>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】「5年後の自分」面接での答え方 | 面接官の質問意図,回答例も

この記事でわかること
  • 【5年後の自分】を聞く意図は「キャリアビジョン」を知りたいから
  • 【5年後の自分】を聞かれた時の良い回答例とNG回答例
  • 就活の面接で【5年後の自分】を聞かれた時の3つの答え方
  • 就活の面接で【5年後の自分】を聞かれてやるべき3つのこと

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の潤です。

この記事では、就活の面接で「5年後の自分」を聞かれた時の回答方法について説明していきます。

あなたは、就活の面接で「5年後の自分」について聞かれた時に上手く答えられる自信はありますか?

「就活の教科書」編集部 潤

就活生くん

この前、面接で「5年後の自分」を聞かれた時に、上手くまとめて答えられなかったなあ・・・

面接官に評価される良い回答方法を知りたい。

就活生ちゃん

私は、面接で「5年後の自分」について聞かれた時、準備不足で面接官からダメ出しされてしまったなあ・・・

「5年後の自分」について上手く答えるための準備をしてから、面接に挑みたい!

「5年後の自分」や「10年後の自分」を聞かれた時に、上手く回答するのは難しいですよね。

でも、「5年後の自分」や「10年後の自分」を聞かれた時のために、あらかじめしっかりと準備をしておくだけで就活生と差をつけられます。

「就活の教科書」編集部 潤

そこでこの記事では、面接で「5年後の自分」を聞かれた時の回答方法を例文付きで解説します。

また、面接官が「5年後の自分」を聞く理由や、今すぐにすべき事前準備も紹介します。

この記事を読めば、就活の面接で「5年後の自分」や「10年後の自分」を聞かれた時の回答方法がわかり、面接で失敗を避けられます。

「5年後の自分」や「10年後の自分」を聞かれた時の回答方法で悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

面接官が「5年後の自分」を聞く3つの理由

就活生くん

就活の面接で企業が「5年後の自分」について聞く意図はなんだろう?

就活生に対して、面接官が「5年後の自分」を聞く理由を教えてください。

企業が就活の面接で「5年後の自分」を聞く主な理由は、次の3つです。

「就活の教科書」編集部 潤

「5年後の自分」を質問する3つの理由
  • 理由①:学生の「キャリアビジョン」を知るため
  • 理由②:企業との「相性」を確認するため
  • 理由③:「志望度の強さ」を確認するため

それでは、1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

理由①:学生の「キャリアビジョン」を知るため

企業が、就活の面接で「5年後の自分」を聞く1つ目の理由は「学生の『キャリアビジョン』を知るため」です。

面接官が、学生の「キャリアビジョン」を聞くことで、入社後に「どのように成長していきたいか」を把握できます。

ですが、面接官が見ているのは「『キャリアビジョン』を主体的に考えられるかどうか」ということです。

面接官は、決して学生に「将来、どのようなキャリアを積んでいくのか」を聞いているのではありません。

「キャリアビジョン」について知ることで、自分から考えて、行動できる人材かどうかを判断したいのです。

面接官は、ただ単に「将来どのようなキャリアを歩んでいきたいか」を聞いているのではなく、「キャリアビジョン」を知ることで、学生に「主体性があるかどうか」を見ています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由②:企業との「相性」を確認するため

企業が、就活の面接で「5年後の自分」を聞く2つ目の理由は「企業との『相性』を確認するため」です。

面接官は、企業との「相性」を確認することで、「会社に長くいてくれるか」、「社員とうまくやっていけそうか」を判断できます。

せっかく入社したのに、企業が考える方向性や社員と上手く噛み合っていないと「会社に貢献できない社員だな」と悪い評価をされてしまいます。

特に、企業が考えるキャリアプラン学生が考えるキャリアプランでは、一致しないことがよくあります。

企業と学生のミスマッチを防ぐために「5年後の自分」を質問して、企業との「相性」を確認しています。

面接官は、社員との人間関係や、企業が目指す方向と合いそうかを見ています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由③:「志望度の強さ」を確認するため

企業が、就活の面接で「5年後の自分」を聞く3つ目の理由は、「『志望度の強さ』を確認するため」です。

面接官は、「『5年後の自分』を考えている=成長意欲がある」と判断してくれます。

会社の中で、将来どうなりたいかを伝えられると、企業で働きたい意志、興味や関心をもっている証拠になります。

企業側も、ポテンシャルが同じ就活生なら、志望度が強い学生を選びたいので、「5年後の自分」を聞くことで「志望度の強さ」を見ています。

「5年後の自分」について回答するには、徹底的な企業研究が大切です。

「就活の教科書」編集部 潤

 

就活の面接で「5年後の自分」を聞かれた時の回答例

就活生くん

実際に、面接で「5年後の自分」について聞かれた時、どのように回答したらいいのかわからないのですが・・・

大丈夫です。

面接官に評価される回答例と、評価されない回答例を紹介していきます。

参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

面接官に評価される回答例

面接官に評価されやすい回答例を、アルバイト編とサークル編に分けて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

①面接官が評価してくれる回答例【アルバイト編】
5年後には、仕事を通して身に付けてきた様々なスキルを若手社員にアドバイスをする立場になり、若手社員の育成を任されたいと考えております。なぜなら、私は大学生時代、塾講師のアルバイトで新人講師の教育を任された際に、新人講師たちの得意科目や不得意科目、学力や、授業のわかりやすさを分析し、生徒と講師のミスマッチが発生しないように新人講師たちに指導したり、勉強を教える以外の仕事を与えたりすることで入塾者数を増やし、生徒の学力を向上させ、塾の業績に貢献できた経験があるからです。自分自身だけがスキルアップをするのではなく、自分が身に付けたスキルを若手社員に教え、適切な仕事を与えることで御社の業績に貢献できるような人材になりたいと考えております。また、OB・OG訪問で出会った御社の〇〇さんのように、私が若手社員の教育に携わる立場になっても先輩社員の方々から学ぶべきことがたくさんあると思うので、若手社員に教育しつつ、自分のスキルを磨く姿勢を継続していきたいと考えております。
②面接官が評価してくれる回答例【サークル編】
私は5年後に海外赴任を経験して、海外支店の市場拡大に貢献したいと考えております。私は大学時代にボランティアサークルを立ち上げ、サークルとしてカンボジアにボランティア活動をしに行った経験があり、ボランティア活動を通して異文化で仲間とともに現地の方たちと交流をする面白さを経験したからです。今後、グローバル社会になっていく上で、私は御社の商品を海外に売り込むことに関心があります。そのため、海外赴任を経験して、現地での仕事や現地の社員の方との関わりを学び、海外で御社の市場拡大に貢献していきたいです。また、現在、英語の勉強をしており、来年までにTOEICで800点以上取ることを目指し、英語力が身に付いた後で中国語などの他の言語も習得し、現地の方との交流に活かしていきたいと考えております。
面接官に評価してもらえる回答例のポイントを4つまとめておきます。

「就活の教科書」編集部 潤

面接官に評価してもらえるポイント
  • 「5年後の自分」の目標を明確に伝える
  • 具体的な根拠を伝える
  • 経験から何を得て、どのように企業に貢献できるかを伝える
  • 成長意欲を伝える
学生時代のアルバイトやサークルで得た経験などをもとに具体的に説明すると良いですよ。
次に、面接で落ちるNG回答例を紹介します。

「就活の教科書」編集部 潤

 

面接で落ちるNG回答例

面接官に評価してもらえないNG回答例を、アルバイト編とサークル編に分けて紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

面接で落ちるNG回答例【アルバイト編】
5年後には、御社の製品をお客様や取引先の企業に売り込んで、御社の業績に貢献したいと考えております。私は学生時代に、アルバイトで商品の販売や接客を体験し、接客をしたり、商品を販売する楽しさを感じたからです。もっと御社で営業のスキルを身に付けて御社の業績に貢献したいと思っています。
面接で落ちるNG回答例【サークル編】
5年後には、営業部でリーダーを任されたいと考えております。なぜなら、私は大学時代にサークルでサークル長としてのリーダー経験があるからです。そのため、営業部でリーダーを任され、御社の売上に貢献していきたいと思っています。
面接で落ちるNG回答例のポイントを3つまとめておきます。

「就活の教科書」編集部 潤

面接で落ちるNGポイント
  • 「5年後の自分」を明確に伝えていない
  • 具体的な根拠を伝えていない(「経験があるからです」で終わっている)
  • 企業にどのように貢献できるのかを具体的に伝えていない
2つのNG回答例は、明らかに具体性が欠けており、面接官に「本当に会社に貢献してくれるのかな」と思われてしまいます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

就活の面接で「5年後の自分」を聞かれた時の答え方3つ

就活生ちゃん

就活の面接で「5年後の自分」を聞かれた時の答え方のコツがわかりません・・・
回答する時のポイントがあれば教えて欲しいです。
わかりました!
面接で「5年後の自分」について聞かれた時に使える答え方は、主に下記の3つです。

「就活の教科書」編集部 潤

就活の面接で「5年後の自分」を聞かれた時の答え方3つ
  • 答え方①:「理想の自分」を具体的に回答する
  • 答え方②:目標達成への「過程」を明確に伝える
  • 答え方③:「成長意欲」をアピールする
それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

答え方①:「理想の自分」を具体的に回答する

就活の面接で「5年後の自分」について聞かれた時の1つ目の答え方は「『理想の自分』を具体的に回答する」ことです。

「理想の自分」を抽象的に説明するのではなく、具体的に説明することで面接官の理解が深まります。

例えば、

就活生くん

「営業をして御社の業績に貢献したいです」
と言うよりも、

就活生くん

「〇〇のスキルを身に付け、そのスキルを活かして、△△の営業に携わることで、御社の業績に貢献したいです」
と言った方が、より具体的に面接官に伝わり、面接官と学生の考えのミスマッチを防げます。

そのため、一番最初に「理想の自分」を具体化して、簡単に説明してみてください。

面接官に理解してもらえるように回答することが重要です。

「就活の教科書」編集部 潤

 

答え方②:目標達成への「過程」を明確に伝える

就活の面接で「5年後の自分」について聞かれた時の2つ目の答え方は「目標達成への『過程』を明確に伝える」ことです。

面接官は「学生が将来どうなりたいか」を聞いているだけでなく、「どのような過程で考えているのか」を見ています。

例えば、

就活生ちゃん

「5年後には、企画、広報部のリーダーを任されたいです」
と言うよりも、

就活生ちゃん

「学生時代に〇〇を体験したので、まずは△△のスキルを身に付けて企画、広報部のリーダーを任されたいです」
と言った方が、面接官は、「現実的な過程で考えているんだな」と判断してくれます。

そのため、「目標だけ」を伝えるのではなく、「どのように目標を達成するのか」・「なぜその目標にしたのか」を伝えると、面接官に評価してもらえます。

今までの体験談と過程をうまくつなげて説明できるともっと良くなります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

答え方③:「成長意欲」をアピールする

就活の面接で「5年後の自分」について聞かれた時の3つ目の答え方は「『成長意欲』をアピールすることです。

具体的な「成長意欲」や「努力する意志」を伝えることで、強い志望理由につなげられます。

例えば、

就活生くん

「5年後には、〇〇に携わりたいです。なぜなら、学生時代に△△を体験したからです。そのため、〇〇に携わり、御社の業績に貢献したいです」
と言うよりも、

就活生くん

「5年後には、〇〇に携わりたいです。なぜなら、学生時代に△△を体験したからです。〇〇に携わるためにも、▢▢のスキルや、♢♢の資格を取得したいです。」
と言った方が、「スキルを習得することで、会社に貢献してくれそうだな」と評価してくれます。

そのため、会社の業績に貢献するためのスキルや資格を取得するなど、「成長し続けること」をアピールしてみてください。

仕事で活躍し、企業に貢献してくれる人材になるための「成長意欲」をアピールすることが重要です。

志望意欲を上手に伝える自信がない!という方は、下記の記事で詳しく紹介しているのでぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

面接で「5年後の自分」を聞かれた時のためにすべきこと3つ

就活生くん

次の面接で「5年後の自分」について聞かれたらどうしよう・・・

僕が、今すぐにすべきことは何でしょうか?

就活の面接で「5年後の自分」について聞かれた時のために、あなたが今すぐにすべきことは、下記の3つです。

「就活の教科書」編集部 潤

「5年後の自分」を聞かれた時のために、今すぐにすべきこと3つ
  • すべきこと①:「5年後の自分を見つけるため」の自己分析をする
  • すべきこと②:「理想的な自分になるため」の業界研究 / 企業研究をする
  • すべきこと③:実際に「5年後の自分」の例文を書いてみる
それぞれ説明していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

すべきこと①:「5年後の自分を見つけるため」の自己分析をする

就活の面接で「5年後の自分」を聞かれた時のために、今すぐにすべきことの1つ目は「『5年後の自分を見つけるため』の自己分析をする」ことです。

「5年後の自分を見つける」自己分析をすることで、面接で「5年後の自分」を回答するための軸が作れます。

「自己分析」と言ってもただ単に「自己分析」をするのではありません。

「5年後の自分」を考えるために「将来、自分がどのような人間になりたいのか」、「どのようなことにやりがいを感じるのか」を分析してみてください。

将来のための自己分析をすることがポイントです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

すべきこと②:「理想的な自分になるため」の業界研究 / 企業研究をする

就活の面接で「5年後の自分」を聞かれた時のために、今すぐにすべきことの2つ目は「『理想的な自分になるため』の業界研究 / 企業研究をする」ことです。

「理想的な自分になるための」業界研究や企業研究を行うことで、実際に任されそうな仕事を把握できます。

「普通の」業界研究や企業研究をするのではなく、将来のための業界研究や企業研究をしてみてください。

例えば、OB・OG訪問をしたり、企業で5年~10年働いている社員にインタビューをしたりすることです。

長年、働いている社員に聞くことで「5年後に任されそうな仕事」や「5年後にできそうな仕事」を明確に理解できるので、「理想的な自分になるための」業界研究や企業研究を行ってみてください。

「5年後にどんな仕事を任されそうなのか」を把握できる業界研究や企業研究をすることがポイントです。

志望業界がまだ見つかっていない!という方は下記の記事で詳しく紹介しているので、合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 潤

 

すべきこと③:実際に「5年後の自分」の例文を書いてみる

就活の面接で「5年後の自分」を聞かれた時のために、今すぐにすべきことの3つ目は「実際に『5年後の自分』の例文を書いてみる」ことです。

実際に例文を書いてみることで、伝え方を明確にできるからです。

「目標」、「目標までの過程・根拠」、「成長意欲」を具体的に伝えられるように意識してみてください。

また、自分で書いた例文を友達や家族に見せて、アドバイスをもらうこともおすすめします。

「5年後の自分の目標」、「過程と根拠」、「成長意欲」を具体的に回答することがポイントです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:「5年後の自分」をイメージしながら就活をしよう

いかかでしたでしょうか。

今回は、就活の面接で「5年後の自分」を聞かれた時の回答方法を例文付きで解説しました。

合わせて、面接官が「5年後の自分」を聞く理由や、今すぐにすべき事前準備も紹介しました。

最後に、改めてこの記事のまとめを書いておきます。

面接で落とされないように、ぜひ復習をしてみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

この記事のまとめ

◆企業が、就活の面接で「5年後の自分」を聞く3つの理由

  • 理由①:学生の「キャリアビジョン」を知るため
  • 理由②:企業との「相性」を確認するため
  • 理由③:「志望度の強さ」を確認するため

◆就活の面接で「5年後の自分」を聞かれた時の回答例

  • 面接官が評価してくれる回答例
  • 面接で落ちるNG回答例

◆【解説】就活の面接で「5年後の自分」を聞かれた時の答え方3つ

  • 答え方①:「理想の自分」を具体的に回答する
  • 答え方②:目標達成への「過程」を明確に伝える
  • 答え方③:「成長意欲」をアピールする

◆【今すぐできる】面接で「5年後の自分」を聞かれた時のためにすべきこと3つ

  • すべきこと①:「5年後の自分を見つけるため」の自己分析をする
  • すべきこと②:「理想的な自分になるため」の業界研究 / 企業研究をする
  • すべきこと③:実際に「5年後の自分」の例文を書いてみる

◆まとめ:「5年後の自分」をイメージしながら就活をしよう

実際に、企業で仕事をしたことがないのに「5年後の自分」を回答するのは難しいですよね。

この記事に書いた例文や答え方をぜひ参考にして、具体的な体験談をもとに説明すると良いですよ。

事前準備をしっかりと行っていれば、就活の面接で「5年後の自分」について聞かれてもうまく対応することができるので、万全な対策をして面接に挑んでください。

「就活の教科書」編集部 潤