>> しっかり確認! 就職活動の流れ <<

【就活内定者が教える】「私服OK」「私服推奨」の意味は? 2つの違い, 服装例も

【内定者が語る】就活の「私服OK」「私服推奨」の意味は? 2つの違い, 服装例も

こんにちは。「就活の教科書」編集部の淀川です。
みなさんは就活の服装について、こんな疑問を持ったことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 淀川

就活生くん

私服OKと書いてあるけど、本当に私服を着て行っていいのかな?

就活生ちゃん

「私服可」と「私服推奨」の違いって何?いったい何を着ていけばいいのかな。
めっちゃわかります!笑
僕も就活中に、同じ疑問を持ったことがありました。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

就活(就職活動)の服装と言えば、もちろん普通はスーツです。

しかし、企業説明会や選考においては「私服OK」「私服推奨」という言葉を目にします。

一般的な就活生からすれば、普段スーツで就活をしているのにいきなり「私服で来ても良いよ」と言われても戸惑ってしまいますよね。

就活生くん

私服可と言われたから私服を着て行ったら、周りはみんなスーツだった。

就活生ちゃん

私服でお越しくださいと言われたが、無難にスーツを着て行ったら、周りはみんな私服だった。

 

そこでこの記事では、「私服OK」や「私服推奨」の意味、さらには就活における私服の考え方とその具体例を紹介します。

服装はその人の第一印象を左右する大事なものです。

ぜひこの記事を読んで、私服での就活を成功させて下さい。

就活の基本はスーツ。勝手に私服はNG。

就活生くん

夏の暑い日に就活(就職活動)でスーツを着るのがツラくて…。企業説明会ぐらいなら勝手に私服で行っても良いんですか?
さすがにダメです笑

「就活の教科書」編集部 淀川

 

企業から特に指示がない限り、たとえ企業説明会であってもスーツを着て行きましょう。

大前提として、就活の基本的な服装はリクルートスーツです。

私服を着て行ったからといって、選考に参加できないことはないですが、TPOをわかっていないと企業側にマイナスイメージを与えてしまう可能性があります。

私服を着て行くのは、企業から許可や指示があった場合だけにしましょう。

 

就活で私服を勧める企業の意図とは

さて、企業が私服を推奨する意図とは何なのでしょうか。

「就活の教科書」編集部 淀川

就活で企業が私服を推奨する意図は、「堅苦しくない雰囲気で企業説明会を行いたい」や「ありのままの就活生と接したい」などです。

中には、暑い季節に就活をする学生を気遣って私服を勧める企業もあるでしょう。

 

ただ就活生としては、私服の指定があっても「何を着るか悩むし、無難にスーツで行こう」と考える人も多いはず。

広い意味ではスーツも私服だと言えますが、企業の「私服で」はスーツ以外の服装を示していると考えるのが自然です。

 

続いては、よく就活生が混乱する「私服OK」と「私服推奨」の違いを紹介します。

 

就活での「私服OK」と「私服推奨」の違い

就活(就職活動)で私服が登場するのは、主に「私服OK」や「私服推奨」といった指示が企業側からあった場合のみです。

「私服OK」と「私服推奨」、一見同じようにも見えますが、意味が少し違います。

それぞれ、どのように違うのか解説していきます。

 

就活での「私服OK」「服装はスーツでなくても構いません」の意味

結論から言うと、以下の表現の場合、スーツでも私服でもどちらでも構いません。

  • 私服可
  • 私服OK
  • 当日は私服でお越しいただいても構いません
  • 服装はスーツでなくても構いません
  • 服装の指定は特にありません

 

強く私服を勧めているわけではないので、企業側に大きな意図はないと考えるのが一般的です。

スーツで選考をする必要がなく、就活生の負担も考えた結果、好意でこのような書き方をしたのでしょう。

 

ただ「私服OK」と書いてある場合でも、周りから浮くのが嫌だという想いから、スーツで参加は学生は多いです。

周囲から浮くことが不安であれば、スーツを着て行くのが無難です。

 

もちろん、もしあなたが私服を着て行ったからといって、選考に悪影響を及ぼすことはありません。

あなたは企業側の指定に従った服装をしているのですから。

「私服OK」の場合は、あまり深く考えずあなたが好きな方を選べば良いでしょう。

 

就活での「私服推奨」「私服でお越し下さい」の意味

結論から言うと、以下の表現の場合、私服で行くべきです。

  • 私服推奨
  • 私服でお越し下さい
  • 他社の選考があるなどの事情がない限り、普段着でお越し下さい

 

わざわざこのような書き方をするということは、私服指定に企業側の意図があると考えるべきです。

就活生側もここまで強く念押しされると、私服を着る学生が多くなります。

このパターンであなたがスーツを着て行くと、企業の人事からこんな風に思われてしまう可能性も。

わざわざ私服を強く推奨したはずなのに、この就活生は案内をよく読んでいなかったのかな?

人事さん

 

就活で私服が指定された場合、あなたも私服を着用して行きましょう。

逆に「スーツ推奨」などと書かれている場合は、スーツを着用して行きましょう。

 

迷ったら私服で行けば良い

以上の2パターンをまとめました。

つまり、どちらの場合でも、私服を着て行けば問題はないということになります。

まとめ
「私服OK」→私服でもスーツでもどちらでもOK

「私服推奨」→私服にするべき

 

僕の経験からも、企業から私服OKの指示があった場合は、積極的に私服を着て行くことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 淀川

なぜなら、普段着慣れないスーツを着ていると、肩に余計な力が入ってしまうから。

私服の方が、変に緊張せず選考に参加できたと思います。

 

 

合同説明会・グループディスカッション・面接・インターンシップの場合

就活生くん

就活(就職活動)といっても、合同説明会やグループディスカッション(GD)、面接やインターンシップなど、色々なことがあります。
それぞれ、私服の対する考え方は違うのでしょうか。
私服に対する考え方はすべて同じですよ。
合同説明会だから私服で良いわけでもなく、最終面接だからスーツしかダメなわけでもありません。
企業から指定された通りにしましょう。

「就活の教科書」編集部 淀川

ではここからは、具体的にどんな私服を着れば良いのかを紹介します。

 

就活で私服って何を着ていけば良いの?

就活生くん

私服を着て行っても良い条件はわかったけど、じゃあ私服ってどんな服を着れば良いの?

就活生ちゃん

着てはいけない服とかあるのかな。
そんなあなたのために、私服で就活をする時のおすすめの服装を紹介します。

「就活の教科書」編集部 淀川

ではまず、これを着て行けば間違いないという服装をお伝えします。

 

私服=オフィスカジュアル

就活における私服は、オフィスカジュアル(ビジネスカジュアル)です。

これさえ覚えておけば、大丈夫です。

私服で迷ったら、とにかくオフィスカジュアル。

 

アイテム別のおすすめの服装

ではオフィスカジュアル(ビジネスカジュアル)な服装とは、具体的にはどのような服装を指すのでしょうか。

アイテム別に見ていきましょう。

 

ジャケット

ジャケットの着用は必須ではありませんが、持っているなら着た方が良いです。

冬はジャケットの上にコートを着ても良いし、夏は暑かったらジャケットを着なくても良いでしょう。

襟付きの、スーツと同じような形で作られているものがおすすめです。

 

トップス

襟付きのシャツやカットソー、ブラウスなどが無難です。

多少デザイン性の高いアイテムでも構いませんが、あまり派手なものは選ばないようにしましょう。

 

ボトムス

男性(メンズ)はシンプルなチノパンがおすすめです。

ジーンズは作業着から誕生したものなので、避けた方が無難でしょう。

女性(レディース)のスカートの場合は、椅子に座った時でも膝が出ない丈のロングスカートを選びましょう。

パンツ、スカートいずれの場合もストッキングの着用を忘れずに。

ワイドパンツはビジネスシーンにふさわしくないので、控えたほうが良いです。

 

靴は、男性(メンズ)の場合は革靴、女性(レディース)の場合はパンプスが良いでしょう。

ひもがついているかどうかは気にしなくて構いません。

スニーカーが絶対ダメというわけではありませんが、できるだけ落ち着いたデザインのものにして下さい。

女性(レディース)の場合、ハイヒールは避けましょう。

 

バッグ

書類を受け取る機会が多いので、A4サイズが入るバッグが便利です。

革製の手さげバッグなどが無難ですね。

スーツを着ている際に使っているリクルートバッグでも構いません。

ロゴが大きく入ったバッグや、装飾の多いリュック、ショルダーバッグなどは避けるべきでしょう。

 

色選びのポイント

どのアイテムにも言えることですが、黒や紺、白、ベージュなど、スーツに合わせる色として違和感のない色を選びましょう。

基本的には派手な色や柄のものは避けて下さい。

大事なのは、落ち着きと清潔感です。

 

私服OKでもNGな服装

私服OKでもNGな服装もあります。
主なものを表にまとめました。

「就活の教科書」編集部 淀川

男女共通 ジーンズ・スニーカー・サンダル・トレーナー・パーカー
男性 半ズボン・Tシャツ1枚(襟のない格好)
女性 ミュール・極端なミニスカート・ホットパンツ
他にも、派手すぎる柄物や、大きなロゴマークが入っているものは避けたほうが良さそうですね。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

【例外】「自分らしい服装でお越し下さい」

アパレル業界など一部の業界の選考では、「自分らしい服装で」「あなたらしさを表す服装で」というような服装指定と呼ばれるパターンがあります。

この場合は、絶対に私服を着て行って下さい。

しかも、オフィスカジュアルでなくても構いません。

企業側は、あなたの普段着から、センスやファッションへの想いなどを評価しようとしています。

そのため、コーディネートのテーマなどを説明できるような、自由な服装にするべきです。

リクルートスーツで参加するのは絶対にNGですよ。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事では、就活での「私服OK」や「私服推奨」の意味、おすすめの服装などを紹介しました。

服装はその人のイメージを大きく左右します。

直前になって焦ってもどうしようもないので、みなさんも私服で就活をする際は、事前に何を着ていくか準備しておきましょう。

また、この他にも就活やに役立つ記事がたくさんあるので、ぜひ合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

就職活動に役立つ情報は以下の記事に網羅的にまとめています。合わせて参考にしてください。