【パターン7選も】高学歴でも就活を失敗することはある | 成功させるためのポイント

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事からわかること
  • 高学歴でも就活に失敗する人は多い
  • 高学歴就活生の失敗パターン7選
  • 高学歴の就活を成功させるためのポイント5選
  • 就活が企業が評価しているポイント5選
  • 「就活がうまくいかない…」という就活生は、就活エージェント「DiG UP CAREERに相談してみるのがおすすめ

こんにちは。「就活の教科書」編集部の宮原です。

今回は、「高学歴でも就活に失敗するのか」についてお話ししていきます。この記事を読んでいる皆さんは、「高学歴でも就活に失敗するの?」「就活で企業が評価しているポイントはどこなの?」など疑問を持っているのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 宮原

就活生ちゃん

高学歴だと就活がうまくいくイメージなのですが、失敗するものなのでしょうか?

就活生くん

高学歴で就活を失敗する理由はなんですか?

高学歴だと就活は失敗するイメージは少ないですよね。

「就活の教科書」編集部 宮原

そこで本記事では、「高学歴でも就活に失敗するのか」について解説していきます。

加えて、「高学歴就活生の失敗パターン7選」と「高学歴の就活を成功させるためのポイント5選」についても解説していきます。

最後に就活で企業が見ているポイントについても解説します。

この記事を読めば、就活を成功させるために必要なことがわかりますよ。

「高学歴でも就活に失敗するの?」「就活で企業が評価しているポイントはどこなの?」など疑問を持っている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

24卒、23卒で「ESや面接が通過できず、なかなか就活がうまくいかない…」と悩んでいる就活生は、無料の就活エージェントを同時に活用するのがおすすめです。

特に、DiG UP CAREERを使うのがおすすめです。

これらを使うと、自己分析、企業選び、面接対策など、親身に寄り添ってくれるので、最短3日~2週間で内定がもらえますよ。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ 優良企業を紹介してくれる /

  • DiG UP CAREER
    - 寄り添い型で優良企業を紹介
    - 満足度90%、友達紹介率60%

\ 優良企業からスカウトが来る /

「結局、どのサービスを使えば良いかわからない…」という方はDiG UP CAREERを使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

高学歴でも就活に失敗することはある

就活生ちゃん

高学歴だと就活に失敗することが少なそうですが、就活で失敗することはあるんですか??

高学歴だと学歴フィルターなど気にせずに就活ができて、失敗するイメージはないですよね。

しかし、高学歴でも就活に失敗する方は多いですよ!以下で解説しますね!

「就活の教科書」編集部 宮原

高学歴でも就活に失敗する人も多い

高学歴だと就活で優遇される機会が多いように感じますが、高学歴でも就活に失敗する人は多いです。

「高学歴だから大丈夫だろう」と慢心していると高学歴であっても就活に失敗してしまいます。

企業が高学歴の学生を優遇する理由は、「高学歴であれば企業でも活躍してくれる人材である可能性が高い」と考えているからです。しかし、企業がこの学生は自社で活躍できないと判断すれば高学歴でも落とされてしまいます。

大切なのは企業が求めているのは「高学歴」ではなく、「優秀な人材」だということです。これを見失うと、高学歴でも就活に失敗し続ける危険性があります。

高学歴就活生が失敗する原因は慢心と準備・対策不足

高学歴就活生が失敗する原因は慢心と準備・対策不足です。

高学歴だからといって情報収集や準備・対策を怠ってしまうと、当たり前ですが内定はもらえません。対策を怠る原因が「高学歴だから大丈夫」といった慢心にあります。

高学歴だからといって慢心せずに、準備・対策をすることが大切です。準備・対策のタイミングが遅れてしまうと、志望企業の選考に間に合わないこともあり、せっかくの機会を失ってしまう原因になります。そのため、就活をなるべく早期に開始し、自分から積極的に情報収集していく必要があります。

就活を成功させるためには企業が見ているポイントを正しく理解しよう

就活を成功させるためには、企業が見ているポイントを正しく理解することが大切です。

企業が就活生のどこを見ているかは、企業によって異なります。企業研究をすることで、企業が求めている人物像を知ることができ、企業が見ているポイントを正しく理解することができます。

例えば、企業理念が「チャレンジし続けることで、クライアントにより良い生活を提供すること」だとすればチャレンジ精神が旺盛な人を求めていることがわかりますよね。このように企業分析することで、求めている人物像を知ることができます。

企業で見ているポイントは違うと言いましたが、どの企業も共通して見ているポイントがあります。それを記事の最後の方で解説しているので読んでみてください。

高学歴が就活を失敗する原因は慢心であることがわかりましたね。

また早い段階で就活を始めることが重要だということもわかりました!

「就活の教科書」編集部 宮原

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめを参考にしてみてください。

数々の就活エージェントを比較した結果、就活の教科書では満足度90%で納得できる内定獲得までサポートしてくれる「DiG UP CAREERを特におすすめしています。

DiG UP CAREERは、オンライン面談を通して、選考対策非公開求人の紹介企業からの選考フィードバックももらえるので、就活生から高く評価されています。

プロの客観的なアドバイスを受け、内定をとりたいという方は、ぜひ内定者が選んだ就活エージェントのおすすめを読んであなたに合う就活エージェントを選んでみてくださいね。

就活アドバイザー 京香


高学歴就活生の失敗パターン7選

就活生くん

高学歴でも就活に失敗することがあるんですね。

失敗する原因はなんでしょうか?

それでは高学歴就活生の失敗パターン7選を紹介しますね!

「就活の教科書」編集部 宮原

高学歴就活生の失敗パターン7選
  • パターン①:気がついたら選考が終わっていた
  • パターン②:有名企業・難関企業しか受けない
  • パターン③:対策をせずにWEBテストで不合格になる
  • パターン④:大学生活でアピールできるエピソードがない
  • パターン⑤:コミュニケーション能力が足りない
  • パターン⑥:不合格になってもなんでダメだったか振り返らない
  • パターン⑦:情報収集が不足している

パターン①:気がついたら選考が終わっていた

高学歴就活生の失敗パターン1つ目は、気がついたら選考が終わっていたです。

高学歴だから大丈夫といって選考の日にちしか調べていなかったりすると、応募条件に必要な会社説明会であったりインターンシップの参加ができていないということになってしまいます。

事前に十分な情報収集ができていないことで、せっかく受けることができた選考も受けることができなくなってしまうので勿体無いです。情報収集不足で気がついたら選考が終わっていたということにならないように、あらかじめ選考に必要ものを調べて整理することが大切です。

実際に情報収集不足で選考ができなかった方の声です。

パターン②:有名企業・難関企業しか受けない(大手病)

高学歴就活生の失敗パターン2つ目は、有名企業・難関企業しか受けないです。

高学歴就活生の場合は、数ある学校の中でも有名私立大や国公立大に入学できた経験があるため、必然的に就活も名だたる大手企業ばかりを受けてしまいがちです。

単純に大手企業だから受けるという企業の選び方をすると、競争率の高い企業ばかり受けることになるため当然内定を取れる確率も下がってきます。就活の成功率を上げるには、大手企業だから受けるではなく自分に合った価値観や仕事内容であるかどうかという視点で企業を受けなければなりません。

パターン③:対策をせずにWEBテストで不合格になる

高学歴就活生の失敗パターン3つ目は、対策をせずにWEBテストで不合格になるです。

WEBテストは高校生までの学習内容が出ることが多いので、対策しなくても通過することができると思っている方がいると思います。しかし、対策をせずにWEBテストを受けると、「問題は解くことができるのに時間が足りない」という事態に陥りやすくなります。

パターン④:大学生活でアピールできるエピソードがない

高学歴就活生の失敗パターン4つ目は、大学生活でアピールできるエピソードがないです。

就活は、自分のことを企業にアピールすることが大切です。アピールするには、経験から話すことが重要なので高学歴だからといって、大学生活でアピールできる経験を積まずにいると就活でしゃべる内容がなくなってしまいます。

アピールができるエピソードがなくても、インターンシップに積極的に参加や自己分析をすることで見つけることができます。

パターン⑤:コミュニケーション能力が足りない

高学歴就活生の失敗パターン5つ目は、コミュニケーション能力が足りないです。

高学歴就活生は、文章で表現する能力が受験勉強などで培われているのでエントリーシートなどは得意としています。しかし、文章で表現する能力と実際に面接の場で言葉として表現する能力は全く違うものです。

言葉として表現できたとしても、学生同士のコミュニケーションとは違って、常に面接官が自分にどんな言葉を求めているのかを考えて答えなければなりません。自分の伝えたいことだけを話すのではなく、面接官の意図を汲み取りながら発言しなければなりません。

また、面接では就活生のスキル以外にも人間性に注目していて、「この就活生と一緒に働いた時にコミュニケーションがちゃんと取れるかな?」という目線でもみています。なので受け答えがたじたじになってしまったり、おどおどとしてしまうと、その能力がないとみなされて内定をもらうことができません。

パターン⑥:不合格になっても、何がダメだったのか振り返らない

高学歴就活生の失敗パターン6つ目は、不合格になっても何がダメだったのか振り返らないです。

不合格になっても何がダメだったかを振り返らないと、次どうすれば受かるのかの対策もできませんよね。「この企業は私に合わないから不合格だったんだ」と思いすぎて、自分の発言や行動がどうだったかを振り返らずにいると対策ができないままで、内定をもらうことができません。

パターン⑦:情報収集が不足している

高学歴就活生の失敗パターン7つ目は、情報収集が不足しているです。

情報収集を怠ると、パターン1つ目にもあった通り「気がついたら選考が終わっていた」という状態になります。機会を失ってしまうことになるので情報収集は怠らないようにしましょう。また情報収集は選考情報だけでなく、企業分析や業界研究も重要になってきます。一つの業界を狙っていても、企業によって求める人物像が異なりそれらを理解できていないと内定をもらうことは難しいです。

また企業研究を徹底して行うことで、社風を理解することができ入社後のギャップを少なくすることができます。

高学歴就活生が失敗するパターンと実際に失敗した人の声がわかりましたね。

次は高学歴の就活を成功させるためのポイント5選を紹介します!

「就活の教科書」編集部 宮原

「就活なかなかうまくいかない…どうすれば…」という方はDiG UP CAREERを使うのが一番おすすめです。

DiG UP CAREERは、あなたに親身に寄ってくれ、あなたらしく働ける優良企業を紹介してくれます。

利用すれば、就活に対する悩みや不安が解消され、選考対策もしてくれるので就活の自信がついてきますよ。

満足度90%、友達紹介率60%なので、納得のできる企業に就職したい方はぜひ見てみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> DiG UP CAREERを見てみる

当サイトがおすすめする就活エージェントは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

23卒で「なかなか内定がもらえない…」と悩んでいる就活生は、就活エージェントDiG UP CAREER」「キャリアチケット」「キャリアパーク就活エージェントを同時に活用するのがおすすめです。

これらの就活エージェントはそれぞれ、自己分析企業選び、面接対策などのサポートがあり、親身に寄り添ってくれるので、最短3日~2週間で内定がもらえます。もちろん費用は無料です。

エージェントによって、求人数の多さES添削グループディスカッションなど選考対策の種類も様々なので、同時利用がおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

無い内定から抜け出すサービス(無料)

*参考記事:就活エージェントおすすめ15選


利用者満足度90%のDiG UP CAREERで就活の悩みを解決

DiG UP CAREERは、就活のプロからのサポート「できるだけ早く」「納得のいく」内定をとりたい方におすすめです。

あなたに親身に寄り添い非公開の優良企業求人の紹介選考対策企業から選考フィードバックがもらえるので就活の悩みや不安を解消できますよ。

さらに、DiG UP CAREERは、満足度90%と高く評価されていますが、サポート人数を限定しているので手厚いサポートを受けられるの今のうちに利用しましょう。

就活アドバイザー 京香

>> DiG UP CAREERを使ってみる


高学歴の就活を成功させるためのポイント5選

就活生ちゃん

高学歴就活生の失敗の原因がわかりました!情報収集を怠らず対策していこうと思います。

逆に就活を成功させるためにはどうしたらいいのですか?

それでは高学歴の就活を成功させるためのポイントを紹介していきますね!

「就活の教科書」編集部 宮原

高学歴の就活を成功させるためのポイント
  • ポイント①:選考スケジュールを正しく理解する
  • ポイント②:企業規模や知名度に囚われず、幅広い業界・企業を受ける
  • ポイント③:WEBテストの対策も気を抜かない
  • ポイント④:とにかく行動量を増やしてみる
  • ポイント⑤:選考が終わったら、よかった点と改善点を振り返る

ポイント①:選考スケジュールを正しく理解する

高学歴の就活を成功させるためのポイント1つ目は、選考スケジュールを正しく理解するです。

選考スケジュールは、企業や業界によって異ります。またエントリーするためには、説明会・インターンシップの参加が必須な場合もあるので、それらを含めた情報収集を怠らなずに行いましょう。

選考スケジュールを把握することで、選考に必要な準備を十分に行うことができます。就職解禁日は3月なのでそれよりも前に情報収集するようにしましょう。

ポイント②:企業規模や知名度に囚われず、幅広い業界・企業を受ける

高学歴の就活を成功させるためのポイント2つ目は、企業規模や知名度に囚われず、幅広い業界・企業を受けるです。

特に理系学生の場合は、自身の専攻している分野に関連する企業や業界に絞って就活を行いがちです。
しかし、自分の専攻に関連している企業や業界だけに絞ってしまうと、応募できる企業が少なくなってしまい、結果的に就活の成功率が下がってしまうでしょう。

また、必ずしも自分の専攻に直接関連している企業だけが、自分の知識を活かして活躍できる場所とは限りません。
最近では企業も新規事業拡大の一環として、異業種への参入を進めている企業も多くあり、専攻外の企業でも自身の知識を活かせる可能性があります。

自分にあった企業を見つけるという点においても、選択肢が多い方が優位なため、自分の専攻外の業界や企業、業種も視野に入れておきましょう。

ポイント③:WEBテストの対策も気を抜かない

高学歴の就活を成功させるためのポイント3つ目は、WEBテストの対策も気を抜かないです。

高学歴就活生は、難しい受験を乗り切った方々なので勉強の基礎はできているので、中学高校レベルの問題が出るWEBテストの対策をしなくてもいいと思いがちです。

しかし、WEBテストは独特の傾向があり1問につきの時間がありません。解ける問題も時間配分ミスで解くことができないということにならないように対策をする必要があります。

試験のために努力することができる高学歴就活生だからこそ、WEBテストの対策も効率的にできるはずです。

ポイント④:とにかく行動量を増やしてみる

高学歴の就活を成功させるためのポイント4つ目は、とにかく行動量を増やしてみるです。行動量とは、面接や説明会・インターンシップなどの就活に限らず、バイトやゼミなどの全体的な行動量です。

家と学校の行き来だけでは、得られるものは少ないため色々な世界を見てみることが必要です。色々なところに行くだけで、新たな情報や刺激をもらうことができ、就活で話すときのエピソードにもつながります

ポイント⑤:選考が終わったら、良かった点と改善点を振り返る

高学歴の就活を成功させるためのポイント5つ目は、選考が終わったら、よかった点と改善点を振り返るです。

内定をもらえなかったときになぜもらえなかったのかを考え、次の選考に生かすようにしましょう。振り返りをしなければ、改善点だけでなくよかった点にも気づくことができず、自分の良い部分を知らず知らずのうちに消してしまうかもしれません。

振り返る項目は以下を参考にしてみてください。

【自己分析・企業研究】

  • 自己分析はしっかりできていたか
  • 自分の強みとエピソードを用意できているか
  • 自分の長所をうまく表現できているか
  • 企業(職種/業界)研究は十分に行えていたか
  • 情報収集はインターネットに頼りすぎていないか
  • 自己分析結果に基づいた志望動機が用意できていたか

【エントリーシート・筆記試験】

  • 履歴書(職務経歴書)は丁寧にわかりやすく書けたか
  • 筆記試験の対策は十分であったか
  • 最近のニュースを把握しているか

【面接】

  • 言葉遣いや態度は適切であったか
  • 自己PR・志望動機をわかりやすく伝えられたか
  • マニュアルどおりの回答をしていないか
  • 企業に質問ができたか

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

就活で企業が評価しているポイントとは?

就活生くん

就活を成功させるポイントがわかりました!他にも就活で企業が評価しているポイントはどこですか??

以下で就活で企業が評価しているポイントを解説しますね!

「就活の教科書」編集部 宮原

就活で企業が評価しているポイント
  • ポイント①:印象が良いか(身だしなみ、話し方等)
  • ポイント②:最低限のマナーがなっているか
  • ポイント③:質問に対して的確に回答できているか
  • ポイント④:業界や企業について正しく理解しているか
  • ポイント⑤:企業が求めている人物像とマッチしているか

ポイント①:印象が良いか(身だしなみ、話し方等)

就活で企業が評価しているポイント1つ目は、印象が良いか(身だしなみ、話し方等)です。

就活で会う人は初めましての方々が多いため、第一印象を良くすることは大切です。人の印象は出会って3~5秒で決まると言われています。第一印象を良い方向に導くために、学生は意識的に相手の視覚情報を上手くコントロールすることが重要です。「清潔感」「体に合った服」「顔がしっかり見える髪型」を心がけることで良い方向へ誘導することができるため、第一印象を良くすることを心掛けて、面接を有利に進めましょう。

ポイント②:最低限のマナーがなっているか

就活で企業が評価しているポイント2つ目は、最低限のマナーがなっているかです。

基本的なマナーがなっていないと「社会人になる心構えができていない学生」とマイナスな印象を抱いてしまいます。また、学生が実際に入社をした後会社のイメージが悪くなったり、顧客満足度が下がるといった不安を面接官は抱き、合格の判断を下せません。

なので、就活で必要なマナーを調べてから面接に向かうようにしましょう。また面接だけでなく電話の対応などもマナーに入るので、気をつけるようにしましょう。

以下に面接時のマナーについて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 宮原

ポイント③:質問に対して的確に回答できているか

就活で企業が評価しているポイント3つ目は、質問に対して的確に回答できているかです。

普段の会話だと自然に相手の質問の意図を汲み取って話すことはできいると思いますが、面接などの緊張した場面だと焦ってしまいできない場合があります。大切なのは、質問の意図を汲み取って答えることです。

魅力的なエピソードを話すことも大切ですが、質問に対してあったエピソードでなければ、正しいコミュニケーションができているとは言えませんよね。面接時は緊張してしまいますが、質問されたら結論→理由→結論の順番で話すことで、話の軸がぶれることを避けられます。

ポイント④:業界や企業について正しく理解しているか

就活で企業が評価しているポイント4つ目は、業界や企業について正しく理解しているかです。

企業は就活生の能力だけでなく、入社への熱意などもみられています。入社への熱意がない人を採用することは、企業側にとってはかなりハイリスクです。

少し仕事がキツかっただけで辞められたり、あるいは他社の内定が出たからと内定を辞退されたりすると、採用に掛けた時間や労力が無駄になってしまいます。そうならないためにも、「入社への熱意や意欲」というものは重視されています。どれだけ企業研究をしているか、入社後のビジョンがあるのかなど、そういった点から入社への熱意が試されます。

感情論ではなく、なぜその企業ではないといけないのかを論理的に伝えられるようにしておきましょう。

ポイント⑤:企業が求めている人物像とマッチしているか

就活で企業が評価しているポイント5つ目は、企業が求めている人物像とマッチしているかです。

企業のホームページには必ず採用情報や求める人物像となる情報が乗っています。企業が求める人物像と自分がマッチしていなければ、企業研究できていないと思われてしまいます。それに加え、企業の社風に合わないと優秀な人材でもすぐ辞めてしまうリスクがあると判断されてしまうので、企業の求めている人物像を把握するようにしましょう。

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:高学歴だからと慢心せずに、事前準備と振り返りを徹底しよう!

本記事はいかがでしたでしょうか?少しでも皆さんの力になれれば幸いです。

「就活の教科書」編集部 宮原

本記事では、「高学歴でも就活に失敗するのか」について解説しました。

加えて、「高学歴就活生の失敗パターン7選」と「高学歴の就活を成功させるためのポイント5選」についても解説しました。就活で企業が見ているポイントについても解説しました。

高学歴だからといって慢心せずに、真摯に向き合うことが就活成功のポイントでしたね。

最後にこの記事を以下にまとめたので、ぜひ振り返りに使ってください。

この記事のまとめ

◆高学歴でも就活に失敗することはある

  • 高学歴でも就活に失敗する人も多い
  • 高学歴就活生が失敗する原因は慢心と準備・対策不足
  • 就活を成功させるためには企業が見ているポイントを正しく理解しよう

◆高学歴就活生の失敗パターン7選

  • パターン①:気がついたら選考が終わっていた
  • パターン②:有名企業・難関企業しか受けない(大手病)
  • パターン③:対策をせずにWEBテストで不合格になる
  • パターン④:大学生活でアピールできるエピソードがない
  • パターン⑤:コミュニケーション能力が足りない
  • パターン⑥:不合格になっても、何がダメだったのか振り返らない
  • パターン⑦:情報収集が不足している

◆高学歴の就活を成功させるためのポイント5選

  • ポイント①:選考スケジュールを正しく理解する
  • ポイント②:企業規模や知名度に囚われず、幅広い業界・企業を受ける
  • ポイント③:WEBテストの対策も気を抜かない
  • ポイント④:とにかく行動量を増やしてみる
  • ポイント⑤:選考が終わったら、良かった点と改善点を振り返る

◆就活で企業が評価しているポイントとは?

  • ポイント①:印象が良いか(身だしなみ、話し方等)
  • ポイント②:最低限のマナーがなっているか
  • ポイント③:質問に対して的確に回答できているか
  • ポイント④:業界や企業について正しく理解しているか
  • ポイント⑤:企業が求めている人物像とマッチしているか

まとめ:高学歴だからと慢心せずに、事前準備と振り返りを徹底しよう!