【例文あり】就活の自己推薦書の正しい書き方 | 書く時のコツも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 100枚以上の「選考通過ES」が見放題! /
内定者のESを見る
(選考通過ES)

選考通過ESとは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中!

みなさん、こんにちは、就活の教科書の京香です。

今回は、自己推薦書の正しい書き方について紹介していきます。

就活生のみなさんは、「そもそも自己推薦書って何?」や「自己推薦書の書き方がわからない」などの悩みがるのではないでしょうか?

就活アドバイザー 京香

就活生くん

ある企業にエントリーした時、自己推薦書の提出を求められたことがあります。

その時は、正直何を書いたら良いのか全然わからずとても困りました。

就活生ちゃん

自己推薦書って、エントリーシートや履歴書とは違うのですか?

自己PRを書けば良いと思ってましたが、違うのでしょうか?

よくわかっていないので教えて欲しいです!

自己推薦書は、企業によっては必要ない場合があるので、自己推薦書を知らない人も多いのではないでしょうか?

今回は、書き方が分からない人も多い自己推薦書について、丁寧に解説して行きます。

ちなみに、「志望企業のESで落ちたくない!」という方は、難関企業内定者のESが無料で見れる「選考通過ES(公式LINEで無料配布)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

この記事では、自己推薦書とは何かを解説し、具体的な書き方や例文を紹介していきます。

魅力的な自己推薦書をマスターして、今後の選考を有利に進めましょう。

ぜひ最後までご覧ください。

 

「エントリーシートを上手く書けない…落ちるかも…」という方は、選考通過ES(公式LINEで無料見放題)を使って、難関企業内定者のESを見るのが一番おすすめです。

ちなみに選考通過ES(公式LINEで無料見放題)以外にも、選考通過ESが71,733枚見放題の「unistyle」、プロからのES添削/面接対策を頼める「スタキャリ×ジョーカツもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】ES通過に役立つおすすめサービス(無料)
\ すでに180,000人以上が利用! /
選考通過ES 内定者のESを見てみる
選考通過ES

*就活の教科書公式LINEで無料配布中! 

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という方は、選考通過ES(公式LINEで無料見放題)」「unistyle(ユニスタイル)同時に使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

内定者のESを無料公開中!

「ESが上手く書けない…」「ES選考で落ちてしまう…」なら、就活の教科書公式LINEから無料で受け取れる選考通過ESがおすすめです。

選考通過ESは、大手企業内定者のESが見放題なので自己PR・ガクチカ・志望動機などでの悩みがなくなります。

また実際に利用した就活生からは、「ESを何社か書いていて、なかなか上手く書けていなかったので、これを知ってうまく書けるようになりました。」などの口コミもいただいています。

人事に評価されるESの書き方もわかり、ESで落ちる確率をかなり減らせるので、ぜひ公式LINEから使ってみてくださいね。

\ すでに140,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
選考通過ES
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-es/)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中!

1 自己推薦書は「自分を企業に売り込むための文章」

就活生くん

そもそも自己推薦書って何なのですか?

エントリーシートなどのとは違うのか、よく分かっていません。

自己推薦書が何かを知らない人は、意外と多くいます。

ここでは、初めに自己推薦書とは何かを解説します。

就活アドバイザー 京香

自己推薦書を一言で表すと、「自分を企業に売り込むための文章」です。

企業は履歴書やES、面接などを通して学生の人間像を探り、採用の判断材料にします。

自己推薦書も同様で、学生についての情報を補強することが目的の資料です。

そのため、「自分は会社に適した人材である」とアピールできる文章を書く必要があります。

しかし、自己推薦書を自己紹介文や自己PRと混同する間違いが多いです。

自己推薦書は企業へ売り込むための文章ですが、自己紹介文は基本的なプロフィールを簡潔に伝えるための文章なので、根本的に異なります。

また、自己推薦書は自己PRよりも詳細な内容を求められるので、入念な自己分析と企業研究が重要です。

自己推薦書 = 自分をアピールして企業に売り込む文章」ということを理解しましょう。

就活アドバイザー 京香

「自己PRの書き方がわからない…」「エントリーシートの書き方は?」など不安な方には、選考通過ESの利用がおすすめです。

実際に選考を通過した就活生のガクチカ、自己PR、志望理由など200枚以上が無料で見放題です。

選考通過ES」は、就活の教科書公式LINEに登録して30秒で受け取れるので、気軽に利用してみてください!

就活アドバイザー 京香

「選考通過ES」なら難関企業のES選考を突破できる力が身に付く
  • 難関企業内定者の自己PRやガクチカ、志望動機などの文章が見れる
  • 評価されるESの書き方がわかるので、選考突破率UP
  • 自分のESを考える時間がない方はESをそのままパクってもOK
\ すでに140,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
選考通過ES
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-es/)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中!

また、ES添削については【誰に頼むのが良い?】エントリーシート添削の無料サービスおすすめ15選 | ES添削の有料サイトもという記事にまとめています。

この記事を読むと選考に通過するES添削をしてもらえます。

就活アドバイザー 京香


2 就活向け自己推薦書の例文

就活生ちゃん

自己推薦書について、何となくわかりました。

では、実際には、どのように書けば良いのでしょうか?

自己推薦書の書き方は、説明するよりも、まずは実際の文章を見てイメージをつけると良いでしょう。

ここでは、就活向けの自己推薦書の具体例として、実際の例文を3つ紹介します。

自己推薦書をどんなふうに書けば良いか、イメージを掴んでみてください。

就活アドバイザー 京香

自己推薦書の例文①

例文

私は人一倍好奇心が旺盛で、幅広く興味・関心が持てる人間です。

大学時代、私はコンピュータサークルに所属していました。

そこではプログラミングにとどまらず、電子工作や3Dモデリングなど、コンピュータを使うものであれば自由に活動が可能でした。

私はこのサークルで、複数人でのゲーム制作や、イラスト制作・展示、WEBデザイン勉強会の開催、プログラミングコンテストへの参加など、様々な活動を経験しました。中でもゲーム制作活動は、自身の発想したアイデアが作品の土台となったので、強く印象に残っています。

学園祭で展示した際には、子供たちが大興奮で私達のゲームを遊んでくれました。

楽しそうに遊ぶ彼らの姿から得られた充足感は、忘れられません。

貴社のエンターテインメント事業は、革新的なユーザー体験の提供を重視している点が特徴です。

私の強い好奇心は、新しい価値の創造が求められる貴社の仕事でこそ、存分に活かせると自負しています。

入社した際には、持ち前の好奇心で世の中に驚きを届けられるような作品作りに携わり、貴社のブランド力発展に貢献したいです。

自己推薦書の例文②

例文

私は人の立場や気持ちを考えて行動することが得意な人間です。

私は、大学時代に焼肉店の接客アルバイトをしていました。

その焼肉店は、3年前にできたばかりの地域密着型のお店で、常連客がなかなか定着しないことが問題でした。

そこで、私は、お客さんが次も来たくなるお店にするために、ポイントカードを作ったり、アンケートで意見を集めるなどをし、お客さんの気持ちを考えた行動に添う接客を心掛けました。

また、お客さんだけでなく、お店で働く人達が良い雰囲気を作ることもお店には大事と思い、同じバイト仲間や店長との関係作りの中心人物として働きかけを行いました。

結果、1年後には、常連客として来てくれるお客さんが増え、お店の売上も1.5倍になりました。

私の気持ちを考えて行動し、人を動かす力は、貴社の営業で活かせると考えています。

社員訪問の際に営業の社員から「営業は話すことよりも、お客様の話しや意見を聞くことが大事」という話を聞き、貴社の営業で大切にしている「お客様の気持ちを汲み取ること」は、まさに私が経験の中で大事にしてきたことです。

将来は、お客様目線での働き方と、持ち前の明るさを活かし、貴社の営業で売上に貢献したいと考えております。

自己推薦書の例文③

例文

私は几帳面な性格です。

大学時代には、部活動の会計を任され、年間数百万単位のお金を運用しておりました。

日常生活では、あまり扱わない金額の運用もあり、少ない額に対して無頓着になりがちですが、厳重することを心がれておりました。

部員とのやり取りで釣銭自分の財布の中身で両替することなどは絶対にせず、周りからも「厳しすぎるのでは?」と指摘されることも多くありました。

しかし、私は責任を持ち几帳面に管理できることこそ貴社のような銀行で働く上で最も大切なことではないかと思っております。

入社後も、貴社の厳粛なイメージに違わぬように、自分を律して邁進したいと考えております。

内定者のESを無料公開中!

「ESが上手く書けない…」「ES選考で落ちてしまう…」なら、就活の教科書公式LINEから無料で受け取れる選考通過ESがおすすめです。

選考通過ESは、大手企業内定者のESが見放題なので自己PR・ガクチカ・志望動機などでの悩みがなくなります。

また実際に利用した就活生からは、「ESを何社か書いていて、なかなか上手く書けていなかったので、これを知ってうまく書けるようになりました。」などの口コミもいただいています。

人事に評価されるESの書き方もわかり、ESで落ちる確率をかなり減らせるので、ぜひ公式LINEから使ってみてくださいね。

\ すでに140,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
選考通過ES
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-es/)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中!

3【書き方を解説!】自己推薦書のおすすめの構成

就活生ちゃん

自己推薦書の書き方のイメージが何となくできました。

実際に書く時のポイントなどがあれば教えて欲しいです。

それでは、次に自己推薦書の書き方を解説して行きます。

実際に自己推薦書が手元にある人は読みながら実践してみても良いと思います。

就活アドバイザー 京香

自己推薦書について理解を深めたところで、次は実際に文章を作成してみましょう。

相手に伝わりやすい自己推薦書にするためには、適切な文章構成で書くことも大切です。

ここでは自己推薦書の文章構成の解説していきます。

構成のポイントを確認し、自分の強みを最大限アピールできるような自己推薦書を作りましょう。

構成①:自分のアピールポイントを最初に書く

構成①は、「自分のアピールポイントを最初に書く」です。

冒頭から結論であるアピールポイントを書くことで、採用担当者の興味を引きましょう。

アピールポイントの言葉は、できるだけ端的に一言にまとめると良いです。

構成②:そのアピールポイントの根拠やエピソードを書く

構成②は、「そのアピールポイントの根拠やエピソードを書く」です。

構成①で書いたアピールポイントを採用担当者が理解できるように、より具体的に説明します。

個人的なエピソードを書くことで、あなただけにしかない魅力として、説得力がアップします。

構成③:企業の特徴と自分の長所が合致する理由を書く

構成③は、「企業の特徴と自分の長所が合致する理由を書く」です。

企業の求める人材とアピールポイントがどう合致するのかを伝えましょう。

企業の求める人材の特徴は、説明会やHPから知った情報でも良いですが、OB訪問などで会った社員の特徴や、企業の事業内容などを踏まえて考えられると、より伝わる内容になります。

構成④:企業にどのように貢献できるのかを書く

構成④の最後は「企業にどのように貢献できるのかを書く」です。

企業の特徴を踏まえたアピールポイントを入社後にどのように活かしたいかを伝えます。

将来のビジョン意気込みを書いて締めくくるのも良いです。

採用担当者に伝わる自己推薦書の構成がわかったのではないでしょうか?

適切な文章構成を心がけて、採用担当者に伝わりやすい自己推薦書を目指しましょう。

就活アドバイザー 京香

     

ESの対策に役立つ記事一覧

「エントリーシートで落とされる…」という就活生は、まず、 自己分析をやり直してみましょう。

自己分析の後の流れについては以下で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

通過率が上がるエントリーシートの書き方

①自己分析をする
自己分析ツール

②企業研究をして企業の強みや求める人物像を知る
企業研究のやり方

③ESに書く内容を決めて書く
ESの書き方
ES頻出質問100選

④添削してもらう
ESを添削してもらう方法

                                             

「自己PRの書き方がわからない…」「エントリーシートの書き方は?」など不安な方には、選考通過ESの利用がおすすめです。

実際に選考を通過した就活生のガクチカ、自己PR、志望理由など200枚以上が無料で見放題です。

選考通過ES」は、就活の教科書公式LINEに登録して30秒で受け取れるので、気軽に利用してみてください!

就活アドバイザー 京香

「選考通過ES」なら難関企業のES選考を突破できる力が身に付く
  • 難関企業内定者の自己PRやガクチカ、志望動機などの文章が見れる
  • 評価されるESの書き方がわかるので、選考突破率UP
  • 自分のESを考える時間がない方はESをそのままパクってもOK
\ すでに140,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
選考通過ES
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-es/)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中!

また、ES添削については【誰に頼むのが良い?】エントリーシート添削の無料サービスおすすめ15選 | ES添削の有料サイトもという記事にまとめています。

この記事を読むと選考に通過するES添削をしてもらえます。

就活アドバイザー 京香


4 自己推薦書を書く前にやっておくべき準備

就活生くん

実際に書く構成のポイントはわかりましたが、そもそも書く内容が分かりません。

内容はどのように考えたらよいのでしょうか?

分かりました。

それでは、自己推薦書の内容の考え方について、もう少し解説します。

就活アドバイザー 京香

自己推薦書を書こうとしても、下記のようなことが分からない就活生も多いのではないでしょうか。

  • 自分が何に優れているのか
  • 何をアピールすればいいのか

そのような人は、以下のことに取り組んでみましょう。

  1. 自己分析・他己分析」で自分の長所をリストアップする
  2. 企業研究」で企業の求める人物像を把握する
  3. 求める人物像にマッチする長所を1つ選ぶ
  4. 選んだ長所の具体的なエピソードを書き出す

事前に上記の作業を行い、自分自身のことや志望先の企業について理解を深めておきましょう。

それぞれの項目について詳しく解説していきます。

4.1 「自己分析・他己分析」で自分の長所をリストアップする

自分の長所を見つける上で、自己分析を行うことは必須です。

これまでの人生で「夢中になったこと」「得意なこと」を思い出し、長所を考えてみましょう。

得意だと以外にも、人から感謝されたり、褒められた経験があれば、それも書き出しておくといいでしょう。

見つけた長所をリストアップしておくことで、その中から企業へアピールするための長所を選べるようになります。

また、客観的な視点を取り入れるためにも、自己分析と合わせて他己分析を行うのがおすすめです。

家族友人などに分析してもらうことで、自分では当たり前だと思っていた意外な長所を発見できるかもしれません。

もし発見できなかった場合でも、客観的な意見は根拠として有効なので、積極的に依頼してみましょう。

4.2 「企業研究」で企業の求める人物像を把握する

企業研究に取り組んで、企業の求める人物像スキルを知りましょう。

企業が欲しがっている人物像を把握していれば、より効果的に自分を売り込めるようになります。

公式ホームページや説明会、OB・OG訪問を活用して、経営理念や事業内容などの情報を積極的に集めましょう。

4.3 求める人物像にマッチする長所を1つ選ぶ

自己分析で見つけた自分の長所から、企業が求める人物像にマッチする長所を1つ選びましょう。

注意点は、アピールポイントを1つに絞ることです。

アピールポイントを複数選んでしまうと、ポイントが分散され、自分の主張が弱くなってしまいます。

志望企業が求める人物像や社風に最も合致している長所だけを伝えましょう。

4.4 選んだ長所の具体的なエピソードを書き出す

自己推薦書でアピールする長所を選んだら、根拠となる具体的なエピソードを書き出しましょう。

実際に強みを活かしたエピソードを伝えることで、説得力を持たせることができます。

誰が読んでも、その時の状況やあなたのことがイメージできるように、具体的な内容を書くことが大切です。

内定者のESを無料公開中!

「ESが上手く書けない…」「ES選考で落ちてしまう…」なら、就活の教科書公式LINEから無料で受け取れる選考通過ESがおすすめです。

選考通過ESは、大手企業内定者のESが見放題なので自己PR・ガクチカ・志望動機などでの悩みがなくなります。

また実際に利用した就活生からは、「ESを何社か書いていて、なかなか上手く書けていなかったので、これを知ってうまく書けるようになりました。」などの口コミもいただいています。

人事に評価されるESの書き方もわかり、ESで落ちる確率をかなり減らせるので、ぜひ公式LINEから使ってみてくださいね。

\ すでに140,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
選考通過ES
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-es/)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中!

【落ちない】ES/面接で受かるためのコツ3選

就活生ちゃん

私はエントリーシートや面接が苦手です…
選考に通過しやすくなるコツがあれば教えてください。

エントリーシートや面接では何をどのように伝えれば良いか難しいですよね。
エントリーシートや面接で落ちないためのコツを以下で紹介するのでぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

ES/面接で受かるためのコツ
  • コツ①:選考通過ESを参考にする
  • コツ②:他の就活生と差別化する
  • コツ③:PREP法を意識する

コツ①:内定者のESを参考にする

ES/面接で受かるためのコツ1つ目は、「内定者のESを参考にする」です。

内定者のESを見ることで、どのような内容や経験をアピールすればいいのかが分かるようになります。

そこで選考通過ESがおすすめです。

選考通過ESのおすすめポイント
  • 選考通過ES」なら有名企業や大手企業内定者のESが無料で見放題
  •  内定者のガクチカ、自己PR、志望動機を参考にすることでESや面接での伝え方が分かる
  • 選考通過ESを見れば、ES通過のための対策法が分かり、ESで落ちなくなる
\ すでに164,973人以上が利用中 /
 無料で選考通過ESを見てみる
*公式LINEに参加後、30秒で無料受取できます

「面接に絶対受かりたい」「ESをどのように書けばいいか分からない」という就活生には、選考通過ESを参考にするのがおすすめです。
あなたが志望する企業の内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことで、ES/面接通過率が上がるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

 

コツ②:他の就活生と差別化をする

ES/面接で受かるたのコツ2つ目は、「他の就活生と差別化する」です。

人事の方は1日に何人もの就活生を評価しています。

そのため、他の就活生と差別化しなければ、落ちてしまいます。

就活生ちゃん

でも、どのように差別化すればいいのでしょうか?

差別化するためには、具体性が大切です。

就活アドバイザー 京香

ガクチカや自己PR、志望動機の内容が似てしまうことは仕方のないことですが、同じ経験であっても、「どうしてその活動をしようと思ったのか」「その経験からどのようなことを学んだのか」「なぜそのような考えに至ったのか」という内容は他の就活生と全く同じにはならないと思います。

その部分を具体的に書いたり、伝えたりすることで、他の就活生と差別化でき、あなたの人となりや大切にしている価値観を人事の方に理解してもらえます

 

コツ③:PREP法を意識する

ES/面接で受かるためコツ3つ目は、「PREP法を意識する」です。

人事は、「相手にわかりやすく伝えようとしているか」を見ています。

わかりやすく書くためにはPREP法がおすすめです。

PREP法とは、結論・理由・具体例・結論の順番に伝える方法で、わかりやすく簡潔に伝えられます。

ESや面接で伝える場合であれば以下のようになります。

PREP法
  • 結論:設問に対する回答
  • 理由:その結論に至った理由
  • 具体例:その結論が生まれた背景(過去の経験)

PREP法は、ガクチカ、自己PR、志望動機のいずれの場合でも使えます。
論理的に伝えられるので、人事から高く評価され、ESや面接で落ちにくくなりますよ。

就活アドバイザー 京香

 

「自己PRの書き方がわからない…」「エントリーシートの書き方は?」など不安な方には、選考通過ESの利用がおすすめです。

実際に選考を通過した就活生のガクチカ、自己PR、志望理由など200枚以上が無料で見放題です。

選考通過ES」は、就活の教科書公式LINEに登録して30秒で受け取れるので、気軽に利用してみてください!

就活アドバイザー 京香

「選考通過ES」なら難関企業のES選考を突破できる力が身に付く
  • 難関企業内定者の自己PRやガクチカ、志望動機などの文章が見れる
  • 評価されるESの書き方がわかるので、選考突破率UP
  • 自分のESを考える時間がない方はESをそのままパクってもOK
\ すでに140,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
選考通過ES
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-es/)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中!

また、ES添削については【誰に頼むのが良い?】エントリーシート添削の無料サービスおすすめ15選 | ES添削の有料サイトもという記事にまとめています。

この記事を読むと選考に通過するES添削をしてもらえます。

就活アドバイザー 京香


5 魅力的な自己推薦書を書くコツ

就活生ちゃん

書くべき内容は何となくリストアップできましたが、あまり魅力的は文章になりません。

何か良い方法はありませんか?

分かりました。

それでは、自己推薦書を魅力的に書く方法を紹介します。

就活アドバイザー 京香

魅力的な自己推薦書を作成するために、書き方のポイントを押さえる必要があります。

どれも重要ですので、しっかり確認しておきましょう。

魅力的な自己推薦書のポイント
  • 話に一貫性をもたせる
  • その企業で頑張れる根拠を示す
  • 入社後の自分がどう貢献するかを伝える
  • 話を盛りすぎるのはNG
  • 固有名詞や数字で具体性を高める

以上のポイントについて順番に解説して行きます。

5.1 話に一貫性をもたせる

1点目は、話に一貫性を持たせることです。

自己推薦書の内容全体を通して、一貫性のある主張ができることは非常に重要です。

話し始めの主張と最後の主張が一致していないと、何を伝えたいのかわからなくなってしまいます。

自己推薦書は文章量が多いので、途中から主張が変わってしまわないように注意しましょう。

事前に文章構成を考えた上で書き始めるのがおすすめです。

5.2 その企業で頑張れる根拠を示す

2点目はその企業で頑張れる根拠を示すことです。

  • 自分がなぜその企業に合っているのか
  • なぜその企業でなければならないのか

自分が適任であることをこういった視点で担当者が納得できるようにアピールしましょう。

企業研究を通して明らかになった企業の特徴自分の長所を結びつけて、自分が頑張れる根拠を書きます。

自己PR以上に企業への志望度を示すチャンスなので、具体的なエピソードと共にはっきりと長所を伝えましょう。

5.3 入社後の自分がどう貢献するかを伝える

3点目は、入社後にどう貢献できるかを伝えることです。

どんなに魅力的なスキルや長所を持っていても、企業でどのように活かせるかが書かれていないと、採用担当者の心を動かすことはできません。

企業側は、あなたが入社することで、会社の利益にどう貢献してくれるのか知りたいのです。

入社後に自分の長所がどんな場面で活かせるのか、イメージできるように伝えましょう。

5.4 話を盛りすぎるのはNG

4点目は、話を盛りすぎるのはNGということです。

企業に良く思われたい一心で長所やエピソードを盛りすぎるのは厳禁です。

自分の経験やスキルを誇張させると、嘘に変わる可能性があります。

仮に書類選考を通過できたとしても、面接で深堀りされた際に嘘を見抜かれてしまうでしょう。

ビジネスの世界では信用が大前提となります。

信用を失ってしまうと採用から大きく遠のいてしまいます。

誇大表現になっていないかよく注意しましょう。

5.5 固有名詞や数字で具体性を高める

5点目は、固有名詞や数字で具体性を高めることです。

自己推薦書は、固有名詞や数字などの表現で文章の情報量を増やし、より具体的にイメージしやすくすることがポイントです。

例えば、「大幅に」「たくさんの」よりも「◯%改善」「◯◯コンテスト入賞」といった固有名詞を使った表現を使うと、エピソードの現実味が増します。

明記できるものがあれば積極的に書くようにしましょう。

内定者のESを無料公開中!

「ESが上手く書けない…」「ES選考で落ちてしまう…」なら、就活の教科書公式LINEから無料で受け取れる選考通過ESがおすすめです。

選考通過ESは、大手企業内定者のESが見放題なので自己PR・ガクチカ・志望動機などでの悩みがなくなります。

また実際に利用した就活生からは、「ESを何社か書いていて、なかなか上手く書けていなかったので、これを知ってうまく書けるようになりました。」などの口コミもいただいています。

人事に評価されるESの書き方もわかり、ESで落ちる確率をかなり減らせるので、ぜひ公式LINEから使ってみてくださいね。

\ すでに140,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
選考通過ES
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-es/)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中!

6 企業が自己推薦書の提出を求める目的

就活生くん

自己推薦書の書き方について、結構分かって来ました。

でも、今更なのですが、そもそも何故、企業は自己推薦書の提出を求めるのですか?

自己推薦書を求める理由を知っていれば、よりどんな内容の文章を書いた方が良いのかを理解できますよね。

それでは、自己推薦書が必要な理由を紹介します。

就活アドバイザー 京香

なぜ企業は自己推薦書で学生のことを知りたがるのでしょうか。

提出求める企業には、次のような狙いがあります。

自己推薦書の提出を求める理由
  • 志望度の高さを知るため
  • 会社に有益な人材かを判断するため

それぞれの目的について詳しく解説します。

6.1 志望度の高さを知るため

1点目は、志望度の高さを知るためです。

自己分析を十分にできている学生であるほど就活の軸が定まっているので、将来のビジョンや目的がハッキリしています。

確かな基準を持って企業を選んでいることが理解できるので、志望度が高いというアピールにも信憑性があると判断できるわけです。

6.2 会社に有益な人材かを判断するため

2点目は、会社の有益な人材かを判断するためです。

企業は自己推薦書のアピールを通して、志望者が会社にどんなメリットをもたらすかを判断したいと考えています。

勤務内容に関係するスキルを有しているかなど、会社の戦力になる人材かを知りたいものです。

自己推薦書を書く際は、やりたいことや希望よりも、

  • 自分が入社したら何が出来るか
  • 何に貢献できるか

このようなことを積極的にアピールすることが重要になります。

「自己PRの書き方がわからない…」「エントリーシートの書き方は?」など不安な方には、選考通過ESの利用がおすすめです。

実際に選考を通過した就活生のガクチカ、自己PR、志望理由など200枚以上が無料で見放題です。

選考通過ES」は、就活の教科書公式LINEに登録して30秒で受け取れるので、気軽に利用してみてください!

就活アドバイザー 京香

「選考通過ES」なら難関企業のES選考を突破できる力が身に付く
  • 難関企業内定者の自己PRやガクチカ、志望動機などの文章が見れる
  • 評価されるESの書き方がわかるので、選考突破率UP
  • 自分のESを考える時間がない方はESをそのままパクってもOK
\ すでに140,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
選考通過ES
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-es/)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中!

また、ES添削については【誰に頼むのが良い?】エントリーシート添削の無料サービスおすすめ15選 | ES添削の有料サイトもという記事にまとめています。

この記事を読むと選考に通過するES添削をしてもらえます。

就活アドバイザー 京香


7 自己推薦書を上手く活用して書類選考を突破しよう

就活生ちゃん

自己推薦書とは何かが分かって、書き方の構成や魅力的に見せるポインなどがしっかり理解できました。

これで、自己推薦書がバッチリ書けそうです。

今回紹介した方法を参考にして、ぜひ選考に通過する自己推薦書を書いてみてください!

最後の今回解説や説明をしたことをまとめで終わりにします。

就活アドバイザー 京香

自己推薦書は企業に自分を売り込むための文章であり、選考の判断材料として重要な資料です。

自己分析企業研究を十分に行い、企業が求める人物像と自分の長所がいかにマッチするかを上手くアピールしましょう。

長所を伝えるときはその根拠となるエピソードを具体的に書くことが大切です。

紹介した文章構成例文を参考にしながら、自己推薦書を完成させましょう。

もし自信がないときは、就活に詳しい人から意見をもらうのがおすすめです。魅力あふれる自己推薦書を作成し、書類選考の突破を目指しましょう。

この記事のまとめ

◆ 1 自己推薦書は「自分を企業に売り込むための文章」

◆2 就活向け自己推薦書の例文

  • 自己推薦書の例文①
  • 自己推薦書の例文②
  • 自己推薦書の例文③

◆3【書き方を解説!】自己推薦書のおすすめの構成

  • 構成①:自分のアピールポイントを最初に書く
  • 構成②:そのアピールポイントの根拠やエピソードを書く
  • 構成③:企業の特徴と自分の長所が合致する理由を書く
  • 構成④:企業にどのように貢献できるのかを書く

◆4 自己推薦書を書く前にやっておくべき準備

  • 4.1 「自己分析・他己分析」で自分の長所をリストアップする
  • 4.2 「企業研究」で企業の求める人物像を把握する
  • 4.3 求める人物像にマッチする長所を1つ選ぶ
  • 4.4 選んだ長所の具体的なエピソードを書き出す

◆5 魅力的な自己推薦書を書くコツ

  • 5.1 話に一貫性をもたせる
  • 5.2 その企業で頑張れる根拠を示す
  • 5.3 入社後の自分がどう貢献するかを伝える
  • 5.4 話を盛りすぎるのはNG
  • 5.5 固有名詞や数字で具体性を高める

◆6 企業が自己推薦書の提出を求める目的

  • 6.1 志望度の高さを知るため
  • 6.2 会社に有益な人材かを判断するため

◆7 自己推薦書を上手く活用して書類選考を突破しよう