>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【内定者が教える】就活へ対して無気力な理由と対処法 | 就活をすべき理由も

【内定者が教える】就活へ対して無気力な理由と対処法 | 就活をすべき理由も

みなさんこんにちは、「就活の教科書」編集部の堀本です。
就活をしていると、無気力になってしまう瞬間ってありませんか?

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

就活がうまくいかなくて、無気力でなにもやる気が起こらない…。
どうしたらやる気が起きるのかもわからない。

就活生くん

就活って考えるだけで嫌だ。
やることが多すぎて、どうしたらいいのかわからなくて無気力状態。
とてもわかります。
就活を始めてからも、始める前にも、僕を含め誰もが無気力になることはあると思います。

「就活の教科書」編集部 堀本

「無気力だからもう就活をやらない。」というわけにはいきませんよね。

そこで、今回の記事では、そもそもどうして無気力なのかという理由と、その対処法について解説していきます。

この記事を読めば、「無気力でもう就活なんかできない」ということがなくなり、就活に前向きに取り組めるようになります。

ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

 

 

まずは就活に対して無気力な理由を知ろう

就活に対して無気力な就活生は、そもそもどうして無気力なのでしょうか?
その理由を知らなければ、どのように対処していいのかもわからず、もやもやしますよね。

「就活の教科書」編集部 堀本

そこで、まずは就活に対して無気力になってしまう主な理由4つを紹介します。

就活に対して無気力な理由4つ
  • やりたい仕事が見つからない
  • 周りと比べてしまっている
  • 内定がなかなか出ない
  • 何から始めればいいのかわからない
それでは、上記4つの理由を解説していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由①:やりたい仕事が見つからない

就活に対して無気力になってしまう理由1つ目は、やりたい仕事が見つからないからです。

「就活の教科書」編集部 堀本

いきなりやりたい仕事をピンポイントで見つけるのは難しいです。

そして、なかなか見つからないから、就活で無気力になってしまいます。

自己分析をしてみて「これなら働ける」という条件や環境をいくつか挙げてみましょう。

そうすれば、色んな企業の説明会へ行くうちに、やりたい仕事が見つかります。

そもそも自己分析のやり方がわからなくて、無気力になってしまう就活生は、ぜひこちらの記事も参考にしてください。

 

理由②:周りと比べてしまっている

就活に対して無気力になってしまう理由2つ目は、周りと比べてしまっているからです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活では、有名企業に就職できたり、内定が早くもらえたり、多くもらえたり、人によって様々です。

そこで、周りの就活生と自分を比較してしまい、就活に無気力になっているのかもしれません。

しかし、これらは「良い就活」には全く関係ないです。

良い就活とは、自分が納得のいく企業に就職することです。

周りの友達と比べて劣等感を感じ、無気力になってしまうのは時間の無駄です。
自分のペースを乱さず、納得のいく就活になるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由③:内定がなかなか出ない

就活に対して無気力になってしまう理由3つ目は、内定がなかなか出ないからです。
ある程度就活をしている就活生に、多い悩みですよね。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

無い内定はもう嫌だ。
内定を取るにはどうしたらいいんだろう。
就活を頑張っていても内定が出ないと、つらいですよね。

就活が無気力な理由が内定が出ないという人は、内定が無い理由や対策がわかりますので、こちらの記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由④:始め方がわからない(何から始めればいいのかわからない)

就活に対して無気力になってしまう理由4つ目は、そもそも就活の始め方がわからないからです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活はやることが多すぎて、何から手を付ければいいのか分からず、無気力になってしまう就活生が多いです。

まずは就活全体の流れを把握することから始めて、自己分析、業界・企業分析、選考対策をしていきましょう。

さらに細かいことはこちらの記事にまとめてあります。

就活を始める際に必要なものなども紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

 

就活へ対して無気力なときの対処法5つ

就活へ対して無気力になってしまう理由を把握できたところで、それらの対処法について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活を進めていると、どうしても無気力になってしまうときは誰もが経験します。

対処法を知ることにより、無気力な状態から抜け出し、就活に再び集中しましょう。

 

就活に対して無気力なときの対象法
  • 気分転換する
  • 受ける企業のレベルを落とし内定を1つ獲得する
  • 将来なりたい姿について考える
  • 悩みを身近な人に打ち明ける
  • 就活サービスを使う

 

上記5つの無気力なときの対処法についてそれぞれ見てきましょう。

 

対処法①:気分転換する

就活へ対して無気力なときの対処法1つ目は、気分転換することです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活ではメンタルを健康に保つことも大事なので、気分転換をうまく行いましょう。

気分転換の方法は、「運動する」「趣味に時間を充てる」などありますが、「友達との外食」を僕は特におすすめします。

理由は、就活に関しての情報交換ができたり、友達が頑張っている姿に感化されてやる気が出るからです。

うまく気分転換をして、ストレスを溜めこまないようにしましょう。

 

対処法②:受ける企業のレベルを落とし内定を1つ獲得する

就活へ対して無気力なときの対処法2つ目は、受ける企業のレべルを落として内定を1つ獲得することです。

「就活の教科書」編集部 堀本

受ける企業のレベルを落としてでも、内定を1つ獲得できれば心に余裕が生まれます。

内定があると、大手企業や倍率が高い企業にも堂々と挑戦できます。

 

今、内定が出なくて焦っているあなたは、大手企業や有名企業だけにこだわっていませんか。

倍率が数百倍以上ある企業から内定を獲得することは難しいです。

そのため、あまり知られていないような企業をあえて受けて内定を獲得することも大事です。

もう一度企業選びを行いたいけどやり方が分からないという人は、企業選びの軸についての考えたが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対処法③:将来なりたい姿について考える

就活へ対して無気力なときの対処法3つ目は、将来なりたい像について考えることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活中に将来なりたい姿を描いておくと、就活をやる気が湧いてきます。

本来就職は「将来なりたい姿に近づくための手段」なので、これを意識すると、就活に取り組む姿勢が変わります。

多くの就活生は就職をゴールとしてしまっているので、就活に身が入りません。

もしも就職することがゴールだと思っている就活生は、将来なりたい姿について考えてみましょう。

 

対処法④:悩みを身近な人に打ち明ける

就活へ対して無気力なときの対処法4つ目は、悩みを身近な人に打ち明けることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活で悩んだときや、どうしてもやる気が出ないときは、家族、親友、先生などと話して、すっきりしましょう。

悩みを一人で抱え込んでしまうと、ネガティブな思考に偏りがちです。

自分が思っていることを、理解してくれる身近な人に全て話して、楽になりましょう。

就活において、周りの人に相談に乗ってもらうということはとても大切です。

就活へ対して無気力だけど、誰に就活相談をしたら良いかわからない人は、就活の相談相手のオススメが分かりますので、こちらの記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対処法⑤:就活サービスを使う

就活へ対して無気力なときの対処法5つ目は、就活サービスを使うことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

対処法を全て試してみても、それでも無気力。
もうどうしたらいいのか、わからない。

そんな就活生は、プロの就活アドバイザーが無料で就活相談に乗ってくれる、就活サービスを利用しましょう。

就活サービスでは、就活やキャリアに関するどんな相談でも乗ってくれますし、内定まで導いてくれます。

そのため、自分一人では無気力でどうにもならないという人は、ぜひ利用してみてください。

たくさんの就活サービスがあり、どれにするか悩むという方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

36個の質問に答えて、自己分析をしよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

 

まとめ:就活で無気力になることもある、対策して上手に進めよう

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、就活に対して無気力な理由と、その対処法についてまとめました。

それでは、今回の記事内容をおさらいしましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活に対して無気力な理由・対処法まとめ

まずは就活に対して無気力な理由を知ろう

  • 理由①:やりたい仕事が見つからない
  • 理由②:周りと比べてしまっている
  • 理由③:内定がなかなか出ない
  • 理由④:始め方がわからない(何から始めればいいのかわからない)

就活へ対して無気力なときの対処法5つ

  • 対処法①:気分転換する
  • 対処法②:受ける企業のレベルを落とし内定を1つ獲得する
  • 対処法③:将来なりたい姿について考える
  • 対処法④:悩みを身近な人に打ち明ける
  • 対処法⑤:就活サービスを使う

 

「就活なんて面白くないからやりたくない」と無気力になってしまう就活生は多いと思います。

そんな就活生は、自分がどうして無気力なのかという理由を知ることから始めましょう。

 

この記事を読んだ就活生は、理由を知れたら対処法もわかるので、就活に前向きに取り組んで下さい。

就活は本来、「将来自分のなりたい姿」に近づくための手段です。

将来なりたい姿に大きく近づける企業へ入社するために、わくわく楽しみながら就活をしてください。

 

就活生みなさんの成功を心より願っています!

「就活の教科書」ではたくさんの記事を掲載しています。
ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本