>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】自己PR/ガクチカ「筋トレ」魅力的に伝える方法! ポイント,注意点も

この記事を読めばわかること
  • 自己PR/ガクチカで「筋トレ」はアピールしても良い
  • 自己PR/ガクチカで「筋トレ」を伝える回答例
  • 自己PR/ガクチカでは「筋トレ」をしている背景を伝える
  • 自己PR/ガクチカで「筋トレ」を伝えるときの注意点3つ
  • 自己PR/ガクチカで使える「筋トレ」以外の趣味一覧

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の田畑です。

この記事では、ガクチカや自己PRで「筋トレ」の魅力的な伝え方について解説します。

就活生の皆さんは、「筋トレ」を自己PRするときに悩んだり困ったりしたことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

僕は筋トレをずっと続けていたので、筋トレをガクチカとしてアピールしたいと思っています。

筋トレはガクチカや自己PRで武器になるのかな・・・

就活生ちゃん

私は、最近ダイエットとして筋トレをはじめました。

でも自己PRとかガクチカで伝えたときに、ただの趣味だと思われないかな・・・

「筋トレ」を自己PRやガクチカでアピールをして、面接官にどう思われるのか不安になりますよね。

でも大丈夫です。

伝え方のポイントを抑えるだけで、面接官に好印象を与えることができますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

この記事では、自己PRやガクチカで「筋トレ」の魅力的な伝え方についてご紹介します。

合わせて、「筋トレ」を伝える例文、筋トレ以外の趣味一覧もご紹介します。

この記事を読むことで、自己PRやガクチカで筋トレのことが書けるようになり、企業に好印象を持ってもらえるようになります。

「筋トレってガクチカとしてアピールしていいの?」「ただの趣味だと思われたらどうしよう・・・」と悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

自己PR/ガクチカで「筋トレ」をアピールするのはアリ?

就活生くん

自己PRやガクチカで「筋トレ」をしていることは、立派なアピールになるのかな・・・?

結論、「筋トレ」は立派なアピールになります。

しかし、アピールの仕方によっては「ただの趣味じゃん」と思われてしまう可能性もあるので伝え方が大事になってきます。

「就活の教科書」編集部 田畑

ガクチカは、趣味を通じて

  • どんな考え方が身についたのか
  • どんなことをを学んだのか
  • 姿勢や思考力がどのように仕事に活きるか

上記3つの項目を、伝えることが理想的です

就活生くん

趣味だと思われない伝え方が大事なのですね。

ということは、他の趣味でも自己PRやガクチカになるということでしょうか?

もちろん、他の趣味でも伝え方次第でも、内定を取ることができますよ。

ガクチカや自己PRの武器となる、「筋トレ」以外の趣味一覧も、後ほどご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

自己PR/ガクチカで「筋トレ」を伝える回答例

就活生くん

自己PRやガクチカで「筋トレ」をしていることはアピールしていいのですね。

自己PRやガクチカで「筋トレ」を伝えるための回答例を参考にしたいので教えて下さい。

それでは、自己PRやガクチカで「筋トレ」をしていることを魅力的に伝える例文を紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

自己PR/ガクチカで「筋トレ」を伝える回答例
  • 例文①:ダイエット編
  • 例文②:部活動編

上記2つの例文を参考に、面接官に好印象を与える伝え方を学んでいきましょう。

それでは上記2つの例文を順番に紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

例文①:ダイエット編

自己PR/ガクチカで「筋トレ」を伝える回答例1つ目は、ダイエット編です。

「就活の教科書」編集部 田畑

私の強みは、気分に左右されずにコツコツ努力できることです。

私は、友人の「太った?」という一言が悔しくて、1年ほど前からダイエットのために筋トレを始めました。

初めは、トレーニングがつらく何度も諦めかけました。

しかし「絶対に痩せてやる」という思いから、どんなにやる気がない日でも毎日30分は筋トレを続けました。

結果的に、1年で20kgの減量に成功することができました。

継続的に努力できる長所は、御社の仕事においても貢献できるよう邁進したいと思います。

上記の例は、友人の何気ない一言から筋トレを始めた等身大の事例ですね。

コツコツとした努力が実って「20kg減量した」という結果もインパクトがあり、好印象な自己PRになっています。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

例文②:部活動編

自己PR/ガクチカで「筋トレ」を伝える回答例2つ目は、部活動編です。

「就活の教科書」編集部 田畑

私が学生時代に打ち込んだことは、野球部としての活動です。

うちの野球部員は総勢50名を超え、激しいレギュラー争いが起きていました。

私は、走力には自信があったものの、筋力が他の部員に比べ劣っていると感じていました。

そこで私は、居残り練習として、筋肉量を増やすトレーニングを始めました。

結果的に、最後の大会でスタメンに入ることができ、チームの勝利に貢献することができました。

自分の強みと弱みを分析し、弱みを補う努力は会社に入っても続けていきたいと思います。

上記の例は、弱みを補うために筋トレを始めたことがわかります。

自己分析をして、正しい努力ができる姿勢は、面接官にとって高評価ですね。

部活動のガクチカに関しては、以下の記事を読むと好印象な伝え方がわかるので読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

自己PR/ガクチカで「筋トレ」をアピールするポイント3つ

就活生ちゃん

ガクチカで「筋トレ」をしていることを、アピールする例文は参考になりました。

「筋トレ」の自己PRをするときのポイントがあれば教えて下さい

ガクチカや自己PRでのポイントを抑えると、面接官の印象もグッとあがりますよ。

それでは、「筋トレ」を自己PRするときのポイントについてご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

自己PR/ガクチカで「筋トレ」をアピールするポイント
  • ポイント①:筋トレをしている背景を伝える
  • ポイント②:客観的な成果を伝える
  • ポイント③:企業にどのように貢献できるか伝える

上記3つのポイントを入れることで、「筋トレ」を印象良く伝えることができます。

それでは、上記3つのポイントを順番に解説していきます。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ポイント①:筋トレをしている背景を伝える

自己PR/ガクチカで「筋トレ」をアピールするポイント1つ目は、筋トレをしている背景を伝えることです。

思いや背景を伝えることで、「ただの趣味じゃないんだな」と面接官に思われるからです。

たとえば、「野球部員として基礎トレーニングを怠らないため」「痩せてモテたい」のように、なぜ筋トレをやっているのかを伝えるといいですね。

背景を伝えることで、面接官の興味を惹かせることができます。

就活生ちゃん

私は、ただなんとなくで筋トレを始めたけど、どうやって説明すればいいんだろう・・・

仮に、ダイエット目的始めたのであれば「なぜダイエットしたいのか」「ダイエットした先の未来に何を期待して始めたのか」と、自分の気持ちを深堀りしていきましょう。

深堀りしていくことで、自分の納得した背景を偽りなく伝えることができますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ガクチカの深堀り方を知りたい方は、以下の記事を読むと深堀りができるようになります。

合わせて読んでみてくださいね。

 

ポイント②:筋トレした結果どうなったのかを伝える

自己PR/ガクチカで「筋トレ」をアピールするポイント2つ目は、筋トレした結果どうなったのかを伝えることです。

客観的な成果を伝えることで、面接官に、真摯に向き合った姿勢があることを印象付けられます。

数値や成績などを用いて説明すると、企業に結果をアピールすることができますよ。

たとえば、「1年間で体重15kg落ちた」「筋トレを始めてからテニスの県大会で優勝できた」のように、どんな結果が得られたのかを伝えましょう。

「何を得た」という結果は、何よりもアピールになります。

ただ「頑張った」と伝えるだけでなく、どんな成果が得られたのかを伝えましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ポイント③:筋トレと仕事を結びつけて伝える

自己PR/ガクチカで「筋トレ」をアピールするポイント3つ目は、筋トレと仕事を結びつけて伝えることです。

理由として、面接官はガクチカを通して「あなたが企業に合う人材」かどうかを判断しているからです。

「筋トレを通して得た学びはこんなところで御社に役立ちます」と、企業へ貢献できる姿勢を伝えましょう。

企業毎に求めている人材像を調査して、「自分の強み」と「求めている人材」をリンクさせるといいですよ。

就活生ちゃん

でも実際に、自分が企業に貢献できるのか自信ないな・・・

得られた学びが実際に活かせるか不安でも、「貢献したい」という姿勢を伝えることで好印象を与えられますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

自己PR/ガクチカで「筋トレ」を伝えるときにやってはいけないこと

就活生くん

ガクチカで「筋トレ」を伝えるときは、「筋トレ」をしている思いや背景を意識的に伝えるといいのですね。

「筋トレ」を自己PRするときって何に注意すればいいんだろう・・・

「筋トレ」を自己PRするときのNG行動は避けたいですよね。

それでは、ガクチカや自己PRで「筋トレ」を伝えるときの注意点についてご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

自己PR/ガクチカで「筋トレ」を伝えるときの注意点
  • 注意点①:趣味程度だと誤解させない
  • 注意点②:得た経験や思考が企業とマッチしていない
  • 注意点③:誇張して伝えない

上記3つの注意点を抑えることで、面接官の評価を落とすことがなくなりますよ。

それでは、上記3つの注意点を順番にご紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

注意点①:趣味程度だと誤解させない

自己PR/ガクチカで「筋トレ」を伝えるときの注意点1つ目は、趣味程度だと誤解させないことです。

なぜなら、趣味程度のガクチカは面接官の印象には残らないからです。

具体例をみていきましょう。

就活生くん

私の強みは継続力です。

私は、筋トレを2年間、週2で続けています。

筋トレのおかげで太ることもなく、体調を崩さずに健康的な生活を送っています。

この継続力を活かして、仕事でも努力を怠らずに御社に貢献したいと考えています。

筋トレってただの趣味なんじゃないか・・・?

なんで筋トレをやっているのかもわからないし・・・

人事さん

週2という表現から、「あまり熱心にやっていないのでは」と人事さんに不信感を抱かせていますね。

趣味ではなく真剣に向き合っている姿勢を伝えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

注意点②:チームプレイが苦手だと誤解されない

自己PR/ガクチカで「筋トレ」を伝えるときの注意点2つ目は、チームプレイが苦手だと誤解されないことです。

「筋トレ」は自己完結型の自己PRなので、「チームで何かをするのは苦手なのかな」という懸念点を残してしまうでしょう。

もし、「1人でコツコツ作業するのが得意」とアピールしてしまうと、企業の求めている人材ではない場合に印象を下げる恐れがあります。

1人で作業することに向いていても、継続力がある・コツコツ努力できると伝え方を変えて、アピールするといいですよ。

「努力は認めるけど、うちの欲しい人材じゃない」と面接官に思われると、選考が不利になってしまいます。

企業の求める人物像をしっかりと把握した上で、自分の経験や能力をアピールしましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

注意点③:筋トレの成果を誇張して伝えない

自己PR/ガクチカで「筋トレ」を伝えるときの注意点3つ目は、筋トレの成果を誇張して伝えないことです。

理由として、成果を誇張してしまうと、面接官に深堀りをされた際に嘘がバレて、評価を下げてしまうからです。

具体例を見ていきましょう。

就活生くん

僕の長所は、向上心を常に持っていることです。

僕は筋トレを日課にしているのですが、自分の体を更に鍛えるべく、ボディビルの大会に参加しました。

ボディビルの大会を通して、挑戦することの大切さを改めて学ぶことができました。

すごいですね。ボディビルの大会はどんな流れで行われるのですか?

人事さん

就活生くん

えっと…まず、大会条件を満たしているかのチェックをして…それから…

あれ・・・なんで声が小さくなったんだろう?

もしかして、本当は大会に参加してないのかな・・・?

人事さん

内容を盛って話しても、いずれ面接官にはバレてしまいます。

疑われてしまうと、信頼が失われ「選考において致命的な減点」となってしまうでしょう。

ですので、内容を誇張して話すのは得策とは言えません。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

 

自己PR/ガクチカで使える「筋トレ」以外の趣味一覧

就活生ちゃん

自己PRやガクチカでは「筋トレ」が、ただの趣味っぽくならないように伝えるようにします。

「筋トレ」以外の趣味でもガクチカを考えてみたいので、他の趣味を教えて下さい。

他の趣味でも、十分に自己PRとして武器になる可能性がありますね。

それでは、「筋トレ」以外の趣味を一覧でご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

自己PR/ガクチカで使える趣味一覧
  • 読書
  • 音楽鑑賞
  • 鉄道鑑賞
  • 美術館巡り
  • ゲーム
  • カメラ
  • 旅行
  • 料理
  • ファッション
  • 漫画・アニメ

就活生ちゃん

こんな趣味もガクチカとしてアピールしていいのですね。

でも、読書とか旅行って自己PRになるのかな。

書き方次第では、面接官の興味を惹く自己PRをすることができますよ。

ただ、夜遊びやギャンブルは高確率で面接官の印象を下げるのでアピールには向きません。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ガクチカで書くことがない人は、以下の記事を読むことで、ガクチカを探すことができます。

合わせて読んでみてくださいね。

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシート「ガクチカ」を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートのガクチカをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガクチカで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートのガクチカを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事にガクチカを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート「ガクチカ」の添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ:自己PR/ガクチカでは、「筋トレ」をしている思いや背景を伝えよう

【例文あり】自己PR/ガクチカ「筋トレ」の魅力的な伝え方 | ポイント,注意点も」の記事はいかがでしたか?

この記事では、自己PRやガクチカで「筋トレ」を魅力的に伝える方法についてご紹介しました。

合わせて、「筋トレ」を伝える例文や、ガクチカに使える趣味一覧もご紹介しました。

このページで学んだことをまとめると、以下のとおりです。

「就活の教科書」編集部 田畑

この記事のまとめ

◆ 自己PR/ガクチカで「筋トレ」をアピールするのはアリ?

 

◆ 自己PR/ガクチカで「筋トレ」をアピールするポイント3つ

  • ポイント①:筋トレをしている背景を伝える
  • ポイント②:筋トレした結果どうなったのかを伝える
  • ポイント③:筋トレと仕事を結びつけて伝える

◆ 自己PR/ガクチカで「筋トレ」を伝えるときにやってはいけないこと

  • 注意点①:趣味程度だと誤解させない
  • 注意点②:チームプレイが苦手だと誤解されない
  • 注意点③:筋トレの成果を誇張して伝えない

自己PRやガクチカで「筋トレ」を魅力的に伝えるのは難しいですよね。

あなたが、なぜ「筋トレ」をしていて、どんな思いがあるかを伝えると面接官にも好印象です。

ただの趣味だと思われないように、自分がどんな思いで筋トレをしているかを伝えましょう。

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑