>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【落ち込む…】面接で落ちたショックから立ち直る方法3つ | 就活で落ちる理由も

この記事でわかること
  • 面接で落ちたら誰でもショックを受ける
  • 就活は誰もが初めてで、倍率も高いので、とても難しい
  • 面接で落ちた時にショックから立ち直る方法
  • 面接で落ちてショックを受ける原因
  • 面接で落ちないためにするべきこと3選

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の木村ヒロシです。

この記事では「就活の面接で落ちた」「面接で落ちてショック」について書いています。

あなたは就活の面接で落ちたり、失敗してショックを感じたことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

私は、第一志望の企業の面接で落ちた時に大きなショックを受け、しばらく立ち直ることができませんでした。

なぜ就活の面接はこんなにも難しいのか理由が分かりません・・・

就活生くん

私はそろそろ就活を始めるので、面接を受けているのですが、1回面接で落ちただけでもショックが大きいです。

就活で本選考を受ける前に、面接で落ちた時にショックからの立ち直り方を理解しておいて、本選考に備えたいと考えています・・・

就活の面接って落ちた時に理由や原因を教えてくれないため、余計にショックを受けてしまいますよね。

また、面接で落ちた時にショックから立ち直るのに時間がかかってしまいますね。

でも実は、本選考や残りの面接を乗り切るための、面接で落ちた時のショックと上手く向き合う方法がありますよ。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

そこでこの記事では「面接で落ちた時のショックから立ち直る方法」解説します。

合わせて、「就活の面接が難しい理由」や「面接で落ちないためにするべきこと3選」も解説しています。

この記事を読めば、「もっと早くショックから立ち直っとけばよかった・・・」なんて後悔を避けられます。

就活の面接や面接で落ちた時のショックと上手く向き合って、無事に就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

面接で落ちたら誰でもショックを受ける

就活生ちゃん

私は、第一志望だった企業の面接で落ちたことがトラウマになり、ショックから立ち直ることにすごく時間がかかっています。

他の就活生は、どうしてあんなに面接をたくさん受けて、内定をもらうことができているのだろう・・・

行きたい企業の面接で落ちた時に受けるショックはとても大きいですよね。

ただ前提として、面接で落ちてショックを受けない就活生はいないということです。

なので、面接で落ちてショックを受けているのは、決してあなただけではありませんよ

「就活の教科書」編集部 木村

就活生ちゃん

他の就活生も面接に落ちてショックを受けるという同じ辛い経験をしているのですね。

はあ・・・

どうしてこんなにも就活や面接ではショックを受けることが多いのでしょうか。

それは就活の面接がほとんどの人にとって、とても難しいものだからです。

なぜ就活がこんなにも難しく、ショックを受けることが多いのかをおさらいするために、まずは就活の面接が難しい理由について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活の面接が難しい理由

ここでは、なぜ就活の面接で落ち、ショックを受ける機会がこんなに多いのかを理解するために、就活の面接が難しい理由を解説します。

就活の面接が難しい理由は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

就活の面接が難しい理由3つ
  • 理由①:就活の面接なんてやったことがない
  • 理由②:そもそも定員が少なく、倍率が高い
  • 理由③:面接官が社会人の中でも優秀な方ばかり

1つずつ確認して、就活というとても難しいものに挑戦しているということを再認識していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由①:就活の面接なんてやったことがない

就活の面接が難しい理由1つ目は、就活の面接なんてやったことがないということです。

人間は初めてのことに挑戦する時は、失敗して成長していくものです。

なので、面接で落ちたり、就活に失敗してショックを受けるということは、当たり前であり、あなたの成長のためには必要なプロセスなのです。

したがって、あなたはやったことがない就活に挑戦し、今後の就活や人生のために成長していると途中段階だということを理解しておきましょう。

面接で落ちた時にショックを受けるというのも、次の面接でショックを受けなくていいように成長するための、必要な経験なのですね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由②:そもそも定員が少なく、倍率が高い

就活の面接が難しい理由2つ目は、そもそも定員が少なく、倍率が高いということです。

就活はアルバイトや受験とは違い、倍率が高く、落ちる人の方が圧倒的に多いからです。

例えば、大企業や有名なベンチャー企業では、倍率が400倍になることもあります。

つまり、1人受かると同時に、399人は面接で落ちたことでショックを受けているのです。

このように就活では、他の選考に比べて定員が少ないうえに、倍率が高いので、難しいのです。

倍率が高い企業に挑戦している人ほど、面接で落ちたショックを受けているかもしれませんが、同じようにショックを受けている人もたくさんいるということは理解しておきましょうね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由③:面接官が社会人の中でも優秀な方ばかり

就活の面接が難しい理由3つ目は、面接官が社会人の中でも優秀な方ばかりということです。

なぜなら、企業の人事である面接官は企業の顔なので、優秀な成績を残した人が異動してきたり、役員が務めることが多いからです。

普通の大学生が、就活のタイミングになっていきなり、社会の最前線で活躍している人に会って面接をしているのです。

就活はいきなり初めての新しい世界に飛び込んでいくようなものなので、難しいに決まっているのです。

社会の優秀な人と面接する時に、初めから上手く話せる人なんてほとんどいません。

難しい就活の中で、いっぱい面接に落ちたり、ショックを受けることで、就活を乗り越える心技体を身に着けていくのです。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生ちゃん

やっぱり就活って難しいから、面接で落ちてショックを受けることは仕方がないことなのか・・・

それでも、今後の就活に備えて、できるだけ早く面接に落ちたショックから立ち直れるようになりたいです。

そんな難しい就活にきちんと向き合って努力している自分を褒めてあげましょう。

それでは次に、もし面接で落ちてしまい、大きなショックを受けてしまった時のために、面接で落ちた時にショックから立ち直る方法を解説します。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法3つ

ここでは面接で落ちたショックから早く立ち直り、次の面接に備えられるように、面接で落ちた時にショックから立ち直る方法を解説します。

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法3つ
  • 立ち直り方①:就活でショックを受けているのは自分だけじゃないということを再認識する
  • 立ち直り方②:就活に対する価値観を考え直せる「本」を読む
  • 立ち直り方③:信頼できる先輩や社会人に相談する

自分に当てはまる面接で落ちたショックからの立ち直り方を見つけ、実践していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法①:就活でショックを受けているのは自分だけじゃないということを再認識する

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法1つ目は、就活でショックを受けているのは自分だけじゃないということを再認識するということです。

就活は孤独を感じやすいからこそ、周りを見てみると、同じ経験をしている人が多く、励まし合えるからです。

面接で落ちた連絡は、1人でメールで確認することが多いため、孤独にショックを受けることも多いかもしれません。

しかし、就活や面接でショックを受けているのは、あなただけではないのです。

面接で落ちたショックを友達と共有することで、気持ちは楽になり、ショックから立ち直りやすくなるでしょう。

他の人も同じようにショックを受けているけれど、踏ん張って前を向いて頑張っています。

そのようなお互いを励ましあえる就活仲間を作っていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法②:就活に対する価値観を考え直せる「本」を読む

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法2つ目は、就活に対する価値観を考え直せる「本」を読むということです。

本からはたくさんの就活経験者の話を参考に、自分の就活を振り返ることができるからです。

就活の面接で落ちたことにショックを受けているのはあなただけでありませんし、過去の偉大な人も就活でたくさんの失敗を重ねてきました。

そこで、僕自身が落ち込んだ時に、読むと気持ちがかなり楽になった本がありました。

もし就活の面接で落ちたことでショックから立ち直れない人は、こちらの本を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

苦しかったときの話をしようか

苦しかったときの話をしようか

森岡 毅
1,336円(09/21 02:08時点)
発売日: 2019/04/10
Amazonの情報を掲載しています

このように就活に対する価値観を変えられる「本」を読むことで、就活の面接で落ちてショックを受けている自分を肯定してあげてください。

 

方法③:信頼できる先輩や社会人に相談する

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法3つ目は、信頼できる先輩や社会人に相談するということです。

話を聞いてもらうことで気持ちが楽になると同時に、次に取るべき行動のアドバイスをもらうことができるからです。

先輩や社会人の方は、同じように面接で落ちてショックを受けた経験がある人がほとんどですから、親身になって話を聞いてくれます。

また、社会人は採用側の意見も分かるので、より視野の広い意見を得ることができますよ。

たくさん話を聞いてもらって、少しでもショックから立ち直った状態で、次の行動を一緒に考えてもらいましょう。

僕も就活相談をしてもらっている先輩や社会人の方が数人いましたよ。

もし就活の相談相手で悩んでいる場合は、おすすめの相談相手が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

実際に内定者が行った気持ちの切り替え方を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

就活生くん

僕は動機や先輩に話を聞いてもらい、アドバイスをもらうことで面接で落ちたショックから立ち直ろうと思いました。

そもそも、なんで面接で落ちてショックを受けてしまうのでしょうか。

自分に合った面接で落ちた時のショックからの立ち直り方を身に着けてみてくださいね。

それでは次に、面接で落ちてショックを受ける原因を解説します。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で落ちてショックを受ける原因

そもそもなぜあなたが面接に落ち、ショックを受けることになっていますのかについておさらいするために面接で落ちてショックを受ける原因を解説します。

面接で落ちてショックを受ける原因は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で落ちてショックを受ける原因
  • 原因①:面接で評価されているポイントを誤解している
  • 原因②:面接で同じミスを繰り返している
  • 原因③:大企業や人気企業ばかり受けている

1つずつ確認して、自分がなぜ面接で上手くいかないのかを考え直してみましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

原因①:面接で評価されているポイントを誤解している

面接で落ちてショックを受ける原因1つ目は、面接で評価されているポイントを誤解しているということです。

新卒採用の面接では、特殊な評価基準で人間性やポテンシャルを重視して見られており、ただ優秀なら良いというわけではないからです。

また、面接に落ちてショックだからといって話す内容ばかり改善しようとする就活生も少なくありませんが、話し方や顔の表情などを意識する就活生は少ないのです。

面接官はあくまで話の内容と伝え方や表情から分かる人となりを見ているので、どちらも重要なのです。

このように、きちんと就活の面接での評価されているポイントを理解していないと、面接で落ちてショックを受けることになってしまうのです。

また、面接だけでなく、就活において学生は「論理性」や「地頭の良さ」が大切だと言われることも多いですが、きちんとバランスよく評価されることを意識した準備をしなくてはいけませんね。

自分の面接の改善すべき点が分からない人は、面接中にフィードバックをもらうことについて知ることができるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

原因②:面接で同じミスを繰り返している

面接で落ちてショックを受ける原因2つ目は、面接で同じミスを繰り返しているということです。

面接で落ちた理由や原因を改善せずに、面接を繰り返しても面接結果は変わらないからです。

面接で準備できていない質問をされた時に、答えられなくて落ちてしまったら、次の面接までには自己分析を繰り返し、準備をしておく必要があるのです。

その結果、自己分析も深掘りができて、面接にも受かりやすくなります。

面接で落ちたショックを受けないためにも、面接で受かることが一番の対策になります。

そのためには、前回の面接での失敗を次の面接に活かして、どんどん成長していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

原因③:大企業や人気企業ばかり受けている

面接で落ちてショックを受ける原因3つ目は、大企業や人気企業ばかり受けているということです。

大企業や人気企業は倍率が高く、面接に落ちる可能性が必然的に高くなってしまうからです。

採用人数が多く、倍率が低い企業を受けると、面接で受かりやすかったり、ショックを受ける機会が少なく済みます。

もし大企業や人気企業ばかり挑戦して、面接で落ちたショックを受けている人は、受ける企業の視野を広げてみましょう。

内定を持っているか否かによって、面接で落ちた時のショックは大きく変わりますよ。

1つでも内定を持っておきたい人は、内定をもらいやすい企業や採用人数が多い企業が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で落ちまくる原因をもっと知りたい人は、面接で落ちまくる原因や落ちまくる人の特徴が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生くん

面接で落ちたショックをこんなにも受けている原因が分かった気がします。

もうこれ以上、面接で落ちたショックを受けないようにするには、具体的に何をすればいいですか?

それでは最後に、面接で落ちないためにするべきこと3選を解説します。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で落ちないためにするべきこと3選

最後に、あなたが面接で落ちないようにするために、面接で落ちないためにするべきこと3選を解説します。

面接で落ちないためにするべきこと3選は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で落ちてショックを受けないためにするべきこと3選
  • するべきこと①:今までの面接の振り返りをする
  • するべきこと②:たくさん模擬面接をしてフィードバックをもらう
  • するべきこと③:面接を受ける企業・業界を考え直してみる

1つずつ今すぐ実践していき、今後の面接で落ちない対策をしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

するべきこと①:今までの面接の振り返りをする

面接で落ちないためにするべきこと1つ目は、今までの面接の振り返りをするということです。

過去に面接で一度してしまった失敗を二度としないようにすることで、どんどん面接の質を向上させるためです。

例えば、ガクチカを話す時に深掘りされた質問に答えられなかったら、もう一度ガクチカを整理して、深掘りを繰り返していくのです。

そうすることで、面接で受かりやすくなり、必然的にショックを受けることも少なくなっていくでしょう。

面接の振り返りをしたい人は、段階ごとの面接で落ちる原因や面接での受かり方が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

するべきこと②:たくさん模擬面接をしてフィードバックをもらう

面接で落ちないためにするべきこと2つ目は、たくさん模擬面接をしてフィードバックをもらうということです。

面接は練習をすればするほど、就活生が面接で問われている力を養うことができるからです。

具体的には、質問意図や面接官が聞きたい点を理解できるようになり、話を論理的に組み立てながら伝えることができます。

面接で落ちまくりな人には、模擬面接で面接官側の役割を担うことも、就活生の何を見ているのかが客観的に分かるので、おすすめですよ。

模擬面接をしたい人は、無料でできる模擬面接の方法が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

するべきこと③:面接を受ける企業・業界を考え直してみる

面接で落ちないためにするべきこと3つ目は、面接を受ける企業・業界を考え直してみるということです。

面接に落ちまくるということは、受けている企業や業界があなたに合っていない可能性があるからです。

全ての業界を見ていなかったり、初期の時点で業界・企業を絞っている人は、一度視野を広げてみるといいですよ。

面接を受ける企業・業界を考え直してみるということについては、特に面接で落ちたショックが大きい人ほどおすすめですよ。

企業・業界研究をもう一度やり直したい人は、企業・業界研究のやり方が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

就活全般において不安や悩みがある人は、就活エージェントを利用することがおすすめですよ。

就活エージェントは、面接練習や企業紹介なども幅広くサポートしてくれます。

就活エージェントについてもっと知りたい人は、就活エージェントのおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

メモ

就活の教科書がおすすめする面接の練習方法は、就活エージェント「キャリアチケット」の活用です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、面接練習に加えて、就活相談やES添削などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:面接で落ちたショックを次の面接に活かして成長しよう!

「【落ち込む…】就活の面接で落ちたショックから立ち直る方法3つ | 落ちる理由も」の記事はいかがでしたか。

そこでこの記事では「面接で落ちた時のショックから立ち直る方法」を解説します。

合わせて、「就活の面接が難しい理由」「面接で落ちないためにするべきこと3選」も解説しています。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

面接で落ちたら誰でもショックを受ける

就活の面接が難しい理由

  • 理由①:就活の面接なんてやったことがない
  • 理由②:そもそも定員が少なく、倍率が高い
  • 理由③:面接官が社会人の中でも優秀な方ばかり

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法3つ

  • 方法①:就活でショックを受けているのは自分だけじゃないということを再認識する
  • 方法②:就活に対する価値観を考え直せる「本」を読む
  • 方法③:信頼できる先輩や社会人に相談する

面接で落ちてショックを受ける原因

  • 原因①:面接で評価されているポイントを誤解している
  • 原因②:面接で同じミスを繰り返している
  • 原因③:大企業や人気企業ばかり受けている

面接で落ちないためにするべきこと3選

  • するべきこと①:今までの面接の振り返りをする
  • するべきこと②:たくさん模擬面接をしてフィードバックをもらう
  • するべきこと③:面接を受ける企業・業界を考え直してみる

まとめ:面接で落ちたショックを次の面接に活かして成長しよう

面接は受かる人よりも、落ちる人の方が多いので、面接に落ちないことは難しいかもしれません。

しかしその中で、面接で落ちたショックを次の面接に活かして成長するということを心がけていきましょう。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村