【世界を飛び回りたい】海外に行ける仕事おすすめ19選一覧 | 業界/職種別に解説

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ すでに180,000人以上が利用中! / あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の吉田です。

この記事では、「海外に行ける仕事」について徹底解説していきます。

就活生の皆さんの中には、「海外に行ける仕事の特徴は何?」や、「海外で活躍できる仕事は何?」など、様々な疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 吉田

就活生くん

僕は将来、海外で働きたいと考えています。

海外で働くことができる仕事の特徴を知りたいです。

就活生ちゃん

私も将来、海外で働きたいと考えています。

海外で働くことができる仕事は何か知りたいです。

たしかに、海外でに行ける仕事は何か気になりますよね。

海外に行ける仕事の特徴や業種も気になると思います!

ぶっちゃけ結論を伝えると「自分が活き活きと働ける仕事を教えて欲しい!」という方はLINE適職診断を使うのがおすすめです。

12問の質問で簡単にあなたの強みを活かせる仕事が分かりますよ。

「就活の教科書」編集部 吉田

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

なので、この記事では、「海外に行ける仕事」について徹底解説していきます。

併せて、「海外に行ける仕事の特徴は何?」や、「海外で活躍できる仕事は何?」についても紹介していきます。

海外に行ける仕事の特徴が気になる就活生」や、「海外で活躍できる仕事を知りたい就活生」は、ぜひこの記事を最後まで読んで自分の就職活動に活かしてください。

この記事を最後まで読めば、海外に行ける仕事について理解が深まります。

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断、人気No.1の「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! / あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【世界で活躍】海外に行ける仕事の特徴3つ

海外に行ける仕事の特徴

就活生くん

海外に行ける仕事の特徴が知りたいです。

それでは海外に行ける仕事の特徴を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

海外に行ける仕事の特徴
  • 特徴①:海外に拠点を置く日系グローバル企業
  • 特徴②:外資系企業
  • 特徴③:海外に工場や支社を持つ企業

 

特徴①:海外に拠点を置く日系グローバル企業

海外に行ける仕事の特徴1つ目は「海外に拠点を置く日系グローバル企業」です。

日本の企業は海外への展開を行う際に、現地に拠点を設けることがあります。

海外に拠点があると、異動する可能性があります。

企業のホームページに拠点が載っていることがほとんどなので調べてみましょう。

 

特徴②:外資系企業

海外に行ける仕事の特徴2つ目は「外資系企業」です。

外資系企業は本社が海外にあり、日本以外にも支社がある場合が多いです。

そのため、外資系企業も海外へ行ける仕事の特徴と言えるでしょう。

海外に支社があっても、海外へ行く機会がない会社もあるので、ホームページや説明会などで確認しましょう。

 

特徴③:海外に工場や支社を持つ企業

海外に行ける仕事の特徴3つ目は「海外に工場や支社を持つ企業」です。

海外に工場や支社があるとそこに出張に行く機会もあるでしょう。

しかし、出張などは少ない人数でしか行きません

出張など行く際に、立候補できるかを確認しておくべきでしょう。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【世界を飛び回れ!業界編】海外に行ける可能性がある仕事9選

 

海外に行ける業界

海外に行ける仕事の特徴がわかりました。

海外に行ける可能性がある仕事を教えてください。

就活アドバイザー 京香

それでは、海外に行ける可能性がある仕事を具体的に見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

海外に行くことができる可能性がある仕事
  • 業界①:総合商社
  • 業界②:海運
  • 業界③:大手メーカー
  • 業界④:航空会社
  • 業界⑤:エネルギー業界(電気・ガス)
  • 業界⑥:投資銀行
  • 業界⑦:国際機関
  • 業界⑧:中小企業
  • 業界⑨:建設(ゼネコン)
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

 

業界①:総合商社

海外に行くことができる可能性がある仕事1つ目は「総合商社」です。

総合商社は、会社のネットワークやノウハウを活用して、様々な商材を世界中に売ります。

さらに、新たに売れるものを作り上げるビジネスも行っています。

そのため、世界中に拠点があり、海外出張や滞在の機会が多いです。

最近では、全社員を若いうちに海外を経験させる制度もあるようです。

 

業界②:海運

海外に行くことができる可能性がある仕事2つ目は「海運」です。

日本は貿易大国であり、海運は欠かせない仕事です。

海運も世界中に拠点があります。

海運には、船の運航を管理する事務職と、実際に乗船する海上職があります。

特に海上職では実際に海外へ行くため、海外行ける仕事と言えるでしょう。

海運業界は総合商社に比べて、大きな都市に駐在しやすいというメリットがあります。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

業界③:大手メーカー

海外に行くことができる可能性がある仕事3つ目は「大手メーカー」です。

日本のメーカーの製品は世界的に有名です。

例えば、自動車や家電製品などが挙げられます。

世界的にブランド力を持っている大手メーカーは海外事業にも力を入れています

そのため、海外営業や、海外支店の管理など、様々な業務でグローバルに働くことが出来ます。

 

業界④:航空会社

海外に行くことができる可能性がある仕事4つ目は「航空会社」です。

航空会社にはパイロットやキャビンアテンダントが属しています。

パイロットは飛行機を操縦する仕事のため、海外によく行きます。

また、飛行機に搭乗するキャビンアテンダントも海外に行く仕事です。

航空会社の中には、空港内でのスタッフや整備士もいます。

それらの仕事だと海外に行く機会は少ないかもしれません。

 

業界⑤:エネルギー業界(電気・ガス)

海外に行くことができる可能性がある仕事5つ目は「エネルギー業界(電気・ガス)」です。

その中でも、インフラ整備や工程管理、現場指導が海外に行けるとされています。

エネルギー業界に携わる仕事は、発展途上国でニーズが高いとされています。

このことから、海外へ出張・出向する機会があるでしょう。

海外へ行く際は、技術力が必要なため、業務未経験者は海外行くことが難しいです。

また、発展途上国へ行くときは、生活に不便さを感じ苦労する可能性があることも覚えておきましょう。

 

業界⑥:投資銀行

海外に行くことができる可能性がある仕事6つ目は「投資銀行」です。

投資銀行は、「銀行業務」ではなく「証券業務」の一種です。

大口の個人や法人向けに有価証券を取り扱う仕事です。

投資銀行には海外支社があることがほとんどです。

優秀な社員は海外支社に転勤することもあるようです。

給料も良い分、忙しい仕事ですがガンガン働きたい方にはおすすめです。

 

業界⑦:国際機関

海外に行くことができる可能性がある仕事7つ目は「国際機関」です。

国際機関とは複数の国にまたがって存在し、国際的に活動を行う組織です。

国際連合などが当てはまります。

国際的な問題を解決するために会議などを行うことが多いです。

そのため、世界中にある国際機関の施設に行くことがあります。

国際的な議題を会議・討論するため、高い語学力が求められます。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

業界⑧:中小企業

海外に行くことができる可能性がある仕事8つ目は「中小企業」です。

中小企業では海外をターゲットに絞った企業もあります。

会社の規模的に、ほとんどの社員が海外へ向かうため出張が多いようです。

このような会社では入社時点である程度、語学力が求められます

海外勤務が多い中小企業に就職したい方は、早めに準備をしましょう。

 

業界⑨:建設(ゼネコン)

海外に行くことができる可能性がある仕事9つ目は「建設(ゼネコン)」です。

ゼネコンとは、元請負者として発注者から土木・建築工事を直接請負い工事全体のとりまとめを行う建設業者です。

エネルギー業界同様に発展途上国でニーズが高いとされています。

日本の技術力は高いため、海外で建築することが求められています。

現地での工程管理や現場指揮が主な仕事になります。

技術力を持ってから海外へ行くため、就職してからある程度期間が必要です。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【世界を飛び回れ!職種編】海外に行ける可能性がある仕事5選

海外に行ける可能性がある仕事

就活生くん

海外に行ける可能性がある職種を知りたいです。

それでは、海外に行ける可能性がある職種を詳しく見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

海外に行ける可能性がある職種
  • 職種①:営業
  • 職種②:生産管理
  • 職種③:ITエンジニア
  • 職種④:品質管理
  • 職種⑤:コールセンター
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

 

職種①:営業

海外に行ける可能性がある職種1つ目は「営業」です。

総合職の営業は、海外に行けることがあります

理由は、日本が貿易大国だからです。

海外の顧客を相手にセールスを行うのは営業の仕事です。

特に輸出業を行う企業の営業は、海外に行きやすいと言えるでしょう。

 

職種②:生産管理

海外に行ける可能性がある職種2つ目は「生産管理」です。

生産計画を立て、それに応じた製造・品質・販売・出荷などを管理します。

日本企業が海外に工場を持っていることは多いです。

そのため、その工場で生産管理や現場指揮を行う人が必要です。

実務経験や語学力が必要な仕事となっています。

また、「この職業の他に自分が向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

職種③:ITエンジニア

海外に行ける可能性がある職種3つ目は「ITエンジニア」です。

ITエンジニアは、コンピューターや通信に関する業務を行なうエンジニアです。

プログラマー・システムエンジニア・Webエンジニア・ネットワークエンジニア・Webデザイナーなど、求められる技術は多岐にわたります。

ITエンジニアは世界中で需要が高いです。

自分の得意分野で仕事を見つけることもできるでしょう。

ITエンジニアは海外では「専門職」「エキスパート」という認識が高く、日本より待遇が良い場合があります。

自分の能力に自信があれば、海外で働くことも視野に入れてみて下さい。

 

職種④:品質管理

海外に行ける可能性がある職種4つ目は「品質管理」です。

品質管理は、工場内や在庫の品質を管理する仕事です。

生産管理と同様に、日本の企業が持っている海外の工場へ行く機会があります。

現地の工場では、最低限コミュニケーションを取る必要があるので、語学力が必要になります。

 

職種⑤:コールセンター

海外に行ける可能性がある職種5つ目は「コールセンター」です。

コールセンターは、顧客への電話対応業務を専門に行う仕事です。

人件費の削減を目的として、海外移転が増えています

日本企業は時差の影響を考慮しアジア圏の台湾・中国・ベトナム・バンコク・マレーシアなどに多くのコールセンターを設置しています。

コールセンター業務はそれらのアジア圏に行くことが可能です。

日本人対応のコールセンターであれば、他の言語力を求められることもありません

特別な資格やスキルも必要とされないため、未経験者にとっても敷居が低いといえるでしょう。

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【おすすめ】海外で活躍できる仕事/職業5選

就活生ちゃん

海外で活躍できる仕事を教えてください。

それでは、海外で活躍できる仕事を詳しく見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

海外で活躍できる仕事/職業
  • 仕事①:駐在員
  • 仕事②:寿司職人
  • 仕事③:日本語教師
  • 仕事④:通訳家・翻訳家
  • 仕事⑤:個人輸入・輸出

 

仕事①:駐在員

海外で活躍できる仕事1つ目は「駐在員」です。

駐在員とは海外で働くことになったサラリーマンのことで、日本企業に属するため、現地での現地採用とは異なります。

駐在員には特別な手当てや福利厚生がつくとされています。

さらに、税金や医療費なども会社が支払うこともあるので、より手取りが多くなります。

駐在員には語学力・コミュニケーション力・専門性が求められ、企業によっては狭き門とされています。

 

仕事②:寿司職人

海外で活躍できる仕事2つ目は「寿司職人」です。

海外の日本食ブームを最初に盛り上げたのが寿司です。

現在も、海外の日本食レストランは増加しています。

その中でも、海外の人に人気なのが寿司です。

海外では寿司職人の需要が高まり続けています

そのため寿司職人海外で活躍できる仕事と言えます。

 

仕事③:日本語教師

海外で活躍できる仕事3つ目は「日本語教師」です。

日本語教師は日本語を学びたい海外の方に日本語を教える仕事です。

日本語教師は通常の教師とは異なり、教員免許の取得は不要です。

中国・韓国・東南アジアなどの周辺諸国から、日本に働きに来る人も多いです。

そこで、日本語力が必要になり、自国で学びたい人がいます。

その方達へ向けた日本語教師として海外へ行くことができます。

 

仕事④:通訳家・翻訳家

海外で活躍できる仕事4つ目は「通訳家・翻訳家」です。

通訳家や翻訳家は、日本語を外国語に、外国語を日本語に翻訳する仕事です。

外国語が扱えるスキルを使用して、海外で活躍できる仕事です。

日本企業では、外国語を苦手とする人もいるため、翻訳家などの需要があります

最近では、フリーランスの通訳家・翻訳家として海外で活躍する人もいます。

 

仕事⑤:個人輸入・輸出

海外で活躍できる仕事5つ目は「個人輸入・輸出」です。

個人輸入・輸出は、個人で商品を仕入れ、国内外で販売を行う仕事です。

輸入先や輸出先を自分で探す際に、海外へ行くことが多いです。

また、個人で運営するため、商談なども自分で行います。

その際に、海外へ行くことが多いでしょう。

語学力に加え、商品を取り扱う力も必要なため、難易度が高く海外で活躍できる仕事と言えるでしょう。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

世界を飛び回って海外で働くための方法

海外で働くためにするべきこと

就活生くん

海外で活躍できる仕事がわかりました。

海外で働くための方法を教えてください。

それでは、海外で働くための方法を詳しく見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

海外で働くための方法
  • 方法①:英会話能力を身につける
  • 方法②:海外の大学を卒業する
  • 方法③:海外の企業のインターンシップに参加する
  • 方法④:海外転勤の可能性が高い企業に就職/転職する
  • 方法⑤:海外事業に力を入れている企に就職/転職する

 

方法①:英会話能力を身につける

海外で働くための方法1つ目は「英会話能力を身につける」です。

どこで働く場合でもコミュニケーションを取ることは必須です。

海外で働く場合は英会話能力を身につけなければなりません。

一般的にビジネスで使う英会話能力は、TOEIC700店程度と言われています。

ただし通訳や翻訳の仕事では、TOEICは900点以上で、ビジネス用語政治経済などの専門用語にも長けたレベルが必要です。

海外で働きたい方は英会話能力を身につけましょう。

 

方法②:海外の大学を卒業する

海外で働くための方法2つ目は「海外の大学を卒業する」です。

海外の大学を卒業した場合、現地で就職活動できる場合があります。

海外の大学を卒業することで、語学力も一定あると認識されます。

ただし、大学の卒業だけではなく、言語力の証明を別の試験で提出する場合もあります。

さらに、日本の就職活動とは異なることも多いので、早めに調べておくことが大切です。

 

方法③:海外の企業のインターンシップに参加する

海外で働くための方法3つ目は「海外の企業のインターンシップに参加する」です。

海外の企業のインターンシップに参加すると、そのまま正社員として契約してくれる場合もあります。

インターンシップでは現地の学生が参加していることも多いです。

そのため、正社員といて契約を得ることは非常に難しいです。

正社員契約が得れない場合でも海外インターンシップの経験は役に立つので、あまり落ち込まないようにしましょう。

 

方法④:海外転勤の可能性が高い企業に就職/転職する

海外で働くための方法4つ目は「海外転勤の可能性が高い企業に就職/転職する」です。

海外で勤務するためには、海外へ行く制度がある会社に勤務しなければなりません。

そのため、現在の会社に海外へ行く制度がない場合は、転職する必要があります。

就職活動では、海外へ行く制度がある会社に就職するようにしましょう。

制度がある会社に勤務するだけではなく、英語力や技術が必要になります。

就職や転職がうまくいけば、海外に行けるわけではないことを覚えておきましょう。

 

方法⑤:海外事業に力を入れている企に就職/転職する

海外で働くための方法5つ目は「海外事業に力を入れている企に就職/転職する」です。

海外事業に力を入れている場合、施設の設立などで海外へ行けることがあります。

しかし、海外事業に力を入れているすべての企業が、海外に行けるわけではありません。

現地のスタッフがすでにいる場合もあります。

就職・転職前に、海外へ行く機会があるのか聞いておくべきでしょう。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

海外に行く仕事に関するよくある質問3選

就活生くん

海外に行く仕事についてわかりました。

その他、海外に行く仕事について、何か知っておくべきことはありますか?

それでは、海外に行く仕事についてよくある質問を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

よくある質問
  • 質問①:海外転勤の仕事内容は?
  • 質問②:海外赴任に選ばれやすい人の特徴は?
  • 質問③:海外転勤は平均何年間行く必要があるの?

 

質問①:海外転勤の仕事内容は?

よくある質問1つ目は「海外転勤の仕事内容は?」です。

海外転勤の仕事内容は業界や企業によって様々です。

例えば、現地で販路拡大・販売促進を目指す営業職現地の生産管理・現場指示現地スタッフの管理を行う管理系などがあります。

日本の会社の海外支店に転勤すると、本社の意向を現地の従業員に伝達する役割が多いようです。

そのため、一般的に日本で働くときよりも責任のある仕事を任せられることが多く、仕事の幅も広く裁量権も大きくなる場合があります。

 

質問②:海外赴任に選ばれやすい人の特徴は?

よくある質問2つ目は「海外赴任に選ばれやすい人の特徴は?」です。

海外赴任に選ばれやすい人の特徴を以下にまとめます。

海外赴任に選ばれやすい人の特徴
  • 英語に対してあまり抵抗がない
  • 日本の業務において結果を残している
  • 環境への適応能力がある
  • クリエイティビティがある

言語を習得しているだけではなく、日本で結果を残してる人が海外赴任に選ばれやすいです。

さらにストレス耐性など、現地で対応できるメンタルの持ち主かもチェックされます。

 

質問③:海外転勤は平均何年間行く必要があるの?

よくある質問3つ目は「海外転勤は平均何年間行く必要があるの?」です。

6年以上行く海外転勤はほとんどありません

海外転勤の期間は3~5年間が一番多く、76%を占めています。

任期を満たした後は日本に帰国することが多いようです。

参照:独立行政法人 労働政策研究・研修機構

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:世界を飛び回って海外で活躍しよう

今回は、海外に行ける仕事ついて紹介しました。

合わせて、「海外に行ける仕事の特徴は何?」や、「海外で活躍できる仕事は何?」についても詳しく解説しました。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事のまとめ

◆【世界で活躍】海外に行ける仕事の特徴3つ

  • 特徴①:海外に拠点を置く日系グローバル企業
  • 特徴②:外資系企業
  • 特徴③:海外に工場や支社を持つ企業

◆【世界を飛び回れ!業界編】海外に行ける可能性がある仕事9選

  • 業界①:総合商社
  • 業界②:海運
  • 業界③:大手メーカー
  • 業界④:航空会社
  • 業界⑤:エネルギー業界(電気・ガス)
  • 業界⑥:投資銀行
  • 業界⑦:国際機関
  • 業界⑧:中小企業
  • 業界⑨:建設(ゼネコン)

◆【世界を飛び回れ!職種編】海外に行ける可能性がある仕事5選

  • 職種①:営業
  • 職種②:生産管理
  • 職種③:ITエンジニア
  • 職種④:品質管理
  • 職種⑤:コールセンター

◆【おすすめ】海外で活躍できる仕事/職業5選

  • 仕事①:駐在員
  • 仕事②:寿司職人
  • 仕事③:日本語教師
  • 仕事④:通訳家・翻訳家
  • 仕事⑤:個人輸入・輸出

◆世界を飛び回って海外で働くための方法

  • 方法①:英会話能力を身につける
  • 方法②:海外の大学を卒業する
  • 方法③:海外の企業のインターンシップに参加する
  • 方法④:海外転勤の可能性が高い企業に就職/転職する
  • 方法⑤:海外事業に力を入れている企に就職/転職する

◆海外に行く仕事に関するよくある質問3選

  • 質問①:海外転勤の仕事内容は?
  • 質問②:海外赴任に選ばれやすい人の特徴は?
  • 質問③:海外転勤は平均何年間行く必要があるの?

◆まとめ:世界を飛び回って海外で活躍しよう