>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【内定者が教える】「興味をもった理由」面接での答え方 | 質問意図やNG回答例も

興味を持った理由 3つの意図

こんにちは。「就活の教科書」編集部のコータです。
今回は、「興味をもった理由」を面接で聞かれた時の答え方を解説します。
「当社に興味をもった理由を教えてください」と聞かれた時、皆さんはどう答えますか?

「就活の教科書」編集部 コータ

就活生くん

興味をもったきっかけなんて特にないなぁ。

就活生ちゃん

普通に志望理由を話したら良いんじゃないの?

「興味をもった理由」と「志望理由」は違います。
興味をもった理由は「企業に関心をもったきっかけ」のことで、志望理由は「企業を志望する理由」のことです。
面接官が「興味をもった理由」を聞くのには、ちゃんとした理由があります。

「就活の教科書」編集部 コータ

そこでこの記事では、「興味をもった理由」を面接官が聞く意図や、面接で答える時のポイント、さらに注意点について解説します。

この記事を読めば、「興味をもった理由を聞かれたけど、うまく答えられなかった…」なんてことを避けられます。

「興味をもった理由」は、本選考の面接だけでなく、インターンシップの面接やエントリーシート(ES)でも聞かれることの多い質問です。

面接官の意図通りに「興味をもった理由」を答えて、選考を突破しましょう!

 

「興味をもった理由」を面接官が聞く意図2つ

就活生くん

そもそも面接官はなんで「興味をもった理由」を聞くの?

「興味をもった理由」を面接官が聞く意図は2つあります。

「就活の教科書」編集部 コータ

「興味をもった理由」を面接官が聞く意図2つ
  • 意図①:企業理解度を確認するため
  • 意図②:志望度を確認するため

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

意図①:企業理解度を確認するため

「興味をもった理由」を面接官が聞く理由1つ目は、企業理解度を確認するためです。

企業理解度とは、就活生が企業についてどれくらい理解しているかのことです。

就活生の企業理解度を確認することで、企業は就活生とのマッチ度を知ろうとしています。

より自社の雰囲気に合う学生を採用するために、企業は「興味をもった理由」を質問します。

「興味をもった理由」をうまく答えるためには、企業研究が欠かせません。
企業研究については、以下の記事で網羅的に紹介しています。
合わせて参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

意図②:志望度を確認するため

「興味をもった理由」を面接官が聞く理由2つ目は、志望度を確認するためです。

就活生の志望度を確認することで、企業は入社後に活躍してくれそうな就活生を採用できます。

志望度の高い就活生は「一緒に働きたい」と面接官に感じさせます。

しかし、志望度の低い就活生は「本当に入社したいのかな?」と面接官に思わせてしまいます。

志望度の高い学生と面接官に思われるためにも、「興味をもった理由」はしっかりと話せるよう準備しておきましょう。

これで「興味をもった理由」を面接官が聞く理由がわかりましたね。
では次に、「興味をもった理由」を面接で答える時のポイントを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

「興味をもった理由」を面接で答える時のポイント3つ

就活生くん

「興味をもった理由」ってどうやって面接で答えたら良いの?
何かポイントがあれば教えてほしい!

それでは、「興味をもった理由」を面接で答える時のポイント3つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

「興味をもった理由」を面接で答える時のポイント3つ
  • ポイント①:興味をもった理由を述べる
  • ポイント②:興味をもった具体的なエピソードを述べる
  • ポイント③:入社後にしたいことを述べる

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

ポイント①:興味をもった理由を述べる

「興味をもった理由」を面接で答える時のポイント1つ目は、興味をもった理由を述べることです。

まず最初に、結論の「興味をもった理由」を簡潔に述べましょう。

最初に結論を話さないと、話全体の中で何を伝えたいのかがわかりません。

話の最初に結論を話し、話の方向作りをしましょう。

最初に結論を話すことは、「興味をもった理由」だけでなく、どの面接においても大切なことです。
普段から結論を最初に話すよう心がけましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

ポイント②:興味をもった具体的なエピソードを述べる

「興味をもった理由」を面接で答える時のポイント2つ目は、興味をもった具体的なエピソードを述べることです。

興味をもった具体的なエピソードを話すことで、面接官は「あなたの当時の場面」を想像できます。

例えば、「私は普段から貴社のサービスをよく利用しているので」や「初めて貴社の製品を利用したときにとても印象的だったので」などが具体的なエピソードとして挙げられます。

興味をもったエピソードはどんな内容でも構いません。
ありきたりな内容でも良いので、あなたの実体験を述べましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

ポイント③:入社後にしたいことを述べる

「興味をもった理由」を面接で答える時のポイント3つ目は、入社後にしたいことを述べることです。

入社後にしたいことを話すことで、面接官はあなたが入社して実際に働く様子をイメージできます。

もし入社後にしたいことが決まっていない場合は、入社後に自分はどのような社会人になりたいかを話すのも良いでしょう。

入社後にしたいことについては、以下の記事で網羅的に解説しています。

では次に、「興味をもった理由」を面接で答える時の回答例を紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

「興味をもった理由」を面接で答える時の回答例

就活生くん

「興味をもった理由」の回答例があれば、もっとわかりやすいのになぁ。

では次に、「興味をもった理由」の回答例を2つ紹介します。
面接で話す時だけでなく、エントリーシートに書く時の参考にもなります。
先ほど解説したポイントを意識しながら読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 コータ

「興味をもった理由」を面接で話す時の回答例2つ
  • 回答例①:説明会を聞いて興味をもったから
  • 回答例②:就活の軸と重なるから

それぞれ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

回答例①:説明会を聞いて興味をもったから

私は貴社の説明会を聞いて興味をもちました。
説明会では、日本で初めて家庭用カレーやレトルトカレーを作るなど、様々な新しいことに挑戦すると伺いました。
新しいことに挑戦する姿勢は向上心の高い自分と重なると感じ、ここでなら自分は活躍して働けると感じました。
私は人と話すことが好きなので、入社後は営業部門にて、持ち前の向上心を活かして働きたいと考えています。

この例文は、説明会を聞いて興味をもった例文です。
説明会で聞いた内容に共感したことを伝えるのは、面接官にとって好印象です。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

回答例②:就活の軸とマッチするから

私が貴社に興味をもった理由は、私の就活の軸と貴社がマッチするからです。
私の就活の軸は「関わる人を幸せにできる」「若手に裁量権がある」の2つです。
貴社は「関わる人すべてを幸せに」という企業理念を掲げていて、私はその理念に強く共感しました。
また若手にも責任のある仕事に挑戦させてもらえるという点から、貴社に興味をもちました。入社後は与えられた仕事だけでなく、責任のある仕事にも積極的に挑戦し、最速で出世したいです。

就活の軸にマッチするから興味をもったという理由も定番の答え方です。
就活をする上で、企業探しの軸は欠かせません。

「就活の教科書」編集部 コータ

就活の軸については、以下の記事で詳しく解説しています。

では次に、「興味をもった理由」を面接で答える時の注意点を紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

「興味をもった理由」を面接で答える時の注意点3つ

就活生ちゃん

「興味をもった理由」を面接で話す時のポイントがわかった!
でも、何か気をつけておいた方が良いことってある?

もちろん気をつけるべきことはあります。
それでは、「興味をもった理由」を面接で答える時の注意点3つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

「興味をもった理由」を面接で答える時の注意点3つ
  • 注意点①:興味をもった理由がない
  • 注意点②:結論を最初に話さない
  • 注意点③:福利厚生が良いから興味をもったと話さない

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

注意点①:興味をもった理由がない

「興味をもった理由」を面接で答える時の注意点1つ目は、興味をもった理由がないことです。

興味をもった理由は、企業の選考を受ける上で必ず聞かれる質問です。

企業の選考を受けようと思ったのには、必ず何かきっかけがあるはずです。

選考が始まるまでにしっかりと振り返って、興味をもった理由を話せるようにしておきましょう。

 

注意点②:結論を最初に話さない

「興味をもった理由」を面接で答える時の注意点2つ目は、結論を最初に話さないことです。

結論を最初に話さないと、文章全体として結局何が言いたいのかがわからなくなります。

どの面接でもそうですが、結論は最初に話すよう意識しましょう。

 

注意点③:福利厚生が良いから興味をもったと話さない

「興味をもった理由」を面接で答える時の注意点3つ目は、福利厚生が良いから興味をもったと話さないことです。

福利厚生が良いから興味をもったと話してしまうと、仕事内容には興味がないのかと思われてしまいます。

仮にどれだけ福利厚生が良くても、他の内容で興味をもった理由を話すようにしましょう。

以上の3点に気をつけて「興味をもった理由」を話すことで、あなたの気持ちは必ず面接官に伝わります!

「就活の教科書」編集部 コータ

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

メモ

就活の教科書がおすすめする面接の練習方法は、就活エージェント「キャリアチケット」の活用です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、面接練習に加えて、就活相談やES添削などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

まとめ:「興味をもった理由」を通してあなたの魅力を伝えよう!

いかがだったでしょうか。

今回は「就活の教科書」編集部のコータが、「興味をもった理由」を面接官が聞く意図や、面接で答える時のポイント、注意点について解説しました。

まず、「興味をもった理由」を面接官が聞く理由は以下の2つでした。

「興味をもった理由」を面接官が聞く意図2つ
  • 意図①:企業理解度を確認するため
  • 意図②:志望度を確認するため

次に、「興味をもった理由」を面接で答える時のポイントは以下の3つでした。

「就活の教科書」編集部 コータ

「興味をもった理由」を面接で答える時のポイント3つ
  • ポイント①:興味をもった理由を述べる
  • ポイント②:興味をもった具体的なエピソードを述べる
  • ポイント③:入社後にしたいことを述べる

次に、「興味をもった理由」を面接で答える時の回答例を2つ紹介しました。

「就活の教科書」編集部 コータ

「興味をもった理由」を面接で話す時の回答例2つ
  • 回答例①:説明会を聞いて興味をもったから
  • 回答例②:就活の軸と重なるから

最後に、「興味をもった理由」を面接で答える時の注意点3つを紹介しました。

「興味をもった理由」を面接で答える時の注意点3つ
  • 注意点①:興味をもった理由がない
  • 注意点②:結論を最初に述べない
  • 注意点③:福利厚生が良いから興味をもったと話さない

また、面接では他にも様々な質問をされることがあります。

「他の面接の質問を知りたい!」そんな就活生の方はこの記事を参考にしてください。

「就活の教科書」では、就活に役立つ記事を他にもたくさん掲載しています。
合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ