>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】自己PR「体力」の好印象な伝え方 | エピソードの注意点も

この記事で分かること
  • 自己PR「体力」はアピールになるが短所にもなる
  • 自己PR「体力」を用いた例文3つ
  • 自己PR「体力」を伝えるときのコツは、「体力」以外にもう1つ軸になる武器を作る
  • 自己PR「体力」を伝えるときの注意点3つ

 

就活生のみなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部のツジです。

この記事では、自己PR「体力」のアピール方法で悩んでいる就活生のために解説していきます。

あなたは自己PRで「体力」を伝える時に、困った経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 ツジ

就活生くん

僕は大学で部活しかしてこなかったので「体力」には自信があります。

ただ、僕みたいな人は多くいると思うし、「体力」がES(エントリーシート)や面接の自己PRとして使えるのかどうかわからず悩んでいます。

就活生ちゃん

私は風邪にかからない健康な体で継続力があることを「体力」を用いて自己PRしたいと思っています。

ただ、「体力」があることを自己PRでどう伝えられれば良いか悩んでいます。

確かに大学時代に部活に集中してきた人や体が健康な人は「体力」を自己PRで話したいですよね。

しっかり自己PRで「体力」の正しい伝え方を把握して、あなたの強みをしっかりと伝えられるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

そこでこの記事では自己PRで「体力」を魅力的に伝える例文を解説します。

合わせて、自己PRで「体力」を魅力的に伝えるコツ、やってはいけないことも解説しています。

この記事を読めば、「自己PRで「体力」を伝えなければよかった・・・」なんて後悔を避けられます。

自己PRで「体力」を武器にして、無事に就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

自己PRで「体力」はアピール可能だが短所にもなる

就活生くん

私は「体力」だけには自信があります!

ただ、就活の自己PRの長所で「体力」を話してアピールになるんでしょうか。

「体力」は自己PRで通用しますし、武器にもなります!

ただ、「体力」は伝え方を間違えてしまうと短所にも取られてしまうんです。

その説明をしていきますね。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

自己PRで「体力」は充分アピールできます。

企業は就活生1人を採用することは2〜3億円の投資をするのと同じ意味のため、簡単に辞めず、健康で長く働いてくれる社員がほしいからです。

ただし、「体力」があることだけをアピールすると「体力があると何ができるの?」と面接官に思われてしまうので注意が必要です。

新卒はポテンシャル採用なので「体力」があることは非常に大事です。

それに「体力」って一朝一夕で身につかないですから「体力」があるだけで他の就活生よりも有利ですよね。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

自己PR「体力」を魅力的に伝えている例文3つ

就活生くん

「体力」があることに少し自信を持てました!

ただ、実際に「体力」をアピールするためにはどんな文章を書けばいいのでしょうか。

「体力」を用いた例文を3つ用意したので確認しましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

自己PR「体力」の例文3つ
  • 例文①:ボクシングで培った「体力」
  • 例文②:ゼミで出場した大会で発揮した「体力」
  • 例文③:アルバイトで身につけた「体力」

それでは、自己PRで「体力」を魅力的に伝えている例文を1つずつ確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

例文①:ボクシングで培った「体力」

私の強みはボクシングで培った「体力」です。

私は大学1回生の夏にボクシングを始めました。

開始当初は趣味程度に始めるつもりでしたが、次第にボクシングに対する熱が高まり現在はプロを目指しています。

毎日トレーナーと5時間以上の練習とそれに加えて早朝ランニング、筋トレを行っています。

初めは肉体的辛さから練習を欠席したり、弱音を吐くことが何度もありました。

しかし、それでも周りの応援もありプロになりたいという目標を叶えるため私は努力し続けていました。

その結果、現在は周りの人が苦しいと感じることも平気になり、精神的にも肉体的にもどんな状況でも乗り越えらる力を身につけました。

私はこの「体力」があるという強みを活かして、貴社の営業で成果を残し貢献していきたいと考えています。

例文①では、ボクシングで培った「体力」についてアピールされています。

また「体力」だけをアピールするだけではなく、目標に対しての強い達成欲求も書かれています。

採用担当者は営業でも同じようにノルマを追いかけてくれるだろうと安心するので、アピールに成功しています。

「就活の教科書」編集部 ツジ

自己PRは以下の流れで書くと説得力のある文章になるので、参考にしてみてくださいね。

  • ①:結論:私の強みは〜です。
  • ②:具体的エピソード:その強みを〜で活かしました。
  • ③:課題:そこでは〜の課題がありました。
  • ④:考えと行動:〜と考え、〜のように行動しました。
  • ⑤:結果:その結果、〜することができました。
  • ⑥:入社後の活躍:入社後はこの強みを〜に活かしたいです。

 

例文②:ゼミで出場した大会で発揮した「体力」

私の持ち味は最後までやり切る「体力」です。

この力はゼミで出場したビジネスプランコンテストで発揮しました。

私達は前回書類選考で落選していたことから、今回は必ず受賞することを目標に掲げ1ヶ月間、毎日10時間会議を重ね準備に励んでいました。

ところが、提出日の前日に私達の提案内容が既に事業化されていることから急遽、再検討を迫られるという事態になりました。

そこで私はこれまでの頑張りを無駄にしたくないという思いから、皆に「最後まで諦めずに挑戦しよう」と鼓舞し、1人で100人を対象とした新たな調査を実施しました。

そして、一睡もしないまま2日間作業を続け、差別化を図った新提案書を作り上げました。

その結果、近畿大会で約170組の中から3位に受賞することが出来ました。

私はどんな状況でも諦めない力を武器に貴社に貢献していきたいと思います。

上記の例文では自分の課題に対して、最後まで諦めずやりきり成果を出していることが書かれています。

そのため、面接官に仕事でも活躍してくれそうだというイメージを持ってもらえるでしょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

例文③:アルバイトで身につけた「体力」

私の強みは自己管理ができる能力と「体力」があるところです。

私はもともと体が弱く、アルバイト先の予備校を欠勤してしまうことが度々ありました。

当時、担当していた受験生との面談をキャンセルすることが多く塾長にはこのままでは生徒にも予備校にも迷惑だから気をつけて欲しいと言われました。

「体力」を付けるためにランニングを始め、規則正しい食事や睡眠を取ることを心がけました。

何度か挫折しかけたこともありましたが、周りに迷惑をかけたくない一心で努力していました。

その結果、現在に至るまでこの生活を3年間継続することに成功しています。

今では自分の体調を管理できるようになり、規則正しい生活を送ることで自律神経の乱れもなくなり体が強くなり、アルバイトの欠勤もなくなりました。

事務職でなら、1日でも欠勤してしまうとチームに迷惑をかけてしまうため、私の「体力」と自己管理能力が活かし貴社に貢献できると考えています。

例文③では自己管理能力の高さと「体力」についてアピールされています。

目標に向けた継続的な努力をすることで結果的に健康な体を手に入れたという2つがアピールできていますね。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

自己PR「体力」を効果的に伝えるコツ3つ

ここでは、自己PRで「体力」をより魅力的に伝えるコツを解説します。

「就活の教科書」編集部 ツジ

自己PR「体力」を効果的に伝えるコツ3つ
  • コツ①:「体力」以外にもう1つ軸になる武器を作る
  • コツ②:「体力」が身についた過程を話す
  • コツ③:仕事での活かし方を伝える

それでは、自己PR「体力」を効果的に伝えるコツをそれぞれ確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

コツ①:「体力」以外にもう1つ軸になる武器を作る

自己PRで「体力」を効果的に伝える1つ目のコツは、「体力」だけではないもう一つの武器を作るです。

「体力」だけだとアピール不足になってしまうからです。

例えば、大学の野球部で毎日苦しい練習をして「体力」を身につけたではなく、仲間と共に苦しい練習を乗り切り「体力」と協調性も身につけたというように書き加えます。

「体力」ともう1つの武器を作ることで、協調性もアピールできますし、「体力」もより魅力的に伝えられます。

「体力」以外にもう1つ軸になる武器を作ることで他の就活生と大きく差をつけられます!

もう1つの武器の作り方がわからない人は上述した例文を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

コツ②:「体力」が身についた過程を話す

自己PRで「体力」を効果的に伝える2つ目のコツは、「体力」が身についた過程を話すです。

「体力」がなぜついたのか、つけようと思ったのかを自己PRで話すことでエピソード自体に深みを増すことができるからです。

また、あなたの価値観や考え方を面接官は感じ取れるので、あなたに対する誤解が生まれなくなります。

「体力」を身につけた過程をしっかり言語化させることで、よりあなたに好印象を抱いてもらえます。

みなさんも有名人のドキュメンタリー番組を見て「こんな一面があったんだ」って感じて親近感が湧くことありますよね。

面接でも考えや価値観を理解することでより好印象に繋がりやすいです。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

コツ③:仕事での活かし方を伝える

自己PRで「体力」を効果的に伝える3つ目のコツは、仕事での活かし方を伝えるです。

仕事での活かし方を伝えることで、面接官にあなたを採用した場合の具体的なイメージを抱いてもらえます。

就活生くん

大学で4年間サッカーをしてきたので体力には自信あります。

体力が必要な外回りの営業でも自信あります!

なるほど、確かに外回りの営業でも期待できそうだ。

人事さん

 

上記のように仕事での活かし方を伝えると好印象を与えられます。

自己PRで仕事での活かし方を伝えると、面接官はあなたの働いている姿を想像し内定に繋がりやすくなるのです

優秀な人でもどこの企業でも採用されるわけではありません。

働いているイメージが持てる人を採用します。

そのため、入社後のイメージを持ってもらえるように頑張りましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

自己PR「体力」を伝えるときの注意点3つ

就活生くん

もうこの調子でES(エントリーシート)や面接に合格できそうです!

最後にこれだけは抑えておくべき注意点はありますか?

もちろん注意点はありますよ。

自己PRで「体力」を伝えるときの注意点が3つあるのでお伝えします。

「就活の教科書」編集部 ツジ

自己PR「体力」を伝えるときの注意点3つ
  • 注意点①:考えることが嫌いな人間だと思われていないか
  • 注意点②:そもそも「体力」を求めている企業か
  • 注意点③:具体的なエピソードが話せるか

それでは、自己PR「体力」を伝えるときの注意点を1つずつみていきましょう!

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

注意点①:考えることが嫌いな人間だと思われていないか

自己PRで「体力」を伝えるときの注意点1つ目は、考えることが嫌いな人間だと思われていないかです。

世間一般的に「「体力」がある人」は「考えずにとにかく足を動かす人」という印象を持たれているからです。

もちろん行動力があるのは本当に素晴らしいことです。

ただ、面接官が就活生に求めているのは「体力があり、しっかりと考え行動する人」なので考えることが嫌いな人だと思われないようにしましょう。

ES(エントリーシート)や面接の自己PRでは自分の伝えたい内容に加えて面接官が何を求めているのか意識しましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

注意点②:そもそも「体力」を求めている企業か

自己PRで「体力」を伝えるときの注意点2つ目は、そもそも「体力」を求めている企業かです。

どれだけあなたが「体力」に自信があっても、企業が「体力」を求めていなければあなたを採用してくれないからです。

あくまでも、企業が求めている能力に「体力」がある上で自己PRを行わないとあなたがどれだけ優秀でも内定をもらうことは難しいです。

事前に企業が求めている人物像を把握し、ミスマッチを起こさないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

注意点③:具体的なエピソードが話せるか

自己PRで「体力」を伝えるときの注意点3つ目は、具体的なエピソードが話せるかです。

あなたの「体力」がどのように発揮されたか具体的なエピソードを伝えないと面接官に対し説得力に欠けるからです。

例えば、「私は大食いできます」より「大食い記録をいろいろな店で更新してきましたので私は大食いです」などです。

具体的なエピソードを交えて話すことで説得力が生まれ、面接官に好印象を持ってもらえます。

具体的なエピソードは2つ以上用意することをお勧めします。

企業によっては自己PRの具体例を3つ教えてくださいと言われるからです。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

また、自己PRでは他にも意識しなければならないポイントが多くあります。

「自己PRが苦手で上手くできない…」「今よりもっと自己PRの完成度を上げたい!」という就活生は以下の記事が、参考になります。

自己PRができない人のおすすめの対処法や真似すればESがバンバン選考に通過するようになる自己PRの作り方を解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

自己PRの通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

 

自己PRに使える強みを見つけたい時は、診断ツールを活用してみよう

就活生くん

自己分析をしているけど、自己PRに使える長所や強みが上手く見つけられないです・・・。

簡単に自分の長所や強みを見つけられる方法があれば教えてください。

自己PRに使えるあなたの長所や強みを見つけるなら、自己分析の診断ツールがおすすめですよ。

診断ツールの中でも一番おすすめは「OfferBoxの適性検査AnalyzeU+」です。

適性診断AnalyzeU+(アナライズユープラス)は、251の設問に答えるだけで、あなたの自己PRできる長所や強みを6タイプ25項目で診断してくれます。

就活生の144,000人が利用しており、人気No.1の診断ツールなので活用してみてください。

就活アドバイザー

>>適性検査AnalyzeU+で長所や強みを調べてみる

 

その他の自己PRに使える長所診断ツールは、こちらの記事でまとめているので、あなたに合う長所診断ツールを試してみてくださいね。

 

まとめ:自己PRで「体力」は伝え方次第で魅力的になるが注意が必要

この記事の「【例文あり】自己PR「体力」好印象なアピール方法 | 長所を答えるコツ,注意点も」の記事はいかがでしたか。

この記事では自己PRで「体力」を魅力的に伝える例文コツを解説しました。

合わせて、自己PRで集中力が高いを魅力的に伝えるために注意すべきことも解説しました。

 

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

この記事のまとめ

◆自己PRで「体力」はアピールになるが短所にもなる

 

◆自己PRで「体力」を魅力的に伝えるための例文3つ

  • 例文①:ボクシングで培った「体力」
  • 例文②:ゼミで出場した大会で発揮した「体力」
  • 例文③:アルバイトで身につけた「体力」

 

◆自己PR「体力」を効果的に伝えるコツ3つ

  • コツ①:「体力」以外にもう1つ軸になる武器を作る
  • コツ②:「体力」が身についた過程を話す
  • コツ③:仕事での活かし方を伝える

 

◆自己PRで「体力」を魅力的に伝えるための注意点3つ

  • 注意点①:考えることが嫌いな人間だと思われていないか
  • 注意点②:そもそも「体力」を求めている企業か
  • 注意点③:具体的なエピソードが話せるか

 

◆まとめ:自己PRで「体力」は伝え方次第で魅力的になるが注意が必要

 

自己PRで「体力」を伝える時は、「体力」だけでなく、他の強みも一緒にアピールすることが大切でしたね。

また、「体力」が発揮された具体的なエピソードを交えて話すと説得力が増しますよ。

あなたが自己PRで集中力を魅力的に伝え、納得のいく内定をもらえることを心から祈っています。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ツジ