【15選】人付き合いが苦手な人におすすめの仕事一覧 | 資格,向いてない職業も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事では人付き合いが苦手な人におすすめの職業について紹介していきます。

あわせて、人付き合いが苦手な人におすすめする仕事のメリット・デメリットも解説していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めば人付き合いが苦手な人におすすめの職業や、その職業のメリット・デメリットが分かります。

人付き合いに不安を持っている就活生はぜひ最後まで読んでください。

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事15選

就活生くん

僕も極力人付き合いをせずにできる仕事につきたいです。

そういった仕事の具体例を教えて下さい!

確かに、どの仕事なら黙々と出来るのか、気になりますよね!

以下のような職業が、代表として挙げられることが多いようです。

「就活の教科書」編集部 芥川

人付き合いが苦手な人におすすめの職業 15選
  • 仕事①:プログラマー
  • 仕事②:エンジニア
  • 仕事③:事務職
  • 仕事④:データ入力
  • 仕事⑤:WEBデザイナー
  • 仕事⑥:Webライター
  • 仕事⑦:翻訳
  • 仕事⑧:動画編集
  • 仕事⑨:ドライバー
  • 仕事⑩:整備士
  • 仕事⑪:清掃員
  • 仕事⑫:研究者
  • 仕事⑬:経理
  • 仕事⑭:ファンドマネージャー
  • 仕事⑮:IR

それでは、詳しく紹介していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 芥川

仕事①:プログラマー

人付き合いが苦手な人におすすめの職業1つ目は、プログラマーです。

プログラマーは、コンピュータに命令を送り動作を実行させるための「プログラミング」を行う仕事を言います。

自分の作ったシステムが実際に動いたときは大きなやりがいを感じられ、またプログラミングスキルは今後転職などを考えた時にも非常に大きな武器になると考えられます。

パソコン相手の作業が多い分、あまり人と関わることはない仕事なので、人付き合いが苦手な人におすすめです。

プログラマーについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 芥川

仕事②:エンジニア

人付き合いが苦手な人におすすめの職業2つ目は、エンジニアです。

エンジニアは、工学(エンジニアリング)について専門的な知識や技能を持った人材のことを言います。

特に最近では、インターネット関係のIT知識やスキルを専門とするITエンジニアが多く活躍しています。

エンジニアの中でも多くの職種がありますが、いずれにしてもパソコンに向かう作業が多いため、人付き合いが苦手な人におすすめです。

エンジニアについて、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 芥川

webエンジニア職に実際に就職した方が運営している「こーたろぐ」というサイトもあります。

気になる方はぜひご覧ください!

ちなみに「自分の長所を活かせる仕事をして、もっと活き活きと働きたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 芥川

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

ITエンジニアは年収が比較的高く、自由に働けることが多いためおすすめの職種です!

エンジニア就職ではポートフォリオの作成など、一般的な就活とは異なる選考があるため、就活エージェントの利用がおすすめです。

「レバテックルーキー」を利用すれば、プロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

「レバテックキャリア」では専任の担当者からサポート(職務経歴書添削、面接対策など)が受けられ、希望するIT企業への転職成功率がアップします!

就活アドバイザー 京香

 

仕事③:事務職

人付き合いが苦手な人におすすめの職業3つ目は、事務職です。

事務職は、主に①書類の作成や管理を行う「一般事務」、②営業スタッフのサポート業務をおこなう「営業事務」、③経費関係の出納や帳簿管理を行う「経理事務」の3つが挙げられます。

事務職は、多くの企業で設置されていて、環境にはよるものの、作業はデスクワークが中心と考えられることから、人付き合いが苦手な人におすすめの職業です。

事務職については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 芥川

また、「この職業の他に自分が向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

 

仕事④:データ入力

人付き合いが苦手な人におすすめの職業4つ目は、データ入力の仕事です。

データ入力の仕事は、事務職同様様々な企業で設置されており、また在宅ワークとして仕事をしてる人も多い仕事です。

一人で黙々と、しかも在宅でできる仕事ということで、人付き合いを気にせずに仕事がしたい人にはもってこいの仕事ではないでしょうか。

仕事⑤:WEBデザイナー

人付き合いが苦手な人におすすめの職業5つ目は、Webデザイナーです。

Webデザイナーは、依頼主のWebサイトのデザインを企画・制作する仕事です。

Webデザイナーは企業でもフリーランスでも活躍している人が多いので、大学でデザイン系を学んでいた人はもちろん、今は専門的なスキルはなくても「Webデザインについてスキルアップをしたい!」と思っている人におすすめです。

一方で、作業自体は一人で行うことが多いものの、クライアントとの交渉などの業務もあるため、全く人と関わらない職業でもないと言えます。

Webデザイナーについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 芥川

仕事⑥:Webライター

人付き合いが苦手な人におすすめの職業6つ目は、Webライターです。

Webライターは、Web上のメディアに掲載する記事を執筆、制作する仕事です。

Webライターも基本的にはパソコンで作業をする仕事であり、在宅で働く人も多い職種です。

最近は多様なWebメディアが存在しており、働き方やスキルの有無などについても様々な募集があるので、Webライター業務に興味がある人は業界研究をしてみて下さい。

仕事⑦:翻訳

人付き合いが苦手な人におすすめの職業7つ目は、翻訳の仕事です。

翻訳の仕事とは、世界各国の言語を日本語に翻訳する仕事です。

翻訳は基本一人で行う作業であり、多くの人付き合いを必要としません。

政治やスポーツ・文化など、グローバルな情報を必要とする人が多い中で、日本語以外の言語でスキルを持っていれば、多くの仕事が出来ると考えられます。

人付き合いが苦手な人の中でも、日本語以外の言語のスキルがある、もしくは興味がある人におすすめです。

ちなみに「自分の長所を活かせる仕事をして、もっと活き活きと働きたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑧:動画編集

人付き合いが苦手な人におすすめの職業8つ目は、動画編集の仕事です。

動画編集の仕事は、撮られたままの動画を見やすくなるよう編集したり、音楽をつけたりする仕事です。

動画編集の仕事も、職場環境などにより働き方は様々ですが、編集業務は基本1人で行うので、人付き合いが苦手な人の中でも、テレビやYouTubeなどに興味がある人におすすめです。

仕事⑨:ドライバー

人付き合いが苦手な人におすすめの職業9つ目は、ドライバーです。

ドライバーの中でも、バス・タクシーの運転手や、物を運搬する運転手、また長距離、短距離など様々な働き方があります。

人付き合いが苦手な人は、接客等のない物を運搬するドライバーがおすすめです。

人付き合いが苦手な人の中でも運転するのが好きな人や、いろんな場所に行くのが好きな人におすすめです。

ドライバーの仕事については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 芥川

仕事⑩:整備士

人付き合いが苦手な人におすすめの職業10個目は、整備士です。

整備士は、自動車や飛行機など機械について点検や修理を行う仕事です。

一台の機械を1人で担当することも多いので、周りとのコミュニケーションをあまり必要とせず、1人で責任感をもって取り組める仕事です。

人付き合いが苦手な人の中でも、車や電車、飛行機など機械類が好きな人にオススメな職業です。

仕事⑪:清掃員

人付き合いが苦手な人におすすめの職業11個目は、清掃員です。

ビルや駅などで働く、私たちの身近なところにある職業です。

身近にある職業なので想像しやすいかと思いますが、清掃員は1人で作業をすることが多い職業なので、1人で黙々と働きたい人に向いています。

また、体を使う職業でもあるので、「人付き合いは苦手だけど、デスクワークもちょっと…」という人におすすめです。

仕事⑫:研究者

人付き合いが苦手な人におすすめの職業12個目は、研究者です。

研究者の仕事は研究内容によって様々ですが、一番身近な研究者は大学の教授ではないでしょうか。

大学の教授は生徒を相手に授業をしたりしていますが、企業などの研究者は自身の研究を黙々と行う作業が多いです。

しかし、研究者は研究についての検討や発表など、全く人付き合いがないわけでもないので、注意が必要です。

ちなみに「自分の長所を活かせる仕事をして、もっと活き活きと働きたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑬:経理

人付き合いが苦手な人におすすめの職業13個目は、経理の仕事です。

これは事務の仕事に近いですが、特にお金の計算などについて興味がある人にオススメな職業です。

企業等の経理は、個人のお買い物とは違い大きな額を扱うことが考えられるので、大きな責任感とやりがいを感じられます。

人付き合いが苦手な人の中でも、責任感とやりがいを感じたい人におすすめです。

仕事⑭:ファンドマネージャー

人付き合いが苦手な人におすすめの職業14個目は、ファンドマネージャーです。

ファンドマネージャーとは、投資家から集めた資金の運用を指揮する専門家です。

基本的に投資信託会社などに就職し働いている人が多い職業で、自分一人で完結する仕事ではないものの、自分で考えて仕事を動かせる点でおすすめの仕事です。

金融系に興味がある人におすすめです。

仕事⑮:IR

人付き合いが苦手な人におすすめの職業15個目は、IRです。

IRとはインベスター・リレーションズの略で、投資家向けに財務など様々な情報を開示して、対話する仕事です。

企業の情報をまとめて発信する仕事なので、責任感を感じながら仕事が出来ます。

一方で、すべて一人でできるものではなく、企業内部の人や投資家との関係性が必要になるとも考えられるので、注意が必要です。

参考:NHK 就活応援ニュースゼミ

 

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人付き合いが苦手な人に向いている仕事に簡単に就職する方法

人付き合いが苦手な人に向いている仕事に簡単に就職する方法は、「転職エージェントを利用する」です。

転職エージェントはこれまで何百人以上の就職をサポートしており、人付き合いが苦手な人に向いている仕事についても熟知しています。

そのため、転職エージェントを使うことで、人付き合いが苦手な人に向いている仕事を簡単に知り選考対策のサポートを受けることで効率的に就職できます。

数ある転職エージェントの中でもおすすめのものを紹介するので、登録してサポートをもらいましょう!
おすすめの転職エージェント

「リクルートエージェント」21万件以上の非公開求人を持っており、転職成功実績No.1のためとてもおすすめです!

あなたに寄り添って企業の紹介から年収・条件の交渉までプロがサポートしてくれますよ。

また、ITエンジニア転職希望の人は、ITエンジニア専門転職エージェントの「レバテックキャリア」を利用してみると良いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

「リクルートエージェント」ではあなたの希望に沿った企業の紹介から採用まで、プロがフルサポートしてくれます。

また、自分から言い出しにくい年収、条件、入社日などについても、アドバイザーが交渉してくれます。

評判もとても良い転職エージェントなので、まずは転職の相談をしてみましょう!

>> 転職相談してみる
(リクルートエージェント)

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人付き合いが苦手な人はどんな仕事を選ぶべきなの?

就活生ちゃん

私は、人付き合いを気にするのが苦手です。

人付き合いが苦手な人におすすめの職業には、どのような職業がありますか?

確かにどのような仕事であれば人付き合いを気にせずに働けるか、気になりますよね!

それでは特徴を2点紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 芥川

結論:1人で黙々とできる仕事が良いかも

人付き合いが苦手な人にオススメする職業は、「1人で黙々と出来る仕事」です。

多くの人と話したり関わりあったりする仕事は、どうしても人との付き合いを免れないと考えられます。

一方、1人で黙々と出来る仕事ならば、人を気にせず集中して仕事をすることが出来ます。

一人で黙々と出来る仕事については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 芥川

人間関係が原因で転職をする人も多い

実は、人間関係が原因で転職をするが多いという実態があります。

というのもエン・ジャパンによる調査で、転職経験者の半数以上「人間関係が転職のきっかけだ」と答えています。

また8割以上が「今までの職場で、人間関係に難しさを感じたことがある」と回答しており、人付き合いの得意・苦手にかかわらず、多くの人が職場の人付き合いに難しさを感じた経験があることが分かります。

人付き合いが苦手な人は特に、職場環境をよく見極めたほうがよさそうですね。

「就活の教科書」編集部 芥川

黙々とできる仕事のスキルを高めていけば大丈夫

上記のように、人間関係の構築に不安のある人は、黙々と出来る仕事で仕事のスキルを上げることで、十分働いていけます。

人付き合いが苦手な人は、逆に言えば「1人で取り組むのが得意な人」であると考えられるので、1人で黙々と出来る仕事のスキルを高めて、自分に合った、良い社会人生活が送れると良いですね。

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人付き合いが苦手な人にはお勧めしにくい仕事5選

就活生くん

人付き合いが苦手な人にも、多くのおすすめの職業があることが分かりました。

一方で、おすすめではない仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?

おすすめではない職業、気になりますよね。

「就活の教科書」編集部 芥川

オススメしにくい職業
  • 仕事①:個人営業
  • 仕事②:コンサルタント
  • 仕事③:施工管理
  • 仕事④:採用人事
  • 仕事⑤:接客業

それでは、紹介していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 芥川

仕事①:個人営業

人付き合いが苦手な人におすすめしにくい職業1つ目は、個人営業です。

個人営業とは、個人や個人事業主の経営者に対して営業を行う仕事を言います。

おすすめしにくい理由としては、営業の仕事自体がお客様とのコミュニケーションを必要とすることや、個人営業だと特定の人に対する付き合いが非常に重要であると言えるからです。

人付き合いが苦手な人は、個人営業業務について注意した方が良いかもしれません。

仕事②:コンサルタント

人付き合いが苦手な人におすすしにくい職業2つ目は、コンサルタントです。

コンサルタントとは、クライアントの企業の経営管理等に指導や助言を与える仕事です。

おすすめしにくい理由としては、企業の経営管理に助言をする過程で、企業との信頼関係を築くことや、企業とのコミュニケーションが大切であるからです。

コンサルタントについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 芥川

仕事③:施工管理

人付き合いが苦手な人におすすしにくい職業3つ目は、施工管理に関する仕事です。

施工管理は、建設現場で作業の進行における中心的な役割を担う仕事です。

施工管理の業務の一つである安全管理などは、従業員や現場周辺の人などとコミュニケーションをとって作業を進めることが大切です。

またそもそも施工の現場などでは多くの人と協力して作業を行う場なので、あまり人と関わって仕事をしたくない人にはおすすめにくいです。

仕事④:採用人事

人付き合いが苦手な人におすすしにくい職業4つ目は、採用人事です。

採用人事は、皆さん就活生にはおなじみの、企業説明会の進行をしたり、面接官などを担当したりする仕事です。

皆さんも想像しやすいように、採用人事は応募してきた人たちのスキルや経験、人柄を見極めて、選考しなければいけません。

したがって仕事における人との付き合いは避けられないので、人付き合いが苦手な人にはおすすしにくい仕事になります。

仕事⑤:接客業

人付き合いが苦手な人におすすしにくい職業5つ目は、接客業です。

接客業は、お客様を相手に仕事をする職種であり、時に話がかみ合わないような人にも対応しなければなりません。

特に、飲食店やアパレル、コンビニなどのアルバイトをした経験がある人であれば、想像に難くありませんよね。

職場内だけでなく初対面の人ともかかわって仕事をしなければならないので、人付き合いが苦手な人にはおすすしにくい職業です。

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人付き合いが苦手な人が就活を成功させるポイント

続いて、人付き合いが苦手な人が就活を成功させるポイントについて説明します。

ポイント①:OBOG訪問(職場見学)をする

人付き合いが苦手な人が就活を成功させるポイント1つ目は、「OBOG訪問(職場見学)をする」です。

人付き合いが苦手な人にとって、人間関係重視の職場で働くことは負担になります。

そのため、OBOG訪問(職場見学)をし、人間関係がドライな職場を探すことが重要になります。

ポイント②:自分のストレス源を理解する

人付き合いが苦手な人が就活を成功させるポイント2つ目は、「自分のストレス源を理解する」です。

どのようなタイプの人が苦手なのか、飲み会or休憩時間の雑談などどういった人付き合いが負担になるのかは人によりことなります。

そのため、自分のストレス源の理解が重要です。

 

ポイント③:副業・アルバイトから正社員になる

人付き合いが苦手な人が就活を成功させるポイント3つ目は、「副業・アルバイトから正社員になる」です。

副業やアルバイトをすることで、企業の雰囲気が分かります。

また、正社員になる前に人間関係を築くことができるため、正社員になる際の不安材料を減らすことができます。

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事に就くメリット・デメリット

就活生ちゃん

人付き合いが苦手な人におすすめの職業、そうでない職業について詳しくわかりました。

ただ、人付き合いが苦手な人におすすめの職業に就職したときのメリットデメリットが分かりません…

確かに、「おすすめかどうか」と「実際に就職するメリット・デメリット」は異なります。

以下では、人付き合いが苦手な人におすすめの仕事に就くメリット・デメリットについて紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 芥川

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事に就くメリット
  • メリット①:人間関係のストレスから解放される
  • メリット②:自分のペースで仕事ができる
  • メリット③:自分の長所が発揮されやすい
人付き合いが苦手におすすめの仕事に就くデメリット
  • デメリット①:収入は比較的低めになってしまう
  • デメリット②:仕事の責任が大きくなりやすい

それでは詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 芥川

メリット①:人間関係のストレスから解放される

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事に就くメリット1つ目は、人間関係のストレスから解放されることです。

前述したように、多くの人が人間関係を原因に転職しています。

一方で、せっかく新卒のタイミングで熟考し入社を決めた会社を、業務内容や福利厚生などと関係ない「人間関係」で退社してしまうのは、非常にもったいないと考えられます。

したがって、もともと「人付き合いが苦手だ」と感じている人は、新卒の段階で人間関係のストレスを感じにくい職種を選ぶことで、入社した会社で長く働けるようにしましょう。

メリット②:自分のペースで仕事ができる

人付き合いが苦手な人におすすめの職業に就くメリット2つ目は、自分のペースで仕事が出来ることです。

人付き合いが苦手な人におすすめの職業15選でピックアップされていた職業のほとんどが、1人で黙々と作業をするタイプの仕事です。

したがって職場の人の進捗に関わらず、基本的に自分のペースで仕事ができると考えられるので、その他の職種に比べメリットだと言えます。

メリット③:自分の長所が発揮されやすい

人付き合いが苦手な人におすすめの職業に就くメリット3つ目は、自分の長所が発揮されやすいことです。

人付き合いが苦手な人は、一方で「1人の時の集中力」や「自分で決めたことへの責任感」などの長所を持つ人が多いのではないでしょうか。

基本的に1人でやる仕事は、往々にしてその仕事をする人へのスキルや責任が問われますが、「集中力」「責任感」をしっかりと持って仕事が出来る人にとっては、長所を発揮して仕事が出来ることになります。

魅力的なメリットが多いですね。

次にデメリットを紹介します。

「就活の教科書」編集部 芥川

デメリット①:収入は比較的低めになってしまう

人付き合いが苦手な人におすすめの職業に就くデメリット1つ目は、収入が比較的低めになってしまうことです。

エンジニアや事務職など企業内での職種は例外ですが、Webライター/デザイナーや動画編集に関する仕事については、歩合制であることが多いです。

したがって仕事を始めたばかりのスキルや経験が浅い時は、収入が他の仕事よりも低めになってしまう可能性が高いです。

しかし、経験とスキルを積むことで、収入アップは当然見込まれるので、自分のキャリアプランに照らして考えることが大切です。

フリーランスで働くことについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 芥川

デメリット②:仕事の責任が大きくなりやすい

人付き合いが苦手な人におすすめの職業に就くデメリット2つ目は、仕事の責任が大きくなりやすいことです。

このデメリットは、3つ目のメリットでも紹介した内容と重複しますが、1人でやる仕事はその人への責任が大きくなりがちです。

自分の仕事において、責任が大きくなることに対し不安がある人にとっては、この点がデメリットになります。

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人付き合いが苦手な人が、ストレスを減らす方法3選

就活生ちゃん

人付き合いが苦手な人な私が、仕事をする上でストレスをためてしまった時、ストレスを減らす方法はありますか?

職場の人付き合いにおけるストレスの解消法!

気になりますよね~。

「就活の教科書」編集部 芥川

ストレス解消法
  • 方法①:1人で良いから信頼できる職場の人を見つける
  • 方法②:合わない人がいても気にしないように割り切ってしまう
  • 方法③:専門性をつけて個人の能力を高めておく

それでは紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 芥川

方法①:1人で良いから信頼できる職場の人を見つける

解消法1つ目は、1人で良いから信頼できる職場の人を見つけることです。

職場の悩みを自分だけでため込んでしまうと、ストレスにつながります。

そこで職場で信頼できる人を1人でも見つけておくことで、誰かに悩みや不満を伝えられるようにしましょう。

ストレスの少ない仕事について、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 芥川

方法②:合わない人がいても気にしないように割り切ってしまう

解消法2つ目は、合わない人がいても気にしないように割り切ってしまうことです。

誰にでも、学校や部活動、バイト先などで、自分と合わない人がいたのではないでしょうか。

当然、職場でも合わない人がいる可能性があります。

そういった場合は適度に距離をとることで、お互いを気にせずに仕事が出来るようにしましょう。

また、どうしても気にしてしまう場合は、職場のほかの人に相談するなどしても良いですね。

方法③:専門性をつけて個人の能力を高めておく

解消法3つ目は、専門性をつけて個人の能力を高めておくことです。

個人的にスキルアップをしておくことで、職場を離れたくなった時に転職しやすくなります。

特に上記で紹介した、Webライターや動画編集などはフリーランスとしても仕事が出来るので、将来のキャリア形成を見込んだうえでも、個人の能力を高めておくことは重要です。

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人付き合いが苦手な人におすすめな資格

就活生くん

資格の勉強に興味があるのですが、人付き合いが苦手な人におすすめの資格はありますか?

せっかく資格を取るのであれば、自分に合ったものが良いですよね。

人付き合いが苦手な人におすすめの資格を紹介します。

「就活の教科書」編集部 芥川

人付き合いが苦手な人におすすめの資格
  • 資格①:簿記
  • 資格②:基本情報技術者
  • 資格③:行政書士
  • 資格④:通関士
  • 資格⑤:社労士

資格①:簿記

人付き合いが苦手な人におすすめの資格1つ目は、簿記です。

簿記とは、「お金やものの出入りを記録するための方法」で、日々の取引を帳簿に記入し、最終的に決算書を作成するための一連の作業のことをいいます。

簿記の資格を持っていることで、特に経理事務の担当となった時や、一般事務などの就職活動の際にも有利になります。

事務系の仕事に興味のある人に、おすすめです。

参考:経理COMPASS

資格②:基本情報技術者

人付き合いが苦手な人におすすめの資格2つ目は、基本情報技術者です。

基本情報技術者とは、IT関連の知識やスキルについて証明が出来る資格です。

IT関連について知識があるという証明になるので、当然IT関係の就職において武器になると考えられるので、IT業界について興味のある人はぜひ挑戦してみて下さい。

資格③:行政書士

人付き合いが苦手な人におすすめの資格3つ目は、行政書士です。

行政書士は、法的書類の作成や提出手続きが出来る資格です。

行政書士資格を取り手続を踏めば、自分で事務所を構えることもできるので、将来1人で独立したいと思っている人におすすめです。

資格④:通関士

人付き合いが苦手な人におすすめの資格4つ目は、通関士です。

通関士とは、日本の企業が外国の企業と貿易取引をして商品を輸出入する際、書類の審査などを行う人です。

国際的な仕事、業界において活躍する資格なので、海外に興味のある人におすすめです。

資格⑤:社労士

人付き合いが苦手な人におすすめの資格5つ目は、社労士です。

社労士とは、人材に関する専門家であり、「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資すること」を目的として、業務を行う人です。

「人付き合いが苦手だからこそ、人材に関する専門家になる」というのも良いかもしれませんね。

参考:「社労士とは」全国社会保険労務士連合会

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:人付き合いが苦手な人は、黙々とできる仕事を選んで、のびのび働こう

人付き合いが苦手な人におすすめの職業について、お分かり頂けたでしょうか。

最後にこの記事をまとめます。

「就活の教科書」編集部 芥川

この記事のまとめ

◆人付き合いが苦手な人はどんな仕事を選ぶべきなの?

  • 結論:1人で黙々とできる仕事が良いかも
  • 人間関係が原因で転職をする人も多い
  • 黙々とできる仕事のスキルを高めていけば大丈夫

◆人付き合いが苦手な人におすすめの仕事15選

  • 仕事①:プログラマー
  • 仕事②:エンジニア
  • 仕事③:事務職
  • 仕事④:データ入力
  • 仕事⑤:WEBデザイナー
  • 仕事⑥:Webライター
  • 仕事⑦:翻訳
  • 仕事⑧:動画編集
  • 仕事⑨:ドライバー
  • 仕事⑩:整備士
  • 仕事⑪:清掃員
  • 仕事⑫:研究者
  • 仕事⑬:経理
  • 仕事⑭:ファンドマネージャー
  • 仕事⑮:IR

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • 方法:就活力診断で自分の実力を把握する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆人付き合いが苦手な人にはお勧めしにくい仕事5選

  • 仕事①:個人営業
  • 仕事②:コンサルタント
  • 仕事③:施工管理
  • 仕事④:採用人事
  • 仕事⑤:接客業

◆人付き合いが苦手な人におすすめの仕事に就くメリット・デメリット

  • メリット①:人間関係のストレスから解放される
  • メリット②:自分のペースで仕事ができる
  • メリット③:自分の長所が発揮されやすい
  • デメリット①:収入は比較的低めになってしまう
  • デメリット②:仕事の責任が大きくなりやすい

◆人付き合いが苦手な人が、ストレスを減らす方法3選

  • 方法①:1人で良いから信頼できる職場の人を見つける
  • 方法②:合わない人がいても気にしないように割り切ってしまう
  • 方法③:専門性をつけて個人の能力を高めておく

◆人付き合いが苦手な人におすすめな資格

  • 資格①:簿記
  • 資格②:基本情報技術者
  • 資格③:行政書士
  • 資格④:通関士
  • 資格⑤:社労士

◆まとめ:人付き合いが苦手な人は、黙々とできる仕事を選んで、のびのび働こう

人付き合いが苦手な人の適職探し・働き方に興味がある方は、「Syunpei blog」もオススメです!

是非ご覧ください!

「就活の教科書」編集部 芥川