【売上/年収別】ブライダル業界の大手ランキング一覧 | 仕事内容,現状と今後の課題も

bridal-gyokai-ranking

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • ブライダル業界の仕事内容と現状
  • 【年収編】ブライダル業界の企業ランキング
  • 【売上編】ブライダル業界の企業ランキング
  • ブライダル業界がブラックになりやすい理由は利益率が低いから
  • ブライダル企業の今後の動向
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という就活生は、LINE適職診断で無料診断するのがおすすめ

 

就活生のみなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の潤です。
この記事では、ブライダル業界の年収編・売上編ランキングについて解説していきます。
ブライダル業界を狙っている就活生の皆さんは、ブライダル業界の企業ランキングを知っていますか?

「就活の教科書」編集部 潤

就活生くん

僕はブライダル業界を志望していますが、年収や売上が高い企業に就職したいです。
ですが、年収や売上が高いブライダル業界の企業がわかりません…

就活生ちゃん

私は、ブライダル業界の中でも年収が高い企業に就職したいです。
でも、ブライダル業界はブラックになりやすいと聞いたのですが、本当なのでしょうか?
ブライダル業界は就活生に人気の業界です。
また、年収や売上が高いブライダル業界の企業に就職したいのは当然ですよね。
ブライダル業界の実態や、企業ランキングについて知りたい就活生はたくさんいるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 潤

 

そこでここでは、ブライダル業界の年収編・売上編の企業ランキングについて解説していきます。

合わせて、ブライダル業界の仕事内容や現状ブライダル業界の大手5社今後衰退していく業界なのかについて解説していきます。

この記事を読めば「ブライダル業界の年収・売上編ランキングについて知りたいな…」「ブライダル業界は今後衰退していくのかな…」というような悩みを解消できます。

ブライダル業界の年収が高い企業ランキングや、ブライダル業界に就職したい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

「どの業界を選べば良いのかわからない…」という人には、性格適性診断」「LINE適職診断の同時活用がおすすめです。

「性格適性診断」を使うことで、面接やESで好印象になるあなたの強みが見えるようになります。

「LINE適職診断」は、簡単な質問であなたの適職を16タイプで診断しますので、あなたに合った仕事や必要な就活対策がわかりますよ。

すでに75,000人以上が利用していますので、ぜひ活用してみてください。

就活アドバイザー 京香

>> 「性格適性診断」で診断してみる(無料)

>> 「LINE適職診断」で診断してみる(無料)

 

また、ブライダル業界で働きたい就活生は、志望動機で困ったことがありませんか?
そこで、以下の記事では、ブライダル業界の志望動機の伝え方や例文を解説しているので、興味のある就活生は、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

目次

 

ブライダル業界の基礎知識

就活生くん

この前、業界研究をしていたらブライダル業界があることを知りました。
ブライダル業界について教えて欲しいです。
業界研究は大事ですよね。
わかりました。
ここでは、以下の2つの観点からブライダル業界について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

ブライダル業界の基礎知識
  • ブライダル業界の仕事内容
  • ブライダル業界の現状
それでは、ブライダル業界の基礎知識について、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ブライダル業界の仕事内容

まずは、ブライダル業界の仕事内容について解説していきます。

ブライダル業界は、結婚式場の運営や準備、進行、衣装準備など様々な仕事があります。

ブライダル業界の職種
  • ブライダル(ウェディング)プランナー
    ⇒新郎新婦に会場の説明や案内、演出の提案を行う
  • ブライダルプロデューサー
    ⇒挙式、披露宴までの計画を立てる
  • ブライダルディレクター
    ⇒挙式、披露宴当日の運営責任者
  • バンケットサービス
    ⇒挙式や披露宴での準備やサービス、片付けなどを行う
  • ブライダルスタイリスト
    ⇒衣装のアドバイスやメイク、ヘアメイクなどのスタイリングを行う
  • ブライダルエステティシャン
    ⇒新婦のボディやフェイシャルケアを行う
  • ブライダルフローリスト
    ⇒ブーケの提案や会場の装花などのフラワーコーディネートを行う
  • テーブルコーディネーター
    ⇒披露宴での料理の演出を行う
  • ブライダル司会者
    ⇒披露宴当日の司会進行役を行う
  • アテンダー
    ⇒新郎新婦のお世話をし、披露宴当日の進行サポートを行う
このように、ブライダル業界の中でも多くの仕事があり、企業によって異なるので、自分が行きたい企業について徹底的に調べることが重要です。
そのためには、正しい企業研究が必要なので、企業研究を間違いたくない方は、以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ブライダル業界の現状

次に、ブライダル業界の現状について解説していきます。

ブライダル業界の現状は以下にまとめておきます。

ブライダル業界の現状
  • 婚姻件数は減少しているが、堅調に推移している
  • リゾートウェディングの注目が高くなっている
  • 挙式や披露宴を行わない「なし婚」が増えている
  • 人口減少や婚姻数の低下により、競争が激化している
  • 海外展開をする企業が増えている
  • 結婚に対する考え方が多様化しているので、今後は楽観視できない状況
少子高齢化により、婚姻数が減少していることが一番の問題です。
就活では、業界の現状を把握する必要があるため、業界研究が必須です。
正しい業界研究を知りたい就活生は、必ず以下の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

次は、年収編のブライダル業界のランキングを一覧で紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 


【年収編】ブライダル業界の大手ランキング一覧

就活生くん

ブライダル業界を志望していますが、年収が高い企業に就職したいです。
年収編のブライダル業界の大手企業ランキングを一覧で教えて欲しいです。
就職する上で、年収はやっぱり大事ですよね。
では、ブライダル業界の年収編企業ランキングについて一覧で紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

まず、結論を言っておくと、ブライダル業界全体の平均年収は約353万円となっています。

ブライダル業界の年収編ランキングは、以下のようになっています。

ブライダル業界大手年収ランキング一覧
  • 1位:AOKIホールディングス(平均年収:697万円)
  • 2位:千趣会(平均年収:589万円)
  • 3位:アイエーグループ(平均年収:585万円)
  • 4位:平安レイサービス(平均年収 :571万円)
  • 5位:ツカダ・グローバルHD(平均年収:537万円)
  • 6位:こころネット(平均年収: 529万円)
  • 7位:クラウディアホールディングス(平均年収:525万円)
  • 8位 :リゾートトラスト(平均年収:525万円)
  • 9位:ワタベウェディング(平均年収:484万円)
  • 10位:テイクアンドギヴ・ニーズ(平均年収:444万円)
  • 11位:一蔵(平均年収:427万円)
  • 12位:東京會舘(平均年収:426万円)
  • 13位:ブラス(平均年収:414万円)
  • 14位:アイ・ケイ・ケイ(平均年収:386万円)
  • 15位:エスクリ(平均年収:384万円)
ブライダル業界の全体の年収は低いですが、大手の企業になるとそこそこ年収が高くなります。
そのため、ブライダル業界で、年収の高い企業に入社したい就活生は、大手企業を狙ってみてください。

ブライダル業界以外にも年収の高い業界や企業を知りたい就活生は、以下の記事もぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

次は、ブライダル業界の売上編のランキング一覧について紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 


【売上編】ブライダル業界の大手ランキング一覧

就活生くん

ブライダル業界の年収編のランキングはわかりました。
では、売上編で見た時のブライダル業界の大手ランキングはどのようになるのでしょうか?
売上編のランキングも気になりますよね。
そこでここでは、ブライダル業界の売上編のランキングについて一覧で紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

ブライダル業界大手売上高ランキング一覧
  • 1位:テイクアンドギヴ・ニーズ(売上高:636億円)
  • 2位:ツカダ・グローバルホールディングス(売上高:611億円)
  • 3位:ワタベウェディング(売上高:390億円)
  • 4位:エスクリ(売上高:314億円)
  • 5位:AOKIホールディングス(売上高:222億円)
  • 6位:千趣会(売上高:206億円)
  • 7位:アイ・ケイ・ケイ(売上高:201億円)
  • 8位:クラウディアホールディングス(売上高:123億円)
  • 9位:ブラス(売上高:103億円)
  • 10位:アイエーグループ(売上高:86億円)
  • 11位:一蔵(売上高:46億円)
ブライダル業界の年収編ランキングと、売上編ランキングは、同じ企業がほとんどですが、順番は異なります。
このように、年収が高いからと言って、売上が高くなるわけではありません。
また、企業を選ぶ時には、年収や売上以外にも、営業利益率や純利益なども考慮しながら企業研究を行ってみてください。

次は、ブライダル企業の大手5社について詳しく紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

就活生に人気の企業に就職する方法

就活生くん

僕は就活をしていますが、ESや面接ですぐに落ちてしまいます。

高学歴ではないですが、有名な企業に就職するにはどのように対策すれば良いでしょうか?

結論から言うと、就活が上手くいかない方は、あなたの現状に合った対策をするのが一番おすすめです。

ここでは、就活の始め方がわからない方や、楽して内定をもらいたい方、誰かに就活を頼りたい方向けの対策法を紹介します。

今のあなたの悩みを解決できる対策法を見つけてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

人気企業に就職するための方法
  • 方法:就活力診断で自分の実力を把握する(LINE就活力診断
  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る(キャリアチケットスカウト
  • 方法:就活キャリアスクールの講座/教材/面談を活用する(irodasSALON24卒のみ
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう(DiG UP CAREER23卒のみ
  • 方法:就活のプロに選考対策を依頼する(Abuild就活・有料)
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する(レバテックルーキー

ちなみに、就活エージェントの使い方や口コミなどは、就活エージェントおすすめ15選という記事にまとめましたので、ぜひ読んでみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

方法:就活力診断で自分の実力を把握する

人気企業に就職するための方法は、就活力診断で自分の実力を把握することです。

就活力診断を受けることによって、自分の就活力が知れ、あなたが今就活で何をするべきなのかが明確になります。

今の課題点が分かれば、自分でその課題点を克服するためにも行動し始められます

就活の教科書公式LINEでは、LINE登録するだけで就活力を知れるLINE就活力診断を受けられます。

LINE就活力診断の特徴については、以下で紹介しています。

「就活においてステップアップしたい!」と思う方は、ぜひ一度LINE就活力診断を受けてみてください。

就活アドバイザー 京香

LINE就活力診断の特徴
  • LINE上で簡単な質問に答えるだけで就活力が知れる
  • 30秒で「就活生の上位◯%」など詳しい結果が得られる
  • 就活力を測った後、就活対策のための問題集などが無料で受け取れる

>> LINE就活力診断を受けてみる

就活の教科書公式LINEに登録すれば、LINE就活力診断に加えて性格適性診断LINE適職診断を全て無料で受けられます。

ぜひ、就活の合間にでも気軽に診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る

人気企業に就職するための方法は、スカウトアプリを使って直接オファーを受け取ることです。

スカウトアプリでは、あなたの自己PRや適性検査の結果を見た企業からスカウトをもらうことができます。

スカウトを受けると短期選考やインターンシップへの優遇招待がある場合もあるため、登録しておくことをおすすめします。

数あるスカウトアプリの中でも特におすすめなのが、キャリアチケットスカウトです。

キャリアチケットスカウトには以下のような特徴があります。

「自分らしく働きたい!」と思っている方は、ぜひ利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

キャリアチケットスカウトの特徴
  • 「あなたの価値観に合った企業」を紹介してくれる
  • あなたの強み・長所を生かした就活ができる
  • 他己分析もアプリから簡単に

>> キャリアチケットスカウトを試してみる

「スカウトがもらえるか不安…」「キャリアチケットスカウトって実際どう?」など不安な方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

キャリアチケットスカウトを利用すべき就活生の特徴や、利用するメリットなどについて詳しく解説しています。

就活アドバイザー 京香

 

方法:就活キャリアスクールの講座/教材/面談を活用する(無料:24卒のみ)

人気企業に就職するための方法は、就活キャリアスクールの講座/教材/面談を活用することです。

就活キャリアスクールでは、就活のための講座や、ESの書き方からGD練習まで様々な選考サポートを受けられます。

就活キャリアスクールの中でも特におすすめできるのが、irodasSALONです。

ただ、現在irodasSALONは主に24卒の就活生の支援を行っています。

「一人で就活の対策をするのは不安…」という方は、ぜひ最初の就活サポート面談だけでも受けてみてください。

就活アドバイザー 京香

以下が、irodasSALONの特徴です。

irodasSALONの特徴
  • 累計内定支援数が3,000名を超える実績がある
  • キャリアプランに基づいた面接対策・選考サポートを受けられる
  • 就活講座・適性検査などの教材も無料で利用できる

>> irodasSALONを使ってみる

 

方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう(無料:23卒のみ)

人気企業に就職するための方法は、就活のプロに内定までサポートしてもらうことです。

具体的には、就活エージェントなどの就活のプロにアドバイスをもらいながら選考対策を行なっていくことを指します。

就活エージェントと聞くと「行きたくない企業を勧められそう…」と思う人もいるかも知れません。

ですが、最近は「あなたと企業の相性」を見た上で、優良企業を紹介してくれる就活エージェントが多くなっています。

そんな就活エージェントの中でも特におすすめできるのがDiG UP CAREERです。

ただ、今の時点でDiG UP CAREERは2023卒向けのサービスなので、利用には注意が必要です。

第三者の目線でのアドバイスが欲しい方や、丁寧なサポートを受けたい方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

DiG UP CAREERの特徴は以下の通りです。

DiG UP CAREERの特徴
  • ES添削・面接対策などの手厚い選考サポートが受けられる
  • 面接後のフィードバックもあるので次の選考に活かせる
  • 満足度90%、友人紹介率60%と評判の良い就活エージェント

>> DiG UP CAREERを利用してみる

DiG UP CAREERの評判や、実際のキャリアアドバイザーの声が気になる人は、以下の記事もぜひ読んでみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

方法:就活のプロに選考対策を依頼する(有料)

人気企業に就職するための方法は、就活のプロに選考対策を依頼することです。

就活のプロに選考対策を依頼すると、元人事や、元有名企業社員が就活生に専門コーチングを行ってくれます。

就活のプロが手がけるサービスの中でも、特にAbuild就活がおすすめです。

以下で、Abuild就活の特徴を紹介しています。

有料ではありますが、「有名な優良企業に入りたい!」と強く思う方は、ぜひAbuild就活を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

Abuild就活の特徴
  • 外資銀行・その他有名企業出身者からのコーチングが受けられる
  • 専属コーチから頻繁に連絡が来るため、モチベーションを保ちやすい
  • 短期間集中型なので燃え尽きずに就活ができる

>> Abuild就活を試してみる

「Abuild就活の評判は?」「有料だから少し不安…」という人は、まず以下の記事を読んでみてください!

CEOへのインタビューや、Abuild就活を使うメリットなどについて詳しく解説しています!

就活アドバイザー 京香

 

方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

人気企業に就職するための方法は、プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職するです。

ITエンジニアに特化した就活エージェントでは、中小/ベンチャーの隠れ優良IT企業を紹介してもらえます。

ITエンジニアに特化した就活エージェントの中でも、特にレバテックルーキーがおすすめです。

以下で、レバテックルーキーの特徴を紹介しています。

「優良IT企業でITエンジニアとして働きたい!」と強く思う方は、ぜひレバテックルーキーを利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

レバテックルーキーの特徴
  • ITエンジニア就活のプロに相談できる
  • 大手~ベンチャーの優良企業を紹介してくれる
  • 利用者の内定率は85%以上であり、最短1週間で内定を獲得できる

>> レバテックルーキーを試してみる

レバテックルーキーの評判や、実際の体験談が気になる人は、以下の記事もぜひ読んでみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【詳しく解説!】ブライダル業界の大手企業5社

就活生くん

ブライダル業界の年収や売上編のランキングはわかりました。
実際に、ブライダル業界の大手企業について具体的に知りたいです。
わかりました。
では、ブライダル業界の大手企業5社について解説していきます。
今回紹介する大手企業5社は、以下の企業です。

「就活の教科書」編集部 潤

ブライダル業界の大手企業5社
  • 大手企業①:テイクアンドギヴ・ニーズ
  • 大手企業②:ツカダ・グローバルHD
  • 大手企業③:ワタベウェディング
  • 大手企業④:エスクリ
  • 大手企業⑤:AOKIホールディングス
それでは、ブライダル業界の大手企業5社について、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

大手企業①:テイクアンドギヴ・ニーズ(平均年収444万円)

ブライダル業界の大手企業1つ目は「テイクアンドギヴ・ニーズ」です。

テイクアンドギヴ・ニーズは、貸し切りの一軒家で行うハウスウェディングや、アットホームな空間で行うレストランウェディングが強みの企業です。

テイクアンド・ギヴ・ニーズの事業内容
  • 国内ハウスウェディング事業
    ⇒全国32都道府県に展開しており、国内ウェディング取扱組数1位
  • コンサルティング事業
    ⇒例えば、アットホームな美食婚のニーズに対応する
  • Haute couture Design
    ⇒著名人のウェディングを行ったりする
  • ドレス事業
    ⇒国内外のハイセンスなドレスや小物を揃えている
  • レストラン事業
    ⇒婚礼業界を牽引するノウハウで 独自のブランドバリューを展開している
  • 保育事業
    ⇒はたらく女性にやさしいあたらしい保育園を提供している
  • ブライダルローン事業
    ⇒ブライダルローンを中心に、新郎新婦のライフサポートを行っている
  • ツーリズム事業
    ⇒新婚旅行のサポートを行う

 

テイクアンドギヴ・ニーズの事業内容は、上記のようになっています。

また、国内だけでなく、海外のウェディングプロデュースも強みがあり、業界で1位の売上高があります。

テイクアンドギヴ・ニーズは、様々な事業展開を行っていますね。
先程も紹介しましたが、テイクアンドギヴ・ニーズの平均年収は444万円となっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

大手企業②:ツカダ・グローバルHD(平均年収537万円)

ブライダル業界の大手企業2つ目は「ツカダ・グローバルHD」です。

ツカダ・グローバルHDはブライダル事業を中心に事業展開をしている企業で、売上高は業界2位となっています。

ツカダ・グローバルHDの事業内容
  • ブライダル事業
    ⇒時代の求めるハードや新しい婚礼スタイルをプロデュースする
  • ホテル事業
    ⇒ラグジュアリーな空間と最上級のおもてなしを提供する
  • レストラン事業
    ⇒カジュアルからフォーマルまで多様な場面で楽しめる、個性豊かなレストランを運営する
  • ブライダルコンテンツ事業
    ⇒ウエディングドレスなどの衣装提供や、美容、挙式プロデュースなどを行う
  • ウェルネス・リラクゼーション事業(リフレクソロジー)
    ⇒リフレクソロジーが受けられる癒しのサロンの運営を行う
  • ウェルネス・リラクゼーション事業(スタジオ&スパ)
    ⇒スタジオ&スパ・リラクゼーション施設を運営する

 

ツカダ・グローバルHDの事業内容の事業内容は上記のようになっています。

ツカダ・グローバルHDは、国内だけでなく、海外での挙式にも強みを持っています。

先程も紹介しましたが、ツカダ・グローバルHDの平均年収は537万円となっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

大手企業③:ワタベウェディング(平均年収484万円)

ブライダル業界の大手企業3つ目は「ワタベウェディング」です。

ワタベウェディングは、海外の挙式の提案に強みがあり、リゾートウェディングでは、取扱組数が業界1位となっています。

ワタベウェディングの事業内容
  • 挙式事業
    ⇒多様化するお客様のニーズに合わせて様々なスタイルの挙式サービスを提供する
  • コンテンツ事業
    ⇒挙式の提供や、ウェディングに関わる幅広い領域で事業を展開している
  • ホテル事業
    ⇒結婚式以外のビジネスや旅行などでのサービスを提供している
  • メディア事業
    ⇒発信できる情報を自社メディアで展開し、新たな顧客接点を創出している
  • 海外マーケット事業
    ⇒これまでの多彩な婚礼ノウハウや、おもてなしを活かして海外展開をしている

 

ワタベウェディングの事業内容は上記のようになっています。

国内外に幅広い事業展開を行っており、ブライダル業界でも3位の売上高を持っています。

ワタベウェディングの平均年収は484万円となっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

大手企業④:エスクリ(平均年収384万円)

ブライダル業界の大手企業4つ目は「エスクリ」です。

エスクリは、ブライダル業界で4位の売上高を持っている企業です。

エスクリの事業内容
  • ブライダル事業
    ⇒「人材戦略」「出店戦略」「ワンストップサービス」を活かしてブライダル関係のサービスを提供する
  • 建築不動産事業
    ⇒デザインハウス、リノベーション提案、リゾート開発などの建築不動産業に対するソリューションを提案する

 

エスクリの事業内容は、上記のようになっています。

ブライダル事業では、ハウスウェディングスタイルだけでなく、レストランウェディング、専門式場、ホテルウェディングなども提供しています。

エスクリの平均年収は384万円となっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

大手企業⑤:AOKIホールディングス(平均年収697万円)

ブライダル業界の大手企業5つ目は「AOKIホールディングス」です。

AOKIホールディングスは、業界内で5位の売上高を持っている企業です。

AOKIホールディングスの事業内容
  • ファッション事業
    ⇒トータルスタイリングストアNO1を目指して商品の創造や開発を行っている
  • アニヴェルセル・ブライダル事業
    ⇒ヨーロッパの邸宅をテーマにしたウエディング施設を全国に展開している
  • エンターテイメント事業
    ⇒「快活CLUB」「コート・ダジュール」「FiT24」を通じて、価値ある時間と空間を提供している

 

AOKIホールディングスの事業内容は、上記のようになっています。

また、ブライダル事業では、ゲストハウスウエディングスタイルの挙式披露宴の施設に強みがあります。

AOKIホールディングスの平均年収は697万円となっています。

次は、ブライダル業界がブラックになりやすい理由について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方はキミスカ適性検査適職診断(公式LINE)を同時に使って自己分析をするのが一番おすすめです。

両方とも、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業、向いている仕事を簡単に見つけられます。

すでに多くの就活生が利用しているので、あなたも今のうちに使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 
適職診断1
 

>> キミスカ適性検査を見てみる

>> 就活の教科書適職診断を見てみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

ブライダル業界がブラックになりやすい理由

就活生くん

ブライダル業界を狙おうと思っているのですが、ブライダル業界はブラックになりやすいと聞きました。
本当なんでしょうか?
確かに、ブライダル業界はブラックになりやすいと聞きますよね。
そこでここでは、ブライダル業界がブラックになりやすい理由を3つ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

ブライダル業界がブラックになりやすい理由3つ
  • 理由①:利益率が低い
  • 理由②:衰退している業界である
  • 理由③:仕事が激務であることが多い
それでは、ブライダル業界がブラックになりやすい理由3つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由①:利益率が低い

ブライダル業界がブラックになりやすい理由1つ目は「利益率が低いから」です。

ブライダル業界は、なかなか儲かりにくいビジネスモデルとなっています。

結婚式をするのに、300万円くらいかかりますが、会場代や料理代、人件費など様々な費用がかかります。

儲かっているイメージはありますが、途中で抜かれていくので、最終的には大きな利益となりにくいです。

利益率が低いので、全体的な年収も低くなります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由②:衰退している業界である

ブライダル業界がブラックになりやすい理由2つ目は「衰退している業界であるから」です。

最近では、結婚式を挙げる人が減ってきています。

「なし婚」という言葉まで誕生しており、結婚式がないと、ブライダル業界の利益も少なくなります。

そのため、衰退している業界だからブライダル業界はブラック企業になりやすいです。

また、結婚式をしたとしても、先程紹介したように利益率が低いので、儲かりにくいです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由③:仕事が激務であることが多い

ブライダル業界がブラックになりやすい理由3つ目は「仕事が激務であることが多いから」です。

ブライダル業界は、体力仕事が多かったり、残業が多かったりします。

例えば、新郎新婦のために朝から打ち合わせを行い、夜は片づけを行わないといけません。

このような体験談もあります。

また、新規契約のノルマがあったり、多くの方が抱いている華やかなイメージとは異なります。

仕事上激務な上に、年収も少ないため、ブライダル業界はブラックになりやすいです。

就活生の皆さんは、できるだけブラック企業を避けたいですよね。
そこで、ブラック企業の見分け方を知りたい就活生は、以下の記事もぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

次は、ブライダル業界の今後の動向について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

【衰退する?】ブライダル業界の今後の動向

就活生くん

ブライダル業界に就職したいのですが、将来的に見て、ブライダル業界は衰退していくのでしょうか?
今後の動向について教えて欲しいです。
わかりました。
ブライダル業界が今後衰退するのかどうか、今後の動向はどうなるのかについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

ブライダル業界の今後の動向
  • 動向①:婚礼件数の減少によ市場の衰退
  • 動向②:人件費が削減されAIやITが導入される
  • 動向③:フリーランスでも活躍できる時代に
  • 動向④:リゾートウェディングの増加
それでは、ブライダル業界の今後の動向について、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

動向①:婚礼件数の減少により市場が衰退する

ブライダル業界の今後の動向1つ目は「婚礼件数の減少より市場が衰退する」ことです。

最近では、結婚式を挙げない方が増えてきていますし少子高齢化で人も減ってきています。

また、結婚式を必ず挙げなくても良いという考えが広まりつつあります。

これらの影響により、少しずつ市場全体が衰退していくと考えられます。

しかし、ブライダル業界はIT化が結構遅れているので、まだ成長する可能性は十分にあります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

動向②:人件費が削減されAIやITが導入される

ブライダル業界の今後の動向1つ目は「人件費が削減されAIやITが導入される」ことです。

ブライダル業界は、まだFAXなどを多く利用しています。

逆に考えると、たくさん効率を良くすることができます。

また、ITの発展によりAIなどを使えるようになると、人件費が削減されます。

今後のブライダル業界は、AIやITを利用して、人件費が削減されていくでしょう。

AIやITをどのように使っていくかが重要となります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

動向③:フリーランスでも活躍できる時代になる

ブライダル業界の今後の動向1つ目は「フリーランスでも活躍できる時代になる」ことです。

なぜなら、ブライダル業界は、あらゆる場面で技術職を必要としているからです。

例えば、フォトグラファーや、ヘアメイク、プランナー、デザイナーなどたくさんの職業があります。

そのため、ブライダル業界では、フリーランスの方でも十分に活躍できる時代になります。

フリーランスになると、ブライダル業界以外でも需要があります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

動向④:リゾートウェディングが増加する

ブライダル業界の今後の動向1つ目は「リゾートウェディングが増加する」ことです。

リゾートウェディングに関しては、前からも人気ですが、これからは国内でのリゾートウェディングが増えつつあります。

特に、綺麗な海と自然がある沖縄や、人気観光スポットがある地域で増えています。

このようにブライダル業界の今後の動向として、リゾートウェディングの増加が挙げられます。

また、ハワイやグアムなどでのリゾートウェディングも人気です。

「就活の教科書」編集部 潤

 

 

業界研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

業界研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に業界選びができるのでしょうか。

業界選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った業界が選べます。

キャリアチケットスカウト」は5つの質問に答えるだけであなたのキャリアに対する考えがわかり、あなたらしく働ける優良企業に出会えるスカウトサイトです。

多くの就活生が利用しているキャリアチケットスカウトを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> キャリアチケットスカウトを見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」があります。

同時活用して自分が活躍できる業界を見つけてみましょう。

また、業界選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

まとめ:ブライダル業界は今後さらに厳しくなっていく可能性が高い

この記事では、ブライダル業界の年収編・売上編の企業ランキングについて解説しました。

合わせて、ブライダル業界の仕事内容や現状ブライダル業界の大手5社今後衰退していく業界なのかについても解説しました。

いかがだったでしょうか。

最後にこの記事のまとめを書いておきます。

ブライダル業界に就職したい就活生は、ぜひ復習してみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

この記事のまとめ

◆ ブライダル業界の基礎知識

  • ブライダル業界の仕事内容
  • ブライダル業界の現状

◆ 【年収編】ブライダル業界のランキング一覧

◆ 【売上編】ブライダル業界のランキング一覧

◆ 【徹底解説】ブライダル業界の大手企業5社

  • 大手企業①:テイクアンドギヴ・ニーズ
  • 大手企業②:ツカダ・グローバルHD
  • 大手企業③:ワタベウェディング
  • 大手企業④:エスクリ
  • 大手企業⑤:AOKIホールディングス

◆ ブライダル業界がブラックになりやすい理由

  • 理由①:利益率が低い
  • 理由②:衰退している業界である
  • 理由③:仕事が激務であることが多い

◆ 【衰退する?】ブライダル業界の今後の動向

  • 動向①:婚礼件数の減少により市場が衰退する
  • 動向②:人件費が削減されAIやITが導入される
  • 動向③:フリーランスでも活躍できる時代になる
  • 動向④:リゾートウェディングが増加する

 

ブライダル業界は、全体的に平均年収が低いです。
ブライダル業界は、華やかなイメージを持たれがちなので、就活生からも人気の業界となっています。
しかし、実際はブラック企業になりやすい業界で、今後衰退していく可能性がある業界です。
だからこそ、ブライダル業界を目指す就活生は、年収編や売上編の企業ランキングを参考にしながら、大手企業を狙うことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 潤