【落ちまくり】面接で落ちたショックから立ち直る方法 | 失敗する原因も

本ページはプロモーションを含みます

【落ちまくり】面接で落ちまくる就活生の特徴5選 _ ショックから立ち直る方法も

この記事でわかること
\ 短時間で対策できる「面接回答集100選」/
内定者の面接回答を見てみる
(面接回答集100選)

面接回答集100選とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料配布!

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の木村ヒロシです。

この記事では「就活の面接で落ちまくり」「面接で落ちてショック」について書いています。

就活生の皆さんは、「就活の面接で落ちまくり、落ち込む・・・」など就活の面接で落ちたり失敗してショックを感じたことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

私は、就活でインターンの面接から本選考までたくさんの面接を落ちまくっています・・・

就活の面接で落ちまくる就活生の特徴を知り、自分に足りない点を知りたいです。

就活生くん

就活の面接に落ちまくり、もうメンタルが持ちません・・・

面接で落ちまくり、落ち込んだ時の立ち直り方や面接を成功させるために今すぐすべきことを教えてください。

就活の面接で落ちれば落ちるほどメンタルが崩壊していきますよね・・・

僕もインターンシップで5社連続落ちたときは、落ち込んでしまいました。

でも実は、本選考や残りの面接を乗り切るための、面接で落ちた時のショックと上手く向き合う方法がありますよ。

ちなみに、「志望企業の面接で落ちたくない!」という方は、内定者の面接の質問と回答例が無料で見れる「面接質問集100選(公式LINEで無料配布)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

そこでこの記事では「就活の面接で落ちまくる人の特徴」解説します。

合わせて、「面接で落ちた時のショックから立ち直る方法」「就活の面接で落ちまくる原因」も解説しています。

この記事を読めば、「就活の面接の原因や対策について考えとけばよかった・・・」なんて後悔を避けられます。

就活の面接や面接で落ちた時のショックと上手く向き合って、無事に就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

「面接の質問で評価される回答がわからない…」という方は、面接回答集100選(公式LINEで無料見放題)で内定者の回答を参考にし、面接・ESを突破できる回答を作るのが一番おすすめです。

ちなみに面接回答集100選(公式LINEで無料見放題)以外にも、難関企業内定者のES見放題の「選考通過ES」、選考通過ESが71,733枚見放題の「unistyle」、プロからのES添削/面接対策を頼める「スタキャリ×ジョーカツもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】面接・ES対策に役立つおすすめツール(無料)
\ 180,000人以上が利用中! /
面接回答集100選 内定者の面接回答を見てみる
(面接質問集100選)

*就活の教科書公式LINEから限定無料配布!

どのサービスを使えば良いかわからない…」という方は面接回答集100選(公式LINEで無料見放題)内定者の回答を参考にするのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

 

面接の質問に上手く答えるには?

「面接対策は何から始めれば…?」「面接の質問にきちんと答えられるか少し不安」という方は、面接の質問集100選で面接対策を行うのがおすすめです。

面接質問解答集100選は、面接でよく聞かれる頻出質問と内定者の回答をまとめたもので、面接質問回答集をマスターすると、面接での通過率が格段に上がります。

面接の対策では、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、「面接対策はどこからやれば…」という方は、面接の質問集100選と答え方を見て、面接対策に活かしてくださいね。

新卒就活の面接で落ちまくりな学生は意外と多い

就活生ちゃん

私は、インターンシップの面接から本選考の面接までほとんど落ちまくりです。

もう就活の面接が怖くなってきたんですけど、私みたいに就活の面接で落ちまくっている人ってあまりいないですよね・・・

実際、就活の面接で落ちまくり、悩んでいる人はたくさんいますよ。

就活の面接といっても、大手企業なら100倍や200倍は普通ですし、中小企業やベンチャー企業では採用人数がかなり少ないです。

だから、就活の面接で落ちまくっているからといって、あなただけが面接で落ちまくっているわけではありませんよ。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

行きたい企業の面接で落ちた時に受けるショックはとても大きいです。

ただ前提として、面接で落ちてショックを受けない就活生はいないということです。

なので、面接で落ちてショックを受けているのは、決してあなただけではありません。

就活の面接は、誰にとっても人生初めての経験なので、難しいと感じて当然なのです。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

「面接の対策の仕方がわからない…」という就活生の方は、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)も参考にするのが一番おすすめです。

内定者の回答を見るには、就活サイトなどを参考にする就活生が多いですが、他にも面接回答集100選(公式LINEで無料配布)を参考にする就活生も多くいます。

面接の対策をするなら、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「面接回答集100選」なら面接で失敗しない回答法がわかる
  • 面接頻出質問と回答が無料で見れる
  • 面接で失敗しない回答の仕方がわかる
  • 結果、面接で落ちにくくなる

就活の面接で落ちまくる人の特徴5選

ここでは、あなたが就活の面接で落ちまくる人の特徴を反面教師にし、面接で受かるために、就活の面接で落ちまくる人の特徴を解説します。

就活の面接で落ちまくる人の特徴は5つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

就活の面接で落ちまくる人の特徴3つ
  • 特徴①:面接を受けたら受けっぱなしで終わる
  • 特徴②:面接において心配事がある
  • 特徴③:面接で評価されているポイントを誤解している
  • 特徴④:大企業や人気企業ばかり受けている
  • 特徴⑤:熱意を上手く伝えることができない

それでは1つずつ確認して、面接で受かる人に近づいていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴①:面接を受けたら受けっぱなしで終わる

就活の面接で落ちまくる人の特徴1つ目は、面接を受けたら受けっぱなしで終わるということです。

面接での失敗や反省をそのままにしていても、成長することはないからです。

例えば、答えられない質問や回答に時間がかかってしまう質問があったとします。

そこで、面接後に自己分析をやり直して次の面接に備えるか、切り替えてすぐに遊びに行くかでは雲泥の差です。

よって、面接を受けたら受けっぱなしの人は、就活の面接で落ちまくる人の特徴になるのです。

面接中ももちろん大切ですが、面接後の30分でいかに振り返り、次の面接に備えるかが面接で受かるかどうかのキーポイントになるでしょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴②:面接において心配事がある

就活の面接で落ちまくる人の特徴2つ目は、面接において心配事があるということです。

何か不安や心配があることが面接官にも伝わり、自信がないように感じられてしまうからです。

始めての就活や面接において、不安や心配があるのは分かりますが、自己分析をして質問に対する心配事をできるだけ少なくしてくことが大切です。

面接において心配事があったとして、その点は割り切って根拠ない自信を持って面接に取り組める就活生の方が面接に受かる可能性は高いでしょう。

面接に関しては、準備:本番=8:2くらいの割合で準備の方が大切になってきます。

面接の準備をしたい人は、準備すべきこと面接の頻出質問が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴③:面接で評価されているポイントを誤解している

面接で落ちてショックを受ける特徴3つ目は、面接で評価されているポイントを誤解しているということです。

新卒採用の面接では、特殊な評価基準で人間性やポテンシャルを重視して見られており、ただ優秀なら良いというわけではないからです。

面接官はあくまで話の内容と伝え方や表情から分かる人となりを見ているので、どちらも重要なのです。

このように、きちんと就活の面接での評価されているポイントを理解していないと、面接で落ちてショックを受けることになってしまうのです。

また、面接だけでなく、就活において学生は「論理性」や「地頭の良さ」が大切だと言われることも多いですが、きちんとバランスよく評価されることを意識した準備をしなくてはいけませんね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

特徴④:大企業や人気企業ばかり受けている

面接で落ちてショックを受ける特徴4つ目は、大企業や人気企業ばかり受けているということです。

大企業や人気企業は倍率が高く、面接に落ちる可能性が必然的に高くなってしまうからです。

採用人数が多く、倍率が低い企業を受けると、面接で受かりやすかったり、ショックを受ける機会が少なく済みます。

もし大企業や人気企業ばかり挑戦して、面接で落ちたショックを受けている人は、受ける企業の視野を広げてみましょう。

とにかく内定を1つもらって面接に対するプレッシャーを軽減させましょう。

内定をもらいやすい企業や大量採用企業を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴⑤:熱意を上手く伝えることができない

就活の面接で落ちまくる人の特徴5つ目は、熱意を上手く伝えることができないということです。

あなたの企業への熱意を上手く言語化し、表現できないと、面接官には伝わりきらないからです。

企業の魅力や志望動機や熱意を上手く伝えられるかが、面接官の就活生の印象を大きく変えるのです。

なので、面接前に自分の熱意をビジュアル的にも言語的にも伝える練習をすることが必要ですね。

たくさんの人に自分の想いを話すことが、最終的に面接で自分の全て熱意を伝えられる練習にもなるので、普段からあなたの想いを言語化することを意識してみましょう。

もっと面接対策について知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接の質問に上手く答えるには?

「面接対策は何から始めれば…?」「面接の質問にきちんと答えられるか少し不安」という方は、面接の質問集100選で面接対策を行うのがおすすめです。

面接質問解答集100選は、面接でよく聞かれる頻出質問と内定者の回答をまとめたもので、面接質問回答集をマスターすると、面接での通過率が格段に上がります。

面接の対策では、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、「面接対策はどこからやれば…」という方は、面接の質問集100選と答え方を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活の面接で落ちまくる人こそが陥りがちな落とし穴とは?

就活生ちゃん

それでもやはり、企業からのお祈りメールが来たときには落ち込んでしまいます。

もう私、就活に落ちまくり、向いてないんじゃないかなと諦めてしまいそうです・・・

確かに、企業から直接、面接の不合格通知が来たときは落ち込んでしまいますよね。

しかしそこで「就活を諦める」と思ってしまうことが、面接で落ちまくる人の陥りがちな落とし穴です。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活をあきらめてしまうこと」こそが就活の面接で落ちまくりな人こそが陥りがちな落とし穴です。

就活では、多くの就活生が面接に落ちまくり、悩んでいます。

なので歯を食いしばって就活を続けているだけで、他の就活生はどんどんリタイアしていくのです。

ライバルが減っていくだけでなく、就活の面接に対する適切な理解と対策をすれば、あなたの就活の面接スキルもどんどん向上していきますよ。

粘り強く自分の意思で就活を続けることが、納得のいく内定をもらえる1番の近道なのです。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

 

                                                   

面接対策に役立つ記事一覧

「もうすぐ面接があるけどどうやって対策すればいいか分からない」という就活生は、 面接での想定質問の回答を考える実戦形式で面接練習をする という順序で対策を行いましょう。 以下の記事を読めば、面接でのよくある質問や実践的な面接練習のやり方が分かるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

【短時間でできる!】面接対策のやり方

①面接の形式を知り、よくある質問に対する回答を考える
→詳しくは「面接選考の対策」の記事を読んでみる

②実戦形式で面接対策をする
→詳しくは「面接練習のやり方」の記事を読んでみる

「面接の対策の仕方がわからない…」という就活生の方は、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)も参考にするのが一番おすすめです。

内定者の回答を見るには、就活サイトなどを参考にする就活生が多いですが、他にも面接回答集100選(公式LINEで無料配布)を参考にする就活生も多くいます。

面接の対策をするなら、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「面接回答集100選」なら面接で失敗しない回答法がわかる
  • 面接頻出質問と回答が無料で見れる
  • 面接で失敗しない回答の仕方がわかる
  • 結果、面接で落ちにくくなる

【落ち込む…】面接で落ちた時にショックから立ち直る方法5つ

ここでは面接で落ちたショックから早く立ち直り、次の面接に備えられるように、面接で落ちた時にショックから立ち直る方法を解説します。

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法は4つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法5つ
  • 立ち直り方①:就活でショックを受けているのは自分だけじゃないということを再認識する
  • 立ち直り方②:就活に対する価値観を考え直せる「本」を読む
  • 立ち直り方③:信頼できる先輩や社会人に相談する
  • 立ち直り方④:一旦、就活と距離を置く
  • 立ち直り方⑤:メンタル回復方法を試す

自分に当てはまる面接で落ちたショックからの立ち直り方を見つけ、実践していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法①:就活でショックを受けているのは自分だけじゃないということを再認識する

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法1つ目は、就活でショックを受けているのは自分だけじゃないということを再認識するということです。

就活は孤独を感じやすいからこそ、周りを見てみると、同じ経験をしている人が多く、励まし合えるからです。

面接で落ちた連絡は、1人でメールで確認することが多いため、孤独にショックを受けることも多いかもしれません。

しかし、就活や面接でショックを受けているのは、あなただけではないのです。

面接で落ちたショックを友達と共有することで、気持ちは楽になり、ショックから立ち直りやすくなるでしょう。

他の人も同じようにショックを受けているけれど、踏ん張って前を向いて頑張っています。

そのようなお互いを励ましあえる就活仲間を作っていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法②:就活に対する価値観を考え直せる「本」を読む

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法2つ目は、就活に対する価値観を考え直せる「本」を読むということです。

本からはたくさんの就活経験者の話を参考に、自分の就活を振り返ることができるからです。

就活の面接で落ちたことにショックを受けているのはあなただけでありませんし、過去の偉大な人も就活でたくさんの失敗を重ねてきました。

そこで、僕自身が落ち込んだ時に、読むと気持ちがかなり楽になった本がありました。

もし就活の面接で落ちたことでショックから立ち直れない人は、こちらの本を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

苦しかったときの話をしようか

苦しかったときの話をしようか

森岡 毅
1,336円(05/27 07:18時点)
発売日: 2019/04/10
Amazonの情報を掲載しています

このように就活に対する価値観を変えられる「本」を読むことで、就活の面接で落ちてショックを受けている自分を肯定してあげてください。

 

方法③:信頼できる先輩や社会人に相談する

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法3つ目は、信頼できる先輩や社会人に相談するということです。

話を聞いてもらうことで気持ちが楽になると同時に、次に取るべき行動のアドバイスをもらうことができるからです。

先輩や社会人の方は、同じように面接で落ちてショックを受けた経験がある人がほとんどですから、親身になって話を聞いてくれます。

また、社会人は採用側の意見も分かるので、より視野の広い意見を得ることができますよ。

たくさん話を聞いてもらって、少しでもショックから立ち直った状態で、次の行動を一緒に考えてもらいましょう。

僕も就活相談をしてもらっている先輩や社会人の方が数人いましたよ。

もし就活の相談相手で悩んでいる場合は、おすすめの相談相手が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

実際に内定者が行った気持ちの切り替え方を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

方法④:一旦、就活と距離を置く

就活の面接で落ちまくり落ち込んだ時の立ち直り方4つ目は、一旦、就活と距離を置くということです。

就活で追い込みすぎたり、落ち込み過ぎたりすると、より良い選択ができなくなってしまうからです。

メンタルブレイクしている状態で、ここからの人生に大きく関わる大切な選択はかなり難しいですし、妥協してしまう可能性が高いです。

なので勇気を出して、一旦、就活から距離を置いて、正しい判断をする状態になってから就活を再開しても良いでしょう。

本当に立ち直れない時は、就活に身を置いても問題ありません。

就活が人より遅かったり、失敗してしまっても、今後の将来は長く、いくらでも変えることができますからね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

方法⑤:メンタル回復方法を試す

就活の面接で落ちまくり落ち込んだ時の立ち直り方5つ目は、メンタル回復方法を試すということです。

面接に落ちてショックを受けることはよくあることです。

しかし、ショックを受けたからと言って、いつまでもくよくよしていてはいけません。

以下でメンタル回復方法をまとめたので参考にしてください。

おすすめのメンタル回復方法
  • 日光浴をする
  • 映画を見て泣いたり笑ったりする
  • 身体を動かす
  • 料理、ハンドメイドをする
  • カラオケに行く
  • 好きなものを好きなだけ食べる

 

面接の質問に上手く答えるには?

「面接対策は何から始めれば…?」「面接の質問にきちんと答えられるか少し不安」という方は、面接の質問集100選で面接対策を行うのがおすすめです。

面接質問解答集100選は、面接でよく聞かれる頻出質問と内定者の回答をまとめたもので、面接質問回答集をマスターすると、面接での通過率が格段に上がります。

面接の対策では、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、「面接対策はどこからやれば…」という方は、面接の質問集100選と答え方を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活の面接が難しい理由

ここでは、なぜ就活の面接で落ち、ショックを受ける機会がこんなに多いのかを理解するために、就活の面接が難しい理由を解説します。

就活の面接が難しい理由は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

就活の面接が難しい理由3つ
  • 理由①:就活の面接なんてやったことがない
  • 理由②:そもそも定員が少なく、倍率が高い
  • 理由③:面接官が社会人の中でも優秀な方ばかり

1つずつ確認して、就活というとても難しいものに挑戦しているということを再認識していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由①:就活の面接なんてやったことがない

就活の面接が難しい理由1つ目は、就活の面接なんてやったことがないということです。

人間は初めてのことに挑戦する時は、失敗して成長していくものです。

なので、面接で落ちたり、就活に失敗してショックを受けるということは、当たり前であり、あなたの成長のためには必要なプロセスなのです。

したがって、あなたはやったことがない就活に挑戦し、今後の就活や人生のために成長していると途中段階だということを理解しておきましょう。

面接で落ちた時にショックを受けるというのも、次の面接でショックを受けなくていいように成長するための、必要な経験なのですね。

少しでも面接練習で面接に慣れたい人は、面接の練習方法12選が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由②:そもそも定員が少なく、倍率が高い

就活の面接が難しい理由2つ目は、そもそも定員が少なく、倍率が高いということです。

就活はアルバイトや受験とは違い、倍率が高く、落ちる人の方が圧倒的に多いからです。

例えば、大企業や有名なベンチャー企業では、倍率が400倍になることもあります。

つまり、1人受かると同時に、399人は面接で落ちたことでショックを受けているのです。

このように就活では、他の選考に比べて定員が少ないうえに、倍率が高いので、難しいのです。

倍率が高い企業に挑戦している人ほど、面接で落ちたショックを受けているかもしれませんが、同じようにショックを受けている人もたくさんいるということは理解しておきましょうね。

面接の準備をしたい人は、面接に受かるコツ受かる人の特徴が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由③:面接官が社会人の中でも優秀な方ばかり

就活の面接が難しい理由3つ目は、面接官が社会人の中でも優秀な方ばかりということです。

なぜなら、企業の人事である面接官は企業の顔なので、優秀な成績を残した人が異動してきたり、役員が務めることが多いからです。

普通の大学生が、就活のタイミングになっていきなり、社会の最前線で活躍している人に会って面接をしているのです。

就活はいきなり初めての新しい世界に飛び込んでいくようなものなので、難しいに決まっているのです。

社会の優秀な人と面接する時に、初めから上手く話せる人なんてほとんどいません。

難しい就活の中で、いっぱい面接に落ちたり、ショックを受けることで、就活を乗り越える心技体を身に着けていくのです。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生ちゃん

やっぱり就活って難しいから、面接で落ちてショックを受けることは仕方がないことなのか・・・

それでも、今後の就活に備えて、できるだけ早く面接に落ちたショックから立ち直れるようになりたいです。

そんな難しい就活にきちんと向き合って努力している自分を褒めてあげましょう。

それでは次に、もし面接で落ちてしまい、大きなショックを受けてしまった時のために、面接で落ちた時にショックから立ち直る方法を解説します。

「就活の教科書」編集部 木村

 

「面接の対策の仕方がわからない…」という就活生の方は、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)も参考にするのが一番おすすめです。

内定者の回答を見るには、就活サイトなどを参考にする就活生が多いですが、他にも面接回答集100選(公式LINEで無料配布)を参考にする就活生も多くいます。

面接の対策をするなら、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「面接回答集100選」なら面接で失敗しない回答法がわかる
  • 面接頻出質問と回答が無料で見れる
  • 面接で失敗しない回答の仕方がわかる
  • 結果、面接で落ちにくくなる

就活の面接で落ちまくる原因6つ

ここではまず、あなたが就活の面接を成功させるために、就活の面接で落ちまくる原因を解説していきます。

就活の面接で落ちまくる原因は6つあります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活の面接で落ちまくる原因6つ
  • 原因①:面接に受かるという気持ちを持てていない
  • 原因②:面接の身だしなみやマナーなどの知識が足りていない
  • 原因③:業界・企業について深く理解できていない
  • 原因④:自分について深く理解できていない
  • 原因⑤:面接官の質問に答えられてない
  • 原因⑥:ESの内容と一貫性がない

各面接ごとの落ちる理由に関しては、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

原因①:面接に受かるという気持ちを持てていない

就活の面接で落ちまくる原因1つ目は、面接に受かるという気持ちを持てていないということです。

面接官に受かりたいという熱意や自信が伝わらないからです。

就活の面接に落ちまくりの就活生は、成功体験が少ないので自信を持てないのは仕方がないですが、面接は受かるという気持ちを持って受けなければ、ほとんどの確率で落ちてしまいます。

面接官は顔の表情や話し方で、面接にかけている熱意や想いが分かると言っていました。

なので、面接に「受かる」という気持ちを強く持っていないと、就活の面接では落ちてしまうことが多いのです。

僕は面接で落ちまくり、スランプに陥っている時に、必ず面接前に「受かる」と10回言ってから、面接をするようにしていました。

そうすれば、根拠のない自信と元気が出るので、面接でも明るい表情で話すことができましたよ。

就活に自信がなくて悩んでいる人は、自信がない時の対処法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

原因②:面接の身だしなみやマナーなどの知識が足りていない

就活の面接で落ちまくる原因2つ目は、面接の身だしなみやマナーなどの知識が足りていないということです。

面接に落ちまくるということは、面接における基礎的な知識や経験が不足している可能性があるからです。

特に面接の第一印象を左右する「身だしなみ」と「マナー」に関しては、社会人としての基本中の基本ですので、完璧にできる必要があります。

逆に、面接の身だしなみやマナーなどの知識が足りていないと社会人になる準備ができていないと判断される場合が多いので、面接に落ちまくるという結果になってしまうのです。

面接における身だしなみやマナーは一度きちんと理解したら大丈夫ですので、不安な方は必ず確認するようにしましょう。

就活の面接マナーについて不安な人は、オフライン面接・オンライン面接のそれぞれのマナーが分かりますので、ぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

原因③:業界・企業について深く理解できていない

就活の面接で落ちまくる原因3つ目は、業界・企業について深く理解できていないということです。

業界・企業研究が足りていないと、必然的に面接での話に熱意を感じにくくなるからです。

例えば、志望動機や事業内容についての話は、受ける企業をどこまで知っているかによって話の深さが変わってきます。

そこで業界・企業研究が足りていないと、誰でも知っていることや調べたらすぐにわかる程度の話しかできず、面接官にはその程度だと感じられてしまうのです。

もし面接に落ちまくっている原因が業界・企業研究不足だと感じるならば、今からでも始めていきましょう。

業界・企業研究についてもっと知りたい人は、業界・企業研究のやり方が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

原因④:自分について深く理解できていない

就活の面接で落ちまくる原因4つ目は、自分について深く理解できていないということです。

自己分析が深掘りしきれていなかったら、自分の強みや魅力、将来のビジョンを伝えることができないからです。

面接質問のほとんどはあなたのことに関する質問であり、面接官はあなたの強みや魅力を引き出そうとしてくれています。

しかし、自分自身が自分のことを深く理解できていなかったら、面接官にとってもあなたがどんな人物なのかを掴むことができず、落としてしまうのです。

なので、就活の面接で落ちまくる人の特徴として、自分について深く理解できていないということが当てはまるのです。

まずは面接官にあなたの魅力を伝え、落ちまくりの現状から抜け出すためにも、自分自身について深く理解していきましょう。

自己分析が足りていないと感じている人は、自己分析の詳しいやり方と自己分析ツールが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

原因⑤:面接官の質問に答えられてない

就活の面接で落ちまくる原因5つ目は、面接官の質問に答えられてないです。

面接官が聞いていることに対して異なる回答をするということは、話を聞いていないと思われるでしょう。

また、この人は、話を理解する能力がないのだろうかと感じられてしまうかもしれません。

そうなると、面接官もそのような人とは一緒に働きたくないため、不採用になってしまうのです。

面接官に問われていることに対して簡潔に答えられるようにしましょう

 

原因⑥:ESの内容と一貫性がない

就活の面接で落ちまくる原因6つ目は、ESの内容と一貫性がないということです。

ESと一貫性が無ければ、この人は結局何を伝えたいのだろう、どちらが本当なのだろうと不信感を与える原因となります

面接前には事前に提出しているESに目を通して一貫性のある内容を伝えるように心がけましょう。

 

面接の質問に上手く答えるには?

「面接対策は何から始めれば…?」「面接の質問にきちんと答えられるか少し不安」という方は、面接の質問集100選で面接対策を行うのがおすすめです。

面接質問解答集100選は、面接でよく聞かれる頻出質問と内定者の回答をまとめたもので、面接質問回答集をマスターすると、面接での通過率が格段に上がります。

面接の対策では、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、「面接対策はどこからやれば…」という方は、面接の質問集100選と答え方を見て、面接対策に活かしてくださいね。

面接で落ちないためにするべきこと5選

あなたが面接で落ちないようにするために、面接で落ちないためにするべきこと5選を解説します。

面接で落ちないためにするべきこと5選は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で落ちてショックを受けないためにするべきこと5選
  • するべきこと①:今までの面接の振り返りをする
  • するべきこと②:たくさん模擬面接をしてフィードバックをもらう
  • するべきこと③:面接を受ける企業・業界を考え直してみる
  • するべきこと④:もう一度、自分の強みや武器を明確化する
  • するべきこと⑤:就活エージェントに相談してみる

1つずつ今すぐ実践していき、今後の面接で落ちない対策をしておきましょう。

ちなみに「面接に受かりたい!」という方面接回答集100選(公式LINE限定配布)を使うと、内定者の答え方がわかり、面接対策が簡単にできますよ。

「就活の教科書」編集部 木村

 

するべきこと①:今までの面接の振り返りをする

面接で落ちないためにするべきこと1つ目は、今までの面接の振り返りをするということです。

過去に面接で一度してしまった失敗を二度としないようにすることで、どんどん面接の質を向上させるためです。

例えば、ガクチカを話す時に深掘りされた質問に答えられなかったら、もう一度ガクチカを整理して、深掘りを繰り返していくのです。

そうすることで、面接で受かりやすくなり、必然的にショックを受けることも少なくなっていくでしょう。

面接の振り返りをしたい人は、段階ごとの面接で落ちる原因や面接での受かり方が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

するべきこと②:たくさん模擬面接をしてフィードバックをもらう

面接で落ちないためにするべきこと2つ目は、たくさん模擬面接をしてフィードバックをもらうということです。

面接は練習をすればするほど、就活生が面接で問われている力を養うことができるからです。

具体的には、質問意図や面接官が聞きたい点を理解できるようになり、話を論理的に組み立てながら伝えることができます。

面接で落ちまくりな人には、模擬面接で面接官側の役割を担うことも、就活生の何を見ているのかが客観的に分かるので、おすすめですよ。

模擬面接をしたい人は、無料でできる模擬面接の方法が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

するべきこと③:面接を受ける企業・業界を考え直してみる

面接で落ちないためにするべきこと3つ目は、面接を受ける企業・業界を考え直してみるということです。

面接に落ちまくるということは、受けている企業や業界があなたに合っていない可能性があるからです。

全ての業界を見ていなかったり、初期の時点で業界・企業を絞っている人は、一度視野を広げてみるといいですよ。

企業・業界研究を効率良く行うためにはunistyleを利用するのがおすすめです。

unistyleでは、内定者のES71,733枚や選考レポートが無料で見放題です。

そのため、企業が求めている人材や業界の特徴を理解しやすいですよ。

企業・業界研究をもう一度やり直したい人は、企業・業界研究のやり方が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

するべきこと④:もう一度、自分の強みや武器を明確化する

就活の面接を乗り越えるために今すぐすべきこと4つ目は、もう一度、自分の強みや武器を明確化するということです。

面接において、確固たる自分の武器や強みを伝えられたら、面接官もあなたの魅力に気が付くからです。

既に自己分析で強みや武器を明確化している人は、伝えるエピソードや企業での活かし方に焦点を当てて、もう一度考え直してみましょう。

そして就活の面接で落ちまくりな現状を変えてきましょう。

自己分析を手軽にするなら自己分析ツール「キミスカ適性検査がおすすめです。

キミスカ適性検査では41の項目で評価が出るので、詳しい自分の強みや武器が見つかりますよ。

自己分析をもっとしたい就活生の方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

するべきこと⑤:就活エージェントに相談してみる

就活の面接を乗り越えるために今すぐするべきこと5つ目は、就活エージェントに相談してみるということです。

就活のプロが面接を含む、就活全てのアドバイスをしてくれるからです。

企業分析や企業紹介までしてくれるので、あなたに合った就活スタイルを提案してくれます。

面接練習だけでも利用することができるので、就活の面接で落ちまくりな現状を変えるためにも、ぜひ就活エージェントを利用してみましょう。

当サイト「就活の教科書」ではキャリアチケットをおすすめしています。

年間1万人以上サポートをするアドバイザーがサポートしてくれますよ。

就活エージェントについてもっと知りたい人はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

 

「面接の対策の仕方がわからない…」という就活生の方は、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)も参考にするのが一番おすすめです。

内定者の回答を見るには、就活サイトなどを参考にする就活生が多いですが、他にも面接回答集100選(公式LINEで無料配布)を参考にする就活生も多くいます。

面接の対策をするなら、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「面接回答集100選」なら面接で失敗しない回答法がわかる
  • 面接頻出質問と回答が無料で見れる
  • 面接で失敗しない回答の仕方がわかる
  • 結果、面接で落ちにくくなる

まとめ:面接で落ちたショックを次の面接に活かして成長しよう!

「【落ちまくり】面接で落ちまくる就活生の特徴5選 | ショックから立ち直る方法も」の記事はいかがでしたか。

この記事では「面接で落ちた時のショックから立ち直る方法」解説しました。

合わせて、「就活の面接が難しい理由」「就活の面接で落ちまくる原因」「就活の面接で落ちまくる人の特徴」「面接で落ちないためにするべきこと3選」も解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

就活の面接で落ちまくる人の特徴5選

  • 特徴①:面接を受けたら受けっぱなしで終わる
  • 特徴②:面接において心配事がある
  • 特徴③:面接で評価されているポイントを誤解している
  • 特徴④:大企業や人気企業ばかり受けている
  • 特徴⑤:熱意を上手く伝えることができない

面接で落ちないためにするべきこと5選

  • するべきこと①:今までの面接の振り返りをする
  • するべきこと②:たくさん模擬面接をしてフィードバックをもらう
  • するべきこと③:面接を受ける企業・業界を考え直してみる
  • するべきこと④:もう一度、自分の強みや武器を明確化する
  • するべきこと⑤:就活エージェントに相談してみる

面接で落ちた時にショックから立ち直る方法5つ

  • 方法①:就活でショックを受けているのは自分だけじゃないということを再認識する
  • 方法②:就活に対する価値観を考え直せる「本」を読む
  • 方法③:信頼できる先輩や社会人に相談する
  • 方法④:一旦、就活と距離を置く
  • 方法⑤:メンタル回復方法を試す

就活の面接が難しい理由

  • 理由①:就活の面接なんてやったことがない
  • 理由②:そもそも定員が少なく、倍率が高い
  • 理由③:面接官が社会人の中でも優秀な方ばかり

就活の面接で落ちまくる原因4つ

  • 原因①:面接に受かるという気持ちを持てていない
  • 原因②:面接の身だしなみやマナーなどの知識が足りていない
  • 原因③:業界・企業について深く理解できていない
  • 原因④:自分について深く理解できていない

例え現在、就活の面接で落ちまくりだとしても、就活の面接で落ちまくりな理由を振り返り、自分のペースで乗り越えられることが分かりました。

面接は受かる人よりも、落ちる人の方が多いので、面接に落ちないことは難しいかもしれません。

しかしその中で、面接で落ちたショックを次の面接に活かして成長するということを心がけて就活の面接を乗り越えていきましょう。

この記事で学んだ面接で落ちまくり、落ち込んだ時の立ち直り方や今すぐすべきことを実践して就活を成功させてみてくださいね。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村