>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【例文あり】「物流業界」志望動機の魅力的な伝え方 | 求められる能力も

【例文あり】「物流業界」志望動機の魅力的な伝え方 _ 求められる能力も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • そのまま使える!物流業界の志望動機の例文3つ
  • 簡単!物流業界の志望動機を作るステップ3つ
  • 物流業界の志望動機では「体力」「IT力」「語学力」をアピールするべき
  • 物流業界の志望動機で落ちるNG例とは?

 

就活生のみなさん、こんにちは。

「就活の教科書」編集部の後藤です。

この記事では、物流の志望動機について解説していきます。

みなさんは物流業界の志望動機を書く時に、困ったことや悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 後藤

就活生くん

最近、物流業界にエントリーしたんだけど、志望動機がちゃんと伝わってるか心配です。

物流業界ってたくさん企業があるし、志望動機をどうやって書けばいいのか分かりません。

就活生ちゃん

私も物流業界の中で気になっている企業があるので、エントリーをする予定です。

どんな強みをアピールすれば、物流業界の魅力的な志望動機を作れるのか知りたいです。

たしかに、物流業界といってもいろんな業態や仕事があるし、志望動機に何を書けばいいか迷いますよね。

でも、物流業界で求められる人物像志望動機の作り方のポイントを押さえれば、魅力的な志望動機を作ることが出来ますよ。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

そこで、この記事では、物流業界の志望動機の例文や作り方のステップを解説します。

合わせて、物流業界で求められる人物像志望動機のNG例も紹介します。

この記事を読めば、物流業界ならではの志望動機が作れ、選考に受かる可能性がUPしますよ。

「物流業界の志望動機の作り方が分からない」という就活生は、ぜひ読んでみてくださいね。

目次

【業界研究】まずは物流業界について知ろう

就活生くん

実は物流の意味がよくわかっていません。

どんな仕事なのか教えてもらえませんか?

たしかに、物流は言葉の意味が広すぎますよね。

志望動機を書く前に、どんな仕事があるのかを理解するところから始めていきましょう。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

物流業界の業態は「陸・海・空」の3つ

物流には3つの業態があります。

「就活の教科書」編集部 後藤

物流の業態
  • 陸運:地上での輸送のこと(例:トラック・貨物列車)
  • 海運:海上の輸送のこと(例:船)
  • 空運:空の輸送のこと(例:飛行機)

「陸運」は地上、「海運」は海上、「空運」は空と、それぞれ文字通りの意味です。

「就活の教科書」編集部 後藤

就活生くん

例えば、どんな企業があるんですか?

主な物流企業(2019年度の売上高)

<陸運>

  • 日本通運(売上:2兆80億円)
  • 日立物流(売上:6,772億円)
  • ヤマトホールディングス(売上:3,817億円)

<海運>

  • 日本郵船(売上:1兆6,684億円)
  • 商船三井(売上:1兆2,340億円)
  • 川崎汽船(売上:7,352億円)

<空運>

  • 全日本空輸(売上:1兆9,742億円)
  • 日本航空(売上:1兆4,112億円)
  • スカイマーク(売上:903億円)

業態の中で仕事内容もそれぞれ分かれています。

次で見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

物流の仕事は「宅配・管理・通関士」の3種類

物流の仕事は、大きく分けて3種類あります。

3種類それぞれを解説していきます。

「就活の教科書」編集部 後藤

物流の仕事

【宅配】

  • モノをある地点からある地点まで輸送する
  • 法人・個人どちらにもモノを届ける

【管理】

  • 物流の仕組みや運用を考える
  • 効率的な配送ルートの検討や、日程調整をする

【通関】

  • 輸出入に関する取締まりをする
  • 関税や消費税の正しい徴収や、違法な輸出入をチェックする

一言で物流といっても、いろんな仕事がありますね。

物流には3種類の仕事があることを押さえておきましょう。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

物流業界の問題点と今後の動向

物流業界の問題点と今後の動向についても解説しますね。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

◆ 物流業界の問題点

物流業界の大きな問題点は、「小口発送に伴うコストの増加」です。

近年では、Amazonや楽天などのECサイトが普及したことから、小口発送が増加しています。

このことから、小さな商品を莫大なコストをかけて運送することが多く、小口発送に対する効率化が求められています。

他にも荷物を運送するドライバー不足や業務の激務化などがあります。

 

◆ 物流業界の今後の動向

物流業界の今後の動向は、「AIやICT技術を用いた作業効率化」です。

今まで倉庫での物品管理などは人が行っていましたが、これからの時代はICT技術を活用し、データによって管理するようになります。

また、AIロボットによる単純作業の自動化や、無人トラックによる物品搬送などあらゆる作業が自動化される未来が予想されます。

次に物流業界で実際に使える志望動機の例文について紹介します。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

【そのまま使える】物流業界の魅力的な志望動機の例文3つ

ここでは、さまざまな業態や仕事に分けて、志望動機の例文を3つ紹介します。

自分が志望する企業の特徴を調べながら、例文を参考にして志望動機を書いてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 後藤

物流企業に受かる志望動機の例文3つ
  • 例文①:「陸運」の志望動機
  • 例文②:「海運」の志望動機
  • 例文③:「空運」の志望動機

それでは、物流業界の志望動機の例文を3つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

例文①:「陸運」の志望動機

貴社を志望する理由は、日本の輸送の仕組みをもっと効率的にすることで、経済を下支えしたいからです。

私は、大学生になってからネット通販をよく利用するようになり、物流企業の存在が大きいことを知りました。

ユーザ目線で「より安く、早く、安全に」利用したいという思いから、モノを運ぶ仕事に携わりたいと考えるようになりました。

貴社に採用されましたら、私の強みである「ITスキル」を活かし、物流システムを改善します。

私は大学で情報学部に所属し、Eコマースとシステム連携について学び、現在も研究室のメンバーと勉強会を開いています。

この経験から、特に貴社で緊急課題とされている「物流システムのIT化」に貢献できると考えています。

貴社の輸送の仕組み改善をすることで、日本全国の輸送システムにインパクトを与え、国内経済を活性化させたいです。

物流業界は国レベルでIoTの推進をしていたりと、IT化が進んでいます。

ITスキルがあれば、志望動機で積極的にアピールできると良いですね。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

例文②:「海運」の志望動機

私は、グローバルにチャレンジができる仕事を通じて、社会貢献したいです。

物流は、輸出入に大きな影響を与える仕事で、海外でも活躍する場が多いため、物流業界に身を置きたいと考えています。

貴社は、「3PL事業でアジアNo1を目指す」「海外の倉庫を2025年までに2倍に増やす」など、他の物流企業よりも海外展開のスピード早いと感じています。

私は、学生時代に「ビジネス英語コンテスト1位」「世界1週旅行」などを通じ、語学力と誰とでもコミュニケーションを取れる力を身に着けました。

貴社では、世界中の社員・顧客と関わる機会が多くあると思いますが、これまでの経験を活かし、グローバル人員として活躍したいです。

この志望動機は、志望企業の特徴をしっかり調べ、これまでの経験と志望企業の強みをマッチさせていますね。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

例文③:「空運」の志望動機

私は仕事を通じて、日常生活を支えることで社会貢献したいと考えています。

特に物流は、国内外問わずモノのやり取りが当たり前となっている現代においては、なくてはならない存在です。

私は海外の文化に触れることが好きで、よく海外旅行にいきます。

そのときにいつも感動するのが、「海外にいても、メイドインジャパンのモノがある」ことです。

調べてみると、8割以上が貴社の物流経路によって海外に運ばれていることを知り、国内と海外をつなぐ重要な役割を果たしていると感じました。

日々の勉強と旅行で培ったグローバルな語学力を活かしながら、貴社で国際的な活躍をして、世界中の暮らしをよりよくしたいです。

物流業界は海外との仕事も多いので、語学力やグローバル意識を伝えられると、魅力的に志望動機になりますね。

「就活の教科書」編集部 後藤

就活生くん

こんなすごい物流業界の志望動機なんて、いきなり一人では作れないです。

志望動機を作るコツなどあれば教えて下さい。

実は、テンプレートを使えば簡単に魅力的な志望動機を作ることが出来ます。

以下の記事では、志望動機で使える6ステップのテンプレートが紹介されているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

ちなみに人事に刺さる志望動機を作りたいなら、「自己分析」が必須になります。

自己分析で最もおすすめな自己分析診断は、統計データをもとにした分析結果を参考に自己分析できます。

たとえば「キミスカ適性検査」を使い、41項目の分析結果から自分の強みを見つけて、あなただけの志望動機を作ってみましょう。

人事さん

キミスカ適性検査で診断してみる

 

また、志望動機は人事が注目するポイントですが、ガクチカや自己PRなども回答によって評価が大きくわかれます。

そこで就活の教科書公式LINEでは参加者限定特典として「ES質問/回答61選」無料でプレゼントしています。

志望動機やガクチカなどの定番質問と回答例を合わせて見れるので、ぜひ受け取ってみてくださいね。

>> 「ES質問/回答61選」を受け取る

 

【簡単】物流業界の志望動機を魅力的に伝えるステップ3つ

就活生ちゃん

物流業界の志望動機って、どうしてもうまく書けないのよね。

何かポイントってありますか?

物流って意味が広いし、何を伝えればいいかわからなくなりますよね。

ここでは、物流業界の志望動機を書く際のコツを3つ解説します。

「就活の教科書」編集部 後藤

物流業界の志望動機を魅力的に伝えるコツ3選
  • コツ①:なぜ物流業界の中のその企業を志望するのか説明する
  • コツ②:物流業界で求められる人物像をアピールする
  • コツ③:物流業界で自分が貢献できる理由を伝える
1つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

ステップ①:なぜ物流業界の中のその企業を志望するのか説明する

物流業界の志望動機を魅力的に伝えるコツ1つ目は、「なぜ物流業界の中のその企業を志望するのか説明する」です。

「内定辞退をされそう…」という企業側の不安を取り除くことができるからです。

例えば「商船三井ではなく、日本郵船で働きたい理由」を明確に伝えることで、志望企業への本気度を伝えることができます。

「なぜ物流企業なのか・なぜその企業なのか」を志望動機に盛り込み、企業が恐れる「内定辞退」の可能性は低いことをアピールしましょう。

なぜ物流業界が良いのかはっきりと伝えるためには、業界研究が欠かせません。

以下の記事で、業界研究のやり方について紹介されていますので、ぜひ参考に業界研究をしてみて下さい。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

ステップ②:物流業界で求められる人物像をアピールする

物流業界の志望動機を魅力的に伝えるコツ2つ目は、「物流業界で求められる人物像をアピールする」です。

なぜなら、物流企業にとって魅力的なスキルをアピールすることで、「この就活生は将来ウチで活躍しそう」と企業に思ってもらいやすいからです。

魅力的なスキルとは、後ほど紹介する「体力」・「IT力」・「語学力」が理想です。

物流企業で求められるスキルをもっている場合は、志望動機で積極的にアピールしていきましょう。

 

ステップ③:物流業界で自分が貢献できる理由を伝える

物流業界の志望動機を魅力的に伝えるコツ3つ目は、「物流企業で自分が貢献できる理由を伝える」です。

企業にとってあなたを採用するメリットがなければ、内定はでません

例えば、ITスキルに自信がある人は「物流のシステム面から配送の効率化に貢献することができます」というように、自分の強みを絡めながら志望動機を伝えられると良いです。

あなたが企業にとって欲しい人材であることをアピールするために、物流企業では自分が貢献できる理由を伝えましょう。

会社にどのように貢献できるのか伝えるためには、自己分析が欠かせません。

以下の記事で、自己分析のやり方が詳しく解説されているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

物流業界の志望動機で求められる能力3つ

就活生くん

僕は物流業界を志望しているんだけど、どういう能力が求められるんだろう?

物流業界では以下の3つの能力が求められます。

「就活の教科書」編集部 後藤

物流業界の志望動機で求められる能力3つ
  • 能力①:体力
  • 能力②:IT力
  • 能力③:語学力

それでは物流業界の志望動機で求められる能力について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

能力①:体力

物流業界で求められる能力の1つ目は、「体力」です。

物流業界では運搬、倉庫内を歩き回るなど体を使うことも多く、タフさが必要な場面があります。

学生時代に引っ越しのアルバイトや部活動をやっていた人はそれらの具体的エピソードをアピールすると志望動機に説得力が増します。

物流業界はとても体力を使う仕事が多いです。
以下に「体力がある」ことの魅力的な伝え方が書かれている記事を紹介しておくので、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

能力②:IT力

物流業界で求められる能力の2つ目は、「IT」です。

ITスキルは物流業界の中でも主に事務職に関連する人達に必要になるスキルです。

物流には生産管理システム・受発注システム・貿易関連システムなどの幅広いシステムがあり、ITを使う場面が増えてきています。

エクセルでの表計算など簡単なITスキルでもアピールポイントになります。

ITを活用した物流の効率化が近年では進んでいますね。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

能力③:語学力

物流業界で求められる能力の3つ目は、「語学力」です。

語学力は、特に海外輸送や通関などグローバルでの活躍する人たちに求められるスキルです。

物流は国内での物流以外にも、海外にモノを輸出する貿易系の仕事もあります。

そのような場面においては、語学力が必要になってきます。

英語が話せるだけで仕事の幅が広がりますね。
以下に「英語力」の魅力的な伝え方が書かれた記事を載せておくので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 後藤

 

【注意】物流業界の志望動機のNG例2つ

就活生くん

物流業界の志望動機を作成してみましたが、企業にしっかりと伝わるか不安です。

物流業界の志望動機を作るときのNGポイントを2つ紹介します。

作った志望動機に以下のNGポイントが含まれていないか確認をしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 後藤

物流業界の志望動機のNG例2つ
  • NG①:海外の仕事だけにフォーカスした内容になっている
  • NG②:内容が特定の仕事に限定してしまっている

 

NG①:海外の仕事だけにフォーカスした内容になっている

物流業界の志望動機のNG例1つ目は、「海外の仕事だけにフォーカスした内容になっている」です。

海運と空運はグローバルなイメージ強いですが、必ずしも海外で働けるとは限らないからです。

海運であれば国内の港、空運であれば国内の空港というように、国内での活躍が求められる可能性も十分にあります。

企業に「海外にしか興味ないのかな」と思われないように、海外の仕事だけにフォーカスした志望動機にならないように注意しましょう。

 

NG②:内容が特定の仕事に限定してしまっている

物流業界の志望動機のNG例2つ目は、「内容が特定の仕事に限定してしまっている」です。

なぜなら、特定の仕事に限定した志望動機を書くと、「入社後のキャップが大きそう」と企業から判断されやすいからです。

就活生ちゃん

むしろ、特定の仕事にフォーカスして志望動機を書くべきだと思っていました。

配属先も決まっていない段階で、特定の仕事に限定した志望動機にしてしまうと「この就活生は他の仕事はちゃんとやってくれるのかな」と企業は不安になります。

そのため、物流の志望動機では「特定の仕事に限定しない」内容にしましょう。

エントリーシート「志望動機」の通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの志望動機を書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

志望動機を上手に書くコツってあるんですか?

志望動機を上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして志望動機を書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

志望動機を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機をとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この志望動機で本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの志望動機を一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に志望動機を添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

志望動機を考えるのが面倒なら、逆求人サイトで企業から直接オファーをもらおう

就活生くん

企業によって毎回内容を変えて志望動機を作るのって正直、面倒です。

企業ごとの志望動機って毎回考え直すのって大変なんだよなー・・・

確かに、志望動機を毎回考え直すのって大変ですよね。

志望動機を考えずに選考を受けるなら、 企業から選考オファーを受け取れる逆求人サイトがおすすめです。

自己PRガクチカを書いておくだけで、企業から選考オファーが来ますので、エントリーで志望動機を書く必要はありません。

就活アドバイザー

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

志望動機を書かずとも選考オファーを受けとれるので、どの逆求人サイトを使うか迷っている就活生の方は、まずはOfferBoxを使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

志望動機を企業ごとに考えるのが大変だと感じる就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

 

エントリーシートでよく出る質問/回答61選!

就活生くん

エントリーシートを企業ごとに書くの疲れてきたな・・・

しかも企業によってESの質問違うし、いちいち調べるのもめんどくさいな。

就活の教科書公式LINEでは、「エントリーシートの質問と回答例を一覧で見たい」という要望にお答えして「ES質問/回答61選」を作成しました。

「ES質問/回答61選」は公式LINE参加者限定で無料プレゼントしています。

「知ってるだけで差がつく就活の方法」も毎日配信しているので、見てみてくださいね。

人事さん

>> 「ES質問/回答61選」を受け取る

 

まとめ:自分がアピールできる強みを活かして、物流業界ならではの魅力的な志望動機を作ろう

この記事【例文あり】「物流業界」志望動機の魅力的な伝え方 | 求められる人物像は?はいかがだったでしょうか。

今回は、「就活の教科書」編集部の後藤が、物流企業の志望動機を魅力的にする方法を解説しました。

また、物流業界の志望動機の例文や、書き方のポイントも紹介しました。

 

それでは、この記事を簡単におさらいします。

「就活の教科書」編集部 後藤

この記事のまとめ

◆【業界研究】まずは物流業界について知ろう

  • 物流業界の業態は「陸・海・空」の3つ
  • 物流の仕事は「宅配・管理・通関士」の3種類

◆物流業界の志望動機で求められる人物像は「体力」「IT力」「語学力」の3つ

◆【簡単】物流業界の志望動機を魅力的に伝えるステップ3つ

  • ステップ①:なぜ物流業界の中のその企業を志望するのか説明する
  • ステップ②:物流業界で求められる人物像をアピールする
  • ステップ③:物流企業で自分が貢献できる理由を伝える

◆【注意】物流業界の志望動機のNG例2つ

  • NG①:海外の仕事だけにフォーカスした内容になっている
  • NG②:内容が特定の仕事に限定してしまっている

あなたが無事に物流業界の志望動機を書き上げ、次の選考に進むことを祈っています。

この記事がいいな!と思った就活生は、友人や就活仲間にぜひシェアしてみてくださいね!

「就活の教科書」には、他にも面接に役立つ記事がたくさんあるのでぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 後藤