>> 【20卒向け】年内に内定を獲得するには <<

【内定者が教える】エントリーシートの自由記述の書き方5ステップと注意点3つ

エントリーシート自由記述

こんにちは!「就活の教科書」編集部の松村です。

この記事では、エントリーシートの自由記述欄についてまとめました。

「就活の教科書」編集部 松村

就活生ちゃん

エントリーシートの自由記述って何を書けばいいかわかりません。

そもそも書く意味ってあるんですか?

就活生くん

エントリーシートの自由記述欄に悩まされてます。

書き方とかないんですか?

そんなあなたにこの記事では、エントリーシートの自由記述の書き方とその注意点を紹介します。

加えて、そもそもエントリーシートの自由記述欄がある意味から説明しています。

「何を書けばいいかわからない方」「どういう書き方をしようか迷っている方」は、この記事を読めばスラスラと自由記述が書けるようになります。

ぜひ最後まで読んでください。

エントリーシートの自由記述欄がある意味

就活生ちゃん

そもそも、エントリーシートの自由記述が何のためにあるんですか?

自由記述でもエントリーシートに書く以上、当然その後の選考に影響があります。

エントリーシートの自由記述欄がある意味から確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

企業はエントリーシートの自由記述欄で就活生の「志望度」と「適性」を見ようとしています。

エントリーシートの志望動機や自己PRなどでも志望度と適性を図ることはできます。

しかし、自由記述欄は書き方の自由度が高いので、より個性的な回答が期待できます。

そのため、評価が高い人と低い人ではっきり分かれてしまいます。

エントリーシートの自由記述欄をしっかり書いて、高い評価を獲得しましょう。

では、どのようにして企業は、志望度と適性を測っているのでしょうか?

志望度と適性を1つずつ説明していきます。

「就活の教科書」編集部 松村

 

志望度を評価

エントリーシートの自由記述欄を設けることで、企業は就活生の志望度を評価しています。

なぜ自由記述欄で就活生の志望度が評価できるかというと、自由記述欄を埋めるのが面倒だからです。

面倒だからこそ、しっかり書いていれば高く評価してもらえます。

 

就活生の中には何も書かないで提出する人もいます。

エントリーシートの自由記述欄を空欄で提出するのは、絶対にやめましょう。

何も書かないことは、志望度が低いことを意味します。

自己PRでも趣味でも何かを書いて提出しましょう。

僕も一度、自由記述欄を空白で提出しようとしたことがあります。

人事の方に何か書くべきだとアドバイスをいただき、その場で書き足して提出しました。

「就活の教科書」編集部 松村

 

適性を評価

エントリーシートの自由記述欄では、就活生と企業の適性も評価されています。

企業は就活生の人間性をもとに適正があるかを評価しています。

自由記述は決まった形がなく、就活生の持つ人間性の違いが顕著に現れます。

そのため、企業が就活生の人間性を知るには、とても効果的な質問なのです。

 

自己PRや学チカなどの頻繁に訊かれる質問には、ある程度決まった書き方があります。

人事は「決まった書き方に沿って書けているか」を一つの基準にしています。

しかし、自由記述欄の書き方には、決まった形がありません。

そのため、就活生が各々の人間性を発揮するチャンスが与えられているのです。

就活生が自由記述欄を書く目標は、「読み手の印象に残り、ぜひ話を聞いてみたいと思わせること」になります。

「就活の教科書」編集部 松村

 

エントリーシートの「自由記述欄」はここが自由!

就活生ちゃん

「エントリーシートの自由記述欄」と言っていますが、いったい何が自由なんですか?

エントリーシートの自由記述欄の「自由」とは、「内容」と「表現方法」の2つの意味があります。

内容と表現方法とはそれぞれ何なのか、説明していきます。

 

内容が自由

自由記述欄の自由という言葉の意味の一つは、内容の自由です。

内容の自由とは、自分を表現するために、普通のエントリーシートでは訊かれないような内容を書くことができるという意味です。

しかし、一般的な就活生がエントリーシートの自由記述欄に書く内容は、志望動機や自己PR、学チカなどの「他の企業に書いていたこと」、かつ、「まだ質問されていないこと」です。

ただ、「いつものエントリーシートに書く内容では自分を表現できない、」という就活生は、自分を表現しやすい内容を書くことをおすすめします。

例えばこのようなことを書く就活生もいます。

  • 座右の銘
  • 尊敬する人
  • 趣味
  • 印象的な経験

座右の銘や尊敬する人を書くのであれば、「そこから何を学び、生活にどう生かしているか」まで書くと読み手に人間性が伝わり高く評価されます。

僕は他社では言わない「もう一つの自己PR」を書いていました。

「就活の教科書」編集部 松村

 

表現方法が自由

自由記述欄の自由という言葉の意味のもう一つは、表現方法の自由です。

自由記述以外の質問では、文章でしか表現することができませんでした。

しかし、自由記述欄では文章以外にも、絵や写真、色など「読み手の視覚に訴えられる」表現方法を使用できます。

 

読み手は、文章よりも絵や写真のほうが素早く情報を理解することができます。

絵や写真は、読み手の「読む」という面倒を省いているからです。

絵や写真を上手く組み込めると、文章だけの自由記述欄よりもわかりやすいエントリーシートになるはずです。

絵や写真が得意な人には、腕の見せ所になるのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 松村

就活生ちゃん

なるほど!

自由にもいろいろあるんですね。

ところで、実際にはどうやって書けばいいんですか?

エントリーシートに自由記述欄がある意味がわかったところで、次に自由記述の書き方を解説していきます。

「就活の教科書」編集部 松村

 

エントリーシートの自由記述の書き方

エントリーシートの自由記述欄には面接で質問してほしい内容を書きましょう。

読み手の印象に残り、「この人の話を聞いてみたい」と思わせることを目指してください。

 

エントリーシートの自由記述に書くのは、そのエントリーシートに書いていないエピソードが好ましいです。

ただ、アピールしている自分の人間性には一貫性を持たせる必要があります。

他の項目でアピールしたことを別のエピソードで語ると非常に説得力のあるエントリーシートになります。

何をどのようにアピールするか、就活生の手に委ねられているのが、自由記述欄です。

自由って逆に難しいですよね。

僕も自由記述欄には苦労しました。

「就活の教科書」編集部 松村

 

自由記述欄の具体的な書き方5ステップ

就活生ちゃん

自由記述は自由なのでどうやって書いたらいいかわからないです。

もっと具体的な書き方ってないんですか?

具体的な書き方、わからないですよね。

では、自由記述欄の書き方を5つのステップに分けて説明します。

「就活の教科書」編集部 松村

自由記述欄の書き方を具体的なステップにまで落とし込むと、5つのステップに分けることができます。

具体的な書き方が必要な方は、一緒に考えてみましょう。

  1. 何を伝えるか決める
  2. どうやったら伝わるか考える
  3. 書く内容と表現方法を決める
  4. 下書き
  5. 本番
志望動機や自己PRなどすでに完成しているものを書くときは、具体的なステップを踏まずに書いてもらって構いません。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ステップ①:どんな人間性を伝えるか決める

自由記述欄の具体的な書き方のステップ1つ目は、「どんな人間性を伝えるか決める」です。

アピールする人間性は人によって異なるので、独自性のあるものにしましょう。

そして完成形の理想としては、「人間性」と「入社後の活かし方」を明確に人事にイメージさせられるものがよいです。

ただ枠を埋めるだけではもったいないのできちんと考えましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ステップ②:どうやったら伝わるか考える

自由記述欄の具体的な書き方のステップ2つ目は、「どうやったら伝わるか考える」です。

仮でもいいので、絵や写真を使うか、文章だけにするか、など構成を決めておきましょう。

伝え方も人によって得意な分野があるはずです。

自分の得意な構成で自由記述欄を書きましょう。

無理に絵や写真を使う必要はありません。

デザイン性を必要とする業界は、百聞は一見に如かずということで、絵や写真を使ったほうがいいかもしれません。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ステップ③:書く内容と表現方法を決める

自由記述欄の具体的な書き方のステップ3つ目は、「書く内容と表現方法を決める」です。

文章や絵・図など実際に書く内容を決めましょう。

実際に書く内容なので、文字数や大きさまで考えてください。

自由記述欄はエントリーシートの最後の記入欄の場合が多いです。

最後まで手を抜かずに考えましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ステップ④:下書きする

自由記述欄の具体的な書き方のステップ4つ目は、「下書きする」です。

手書きのエントリーシートなら、別の紙に下書きしたほうがいいです。

下書きする目的は、「文字数が多すぎないか確認するため」と「イラストを失敗しないようにするため」です。

下書きをして文字数やイラストの大きさを調整しましょう。

鉛筆など消せるもので書きましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ステップ⑤:本番を書く

自由記述欄の具体的な書き方のステップ5つ目は、「本番を書く」です。

下書きをして調整が終わったら、本番を書きましょう。

これでエントリーシートの自由記述欄の完成です。

5つのステップを踏んだことで簡単に自由記述欄が書けるはずです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

エントリーシートの自由記述を書くときの注意点3つ

自由記述欄の書き方を5つのステップに分けて説明してきましたが、自由だからといって何でも書いていいというわけではありません。

自由記述でも好き勝手に書いているとマイナスな評価を受けます。

それでは、自由記述欄を書くときの注意点を説明していきます。

自由記述を書くときの注意点はこの3つです。

  • 文字は見やすく
  • ネガティブになりそうなことは書かない
  • 絵や写真、色を使ってよいか確認する

最後にマイナスの評価を受けてエントリーシートを水の泡にしたくないですよね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

注意点①:文字は見やすく

自由記述欄を書くときの注意点1つ目は、「文字は見やすく」です。

書くのが楽しくなってきて、つい自由記述を書きすぎてしまう就活生がいます。

たくさんの情報を伝えたいのはわかりますが、文字が小さすぎると読みづらくなり、逆に伝わらなくなります。

下書きのときにしっかり確認しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

注意点②:ネガティブなことは書かない

自由記述欄を書くときの注意点2つ目は、「ネガティブなことは書かない」です。

書いている本人はネガティブなことを書いているつもりではなくても、読み手からするとマイナスな印象になるものがあります。

例えばギャンブルやお酒などです。

新卒の学生ならではのフレッシュなイメージを忘れないようにしましょう。

一度、友達や先輩に観てもらうといいです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

注意点③:絵や写真、色を使ってよいか確認する

自由記述欄を書くときの注意点3つ目は、「絵や写真、色を使ってよいか確認する」です。

企業によっては文章でしか自由記述を書いてはいけないところもあります。

仕事内容にデザイン性が求められる企業なら絵や写真は効果的ですが、そうでない企業はWebサイトや企業の人事に確認しはほうがいいです。

慎重になって損はありません。

「就活の教科書」編集部 松村

 

まとめ:エントリーシートの自由記述に本性が現れる!

いかがだったでしょうか?

この記事ではエントリーシートの自由記述欄の書き方5ステップと注意点3つを紹介しました。

さらに、自由記述欄がある意味から理解できたはずです。

簡単にまとめるとこんな感じです。

エントリーシートの自由記述欄

意味:就活生の「志望度」と「適性」を評価

書き方5ステップ

  1. 何を伝えるか決める
  2. どうやったら伝わるか考える
  3. 書く内容と表現方法を決める
  4. 下書き
  5. 本番

書くときの注意点3つ

  • 文字は見やすく
  • ネガティブになりそうなことは書かない
  • 絵や写真、色を使ってよいか確認する

決まった質問だけでは自分を表現し足りない就活生もいるはずです。

エントリーシートの最後は、自分を思う存分表現しましょう。

「就活の教科書」では就活に関する有益な記事を掲載しています。

興味のある方は、ぜひ他の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

「エントリーシートの書き方がわからない!」「質問項目の答え方がわからない」という就活生には、ESについて網羅的に解説した記事がおすすめです。