>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【お金かかりすぎ!?】就活で必要な費用の一覧 | 効率的な節約方法も

この記事で分かること
  • 就活では平均13万円も必要になる!?
  • 就活では交通費や宿泊費にかなりお金がかかる
  • 就活費用を節約するには、エントリー企業を適当に選ばない(他4つ)
  • 就活でかかるお金を稼ぐ3つの方法

 

皆さんこんにちは。就活の教科書の森山です。

この記事では、就職活動において就活生の皆さんが必ず必要になってくる就活費用について解説します。

就活生の皆さんは、就職活動中にかかる費用がどの程度必要なのか知っていますか?

「就活の教科書」編集部 森山

就活生くん

就活中は、お金が想像以上に必要だと感じています。
だけど、就活が忙しくてアルバイトと両立できずに泣く泣く貯金を切り崩しています。
他のみんなは一体どうしているんだろう・・・?

就活生ちゃん

私は、先輩に「就活中は10万円ぐらいお金がかかるから貯金した方がいいよ。」と言われました。
本当にそんなに必要なら、今からお金を貯めておかないと・・・と考えています。

皆さんは、大学生なので就活で多額なお金が必要と分かっても、多くの人が簡単にお金を用意したりはできないですよね。

僕も一人暮らしをしているので、10万円なんて1ヶ月間必死にアルバイトをしても、簡単には用意できないお金です・・・。

「就活の教科書」編集部 森山

 

そこでこの記事では、就活で必要になるお金について解説していきます。

また、就活で多くの出費が必要になることや、就活費用を節約する裏技も紹介します。

さらに、就活で必要なお金を稼ぐ方法についても紹介していきます。

この記事を読めば、就活中に「お金が足りなくてエントリーした企業の面接に行けない・・・」なんてことを避けられます。

就活で必要になる・お金に関して不安のある就活生のみなさんは、この記事を最後まで読んでみてください!

 

 

就活で必要なお金の平均額は13万円!?

就活生ちゃん

就活で必要になる費用って一体どのくらいなのでしょうか?
もし多くのお金が必要なら、早めに準備しておかないと・・・

就活では、残念ながら大学生にとってはかなり多くのお金が必要になります。

「就活の教科書」編集部 森山

 

就活で必要になるお金は、キャリタス就活2020学生モニターのアンケートによると、平均13万6,867円もかかると発表されています。

なんと多くの就活生は13万円ものお金が、就職活動期間の4か月間で必要になるのです。

学生にとってこの金額は大きいですよね。

就活費用の計算をぜずに、何となく就職活動を行っていると、就職活動の途中でお金が足りなくなってしまうこともあります。

最悪の場合だと、就職活動を断念することになってしまう可能性もあるのです。

そのため、大切な就職活動をお金の問題で諦めることがないように、就活で必要な費用や節約方法を把握しておきましょう

就活では、学生にとっては多額のお金が必要になることは、ここまで読めば就活生の皆さん理解できたのではないでしょうか。

それでは、就活で必要なお金を用意するために、具体的にお金が何にいくら程度かかるかを解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

就活でお金が必要になる項目4つ

就活生くん

就活でかかる費用って一体どんなものがあるのでしょうか?
就活でかかるお金といえば、リクルートスーツ・バックぐらいしか思いつきません(笑)

就活生くんが言っている物も、就活費用に含まれています。
ですが就活では、他にも多くの費用が必要になります。

「就活の教科書」編集部 森山

就活でお金が必要になる項目
  • 出費①:交通費
  • 出費②:宿泊費
  • 出費③:食費/カフェ代
  • 出費④:衣服費
それでは、就活でお金が必要になる項目をそれぞれ解説していきますね。
就活費用で特に出費がかかる内容を抜粋したので、あなたの就職活動の参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

出費①:交通費

就活でお金が必要になる項目1つ目は「交通費」です。

就職活動で大きな出費になりやすいのが交通費です。

交通費は、セミナーや面接などに移動するのに必ず必要になります。

特に地方の就活生にとっては、かなりの出費となる場合もあります。

新幹線・飛行機を使わなければならないのであれば、交通費だけで10万円ほどかかることもあるのです。

そのため、自分の住んでいる地域と就活で訪れる地域の交通費は事前に把握しておく必要があるでしょう。

交通費は就活生の住む場所により大きく変わります。
僕の場合は、大阪に住んでいて東京の企業の説明会に参加するたび、多額の交通費が必要になるので恐ろしいですね・・・。

「就活の教科書」編集部 森山

 

出費②:宿泊費

就活でお金が必要になる項目2つ目は「宿泊費」です。

就活では、交通費と同様に宿泊費も多くのお金が必要になります。

住む場所から遠くで面接や企業説明会がある場合は、宿泊が必須になるためです。

首都圏在住の学生は宿泊が必要なくても、首都圏から遠くの学生であればあるほど、宿泊が必要となります

何日か続けていくつかの企業を回る場合や朝早くの面接などの場合は、宿をとる必要があるため、宿泊費が発生してきます。

地方の学生は、ほとんどの場合宿泊費がかかってしまうので、都会の学生よりも多くのお金が必要になるので気をつけておきましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

出費③:食費・カフェ代

就活でお金が必要になる項目3つ目は「食費・カフェ代」です。

就職活動で意外に見落としがちなのが食費です。

就活では、一日を通して面接や会社説明会に参加するほど多忙になるので、昼食を外で食べる回数も増えます。

説明会や面接のたびに毎回外食となると、食費に関するお金もどんどん使ってしまうのです。

 

また、就活で次の予定まで時間が空いても家に帰るわけにもいきません。

近くのカフェやファストフード店で時間をつぶすことも多いでしょう。

カフェなどで使うお金は小額ですが、毎回何も気にずにカフェを利用していたら、無駄な出費に繋がってしまいます

意味もないのにスターバックスやマクドナルドなどで時間を潰すのは控えた方がいいですね(笑)

「就活の教科書」編集部 森山

 

出費④:衣服費

就活でお金が必要になる項目4つ目は「衣服費」です。

就職活動では、リクルートスーツやビジネスシューズなどの身だしなみに関するものも必要になります。

リクルートスーツ・ワイシャツ・ネクタイなど一式を揃える必要があるため、衣服費も大きな出費となります。

男性は4-5万円、女性は3-4万円はかかると想定して、準備しておきましょう。

就職活動では身だしなみが重要なので、被服費は惜しまずにお金をかけましょう。
また、自分は何にいくらかかるのか、だいたいの金額を書き出してみると必要な金額が把握でき、いくら準備する必要があるのか明確になるでしょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

就活費用の節約方法5つ

就活生くん

就活が忙しすぎてアルバイトでお金を稼げず、今ある手元にあるお金で就活を乗り越えなければなりません。
周りの就活生は、どうやってお金を節約しているんだろう?

就活費用は、なるべく安く済ませて、就活後の海外旅行費として残しておきたいですよね。
就活でかかる費用の具体的な節約方法を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

就活費用の節約方法
  • 方法①:交通費を毎回工夫する
  • 方法②:宿泊先はなるべく安い施設を利用する
  • 方法③:エントリー企業を適当に選ばない
  • 方法④:就活関連の書籍は新品で揃えない
  • 方法⑤:コンビニの利用や外食を控える
それでは、就活費用の節約方法をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

方法①:交通費を毎回工夫する

就活費用の節約方法1つ目は「交通費を毎回工夫する」です。

実は、就職活動でかかるお金で一番多く節約できるのは交通費なのです。

特に交通費が一番高くなってしまうのは、飛行機で移動をする場合でしょう。

地方から東京で就職活動をする場合は、移動に飛行機を使うことが多いです。

飛行機は事前に予約すれば、費用を安くできるため、面接や会社説明会の日程が決まったら、なるべく早めに飛行機の予約をしましょう。

また、時間に余裕がある時は、飛行機を使わずに高速バスや夜行バスで移動するのも交通費を節約するのに効果的です。

飛行機や新幹線を利用するとどうしても、多くの交通費がかかってしまいます。
可能な限り夜行バスや高速バスを利用して、節約してみましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

方法②:宿泊先はなるべく安い施設を利用する

就活費用の節約方法2つ目は「宿泊先はなるべく安い施設を利用する」です。

ホテルに泊まる時の宿泊費も工夫してみましょう。

就活で長い距離を移動すると、現地に長期間宿泊する必要があります。

宿泊先を何も考えずにビジネスホテルなどを選んでいてはもったいないです。

具体的には、ゲストハウスやシェアハウスなどがビジネスホテルよりも安価で、短い日数からでも利用ができます。

ただ泊まるだけなら、カプセルホテルなどでも十分快適に過ごせますよ。

視野を広げ、他の選択肢も模索してみましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

方法③:エントリー企業を適当に選ばない

就活費用の節約方法3つ目は「エントリー企業を適当に選ばない」です。

理由もなく、適当にエントリーするのはやめましょう。

就活では、とにかくたくさんの企業を受ける就活生がいます。

たくさんの企業を受ければ受けるほど、その分就活にかかる費用も多くなってしまうのです。

そのため、深く考えずに「スケジュールが空いているから・他の人が受けるから」など、とりあえずエントリーするのは控えましょう

 

また最近では、企業側から学生にオファーをかける「逆求人型採用」も人気になっています。

企業と学生のマッチングのためにも、企業の選択は慎重に進めましょう。

逆求人型採用が気になる就活生は、以下の記事で内定者がおすすめの逆求人型採用について解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

方法④:就活関連の書籍は新品で揃えない

就活費用の節約方法4つ目は「就活関連の書籍は新品で揃えない」です。

就活に関する書籍を全て買い揃えていては、お金がいくらあっても足りません。

大学やアルバイト先にいる、就活の終わった先輩に参考書を持っていないか聞いてみましょう

また、時事問題の対策に関しては、ニュースを見たり新聞を読んだりしましょう。

ネットニュースはジャンルやキーワードからの検索がしやすく、情報も早くて便利ですが、嘘の情報が混ざっていることもあるので注意しておきましょうね。

企業ごとの問題の傾向などは毎年似通っているため、よほどでない限りは前年分の対策本で対策可能なので、わざわざ新品を購入する必要がないのです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

方法⑤:コンビニの利用や外食を控える

就活費用の節約方法5つ目は「コンビニの利用や外食を控える」です。

節約の基本として、お弁当や水筒を持ち歩くのもおすすめです。

不必要な買い物の習慣を見直して、無駄な出費を抑えましょう。

就活中は、外出のたびにコンビニで飲み物を買ったりカフェで休憩してしまうことが増えます。

これを説明会や面接の度に繰り返すと、あっという間に数万円を無駄にしてしまうのです。

就活中でなくとも、多くの人がコンビニではついつい不要なものを買ってしまいがちになるので、無駄遣いをしないように気をつけましょうね。

 

不必要な費用をどれだけ抑えられるか、また、就活が本格化するまでにどうやって捻出するかを考えておきましょう。

そして、可能であれば早いうちから少しずつでも就活の費用を貯金をしておくとよいでしょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

就活前から費用を貯金した方がいいの?

就活生ちゃん

就活をしながらアルバイトをするのか、就活を始める前にある程度貯金をしておくか、どちらがいいのでしょうか?
就活に専念したい場合は、あらかじめある程度のお金を貯金するのがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

就活に全神経を集中させるためにも、貯金があれば融通が効きやすくなります。

就活は、あなたが想像している以上に多くの時間と労力を必要とします。

資金不足でエントリーしたい企業をいくつか削らなくてはならなかったなんて悲惨なことにならないように、ある程度は貯金をしておきましょう。

また、就活中にアルバイトをする場合もシフトが拘束されるアルバイトよりは、好きな時間に予定を自由に組めるアルバイトをするのがオススメです。

面接日を指定されて「その日はバイトで行けなくて・・・」なんてことになったら、本末転倒ですので、注意しておきましょうね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

就活でかかるお金を稼ぐ方法3つ

就活生くん

就活中に「お金が足りない・・・」なんてことにならないように、今のうちから余裕を持って、お金を稼いでおきたいです。
何かいい方法はありますか?
就活の費用を稼ぐおすすめの方法をいくつか紹介しますね。
以下の表を確認してください。

「就活の教科書」編集部 森山

就活でかかるお金を稼ぐ方法
  • 稼ぎ方①:アルバイトをする
  • 稼ぎ方②:有給インターンに参加する
  • 稼ぎ方③:親から援助してもらう

 

それでは、就活で必要なお金を稼ぐ方法3つをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

稼ぎ方①:アルバイトをする

就活でかかるお金を稼ぐ方法1つ目は「アルバイトをする」です。

就活費用を稼ぐために一般的なのは、アルバイトでお金を稼ぐことです。

既にアルバイトをしている場合は、就活費用を就職活動が始まるまでの期間で逆算して、毎月いくら貯金するか計画を立てましょう

 

アルバイトをしていない場合は、アルバイトを探す状態から始めなければいけません。

就職活動が始まるまでに時間がない場合は、就職活動をしながらアルバイトをすることになってしまいます。

できるだけ早めに就活費用を貯めるように行動しましょう。

アルバイトに夢中になってしまい、肝心の就職活動の準備に支障がでないように注意しましょうね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

稼ぎ方②:有給インターンに参加する

就活でかかるお金を稼ぐ方法2つ目は「有給インターンに参加する」です。

就活費用を稼ぐには、企業が開催している有給インターンに参加してみましょう。

有給インターンとは、通常のインターンと違い、給料がもらえるインターンのことです。

有給インターンでは通常のインターンと違い、実際の仕事を任せられます。

社会人としての経験ができるということは、就職活動をするうえでも参考になる部分が多いですし、自分のスキルアップにできるのでおすすめです。

2日間で10万円の報酬がもらえたり、短期間で高額の報酬がもらえるインターンシップもあるので、募集している企業を探してみましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

稼ぎ方③:親から援助してもらう

就活でかかるお金を稼ぐ方法3つ目は「親から援助してもらう」です。

就活費用を自分で用意するのが困難だったり、就職活動が始まるまでに時間がない場合は、親に就活費用を援助してもらえないかお願いしてみましょう。

どうしても資金が足りなくなった場合は、正直に親に伝え援助を求めることも大切です。

親からすれば子供の人生が左右される就職活動のため、相談を聞いたら多少の援助をしてくれる可能性は高いです。

もちろん、自分の人生を決める就職活動なので、自分で就活費用を稼ぐのが大前提ということは忘れないようにしましょうね。

最初から親の援助を期待してはいけませんが、どうしても就活費用が足りないときは、最後の手段として親に就活費用を援助してもらえないか相談してみましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

 

まとめ:就活で忙しくなる前に、ある程度のお金は貯金しておこう!

この記事の「【お金かかりすぎ!?】就活で必要な費用の一覧 | 効率的な節約方法も」はいかがでしたでしょうか。

このページでは「就活の教科書」編集部の森山が、就活で必要になるお金について解説しました。

また、就活で多くの出費が必要になることや、就活費用を節約する方法も解説しました。

さらに、就活で必要なお金を稼ぐ方法についても解説しました。

 

このページで学んだことをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 森山

この記事のまとめ

◆就活で必要なお金の平均額は13万円!?

 

◆就活でお金が必要になる項目4つ

  • 出費①:交通費
  • 出費②:宿泊費
  • 出費③:食費・カフェ代
  • 出費④:衣服費

 

◆就活費用の節約方法5つ

  • 方法①:交通費を毎回工夫する
  • 方法②:宿泊先はなるべく安い施設を利用する
  • 方法③:エントリー企業を適当に選ばない
  • 方法④:就活関連の書籍は新品で揃えない
  • 方法⑤:コンビニの利用や外食を控える

 

◆就活前から費用を貯金した方がいいの?

 

◆就活でかかるお金を稼ぐ方法3つ

  • 稼ぎ方①:アルバイトをする
  • 稼ぎ方②:有給インターンに参加する
  • 稼ぎ方③:親から援助してもらう

 

◆まとめ:就活で忙しくなる前に、ある程度のお金は貯金しておこう!

 

就職活動は、自分の将来を決める大切な時期です。

就活中の出費は、出し惜しみしたくありませんよね。

そのため、就活で必要になりそうな費用を計算して、あらかじめ多めにお金を用意できるように余裕を持って貯金をしておきましょうね!

「就活の教科書」では、就活に役立つ記事を他にもたくさん掲載しています。

よかったら他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山