>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】自己PR/ガクチカ「趣味」の魅力的な伝え方(学生時代頑張ったこと)

この記事を読めばわかること
  • ガクチカでは趣味についてアピールしても良い
  • ガクチカで大事なのは、趣味から得た学び
  • ガクチカ「趣味」面接官に評価される例文3選
  • ガクチカ「趣味」をアピールするときの3つの注意点

こんにちは。「就活の教科書」編集部の古田です。

この記事では、学生時代力を入れたこと(ガクチカ)で趣味をアピールしたい就活生の悩みを解決します。

就活生の皆さんは、エントリーシートや面接でガクチカを聞かれて趣味についてアピールするときに悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 古田

就活生ちゃん

私は面接でガクチカを聞かれて趣味の料理をアピールしたのですが、深掘りされて困ったことがあります・・・。

就活生くん

僕はガクチカで話せることが趣味のスポーツ観戦しかないのですが、ガクチカで趣味をアピールしていいのか迷っています・・・。

ガクチカで趣味についてアピールする就活生もいますが、実はアピールの仕方で気を付けるべきポイントがたくさんあります。

「就活の教科書」編集部 古田

そこでこの記事では、ガクチカで趣味を上手にアピールする例文や、ガクチカをアピールするメリットを紹介しています。

合わせて、ガクチカで趣味をアピールするときのコツや注意すべきことも解説しています。

この記事を読めば、「ガクチカで趣味についてどうアピールすればいいのか分からない・・・。」という悩みを解決できます。

ガクチカで趣味を武器にして就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

ガクチカで趣味をアピールするのはアリ?

就活生ちゃん

ガクチカといえば、サークルや長期インターン経験のことをアピールするものですよね・・・。

私はガクチカでアピールできることが趣味しかないのですが、ガクチカで趣味についてアピールするのはアリなんでしょうか・・・?

結論から言うと、ガクチカで趣味についてアピールするのはアリです。

「就活の教科書」編集部 古田

そもそも、企業がエントリーシートや面接でガクチカを聞くのは、物事への取り組み方と成長過程を見るためです。

ですから、ガクチカの内容が趣味だからといって選考で不利になるということはありません。

ガクチカで趣味をアピールするときは、あなたの趣味への取り組み方や、趣味を通じて成長したことを書くようにしましょう!

加えて、ガクチカで趣味をアピールすることには以下のようなメリットもあります。

「就活の教科書」編集部 古田

ガクチカで趣味をアピールする2つのメリット
  • メリット①:人柄が伝わりやすい
  • メリット②:他の就活生と差別化をしやすい

それではガクチカで趣味についてアピールするメリットを、以下で紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

メリット①:人柄が伝わりやすい

ガクチカで趣味についてアピールするメリットの1つ目は、人柄が伝わりやすいことです。

ガクチカで趣味をアピールすると、あなたが何を好きで、好きなことにどのように向き合っているのかという人柄の部分が伝わりやすいです。

どんな採用担当者も、一緒に働きたいと思える就活生を採用したいものですから、人柄が伝わりやすいことはメリットと言えるでしょう。

サークルやインターンのガクチカよりも、あなたが好きなことについて話す方があなたの人柄を知ってもらうにはいいですね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

メリット②:他の就活生と差別化をしやすい

ガクチカで趣味についてアピールするメリットの2つ目は、他の就活生と差別化をしやすいことです。

確かにガクチカでは、サークルやインターンについてアピールする就活生が多いです。

ですが、ガクチカで趣味についてアピールする就活生が少ないということは、それだけ趣味のアピールは印象に残りやすいということです。

採用担当者は多くの学生を相手にしますから、その中でまず印象に残ることができるのはメリットだと言えるでしょう。

ガクチカで趣味をアピールすれば、面接官にあなたのオリジナリティを感じさせることができます!

「就活の教科書」編集部 古田

 

ガクチカで趣味を上手にアピールする3つの例文

就活生くん

ガクチカで趣味を上手にアピールしている例文を見て、どうやって趣味についてアピールをしたらいいか知りたいです。

エントリーシートや面接でガクチカを尋ねられた時の参考にします。

では、次にガクチカで趣味をアピールしている例文を紹介しますね。

以下の例文を読んで、実際にエントリーシートや面接でガクチカを伝えるときの参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 古田

ガクチカで趣味を上手にアピールする3つの例文
  • 例文①:料理
  • 例文②:映画観賞
  • 例文③:スポーツ観戦

それでは、ガクチカで趣味についてアピールしている例文を、以下で1つずつ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文①:料理

私が大学時代に力を入れたのは、趣味の料理です。

大学入学と同時に1人暮らしを始め、自炊をするようになりました。

初めは、ネットのレシピ通りに調理してもイメージ通りにできず、悔しい思いをしました。

そこで毎回の自炊で反省点をノートにまとめ、同じ料理を何度も作ってより上手に作れるよう努力しました。

また料理本を購入したり、料理教室にも通ってプロの技術を取り入れるよう意識しました。

こうして大学に入って始めた料理が趣味になり、友人たちの誕生日パーティの度に調理担当を依頼されるほどまで上達しました。

私は料理を通して、元々得意でない分野でも手を抜かず取り組み、ものにする姿勢を身につけることができました。

貴社に入社することができれば、この何にでも手を抜かず取り組む姿勢を活かして、粘り強く活躍していきたいと思います。

ガクチカに趣味の料理を挙げ、料理を通じて「何にでも手を抜かず、粘り強く取り組んでものにする」力が身についたことが分かります。

仕事に対して一切手を抜かない姿勢はどんな業界でも求められる資質であり、ガクチカ「料理」はアピールしやすい趣味と言えるでしょう。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文②:映画観賞

私は大学時代、多くの映画を視聴することに熱を入れました。

人気を集める映画はなぜ面白いのかということに関心があり、法則性を見つけるために毎月20本以上の映画を視聴しました。

視聴した後には感じたことをレビューサイトでアウトプットし、どんな理由で面白くなっているのかを言語化できるようにしました。

また映画関連の雑誌を読んで、著名な評論家のレビューにも目を通すようにしました。

こうした取り組みによって、どんな要素が絡み合って面白い映画が作られ続けているのかが分かるようになりました。

私が貴社に入社することができれば、大学時代で培ったコンテンツの知識を活かして、人気を集めるコンテンツを生み出していきたいと思います。

趣味の映画鑑賞をガクチカに挙げ、ただ観るだけではなく「なぜ面白いか」を説明できるようにしたことをアピールしています。

一見ガクチカには見えない趣味ですが、コンテンツを作る仕事であるメディア企業ではアピールできる趣味と言えますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文③:スポーツ観戦

私が大学時代に熱中したのは、野球観戦です。

ただ観戦するだけではなく、私設応援団のメンバーとして応援の形を模索したことが貴重な経験になりました。

試合の時には出場選手を把握し、応援歌が流れるよう誘導するなどの「仕切り」を通じて、ファンを団結させる役割を担いました。

また応援団内での会合などの調整にも携わり、単に1人のファンとしてチームを応援するだけでは得られない人間関係を得ました。

活動全体を通して、一貫して自分が観戦を楽しむだけではなく、他のファンも応援を楽しむことができるような環境を作ることを意識しました。

応援を楽しめるよう周りを巻き込んでいった経験を通して、私は巻き込み力を身につけることができました。

貴社に入社することができれば、応援団での活動で身に付けた巻き込み力を活かして、チームを統率できるリーダーとして活躍したいです。

趣味の野球観戦で私設応援団に関わった経験をガクチカとして挙げ、「周りを巻き込む能力」を身に付けたことをアピールしています。

周りを巻き込む能力はチームでの仕事で求められる資質であり、このガクチカは幅広い業界でアピールできる能力と言えますね。

ここまで例文を3つ紹介しましたが、ESに書くガクチカや志望動機の作り方に自信がない方は下記の記事を読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 古田

 

ガクチカで趣味をアピールするときの3つのコツ

就活生ちゃん

ガクチカで趣味をアピールしたいのですが、上手にアピールするにはどうしたらいいのでしょうか・・・。

ガクチカで趣味について上手にアピールするコツなどがあれば教えて欲しいです。

ガクチカで趣味についてアピールするためには、押さえておくべきポイントがいくつかあります。

ガクチカで趣味を上手にアピールするコツを押さえて、他の就活生と差をつけるガクチカを考えてみましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

ガクチカで趣味をアピールするときの3つのコツ
  • コツ①:趣味から得た学びについて書く
  • コツ②:業界に合わせた趣味をアピールする
  • コツ③:専門用語を使わず分かりやすく伝える

それでは、ガクチカで趣味をアピールするときのコツについて以下で1つずつ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

コツ①:趣味から得た学びについて書く

ガクチカで趣味をアピールするときのコツの1つ目は、「趣味から得た学びについて書く」ことです。

ガクチカでは、あなたの物事への取り組み方や成長の過程が見られています。

ですから趣味の内容よりも、あなたが趣味に対して取り組み、どんな学びを得たのかを書くことが重要です。

「趣味の料理を通して、物事に手を抜かず取り組み、ものにする姿勢を身につけた」というように、あなたの学びを伝えましょう。

最も重要なのは趣味の内容ではなく、趣味から得た学びということを頭に入れておきましょうね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

コツ②:業界に合わせた趣味をアピールする

ガクチカで趣味をアピールするときのコツの2つ目は、「業界に合わせた趣味をアピールする」ことです。

趣味から得られる学びの中には、その学びが役に立つ業界が限られているものもあります。

例えば、「多くの映画を視聴し、人気を集める映画は何故面白いのか言語化できるようになった」という学びが役に立つのはメディア企業に限られるでしょう。

自分が趣味から得た学びは何なのか考え、その学びが志望する業界で役に立ちそうかを意識するようにしましょうね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

コツ③:専門用語を使わず分かりやすく伝える

ガクチカで趣味をアピールするときのコツの3つ目は、「専門用語を使わず分かりやすく伝える」ことです。

ガクチカの内容は、若手の社員からベテランの社員まで、様々な年次の採用担当者に通じる必要があるためです。

あなたの周りでは知っていて当然の用語でも、エントリーシートを読む採用担当者や面接官は知らないかもしれません。

例えば「料理教室」「私設応援団」というように、ガクチカで趣味をアピールするときは固有名詞を使わずに伝えるようにしましょう。

ガクチカで趣味をアピールするときは、前提知識がない採用担当者にも伝わるように意識しましょうね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

ガクチカで趣味をアピールするときに気をつけるべき3つのこと

就活生くん

ガクチカで趣味を上手にアピールする方法については分かりました。

最後に、ガクチカで趣味をアピールするときに何か気をつけた方がいいことがあれば教えて欲しいです。

ガクチカで趣味をアピールするときに気をつけておいた方がいいことはいくつかあります。

ガクチカで趣味をアピールするときは、以下の3点に気をつけるようにしてみましょう。

「就活の教科書」編集部 古田

ガクチカで趣味をアピールするときに気をつけるべき3つのこと
  • 注意①:マイナスな印象を与えそうな趣味は書かない
  • 注意②:入れ込みの程度が浅い趣味は書かない
  • 注意③:面接では趣味の話に時間をかけすぎない

それでは、ガクチカで趣味をアピールするときに気をつけた方がいいことについて、以下で1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意①:マイナスな印象を与えそうな趣味は書かない

ガクチカで趣味をアピールするときに気をつけるべきことの1つ目は、「マイナスな印象を与えそうな趣味は書かない」ことです。

ガクチカでアピールした趣味が原因で採用担当者があなたと一緒に働きたいと思えない場合、そこで落とされてしまうかもしれません。

例えばギャンブルや、大量のお酒を飲むことなどが趣味だとしても、ガクチカとしてアピールするのは危険でしょう。

ガクチカで趣味をアピールする場合は、社会人として許容される範囲の趣味をアピールするようにしましょうね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意②:入れ込みの程度が浅い趣味は書かない

ガクチカで趣味をアピールするときに気をつけるべきことの2つ目は、「入れ込みの程度が浅い趣味は書かない」ことです。

ガクチカでアピールした趣味への入れ込みが浅いと思われた場合、あなたが物事に対して深く取り組めない人物だと判断されてしまうかもしれません。

ガクチカでは、面接で取り組みについて深掘りされても答えられるような趣味をアピールするのがいいでしょう。

ガクチカで趣味をアピールするときは、あなたが深く取り組み、取り組んだことによって何らかの学びを得られた趣味を選ぶようにしましょうね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意③:面接では趣味の話に時間をかけすぎない

ガクチカで趣味をアピールするときに気をつけるべきことの3つ目は、「面接では趣味の話に時間をかけすぎない」ことです。

面接でガクチカを聞かれて趣味についてアピールするとき、比較的あなたの好きなことについて話すことができるでしょう。

ですが、好きなことについて話すからといって長く話しすぎてしまうと、ガクチカ以外の必要なことを話す時間がなくなってしまいます。

ガクチカで趣味をアピールするときは、あなたが趣味から得た学びについて話すのに必要なことだけに内容を絞るようにしましょう。

質問されたことに対して回答するときは、大体1分くらいで喋れるように準備するといいですね。

ここまでガクチカを話すときの注意点について紹介しました。

面接前に伝えるときの注意点や質問内容を想定して準備しておくことが必要です。

下記の記事で、面接でよく聞かれる質問をまとめたのでぜひ読んでみてください。、

「就活の教科書」編集部 古田

 

ガクチカで趣味以外にアピールできるオススメの内容

就活生ちゃん

やっぱり、ガクチカで趣味をアピールするのは私に向いていないような気がしてきました・・・。

趣味の他にガクチカでアピールできることを見つけるにはどうしたらいいでしょうか。

ガクチカの見つけ方や、ガクチカをうまくアピールする方法については以下の記事にまとめられています。

この記事と合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

ガクチカの通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のガクチカを参考にしよう

学生時代に力を入れたことは、書類選考でも面接でも、大切なアピール要素です。でも立派な体験談が思いつかなかったり、上手に伝えられなかったりして、苦労している人も多いのではないでしょうか。

そこで活用したいのが、人気企業内定者の「ガクチカ」まとめです。

「ガクチカまとめ」ではガクチカの作り方や、内定者の回答例を多数収録しており、短い時間で高クオリティのガクチカを作ることができます。ガクチカまとめを活用して、選考を突破しましょう。

 

通過したエントリーシートを参考にしよう

ガクチカを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてガクチカを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

ガクチカを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートのガクチカをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガクチカで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートのガクチカを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事にガクチカを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

まとめ:ガクチカで趣味をアピールするときは、その趣味から得たことも合わせてアピールしよう!

いかがだったでしょうか。

今回は「就活の教科書」編集部の古田が、ガクチカで趣味を上手にアピールする例文や、ガクチカをアピールするメリットについて解説しました。

合わせて、ガクチカで趣味をアピールするときのコツや注意すべきことも紹介しました。

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 古田

今回の記事で学んだこと

◆ ガクチカで趣味をアピールする2つのメリット

  • メリット①:人柄が伝わりやすい
  • メリット②:他の就活生と差別化をしやすい

◆ ガクチカで趣味を上手にアピールする3つの例文

◆ ガクチカで趣味をアピールするときの3つのコツ

  • コツ①:趣味から得た学びについて書く
  • コツ②:業界に合わせた趣味をアピールする
  • コツ③:専門用語を使わず分かりやすく伝える

◆ ガクチカで趣味をアピールするときに気をつけるべき3つのこと

  • 注意①:マイナスな印象を与えそうな趣味は書かない
  • 注意②:入れ込みの程度が浅い趣味は書かない
  • 注意③:面接では趣味の話に時間をかけすぎない

◆ ガクチカで趣味以外にアピールできるオススメの内容

ガクチカとして趣味をアピールするのはアリで、人柄が伝わりやすかったり差別化がしやすいというメリットもありました。

ガクチカで趣味をアピールするときは、趣味の詳しい内容よりも取り組んだ姿勢や得た学びについて伝えるといいです。

趣味のアピールでは好きな話ができますが、面接の時間は限られているのであくまでも簡潔に伝えるように心がけましょう。

あなたがガクチカの趣味を武器に、納得のいく内定を勝ち取ることを心から祈っています。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 古田