>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【落ち込む…】面接で落ちたショックから立ち直る方法3つ | 落ちまくり就活生の特徴も

この記事でわかること
  • 面接で落ちたら誰でもショックを受ける
  • 就活は誰もが初めてで、倍率も高いので、とても難しい
  • 面接で落ちた時にショックから立ち直る方法
  • 面接で落ちてショックを受ける原因
  • 面接で落ちないためにするべきこと5選

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の木村ヒロシです。

この記事では「就活の面接で落ちまくり」「面接で落ちてショック」について書いています。

就活生の皆さんは、「就活の面接で落ちまくり、落ち込んでしまう・・・」など就活の面接で落ちたり失敗してショックを感じたことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

私は、第一志望の企業の面接で落ちた時に大きなショックを受け、さらにその後も面接で落ちまくり。
これまでインターンの面接から本選考までたくさんの面接を落ちまくってきました・・・
就活の面接で落ちまくる原因や理由を知りたいです。

就活生くん

僕はそろそろ就活を始めるので、面接を受けているのですが、1回面接で落ちただけでもショックが大きいです。

もうメンタルが持ちません・・・

就活で本選考を受ける前に、面接で落ちた時にショックからの立ち直り方を理解しておいて、本選考に備えたいと考えています・・・

面接で落ちまくり、落ち込んだ時の立ち直り方や面接を成功させるために今すぐすべきことを教えてください。

就活の面接で落ちれば落ちるほどメンタルが崩壊していきますよね・・・

また就活の面接って落ちた時に理由や原因を教えてくれないため、余計にショックを受けてしまいますよね。

面接で落ちた時にショックから立ち直るのに時間がかかってしまうのもわかります。

僕もインターンシップで5社連続落ちたときは、落ち込んでしまいました。

しかし就活の面接で落ちることは避けられないことであり、落ち込んでいる人も大丈夫です。

実は、本選考や残りの面接を乗り切るための、面接で落ちた時のショックと上手く向き合う方法がありますよ。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

そこでこの記事では「面接で落ちた時のショックから立ち直る方法」解説します。

合わせて、「就活の面接が難しい理由」「就活の面接で落ちまくる原因」「就活の面接で落ちまくる人の特徴」「面接で落ちないためにするべきこと3選」も解説しています。

この記事を読めば、「もっと早くショックから立ち直っとけばよかった・・・」「就活の面接の原因や対策について考えとけばよかった・・・」なんて後悔を避けられます。

就活の面接や面接で落ちた時のショックと上手く向き合って、無事に就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

 

就活の面接で落ちまくりな学生は意外と多い

就活生ちゃん

私は、インターンシップの面接から本選考の面接までほとんど落ちまくりです。

もう就活の面接が怖くなってきたんですけど、私みたいに就活の面接で落ちまくっている人ってあまりいないですよね・・・

そんなことありませんよ。

就活の面接で落ちまくり、悩んでいる人はたくさんいます。

就活の面接といっても、大手企業なら100倍や200倍は普通ですし、中小企業やベンチャー企業では採用人数がかなり少ないです。

だから、就活の面接で落ちまくっているからといって、あなただけが面接で落ちまくっているわけではありませんよ。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

面接で落ちたら誰でもショックを受ける

就活生ちゃん

私は、第一志望だった企業の面接で落ちたことがトラウマになり、ショックから立ち直ることにすごく時間がかかっています。

他の就活生は、どうしてあんなに面接をたくさん受けて、内定をもらうことができているのだろう・・・

行きたい企業の面接で落ちた時に受けるショックはとても大きいですよね。

ただ前提として、面接で落ちてショックを受けない就活生はいないということです。

なので、面接で落ちてショックを受けているのは、決してあなただけではありませんよ

「就活の教科書」編集部 木村

就活生ちゃん

他の就活生も面接に落ちてショックを受けるという同じ辛い経験をしているのですね。

はあ・・・

どうしてこんなにも就活や面接ではショックを受けることが多いのでしょうか。

それは就活の面接がほとんどの人にとって、とても難しいものだからです。

なぜ就活がこんなにも難しく、ショックを受けることが多いのかをおさらいするために、まずは就活の面接が難しい理由について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活の面接で落ちまくりな人こそが陥りがちな落とし穴とは?

就活生ちゃん

それでもやはり、企業からのお祈りメールが来たときには落ち込んでしまいます。

もう私、就活に落ちまくり、向いてないんじゃないかなと諦めてしまいそうです・・・

確かに、企業から直接、面接の不合格通知が来たときは落ち込んでしまいますよね。

しかし、そこで就活をあきらめてしまうことこそが就活の面接で落ちまくりな人こそが陥りがちな落とし穴です。

就活の面接で落ちまくりの就活生こそ、諦めずに前を向いて自分の納得していくキャリアを築く努力をするべきですよ。

他にも多くの就活生が就活の面接に落ちまくりで悩んでいるので、歯を食いしばって就活を続けているだけで、他の就活生はどんどんリタイアしていくのです。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

前を向いて就活を続けていれば、どんどんライバルが少なくなっていくのですね。

もう少しだけ、就活も面接も頑張ってみようかと思います。

ライバルが減っていくだけでなく、就活の面接に対する適切な理解と対策をすれば、あなたの就活の面接スキルもどんどん向上していきますよ。

なので、もう少し前を向いて、就活の面接に向き合ってみましょう。

それではまず、就活の面接で落ちまくる原因から一緒に確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法4つ

ここでは面接で落ちたショックから早く立ち直り、次の面接に備えられるように、面接で落ちた時にショックから立ち直る方法を解説します。

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法は4つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法4つ
  • 立ち直り方①:就活でショックを受けているのは自分だけじゃないということを再認識する
  • 立ち直り方②:就活に対する価値観を考え直せる「本」を読む
  • 立ち直り方③:信頼できる先輩や社会人に相談する
  • 立ち直り方④:一旦、就活と距離を置く

自分に当てはまる面接で落ちたショックからの立ち直り方を見つけ、実践していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法①:就活でショックを受けているのは自分だけじゃないということを再認識する

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法1つ目は、就活でショックを受けているのは自分だけじゃないということを再認識するということです。

就活は孤独を感じやすいからこそ、周りを見てみると、同じ経験をしている人が多く、励まし合えるからです。

面接で落ちた連絡は、1人でメールで確認することが多いため、孤独にショックを受けることも多いかもしれません。

しかし、就活や面接でショックを受けているのは、あなただけではないのです。

面接で落ちたショックを友達と共有することで、気持ちは楽になり、ショックから立ち直りやすくなるでしょう。

他の人も同じようにショックを受けているけれど、踏ん張って前を向いて頑張っています。

そのようなお互いを励ましあえる就活仲間を作っていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法②:就活に対する価値観を考え直せる「本」を読む

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法2つ目は、就活に対する価値観を考え直せる「本」を読むということです。

本からはたくさんの就活経験者の話を参考に、自分の就活を振り返ることができるからです。

就活の面接で落ちたことにショックを受けているのはあなただけでありませんし、過去の偉大な人も就活でたくさんの失敗を重ねてきました。

そこで、僕自身が落ち込んだ時に、読むと気持ちがかなり楽になった本がありました。

もし就活の面接で落ちたことでショックから立ち直れない人は、こちらの本を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

苦しかったときの話をしようか

苦しかったときの話をしようか

森岡 毅
1,336円(12/04 04:28時点)
発売日: 2019/04/10
Amazonの情報を掲載しています

このように就活に対する価値観を変えられる「本」を読むことで、就活の面接で落ちてショックを受けている自分を肯定してあげてください。

 

方法③:信頼できる先輩や社会人に相談する

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法3つ目は、信頼できる先輩や社会人に相談するということです。

話を聞いてもらうことで気持ちが楽になると同時に、次に取るべき行動のアドバイスをもらうことができるからです。

先輩や社会人の方は、同じように面接で落ちてショックを受けた経験がある人がほとんどですから、親身になって話を聞いてくれます。

また、社会人は採用側の意見も分かるので、より視野の広い意見を得ることができますよ。

たくさん話を聞いてもらって、少しでもショックから立ち直った状態で、次の行動を一緒に考えてもらいましょう。

僕も就活相談をしてもらっている先輩や社会人の方が数人いましたよ。

もし就活の相談相手で悩んでいる場合は、おすすめの相談相手が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

実際に内定者が行った気持ちの切り替え方を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

方法④:一旦、就活と距離を置く

就活の面接で落ちまくり落ち込んだ時の立ち直り方4つ目は、一旦、就活と距離を置くということです。

就活で追い込みすぎたり、落ち込み過ぎたりすると、より良い選択ができなくなってしまうからです。

メンタルブレイクしている状態で、ここからの人生に大きく関わる大切な選択はかなり難しいですし、妥協してしまう可能性が高いです。

なので勇気を出して、一旦、就活から距離を置いて、正しい判断をする状態になってから就活を再開しても良いでしょう。

本当に立ち直れない時は、就活に身を置いても問題ありません。

就活が人より遅かったり、失敗してしまっても、今後の将来は長く、いくらでも変えることができますからね。

あなたのペースで就活をして、面接で落ちまくりな現状を変えていきましょう。

それでは次に、面接で落ちてショックを受ける原因を解説します。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

就活の面接が難しい理由

ここでは、なぜ就活の面接で落ち、ショックを受ける機会がこんなに多いのかを理解するために、就活の面接が難しい理由を解説します。

就活の面接が難しい理由は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

就活の面接が難しい理由3つ
  • 理由①:就活の面接なんてやったことがない
  • 理由②:そもそも定員が少なく、倍率が高い
  • 理由③:面接官が社会人の中でも優秀な方ばかり

1つずつ確認して、就活というとても難しいものに挑戦しているということを再認識していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由①:就活の面接なんてやったことがない

就活の面接が難しい理由1つ目は、就活の面接なんてやったことがないということです。

人間は初めてのことに挑戦する時は、失敗して成長していくものです。

なので、面接で落ちたり、就活に失敗してショックを受けるということは、当たり前であり、あなたの成長のためには必要なプロセスなのです。

したがって、あなたはやったことがない就活に挑戦し、今後の就活や人生のために成長していると途中段階だということを理解しておきましょう。

面接で落ちた時にショックを受けるというのも、次の面接でショックを受けなくていいように成長するための、必要な経験なのですね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由②:そもそも定員が少なく、倍率が高い

就活の面接が難しい理由2つ目は、そもそも定員が少なく、倍率が高いということです。

就活はアルバイトや受験とは違い、倍率が高く、落ちる人の方が圧倒的に多いからです。

例えば、大企業や有名なベンチャー企業では、倍率が400倍になることもあります。

つまり、1人受かると同時に、399人は面接で落ちたことでショックを受けているのです。

このように就活では、他の選考に比べて定員が少ないうえに、倍率が高いので、難しいのです。

倍率が高い企業に挑戦している人ほど、面接で落ちたショックを受けているかもしれませんが、同じようにショックを受けている人もたくさんいるということは理解しておきましょうね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由③:面接官が社会人の中でも優秀な方ばかり

就活の面接が難しい理由3つ目は、面接官が社会人の中でも優秀な方ばかりということです。

なぜなら、企業の人事である面接官は企業の顔なので、優秀な成績を残した人が異動してきたり、役員が務めることが多いからです。

普通の大学生が、就活のタイミングになっていきなり、社会の最前線で活躍している人に会って面接をしているのです。

就活はいきなり初めての新しい世界に飛び込んでいくようなものなので、難しいに決まっているのです。

社会の優秀な人と面接する時に、初めから上手く話せる人なんてほとんどいません。

難しい就活の中で、いっぱい面接に落ちたり、ショックを受けることで、就活を乗り越える心技体を身に着けていくのです。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生ちゃん

やっぱり就活って難しいから、面接で落ちてショックを受けることは仕方がないことなのか・・・

それでも、今後の就活に備えて、できるだけ早く面接に落ちたショックから立ち直れるようになりたいです。

そんな難しい就活にきちんと向き合って努力している自分を褒めてあげましょう。

それでは次に、もし面接で落ちてしまい、大きなショックを受けてしまった時のために、面接で落ちた時にショックから立ち直る方法を解説します。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で落ちてショックを受ける原因

そもそもなぜあなたが面接に落ち、ショックを受けることになっていますのかについておさらいするために面接で落ちてショックを受ける原因を解説します。

面接で落ちてショックを受ける原因は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で落ちてショックを受ける原因
  • 原因①:面接で評価されているポイントを誤解している
  • 原因②:面接で同じミスを繰り返している
  • 原因③:大企業や人気企業ばかり受けている

1つずつ確認して、自分がなぜ面接で上手くいかないのかを考え直してみましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

原因①:面接で評価されているポイントを誤解している

面接で落ちてショックを受ける原因1つ目は、面接で評価されているポイントを誤解しているということです。

新卒採用の面接では、特殊な評価基準で人間性やポテンシャルを重視して見られており、ただ優秀なら良いというわけではないからです。

また、面接に落ちてショックだからといって話す内容ばかり改善しようとする就活生も少なくありませんが、話し方や顔の表情などを意識する就活生は少ないのです。

面接官はあくまで話の内容と伝え方や表情から分かる人となりを見ているので、どちらも重要なのです。

このように、きちんと就活の面接での評価されているポイントを理解していないと、面接で落ちてショックを受けることになってしまうのです。

また、面接だけでなく、就活において学生は「論理性」や「地頭の良さ」が大切だと言われることも多いですが、きちんとバランスよく評価されることを意識した準備をしなくてはいけませんね。

自分の面接の改善すべき点が分からない人は、面接中にフィードバックをもらうことについて知ることができるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

原因②:面接で同じミスを繰り返している

面接で落ちてショックを受ける原因2つ目は、面接で同じミスを繰り返しているということです。

面接で落ちた理由や原因を改善せずに、面接を繰り返しても面接結果は変わらないからです。

面接で準備できていない質問をされた時に、答えられなくて落ちてしまったら、次の面接までには自己分析を繰り返し、準備をしておく必要があるのです。

その結果、自己分析も深掘りができて、面接にも受かりやすくなります。

面接で落ちたショックを受けないためにも、面接で受かることが一番の対策になります。

そのためには、前回の面接での失敗を次の面接に活かして、どんどん成長していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

原因③:大企業や人気企業ばかり受けている

面接で落ちてショックを受ける原因3つ目は、大企業や人気企業ばかり受けているということです。

大企業や人気企業は倍率が高く、面接に落ちる可能性が必然的に高くなってしまうからです。

採用人数が多く、倍率が低い企業を受けると、面接で受かりやすかったり、ショックを受ける機会が少なく済みます。

もし大企業や人気企業ばかり挑戦して、面接で落ちたショックを受けている人は、受ける企業の視野を広げてみましょう。

内定を持っているか否かによって、面接で落ちた時のショックは大きく変わりますよ。

1つでも内定を持っておきたい人は、内定をもらいやすい企業や採用人数が多い企業が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で落ちまくる原因をもっと知りたい人は、面接で落ちまくる原因や落ちまくる人の特徴が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活の面接で落ちまくる原因4つ

ここではまず、あなたが就活の面接を成功させるために、就活の面接で落ちまくる原因を解説していきます。

就活の面接で落ちまくる原因は4つあります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活の面接で落ちまくる原因4つ
  • 原因①:面接に受かるという気持ちを持てていない
  • 原因②:面接の身だしなみやマナーなどの知識が足りていない
  • 原因③:業界・企業について深く理解できていない
  • 原因④:自分について深く理解できていない

それでは1つずつ確認し、あなたがなぜ面接で上手くいかないのかを理解していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

原因①:面接に受かるという気持ちを持てていない

就活の面接で落ちまくる原因1つ目は、面接に受かるという気持ちを持てていないということです。

面接官に受かりたいという熱意や自信が伝わらないからです。

就活の面接に落ちまくりの就活生は、成功体験が少ないので自信を持てないのは仕方がないですが、面接は受かるという気持ちを持って受けなければ、ほとんどの確率で落ちてしまいます。

面接官は顔の表情や話し方で、面接にかけている熱意や想いが分かると言っていました。

なので、面接に「受かる」という気持ちを強く持っていないと、就活の面接では落ちてしまうことが多いのです。

僕は面接で落ちまくり、スランプに陥っている時に、必ず面接前に「受かる」と10回言ってから、面接をするようにしていました(笑)

そうすれば、根拠のない自信と元気が出るので、面接でも明るい表情で話すことができましたよ。

就活に自信がなくて悩んでいる人は、自信がない時の対処法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

原因②:面接の身だしなみやマナーなどの知識が足りていない

就活の面接で落ちまくる原因2つ目は、面接の身だしなみやマナーなどの知識が足りていないということです。

面接に落ちまくるということは、面接における基礎的な知識や経験が不足している可能性があるからです。

特に面接の第一印象を左右する「身だしなみ」と「マナー」に関しては、社会人としての基本中の基本ですので、完璧にできる必要があります。

逆に、面接の身だしなみやマナーなどの知識が足りていないと社会人になる準備ができていないと判断される場合が多いので、面接に落ちまくるという結果になってしまうのです。

面接における身だしなみやマナーは一度きちんと理解したら大丈夫ですので、不安な方は必ず確認するようにしましょう。

就活の面接マナーについて不安な人は、オフライン面接・オンライン面接のそれぞれのマナーが分かりますので、ぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

原因③:業界・企業について深く理解できていない

就活の面接で落ちまくる原因3つ目は、業界・企業について深く理解できていないということです。

業界・企業研究が足りていないと、必然的に面接での話に熱意を感じにくくなるからです。

例えば、志望動機や事業内容についての話は、受ける企業をどこまで知っているかによって話の深さが変わってきます。

そこで業界・企業研究が足りていないと、誰でも知っていることや調べたらすぐにわかる程度の話しかできず、面接官にはその程度だと感じられてしまうのです。

もし面接に落ちまくっている原因が業界・企業研究不足だと感じるならば、今からでも始めていきましょう。

業界・企業研究についてもっと知りたい人は、業界・企業研究のやり方が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

原因④:自分について深く理解できていない

就活の面接で落ちまくる原因4つ目は、自分について深く理解できていないということです。

自己分析が深掘りしきれていなかったら、自分の強みや魅力、将来のビジョンを伝えることができないからです。

面接質問のほとんどはあなたのことに関する質問であり、面接官はあなたの強みや魅力を引き出そうとしてくれています。

しかし、自分自身が自分のことを深く理解できていなかったら、面接官にとってもあなたがどんな人物なのかを掴むことができず、落としてしまうのです。

なので、就活の面接で落ちまくる人の特徴として、自分について深く理解できていないということが当てはまるのです。

まずは面接官にあなたの魅力を伝え、落ちまくりの現状から抜け出すためにも、自分自身について深く理解していきましょう。

自己分析が足りていないと感じている人は、自己分析の詳しいやり方と自己分析ツールが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

就活の面接で落ちまくる人の特徴3つ

ここでは、あなたが就活の面接で落ちまくる人の特徴を反面教師にし、面接で受かるために、就活の面接で落ちまくる人の特徴を解説します。

就活の面接で落ちまくる人の特徴は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

就活の面接で落ちまくる人の特徴3つ
  • 特徴①:面接を受けたら受けっぱなしで終わる
  • 特徴②:面接において心配事がある
  • 特徴③:熱意を上手く伝えることができない

それでは1つずつ確認して、面接で受かる人に近づいていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴①:面接を受けたら受けっぱなしで終わる

就活の面接で落ちまくる人の特徴1つ目は、面接を受けたら受けっぱなしで終わるということです。

面接での失敗や反省をそのままにしていても、成長することはないからです。

例えば、答えられない質問や回答に時間がかかってしまう質問があったとします。

そこで、面接後に自己分析をやり直して次の面接に備えるか、切り替えてすぐに遊びに行くかでは雲泥の差です。

よって、面接を受けたら受けっぱなしの人は、就活の面接で落ちまくる人の特徴になるのです。

面接中ももちろん大切ですが、面接後の30分でいかに振り返り、次の面接に備えるかが面接で受かるかどうかのキーポイントになるでしょう。

また、面接でフィードバックを求めるということも大きく成長するきっかけになるでしょう。

面接でフィードバックを求めることに心配を感じる人は、フィードバックに関することが分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴②:面接において心配事がある

就活の面接で落ちまくる人の特徴2つ目は、面接において心配事があるということです。

何か不安や心配があることが面接官にも伝わり、自信がないように感じられてしまうからです。

始めての就活や面接において、不安や心配があるのは分かりますが、自己分析をして質問に対する心配事をできるだけ少なくしてくことが大切です。

面接において心配事があったとして、その点は割り切って根拠ない自信を持って面接に取り組める就活生の方が面接に受かる可能性は高いでしょう。

面接に関しては、準備:本番=8:2くらいの割合で準備の方が大切になってきます。

そのために継続的に自己分析を繰り返し、不安や心配事を減らしていきましょう。

これ以上自己分析ができないと悩んでいる人は、自己分析が簡単にできる方法が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴③:熱意を上手く伝えることができない

就活の面接で落ちまくる人の特徴3つ目は、熱意を上手く伝えることができないということです。

あなたの企業への熱意を上手く言語化し、表現できないと、面接官には伝わりきらないからです。

企業の魅力や志望動機や熱意を上手く伝えられるかが、面接官の就活生の印象を大きく変えるのです。

なので、面接前に自分の熱意をビジュアル的にも言語的にも伝える練習をすることが必要ですね。

たくさんの人に自分の想いを話すことが、最終的に面接で自分の全て熱意を伝えられる練習にもなるので、普段からあなたの想いを言語化することを意識してみましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で落ちないためにするべきこと5選

最後に、あなたが面接で落ちないようにするために、面接で落ちないためにするべきこと5選を解説します。

面接で落ちないためにするべきこと5選は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で落ちてショックを受けないためにするべきこと5選
  • するべきこと①:今までの面接の振り返りをする
  • するべきこと②:たくさん模擬面接をしてフィードバックをもらう
  • するべきこと③:面接を受ける企業・業界を考え直してみる
  • するべきこと④:もう一度、自分の強みや武器を明確化する
  • するべきこと⑤:就活エージェントに相談してみる

1つずつ今すぐ実践していき、今後の面接で落ちない対策をしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

するべきこと①:今までの面接の振り返りをする

面接で落ちないためにするべきこと1つ目は、今までの面接の振り返りをするということです。

過去に面接で一度してしまった失敗を二度としないようにすることで、どんどん面接の質を向上させるためです。

例えば、ガクチカを話す時に深掘りされた質問に答えられなかったら、もう一度ガクチカを整理して、深掘りを繰り返していくのです。

そうすることで、面接で受かりやすくなり、必然的にショックを受けることも少なくなっていくでしょう。

面接の振り返りをしたい人は、段階ごとの面接で落ちる原因や面接での受かり方が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

するべきこと②:たくさん模擬面接をしてフィードバックをもらう

面接で落ちないためにするべきこと2つ目は、たくさん模擬面接をしてフィードバックをもらうということです。

面接は練習をすればするほど、就活生が面接で問われている力を養うことができるからです。

具体的には、質問意図や面接官が聞きたい点を理解できるようになり、話を論理的に組み立てながら伝えることができます。

面接で落ちまくりな人には、模擬面接で面接官側の役割を担うことも、就活生の何を見ているのかが客観的に分かるので、おすすめですよ。

模擬面接をしたい人は、無料でできる模擬面接の方法が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

するべきこと③:面接を受ける企業・業界を考え直してみる

面接で落ちないためにするべきこと3つ目は、面接を受ける企業・業界を考え直してみるということです。

面接に落ちまくるということは、受けている企業や業界があなたに合っていない可能性があるからです。

全ての業界を見ていなかったり、初期の時点で業界・企業を絞っている人は、一度視野を広げてみるといいですよ。

面接を受ける企業・業界を考え直してみるということについては、特に面接で落ちたショックが大きい人ほどおすすめですよ。

企業・業界研究をもう一度やり直したい人は、企業・業界研究のやり方が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

するべきこと④:もう一度、自分の強みや武器を明確化する

就活の面接を乗り越えるために今すぐすべきこと4つ目は、もう一度、自分の強みや武器を明確化するということです。

面接において、確固たる自分の武器や強みを伝えられたら、面接官もあなたの魅力に気が付くからです。

既に自己分析で強みや武器を明確化している人は、伝えるエピソードや企業での活かし方に焦点を当てて、もう一度考え直してみましょう。

そして就活の面接で落ちまくりな現状を変えてきましょう。

自己分析をもっとしたいという人は、おすすめの自己分析診断ツールや自己分析が簡単にできる方法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

するべきこと⑤:就活エージェントに相談してみる

就活の面接を乗り越えるために今すぐするべきこと5つ目は、就活エージェントに相談してみるということです。

就活のプロが面接を含む、就活全てのアドバイスをしてくれるからです。

企業分析や企業紹介までしてくれるので、あなたに合った就活スタイルを提案してくれます。

面接練習だけでも利用することができるので、就活の面接で落ちまくりな現状を変えるためにも、ぜひ就活エージェントを利用してみましょう。

就活エージェントについてもっと知りたい人は、就活エージェントのおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:面接で落ちたショックを次の面接に活かして成長しよう!

「【落ち込む…】就活の面接で落ちたショックから立ち直る方法3つ | 落ちる理由も」の記事はいかがでしたか。

この記事では「面接で落ちた時のショックから立ち直る方法」解説しました。

合わせて、「就活の面接が難しい理由」「就活の面接で落ちまくる原因」「就活の面接で落ちまくる人の特徴」「面接で落ちないためにするべきこと3選」も解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

◆ 就活の面接で落ちまくりな学生は意外と多い

 

◆ 面接で落ちたら誰でもショックを受ける

 

◆ 就活の面接が難しい理由

  • 理由①:就活の面接なんてやったことがない
  • 理由②:そもそも定員が少なく、倍率が高い
  • 理由③:面接官が社会人の中でも優秀な方ばかり

◆ 面接で落ちた時にショックから立ち直る方法4つ

  • 方法①:就活でショックを受けているのは自分だけじゃないということを再認識する
  • 方法②:就活に対する価値観を考え直せる「本」を読む
  • 方法③:信頼できる先輩や社会人に相談する
  • 方法④:一旦、就活と距離を置く

◆ 面接で落ちてショックを受ける原因

  • 原因①:面接で評価されているポイントを誤解している
  • 原因②:面接で同じミスを繰り返している
  • 原因③:大企業や人気企業ばかり受けている

◆ 就活の面接で落ちまくる原因4つ

  • 原因①:面接に受かるという気持ちを持てていない
  • 原因②:面接の身だしなみやマナーなどの知識が足りていない
  • 原因③:業界・企業について深く理解できない
  • 原因④:自分について深く理解できていない

◆ 就活の面接で落ちまくる人の特徴3つ

  • 特徴①:面接を受けたら受けっぱなしで終わる
  • 特徴②:面接において心配事がある
  • 特徴③:熱意を上手く伝えることができない

◆ 面接で落ちないためにするべきこと5選

  • するべきこと①:今までの面接の振り返りをする
  • するべきこと②:たくさん模擬面接をしてフィードバックをもらう
  • するべきこと③:面接を受ける企業・業界を考え直してみる
  • するべきこと④:もう一度、自分の強みや武器を明確化する
  • するべきこと⑤:就活エージェントに相談してみる

まとめ:面接で落ちたショックを次の面接に活かして成長しよう

例え現在、就活の面接で落ちまくりだとしても、就活の面接で落ちまくりな理由を振り返り、自分のペースで乗り越えられることが分かりました。

面接は受かる人よりも、落ちる人の方が多いので、面接に落ちないことは難しいかもしれません。

しかしその中で、面接で落ちたショックを次の面接に活かして成長するということを心がけて就活の面接を乗り越えていきましょう。

この記事で学んだ面接で落ちまくり、落ち込んだ時の立ち直り方や今すぐすべきことを実践して就活を成功させてみてくださいね。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村