>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【落ちるの?】「面接が早く終わる」と合否の関係 | 面接時間が短い人の合格,不合格パターンも

この記事でわかること
  • 面接が早く終わることはよくある
  • 面接が早く終わることと選考の合否は関係ない
  • 面接が早く終わる原因6つ
  • 【合格】面接が早く終わるパターン3つ
  • 【不合格】面接が早く終わるパターン3つ

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の木村ヒロシです。

この記事では、就活で「面接が早く終わる」「面接の時間が短い」ことについて解説していきます。

あなたは就活を進めていくなかで、「予定よりも面接時間が短くて不安だなあ・・・」と思ったことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

私はこの前、面接時間が30分の予定だったのに15分で終わりました。

予定していた面接時間よりも早く終わったので、選考に落ちたと思っています。

面接時間と選考の合否はやっぱり関係あるのですかね・・・

就活生くん

僕は最終面接が予定よりも30分早く終わったことがあります。

しかし、その会社からは内定をもらうことができたので安心しました。

人によって面接時間が短かったり、長かったりするのはなぜなんだろうと気になりました。

面接時間が当初の予定や他の人より短かったら、選考に落ちてないかと不安になりますよね。

そもそも、面接時間と選考の合否にはどんな関係があるのかという点が気になりますよね。

でも、大丈夫です!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

そこでこの記事では「面接が早く終わる原因」を解説します。

合わせて、「【合格】面接が早く終わるパターン」と「【不合格】面接が早く終わるパターン」も解説しています。

この記事を読めば、「面接が早く終わることで悩む」や「面接の時間が短いことが気になる」なんてことが避けられます。

面接時間を気にせずに、安心して就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

面接が早く終わることはよくある

就活生ちゃん

私はこの前の面接で、予定の時間より15分も早く終わりました。

面接時間が短いということはやはり珍しいことなのでしょうか・・・

面接時間が予定されていた時間よりも短いと、選考に落ちてしまったのかなと不安になりますよね。

しかし、面接が予定時間より早く終わることはよくあることなのです。

だから自分だけ面接が早く終わったと不安になる必要はありませんよ。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接が早く終わることと選考の合否は関係ない

就活生ちゃん

面接が予定時間より早く終わることはよくあることなんですね。

でもやっぱり面接の時間が予定時間より短い場合は、選考に不利な気がします。

面接が早く終わることと選考の合否は、関係あるんですかね・・・

実は、面接が早く終わることと選考の合否は関係ありませんよ。

面接が早く終わったり、予定時間より短い面接にはいくつかの原因が考えられます。

まずはその点について確認して、自分がなぜ面接が早く終わったのかを考えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

就活生ちゃん

じゃあ、面接が早く終わったからと言って、選考に落ちたと不安に思う必要はないのですね!

でも、面接が早く終わる原因ってどんなものがあるんでしょうか?

面接が早く終わっても、合格の人もいれば、不合格の人もいるので、選考とは関係がないでしょう。

しかし、面接が早く終わったり、面接時間が短いことにはなんらかの原因が考えられますよ。

それではまず、面接が早く終わる原因について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接が早く終わる原因6つ

ここでは面接が早く終わる原因について解説していきます。

面接が早く終わる原因は6つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接が早く終わる原因6つ
  • 原因①:最初から企業が長めに面接時間を確保している
  • 原因②:全員の面接時間が短い
  • 原因③:人柄のみを確認している
  • 原因④:面接前から印象が良い
  • 原因⑤:明らかに合格の基準を超えている
  • 原因⑥:明らかに合格の基準を超えていない

まずは、自分がなぜ面接が早く終わったのかを確認するために1つずつ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

原因①:最初から企業が長めに面接時間を確保している

面接が早く終わる原因1つ目は、最初から企業が長めに面接時間を確保しているということです。

特に大企業では面接をする人数がとても多いので、次の面接予定時刻がずれないようにするためです。

私は大企業の人事をしているのですが、1日で25人の面接をしたことがあります。

予定の面接時時刻遅れないように、最初から面接時間を長く確保しており、早めに終わることをよくありますよ。

人事さん

面接をする人数が多い企業ほど、最初から企業が長めに面接時間を確保していることはよくあるので理解しておきましょう。

次の面接の予定時刻に遅れてはいけないので、企業が長く面接時間を確保しているのは納得できますよね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

原因②:全員の面接時間が短い

面接が早く終わる原因2つ目は、全員の面接時間が短いということです。

面接を予定時間より短く終わることが当たり前になっている企業があるからです。

例えば、僕がインターンシップの面接で15分早く終わった時、同じ企業を受けた友達も15分早く終わったと言っていました。

このように、全員平等に面接時間が短いこともあるので、あまり面接時間が短いことを気にしなくても良いかもしれませんね。

自分だけが面接時間が短いというわけではないということを頭に入れておきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

原因③:人柄のみを確認している

面接が早く終わる原因3つ目は、人柄のみを確認しているということです。

特に1次面接では人柄のみを見て、大きな問題がなければ合格と判断する企業があるからです。

1次面接では、第一印象で80%の合否を定めているという話を聞いたこともあるくらいです。

人柄のみを確認している場合は、面接が早く終わることがよくあるので、覚えておきましょう。

面接時間が短い時は、面接の雰囲気からも合格か不合格かが判断できることが良くありますよ。

良い雰囲気で面接が進んでいて、予定より早く面接が終わった時は合格の場合が多いでしょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

原因④:面接前から印象が良い

面接が早く終わる原因4つ目は、面接前から印象が良いということです。

OBや内定者からの紹介で面接を受けている場合や、インターンシップに参加したことがある企業は、面接前からほとんど合格が決まっている場合があるからです。

これらに当てはまる人は面接を免除になるケースもあるくらいなので面接時間が短くてもおかしくないですよね。

面接前から企業との何らかの関係があり、良い印象を与えている場合は面接が早く終わることがよくあります。

本当に行きたい企業とは、面接前から関係を持っておくと有利に選考を進められるかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

原因⑤:明らかに合格の基準を超えている

面接が早く終わる原因5つ目は、明らかに合格の基準を超えているということです。

合格と判断している場合は、その段階でそれ以上面接を続ける必要がないからです。

面接官が聞きたいことも確認出来て、合格と判断しているのにそれ以上面接時間をとる理由がないですよね。

お互いの時間を無駄にしないためにも、明らかに合格の基準を超えている時は、面接が早く終わるでしょう。

自分が上手く想いを伝えられたと感じている時ほど、早く面接が終わることがありますが、それは合格をしている確率が高いので気にしなくても良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

原因⑥:明らかに合格の基準を超えていない

面接が早く終わる原因6つ目は、明らかに合格の基準を超えていないということです。

逆に明らかに不合格だと判断された場合でも、それ以上面接を続ける必要がないからです。

第一印象、マナー、志望理由などの面接の初めの段階で不合格と判断された場合は、お互いの時間がもったいないので面接時間が短くなることがあります。

面接が早く終わるパターンとして、明らかに合格の基準を超えているか超えていないかがはっきりと分かれているので自分はどちらに当てはまっているかを確認してみましょう。

面接官とのコミュニケーションを大切にしていれば、自分の面接がなぜ早く終わったのかもある程度予想ができます。

もし面接官の反応があまり良くなくて面接が早く終わった場合は、不合格と認識されているかもしれないですね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生くん

面接が早く終わることには、合格のパターンと不合格のパターンがあるんですね。

自分がどちらのパターンに当てはまっているか分からないので、それぞれ詳しく聞きたいです。

それではまずは、【合格】面接が早く終わるパターンから解説していきます。

「就活の教科書」編集部 木村

 

【合格】面接が早く終わるパターン3つ

ここではあなたの面接時間が短かった理由が合格のパターンか不合格のパターンかを見極めるために【合格】面接が早く終わるパターンを解説していきます。

【合格】面接が早く終わるパターンは3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

【合格】面接が早く終わるパターン3つ
  • パターン①:的を得た回答ができていた
  • パターン②:書類選考でほとんど合格が決まっていた
  • パターン③:面接で確認したい部分が面接前から定まっていた

それぞれ1つずつ確認し、自分に当てはまっているものがないかチェックしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

パターン①:的を得た回答ができていた

【合格】面接が早く終わるパターン1つ目は、的を得た回答ができていたということです。

合格するための的を得た回答をできていたら、特に問題がない限り面接を早く終わっても大丈夫だからです。

時には、面接中に合格を伝えられ、面接を切り上げることもあるそうです。

そのように的を得た回答ができていた場合は、面接が早く終わるので理解しておきましょう。

企業が求めている人物像や考え方を把握しておくためには、企業研究が必要不可欠です。

会社のホームページから社風やカルチャーなどを事前に確認しておきましょうね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

パターン②:書類選考でほとんど合格が決まっていた

【合格】面接が早く終わるパターン2つ目は、書類選考でほとんど合格が決まっていたということです。

書類選考で特に優れている人は、面接を免除になったり気になる部分だけを確認することがあるからです。

ESで上手く自分の魅力を伝えられれば、面接が免除になることもありますよ。

ESをもっとこだわりたい人は、内定者のESの書き方や無料のES添削サービスおすすめが分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

パターン③:面接で確認したい部分が面接前から定まっていた

【合格】面接が早く終わるパターン3つ目は、 面接で確認したい部分が面接前から定まっていたということです。

エントリーシートやOB訪問などでほとんど問題なく、面接官が面接で確認したい部分が事前に決まっていたら、その点が確認でき次第、面接は終わっても問題ないからです。

例えば、たくさんのことを経験してきており、成長意欲の高い学生で企業ともマッチしていると考えられていた場合、確認すべき点は協調性やチームとしての役割ぐらいです。

チームとしての活動も企業とマッチしていると面接官が感じると面接はその時点で終わりますよね。

このように面接で確認したい部分が面接前から定まっていて面接が早く終わった時は、合格している可能性が高いです。

これらのパターンで面接が早く終わる時は、合格していることが多いので、自信を持っていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生くん

自分には思い当たるものがありませんでした。

不合格パターンの面接が早く終わるパターンを教えてください。

それでは次に、【不合格】面接が早く終わるパターンから解説していきます。

「就活の教科書」編集部 木村

 

【不合格】面接が早く終わるパターン2つ

ここではあなたの面接時間が短かった理由が合格のパターンか不合格のパターンかを見極めるために【不合格】面接が早く終わるパターンを解説していきます。

【不合格】面接が早く終わるパターンは2つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

【不合格】面接が早く終わるパターン2つ
  • パターン①:明らかに企業とマッチしていない
  • パターン③:第一印象が悪すぎる

それぞれ1つずつ確認し、自分に当てはまっているものがないかチェックしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

パターン①:明らかに企業とマッチしていない

【不合格】面接が早く終わるパターン1つ目は、明らかに企業とマッチしていないということです。

人柄や考え方、就活の軸が企業と合っていなかったら面接時間を長くする必要がないからです。

人事の方に聞いた話によると、面接開始後30秒で合否の8割くらいを決めているそうです。

ですので、明らかに企業とマッチしていないと感じられると、面接が早く終わってしまうことがあるのです。

面接官の反応や質問内容から、自分が合っているかは予想できるでしょう。

面接官に、明らかに企業とマッチしていないと感じさせないためにも、事前の自己分析と企業研究を万全にしておきましょう。

自己分析についてもっと知りたい人は、自己分析のやり方やおすすめの自己分析ツールが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

パターン②:第一印象が悪すぎる

【不合格】面接が早く終わるパターン2つ目は、第一印象が悪すぎるということです。

第一印象が悪すぎると、面接官がその人について知りたいと思わなくなってしまうからです。

具体的には、身だしなみ・マナー・言葉遣い・人柄などが考えられます。

これらは面接中だけでなく、面接前から見られていることがあるため、社会人としてあるべき行動をとっていきましょう。

第一印象が理由で面接時間が短くなることを防ぐためにも、身だしなみやマナーなどはきちんと抑えて、第一印象を良くしていきましょう。

面接に関するマナーをもっと知りたい人は、オフラインとオンラインの両方の面接のマナーが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生ちゃん

面接が早く終わる背景には、合格パターンと不合格パターンがあるのですね。

私は、1次面接で面接時間が短かったことと、最終面接で面接時間が短かったことがありました。

これらは何か違う意味合いがあるのでしょうか?

実は、面接時間の長さの違いは、面接段階によっても意味合いが変わってきます。

次は、面接段階ごとの面接時間の長さの違いについて解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接段階ごとの面接時間の長さの違い

ここでは、面接段階ごとの面接時間の長さの違いについて解説します。

それではまず、1次・2次面接の面接が早く終わったパターンについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 木村

1次・2次面接

1次・2次面接に関しては、応募人数が多ければ多いほど面接時間が短い傾向があります。

1人ひとりに長い時間をかける余裕がないからです。

2次面接では、少し応募者も絞られているので、1次面接より長くなる傾向があります。

また、大企業よりも規模の小さい中小企業の方が面接時間が長い傾向があります。

企業の面接の方針や、企業規模によっても面接時間に違いが出てくるので、事前に面接情報をインプットしておきましょう。

事前に面接情報をインプットするためには「ONE CAREER」を使うことがおすすめですよ。

選考フローや会社の特徴を調べて、受ける企業の面接の特徴をあらかじめ把握おきましょう。

ONE CAREERについてもっと知りたい人は、評判や口コミが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

最終面接

最終面接に関しては、基本的に面接時間は短いと認識しておきましょう。

就活生のパーソナル部分の深掘りは既に終わっているので、最終面接では最終確認のみだからです。

しかし、こちらも企業によって様々で複数の役員が就活生を深堀りする企業もあります。

最終面接も、事前に面接情報をインプットすることが大切ですが、就活生に合わせた面接をされることが多いので、面接時間を気にしすぎない方が良いでしょう。

最終面接は、それまでの面接とは少し違う特徴がありますよ。

最終面接についてもっと知りたい人は、最終面接の特徴や対策が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生くん

面接段階ごとの面接時間の長さの違いがあるのですね!

僕は逆に、予定していた面接時間より長くなったことがあります。

面接が早く終わることと同じように、面接時間が長くなる原因ってあるんですか?

面接が早く終わることと同様に、面接時間が長くなる原因がありますよ。

最後に、面接時間が長くなる原因を解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接時間が長くなる原因2つ

ここでは、面接時間が長くなる原因を解説します。

面接時間が長くなる原因は2つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接時間が長くなる原因2つ
  • 原因①:もっと知りたいと思われている
  • 原因②:合格と不合格で迷っている

面接時間が長くなることには、ポジティブな理由とネガティブな理由がありますので、自分はどちらに当てはまるのかを確かめてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

原因①:もっと知りたいと思われている

面接時間が長くなる原因1つ目は、もっと知りたいと思われているということです。

面接官が気になる点やもっと深掘りしたいと感じると、面接時間が長くなるからです。

しかし、これはポジティブな理由だけでなく、話が分かりにくいなどのネガティブな理由も考えられます。

面接での理想は、決められた時間内で自分の魅力をきちんと伝えるということです。

結論ファーストで、端的に自身をアピールする練習をしておきましょう。

そのためにも面接練習は必要不可欠です。

面接練習についてもっと知りたい人は、面接練習の方法や対策が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

原因②:合格と不合格で迷っている

面接時間が長くなる原因2つ目は、合格と不合格で迷っているということです。

面接官がもう少し時間をかけてパーソナルの部分を知って、合否を判断したいと感じているからです。

特に違和感がないのに面接時間が長くなっている場合は、合否を迷っている場合があります。

最後にもう一度、自分の魅力や企業への熱い想いを伝えることを意識しましょう。

面接が早く終わることにも面接時間が長くなることにも、たくさんの理由や背景が考えられます。

あまり面接時間には神経質になりすぎず、自分の伝えたいことをきちんと伝えることを心がけましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

Web面接の対策も万全にしておこう

最近では、選考でWeb面接を導入している企業が多いです。

Web面接では対面の面接と比べて、就活生の熱意が伝わらない傾向があります。

そのため、事前にWeb面接のコツや注意点を押さえておきましょう。

基本的には、Web面接と普通の面接は大きく変わりません。
事前に準備しておくことが大切です。
Web面接のやり方やマナーは以下の記事で紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

メモ

就活の教科書がおすすめする面接の練習方法は、就活エージェント「キャリアチケット」の活用です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、面接練習に加えて、就活相談やES添削などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

まとめ:面接時間には神経質になりすぎず、面接のすべきことに集中しよう!

「【落ちるの?】「面接が早く終わる」と合否の関係 | 面接時間が短い人の合格,不合格パターンも」の記事はいかがでしたか。

この記事では「面接が早く終わる原因」解説しました。

合わせて、「【合格】面接が早く終わるパターン」と「【不合格】面接が早く終わるパターン」解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

面接が早く終わることはよくある

面接が早く終わることと選考の合否は関係ない

面接が早く終わる原因6つ

  • 原因①:最初から企業が長めに面接時間を確保している
  • 原因②:全員の面接時間が短い
  • 原因③:人柄のみを確認している
  • 原因④:面接前から印象が良い
  • 原因⑤:明らかに合格の基準を超えている
  • 原因⑥:明らかに合格の基準を超えていない

【合格】面接が早く終わるパターン3つ

  • パターン①:的を得た回答ができていた
  • パターン②:書類選考でほとんど合格が決まっていた
  • パターン③:面接で確認したい部分が面接前から定まっていた

【不合格】面接が早く終わるパターン2つ

  • パターン①:明らかに企業とマッチしていない
  • パターン②:第一印象が悪すぎる

面接段階ごとの面接時間の長さの違い

  • 1次・2次面接
  • 最終面接

面接時間が長くなる原因2つ

  • 原因①:もっと知りたいと思われている
  • 原因②:合格と不合格で迷っている

まとめ:面接時間には神経質になりすぎず、面接のすべきことに集中しよう!

面接が早く終わることには、たくさんの理由や背景がありましたよね。

面接時間だけで合否を判断することは難しいので、あまり面接が早く終わることには神経質にならず、きちんと面接ですべきことに集中しましょう。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村