイザー 京香

 

職種 : ブロガー

一発逆転を狙えるノマドワーカーに適した職業2つ目は「ブロガー」です。

ブロガーは、ブログを書き、広告収益や商品購入のマージンなどで収益を上げます

ブロガーの中には、月に数百万円も稼ぐ人もいます。

パソコンとインターネット環境があれば、仕事をすることもできるます。

ノマドワークをしたい人にとって、ぴったりの仕事かもしれません。

ブロガーは、ノマドワーカーの代表格と言えるかもしれません。

副業として始める人も多く、参入障壁も低いことも魅力の1つですね。

ちなみに「自分の強みを活かせる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

職種 : オンラインサロン運営

一発逆転を狙えるノマドワーカーに適した職業3つ目は「オンラインサロン運営」です。

オンラインサロン運営とは、「オンラインに存在する、月額会員性のクローズドなコミュニティ」です。

個人運営のオンラインサロンも多く、特定のスキルやノウハウに関する発信を行う「スキルシェア型」、何かのファンで集まる「ファンクラブ型」、趣味関心で交流する「テーマ交流型」などがあります。

もし、何か得意なこと、精通していることがあれば、オンラインサロンを運営してみると良いかもしれません。

オンラインサロン運営で有名な西野亮廣さんは、年に数億円以上オンラインサロン運営で儲けていることも有名ですね。

オンラインサロン運営のノマドワークで、一発逆転を狙うことは可能かもしれません。

就活アドバイザー 京香

職種 : Youtuber(ユーチューバー)

一発逆転を狙えるノマドワーカーに適した職業4つ目は「Youtuber(ユーチューバー)」です。

Youtuber(ユーチューバー)は、動画プラットフォームのYoutubeに動画をアップロードしたり、ライブ配信したりする仕事です。

子供たちのなりたい仕事に選ばれるなど、老若男女問わず人気のある仕事です。

スマートフォン1つで動画を撮影して、編集することも可能なため、ノマドワークとして最適かもしれません。

実際に旅をしたりしながら、動画を配信しているYotuberはたくさんいますね!

就活アドバイザー 京香

職種 : インフルエンサー

一発逆転を狙えるノマドワーカーに適した職業5つ目は「インフルエンサー」です。

インフルエンサーとは、主にSNSやブログなどインターネット上での情報発信を通じて、フォロワーにさまざまな情報を届けられる仕事です。

トップのインフルエンサーになれば、月に数百万円を稼ぐことも夢ではありません。

インフルエンサーとして成功するのは、決して簡単なことではないので注意が必要です。

就活アドバイザー 京香

職種 : 投資家

一発逆転を狙えるノマドワーカーに適した職業5つ目は「投資家」です。

投資家は、さまざまな金融商品に資産を投じて、売買益や配当金などで稼ぐ仕事です

さまざまな知識や世の中で起きていることを冷静に判断・予測する力が必要な仕事です。

一方、稼ぐことができる人は、数億円単位で稼ぐことも可能です。

投資家もパソコンとインターネット環境があれば、仕事をすることは可能です。

そのため、ノマドワークとして適していると言えるでしょう。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

ノマドワーカーに向いている人の特徴

就活生くん

ノマドワーカーに適した職種についてわかりました。

ノマドワーカーに向いている人の特徴が知りたいです。

それでは、ノマドワーカーに向いている人の特徴を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

ノマドワーカーに向いている人の特徴
  • 向いている人①:自己管理ができる人
  • 向いている人②:体力がある人
  • 向いている人③:一人の時間が苦にならない人
  • 向いている人④:好奇心が旺盛な人
  • 向いている人⑤:コミュニケーションが高い人

 

向いている人①:自己管理ができる人

ノマドワーカーに向いている人の特徴1つ目は「自己管理ができる人」です。

ノマドワーカーは組織に属さないため、自由に働くことができます

組織に属さないということは、上司などもいません

そのため、自分でスケジュール管理を行わなければなりません。

このことから、計画的に仕事を終わらせられるような、「自己管理ができる人」がノマドワーカーに向いていると言えるでしょう。

就活アドバイザー 京香

向いている人②:体力がある人

ノマドワーカーに向いている人の特徴2つ目は「体力がある人」です。

ノマドワーカーは、案件によって顧客が変わります

また働く場所も転々とすることが特徴です。

そのため、新しい環境や、人と関わることが多いです。

さらに、定時が存在しないため、進捗によっては長時間の労働が必要になります。

これらのことから、体力がある人がノマドワーカーに向いています。

向いている人③:一人の時間が苦にならない人

ノマドワーカーに向いている人の特徴3つ目は「一人の時間が苦にならない人」です。

ノマドワーカーは会社に属しません

そのため、作業中は一人になることがほとんどです。

一人の時間が苦になる場合、作業の遅れなどが出てしまうこともあります。

そのため、一人の時間が苦にならない人がノマドワーカーに向いていると言えます。

「1人で黙々とできる仕事」について、以下の記事でまとめています。

ぜひご覧ください。

就活アドバイザー 京香

向いている人④:好奇心が旺盛な人

ノマドワーカーに向いている人の特徴4つ目は「好奇心が旺盛な人」です。

ノマドワーカーは案件ごと仕事を行うため、常に新しい仕事と巡り合います

そのため、新しいことに挑戦し学び続けることが大切です。

これらができないと、新しい案件をもらうことが難しくなるでしょう。

新たな案件をこなすためにも、好奇心が旺盛な人がノマドワーカーに向いていると言えます。

 

向いている人⑤:コミュニケーションが高い人

ノマドワーカーに向いている人の特徴5つ目は「コミュニケーションが高い人」です。

ノマドワーカーは常に新しい案件を受注します。

そのため、新しいクライアントと多く出会います。

コミュニケーション能力が高いと、仕事が円滑に進みます

さらに、次の案件を振ってくれる場合もあるでしょう。

このことから、コミュニケーション能力が高い人は、ノマドワーカーに向いていると言えるでしょう。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

ノマドワーカーとして働くメリット

就活生くん

ノマドワーカーに向いている人の特徴がわかりました。

ノマドワーカーとして働くメリットを教えてください。

それでは、ノマドワーカーとして働くメリットを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

ノマドワーカーとして働くメリット
  • メリット①:好きな場所で仕事ができる
  • メリット②:ストレスを軽減しやすい
  • メリット③:自分のペースで仕事ができる
  • メリット④:モチベーションを維持しやすい

 

メリット①:好きな場所で仕事ができる

ノマドワーカーとして働くメリット1つ目は「好きな場所で仕事ができる」です。

ノマドワーカーは組織に属しません

つまり、決められたオフィスに出社する必要がありません

そのため、好きな場所で働くことができます。

旅行をしながら働く人もいるようです。

会社に属していると、旅行しながら働くことはできないので魅力的ですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

メリット②:ストレスを軽減しやすい

ノマドワーカーとして働くメリット2つ目は「ストレスを軽減しやすい」です。

会社に属した働き方をしていると、人間関係などのストレスがたまる場合もあります。

ノマドワーカーは、上司や先輩という関係がないため、人間関係のストレスを抱えることがありません

さらに、他の要因でたまったストレスも自由な働き方が解決してくれます。

例えば、長い休養を取ったり好きな場所で働いたりすることで、ストレス発散にもなります。

人間関係のトラブルを解決することは難しいので、可能性が限りなく低いのは嬉しいです。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

メリット③:自分のペースで仕事ができる

ノマドワーカーとして働くメリット3つ目は「自分のペースで仕事ができる」です。

ノマドワーカーは自分で案件を取得し働きます。

そのため、仕事量を自分で調節できます。

働く期間に多くの案件をこなし、長い休養期間を設けることも可能です。

働く量を調整できるため、残業時間もありません

タスクの管理がしっかりできると、休日も取れるようです。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

メリット④:モチベーションを維持しやすい

ノマドワーカーとして働くメリット4つ目は「モチベーションを維持しやすい」です。

ノマドワーカーは案件ごとに働くため、短期ゴールを達成しやすいです。

そのため、モチベーションが維持しやすいとされています。

大企業では、自分がどの部分の仕事を担っているのか感じにくいです。

ノマドワーカーは、自分の成果物を確認できるため、達成感も味わうことができます。

ノマドワーカーは基本一人で働くため、モチベーションの維持は大切ですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

ノマドワーカーとして働くデメリット

就活生ちゃん

ノマドワーカーとして働くメリットがわかりました。

逆に、ノマドワーカーとして働くデメリットは何でしょうか?

それでは、ノマドワーカーとして働くデメリットを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

ノマドワーカーとして働くデメリット
  • デメリット①:収入が安定しない
  • デメリット②:自己管理能力が問われる
  • デメリット③:社会的信頼がなくなる
  • デメリット④:場所利用コストがかかる

 

デメリット①:収入が安定しない

ノマドワーカーとして働くデメリット1つ目は「収入が安定しない」です。

ノマドワーカーはフリーランスとして働くことがほとんどでしょう。

そのため、自分で仕事や案件を獲得する必要があります。

ノマドワーカーとして独立したばかりのときは、案件獲得が難しいでしょう。

特に最初のうちは収入が安定しづらいため、注意が必要ですね。

就活アドバイザー 京香

デメリット②:自己管理能力が問われる

ノマドワーカーとして働くデメリット2つ目は「自己管理能力が問われる」です。

ノマドワーカーは会社に属していません

進捗管理を行ってくれる人がいないため、自分で管理する必要があります。

自己管理が問題なくできる場合はデメリットにはならないでしょう。

ですが、自己管理が苦手な場合は、仕事量のしわ寄せがくることもあるでしょう。

就活アドバイザー 京香

デメリット③:社会的信頼がなくなる

ノマドワーカーとして働くデメリット3つ目は「社会的信頼がなくなる」です。

企業に属している場合、自分の信用は企業に依存するため、ある程度社会的信用があるとされます。

しかし、ノマドワーカーは企業に属さないため、社会的信用があまりありません

社会的信用がないい場合、クレジットカードやローンができない場合があります。

大きい金額のローンは難しくなる可能性があることを覚えておきましょう。

就活アドバイザー 京香

デメリット④:場所利用コストがかかる

ノマドワーカーとして働くデメリット4つ目は「場所利用コストがかかる」です。

ノマドワーカーは好きな場所で働くことができます。

自宅で働く場合は、あまりコストはかかりません

しかし、カフェやコワーキングスペースで働く場合、場所代がかかってしまいます。

場所利用コストによる出費と、収入のバランスに気を付ける必要があるでしょう。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

ノマドワーカーに関するよくある質問

就活生ちゃん

ノマドワーカーについて分かりました。

他に、ノマドワーカーについて知っておくべきことはありますか?

それでは、ノマドワーカーについて、よくある質問を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

よくある質問
  • 質問①:ノマドワーカーになるために必要なスキルってあるの?
  • 質問②:ノマドワーカーに必要な持ち物は?
  • 質問③:ノマドワーカーは未経験でも可能?

 

質問①:ノマドワーカーになるために必要なスキルってあるの?

よくある質問1つ目は「ノマドワーカーになるために必要なスキルってあるの?」です。

ノマドワーカーとして働く場合、パソコンやタブレットを使用できることが必要です。

さらに業務内容によっては、専門的な知識が必要にもなります。

自分がなりたい職種には何が必要かを調べてみるといいでしょう。

 

質問②:ノマドワーカーに必要な持ち物は?

よくある質問2つ目は「ノマドワーカーに必要な持ち物は?」です。

ノマドワーカーに必要な持ち物を以下にまとめます。

ノマドワーカーに必要な持ち物
  • PCまたはタブレット(業務に必要なもの)
  • 通信環境
  • 電気設備(充電など)
  • 生活用品(移動しながら働く場合)

 

質問③:ノマドワーカーは未経験でも可能?

よくある質問3つ目は「ノマドワーカーは未経験でも可能?」です。

ノマドワーカーは未経験には難しいと言えます。

研修などが行われないため、ある程度のスキルがあることが求められます

まずは企業に就職して、最低限のスキルを磨くべきでしょう。

スキルを身に着け、一人で働くことができるようになってから、ノマドワーカーになっても遅くありません。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:ノマドワーカーが気になったら、リモートワーク可能な仕事も調べてみよう!

今回は、ノマドワーカーの職種について紹介しました。

合わせて、「ノマドワーカーとは?」や「ノマドワーカーのメリットは?」についても詳しく解説しました。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事のまとめ

◆【ざっくり解説】そもそもノマドワーカーとは?

  • ノマドワーカーは、場所を変えながら自由に働く人のこと
  • ノマドワーカーが働く場所と必要な道具
  • ノマドワーカーの声

◆【高収入も】ノマドワーカーに適した職種9選

  • 職種①:エンジニア
  • 職種②:ライター
  • 職種③:翻訳家
  • 職種④:カスタマーサポート
  • 職種⑤:コンサルタント
  • 職種⑥:事務職
  • 職種⑦:動画編集者
  • 職種⑧:デザイナー
  • 職種⑨:語学講師

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • 方法:就活力診断で自分の実力を把握する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆ノマドワーカーに向いている人の特徴

  • 向いている人①:自己管理ができる人
  • 向いている人②:体力がある人
  • 向いている人③:一人の時間が苦にならない人
  • 向いている人④:好奇心が旺盛な人
  • 向いている人⑤:コミュニケーションが高い人

◆ノマドワーカーとして働くメリット

  • メリット①:好きな場所で仕事ができる
  • メリット②:ストレスを軽減しやすい
  • メリット③:自分のペースで仕事ができる
  • メリット④:モチベーションを維持しやすい

◆ノマドワーカーとして働くデメリット

  • デメリット①:収入が安定しない
  • デメリット②:自己管理能力が問われる
  • デメリット③:社会的信頼がなくなる
  • デメリット④:場所利用コストがかかる

◆ノマドワーカーに関するよくある質問

  • 質問①:ノマドワーカーになるために必要なスキルってあるの?
  • 質問②:ノマドワーカーに必要な持ち物は?
  • 質問③:ノマドワーカーは未経験でも可能?

◆まとめ:ノマドワーカーが気になったら、リモートワーク可能な仕事も調べてみよう!