>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【内定者が教える】OpenES「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方 | 例文,注意点も

内定者が教える】OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方 _ 内定者の例文も

こんにちは。「就活の教科書」編集部のすなさんです。
みなさん、OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」を書く際にこんな悩みはありませんか?

「就活の教科書」編集部 すなさん

就活生くん

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方が分かりません。
どうすればいいですか?

就活生ちゃん

そもそも「学生時代に最も打ち込んだこと」がありません…

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部のすなさんがOpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方、書く時の注意点や例文を紹介します。

この記事を読めば、OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」は簡単に書けるようになります。

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」が書けなくて悩んでいる就活生はぜひ最後まで読んでみてください。

 

なぜOpenESで「学生時代に最も打ち込んだこと」を聞かれるのか

就活生くん

企業はなんで「学生時代に最も打ち込んだこと」を知りたいのですか?
確かになぜ企業側が「学生時代に最も打ち込んだこと」を知りたいのか理解しておくと書きやすくなります。
今から説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 すなさん

企業はOpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」から、あなたの人柄や価値観を知ろうとしています。

もっと詳しく言えば、あなたが「なぜそれに最も打ち込んだのか」や「具体的に何をしたのか」を企業は確認しています。

面接では、OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」だけでは分からない部分を深掘りされて聞かれることがほとんどです。
そのため、面接を受ける前にしっかり準備しておく必要があります。

次に、OpenESでの「学生時代に最も打ち込んだこと」の特徴を解説しますね。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の特徴

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」は普通のエントリーシート(ES)とは異なる特徴があります。

「就活の教科書」編集部 すなさん

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の特徴は、「文字数が400字以内であること」「画像つきであること」です。

OpenESにおいて、「学生時代に最も打ち込んだこと」は自己PRと並んで、400字と一番文字数が多いです。

自己PRと同じくらい企業が重要視している項目ということです。

 

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」は以下のような形式になっています。

画像の説明文では、その画像がどんなシーンなのかを40字以内で書くだけで終わりです。

「就活の教科書」編集部 すなさん

OpenESの写真・文字数についてはこの記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

 

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の例文

「就活の教科書」編集部の橋口くんが実際に提出したOpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」を紹介します。
ぜひ「学生時代に最も打ち込んだこと」を書く時の参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

「就活の教科書」編集部 橋口くんの「学生時代に最も打ち込んだこと」

話す力の向上を目標として取り組んだゼミ活動です。
私の緊張しやすい、説得力がないという2つの弱みを克服するために上記の目標を掲げました。
そこで、私は2点の課題を設定しました。
1点目は「発表経験を増やす」です。
そこで、プレゼンの機会が多い現在のゼミを志望しました。
本番だけでなく中間発表も積極的にプレゼンターに立候補し、自らプレゼンの機会を創ることで緊張しやすい性格を克服しました。
2点目は「説得力の強化」 です。
特にディベート大会を通して身につきました。
練習試合後に教授や先輩からアドバイスを頂くことで、私の主張には根拠が欠如していることを学び、毎日12時間大学に残っ て論文や資料を調べました。
また、試合中の議論を録音・確認すると、単調な話し方のせいで主張が伝わっていないと感じたため抑揚をつけた話し方を意識しました。
その結果、 本選では5位に入賞しました。以上2点から弱みを克服し、話す力が向上しました。
この文章から橋口くんは「自分の弱みを克服するのに積極的」であることや「自分で創意工夫ができる」ような人であることが分かりますね。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方

就活生くん

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方が分かりません!
OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」は書き方を知っていれば、とても簡単に書けます。

「就活の教科書」編集部 すなさん

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方は以下の4つです。

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方
  • 書き方①:一番熱量を持って打ち込んだことを1つ決める
  • 書き方②:なぜ最も打ち込んだのかを書く
  • 書き方③:具体的なエピソードを書く
  • 書き方④:今後どう活かすのかを書く

それでは書き方を一つずつ解説していきます。

 

書き方①:一番熱量を持って打ち込んだことを1つ決める

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方1つ目は一番熱量を持って打ち込んだことを1つ決めるです。

多くの人がよく勘違いしていますが、「最も打ち込んだこと」=「最も時間を費やしたこと」ではありません。

「最も打ち込んだこと」=「一番熱量を持って打ち込んだこと」です。

あなたがバイトに最も時間を費やしていたとしても、ただのお金稼ぎならば「最も打ち込んだこと」ではないです。

たとえ、費やした時間が少なかったとしても一番熱中したことがあれば、それに決めましょう。

 

書き方②:なぜ最も打ち込んだのかを書く

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方2つ目はなぜ最も打ち込んだのかを書くです。

最も打ち込んだ理由が一番重要です。

多くの就活生が「打ち込んだ内容の凄さ」を気にしています。

「部活の主将として〇〇した」や「海外留学に行った」とかです。

企業は打ち込んだ内容なんて全く気にしていません。

企業が知りたいのは、最も打ち込んだ「理由」です。

最も打ち込んだ理由から、あなたの価値観や人柄が見えてきます。

 

書き方③:具体的なエピソードを書く

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方3つ目は具体的なエピソードを書くです。

具体的なエピソードを書くことは、あなたがその企業で働いているイメージを人事に与えられます。

企業はあなたがどんな人なのか、どんな集団に所属しているのか全く分かりません。

OpenESを読む人事の頭の中で、あなたの活動や人柄が想像できるくらいの文章を書きましょう。

OpenESでは、400字以内で出来るだけ具体的に書くことを心がけましょう。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

書き方④:今後どう活かすのかを書く

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方4つ目は今後どう活かすのかを書くです。

ただ「学生時代に最も打ち込んだ」エピソードだけを書いて終わってはいけません。

「学生時代に最も打ち込んだこと」を通して培った能力や経験を、その企業に入社した後どう活かすかを書いて締めましょう。

そうすることで、OpenESを読んだ人事はこう思うに違いありません。

人事さん

この学生は自分のことも分かっているし、ウチに入社した後のことまでよく考えているなあ

 

OpenESを読んだ人事にこう思ってもらえれば、選考通過したも同然です。
「学生時代に最も打ち込んだこと」は特に時間をかけてじっくり書きましょう。

「就活の教科書」編集部 すなさん

OpenESの他の項目の書き方は以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

 

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」を書く時の注意点

就活生くん

OpenESで「学生時代に最も打ち込んだこと」を書く時の注意点って何かありますか?

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」を書く時の注意点は以下の2つです。

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」を書く時の注意点
  • 注意点①:「最も打ち込んだ」内容だけを書く
  • 注意点②:ウソを書く

それでは注意点を一つずつ解説していきますね。

 

注意点①:「最も打ち込んだ」内容だけを書く

「学生時代に最も打ち込んだこと」を書く時の注意点1つ目は「最も打ち込んだ」内容だけを書くです。

先ほども書きましたが、OpenESを読む人事が知りたいのは「最も打ち込んだ」理由です。

人事は内容自体はほとんど重要視していません。

最も打ち込んだ内容だけを書いたOpenESを提出すると、人事の目に止まらず落ちる可能性が高いです。
注意しましょう。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

注意点②:ウソを書く

「学生時代に最も打ち込んだこと」を書く時の注意点2つ目はウソを書くです。

「学生時代に最も打ち込んだこと」が思いつかないときに、ウソを書くのは絶対にやめましょう。

仮に、ウソの「学生時代に最も打ち込んだこと」をOpenESに書いて面接に進めたとします。

進んだ面接で面接官にエピソードを深掘りをされれば、ウソの「学生時代に最も打ち込んだこと」だとどうしてもボロが出てしまいます。

この前話した人事の方が、ウソをついてる学生はほとんど分かると言っていました。
ウソをつき通せるほど甘くはないということですね。 

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

「学生時代に力をいれたこと」について詳しく知りたい就活生は、以下の記事を読んでみてください。

 

「学生時代に最も打ち込んだこと」がない人へ

就活生ちゃん

そもそも「学生時代に最も打ち込んだこと」がないんですけど、どうすればいいでしょうか?

最後に、「学生時代に最も打ち込んだこと」がない就活生はどうすればいいかを解説します。

「学生時代に最も打ち込んだこと」がない就活生は次の2つを試してみましょう。

「学生時代に最も打ち込んだこと」がない就活生の対処法
  • 対処法①:自己分析する
  • 対処法②:今からやりたいことをする

 

対処法①:自己分析する

「学生時代に最も打ち込んだこと」がない就活生の対処法1つ目は自己分析するです。

先ほども書きましたが、「最も打ち込んだこと」=「一番熱量を持って打ち込んだこと」です。

学生時代に一番熱中したものは何だったのかを自己分析で見つけましょう。

自己分析をしっかり終えてから、OpenESを書くようにしましょう。

自己分析のやり方が分からない人は下のページを参考にしてくださいね!

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

対処法②:今からやりたいことをする

「学生時代に最も打ち込んだこと」がない就活生の対処法2つ目は今からやりたいことをするです。

自己分析をして「最も打ち込んだこと」が見つからなければ、「楽しそう!」「やってみたい!」と思うことに今から取り組んでみましょう。

やってみるのは1ヶ月でも1週間でも構いませんので、とにかく本気でやってみてください。

そうすれば、きっとOpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」が書けるようになりますよ。

 

最後に、OpenESを簡単におさらい

最後に、OpenESを簡単におさらいしておきますね。

「就活の教科書」編集部 すなさん

OpenESは、普通のエントリーシートと違い、複数の企業に同じエントリーシートを提出できるサービスです。

OpenESはリクナビに登録することで無料でサービスを使えます。

OpenESは一度完成度の高いものを仕上げると、多くの企業で選考通過できる一方で、完成度が低いと全滅の可能性もあります。

 

以下にOpenESのメリット、デメリットをまとめておきますね。

OpenESのメリット、デメリット
  • メリット:OpenESの完成度が高ければ、多くの企業で選考通過できる。
  • デメリット:OpenESの完成度が低ければ、全滅の可能性もある。
OpenESは時間をかけて完成度の高いものに仕上げましょう!

「就活の教科書」編集部 すなさん

OpenESの書き方についてはこの記事で解説しているので、参考にしてみてください。

 

まとめ:誰でも簡単にOpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」は書ける

いかがだったでしょうか。

この記事では、「就活の教科書」編集部のすなさんが、OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方、書く時の注意点や例文を紹介しました。

今回の記事のおさらいをします。

今回の記事のまとめ

OpenESのメリット、デメリット

  • メリット:OpenESの完成度が高ければ、多くの企業で選考通過できる。
  • デメリット:OpenESの完成度が低ければ、全滅の可能性もある。

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」の特徴

  • 文字数が400字である
  • 画像つきである

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」を書く時のポイント

  • 書き方①:一番熱量を持って打ち込んだことを1つ決める
  • 書き方②:なぜ最も打ち込んだのかを書く
  • 書き方③:具体的なエピソードを書く
  • 書き方④:今後どう活かすのかを書く

OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」を書く時の注意点

  • 注意点①:「最も打ち込んだ」内容だけを書く
  • 注意点②:ウソを書く

「学生時代に最も打ち込んだこと」がない人へ

  • 対処法①:自己分析する
  • 対処法②:今からやりたいことをする

この記事で書いたポイントを意識して、OpenESの「学生時代に最も打ち込んだこと」を完成させてくださいね!

OpenESが完成した後の提出方法や印刷方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」では他にもたくさんの記事を掲載しています。
ぜひ他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 すなさん