>> 就活に役立つおすすめサイトまとめました <<

【新卒は何歳まで?】新卒の年齢制限と就活の実態 | 留年が不利になるのかも解説

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事で分かること
  • 新卒とは大学・大学院を卒業して3年以内を指す
  • 新卒に年齢制限はない
  • 新卒の年齢差を就職活動で聞かれた時の回答例文
  • 留年した新卒は就活で不利にならない
  • 公務員の新卒の年齢制限は基本的に30歳未満

こんにちは!「就活の教科書」編集部の実来です。

この記事では「新卒は何歳までなのか」について解説します。

就活生のみなさんの中で「浪人/留年/休学をしてるけど新卒として採用してもらえるかな?」と疑問に思っている人はいませんか?

「就活の教科書」編集部 実来

就活生くん

僕は2年間浪人をしているのですが就活で不利になるのか不安です。

就活生ちゃん

私も留学のために休学をしたのですが、就活に影響が出るのか知りたいです。

確かに浪人や留年・休学が就職活動に不利になるのか知りたい就活生はたくさんいると思います。

「就活の教科書」編集部 実来

そこでこの記事では、「新卒は何歳までなのか」について解説します。

併せて、新卒の年齢制限について、新卒の年齢差を面接で聞かれた時の回答例文について解説します。

また、留年した新卒は年齢や就活で不利になるのか、年齢が第二新卒(26歳)以上の就活の実態、公務員の新卒制限についても解説していきます。

最後に、新卒の年齢に関するよくある質問について解説していきます。

「新卒って何歳までなのかな?」「年齢で就活に不利になることはあるのかな?」という疑問を持つ就活生はぜひこの記事を最後まで読んで参考にしてください。

 

 

そもそも、新卒とは?

就活生くん

そもそも新卒ってどのような人を指すのでしょうか?

第二新卒と新卒の違いが分かりません。

新卒って当たり前のように使う言葉ですが、新卒の定義ってそもそも知らない人が多いと思います。

そこで、今からそもそも新卒とは?第二新卒・既卒との違いとは?について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

第二新卒・既卒との違いは?

新卒は、大学や専門学校、高校などを今年度中に卒業する学生を表す用語です。

しかし、企業によっては、学校の卒業後3年以内であれば新卒として見ている企業が多いです。

第二新卒は、一般的に学校を卒業後、正社員で就職したものの、3年以内に辞めて就職活動をする20代の若者のことを指します。

既卒は、学校を卒業後、正社員に就職した経験がない20代の若者を指します。

すなわち、未経験・職歴なしの人やフリーター・派遣社員の人などは既卒扱いになります。

既卒かつ新卒ということができる人もいるということが分かります。

また、企業によっては企業に就職して4年以降の人のことも第二新卒と呼んだりします。

第二新卒は一般的なビジネススキルを持っているので、近年就職市場での需要が高まっています。

「就活の教科書」編集部 実来

 

【年齢制限ある?】新卒の年齢は何歳まで?

就活生ちゃん

そもそも新卒とは何かについて理解が深まりました。

新卒って年齢制限はあるのでしょうか?

分かりました!今から、新卒の年齢制限について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

結論:新卒の年齢制限はない

結論から言うと新卒に年齢制限はありません。

ストレートに大学を卒業していると新卒は22歳になります。

しかし、大学院に進学して博士課程まで進むと27歳になります。

そのため、人によって卒業する年齢はバラバラになるため、年齢制限はないと言えそうです。

先程も説明したように新卒は、大学や大学院を卒業してから3年以内の人を指すので、年齢制限はありません。

次に、新卒の年齢の実態について2つのことを解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

実態①:新卒の年齢が何歳までかは企業によって異なる

新卒の年齢制限に関する実態の1つ目は、新卒の年齢が何歳までかは企業によって異なることです。

先程、新卒の年齢制限はないと説明しました。

しかし、企業によっては年齢制限がある会社もあります。

そのため、大学院生で年齢が気になる人は、説明会などで年齢制限があるのか聞いてみましょう。

企業規模や業種によっても新卒の定義は変わるので調べるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 実来

 

実態②:浪人や留年しても卒業3年以内であれば新卒扱い

新卒の年齢制限に関する実態の2つ目は、浪人や留年しても卒業3年以内であれば新卒扱いであることです。

例えば1年浪人して1年留年して大学院で就職する人は、26歳になりますが新卒扱いになります。

さらに、先ほども説明したように卒業3年以内であれば既卒であっても新卒扱いとなります。

しかし、浪人や留年しても新卒扱いにはなりますが、就活で不利になる可能性もあるので気を付けてください。

浪人や留年をしたら、就活で不利になるのかはこの記事で後で解説してきます!

「就活の教科書」編集部 実来

 

注意点:卒業すると既卒になる

新卒の年齢制限で注意点は、卒業すると既卒になることです。

就職浪人などして卒業して1年後などに就職する際は既卒となります。

すなわち卒業して3年以内は、新卒であるが既卒でもあるという状態になるということです。

既卒になった場合も就活に影響が出る場合があるので、注意してください。

既卒についてより詳しく知りたいという就活生は以下の記事を参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 実来

 

新卒の年齢差を面接で聞かれた時の回答例文

就活生ちゃん

新卒の年齢制限がないことを知って安心しました!

もし、新卒との年齢差を聞かれた時はどうやって答えればいいのでしょうか?

分かりました!今から、新卒の年齢差を面接で聞かれた時の回答例文を3つの場合に分けて紹介します。

「就活の教科書」編集部 実来

新卒の年齢差を面接で聞かれた時の回答例文
  • 例文①:大学で留年した場合
  • 例文②:大学受験で浪人した場合
  • 例文③:大学で休学した場合

 

例文①:大学で留年した場合

新卒の年齢差を面接で聞かれた時の回答例文1つ目は、大学で留年した場合です。

大学で留年した場合は、なぜ留年したのかを明確に述べるようにしましょう。

例えば、部活や長期インターンシップに没頭して留年してしまったなどです。

もし、学業をさぼって留年したのであれば、留年という失敗によって学んだことを述べるようにしましょう。

もし、何か夢中になれるものがあって留年したのであれば、1年の留年では就活に影響が出ることはさほど無いようです。

留年した理由の答え方については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 実来

 

例文②:大学受験で浪人した場合

新卒の年齢差を面接で聞かれた時の回答例文2つ目は、大学受験で浪人した場合です。

大学受験で浪人した場合は、どうしても目標としていた大学をあきらめることができなかったと伝えることで粘り強さをアピールすることができます。

大学受験は志望度を下げることもできますが、あえて浪人を選んだ理由を明確にするようにしましょう。

また、大学受験の失敗で学んだことも伝えられるようにしましょう。

浪人した場合も一年遅れている分にはあまり就活に影響は出ないようです。

「就活の教科書」編集部 実来

 

例文③:大学で休学した場合

新卒の年齢差を面接で聞かれた時の回答例文3つ目は、大学で休学した場合です。

大学で休学した場合は、目的があって休学している人が多いはずです。

そのため、なぜ休学していたのかという理由だけではなく、何をしていたのかエピソードを話せるようにしましょう。

また、留年や浪人と同じく休学して何を得たのか学んだことを話せるようにしておきましょう。

休学は就活で有利に働く可能性もあるので、聞かれた時にしっかりと答えられるように対策しておきましょう。

休学した時の就活への影響について、もっと詳しく知りたいという就活生は以下の記事を参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 実来

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

新卒の年齢早見表

就活生くん

新卒の年齢差を面接で聞かれた時の回答例文について詳しく知ることができました。

新卒の年齢について、一目でわかるものはありませんか?

そうですね、今から新卒の年齢早見表について紹介します。

「就活の教科書」編集部 実来

 

新卒の年齢早見表
小学校入学 6歳
小学校卒業 12歳
中学校入学 12歳
中学校卒業 15歳
高校入学 15歳
高校卒業 18歳
大学入学 18歳
大学卒業 22歳

基本的には22歳で新卒になりますが、浪人や留年をした場合その分だけ遅れた年齢となります。

「就活の教科書」編集部 実来

 

留年した新卒は年齢や就活で不利になるの?

就活生ちゃん

新卒の年齢早見表で新卒の年齢が分かりました。

留年した新卒は年齢や就活で不利になるのですか?

留年したら就活に影響があるのか気になりますよね。

今から、留年した新卒は年齢や就活で不利になるのか解説します。

「就活の教科書」編集部 実来

 

結論:留年したからといって就活で不利になるわけではない

まず結論からいうと、留年したからといって就活で不利になるわけではないです。

以下で、その理由と注意点について解説していきます。

留年したからといって就活は不利にならないので、留年した経験のある就活生は安心してください!

「就活の教科書」編集部 実来

 

理由:留年しても就職できた人はたくさんいるから

留年したからといって就活が不利にならない理由は、留年しても就職できた人はたくさんいるからです。

以下は、留年しても就職できた人の声です。

留年しても就職できた人は、たくさんいることが分かりますね!

「就活の教科書」編集部 実来

 

注意点:留年をした理由をしっかりと答えられれば問題ない

最後に、留年をした新卒が就職活動をする時の注意点を解説していきます。

注意点は、留年した理由をしっかりと答えられれば問題ないということです。

上記で説明したように、何かに一生懸命取り組んで留年してしまったことを伝えるようにしましょう。

また、その際に学んだことやその際に体験して社会人生活で役立ちそうな経験なども話せるようにしましょう。

留年しても基本問題ないですが、何年も留年してしまうと就活に影響が出るようなので注意しましょう。

「就活の教科書」編集部 実来

 

年齢が第二新卒(26歳)以上の新卒の就活実態

就活生くん

留年しても新卒で就職は不利にならないことが分かりました。

もし、年齢が第二新卒の年齢にあたる26歳以上の場合の就活の実態を知りたいです。

分かりました!今から、年齢が第二新卒(26歳)以上の新卒の就活実態を2つ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

年齢が第二新卒(26歳)以上の新卒の就活実態
  • 実態①:建前では新卒扱いをされる
  • 実態②:実際の就活では難易度が高い

 

実態①:建前では新卒扱いをされる

年齢が第二新卒(26歳)以上の新卒の就活実態の1つ目は、建前では新卒扱いをされることです。

先程も説明したように新卒の定義は、大学や専門学校、高校などを今年度中に卒業する学生で、会社によっては卒業して3年以内の人を指します。

そのため、26歳であっても大学をまだ卒業していなかったり、まだ未就職であれば新卒として扱われます。

しかし、会社によっては新卒の年齢制限があり、新卒と扱われない可能性もあるので注意してください。

新卒の年齢制限は理系と文系でも大きく異なります。

「就活の教科書」編集部 実来

 

実態②:実際の就活では難易度が高い

年齢が第二新卒(26歳)以上の新卒の就活実態の2つ目は、実際の就活では難易度が高いことです。

26歳は第二新卒の年齢にあたります。

そのため、同じ年齢で就職経験があり基本的なビジネススキルがある第二新卒と、一回も働いた経験の無い新卒とでは、企業からの需要は圧倒的に第二新卒の方が高いです。

また、26歳で大学を卒業する人は、何年か留年したり浪人していることが多いです。

企業も年齢でフィルタリングする可能性があるようです。

ただし、理系で博士課程まで進学した場合は例外であることが多いようです。

「就活の教科書」編集部 実来

 

公務員の新卒は何歳まで?

就活生ちゃん

年齢が第二新卒以上の新卒の就活の実態について知ることができました。

私は公務員志望なのですが、公務員の新卒は何歳までなのでしょうか?

分かりました!

今から公務員の新卒は何歳までかを解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

民間企業に就職したことのない人が公務員試験を受けることができる年齢制限は基本的に30歳未満です。

しかし、地方公務員などは都道府県別にみると、上限は29歳から36歳と地域によって違うようです。

また、国家公務員・地方公務員・警察消防士などの職業によっても異なります。

さらに、民間企業で就職経験のある人は40歳くらいまで採用がある場合もあるようです。

近年は公務員の採用でも年齢よりも能力が重視される傾向があるようです。

「就活の教科書」編集部 実来

 

新卒の年齢は何歳までなのかに関するよくある質問

就活生くん

公務員の新卒の年齢制限について理解しました!

僕は、新卒で年齢が30歳なのですが、やはり就活で不利になりますよね。

就活生ちゃん

私は一年浪人して大学院に進学したので25歳で新卒になりますが、就職で不利になることはありますか?

そのような疑問に答えるために、今から新卒の年齢は何歳までなのかに関するよくある質問について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

新卒の年齢は何歳までなのかに関するよくある質問
  • 質問①:新卒で年齢が25歳や26歳は大丈夫なの?
  • 質問②:年齢が30歳の新卒は就活で不利になる?

 

質問①:新卒で年齢が25歳や26歳は大丈夫なの?

新卒の年齢は何歳までなのかに関するよくある質問の1つ目は、新卒で年齢が25歳や26歳は大丈夫なの?です。

25歳や26歳の新卒は就活で不利になりやすいです。

先程も説明したように新卒で年齢が25歳や26歳であれば、第二新卒の年齢にあたります。

そのため、企業ではより即戦力である第二新卒を優先的に採用することが考えられます。

結果として、同じ年齢であればビジネススキルの無い新卒は就活で不利になります。

ただし、理系で大学院に進学した場合や博士課程まで進んだ場合は例外であることも多いです。

大学院に進学した学生は、専門性があると考えられているので、即戦力として採用されます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

質問②:年齢が30歳の新卒は就活で不利になる?

新卒の年齢は何歳までなのかに関するよくある質問の2つ目は、年齢が30歳の新卒は就活で不利になる?です。

結論として年齢が30歳の新卒は就活で不利になります。

なぜなら、30歳で就職したことがなくビジネススキルも無い人は就職市場では需要が低いです。

しかし、海外の大学院で勉強していたなど特別なスキルがある場合など、ごくわずかですが例外もあります。

やはり年齢が高くなるほど、就職市場での価値は低くなります。

「就活の教科書」編集部 実来

 

まとめ:何歳までの年齢が新卒なのかを把握しておこう

本記事「【新卒は何歳まで?】新卒の年齢制限と就活の実態 | 留年が不利になるのかも解説」はいかがだったでしょうか?

「新卒は何歳までなのだろう」と不安に思っている就活生の参考になれば幸いです。

この記事では、新卒は何歳までかを中心に解説しました。

併せて、そもそも新卒とはについて、新卒の年齢制限について、新卒の年齢差を面接で聞かれた時の回答例文について解説しました。

また、留年した新卒は年齢や就活で不利になるのか、年齢が第二新卒(26歳)以上の就活の実態、公務員の新卒制限についても解説しました。

この記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

そもそも、新卒とは?

  • 第二新卒・既卒との違いは?

【年齢制限ある?】新卒の年齢は何歳まで?

  • 結論:新卒の年齢制限はない
  • 実態①:新卒の年齢が何歳までかは企業によって異なる
  • 実態②:浪人や留年しても卒業3年以内であれば新卒扱い
  • 注意点:卒業すると既卒になる

◆新卒の年齢差を面接で聞かれた時の回答例文

  • 例文①:大学で留年した場合
  • 例文②:大学受験で浪人した場合
  • 例文③:大学で休学した場合

新卒の年齢早見表

留年した新卒は就活で不利になるの?

  • 結論:浪人したからといって就活で不利になることはない
  • 理由:留年しても就職できた人はたくさんいるから
  • 注意点:留年した理由をしっかりと答えられれば問題ない

年齢が第二新卒(26歳)以上の新卒の就活実態

  • 実態①:建前では新卒扱いをされる
  • 実態②:実際の就活では難易度が高い

公務員の新卒は何歳まで?

新卒の年齢は何歳までなのかに関するよくある質問

  • 質問①:新卒で年齢が25歳や26歳は大丈夫なの?
  • 質問②:年齢が30歳の新卒は就活で不利になる?