>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【難しく考えなくてOK】志望動機が書けない人の対処法5つ | 内定者の例文も

【難しく考えすぎ】志望動機が書けない場合の5つの対処法 _ 新卒内定者の例文,理由,テンプレも

こんにちは。「就活の教科書」編集部の西川です。

今回は、「志望動機の書き方」について説明します。

皆さんは今、志望動機について何か困っている事はありませんか?

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

僕は志望動機がうまく書けなくて困っています。
志望動機って言われると、難しく考えすぎてしまい、何も書けません。

就活生ちゃん

私は、志望動機が何も思いつかなくて書けないです。
志望動機をうまく書く方法を教えて欲しいです。

僕も志望動機を考えすぎて、書けなかった経験があります。
志望動機って考えれば考えるほど、何も書けなくなりますよね。
そんな僕でも、志望動機の書き方を知ることで、うまく書けるようになりました。

「志望動機を考えすぎて書けない」という悩みを、この記事で解決していきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

そこでこの記事では、分かりやすい志望動機の書き方をマスターした西川が、
①志望動機の考え方
②志望動機を考えすぎると難しくなる理由
③志望動機を書けない人の対処法
④志望動機を書くためのフレームについて説明していきます。

この記事を読めば、志望動機を難しく考えすぎることもなくなり、うまく志望動機が書けるようになりますよ。
ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

目次

志望動機を書けない人のための例文

就活生くん

志望動機って書くの難しくないですか?

僕は志望動機を難しく考えすぎて、上手く書けないです。

どうすれば上手く書けるようになりますか?

大丈夫ですよ。
僕も就活生の頃は、志望動機を上手く書けないと悩みましたが、上手く書く方法を知れば書けるようになりました。
そこでまずは、体感的に志望動機の書き方を理解するために、内定者の例文を見てみましょう。
例文を見た上で、志望動機の書き方を知ることで、理解度が格段に上がるはずです。
さっそく見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

新卒内定者の志望動機・例文

【結論】
『おもしろきこともなき世をおもしろく』
この句は私の座右の銘です。
この既存の枠組みを超えた視点で物事を捉え直す思考を今まで大切にし、これを達成できた時に喜びを感じます。

できること・したいこと
例えば学生時代には、所属人数のわりにサークルの認知度が低いという課題を解決する為に、飲み会を全てパーティーと改称しました。
これにより参加した人が各自のSNSに「サークルのパーティーに参加した」と次々と投稿するようになり、認知度の向上に繋げました。
このように、ビジネスの世界でも「面白い」思考をもって、人を動かす事による課題解決に挑戦したいと考えています。

自分と企業の共通点
貴社が掲げる「生活者発想」「パートナー主義」という哲学は、課題解決における重要な点であり、例えばスマホの性能を刑事ドラマの中で訴求する様に、枠組みを超えた視点を持つ事にも必要であると考えています。
この哲学の下、課題解決を行う貴社ならば私らしく課題に挑戦できると考えております。
(提出企業:博報堂)

このように志望動機は、
結論】
【できること・したいこと】
【自分と企業の共通点】のステップで書くと、自社で活躍できる人材だと評価されやすいです。

「就活の教科書」編集部 西川

僕は一文目にキャッチコピーを入れていますが、これはインパクトを出すための戦略として有効だと思います。

多くの就活生が似たような構造の文章でエントリーシートを構成するので、キャッチコピーなどであえて構文からハズすことで印象的なエントリーシートが書けます。

では、エントリーシートを書くためのステップについて説明していきます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

また、エントリーシートの志望動機が書けない人のために、以下の記事に志望動機の具体例を紹介するので、ぜひ読んでみてください。

 

志望動機が書けない人のための上手く書くポイント

ここでは、志望動機を上手く書くための項目を紹介します。

ここで紹介する志望動機を上手く書くための項目は、以下の3点です。

志望動機が書けないと悩む就活の方はぜひチェックして下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

望動機を上手く書くための項目
  • 書く項目①:最初に結論から書く
  • 書く項目②:できる/したいことを書く
  • 書く項目③:自分と企業の共通点を書く

 

ポイント①:最初に結論から書く

志望動機が書けない人のための上手く書くポイントの1つ目は「最初に結論から書く」です。

志望動機を書けない就活生の方は、初めに結論から考えましょう。

最初に結論から述べることで、これから何の話しをされるのか聞き手が直感的に理解できます。

今回の例文では少しトリッキーな始まり方をしましたが、「私が貴社を志望する理由は、貴社で得られるスキルの多様性に魅力を感じたからです。」という風に企業に入りたいと思った理由を率直に述べましょう。

最初に結論から述べることは、デキる社会人の基本です。
上で紹介した例文では、以下の部分が当てはまります。

「就活の教科書」編集部 西川

内定者の例文「最初に結論から書く」
『おもしろきこともなき世をおもしろく』
この句は私の座右の銘です。
この既存の枠組みを超えた視点で物事を捉え直す思考を今まで大切にし、これを達成できた時に喜びを感じます。

 

ポイント②:できる/したいことを書く

志望動機が書けない人のための上手く書くポイントの2つ目は「できること・したいことを述べる」です。

志望動機を書けない就活生の方は、自分のできること・したいことを意識しましょう。

企業の人事はエントリーシートや面接で、「この就活生は自社のどこで活躍できそうか」を終始考えています。

その「どこで活躍できそうか」を考える時に重要なのが、「その就活生は何ができるか・したいのか」です。

人事が求めている情報を分かりやすく提示することで、、あなたの内定率は格段に上がります。

忘れないで欲しいのが、あなたのできること・得意なことを人と比べないことです。

「自分の得意分野なんて大したことないからアピールできないです」という就活生は多いですが、自分の得意なことなんて、自分が苦手なことと比べて得意だったら、それで良いのです。

それだけで企業はあなたを十分に評価してくれます。

上で紹介した例文では、以下の部分が当てはまります。

「就活の教科書」編集部 西川

内定者の例文「できる/したいことを書く」
例えば学生時代には、所属人数のわりにサークルの認知度が低いという課題を解決する為に、飲み会を全てパーティーと改称しました。
これにより参加した人が各自のSNSに「サークルのパーティーに参加した」と次々と投稿するようになり、認知度の向上に繋げました。
このように、ビジネスの世界でも「面白い」思考をもって、人を動かす事による課題解決に挑戦したいと考えています。

 

ポイント③:自分と企業の共通点を書く

志望動機が書けない人のための上手く書くポイントの3つ目は「自分と企業の共通点を書く」です。

志望動機を上手く書けない就活生の方は、自分と企業の共通点を考えてみましょう。

自分が活躍できる場所を理解できているかどうかを示し、企業理解の深さもアピールしておきましょう。

例えば、「自分はマーケティングが得意なので、御社のマーケティング部で働きたい」と言った具合です。

上で紹介した例文では、以下の部分が当てはまります。

「就活の教科書」編集部 西川

内定者の例文「自分と企業の共通点を書く」
貴社が掲げる「生活者発想」「パートナー主義」という哲学は、課題解決における重要な点であり、例えばスマホの性能を刑事ドラマの中で訴求する様に、枠組みを超えた視点を持つ事にも必要であると考えています。
この哲学の下、課題解決を行う貴社ならば私らしく課題に挑戦できると考えております。

 

ここまで志望動機を書くための例文とテンプレートを紹介してきました。

エントリーシートの「志望動機」を書くには、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

志望動機を書けない人の書き方 3ステップ

就活生くん

確かにそう言われると、他人軸で志望動機を書いても内定は貰えそうにないですね。
自分軸で志望動機を考えるには、どうしたら良いのでしょうか。

以下の3ステップを踏めば自分軸で志望動機を考えられます。
一緒に自分軸の志望動機について見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

「自分軸」で志望動機を書くには
  1. 自分のできること・やりたいことを言語化する
  2. やりたい事を実現できる会社を見つける
  3. 企業のどこが自己実現に適していると判断したか言語化する

 

ステップ①:自分のできること/やりたいことを言語化する

自分軸で志望動機を書くステップの1つ目は、「自分のできること/やりたいことを言語化する」です。

志望動機を書くためには、まずは「自分のできること」を理解しましょう。

この時に注意してほしいのが、「他人と比べないこと」です。

他人と比べてしまうと、「自分ができることは何もない」と思ってしまいます。

自分が得意だと思うことを、自分のできることだと自信をもって言いましょう。

多くの場合、自分のやりたいことは、できること/できそうなことから生まれます。

まずは自分のできることを紙に書き出し、やりたいことに結びつけてみましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ステップ②:やりたいことを実現できる会社を見つける

自分軸で志望動機を書くステップの2つ目は、「やりたい事を実現できる会社を見つける」です。

やりたいことを実現できる企業を見つけられたら、分かりやすく志望する気持ちを持てます。

自分のやりたいことに照らし合わせて、実現できる企業を探してみましょう。

 

ステップ③:企業のどこが自己実現に適していると判断したか言語化する

自分軸で志望動機を書くステップの3つ目は、「企業のどこが自己実現に適していると判断したか言語化する」です。

自分のやりたいことと、それが実現できる企業を見つけたら後は文字起こしをするだけです。

以上の3ステップを踏むことで、「自分軸」に沿った志望動機が書けます。

自分軸に沿った志望動機は、面接官を納得させられ内定に繋がります。

自分のできること/やりたいことが分からない就活生は、まず自己分析から始めましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

どうしても志望動機が書けない人の対処法 5つ

就活生ちゃん

志望動機が書けないのは「他人軸」で志望動機を考えているからだとわかりました。
でも、どうしても志望動機が書けません。
分かりました。
では、この項目で志望動機を難しく考えすぎて書けない人の対処法について説明していきます。
この項目で紹介する対処法は、以下の5点です。

「就活の教科書」編集部 西川

志望動機が書けない場合の5つの対処法
  • 対処法①:志望動機をシンプルな構造にする
  • 対処法②:実体験をもとに話す
  • 対処法③:第三者に志望動機を整理してもらう
  • 対処法④:得意/できることから志望動機を書く
  • 対処法⑤:OB訪問をして企業理解を深める

 

対処法①:志望動機をシンプルな構造にする

志望動機を難しく考えすぎて書けない場合の対処法の1つ目は、「志望動機をシンプルな構造に整理する」です。

複雑な志望動機は難しい内容がたくさん書かれていて、「結局何が言いたいの?」と読み手をがっかりさせてしまいます。

したがって、志望動機はシンプルで分かりやすい内容に整理しましょう。

志望度が高く評価されるという訳ではありません。

の方が、自己理解が深いと判断され評価されやすいです。

今考えている志望動機が複雑で分かりづらい場合は、第三者に整理してもらうことがおすすめです。

「単純な志望動機は志望度が低いと思われる」と考えて、志望動機を複雑にしてしまう就活生は多いです。
そして難しく考えすぎて、志望動機を書けない状態に陥ります。

「就活の教科書」編集部 西川

 

対処法②:実体験をもとに志望動機を書く

志望動機を難しく考えすぎて書けない人の対処法の2つ目は、「実体験をもとに志望動機を書く」です。

「他人と同じ志望動機は評価されない」と考え、志望動機が書けない就活生も多いです。

しかし大企業や人気な企業を志望すると、選考を受ける就活生が多いため、どんな志望動機でも少しは内容が被ります。

したがって、他人と内容が被ることは気にせず、実体験をもとにした志望動機で勝負しましょう。

他人と似た内容でも、実体験のエピソードを元に志望動機を書けば、印象に残ります。
あなたの実体験は、あなただけの体験なので、オリジナリティを出せます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

対処法③:第三者に志望動機を整理してもらう

志望動機を難しく考えすぎて書けない人の対処法の3つ目は、「第三者に志望動機を整理してもらう」です。

自分で志望動機を整理できておらず、志望動機が書けない就活生もいます。

自分で志望動機を整理できていない就活生とは、以下のようなパターンが当てはまります。

自分で志望動機を整理できていない就活生の特徴
  • 志望動機はたくさん思いつくけど、上手くまとまらない
  • 志望動機は何となく思いつくけど、言葉にならない

これらの特徴に当てはまる学生は、大学のキャリアセンターや内定者の先輩、社会人に相談してみましょう。

第三者に整理してもらうことで、あなたの志望動機は劇的に進化するはずです。

社会人に相談するには、Matcher(マッチャー)という就活アプリがオススメです。
僕も就活期にとても活用した便利なアプリです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

対処法④:得意/できることから志望動機を書く

志望動機を難しく考えすぎて書けない人の対処法の4つ目は、「自分の得意/できることから志望動機を書く」です。

自分のできること・したいことから志望動機が飛躍していて、志望動機をうまく書けない場合もあります。

自分が得意/できることから志望動機を書くことで、説得力のある内容に仕上がります。

まずは自分の得意/できることの言語化から始めましょう。

就活で使える特技や長所に関してはこちらの記事で詳しく説明しています。良かったら参考にしてみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

対処法⑤:OB訪問をして企業理解を深める

志望動機を難しく考えすぎて書けない人の対処法の5つ目は、「OB訪問をして企業理解を深める」です。

そもそも企業のことを全然知らず、志望動機をうまく書けない就活生もいます。

企業理解が甘いと、抽象的な内容の志望動機しか書けません。

まずは、自分がその会社で働いている姿をイメージできるくらいには、企業理解を深めましょう。

企業研究の方法は、OB訪問が最もおすすめです。

企業説明会でも良いですが、OB訪問の方がより臨場感をもって話を聞けるので、自分が働いている姿をイメージしやすいです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

志望動機が書けないのは、もしかしたら行きたい会社ではないのかも

初めに、志望動機を書けない理由を説明します。

「就活の教科書」編集部 西川

志望動機がうまく書けないのは、もしかしたら「行きたい会社ではない」という可能性が大きいです。

志望動機を他人軸で考えていると、企業と自分が納得するような志望動機は書けません。

実際に、以下で他人軸の志望動機の例を紹介しますね。

「他人軸」の志望動機
  • こうやって書けば自分を優秀に見せられるかな
  • これを書けば企業に気に入ってもらえるだろう
  • この会社なら親が満足するだろう
  • あの会社なら友達より年収が高いだろう
  • 大手企業だから

上記の志望動機は、企業と自分が納得できるような志望動機にはならず、志望動機が書けないと悩む原因になりやすいです。

そもそも企業は、自社で活躍できそうな「企業の特徴」と「就活生の強み」が一致している学生を採用します。

そのため、志望動機では「自分の強みと企業の特徴がいかにマッチしてるか」を論理的に述べる必要があります。

志望動機は自己分析に基づいて、自分とマッチする企業を受けるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

エントリーシート「志望動機」の通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの志望動機を書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

志望動機を上手に書くコツってあるんですか?

志望動機を上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして志望動機を書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

志望動機を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機をとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガ志望動機で本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの志望動機を一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に志望動機を添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

志望動機を考えるのが面倒なら、逆求人サイトで企業から直接オファーをもらおう

就活生くん

企業によって毎回内容を変えて志望動機を作るのって正直、面倒です。

企業ごとの志望動機って毎回考え直すのって大変なんだよなー・・・

確かに、志望動機を毎回考え直すのって大変ですよね。

志望動機を考えずに選考を受けるなら、 企業から選考オファーを受け取れる逆求人サイトがおすすめです。

自己PRガクチカを書いておくだけで、企業から選考オファーが来ますので、エントリーで志望動機を書く必要はありません。

就活アドバイザー

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

志望動機を書かずとも選考オファーを受けとれるので、どの逆求人サイトを使うか迷っている就活生の方は、まずはOfferBoxを使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

志望動機を企業ごとに考えるのが大変だと感じる就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

 

まとめ:志望動機が難しくて書けない時は、一度立ち止まってみよう

いかがでしたでしょうか。

この記事では、分かりやすい志望動機の作り方をマスターした西川が、
①志望動機の考え方
②志望動機を考えすぎると難しくなる理由
③志望動機を書けない人の対処法
④志望動機を書くためのフレーム
⑤内定者の志望動機の例文
について説明していきました。

この記事で紹介した内容をおさらいしていきましょう。

この記事紹介したこと

①:志望動機は他人軸で考えてしまうと限界が来る

②:自分軸の志望動機の考え方

  • 自分のしたいこと
  • どの企業で実現できるか探す
  • 企業のどこが適しているのか言語化する

③:志望動機を書けない人の対処法

  • シンプルな構造にする
  • 本音なら他人と被って大丈夫
  • 第三者に整理してもらう
  • 先輩就活生の志望動機を見る
  • 自分の将来像を再確認する
  • 得意/できることから繋げる
  • OB訪問で企業理解を深める
  • 志望動機のフレームを使う

④:志望動機のテンプレート構造

  • 結論
  • できること・したいこと
  • 自分と企業の共通点
皆さんの志望動機を難しく考えすぎて書けないという悩みに少しでも貢献できたでしょうか。

「就活の教科書」では、他にもたくさんの使える記事を更新しています。

ぜひまた読みに来てくださいね。

あなたの就職活動が上手くいくことを心から願っています。

「就活の教科書」編集部 西川