>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【お金かかりすぎ?】就活に必要な金額とお金がない時の節約方法 | 貯金のやり方,費用一覧も

【お金かかりすぎ!?】就活で必要な費用の一覧 _ 効率的な節約方法も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事で分かること
  • 就活では平均13万円も必要になる!?
  • 就活では交通費や宿泊費にかなりお金がかかる
  • 就活費用を節約するには、エントリー企業を適当に選ばない(他4つ)
  • お金/貯金がない人の対策方法7つ
  • 就活でかかるお金を稼ぐ3つの方法

 

皆さんこんにちは。就活の教科書の森山です。

この記事では、お金/貯金がない就活生お金に不安がある就活生に向けて今すぐ実践できるお金の節約方法や貯金方法について解説します。

就活生の皆さんは、就職活動中にかかる費用がどの程度必要なのか知っていますか?

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活生くん

就活中は、お金が想像以上に必要だと感じています。
だけど、就活が忙しくてアルバイトと両立できずに泣く泣く貯金を切り崩しています。
他のみんなは一体どうしているんだろう・・・?
お金の節約方法や貯金方法についても知りたいなぁ・・・

就活生ちゃん

私は、先輩に「就活中は10万円ぐらいお金がかかるから貯金した方がいいよ。」と言われました。
本当にそんなに必要なら、今からお金を貯めておかないと・・・と考えています。

皆さんは、大学生なので就活で多額なお金が必要と分かっても、多くの人が簡単にお金を用意したりはできないですよね。

僕も一人暮らしをしているので、10万円なんて1ヶ月間必死にアルバイトをしても、簡単には用意できないお金です・・・。

なので、不安なく就活を続けられるよう、少しでも出費を抑えたいですよね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

そこでこの記事では、就活で必要になるお金/貯金額について解説していきます。

また、就活でお金を節約する方法お金/貯金がない人の対策方法についても解説します。

さらに、就活で上手く稼ぐ方法や就活で多くの出費が必要になることも紹介します。

この記事を読めば、就活中に「お金が足りなくてエントリーした企業の面接に行けない・・・」「貯金や節約方法がわからない・・・」なんてことを避けられます。

就活で必要になる・お金に関して不安のある就活生のみなさんは、この記事を最後まで読んでみてください!

 

目次

 

就活にはお金がどれくらいかかるの?

就活生ちゃん

就活で必要になる費用って一体どのくらいなのでしょうか?
もし多くのお金が必要なら、早めに準備しておかないと・・・

就活では、残念ながら大学生にとってはかなり多くのお金が必要になります。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活で必要なお金の平均額は13万円!?内訳も解説

就活で必要になるお金は、キャリタス就活2020学生モニターのアンケートによると、平均13万6,867円もかかると発表されています。

なんと多くの就活生は13万円ものお金が、就職活動期間の4か月間で必要になるのです。

就活で必要なお金の内訳はざっくりと以下のようになります。

就活を続けるためのお金
  • 交通費・宿泊費:8万円
  • スーツ・カバン・靴:4万円
  • 飲食代:1万円

就活費用の計算をぜずに、何となく就職活動を行っていると、就職活動の途中でお金が足りなくなってしまうこともあります。

最悪の場合だと、就職活動を断念することになってしまう可能性もあるのです。

そのため、大切な就職活動をお金の問題で諦めることがないように、就活で必要な費用や節約方法を把握しておきましょう

就活では、学生にとっては多額のお金が必要になることは、ここまで読めば就活生の皆さん理解できたのではないでしょうか。

それでは、就活で必要なお金を用意するために、具体的にお金が何にいくら程度かかるかを解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

ツイッター上での就活経験者のお金に関する声

地方に住んでいる人は東京に行くだけでもかなりの金額がかかりますよね・・・。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

こちらの人事さんは就活にかかるお金の内訳を出してくれていますね。
やはり就活でかかるお金に対する交通費の割合が高いですね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活用に最低10万円は貯金しておこう

就活生くん

就活は意外とお金がかかると聞きました。

貯金していた方がいいかなと思っていますが、実際いくら貯金したらいいのですか?

就活に必要な貯金は、最低10万円は貯金しておきたいです。

しかし、この金額はあくまて最低限であり、就活する場所や期間によって変わってきます。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活は、思っていた以上にお金が必要です。

まず、スーツやカバンといった就活を始めるための費用がかかります。

就活を始めるために必要な費用
  • スーツ代:10,000〜50,000円
  • カバン代:5,000〜20,000円
  • 革靴代:5,000〜20,000円
  • 書籍代:3,000〜10,000円

就活準備の費用でも、少なくとも30,000円くらいのお金を用意しておかないといけません。

ただし、スーツにこだわったり、必要な書籍が多いと、この費用は大きくなります。

さらに、就活を続けるための出費が毎月発生します。

就活を続けるための出費は、主に以下の4つです。

就活を続けるためのお金
  • 交通費:5,000〜30,000円/月
  • 宿泊費:5,000〜50,000円/月
  • 飲食代:5,000〜20,000円/月
  • カフェ代:3,000円〜10,000円/月

就活を続けるためには、月に20,000円ほどかかります。

以上より、もし3ヶ月間就活する場合、合計10万円近くのお金が必要になると言えます。

10万円という金額は、あくまで最低限の金額です。

地方学生や長い期間就活する場合は、これ以上の金額が必要になるでしょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活でお金を節約する方法8つ

就活生くん

就活が忙しすぎてアルバイトでお金を稼げず、今ある手元にあるお金で就活を乗り越えなければなりません。
周りの就活生は、どうやってお金を節約しているんだろう?

就活費用は、なるべく安く済ませて、就活後の海外旅行費として残しておきたいですよね。
就活でかかる費用の具体的な節約方法を紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活費用の節約方法
  • 方法①:交通費を毎回工夫する(夜行バスの利用)
  • 方法②:宿泊先はなるべく安い施設を利用する
  • 方法③:エントリー企業を適当に選ばない
  • 方法④:就活関連の書籍は新品で揃えない
  • 方法⑤:マクドナルドやカフェはコーヒーだけ注文する
  • 方法⑥:クレジットカードのポイント還元を活用する
  • 方法⑦:コンビニの利用や外食を控える
  • 方法⑧:履歴書はネットから印刷して証明写真はスマホで撮影する
それでは、就活費用の節約方法をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法①:交通費を毎回工夫する(夜行バスの利用)

就活費用の節約方法1つ目は「交通費を毎回工夫する」です。

実は、就職活動でかかるお金で一番多く節約できるのは交通費なのです。

可能であれば夜行バスを使って、出費を最小限に抑えましょう。

具体例

例えば、新大阪から東京へ面接に行く場合、新幹線は約13,000円に対して、夜行バスは約3,000円と差額は10,000円です。

夜行バスはあまり休憩できずに体力を使うかもしれませんが、翌朝に到着するので、就活の予定を目一杯入れられます。

アイマスクやバス用の枕といったアイテムを活用すれば、比較的快適に過ごせますよ。

 

一方で、どうしても飛行機を使わないといけない就活生もいると思います。

飛行機は事前に予約すれば、費用を安くできるため、面接や会社説明会の日程が決まったら、なるべく早めに飛行機の予約をしましょう。

また、時間に余裕がある時は、飛行機を使わずに高速バスや夜行バスで移動するのも交通費を節約するのに効果的です。

交通費抑えたいけど、夜行バスが苦手という方は、3列シートの夜行バスを使うのも手です。

運賃は少し高くなりますが、隣の人を気にする必要はありませんので、一般的な4列シートよりも断然快適ですよ。

可能な限り夜行バスや高速バスを利用して、節約してみましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法②:宿泊先はなるべく安い施設を利用する

就活費用の節約方法2つ目は「宿泊先はなるべく安い施設を利用する」です。

ホテルに泊まる時の宿泊費も工夫してみましょう。

就活で長い距離を移動すると、現地に長期間宿泊する必要があります。

宿泊先を何も考えずにビジネスホテルなどを選んでいてはもったいないです。

具体的には、ゲストハウスやシェアハウスなどがビジネスホテルよりも安価で、短い日数からでも利用ができます。

ただ泊まるだけなら、カプセルホテルなどでも十分快適に過ごせますよ。

視野を広げ、他の選択肢も模索してみましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法③:エントリー企業を適当に選ばない

就活費用の節約方法3つ目は「エントリー企業を適当に選ばない」です。

理由もなく、適当にエントリーするのはやめましょう。

就活では、とにかくたくさんの企業を受ける就活生がいます。

たくさんの企業を受ければ受けるほど、その分就活にかかる費用も多くなってしまうのです。

そのため、深く考えずに「スケジュールが空いているから・他の人が受けるから」など、とりあえずエントリーするのは控えましょう

 

また最近では、企業側から学生にオファーをかける「逆求人型採用」も人気になっています。

企業と学生のマッチングのためにも、企業の選択は慎重に進めましょう。

逆求人型採用が気になる就活生は、以下の記事で内定者がおすすめの逆求人型採用について解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法④:就活関連の書籍は新品で揃えない

就活費用の節約方法4つ目は「就活関連の書籍は新品で揃えない」です。

就活に関する書籍を全て買い揃えていては、お金がいくらあっても足りません。

大学やアルバイト先にいる、就活の終わった先輩に参考書を持っていないか聞いてみましょう

また、フリマアプリで売られている就活本を活用すれば、かなり書籍代を抑えられます。

就活本は毎年新しいのが出版されるので、去年までの就活本が格安で出品されています。

具体例

例えば、1冊1,500円のWebテスト対策の本をフリマアプリで探してみるすると、たったの500円で出品されていました。

1冊だけでも、1,000円の節約ができます。

フリマアプリなら、自分が欲しい就活本を格安で見つけられる可能性は高いですよ。

また、時事問題の対策に関しては、ニュースを見たり新聞を読んだりしましょう。

ネットニュースはジャンルやキーワードからの検索がしやすく、情報も早くて便利ですが、嘘の情報が混ざっていることもあるので注意しておきましょうね。

企業ごとの問題の傾向などは毎年似通っているため、よほどでない限りは前年分の対策本で対策可能なので、わざわざ新品を購入する必要がないのです。
まずは先輩に就活に関する本を持っていないかを確認し、持っていない場合はフリマアプリで書籍を購入するようにしてみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法⑤:マクドナルドやカフェはコーヒーだけ注文する

就活おすすめ節約方法5つ目は、マクドナルドやカフェはコーヒーだけ注文することです。

面接前の待機時間といった、スキマ時間を過ごすためにマクドナルドやカフェを利用することが多いでしょう。

一回は数百円ですが、長い目で見てみると、馬鹿にならない金額になります。

具体例

例えば、1ヶ月に10回カフェを利用する場合、500円のカフェラテと300円のコーヒーを比べると、2,000円の節約ができます。
(500円 – 300円)× 10回 = 2,000円

このカフェ代を節約するだけも、かなり出費を抑えられます。

なので、スキマ時間でマクドナルドやカフェを利用する際は、一番安いメニューを注文するようにしましょう。

公園や商業施設のベンチで過ごす就活生もいらっしゃいます。

時間を潰すための出費はお財布に痛いですが、次の大事な予定に臨めるよう、マクドナルドやカフェを利用してゆっくりできるようにしましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法⑥:クレジットカードのポイント還元を活用する

就活おすすめ節約方法6つ目は、クレジットカードのポイント還元で節約することです。

ほぼ全てのクレジットカードは、ポイント還元の特典が付いているので、クレジットカードでお支払いするだけで間接的に節約できます。

具体例

例えば、月に50,000円の出費がある場合、全てクレジットカード(還元率1%)でお支払いすると、500円相当のポイントが還元されます。
50,000円 × 1% = 500ポイント

ポイント還元以外にも、お支払いが簡単になったり、毎回ATMに行く手間や引落手数料も省けます。

「クレジットカードを持つのは怖い…」と思っている方もいらっしゃると思いますが、ちゃんと知識を身につければ安全かつ便利に使えますよ。

以下に、就活におすすめのクレジットカードを紹介していますので、ぜひこちらも読んでみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法⑦:コンビニの利用や外食を控える

就活費用の節約方法7つ目は「コンビニの利用や外食を控える」です。

節約の基本として、お弁当や水筒を持ち歩くのもおすすめです。

不必要な買い物の習慣を見直して、無駄な出費を抑えましょう。

就活中は、外出のたびにコンビニで飲み物を買ったりカフェで休憩してしまうことが増えます。

これを説明会や面接の度に繰り返すと、あっという間に数万円を無駄にしてしまうのです。

就活中でなくとも、多くの人がコンビニではついつい不要なものを買ってしまいがちになるので、無駄遣いをしないように気をつけましょうね。

 

不必要な費用をどれだけ抑えられるか、また、就活が本格化するまでにどうやって捻出するかを考えておきましょう。

そして、可能であれば早いうちから少しずつでも就活の費用を貯金をしておくとよいでしょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法⑧:履歴書はネットから印刷して証明写真はスマホで撮影する

就活おすすめ節約方法8つ目は、履歴書はネットから印刷して証明写真はスマホで撮影することです。

履歴書や証明写真代は、地味にも出費がかかりますよね。

そこで、ネットに掲載されている履歴書を印刷し、証明写真はスマホで撮影すると節約できます。

履歴書は数円の印刷代だけで済み、証明写真は証明写真機に入ってスマホで自撮りし、アプリで加工すれば無料です。

履歴書や証明写真といった出費は、受ける企業が多いほど大きくなるので、ぜひ活用してみてください。

証明写真は、本来お金を払って利用する場所なので、実際にやる際は自己責任で行いましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

時間を工夫して就活のお金を節約する方法

就活で出来る節約方法を紹介してきましたが、他にもプチ裏技な節約方法がありますので、合わせて紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

時間を工夫して就活のお金を節約する方法
  • 就活の予定を極力まとめる
  • バイトの時間を夜にする
  • 地方学生は就活シェアハウスに滞在して集中して就活する

 

①:就活の予定を極力まとめる

時間を工夫して就活のお金を節約する方法一つ目は、就活の予定を極力まとめることです。

就活の予定をそれぞれ別日に当てるよりも、同じ日にまとめたら交通費を浮かせられます。

特に、大阪や東京といった都心に出てくるなら、1日を就活の予定で埋めて効率的に過ごしたいですよね。

同じ出費をするなら、少しでも就活の予定を埋めたスケジュールにすると、結果的に大きな節約になりますよ。

場合によっては、興味のない業界や企業の説明会や面接をあえて参加するのもアリ。

就活の練習にもなりますし、予想外の発見もあるかもしれませんよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

②:バイトの時間を夜にする

時間を工夫して就活のお金を節約する方法二つ目は、バイトの時間を夜にすることです。

就活生の中には、就活とバイトの両立に頭を悩ましている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、バイトの時間を夜にまとめれば、日中の時間が空いて就活の時間に当てることができます。

就活は基本的にお昼に行われるので、バイトの時間を夜にずらせば、スケジュール管理がかなり楽になります。

具体例

例えば、カフェといったお昼のバイトをしてる方は、居酒屋など夜のシフトがあるバイトに乗り換える。

昼と夜、両方のシフトがあるバイトなら、夜のシフトを優先して入れるといいでしょう。

バイトのシフトを夜に集中させれば、貴重な収入源をキープしつつ、就活に当てる時間を確保できるので、ぜひ実践してみてください。

実際、私はカフェのバイトを続けていたせいで、就活との調整が大変でした…。

夜のシフトがあるバイトにすれば、もっと楽になったなと感じています。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

③:地方学生は就活シェアハウスに滞在して集中して就活する

時間を工夫して就活のお金を節約する方法三つ目は、地方学生は就活シェアハウスに滞在して集中してやることです。

就活シェアハウスは、1ヶ月3万円から5万円で泊まれる場所がほとんど。

宿泊費以外にも、飲食代などの生活に必要なお金がかかってしまいますが、就活に必要な出費や都心に出てくる手間が一気に抑えられます。

地方の就活生は、新幹線や飛行機で都会に出てくると、数回で宿泊費と同じくらいなるので、就活シェアハウスを活用すれば結果的にお金と時間を節約できますよ。

私が出会った地方就活生の中には、下宿先を引き払って、浮いたお金で就活シェアハウスに滞在した方もいました。

バイトや大学の授業の兼ね合いもあるので少しハードルが高いですが、大事な将来を決める時間なので、思い切って就活シェアハウスで長期滞在してもいいですね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活でお金/貯金がない人の対策方法7つ

就活生ちゃん

もうすでに就活を始めてしまって、貯金もあまりありません。

貯金がなくても就活を続ける方法はありますか?

貯金がなくても就活を続ける方法はあります。

以下の5つの方法なら、就活と両立させながらお金を得られますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活しながらお金を得る方法
  • 交通費が出る選考を積極的に受ける
  • 有給インターンに参加する
  • 就活体験談を投稿する
  • 企業からオファーをもらう
  • Uber Eatsでスキマ時間で貯金する
  • クラウドソーシングでスキルを身に付けながら貯金する
  • お金を借りる

上記のいずれも就活に関わる方法なので、就活生なら誰でも実践できます。

では、一つずつ見ていきましょう。

 

方法①:交通費が出る選考を積極的に受ける

貯金せずに就活を始めてしまった時の対策1つ目は、交通費が出る選考を積極的に受けることです。

就活の費用で最も大きいのが交通費。特に、面接しに都心に出る際は数万円かかることもあります。

そこで、交通費が出る企業が出れば、大きな出費がなくなってお財布に余裕が出ます。

比較的大きな企業や成長している企業、新卒採用に力を入れている企業は、交通費を出してくれることが多いです。

また、交通費が出る企業を一度に複数受ければ、交通費でお金を稼ぐこともできます。

場合によっては、数万円の交通費を支給してくれる企業もありますので、数社受けるだけでかなりの金額を得られますよ。

就活で最も大きな出費である交通費が解決できれば、就活を続ける余裕が生まれますよ。

志望企業以外にも、自分が興味がない業界や企業もあえて選考を受けて、交通費をもらうのも一つの手ですよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法②:有給インターンに参加する

貯金せずに就活を始めてしまった時の対策2つ目は、有給インターンに参加することです。

インターンを積極的に行っている企業の中には、報酬を出すインターンを開催している場合があります。

有給インターンに参加すれば、就活のお金を貯金をしつつ、人脈や経験も得られるので、就活を有利に進められます。

特に、大手の有給インターンシップの中には、一つ参加するだけでも数万円もらえるものもあり、かつ人脈も広がるので、就活の情報収集も集めやすくなります。

ただし、有給インターンシップはとても人気があるので、選考倍率が高くなってしまうことに注意しましょう。

お金を得ながら就活を有利に進めたい方には、有給インターンは絶好の手段なので、ぜひ挑戦してみてください。
有給インターンを探したいけど探し方がわからないという就活生は以下の記事でインターンを探せるサイトについて解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法③:就活体験談を投稿する

貯金せずに就活を始めてしまった時の対策3つ目は、就活体験談を投稿することです。

就活の体験談を投稿すれば、就活の経験がそのままお金にできます。

具体的には、ワンキャリアユニスタイルで体験談投稿の募集があります。

好きな時間に好きなだけ投稿できるので、就活と両立しながらお金を得られますし、就活を続けている方ほど沢山投稿できるでしょう。

体験談の投稿は好きな時に受けられますが、投稿に対する報酬は少なかったり、募集している企業に限りがあることに注意が必要です。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法④:企業からオファーをもらう

貯金せずに就活を始めてしまった時の対策4つ目は、企業からオファーをもらうことです。

スカウトアプリ(逆求人サイト)を利用すれば、あなたのプロフィールに基づいて、企業からオファーが届きます。

自分から企業を探す必要がなくなるので、効率よく就活ができます。

例えば「OfferBox(オファーボックス)」は、7,000の企業が登録しており、21卒と22卒を合わせた24万人の就活生が利用している、人気No1のスカウトアプリです。

スカウトアプリを活用すれば、貯金がなくても就活を続けることができますよ。

スカウトアプリは、複数サービスを同時に利用すると、より効率的に就活できます。

以下にオススメのスカウトアプリを解説していますので、気になる方はぜひご参考ください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法⑤:Uber Eats でスキマ時間で貯金する

貯金せずに就活を始めてしまった時の対策5つ目は、Uber Eats(ウーバーイーツ)でスキマ時間で貯金することです。

バイトだけだと、就活に必要なお金を貯金するはちょっと大変です。友達との遊びや欲しい物のお金を我慢したくないですよね。

そこで、バイトに加えてUber Eats をすれば、比較的簡単に貯金できるようになります。

例えば、ある程度まとまった時間はバイトに当てて、授業前や授業の空きコマはUber Eats をすれば、効率的にお金を稼げます。

時間を有効的に使えば、就活のお金を貯金できるようになるので、スキマ時間にUber Eats を試してみてください。

Uber Eats は、好きな時に出来るので、忙しい学生にもオススメできる稼ぎ方です。

バイトと併用すれば、余裕を持って貯金できるでしょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法⑥:クラウドソーシングでスキルを身につけながら貯金する

貯金せずに就活を始めてしまった時の対策6つ目は、クラウドソーシングでスキルを身につけながら貯金することです。

クラウドソーシングとは、仕事したい人と業務を発注したい人をマッチングさせるサービス。

一般的には、フリーランス(個人事業主)が利用しているのですが、学生のうちから利用するのも一つの手です。

自ら仕事を取りに行く必要があるので、実際に案件を獲得できれば、実績として就活で堂々と自己PRできます。

例えば、ライターとして記事を書く仕事をすれば、文章力が上がり、ESや自己PRの文章にも役立ちます。

学生の時から実践的なスキルを身に付けつつ、貯金したい方にはオススメです。

注意したいのが、最初は思ったより稼げないことです。

なので、はじめの頃は勉強時間として考えるといいでしょう。

逆に、しっかりスキルを身につければ、社会人と同じくらい稼ぐこともできますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法⑦:お金を借りる

貯金せずに就活を始めてしまった時の対策7つ目は、お金を借りることです。

どうしても就活を続けたいけど、そのためのお金が用意できなくなった時は、お金を借りるのも一つの手です。

就活は、将来に関わる大事な時間なので、お金が理由で諦めるのはもったいないからです。

まずは親に相談してみて、就活に必要なお金を借れるかお願いしてみましょう。

基本的にはバイトでお金を用意しつつ、足りなくなった時に親にお願いすれば、親も承諾してくれるかもしれません。

もし、身近に相談できる人がいなかったり、お金を借りているのを知られたくない場合は「キャッシングサービス」を利用するのも手です。

以下の3つのサービスなら、CMをよく放送している大手の企業ですし、学生でも安心して利用できます。

おすすめキャッシングサービス
  • プロミス
  • アイフル
  • アコム

少しでも良い企業に就職できれば、お金を返す余裕もできます。

就活のお金がどうしても必要だけど、頼れる人がいない場合は、検討してみてください。

ただし、実際に利用する場合は、返済計画をきちっと立ててからにしましょう。

お金が理由で就活を諦めてしまうのは、とてももったいないです。

頑張って続けて、少しでも良い企業に入れば、借りたお金も返しやすくなります。 

自分への投資と捉えて利用するなら、お金を借りるのは決して悪い方法ではありません。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活を始める前の貯金方法3選

就活生くん

就活のために貯金しておいた方が良いことは分かりました。

今からできる貯金方法が知りたいです。

貯金の必要性を感じたら、具体的な方法が知りたいですよね。

それでは、就活前にできる貯金方法3つ紹介していきましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活を始める前の貯金方法
  • 節約して貯金する
  • バイトのシフトを増やして貯金する
  • スキマ時間に稼げることで貯金する

貯金の目標金額としては、就活に必要な最低金額である10万円です。

では、それぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

貯金①:節約して貯金する

就活前の貯金方法1つ目は、節約して貯金する方法です。

普段の生活を見直し、無駄遣いしている出費を見つけて出費を抑えるようにしましょう。

無駄遣いが多い出費
  • お菓子やジュース
  • カフェで高いメニューを注文する
  • コンビニでご飯を買う
  • ゲームの課金
  • 電気の付けっぱなし
  • パチンコや麻雀

上記の無駄遣いを減らすだけでも、月に数千円、場合によっては10,000円くらい節約できます。

また、友達との遊びや欲しい物を買うことも、できる限り控えたいところ。

できる限り控えたい出費
  • 旅行
  • 漫画
  • 飲み会
  • カラオケ
  • 高価な服やアクセサリー

遊びや趣味のお金を減らしたくない方もいらっしゃいますが、就活が終われば好きなだけ出来ると考えて、できる範囲で節約したいところ。

以上の出費を節約すれば、数ヶ月で10万円の貯金ができるでしょう。

節約して貯金する方法は、ある程度我慢できる方におすすめです。

無理して節約すると、気持ちがしんどくなって続けられないので、可能な範囲で実践してみましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

貯金②:バイトのシフトを増やして貯金する

就活前の貯金方法2つ目は、バイトのシフトを増やして貯金する方法です。

バイトする時間を増やし、収入を上げれば余裕を持って貯金ができます。

数日シフトを増やせば、月に10,000円以上の貯金が可能でしょう。

これ以上シフトを増やせないという方は、一時的にバイトを掛け持ちしたり、単発バイトを申し込んでも良いですね。

バイトのシフトを増やす方法は、授業が少なかったり、あまり遊ないなど、ある程度まとまった時間が取れる方におすすめしたい方法です。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

貯金③:スキマ時間に稼げることで貯金する

就活前の貯金方法3つ目は、スキマ時間に稼げることで貯金することです。

以下の方法なら、自分の好きな時間に貯金することができます。

スキマ時間に稼げる方法
  • Uber Eats
  • アンケートモニター
  • クラウドソーシング

就活を始める時期が迫っていてすぐに貯金したい方や、これ以上バイトでの収入が得られない方におすすめです。

以上の方法は、事前登録して自分の好きなタイミングで稼ぐことができます。

まとまった時間は取れないけど、ちょっとした空き時間が多い方は、ぜひ実践してみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活は節約どころか稼ぐ方法もある

就活生ちゃん

就活の節約方法が分かりました。自分でも今から出来そうな方法もあって、ちょっと安心しました。

ちなみに、友達から聞いたんですが、就活生の中には節約どころか稼いでいる人もいるって聞いてます。

本当に就活で稼ぐことできるんですか?

はい。実は就活で稼ぐ方法はあります。

就活で稼ぐことができれば、節約を考える必要が無くなりますよね。

就活で稼ぐ方法は、以下の4つです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活で稼ぐ方法
  • 交通費が出る選考を重ねて受ける
  • 報酬が出るインターンに参加する
  • お金が出る就活イベントに参加する
  • 就活体験記を書いて稼ぐ

具体的にどうやって稼げるのか、一つずつ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

①:交通費が出る選考を重ねて受けて稼ぐ

就活で稼ぐ方法一つ目は、交通費が出る選考を重ねて稼ぐことです。

主に大手企業の面接では、面接会場までの交通費を出してくれる場合があります。

同じように交通費を出してくれる企業の面接を、同時にいくつも受ければ、その分交通費が浮くので、結果的に稼ぐことができます。

特に地方の就活生なら、数万円支給してくれるので、上手くいけば就活に必要なお金を一気に稼ぐことができますよ。

私の場合は、新幹線のチケットを買って領収書を発行したらすぐにキャンセルし、代わりに夜行バスで面接会場に行っていました。

新幹線の領収書があるので、新幹線代と夜行バス代の差額を稼ぐことができました。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

②:報酬が出るインターンに参加して稼ぐ

就活で稼ぐ方法二つ目は、報酬が出るインターンに参加することです。

数多くあるインターンの中でも、報酬が出るインターンに参加すれば稼ぐことができます。

主に、成長中のベンチャー企業や大手企業のインターンで報酬を出してくれます。

上手くいけば貴重な経験や人脈を手に入れつつ報酬も貰えるので、一度挑戦してみてもいいでしょう。

また、私が知っている就活生は、夏休みのほとんどをインターンに費やして、合計50万円も稼いだ方もいらっしゃいましたよ。

ただし、報酬が出るインターンは非常に人気なので、通過率が低いことに注意しましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

③:お金が出る就活イベントに参加して稼ぐ

就活で稼ぐ方法三つ目は、お金が出る就活イベントに参加することです。

就活イベントの中には、図書カードやAmazonギフト券、現金といった特典がもらえることがあります。

以上のような就活イベントに参加して、少しずつ稼いでいくことが可能です。

例えば、合同説明会だと数社以上の説明を聞けば、数千円分の商品券がもらえる場合があります。

特典がもらえる就活イベントを集中的に参加すれば、出費を抑えながら就活を続けられますよ。

金額的に大きく稼げるとは言えませんが、交通費分は浮かせられるので、積極的に参加したいですね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

④:就活体験記を書いて稼ぐ

就活で稼ぐ方法四つ目は、就活体験記を書いて稼ぐことです。

ご自身が受けたインターンや選考の体験記を書くと、報酬が貰うことができます。

例えば、ワンキャリアユニスタイルで就活体験記を投稿すれば、数百円から数千円の報酬がもらえます。

選考に落ちたとしても、体験記として投稿すれば報酬が貰えるので、経験が無駄になることありません。

スキマ時間などを活用して体験記を投稿すれば、就活をしながら稼ぐことができるので、誰でも出来るおすすめの稼ぎ方ですよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活でかかるお金を稼ぐ方法3つ

就活生くん

就活中に「お金が足りない・・・」なんてことにならないように、今のうちから余裕を持って、お金を稼いでおきたいです。
何かいい方法はありますか?
就活の費用を稼ぐおすすめの方法をいくつか紹介しますね。
以下の表を確認してください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活でかかるお金を稼ぐ方法
  • 稼ぎ方①:アルバイトをする
  • 稼ぎ方②:有給インターンに参加する
  • 稼ぎ方③:親から援助してもらう

 

それでは、就活で必要なお金を稼ぐ方法3つをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

稼ぎ方①:アルバイトをする

就活でかかるお金を稼ぐ方法1つ目は「アルバイトをする」です。

就活費用を稼ぐために一般的なのは、アルバイトでお金を稼ぐことです。

既にアルバイトをしている場合は、就活費用を就職活動が始まるまでの期間で逆算して、毎月いくら貯金するか計画を立てましょう

 

アルバイトをしていない場合は、アルバイトを探す状態から始めなければいけません。

就職活動が始まるまでに時間がない場合は、就職活動をしながらアルバイトをすることになってしまいます。

できるだけ早めに就活費用を貯めるように行動しましょう。

アルバイトに夢中になってしまい、肝心の就職活動の準備に支障がでないように注意しましょうね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

稼ぎ方②:有給インターンに参加する

就活でかかるお金を稼ぐ方法2つ目は「有給インターンに参加する」です。

就活費用を稼ぐには、企業が開催している有給インターンに参加してみましょう。

有給インターンとは、通常のインターンと違い、給料がもらえるインターンのことです。

有給インターンでは通常のインターンと違い、実際の仕事を任せられます。

社会人としての経験ができるということは、就職活動をするうえでも参考になる部分が多いですし、自分のスキルアップにできるのでおすすめです。

2日間で10万円の報酬がもらえたり、短期間で高額の報酬がもらえるインターンシップもあるので、募集している企業を探してみましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

稼ぎ方③:親から援助してもらう

就活でかかるお金を稼ぐ方法3つ目は「親から援助してもらう」です。

就活費用を自分で用意するのが困難だったり、就職活動が始まるまでに時間がない場合は、親に就活費用を援助してもらえないかお願いしてみましょう。

どうしても資金が足りなくなった場合は、正直に親に伝え援助を求めることも大切です。

親からすれば子供の人生が左右される就職活動のため、相談を聞いたら多少の援助をしてくれる可能性は高いです。

もちろん、自分の人生を決める就職活動なので、自分で就活費用を稼ぐのが大前提ということは忘れないようにしましょうね。

最初から親の援助を期待してはいけませんが、どうしても就活費用が足りないときは、最後の手段として親に就活費用を援助してもらえないか相談してみましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

【もう節約しなくていい!】就活を早く終わらせるサービス

就活生くん

就活って節約どころか、稼ぐこともできるんですね…!

稼げるのは嬉しいけど、やっぱり内定が取れる方が一番嬉しいかな。

おっしゃる通り。就活のゴールは内定を勝ち取ることですよね。

1日でも早く内定を手にして就活を終わらせることが、1番の節約になると言えるかもしれません。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

この記事を読まれている就活生は、就活が長引いて節約が必要になった方もいらっしゃるでしょう。

1日でも早く内定を手にして、就活から解放されたいですよね。

そこで、少しでも内定を早めることができる就活サービスを2つ紹介します。

タイトル
  • 就活エージェントで自分に合った会社を紹介してもらう
  • スカウトアプリで企業からオファーをもらう

それぞれ、詳しく解説しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

①:「就活エージェント」で自分に合った会社を紹介してもらう

就活を早く終わらせる方法一つ目は「就活エージェント」で自分に合った会社を紹介してもらうことです。

就活エージェントとは、専属のエージェントが就職活動の始めから終わりまで、就活生を支援してくれるサポートのこと。

就活エージェントでは自己分析や面接の対策、ES添削などのアドバイスを就活生は受けられます。

就活エージェントのサポート内容
  • 就活エージェントとの1対1の面談
  • 自分にあった企業の紹介
  • エントリーシート(ES)の添削
  • 面接練習とフィードバック

従来の就活だと、以上のような事を一人で行う必要があって、とても大変ですよね。

しかし就活エージェントなら、プロのエージェントが就活に必要な事を全面的にサポートしてくれるので、心身共にとっても助かるサービスです。

例えば、「ゼロキャンバス」は、成長・ベンチャー企業に強い就活エージェントで、内定率は86%という高さを誇ります。

あなたに適した企業をピックアップしてくれるので、ブラック企業を避けつつ、希望に近い企業の内定を勝ち取る可能性がグッと高まりますよ。

エージェントからの勧めている企業を受けなくても、自己分析や面接対策のために利用するのもアリです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

②:「スカウトアプリ」で企業からオファーをもらう

就活を早く終わらせる方法二つ目は「スカウトアプリ」で企業からオファーをもらうことです。

スカウトアプリ(逆求人サイト)とは、企業から就活生にオファーを出してくる就活サービス。

一般的な就活は、就活生自身が300万社ある企業から選ぶ必要があって、とても大変ですよね。

しかし、スカウトアプリを利用すれば、就活生はプロフィールを登録しておくだけで、企業があなたをスカウトしてくれます。

スカウトアプリ(逆求人サイト)のメリット
  • 効率的に就活ができる
  • 知らなかった企業に出会える
  • 早期内定を獲得できる

つまり、自分から就活サイトを使って企業を探さなくても、簡単に多くの企業と出会えるということ。

例えば「OfferBox(オファーボックス)」は、7,000の企業が登録しており、21卒と22卒を合わせた24万人の就活生が利用している、人気No1のスカウトアプリです。

スカウトアプリを活用すれば、効率的に就活を進めて、内定を早く勝ち取ることができますよ。

スカウトアプリは診断ツールも充実しており、自己分析を整理するために利用する就活生もいらっしゃいますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活でやってはいけない貯金方法

就活生くん

就活の貯金方法は分かりました。

自分でも出来そうな方法もあって、イメージも湧きました。

具体的な方法が分かれば、実践しやすいですよね。

ただ、逆に就活でやってはいけない貯金方法もありますので、合わせて紹介していきます。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活でやってはいけない貯金方法
  • 生活費を無理矢理削る
  • 夜の仕事をする
  • ギャンブル・投資・FXをやる
  • ネットワークビジネスやマルチ商法を始める

上記の方法をやってしまうと、なかなか貯金が上手くできなかったり、むしろお金が無くなるかもしれません。

どういうことか、それぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

NG①:生活費を無理矢理削る

就活でやってはいけない貯金方法1つ目は、生活費を無理矢理削ることです。

日常生活を送るのに必要なお金まで節約してしまうと、心身ともに大きな負担をかけます。

以下のような生活費の削り方は避けるようにしましょう。

やってはいけない生活費の削り方
  • 毎食カップ麺
  • 1日1食しか食べない
  • 冷暖房を使わない
  • 風呂は3日に1回だけ入る
  • メイクしない
  • やたら友達や先輩に奢ってもらう
  • ポイント目的のお買い物
  • 安いもの求めてお店を何軒も周る

無理に生活費を削ってしまうと、生活に支障が出て、最悪の場合は病院代といった予想外の出費が発生します。

節約は、あくまで不要な出費に対して行うようにしましょう。

実際、私も毎日の食事を減らす節約をしていましたが、不健康な痩せ方してしまい、面接官に心配されることがありました。

無理に生活費を削ると見た目にも影響が出てくるので、必要最低限の生活費は必ず確保しておきましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

NG②:夜の仕事をする

就活でやってはいけない貯金方法1つ目は、夜の仕事をすることです。

夜の仕事は稼ぎやすいと言われており、就活の貯金方法として適しているかもしれません。

しかし、受ける企業によっては良い印象を持ってくれない場合もあります。

特に、就活と両立する場合、深夜遅くまで働く必要があるので、翌日の就活の予定に影響が出てきたりもします。

もし収入を上げて貯金したい場合は、その方法を慎重に選んでいきましょう。

夜の仕事は、コミュニケーション能力が鍛えられ、経験としては就活に有利に働くこともあります。

ただ、就活の貯金方法としては適切ではないかもしれません。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

NG③:ギャンブル・投資・FXをやる

就活でやってはいけない貯金方法3つ目は、ギャンブル・投資・FXをやることです。

一発を狙って、ギャンブル・投資・FXに手を出す就活生がたまにいらっしゃいますが、損する可能性がとても高いです。

一度でも負けてしまうと、貴重なお金が一瞬で消えてしまい、場合によっては就活のお金が全て無くなってしまします。

就活の貯金をするためにギャンブル・投資・FXをするのは、とても危険な行為なので、避けるようにしましょう。

ギャンブル・投資・FXは、基本的に余裕資金(無くなってもいいお金)で行うものです。

お金に余裕がない方には、全くおすすめできません。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

NG④:ネットワークビジネスやマルチ商法を始める

就活でやってはいけない貯金方法4つ目は、ネットワークビジネスやマルチ商法を始めることです。

一度、ネットワークビジネスやマルチ商法に手を出してしまうと、なかなか止められない場合があるからです。

特に、悪質な業者の所で始めてしまったことで、人間関係に傷を作ったり、借金をしてしまった方もいらっしゃいます。

勧誘を受けてしまったとしても、ハッキリと断るようにしましょう。

ネットワークビジネスやマルチ商法そのものは違法ではありませんが、中には悪用する方もいます。

悪質かどうかは見分けがつきにくいので、就活の貯金目的で利用するは避けましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活でお金が必要になる項目4つ

就活生くん

就活でかかる費用って一体どんなものがあるのでしょうか?
就活でかかるお金といえば、リクルートスーツ・バックぐらいしか思いつきません(笑)

就活生くんが言っている物も、就活費用に含まれています。
ですが就活では、他にも多くの費用が必要になります。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活でお金が必要になる項目
  • 出費①:交通費
  • 出費②:宿泊費
  • 出費③:食費/カフェ代
  • 出費④:衣服費
それでは、就活でお金が必要になる項目をそれぞれ解説していきますね。
就活費用で特に出費がかかる内容を抜粋したので、あなたの就職活動の参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

出費①:交通費

就活でお金が必要になる項目1つ目は「交通費」です。

就職活動で大きな出費になりやすいのが交通費です。

交通費は、セミナーや面接などに移動するのに必ず必要になります。

特に地方の就活生にとっては、かなりの出費となる場合もあります。

新幹線・飛行機を使わなければならないのであれば、交通費だけで10万円ほどかかることもあるのです。

そのため、自分の住んでいる地域と就活で訪れる地域の交通費は事前に把握しておく必要があるでしょう。

交通費は就活生の住む場所により大きく変わります。
僕の場合は、大阪に住んでいて東京の企業の説明会に参加するたび、多額の交通費が必要になるので恐ろしいですね・・・。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

出費②:宿泊費

就活でお金が必要になる項目2つ目は「宿泊費」です。

就活では、交通費と同様に宿泊費も多くのお金が必要になります。

住む場所から遠くで面接や企業説明会がある場合は、宿泊が必須になるためです。

首都圏在住の学生は宿泊が必要なくても、首都圏から遠くの学生であればあるほど、宿泊が必要となります

何日か続けていくつかの企業を回る場合や朝早くの面接などの場合は、宿をとる必要があるため、宿泊費が発生してきます。

地方の学生は、ほとんどの場合宿泊費がかかってしまうので、都会の学生よりも多くのお金が必要になるので気をつけておきましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

出費③:食費・カフェ代

就活でお金が必要になる項目3つ目は「食費・カフェ代」です。

就職活動で意外に見落としがちなのが食費です。

就活では、一日を通して面接や会社説明会に参加するほど多忙になるので、昼食を外で食べる回数も増えます。

説明会や面接のたびに毎回外食となると、食費に関するお金もどんどん使ってしまうのです。

 

また、就活で次の予定まで時間が空いても家に帰るわけにもいきません。

近くのカフェやファストフード店で時間をつぶすことも多いでしょう。

カフェなどで使うお金は小額ですが、毎回何も気にずにカフェを利用していたら、無駄な出費に繋がってしまいます

意味もないのにスターバックスやマクドナルドなどで時間を潰すのは控えた方がいいですね(笑)

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

出費④:衣服費

就活でお金が必要になる項目4つ目は「衣服費」です。

就職活動では、リクルートスーツやビジネスシューズなどの身だしなみに関するものも必要になります。

リクルートスーツ・ワイシャツ・ネクタイなど一式を揃える必要があるため、衣服費も大きな出費となります。

男性は4-5万円、女性は3-4万円はかかると想定して、準備しておきましょう。

就職活動では身だしなみが重要なので、被服費は惜しまずにお金をかけましょう。
また、自分は何にいくらかかるのか、だいたいの金額を書き出してみると必要な金額が把握でき、いくら準備する必要があるのか明確になるでしょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活前から費用を貯金した方がいいの?

就活生ちゃん

就活をしながらアルバイトをするのか、就活を始める前にある程度貯金をしておくか、どちらがいいのでしょうか?
就活に専念したい場合は、あらかじめある程度のお金を貯金するのがおすすめです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活に全神経を集中させるためにも、貯金があれば融通が効きやすくなります。

就活は、あなたが想像している以上に多くの時間と労力を必要とします。

資金不足でエントリーしたい企業をいくつか削らなくてはならなかったなんて悲惨なことにならないように、ある程度は貯金をしておきましょう。

また、就活中にアルバイトをする場合もシフトが拘束されるアルバイトよりは、好きな時間に予定を自由に組めるアルバイトをするのがオススメです。

面接日を指定されて「その日はバイトで行けなくて・・・」なんてことになったら、本末転倒ですので、注意しておきましょうね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

なんとなく就活してると「お金がない」と困ってしまう

就活生ちゃん

就活を始めた頃は、特にお金に困っていませんでしたが、思ったより就活が長引いてお金が足りなくなっています。

もっと早く内定が取れれば、困ることがなかったのですが…。

就活が長引くと、その分出費が続くので、お金が足りなくなってしまいますよね。

もしかすると「とりあえず内定が取れればいい」と、なんとなく就活を続けていないでしょうか?

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

もし、なんとなく就活をしているなら、就活が長引く可能性があります。

その結果、出費が大きくなり、お金が足りなくなるかもしれません。

就活生の多くは、行きたい企業や業界といった「目標」を決めています。

特に、行きたい理由がハッキリしている就活生は、いち早く内定を取っていることが多いです。

逆に「とりあえず内定が取れればいい」という気持ちがある就活生は、人事にすぐ見抜かれて、なかなか内定が取れません。

行きたい企業や業界を決めれば、就活への本気度が上がるので、内定が早く決められるでしょう。

もし、どうしても行きたい企業や業界を決められない方は「自己分析ツール」の利用をオススメします。

効率的に自己分析できるので、自分が行きたい企業や業界を見つけられる可能性が上がります。

以下にオススメのサービスを詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

 

まとめ:就活で忙しくなる前に、ある程度のお金は貯金しておこう!

この記事の「【お金ない…】就活に必要な金額とお金の節約方法 | 貯金のやり方,費用一覧も」はいかがでしたでしょうか。

この記事では、就活で必要になるお金/貯金額について解説しました。

また、就活でお金を節約する方法お金/貯金がない人の対策方法についても解説しました。

さらに、就活で上手く稼ぐ方法や就活で多くの出費が必要になることも紹介しました。

このページで学んだことをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

この記事のまとめ

◆ 就活で必要なお金の平均額は13万円

◆ 就活でお金を節約する方法8つ

  • 方法①:交通費を毎回工夫する(夜行バスの利用)
  • 方法②:宿泊先はなるべく安い施設を利用する
  • 方法③:エントリー企業を適当に選ばない
  • 方法④:就活関連の書籍は新品で揃えない
  • 方法⑤:マクドナルドやカフェはコーヒーだけ注文する
  • 方法⑥:クレジットカードのポイント還元を活用する
  • 方法⑦:コンビニの利用や外食を控える
  • 方法⑧:履歴書はネットから印刷して証明写真はスマホで撮影する

◆ 時間を工夫して就活のお金を節約する方法

  • ①:就活の予定を極力まとめる
  • ②:バイトの時間を夜にする
  • ③:地方学生は就活シェアハウスに滞在して集中して就活する

◆ 就活でお金/貯金がない人の対策方法7つ

  • 方法①:交通費が出る選考を積極的に受ける
  • 方法②:有給インターンに参加する
  • 方法③:就活体験談を投稿する
  • 方法④:企業からオファーをもらう
  • 方法⑤:Uber Eats でスキマ時間で貯金する
  • 方法⑥:クラウドソーシングでスキルを身につけながら貯金する
  • 方法⑦:お金を借りる

◆ 就活を始める前の貯金方法3選

  • 貯金①:節約して貯金する
  • 貯金②:バイトのシフトを増やして貯金する
  • 貯金③:スキマ時間に稼げることで貯金する

◆ 就活は節約どころか稼ぐ方法もある

  • ①:交通費が出る選考を重ねて受けて稼ぐ
  • ②:報酬が出るインターンに参加して稼ぐ
  • ③:お金が出る就活イベントに参加して稼ぐ
  • ④:就活体験記を書いて稼ぐ

◆ 就活でかかるお金を稼ぐ方法3つ

  • 稼ぎ方①:アルバイトをする
  • 稼ぎ方②:有給インターンに参加する
  • 稼ぎ方③:親から援助してもらう

◆【もう節約しなくていい!】就活を早く終わらせるサービス

  • ①:「就活エージェント」で自分に合った会社を紹介してもらう
  • ②:「スカウトアプリ」で企業からオファーをもらう

◆ 就活でやってはいけない貯金方法

  • NG①:生活費を無理矢理削る
  • NG②:夜の仕事をする
  • NG③:ギャンブル・投資・FXをやる
  • NG④:ネットワークビジネスやマルチ商法を始める

◆ 就活でお金が必要になる項目4つ

  • 出費①:交通費
  • 出費②:宿泊費
  • 出費③:食費・カフェ代
  • 出費④:衣服費

就職活動は、自分の将来を決める大切な時期です。

就活中の出費は、出し惜しみしたくありませんよね。

そのため、就活で必要になりそうな費用を計算して、あらかじめ多めにお金を用意できるように余裕を持って貯金をしておきましょうね!

「就活の教科書」では、就活に役立つ記事を他にもたくさん掲載しています。

よかったら他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典