【就職できる?】哲学科出身者の就職先一覧 | 就活対策方法,おすすめの資格も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 哲学科でも就職できる
  • 哲学科出身者は就職で不利にならない
  • 哲学科出身者の就職先一覧
  • 哲学科出身者のおすすめ就職対策5選
  • 哲学科におすすめの就職で役立つ資格5選
  • 「自分の学部・学科を活かしたい!」という方は「適性診断AnalyzeU+」で自分の強みを知るのがおすすめ

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のかいちです。

この記事では、「哲学科の就職事情」について解説します。

就活生の皆さんは、「哲学科だけど就職できるの?」「哲学科の就職先はどこなの?」などと思っているのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 かいち

就活生くん

僕は法政大学の哲学科に通っています。

けど、哲学科って本当に就職できるか不安です・・・

就活生ちゃん

私は、京都大学の哲学科出身です。

けど、哲学科の就職先が分かりません。

哲学科の就職事情について教えてください。

そうですよね。

哲学科ってどこに就職しているかわからないですよね。

哲学科の方で就職に困っている人はたくさんいると思います。

「就活の教科書」編集部 かいち

そこでこの記事では、「哲学科の就職事情」について解説します。

合わせて、哲学科出身者の就職先一覧、哲学科出身者の就職対策、哲学科におすすめの就職で役に立つ資格、についても解説します。

この記事を読めば、「哲学科って就職できるか不安」「哲学科の就職先が分からない」といった悩みが解決されます。

「哲学科だけど就職できるの?」「哲学科の就職先はどこなの?」などと思っている就活生はぜひ読んでみてください。

「大学で学んだことを活かしたいけど、どの業界・企業が良いかわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時に利用して自己分析するのが一番おすすめです。

両方使うと短時間で自分の強みや弱み、向いていることなどがより正確にわかるので、仕事や職業選びでの失敗を避けられます。

「学んだことを活かせる業界や企業が見つからない…」という方は、自己分析ツールを使って正確に診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」で自己分析をしてみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

 

【やばい?】哲学科は就職できないって本当?

就活生ちゃん

哲学科は就職できないと聞いたことがあります。

なので、本当に哲学科が就職できるか不安です・・・

哲学科って就職できるのか教えてください。

たしかに、哲学科は就職が厳しいなどといった噂を聞きますよね。

わかりました、ここでは哲学科は本当に就職できるのか解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

哲学科でも就職はできる

結論からいうと哲学科でも就職でき、不利になるといったこともありません

その理由は、企業はどこの学科に入ったかよりもその学科でなにを経験したかで就活生を評価するからです。

企業は、学科よりもその就活生の人物像であったり、最低限のマナーが備わっているかなどについて評価します。

なので、哲学科でも就職でき、就職で不利にもなりません

哲学科に所属して何を学び、どう行動したかが大事です。

哲学科でも就職が不利になることはないので安心してくださいね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

哲学科出身者の就職先一覧

就活生ちゃん

哲学科でも就職でき、不利になることもないと聞いて安心しました。

ですが、本当に哲学科でも就職できているのかまだ不安です・・・

具体的に哲学科出身者の就職先についても教えてください。

たしかに、哲学科出身者の就職先が気になると思います。

わかりました、ここでは哲学科出身者の就職先一覧について解説します。

哲学科出身者の多くは以下の5つに就職しています。

「就活の教科書」編集部 かいち

哲学科出身者の就職先一覧
  • 就職先①:公務員
  • 就職先②:金融業界
  • 就職先③:教育業界
  • 就職先④:出版・マスコミ
  • 就職先⑤:大学教員
  • その他の就職先一覧

それでは1つずつ順に哲学科出身者の就職先一覧について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

就職先①:公務員

哲学科出身者の就職先1つ目は公務員です。

公務員は国家公務員と地方公務員に分かれており、どちらも哲学科出身者が多いです。

哲学は人間について深く知ることができる学問なので、人との関わりが多い業界に勤めると自分の強みが活かせます。

その点で人との関わりが多い公務員に就職する方が多いです。

哲学科出身者は以下の公務員に就職しています。

哲学科出身者の公務員の就職先
  • 浜松市
  • 救急救命士
  • 国土交通省
  • 日本銀行
  • 尾張旭市役所
  • 警視庁

公務員の例で言うと、学校の先生や警察官などが挙げられます。

公務員についてもっと知りたいという方は以下の記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

就職先②:金融業界

哲学科出身者の就職先2つ目は金融業界です。

哲学科はたくさんの哲学者の思想や考え方を学び、自分なりに答えを模索する学問です。

なので、哲学科出身者は論理立てて物事を考えることが他の就活生よりも長けています。

この理由から哲学者出身者は金融業界に就職することが多いです。

金融業界の企業の代表は以下の通りです。

金融業界の代表企業
  • 三菱UFJ
  • 三井住友
  • みずほ
  • 野村証券
  • 明治安田生命

金融業界ではさまざまなデータを扱っており、仮説から論理立てて考える場面が多いです。

なので金融業界は哲学科出身者に向いていますね。

金融業界については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

就職先③:教育業界

哲学科出身者の就職先3つ目は教育業界です。

哲学科出身者が教育業界に就職するのが多い理由は、哲学の授業で常に答えのない問いを自分で考えなければいけないからです。

また、他の学科とは違い、哲学科出身者は本にふれる機会がたくさんあります。

なので、知識が豊富で自分で物事を考えられる哲学科出身者は教育業界に就職することが多いです。

教育業界の企業の代表は以下の通りです。

教育業界の代表企業
  • 河合塾
  • 駿台
  • 四谷学院
  • 代ゼミ
  • Z会

哲学は、常に答えのない問いについて考え続けなければいけません。

なので、哲学科出身者は生徒に対し自分で考えることの大切さを伝えられますね。

教育業界については以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

就職先④:出版・マスコミ

哲学科出身者の就職先4つ目は出版・マスコミです。

哲学科出身者が出版・マスコミに就職するのが多い理由は、哲学科は他の学部に比べ情報収集として本を読む機会がたくさんあるからです。

出版・マスコミ業界の仕事は経済、政治、スポーツ、文化など多岐にわたる分野に関わり、どの分野に対してもある程度の知識が必要になります。

ですので、哲学科出身者は情報収集が大事な出版・マスコミ業界に就職します

出版・マスコミの代表的な企業は以下の通りです。

出版・マスコミの代表企業
  • NHK
  • 朝日新聞
  • 西日本新聞
  • 中国新聞
  • ジャパンタイムズ

出版・マスコミ業界はどの分野に対してもアンテナを張り続ける必要があるので、いろんなことに興味を持って取り組む姿勢が必要ですね。

マスコミ業界については以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

就職先⑤:大学教員

哲学科出身者の就職先5つ目は大学教員です。

その理由は、哲学科出身者は学生にただ知識を教えるだけではなく自分で考えて行動する大切さを教えられるからです。

例えば、生徒が何かわからないことに直面した時に「わからないから教える」のではなく、まず「どうしたらわかるようになるか」を教えることができます。

なので、考えるプロセスを教えられる哲学科出身者は大学教員に就職することが多いです。

哲学科出身者は目に見えない物事を論理的に考えることができるので、学生に論理立てて教えなければいけない大学教員に向いていますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

その他の就職先一覧

ここでは哲学科出身者の上記の5つ以外の就職先一覧について解説します。

以下がその他の企業一覧です。

「就活の教科書」編集部 かいち

哲学科出身者のその他の就職先一覧
  • 野村総合研究所
  • JR東日本企画
  • 日本航空
  • 丸紅
  • イオンリテール
  • クスリのアオキ
  • IDDM
  • 日清食品

やはり、その他の企業は少なく公務員、金融業、出版、教育、大学教員がかなり多いですね。

続いては哲学科出身者の就職対策を具体的に5つに分けて解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分の学部や学科を活かせる仕事に就きたい!」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、強みを活かせる業界や企業を見つけやすくなります。

「自分の長所を最大限に活かせる業界・企業を見つけたい!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「自己分析を早く終わらせたい…」「自分の長所を活かせる業界や企業を選びたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

哲学科出身者の就職対策

就活生ちゃん

哲学科出身者の就職先がわかったのでよかったです。

ですが、哲学科出身者が就職する際にすべきことがわかりません。

哲学科出身者の就職対策について教えて欲しいです。

わかりました、ここでは哲学科出身者の就職対策について5つに分けて解説していきます。

哲学科出身者の就職対策は以下の5つです。

「就活の教科書」編集部 かいち

哲学科出身者の就職対策5つ
  • 対策①:自己PRやガクチカで差別化する
  • 対策②:面接の深掘り対策を徹底的に行う
  • 対策③:業界・企業研究は入念に行う
  • 対策④:インターンシップに積極的に参加する
  • 対策⑤:OB・OG訪問を行う

それでは1つずつ順に哲学科出身者の就職対策について解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

対策①:自己PRやガクチカで差別化する

哲学科出身者の就職対策1つ目は自己PRやガクチカで差別化するです。

企業は、就活生がどんな学部に所属しているのかではなく、そこでどんなことを学んでどう生かしていくかを評価しています。

特に哲学科ならでは自己PRやガクチカは評価の対象になりやすいです。

なので哲学科出身者は、哲学科ならではの自己PRやガクチカで差別化しましょう。

哲学科ならではの自己PRやガクチカで差別化しましょう!

自己PRやガクチカの書き方についてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 かいち

企業から内定を貰えるES(エントリーシート)を書きたい就活生もいますよね。
そこで哲学科の就活生には、内定者のESが見放題になる「unistyle(ユニスタイル)」がおすすめです。
「unistyle」は、53,305枚のESや面接質問が無料で見れるため、選考対策を効率よく進められますよ。
選考で不利になりたくない就活生は、ぜひ利用してみてください。

「就活の教科書」編集部 かいち

>> ES見放題の「unistyle」を見てみる

 

対策②:面接の深掘り対策を徹底的に行う

哲学科出身者の就職対策2つ目は面接の深掘り対策を徹底的に行うです。

企業は就活生の人間性を知るために面接でよく深掘りします。

特に「学生時代に力を入れたこと」について深掘りし、たくさんの就活生が困っています。

なので、他の就活生と差をつけるにはただの面接対策ではなく面接の深掘り対策をしましょう

面接の深掘り対策をどうすればいいのか困っている人も多いと思います。

以下の記事でガクチカの深掘り対策や面接対策について徹底解説しましたのでぜひご覧ください。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

対策③:業界・企業研究は入念に行う

哲学科出身者の就職対策3つ目は業界・企業研究は入念に行うです。

業界・企業研究をする理由は、自分と相性のいい企業を見つけるためです。

具体的には、自分が気になる企業のホームページで情報収集したり、合同説明会に足を運んでさまざまな企業の方に会いにいくなどが挙げられます。

他の就活生と差をつけるためにも業界・企業研究を入念に行いましょう

就活は情報戦なので、自分に合った企業を見つけるためにもたくさん情報を集めましょう。

業界・企業研究について詳しく解説しましたので以下に載せておきます。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

対策④:インターンシップに積極的に参加する

哲学科出身者の就職対策4つ目はインターンシップに積極的に参加するです。

インターンシップをする理由は、業界の雰囲気や仕事の感覚を理解し、理想と現実のギャップを埋めるためです。

就職する前に一体どんな仕事内容なのかを自分の目で確かめることで自分に合った企業を見つけることができます。

なので、哲学科出身者はインターンシップに積極的に参加し就活を有利に進めましょう。

インターンシップに参加するメリットは実際に企業で働いている人に話を聞けることです。

実際に働いている人に話を聞くことで理想と現実のギャップに気づくことができますね。

インターンシップが探せるサイトやインターンシップの探し方については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

対策⑤:OB・OG訪問を行う

哲学科出身者の就職対策5つ目はOB・OG訪問を行うです。

OB・OG訪問を行うのは採用担当者には聞けない情報が手に入るからです。

実際に働いている人の生の声を聞くことによって、今まで知らなかった会社の内部事情や受かるために必要なことを知ることができます。

なので哲学科出身者はOB・OG訪問をして企業の情報を集めましょう。

他にもOB・OG訪問のメリットは、気軽にマンツーマンで話が聞けることです。

マンツーマンなので自分の知りたい情報をすぐに聞けますね。

OB・OG訪問の詳しいやり方については以下の記事で解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

哲学科におすすめの就職で役に立つ資格

就活生ちゃん

私は、哲学科出身者の就職対策以外にも、役に立つ資格などを知りたいです。

哲学科におすすめの就職で役に立つ資格などがあれば教えてください。

わかりました、ここでは哲学科におすすめの就職で役に立つ資格5つについて解説していきます。

哲学科におすすめの資格は以下の5つです。

「就活の教科書」編集部 かいち

哲学科におすすめの就職で役に立つ資格5つ
  • 資格①:教員免許
  • 資格②:図書館司書
  • 資格③:司書教諭
  • 資格④:学芸員
  • 資格⑤:社会教育主事

それでは1つずつ順に、哲学科におすすめの就職で役に立つ資格5つについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

資格①:教員免許

哲学科におすすめの就職で役に立つ資格1つ目は教員免許です。

教員免許は中学、高校の教員として就職するために必要なものです。

特に哲学科では、地歴公民などの社会科目の教員を目指している人が多いです。

なので教員として働きたい哲学科出身者は教員免許をとることをおすすめします。

哲学科出身者はただ知識を教える教員ではなく、なぜそうなるのかを説明してくれる教員になれますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

資格②:図書館司書

哲学科におすすめの就職で役に立つ資格2つ目は図書館司書です。

図書館司書は図書室や図書館で本の貸し出しや返却を担当したり、より多くの利用者が来るような企画を考えたりします。

哲学科出身者は本を読む機会が多く、本についての知識があります。

なので哲学科出身者には図書館司書の資格がおすすめです。

図書館司書は、展示コーナーを儲けるなどして利用者に本の興味を持たせる仕事もあります。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

資格③:司書教諭

哲学科におすすめの就職で役に立つ資格3つ目は司書教諭です。

司書教諭は図書館司書と違って、読書それ自体の楽しみ方や図書館の活用法について教える事が大きな役割です。

先ほどもお話しした通り、哲学科出身者は本を読む機会がたくさんあります。

なので、哲学科出身者は本の良さをたくさんの人に伝えられる司書教諭の資格がおすすめです。

司書教諭になるためには大前提として教員免許が必要になります。

教員免許がないと司書教諭の資格がとれないので注意しましょう。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

資格④:学芸員

哲学科におすすめの就職で役に立つ資格4つ目は学芸員です。

学芸員は博物館などに勤務し、博物館の資料を作ったり、展示の案内を行ったりする仕事です。

学芸員は自分で仮説を立てて、地道な研究を通して、新たな発見を楽しむことができる仕事です。

なので、学芸員は一つのことをひたむきに考えられる哲学科出身者におすすめの資格です。

博物館にもたくさんの種類がありますので自分が気に入った分野の博物館を選ぶことができますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

資格⑤:社会教育主事

哲学科におすすめの就職で役に立つ資格5つ目は社会教育主事です。

社会教育主事の仕事内容は社会教育センターや公民館で働いている人に助言や指導を行うことです。

社会教育主事は、地域社会のためになにかをしたいといった熱意のある人に向いている仕事です。

なので、社会教育主事は幅広い教養を持った哲学科出身者におすすめの資格です。

社会教育主事は他にも、都道府県や市町村区の社会学習講座を企画し、自ら携わることもできます。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:哲学科でも就職できるので早くから就活対策をしよう

この「【就職できる?】哲学科出身者の就職先一覧 | 就活対策方法,おすすめの資格も 」の記事はいかがだったでしょうか。

この記事では「哲学科の就職事情」について解説しました。

合わせて、哲学科出身者の就職先一覧、哲学科出身者の就職対策、哲学科におすすめの就職で役に立つ資格、についても解説しました。

最後に、この記事の内容をおさらいしましょう。

この記事のまとめ

◆【やばい】哲学科は就職できないって本当?

  • 哲学科でも就職はできる

◆哲学科出身者の就職先一覧

  • 就職先①:公務員
  • 就職先②:金融業界
  • 就職先③:教育業界
  • 就職先④:出版・マスコミ
  • 就職先⑤:大学教員
  • その他の就職先一覧

◆哲学科出身者の就職対策

  • 対策①:自己PRやガクチカで差別化する
  • 対策②:面接の深掘り対策を徹底的に行う
  • 対策③:業界・企業研究は入念に行う
  • 対策④:インターンシップに積極的に参加する
  • 対策⑤:OB・OG訪問を行う

◆哲学科におすすめの就職で役に立つ資格

  • 資格①:教員免許
  • 資格②:図書館司書
  • 資格③:司書教諭
  • 資格④:学芸員
  • 資格⑤:社会教育主事