【最強!】新卒カードのメリット3つ | 新卒と既卒の違い,無駄にした時の対処法も

本ページはプロモーションを含みます

shinsotsu-card

この記事を読めばわかること
\ 就活生2人に1人が利用! / 人気No.1の性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

 

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のもときです。
この記事では新卒カードについて解説します。
この記事を読んでいる就活生の皆さんは、「新卒カードって何?」「新卒カードってメリットあるの?」などの疑問を持っているのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 もとき

就活生くん

最近就活を始めて新卒カードが大事だといろんなところで耳にします。
けどそもそも新卒カードって何なんだろう?

就活生ちゃん

私は今は就職したくないんですよね。
大学卒業後にゆっくり職業について考えたいんだけど、やっぱ新卒じゃなきゃダメなのかな・・・?

そうですよね。
「別に新卒じゃなくてもよくない?」って思いますよね。
僕も「新卒カードってそんなに大事なの?」って思ってました!

「就活の教科書」編集部 もとき

 

そこでこの記事では、新卒カードを使うメリットについて解説します。

加えて、新卒カードとは何か、新卒カードを使わないとどうなるのか、新卒カードが重要視されない職業についても解説します。

最後に就職活動に失敗してしまった時の対処法についても解説します。

この記事を読めば、新卒カードとは何か、新卒カードがどれくらい大切なのかが理解できます。

「新卒カードって何?」「新卒カードってそんなに大事なの?」などの疑問を持っている就活生はぜひこの記事を最後まで読んでみてくださいね。

先に結論をお伝えすると、「就活始めたけど何をすれば良いのかわからない…」なら、就活生の2人に1人が利用する【就活生】適性診断AnalyzeU+で、自分の強みと適性職種を診断するのがおすすめです。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】就活のやり方が分からない時に使えるおすすめツール(無料)
\ 就活生2人に1人が利用! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、人気No.1の【就活生】適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

自分の適職がわからない時は?

「自分はどんな仕事が向いているんだろう」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

診断後には、あなたがすべき行動を教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、ぜひテストしてみてくださいね!

\140,000人以上が利用中!/
お試しに適職を診断する
(LINE適職診断)

*公式LINEで無料限定配布

そもそも新卒カードとは?いつまで使える?

就活生くん

そもそも新卒カードって何なんですか?

新卒カードとは、大学を卒業していない大学生(新卒生)が実務経験無しで企業に入社できる特権のことを指します。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

日本のほとんどの企業は新卒一括採用という採用方式をとっています。

新卒一括採用とは大学をまだ卒業していない大学生を新卒生として一括で採用する採用方式のことです。

企業が新卒一括採用方式をとっているため、新卒生が就職活動において有利になり、新卒生が持っている特権のことを「新卒カード」と呼んでいます。

ちなみに先進国で新卒一括採用をしている国は日本くらいなんですよ。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

また「新卒カードを使うべき企業」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒ 【中途だと入社できない!】新卒カードを使うべき企業ランキングTOP50 | 新卒採用専有率が高い会社がおすすめ | 日本郵船,日本通運,三菱電機,三菱商事【就活:転職】

 

基本的には大学を卒業するまでが新卒扱いになる

就活生ちゃん

新卒扱いっていつまでされるのでしょうか?

就活生くん

新卒カードっていつまで使えるのでしょうか?

新卒扱いは基本的には、大学を卒業するまでです。
大学を卒業すると既卒扱いになってしまいます。
なので新卒カードが使えるのは大学を卒業するまでです。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

就活生は新卒カードは絶対に使うべき!

就活生は新卒カードを絶対に使うべきです。
スキルや実務経験なしで企業に入社できるのは新卒だけだからです。
次に新卒カードを使うメリットについて解説します。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

新卒カードを使うメリット3つ

就活生くん

新卒カードはとにかく使うべきなんですね。
けど新卒カードを使うメリットって何なんですか?

新卒カードを使うメリットは以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 もとき

新卒カードを使うメリット3つ
  • メリット①:実務経験やスキルがなくても入社できる
  • メリット②:新卒入社すると入社後にしっかり育ててもらえる
  • メリット③:中途では入社しづらい会社に入社できる

新卒カードを使うメリット3つについてそれぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

メリット①:実務経験やスキルがなくても入社できる

新卒カードを使うメリットの1つ目は、「実務経験やスキルがなくても入社できる」です。

新卒カードを使えば実務経験やスキルの有無に関係なく企業に入社できます。

就活生くん

それって当たり前じゃないんですか?
大学生ってスキルとか実務経験とか普通ないですよね?

実は海外ではインターンや派遣を通して実務経験を積まないと正社員として雇ってもらえないんですよ。
なので、インターンや派遣などで実務経験を積まなくても正社員として就職できるのは物凄いメリットです。

「就活の教科書」編集部 もとき

就活生くん

そうなんですね!
それは知りませんでした!

また新卒カードを使わないで入社するとなると実務経験やスキルが問われるので入社するのが新卒時よりも難しくなります。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

メリット②:新卒入社すると入社後にしっかり育ててもらえる

新卒カードを使うメリットの2つ目は、「新卒入社すると入社後にしっかり育ててもらえる」です。

日本の大企業や有名企業ではほとんどの企業が入社後に研修期間を設けており、スキルがなくても教育してもらえます。

中途で入社する場合は即戦力としてみなされることが多いため、研修が新卒程手厚くありません

また海外の企業も新卒に対していきなり即戦力を求めているため、日本程研修は手厚くありません。

そのため、入社後にしっかり研修を受けられる点は物凄いメリットなのです。

日本の多くの企業は新卒をしっかり育ててくれるんですね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

メリット③:中途では入社しづらい会社に入社できる

新卒カードを使うメリットの3つ目は、「中途では入社しづらい会社に入社できる」ことです。

日本の企業には新卒でしか入れないような企業もあります。

また、中途採用ではスキルや即戦力が求められるためそれ相応のスキルがないと入社することが難しいです。

しかし、新卒ではスキルや即戦力は求められないため、就活対策をしっかりしておくだけで入社できます。

新卒カードを使えば、中途採用よりも圧倒的に簡単にいろいろな企業に入社できる可能性があるのです。

新卒カードってかなり価値がありますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

日本の就職市場は、他国と比べてかなり特徴的な体制です。

日本の就職活動や働き方に違和感がある人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

新卒カードを使わないと既卒扱いになり新卒よりも不利になる

就活生くん

新卒カードを使うメリットはたくさんあることがわかりました。
けど、新卒カードを使わなかったらどうなるんですか?

新卒カードを使わないと就活で不利になってしまいます。

「就活の教科書」編集部 もとき

新卒で就職せずに大学を卒業した後に就活をすると、「既卒」という扱いになります。

既卒は新卒よりも不利になることが多いです。

既卒が新卒よりも不利になる理由は以下の通りです。

既卒が新卒よりも不利になる理由3つ
  • 新卒で就職できなかった能力の低い人だと思われる
  • ルールに従えない人だと思われる
  • 中途採用扱いにされる

日本では既卒に対する評価が新卒よりも厳しいのが現状です。

明確な理由がない場合は新卒カードを使って就活をすることをおすすめします。

日本は新卒カードを使って就職するのが最強なんですよ。

「就活の教科書」編集部 もとき

大学を卒業するまでなので、「就職留年」は新卒カードがあります。

しかし、一度大学を卒業してから再度就職活動をする「就職浪人」は新卒カードがありません。

就職留年と就職浪人の違いを詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

                                     

就活のやり方に関する記事一覧

「最近就活を始めたけど、何から手を付ければいいか分からない」という就活生には、 就職活動の流れ という記事がおすすめです。

以下の記事を読むだけで、就活の流れを完全に理解できるので、就活生なら必ず読んでほしいです。

就活アドバイザー 京香

             

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

新卒を重要視していない職業

就活生ちゃん

日本ではやはり新卒が最強なんですね。
新卒を重要視していない職業ってあるんですか?

ありますよ。
新卒を重要視していない職業は以下の2つです。

「就活の教科書」編集部 もとき

新卒を重要視していない職業
  • Webエンジニア
  • Webデザイナー

新卒を重要視していない職業についてそれぞれ詳しく説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

職業①:Webエンジニア

新卒を重要視していない職業の1つ目は、「Webエンジニア」です。

特にベンチャー企業のWebエンジニアは、スキルがあれば入れるような会社が多いです。

またGoogleのエンジニアはスキルがあれば高卒でも入社できます。

新卒で就活したくないという就活生はプログラミングのスキルを磨いて、実力で企業に入社するのもありだと思います。

就活生くん

Googleのエンジニアって高卒でも入れるんですね!
夢があります!

プログラミングを習得したい方は、マコなり社長で有名なTECH::CAMP(テックキャンプ)がオススメです。

メンターが教えてくれる手厚いサポート環境で、挫折なくプログラミングを学ぶことができますよ。

「新卒カードではなく、スキルで入社したい!」という方はおすすめのプログラミングスクールです。

「就活の教科書」編集部 もとき

TECH::CAMP(テックキャンプ)を見てみる

 

また「他のプログラミングスクールもみたい」という方は、以下の記事で、自分に合ったプログラミングスクールを探せます。

合わせて読んでみてくださいね。

 

職業②:Webデザイナー

新卒を重要視していない職業の2つ目は、「Webデザイナー」です。

Webデザイナーは企業や個人などのクライアントから依頼されたサイトのデザインを制作する仕事です。

Webデザイナーもスキルさえあれば、新卒かどうかは重要ではないイメージがあります。

デザインするのが好きだという就活生はWebデザインの勉強をしてスキルをつけて実力で勝負してみるのもありですね。

WebエンジニアWebデザイナーは新卒でもスキルがなければ雇ってくれない会社が多いです。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

新卒カードを無駄にしてしまった時の対処法3つ

就活生くん

新卒時に就職活動に失敗して、行きたい企業に行けなかったらどうすればいいんですか?
僕は新卒カードを無駄にしてしまいそうで怖いです・・・

新卒カードを無駄にして、就職活動に失敗してしまった時の対処法は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 もとき

就職活動に失敗してしまった時の対処法3つ
  • 対処法①:就職留年
  • 対処法②:とりあえず企業に就職する
  • 対処法③:就職浪人

新卒カードを無駄にして、就職活動に失敗してしまった時の対処法3つについてそれぞれ詳しく説明します。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

対処法①:就職留年

就職活動に失敗した時の対処法1つ目は、「就職留年」です。

就職留年とは、大学をわざと留年して翌年にもう一度新卒として就活をすることです。

就職留年をするメリットは、翌年に既卒ではなくもう一度新卒として就職活動ができる点です。

また就職留年をすれば、一年間時間が余るのでゆっくりと自分ペースで就職活動ができます。

また、1年間の留年くらいは不利にはならないので就活で納得できない場合は就職留年をするのもありです。

就職留年について詳しく知りたい就活生は以下の記事も参考にしてみてください。

そこそこの大学をでていれば2留まではセーフと言われています。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

対処法②:とりあえず企業に就職する

就職活動に失敗した時の対処法2つ目は、「とりあえず企業に就職する」です。

とりあえず企業に就職すれば、安定した収入が得られるので生活に困ることはなくなります。

どうしても行きたい会社がある場合は、転職活動を視野にいれつつ働くことをおすすめします。

とりあえず企業に就職すれば職歴がつくので、既卒よりも有利になる可能性が高いです。

どうしても行きたい企業がある場合は転職という選択肢があるので、とりあえず企業に入社してスキルをつけるのもありですね。

「就活の教科書」編集部 もとき

また、どうしても就職したくない人は、下記の記事で、就職以外の選択肢もわかります。

合わせて読んでみてくださいね。

 

対処法③:就職浪人

就職活動に失敗した時の対処法3つ目は、「就職浪人をする」です。

就職浪人とは、新卒で就職をせずに大学を卒業して既卒として就職活動をすることです。

既卒は新卒よりも不利になりますが、就職できないかというとそうではないです。

就職浪人をしても就活対策をみっちり行えば、内定を獲得できます。

就職浪人や新卒フリーランスについて詳しく知りたい就活生は以下の記事も参考にしてみてください。

 

就活を適当にしていると、新卒カードを無駄にしやすくなります。

就活を適当にするとどうなるかについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

 

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

まとめ:新卒カードを有効活用して内定を獲得しよう

本記事「【最強!】新卒カードのメリット3つ | 新卒と既卒の違い,無駄にした時の対処法も」はいかがだったでしょうか?

この記事では、新卒カードを使うメリットについて解説しました。

加えて、新卒カードとは何か、新卒カードを使わないとどうなるのか、新卒カードが重要視されない職業についても解説しました。

最後に就職活動に失敗してしまった時の対処法についても解説しました。

この記事のまとめは以下の通りです。

この記事のまとめ

◆ 新卒カードを使えば社会経験無しで企業に入社できる

 

◆ 新卒カードを使うメリット3つ

  • メリット①:実務経験やスキルがなくても入社できる
  • メリット②:新卒入社すると入社後にしっかり育ててもらえる
  • メリット③:中途では入社しづらい会社に入社できる

◆ 新卒カードを使わないと既卒扱いになり新卒よりも不利になる

 

◆ 新卒を重要視していない職業

  • 職業①:Webエンジニア
  • 職業②:Webデザイナー

◆ 就職活動に失敗してしまった時の対処法3つ

  • 対処法①:就職留年
  • 対処法②:とりあえず企業に入社する
  • 対処法③:就職浪人

本記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。
新卒カードを使えるのは人生で一度だけです。
新卒カードを有効活用して納得して終えられる就職活動にしてください。

「就活の教科書」編集部 もとき