>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【内定者が教える】学校推薦ってどんな制度? メリット, デメリット, 注意点も

【内定者が語る】就活の "学校推薦" とは? メリット, デメリット, 注意点を詳しく解説

こんにちは、「就活の教科書」編集長の岡本です。
就活生の皆さんの中には、学校推薦について悩んだり、疑問に思ったりしている方はいませんか?

「就活の教科書」編集長 岡本

就活生くん

自分の大学には学校推薦があるけど、どのように学校推薦を使っていいのかわからないです。
就活が本当にうまくいくか心配です。

就活生ちゃん

学校推薦ってそもそも何なんですか。
どんな制度か知りたいです。
僕自身も理系学部出身で、大学には学校推薦制度がありました。
そして、先輩たちが学校推薦を使っているのを見て、活用すべきかどうか悩んだ時期もありました。

「就活の教科書」編集長 岡本

そこで、「就活の教科書」編集長の岡本が、学校推薦の仕組みや学校推薦のメリット・デメリット、注意点をわかりやすく解説します。

この記事を読めば、学校推薦の仕組みがわからずに損することはなくなります。

学校推薦について知りたい就活生の方はぜひ最後まで読んでみてください。

 

そもそも「学校推薦」とは

就活生ちゃん

そもそも学校推薦ってどんなものですか?

一言で言えば、学校推薦はコネ採用(コネクション採用)です。

推薦オファーが「企業側」から「大学側」へ届く場合もあれば、逆に「大学側」から「企業側」へ推薦オファーが届き、選考を進める場合があります。

逆にコネクションなしで、自由に応募することを「自由応募」と言います。

例えば、車の主要パーツを研究をしているゼミ(研究室)であれば、自動車メーカーとの共同研究のコネクションから自動車メーカーへの推薦があったりします。

推薦制度は、学生本人の志望度の高い企業に対して、学校が推薦し応募するという制度上、学校推薦を一人が2社以上同時にもらうことはできません。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

学校推薦の特徴は?

次に、学校推薦の特徴を詳しく解説します。

企業と学校、学科の関係性によって、様々なケースがあり少し異なる場合があります。

しかし、学校推薦には共通する大きな特徴が3つあります。

学校推薦の特徴
  • 特徴①:選考を一部免除される
  • 特徴②:内々定後の辞退が困難である
  • 特徴③:推薦をもらっても100%内定とは限らない
それでは学校推薦の特徴について解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

特徴①:選考を一部免除される

学校推薦の特徴1つ目は、「選考を一部免除される」です。

学校推薦には、企業と学校のコネクションの強さにも関係しますが、以下のようなケースがあります。

  • 筆記試験、エントリーシート審査の免除
  • 面接回数を減らして最初から最終面接
  • 面接は最終面接だけでその場で内定

学校推薦を使えば、倍率が高い難関企業でも、最終面接まで進むチャンスが得られます。

また、短い時間で内定を獲得できれば、大学での他の活動に時間を注ぐことができることも魅力の一つです。

 

特徴②:内々定後の辞退が困難である

学校推薦の特徴2つ目は、「内々定後の辞退が困難である」です。

先ほども紹介しましたが学校推薦はコネクション採用です。

あなたと企業だけではなく、学校、学科、ゼミ(研究室の教授)と企業との信頼関係で成立している制度です。

もし、あなたが推薦してもらった上で内々定を辞退することがあれば、企業と大学の関係が悪化し、トラブルに発展する可能性もあります。

そのため、学内で選抜され、推薦を取得する際にも、辞退はしないよう説明があります。

 

特徴③:推薦をもらっても100%内定とは限らない

学校推薦の特徴3つ目は、「推薦をもらっても100%内定とは限らない」です。

多くの学生が「推薦=内定」と勘違いをしていますが、100%内定がもらえるわけではありません。

大学の学歴やゼミ、学科の専門性などによって、企業とのコネクションは異なりますので、受かりやすい推薦、受かりにくい推薦があります。

企業が各大学に複数枠のオファーを出している推薦であれば、倍率は自由応募とさほど変わりはないかもしれません。

 

学校推薦のデメリット

就活生くん

学校推薦の特徴はわかりました!
でも学校推薦を使うとしたら、何かデメリットはないんですか?

確かに、学校推薦を使用すると内定にグッと近づくのは事実です。

しかし、学校推薦にはデメリットが2つあります。

学校推薦のデメリット
  • デメリット①:自由な就職活動ができなくなる
  • デメリット②:推薦取得に安心して準備不足になる

それでは、学校推薦のデメリットをそれぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

デメリット①:自由な就職活動ができなくなる

学校推薦のデメリット1つ目は、「自由な就職活動ができなくなる」です。

学校推薦を1度取得してしまうと、内々定後に辞退ができなくなってしまいます。

推薦を辞退してしまうと、企業と学校、学科、ゼミ(研究室)とのコネクション、信頼関係を壊してしまう可能性があるからです。

 

例えば、何社かエントリーして選考が進んでいった時に、推薦を取得したA社よりも自由応募のB社に行きたくなったとしましょう。

その場合でも、両方内定が出た場合は、B社を辞退してA社にいかなければなりません。

 

このように、推薦は有利に進める権利を得られる分、その代償として自由を失ってしまうデメリットがあります。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

デメリット②:推薦取得に安心して準備不足になる

学校推薦のデメリット2つ目は、「推薦取得に安心して準備不足になる」です。

学内での推薦取得競争に勝ち抜き、推薦を取得し、そこで安心して準備を怠ってしまう就活生の方がいます。

そのような就活生の方が、1番危険です。

 

何度もお伝えしますが、学校推薦は100%内定が出るものではありません。

選考免除後は、他の候補者とともに選考で争わなければなりません。

 

推薦応募であれ、自由応募であれ、日頃から自己分析を行い、受ける企業の企業研究、業界研究を徹底することを怠ってはいけません。

自己PR、ガクチカ、志望動機を準備しなければならないことは変わりませんので、学校推薦取得に油断することなく、緊張感を持って準備しましょう。

学校推薦には、このようなデメリットもあります。
これから学校推薦を利用しようと考えている就活生の方は頭に入れておいてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

学校推薦のメリット

就活生くん

学校推薦にはデメリットがあることがわかりました。
学校推薦のメリットはどんなものがあるんですか?
メリットが大きかったら学校推薦を使ってみたいです。

学校推薦にはデメリットもありますが、大きなメリットが2つあります。

学校推薦のメリット
  • メリット①:倍率が高い企業でも内定を獲得しやすい
  • メリット②:短い時間で就活が終わる

それでは、学校推薦のメリットをそれぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

メリット①:倍率が高い企業でも内定を獲得しやすい

学校推薦のメリット1つ目は、「倍率が高い企業でも内定を獲得しやすい」です。

選考を一部免除できるため、競争率の高い面接をスキップして、最終面接まで進めます。

また、学校や教授の推薦状があれば、あなたが優秀であることのアピールにもなるため、内定に一歩近づくことになります。

このように学校推薦は、高倍率の企業でも、内定を勝ち取りやすくなる夢のような制度です。

第1志望の企業から内定がもらいやすくなるのであれば、使わない手はないですね。

人柄、学業の成績もほぼ一緒の候補者がいたら、教授のアピールがある学生を採用したくなりますよね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

メリット②:短い時間で就活が終わる

学校推薦のメリット2つ目は、「短い時間で就活が終わる」です。

選考免除により、非常に短い時間で第1志望の企業への内定が獲得できます。

他の学生が就職活動をしている間に学業や部活、遊びなどに時間を使えます。

学生生活は、人生の中でも貴重な時間です。

就活が早く終われば、その分自分の貴重な学生生活に、時間とお金を使うことができます。

このように学校推薦にはうまく使えば、大きなメリットがあります。

次に、学校推薦を使う際の注意点について解説します。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

学校推薦を使う際の3つの注意点

学校推薦を使う際には次の3点を意識しましょう。

学校推薦を使うときの注意点
  • 注意点①:本当に入りたい会社の推薦を取得する
  • 注意点②:準備は怠らないようにする
  • 注意点③:学校推薦の効力は弱くなってきている可能性もある
それでは、学校推薦を使うときの注意点について解説していきます。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

注意点①:本当に入りたい会社の推薦を取得する

学校推薦を使う際の注意点1つ目は、「本当に入りたい会社の推薦を取得する」です。

自由応募の場合は、内々定獲得後も自分自身の意思決定で内定辞退することができます。

しかし、学校推薦を取得し内々定が出た場合は、原則辞退することはできません。

新卒の就職活動は、人生で1回きりで、入社できる会社も1社のみです。

中途半端な気持ちで推薦を取るのは、あなたにとっても良くないです。

学校推薦は、本当に行きたい会社である場合のみ取得するようにしましょう。

 

注意点②:準備は怠らないようにする

学校推薦を使う際の注意点2つ目は、「準備は怠らないようにする」です。

学校推薦は、100%内定が保証されている制度ではないので、落ちる場合もあります。

企業によっては、自由応募の倍率とほとんど変わらない場合もあります。

自由応募の学生と同じく企業研究、自己分析は徹底しましょう。

自己分析のやり方はこちらの記事で解説しています。参考にしてください。

 

また、学内で推薦取得者を決める際には、学業の成績によって判断されるケースが多いです。

学校推薦に値する行動や、学業成績が求められるため、学校推薦取得を意識した学業への取り組み、行動を心がけ準備をしておく必要もあります。

 

注意点③:学校推薦の効力は弱くなってきている可能性もある

学校推薦を使う際の注意点3つ目は、「学校推薦の効力は弱くなってきている可能性もある」です。

実は推薦制度の効力は、年々弱くなっているという説もあります。

高度経済成長期時代の採用であれば、リーダーシップやコミュニケーション力よりも、専門性や大学とのパイプが重要視されていました。

しかし現在では時代が違い、ビジネスの変化の波が凄まじく、大手企業でも油断はできない状況です。

学校推薦は有利な制度ではありますが、絶対的な制度ではなく、最終的にはあなたの実力が求められます。

学校推薦を取得する就活生の方は注意点も頭に入れておいてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

理系の文系就職ってどうなの?

「学校推薦」が使えるのは、理系学生の強みではあるのですが、最近は理系にも関わらず文系学生と同じ就職活動をする学生が増えています。

「そもそも研究が楽しくない」「文系職に興味が出てきた」など様々な理由があるようです。

「理系だけど文系就職も考えている」という学生に向けて、「就職の教科書」ではいくつか記事を作成しています。

ぜひ参考にしてください。

 

理系の就活では、理系特化のサービスを使おう

就活生くん

理系は研究も忙しいし、やることが多くて、就活になかなか手が回らない・・・

さらに周りの理系の友達は、就活をやっている人が少ないから、就活情報も手に入りにくい・・・

理系の就活を成功させるにはどうしたらいいですか?

理系の就活は、学業との両立が難しく大変ですよね。

そんな忙しい理系の就活生に特化した良いサービスがあるので、積極的に利用していきましょう。

理系の就活生は、理系に特化した「ナビサイト」と「エージェント」を利用するのがおすすめです。

就活アドバイザー

 

理系特化のナビサイト

アカリクWEB

理系に特化したナビサイトではアカリクWEBがあります。

アカリクWEBは、大学院生(修士・博士)を専門とした就活サイトで、一般の就活サイトの機能に加えて、大学院生向けの新卒採用情報などを中心に扱っています。

また、自身の研究内容を登録することで、大学院生の専門性を求めている会社からスカウトを受けることもできます。

理系に特化した「アカリクWEB」は無料で利用できますので、ぜひ活用してみてください。

アカリクWEBの掲載企業を見てみる

 

理系特化の就職エージェント

アカリク就職エージェント

理系に特化したエージェントでは、「アカリク就職エージェント」があります。

アカリク就職エージェントは大学院生(修士・博士)・ポスドク専用の就活サポートサービスです。

アカリク就職エージェントを利用すると、専攻を活かせる企業を紹介してくれたり、応募手続きや面接日程調整を代行してくれます。

また、ES添削サービスの書類選考率は8割以上ととても質の高い就活サポートサービスになっています。

理系に特化した「アカリク就職エージェント」も無料で利用することができますので、ぜひ活用しましょう。

アカリク就職エージェントのサポート内容

 

忙しい理系の学生や大学院生は、理系に特化した便利なサービスを利用すると、就活の成功がグッと近づきますよ。

理系のあなたは、学業と両立しつつ、納得のいく就活をするために、ぜひ理系に特化したナビサイト就職エージェントを活用してみてくださいね。

アカリクについてもっと知りたい人は、ぜひこちらの記事を読んでみてくださいね。

就活アドバイザー

 

まとめ:学校推薦を上手に活用し、就職活動を有利に進めよう

今回の「【内定者が教える】学校推薦ってどんな制度? メリット, デメリット, 注意点も」はいかがだったでしょうか。

この記事では、「就活の教科書」編集部の岡本学校推薦の仕組み、メリット・デメリット、注意点について解説しました。

今回の記事のおさらいをします。

今回の記事のまとめ

学校推薦の特徴

  • 特徴①:選考を一部免除される
  • 特徴②:内々定後の辞退が困難である
  • 特徴③:推薦をもらっても100%内定とは限らない

学校推薦のメリット

  • メリット①:倍率が高い企業でも内定を獲得しやすい
  • メリット②:短い時間で就活が終わる

学校推薦のデメリット

  • デメリット①:自由な就職活動ができなくなる
  • デメリット②:推薦取得に安心して準備不足になる

学校推薦を使うときの注意点

  • 注意点①:本当に入りたい会社の推薦を取得する
  • 注意点②:準備は怠らないようにする
  • 注意点③:学校推薦の効力は弱くなってきている可能性もある

学校推薦は、上手に活用すれば有利に就職活動を進められる制度です。

学校推薦を使おうと考えている就活生の方は、この記事の内容を参考に1番よい選択をしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
「就活の教科書」では他にもたくさんの記事を掲載しています。
他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本