【探し方も解説!】BtoB企業ランキング一覧 | 優良企業の探し方,メリット,デメリットも

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 就職先としてBtoB企業を選ぶのはおすすめ
  • BtoB企業とは企業を相手にして事業や商取引を行う会社のこと
  • 優良BtoB企業・年収の高いBtoB企業ランキング一覧
  • 優良BtoB企業の探し方
  • BtoB企業に就職するメリット・デメリット
  • 「学歴に自信ないけど、人気優良企業に就職したい」という方はOfferBoxを使うのがおすすめ

 

就活生のみなさん、こんにちは。

「就活の教科書」編集部のカンです。

この記事では、BtoB企業のランキングと探し方について徹底的に解説していきます。

就活生の皆さんは、BtoB企業とBtoC企業の違いや、BtoB企業のランキングなどについて知りたいと思ったことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 カン

就活生ちゃん

就活でよく聞く「BtoB企業」って何なのかな?
「BtoC企業」との違いは何なのかな?

就活生くん

僕はBtoB企業に就職したいけど、BtoB企業のランキングがあればいいのになぁ…

おすすめのBtoB企業はどこだろう?

 

そこでこの記事では、BtoB企業のランキングについて解説していきます。

合わせて、BtoB企業とBtoC企業の違いBtoB企業の探し方BtoB企業に就職するメリット・デメリットについて解説していきます。

この記事を読めば「BtoB企業とBto企業の違いは何…」「優良BtoB企業ってどのような企業があるの…」「BtoB企はどうやって探せばいいの…」といった悩みを解決できます。

BtoB企業に就職したい就活生や、優良BtoB企業の探し方を知りたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「自分に合った納得できる企業に就職したい!」という方は「OfferBox(オファーボックス)」を使うのが一番おすすめです。

OfferBoxを使うと、あなたのプロフィール次第で人気ホワイト企業からもスカウトが来るので、自分に合った企業を簡単に探せます。

「学歴に自信がないけど、企業選びで後悔したくない!」という方は「OfferBox」を利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBoxを使ってみる

 

目次

 

【BtoC企業との違い】BtoB企業とは?

就活生ちゃん

就活でよく聞く「BtoB企業」ってそもそも何なんですか?
分かりました。

では初めに「BtoB企業」と「BtoC企業」の違いについて解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 カン

 

BtoB企業とは
  • BtoB企業:企業を相手にして事業や商取引を行う会社
  • 企業例:キーエンス
    ⇒様々な企業と自社製品を取引している企業

【特徴】

  • 経営の安定性が高い
  • ワークライフバランスが良い
  • 年収が比較的高い
  • 特定分野に強みを持っている
まとめると、BtoB企業は、企業に対して自社製品を販売している会社のことです。

「就活の教科書」編集部 カン

 

BtoC企業とは
  • BtoB企業(Business to Business):企業と消費者間での取引
  • 企業例:イオン
    ⇒私たち一般消費者に製品を販売している企業

【特徴】

  • いかに多く売るかが大事
  • 意思決定が速い
  • マーケティングが身に付く
まとめると、BtoC企業は、私たちに対して商品を販売する企業となります。

もちろん企業によっては、BtoB企業であり、BtoC企業である企業も存在します。

「就活の教科書」編集部 カン

 

優良BtoB企業ランキング一覧

これからBtoB企業を探す就活生の方向けに、BtoB企業のランキングを2つご紹介していきます。 

「就活の教科書」編集部 カン

  • 優良BtoB企業ランキング一覧
  • 年収の高いBtoB企業ランキング一覧
BtoB企業に就職したい就活生は、ぜひ参考にしてみてください。 

「就活の教科書」編集部 カン

 

優良BtoB企業ランキング一覧

就活生くん

BtoB企業に優良企業はあるのでしょうか?
優良企業でBtoB企業があれば教えて欲しいです。
わかりました。

それでは、優良BtoB企業を200社まとめて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 カン

BtoB企業ランキング一覧200社
  1. オムロン
  2. 三菱電機
  3. キーエンス
  4. パナソニック
  5. ダイキン
  6. キヤノン
  7. 富士通
  8. パナソニック
  9. 武田薬品工業
  10. TOTO
  11. 第一三共
  12. 富士ゼロックス
  13. ファイザー
  14. アステラス製薬
  15. 横河電機/横河ソリューションサービス
  16. LIXIL
  17. 富士電機機器制御
  18. 富士電機
  19. IDEC
  20. テルモ
  21. ミツトヨ
  22. 村田製作所
  23. セイコーエプソン
  24. NTTコミュニケーションズ
  25. エーザイ
  26. IBM
  27. NEC
  28. リコー
  29. 安川電機
  30. オリエンタルモーター
  31. シャープ
  32. 三菱ケミカル
  33. 旭化成
  34. ルネサス エレクトロニクス
  35. 島津製作所
  36. ローム
  37. 京セラ
  38. 東レ
  39. TDK
  40. 信越化学工業
  41. 田辺三菱製薬
  42. NTTデータ
  43. ノバルティス ファーマ
  44. 東芝デバイス&ストレージ
  45. 中外製薬
  46. MSD
  47. 三井化学
  48. 住友化学
  49. YKK AP
  50. 大建工業
  51. 大日本住友製薬
  52. アルプスアルパイン
  53. 三協アルミ
  54. アジレント・テクノロジー
  55. グラクソ・スミスクライン
  56. スリーエムジャパン
  57. ニプロ
  58. アンリツ
  59. 富士フイルム
  60. ヒロセ電機
  61. アズビル
  62. NTTドコモ
  63. 日東電工
  64. 東洋紡
  65. 三和シヤッター工業
  66. 昭和電工
  67. 積水化学工業
  68. オリンパス
  69. 三菱電機照明
  70. 富士通
  71. 太陽誘電
  72. 日立システムズ
  73. 堀場製作所
  74. 大塚商会
  75. テキサス・インスツルメンツ
  76. キヤノンITソリューションズ
  77. タカラスタンダード
  78. 日立製作所
  79. 東芝ライテック
  80. 日本ヒューレット・パッカード
  81. 日立グローバルライフソリューションズ
  82. DIC
  83. リンナイ
  84. アストラゼネカ
  85. 日立ハイテクノロジーズ
  86. IBM
  87. カネカ
  88. GEヘルスケア・ジャパン
  89. 日本光電
  90. 日本電産
  91. 三菱マテリアル
  92. NTTテクノクロス
  93. ブラザー工業
  94. 日本電子
  95. 三菱UFJ銀行
  96. 日立化成
  97. KDDI
  98. NTT東日本
  99. セコム
  100. 東ソー
  101. 住友電気工業
  102. クラレ
  103. 日本ペイント
  104. キヤノンメディカルシステムズ
  105. 安川オートメーション・ドライブ
  106. 古河電気工業
  107. コニカミノルタ
  108. タイコ エレクトロニクス ジャパン
  109. キヤノンシステムアンドサポート
  110. 帝人
  111. シスコシステムズ
  112. ALSOK 綜合警備保障
  113. 関西ペイント
  114. シーメンスヘルスケア
  115. ソフトバンク
  116. 富士通マーケティング
  117. 野村総合研究所
  118. ニコンインステック
  119. ユニチカ
  120. 伊藤忠テクノソリューションズ
  121. みずほ銀行
  122. 三井住友銀行
  123. アズビル
  124. 岩崎電気
  125. 東洋インキ
  126. NECフィールディング
  127. 東京海上日動
  128. 富士通エフサス
  129. 東芝キヤリア
  130. 日立ビルシステム
  131. ヤンマーエネルギーシステム
  132. ミネベアミツミ
  133. デンカ
  134. 島津製作所
  135. JSR
  136. サーモフィッシャーサイエンティフィック
  137. 日立造船
  138. 日本HP
  139. 損保ジャパン日本興亜
  140. シスメックス
  141. 三井住友海上
  142. エア・ウォーター
  143. 東芝エレベータ
  144. 京セラドキュメントソリューションズ
  145. りそな銀行
  146. SCSK
  147. IIJ
  148. NISSHA
  149. あいおいニッセイ同和損保
  150. 神戸製鋼所
  151. 野村證券
  152. マクセルホールディングス
  153. 田淵電機
  154. みずほ証券
  155. 凸版印刷
  156. PHCホールディングス
  157. 大日本印刷
  158. オリックス
  159. 大和証券
  160. 三井不動産株式会社
  161. 三菱商事株式会社
  162. 株式会社竹中工務店
  163. 株式会社電通
  164. アクセンチュア株式会社
  165. スリーエム ジャパン株式会社
  166. 日揮ホールディングス株式会社
  167. 株式会社ビズリーチ
  168. エン・ジャパン株式会社
  169. 兼松株式会社
  170. 丸紅
  171. レーザーテック
  172. グローリー
  173. ニコン
  174. ニチコン
  175. ダイフク
  176. タクマ
  177. 昭和電工
  178. ニチアス
  179. ディスコ
  180. 東洋紡
  181. 日清紡
  182. 荒川化学工業
  183. エア・ウォーター
  184. ADEKA
  185. クラボウ
  186. サカタのタネ
  187. 日立建機
  188. オルガノ
  189. 古河機械金属
  190. 日機装
  191. 日本電子
  192. 新電元工業
  193. クリ二コ
  194. 日本光電
  195. 吉野石膏
  196. 理想科学工業
  197. 日本航空電子工業
  198. 昭和飛行機工業
  199. 日本無線
  200. ホーチキ

参考:https://japanbrand.jp/ranking/bb-ranking/bb2019-total.html

他にもたくさんの優良BtoB企業があります。
自分が行きたい業界のBtoB企業もぜひ探してみてください。

「就活の教科書」編集部 カン

 

年収の高いBtoB企業ランキング一覧

ここからは年収の高いBtoB企業ランキングを一覧形式でご紹介します。

「就活の教科書」編集部 カン

年収の高いBtoB企業ランキング一覧
  1. M&Aキャピタルパートナーズ 3109万円
  2. GCA 2063万円
  3. 日本商業開発 1921万円
  4. キーエンス 1839万円
  5. ヒューリック 1760万円
  6. 伊藤忠商事 1565
  7. 丸紅 1452万円
  8. 住友商事 1437万円
  9. 三井物産 1393万円
  10. 三菱商事 1386万円
  11. ショーボンドホールディングス 1375万円
  12. マーキュリアインベストメント 1373万円
  13. ストライク 1357万円
  14. 日本M&Aセンター 1353万円
  15. レーザーテック 1310万円
  16. 三菱地所 1273万円
  17. 三井不動産 1273万円
  18. 野村総合研究所 1235万円
  19. EPSホールディングス 1231万円
  20. ツナグ・ソリューションズサービス業 1230万円
  21. アイ・アールジャパンホールディングス 1225万円
  22. ファナック 1216万円
  23. 電通 1168万円
  24. ケネディクス 1160万円
  25. 双日 1154万円
  26. シグマクシス 1152万円
  27. 東京エレクトロン 1149万円
  28. ジャストシステム 1145万円
  29. 鹿島建設 1134万円
  30. 豊田通商 1100万円

(有価証券報告書より出典)

就活生に人気の5大総合商社は全てランクインしていますね。

年収の高い企業・業界に行きたい人は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 カン

 

ちなみに、人気企業から内定をもらいたいならスカウトサイトがおすすめです。

たとえば「OfferBox」は、プロフィール登録をするだけで、あなたの人柄に関心のある企業から直接オファーが届きます。

大手からベンチャー企業まで7,700社以上の中から、興味ある企業へすぐに選考を受けられますよ。

就活アドバイザー 京香

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

当サイトがおすすめするスカウトサイトは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

【おすすめ】有名BtoB企業ランキング5社

就活生くん

有名な優良BtoB企業はどのような企業があるのでしょうか?
優良BtoB企業の例を知りたいです。
わかりました。
それでは、優良BtoB企業の中でも有名な企業を5社紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 カン

有名なBtoB企業ランキング5社

有名BtoB企業①:ファナック
有名BtoB企業②:三菱重工
有名BtoB企業③:住友電気工業
有名BtoB企業④:古河電気工業
有名BtoB企業⑤:信越化学工業

それでは、知名度の高い有名なBtoB企業ランキング5社について、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 カン

 

有名BtoB企業①:ファナック

有名BtoB企業ランキング1社目は「ファナック」です。

ファナックはFA(工場の自動化)を軸として事業展開している企業で、他にもロボット・ロボマシンの事業を展開しています。

工場の自動化はこれからも需要が伸び続けていく分野なので、継続的な成長が見込めます。

とは言え、近年は国内・中国等の新参メーカーの台頭で競争が激しくなっているので、利益率が減少していく可能性があります。

ファナック社員は高い給与をモチベーションとしている人が多いので、給料が下がると崩壊しそうなのは怖いポイントですね。

企業名 ファナック
売上 5,082億円
経常利益 1,028億円
経常利益率 20.2%
従業員数 8,164人
平均年収 1,216万円
平均勤続年数 14.0年
平均残業時間 48.1h
有給消化率 71.3%
ファナックは年収も売上高も高く、優良BtoB企業となっています。

「就活の教科書」編集部 カン

 

有名BtoB企業②:三菱重工

有名BtoB企業ランキング2社目は「三菱重工」です。

三菱の重工部門を一定に担う事業部でしたが、2021年5月から日本電産に譲渡され、三菱グループではなくなりました。

とは言え、日本電産に譲渡されたのは三菱重工工作機械事業部の高い技術力を日本電産が欲しがったからです。

それだけ求められる技術力を持っている工作機械事業部は、今後も安定して成長を続けていきそうですね。

企業名 三菱重工(工作機械事業部)
売上 1兆8,665億円
利益 707億円
利益率 3.7%
従業員数 40,786人
平均年収 867万円
平均勤続年数 17.6年
平均残業時間 30.5h
有給消化率 52.5%
三菱重工も年収・売上高が高くなっていますね。

「就活の教科書」編集部 カン

 

有名BtoB企業③:住友電気工業

有名BtoB企業ランキング3社目は「住友電気工業」です。

住友電気工業は、鉄鋼・非鉄金属業界の売上ランキング1位で 、2019年度の売上高は3兆1,070億円となっています。

住友電気工業株式会社は大阪市北浜に本社を置く国内最大の非鉄金属メーカーです。

住友グループの中核企業であり、自動車関連製品、情報通信機器、電子部品、産業素材など幅広い事業を行っています。

海外展開が進んでおり、 アジア・アメリカ・欧州など、世界30数カ国に約350社を構えています。

商号 住友電気工業株式会社
本社所在地 大阪市中央区北浜4-5-33(住友ビル)
創業 1897(明治30)年4月
事業内容 自動車関連事業
情報通信関連事業
エレクトロニクス関連事業
環境エネルギー関連事業
産業素材関連事業
資本金 99,737百万円
売上高
(2020年3月期)
連結 3,107,027百万円
単独 1,149,030百万円
従業員数
(2020年3月末)
連結 283,910人
単独 6,020人
社長 井上 治
平均年収 808万円
住友電気工業は業界ではかなり有名なBtoB企業です。

「就活の教科書」編集部 カン

 

有名BtoB企業④:古河電気工業

有名BtoB企業ランキング4社目は「古河電気工業」です。

古河電気工業の2019年度の売上高は9,144億円です。

古河電工は日本の大手非鉄金属メーカーで、古河グループの中核企業です。

代表的な製品としては、電線や光ファイバーで、自動車用ワイヤーハーネスのは世界3位、光ファイバーのは世界2位のシェアとなっています。

また、古河電工は若い社員に様々な仕事を任せ、自由に意見を言える風土があります。

商号 古河電気工業株式会社
社長 小林 敬一
創業 1884年
設立 1896年6月25日
資本金
(2020年3月末)
69,395百万円
売上高
(2020年3月期)
  • 914,439百万円(連結)
  • 440,675百万円(単体)
従業員数
(2020年3月末)
  • 50,232名(連結)
  • 3,925名(単体)
本社 〒100-8322
東京都千代田区丸の内2丁目2番3号(丸の内仲通りビル)
平均年収 729万円
古河電気工業も業界内では有名なBtoB企業となっています。

「就活の教科書」編集部 カン

 

有名BtoB企業⑤:信越化学工業

有名BtoB企業ランキング5社目は「信越化学工業」です。

信越化学工業は、化学メーカーの中でも材料に特化している誘導品メーカーです。

また、自動車やPC、スマホなどに使われている半導体ウエハーでは、信越化学とSUMCOで世界シェア6割を占めています。

さらにグローバル化が進んでおり、売上の7割~8割が海外で売上です。

このように、信越化学は経営が安定しており、高年収で働きやすいホワイト企業になります。

企業名 信越化学紅葉
売上 約1.5兆円
従業員数 単独:約2800人/連結:約18000人
平均年収 約850万円
信越化学工業は、化学メーカーでトップシェアを持つ優良BtoB企業です。

「就活の教科書」編集部 カン

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

優良BtoB企業の探し方8つ

就活生くん

BtoB企業がたくさんあることはわかりました。
これから自分で探したいのですが、探し方がわかりません…
優良BtoB企業の探し方について教えて欲しいです。
ではここからは優良BtoB企業の探し方を解説していきます。

「就活の教科書」編集部 カン

優良BtoB企業の探し方
  • 探し方①:優良の基準を明確にする
  • 探し方②:インターネットや就職四季報を活用する
  • 探し方③:就活エージェントに相談する
  • 探し方④:業界地図を使う
  • 探し方⑤:逆求人サイトを使う
  • 探し方⑥:就活口コミサイトを使う
  • 探し方⑦:グローバルニッチ企業100選から探す
  • 探し方⑧:大学のキャリアセンターを使う
それぞれ順番に解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 カン

 

探し方①:優良の基準を明確にする

優良BtoB企業の探し方1つ目は、優良の基準を明確にすることです。

漠然と「いい企業ないかなあ」と探すのではなく、あらかじめ優良企業の基準を明確にしておくことで、条件に合う企業を効率的に見つけることができます。

優良企業の基準の例としては以下のようなものがあります。

優良企業の基準の例
  • 残業が少ない
  • 年収が高い
  • 離職率が低い
  • 経営が安定している
  • 有給取得率が高い
  • 社会貢献度が高い
  • 業界の成長性が高い など…
あなたの中で「これだけは譲れない」というような条件をリストアップしておくと、効率的に優良企業を見つけることができます。

「就活の教科書」編集部 カン

 

探し方②:インターネットや就職四季報を活用する

優良BtoB企業の探し方2つ目は、インターネットや就職四季報を活用することです。

なぜなら、マイナビやリクナビに求人が掲載されていないような優良企業を見つけられるからです。

特に中小企業などは大手の求人サイトには求人が掲載されていない場合が多いです。

インターネットを活用してまとめサイトを見たり、就職四季報などで情報を集めて、穴場の優良企業を見つけましょう。

就職四季報という就活生向けの本では、「有休取得数」や「残業時間」、「採用数」や「採用実績校」「業績」などがわかりやすくまとめられています。

就職四季報についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 カン

 

探し方③:就活エージェントに相談する

優良BtoB企業の探し方3つ目は、就活エージェントに相談することです。

就活エージェントはたくさんの企業の情報を持っています。

そのため、インターネットなどでは知ることのできないような企業の情報を入手できます。

自分で企業を調べた後に、就活エージェントに企業選びの軸や条件を提示して、自分に合っている企業がないか確認すると良いでしょう。

就活エージェントによっては、一般的な方法でエントリーするよりも有利に選考を進められることができるので、うまく活用しましょう。

就活エージェントについて詳しく知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 カン

 

探し方④:業界地図を使う

優良BtoB企業の探し方4つ目は「業界地図を使う」ことです。

日経新聞の記者が取材し、業界の今を1冊にまとめた信頼度の高い業界研究本です。

業界地図を使うことで、各業界の優良BtoB企業が把握できます。

優良BtoB企業に就職したい就活生なら、持っていても損はないです。

『日経業界地図』の商品情報

  • 定価:1320円
  • 出版社:日本経済新聞出版
日経業界地図 2021年版 (日本経済新聞出版)

日経業界地図 2021年版 (日本経済新聞出版)

1,188円(05/22 17:30時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
就活は情報勝負なので、様々な業界の様々な企業を頭に入れておくと、かなり役立ちます。

「就活の教科書」編集部 カン

 

探し方⑤:逆求人サイトを使う

優良BtoB企業の探し方5つ目は「逆求人サイトを使う」ことです。

逆求人サイトは、企業から就活生にオファーが来ます。

優良BtoB企業に就職したい方は、以下の3つに登録しておけば問題ありません。

同時に使うべき逆求人サイト3選
  • OfferBox
    ー オファーの質が良く、上場企業からもスカウトが来る
    ー 人気No.1、利用学生数125,000人
  • キミスカ
    ー オファーの量が多く、多様な企業からスカウトが来る
    ー かなり詳細な自己分析ができる
  • dodaキャンパス
    ー オファー受診率98%、大手企業からもスカウト
    ー 利用学生数35,6000人、企業数6,200社

 

逆求人サイトは、優良BtoB企業からオファーが来ることが多いです。

また、オファーが来た企業は、一部選考が免除されることもあるので、かなりおすすめです。

実際に僕も利用していますが、ほぼ毎日オファーが来ています。
また、書類選考免除やSPI免除、一次面接免除が多い印象です。
各サイトの評判や感想が知りたい就活生は、ぜひ以下の記事も読んでみてください。。

「就活の教科書」編集部 カン

 

探し方⑥:就活口コミサイトを使う

優良BtoB企業の探し方6つ目は「就活口コミサイトを使う」ことです。

就活口コミサイトとは、企業に勤める社員、元社員や就活生が、企業について個人の意見を投稿しているサイトです。

口コミサイトを使えば、人間関係・風通しの良さ・成長感など、サイトによって様々な情報が調べられ、優良BtoB企業なのかがわかります。

有名な口コミサイトは、以下の5つが挙げられます。

上記の5つのサイトを上手く活用しながら、優良BtoB企業を探してみてくださいね。

エンライトハウスの評判について知りたい就活生は、以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 カン

 

探し方⑦:グローバルニッチ企業100選から探す

優良BtoB企業の探し方7つ目は「グローバルニッチ企業100選から探す」ことです。

グローバルニッチトップ企業100選を見ると、世界市場のニッチ分野で勝ち抜いている企業がわかります。

さらに、そのほとんどが優良BtoB企業となっています。

そのため、優良企業BtoB企業を見つけたい就活生は、ぜひ「グローバルニッチトップ企業100選」から探してみてくださいね。

グローバルニッチトップ企業100選は、実際に僕も利用していましたが、様々な業界の優良BtoB企業を探せるのでかなりおすすめです。

「就活の教科書」編集部 カン

 

探し方⑧:大学のキャリアセンターを使う

優良BtoB企業の探し方8つ目は「大学のキャリアセンターを使う」ことです。

大学のキャリアセンターを使うことで、自分にあったBtoB企業を紹介してくれます。

また、企業の紹介だけでなく、説明会の紹介やESなどの添削も行ってもらえます。

そのため、自分に合った優良BtoB企業を探している就活生は、大学のキャリアセンターもぜひ利用してみてください。

大学のキャリアセンターに関する内容は以下の記事で解説しているので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 カン

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

BtoB企業が多い業界6選

ここからは「どういう企業がBtoB企業なの?」という方のために、BtoB企業が多い業界をご紹介します。

BtoB企業が多い業界としては以下のとおりです。

「就活の教科書」編集部 カン

BtoB企業が多い業界6選
  • 業界①:メーカー
  • 業界②:コンサルティング
  • 業界③:商社
  • 業界④:IT
  • 業界⑤:人材
  • 業界⑥:広告代理店
それぞれ順番に解説していきます。

「就活の教科書」編集部 カン

 

業界①:メーカー

BtoB企業が多い業界1つ目は、メーカーです。

メーカーは、素材や部品、製品や食品などを製造する業界です。

製造する製品に必要な原材料を仕入れ、製造を行い、卸売業者や小売業などへと納品します。

メーカーの代表企業としては以下のとおりです。

メーカーの代表企業
  • トヨタ
  • キーエンス
  • サントリー
  • 東レ
  • ユニ・チャーム
  • ブリヂストン
  • LIXILグループ
  • 任天堂
メーカーは製造業と言い換えることもでき、製品を作っている業界になります。

メーカー業界についてもっと知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 カン

 

業界②:コンサルティング

BtoB企業が多い業界2つ目は、コンサルティングです。

コンサルティングとは、「企業の様々な経営上の課題を明らかにし、解決する助言をする」ことを指します。

コンサルティングと一言で言っても以下のように様々な種類があります。

  • 戦略コンサルティングファーム
  • 総合系コンサルティングファーム
  • シンクタンク系ファーム
  • ITコンサルティングファーム
  • 組織人事系ファーム など…

コンサルティング業界の代表企業としては以下のとおりです。

コンサルティング業界の代表企業

外資系コンサル

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • ボストン コンサルティング グループ
  • ベイン・アンド・カンパニー
  • アクセンチュア
  • KPMGコンサルティング

日系コンサル

  • アビームコンサルティング
  • 野村総合研究所
  • ベイカレントコンサルティング
  • シグマクシス
  • 船井総合研究所
企業に対して課題解決をするのがコンサルティングファームの仕事です。 

「就活の教科書」編集部 カン

コンサル業界についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

 

業界③:商社

BtoB企業が多い業界3つ目は、商社です。

商社とは、輸出入貿易や国内における物資の販売を業務の中心にした業界です。

商社の中でも総合商社専門商社に分かれています。

取り扱う商品の種類や分野が広いのが総合商社で、特定の分野や商品に特化しているのが専門商社です。

商社の代表企業

総合商社

  • 伊藤忠商事株式会社
  • 三井物産株式会社
  • 住友商事株式会社
  • 三菱商事株式会社
  • 丸紅株式会社

専門商社

  • 三洋貿易
  • 阪和興業
  • メディパルホールディングス
  • アルフレッサホールディングス
  • 長瀬産業
就活生に大人気の商社はBtoB企業なんです。

「就活の教科書」編集部 カン

 

業界④:IT

BtoB企業が多い業界4つ目は、ITです。

IT業界は、情報通信産業と呼ばれており、IT業界の中でも以下の3つに分かれています。

インターネット系:インターネットを利用したサービスを提供している

通信サービス系:インターネット回線などの通信インフラを扱っている

情報処理系(SIer):企業向けの情報システムなどを開発・運用している

ソフトウェア系:さまざまな処理を行うソフトウェアを開発している

IT業界の代表企業としては以下のとおりです。

IT業界の代表企業

インターネット系

  • Google
  • Yahoo!
  • LINE

通信サービス系

  • NTTドコモ
  • ソフトバンク

情報処理系

  • 富士通
  • NEC
  • NTTデータ
  • 日立製作所

ソフトウェア系

  • Microsoft
  • オービック
成長速度の高いIT業界は、就活生にも人気な業界になっています。

IT業界についてもっと知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 カン

 

IT業界の優良企業やホワイト企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良IT企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいます。

就活生なら無料で利用できるので、「学歴に自信ないけど、内定がもらいやすいIT業界の優良企業に就職したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

>> レバテックルーキーを見てみる

 

業界⑤:人材

BtoB企業が多い業界5つ目は、人材です。

人材業界とは、企業と人をつなぐ業界です。

人材業界は事業内容により以下の4つに分かれています。

  • 人材紹介:企業と求職者の仲介を行い、双方のマッチングをする
  • 人材派遣:派遣会社に登録している求職者を企業に派遣する
  • 求人広告:企業の求人情報を自社メディアに掲載し、求職者に情報提供する
  • 人材コンサルティング:企業の人事戦略などに関するコンサルティングをする

人材業界の代表企業としては以下のとおりです。

人材業界の代表企業

人材紹介

  • リクルートキャリア
  • パーソルキャリア

人材派遣

  • リクルートスタッフィング
  • パソナグループ

求人広告

  • マイナビ
  • レバレジーズ

人材コンサルティング

  • リンクアンドモチベーション
  • リクルートマネジメントソリューションズ
人材業界のあらゆる分野でトップシェアを誇る「リクルート」は就活市場においても超人気企業です。

「就活の教科書」編集部 カン

 

業界⑥:広告代理店

BtoB企業が多い業界6つ目は、広告代理店です。

広告代理店とは、広告を扱う業界です。

広告代理店には以下の3つの種類があります。

  • 総合広告代理店:テレビや新聞、ラジオ、雑誌などを中心に幅広い種類の広告を取り扱う
  • 専門広告代理店:一つのメディアに特化して広告を取り扱う
  • ハウスエージェンシー:広告代理店の中のー部門が独立したような役割を持つ

広告代理店の代表企業としては以下のとおりです。

広告代理店の代表企業

総合広告代理店

  • 電通
  • 博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ
  • ADKホールディングス

専門広告代理店

  • サイバーエージェント
  • オプト

ハウスエージェンシー

  • JR東日本企画(jeki)
  • 東急エージェンシー
華やかなイメージのある広告業界ですが、その中でも3種類あります。

業界研究をまだあまりできていない方は、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 カン

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

BtoB企業に就職するメリット3つ

就活生くん

就活でBtoB企業に就職しようか迷っているんだけど、実際働くってなるとどうなんだろう…。
分かりました。

では、BtoB企業に就職するメリットとデメリットを解説します。

「就活の教科書」編集部 カン

BtoB企業に就職するメリット3つ
  • メリット①:経営の安定性が高い
  • メリット②:内定が取りやすい
  • メリット③:年収が比較的高い
まずはメリットから順番に解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 カン

 

メリット①:経営の安定性が高い

BtoB企業に就職するメリット1つ目は、経営の安定性が高いことです。

BtoBは企業間取引のため一件当たりの取引額が高く、一度受注が決まれば長期間にわたって発注することが多いです。

そのため、BtoB企業はBtoC企業に比べて経営の安定性が高いことが1つ目のメリットとして挙げられます。

いつ潰れてしまうか分からない会社で働くよりは、安定した会社で働く方が安心ですよね。

「就活の教科書」編集部 カン

 

メリット②:ワークライフバランスが良い

BtoB企業に就職するメリット2つ目は、ワークライフバランスが良いことです。

BtoB企業は企業を相手に取引を行うため、カレンダー通りに休日が設定されていることがほとんどです。

そのため、仕事と休日のメリハリをつけて生活することができます。

逆にBtoC企業はBtoBに比べて、休日が平日に設定されていることが多いです。

「就活の教科書」編集部 カン

 

メリット③:年収が比較的高い

BtoB企業に就職するメリット3つ目は、年収が比較的高いことです。

BtoBは企業間取引のため一件当たりの取引額が高く、一度受注が決まれば長期間にわたって発注することが多いです。

また費用の掛かるテレビCMなどでこまめに宣伝を行う必要がないため、その分BtoC企業よりも社員に利益を還元することができます。

年収が高いことで有名なキーエンスや総合商社などもBtoB企業にあたります。

余計な費用がかからず、さらに取引額が高額なため高給になりやすいです。 

「就活の教科書」編集部 カン

年収が高い企業や業界についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

BtoB企業に就職するデメリット3つ

就活生くん

BtoB企業で働くといろんなメリットがあるんですね!

逆にデメリットってあるんですか?

もちろんあります。

では次にBtoB企業に就職するデメリットをご紹介します。

「就活の教科書」編集部 カン

BtoB企業に就職するデメリット3つ
  • デメリット①:企業の知名度が低い
  • デメリット②:新規開拓の難易度が高い
  • デメリット③:事業内容が分かりづらい
それぞれ順番にご説明していきます。 

「就活の教科書」編集部 カン

 

デメリット①:企業の知名度が低い

BtoB企業に就職するデメリット1つ目は、企業の知名度が低いことです。

BtoB企業は企業と取引を行うため、消費者などに広告を打つ必要がありません。

そのため、BtoC企業と比べると知名度は低くなってしまいます。

知名度の低いということは、有名企業に比べて狙いやすいと言えます。

隠れ優良企業に就職したい方は以下の記事でまとめられているので参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 カン

 

デメリット②:新規開拓の難易度が高い

BtoB企業に就職するデメリット2つ目は、新規開拓の難易度が高いことです。

BtoB企業は企業間取引のため、一つの案件が受注されるまでの期間が長く難易度が高いです。

なぜなら、BtoB企業の営業は担当者と関係構築しながら、徐々に影響力の大きな方を紹介してもらい、最終的に決裁者のOKをもらう必要があります。

そのため、最終的な受注までに複数の担当者からの承諾をもらう必要があり、新規開拓の難易度が高いと言えます。

「市場価値の高いビジネスマンに成長したい」という方にとっては、新規開拓の難度が高いことはメリットにもなります。

「就活の教科書」編集部 カン

 

デメリット③:事業内容が分かりづらい

BtoB企業に就職するデメリット3つ目は、事業内容が分かりづらいことです。

BtoB企業が行うビジネスは我々消費者と直接関わることがありません。

そのため、身近なBtoC企業に比べるとBtoB企業の事業内容はイメージしづらいです。

たしかにBtoB企業ってどんな事業を行っているのかわかりません…。

人事さん

そうですよね。

その場合はこの記事で紹介している「BtoB企業が多い業界6選」を見てみてください。

「就活の教科書」編集部 カン

 

企業研究をする上で知っておきたい企業の特徴や会社の制度をまとめました。

もし気になる制度やランキングがあれば、各記事を読むことができるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

【企業の方へ】当サイトへの情報掲載について

企業様向け 広告掲載のお問い合わせ

当サイト「就活の教科書」では、100以上の就活サービス1000社以上の企業情報を掲載しています。

サービス掲載・企業掲載のご希望や、情報修正のご依頼などありましたら、下記リンクよりお気軽にお問い合わせください。

「就活の教科書」への問い合わせはこちら

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:BtoB企業で働くのはおすすめ

この記事では「BtoB企業で働くのは実際どうなのか」について解説しましたがいかがでしたか。

BtoB企業で働くと、年収やワークライフバランス、経営の安定性など様々なメリットがあります。

今回理解した内容をぜひ企業選びに役立ててくださいね。

それでは、今回の内容を簡単にまとめておきますね。

この記事のまとめ

◆BtoB企業で働くって実際どうなの?

 

◆BtoB企業ランキング一覧まとめ

  • 優良BtoB企業ランキング一覧
  • 年収の高いBtoB企業ランキング一覧

 

◆BtoB企業が多い業界6選

  • 業界①:メーカー
  • 業界②:コンサルティング
  • 業界③:商社
  • 業界④:IT
  • 業界⑤:人材
  • 業界⑥:広告代理店

 

◆優良BtoB企業の探し方3つ

  • 探し方①:優良の基準を明確にする
  • 探し方②:インターネットや就職四季報を活用する
  • 探し方③:就活エージェントに相談する

 

◆BtoB企業に就職するメリット3つ

  • メリット①:経営の安定性が高い
  • メリット②:ワークライフバランスが良い
  • メリット③:年収が比較的高い

 

◆BtoB企業に就職するデメリット3つ

  • デメリット①:企業の知名度が低い
  • デメリット②:新規開拓の難易度が高い
  • デメリット③:事業内容が分かりづらい

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたの就職活動に少しでもお力になれれば嬉しく思います。

他にも「就活の教科書」ではたくさんの記事を掲載しています。

ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 カン